ぼっち男子 年末年始。 ぼっちはメンタルと財布に優しいライフスタイル! │ 陰キャのモテ道オンステージ

年末年始実家に帰らない人、集まれ!悲しい「ニューイヤーぼっち」あるある

ぼっち男子 年末年始

社会人はストレスとの戦いですからね。 ストレス発散はとても大事です。 温泉にでも行けば体もしっかり癒されます。 実際、筆者も抵抗がありました。 しかし、見出したらこれ程面白い娯楽はありません。 普段は休む暇も無いでしょう。 せっかくの冬休みなんですし、思い切りダラダラしてください。 コタツに篭って、好きな時間に寝て、好きな時間に起きる。 最高の贅沢じゃありませんか。 普段頑張っているんですから、多少自堕落な生活を送っても誰も文句は言いません。 勉強が出来ないと仕事も出来なくなっていきます。 資格の勉強をする等して勉強をしてみましょう! 暇な時間を浪費するのではなく、自分に時間を投資するのです! 自分に時間を投資すれば、いつの日か必ず役に立つ日がきます。 実家に帰れば家に居るだけで暇が潰れますからね。 会話も弾むので楽しい時間になるでしょう。 たまには親に顔を見せて親孝行するのもアリです。 多少、恥ずかしいかも知れませんが、親孝行と割り切りましょう。 久しぶりに実家の手料理を食べて、おふくろの味を楽しもうじゃありませんか。 久しぶりの地元の友達に連絡して一緒に遊んでみましょう。 久しぶりに遊ぶとなると、かなり会話も弾む筈です。 思い出話に花が咲いたりして、とても楽しい日になるでしょう。 思い出を共有した友達と過ごせば暇な時間なんてなくなります! そういう友達と遊びまくっていたら、いつの間にか冬休みも終わるでしょう。 おせちの手配をしたり、大掃除をしたり。 年始の仕事の準備をしたり。 年末年始の準備をしていたら結構バタバタと時間は過ぎ去ります。 準備と言うものに追われたら、あっという間に時間は流れますからね。 結構、準備する事が多いので非常にオススメの暇つぶしです。 やる事リストを作って、そのリストを順番にこなしていきましょう! まとめ いかがでしたでしょうか? 今回の記事をまとめると、こんな感じです。

次の

【お正月/年越し】ぼっちの過ごし方!年末年始をぼっち充する20代・30代のぼっち女子・男子の充実生活は?普段ぼっちじゃない似非ぼっちな方も必見!

ぼっち男子 年末年始

2018. 29 (イラスト・古本有美) ここ3年、年末年始は東京で過ごしています。 離婚してひとり暮らしに戻ってから、基本的に自宅でひとりきりの年末年始。 ある意味、「実家に帰らずに、ひとりで年末年始を快適に過ごすプロ」と言っても過言ではありません。 そんな私がひとり暮らしの方、特に実家に帰る予定がなく、自宅でひとりで過ごす方に向けて、年末年始を快適に過ごす方法をご提案します。 1.大掃除はマイペースにする 大掃除というと年末にするイメージがありますよね。 でも、ひとり暮らしなら「大掃除は年内に済ませて、新年を気持ちよく迎えよう!」なんて急かされることもありません。 つまり、無理に年末に大掃除をしなくてもOKということ。 私は昨年末、何かと忙しかったです。 年末ギリギリまで仕事があったり、大晦日は友人に誘われて年越しプロレスを見にいったりと、意外と大掃除をする時間を捻出できずにいました。 それに対し、年始は人と会う予定がほとんどなく、とても暇でした。 だから考え方を変えたのです。 別に家中を綺麗にして年始を迎えなくてもいいじゃない、と。 何か不吉なことが起きるわけじゃないし、と。 元旦や三が日のうちに掃除したっていい。 時間はたっぷりあります。 家の中の気になる箇所を思い立ったタイミングで掃除して、仕事始めまでにスッキリさせれば十分と、気持ちを切り替えました。 この機会に不用品を整理するのもおすすめです。 2.エンタメコンテンツをためておく 基本的に年末年始は暇です。 特に元旦は閉まっている店が多く、なかなか遊びにも行けないもの。 だからこそ、「暇疲れ」しないよう、暇を持て余すことのないよう、2〜3日分のエンタメコンテンツをためておくのをおすすめします。 私はAmazonプライムやYouTube、契約しているプロレス動画配信サービスなどで、年末年始に見たいものを事前に整理。 最近はレンタルショップへ行かなくても、ネット環境さえあれば見たい映画やドラマが見られるので本当にありがたいです。 時間が余るほどあるので、ストーリー数の多い海外ドラマや長時間に及ぶ映画などを見るのも良いでしょう。 普通の平日だと、仕事終わりに帰宅して見るとしても、せいぜい1話か2話くらいではないでしょうか。 一気に「まとめ見」ができるのも年末年始の良いところです。 3.新年早々、プロレス観戦に行く エンタメコンテンツといえば、プロレスもそうです。 スポーツ要素がありますが、エンタメ的な一面もあります。 プロレスこそ年始に見たい競技です。 そんなプロレスですが、実は年始早々に大会があるのをご存知でしょうか。 仕事始めまでに開催される主な大会(男子のプロレス団体)をいくつか集めてみました。 ・1月1日 「すしざんまいプレゼンツ ZERO1『謹賀新年』」(プロレスリング ゼロワン) ・1月2日 「新春・後楽園ホール大会」(大日本プロレス) 「2019 NEW YEAR WARS(開幕戦)」(全日本プロレス) ・1月3日 「DDT LIVE!マジ卍超~新春お年玉スペシャル!全席2000円興行!! 2019~」(DDTプロレスリング) ・1月4日 「ブシモ 5TH ANNIVERSARY WRESTLE KINGDOM12 in 東京ドーム」(新日本プロレス) ここに挙げたものは、1月4日開催の新日本プロレスの大会を除き、すべて後楽園ホール(水道橋)で行われます。 プロレスファンである私は初詣的な感覚で、「今年も楽しいプロレスを見せてください」という思いを込めて会場へ行きます。 4.ひとりカラオケに行って口を動かす 以前、「ひとりカラオケ」のススメについて書きました。 私がひとりカラオケに行く理由はいくつかありますが、あえて年末年始にカラオケに行くのは、人とほとんど会わない、話さない時間が続くから。 2日くらい誰とも話してない……。 口周りの筋肉が凝り固まってしまいそう……。 そんな風に思ったら、ひとりカラオケが賢い選択です。 しっかり口を動かして、「しばらく何も言葉を発さなかった状態」を脱します。 話さない状態が続くと、心なしか元気もなくなるような気がします。 ひとりカラオケに行くと身も心もすっきりするはずです。 5.体を休めるメンテナンス期にする 「非日常」ともいえる年末年始は、知人や友人と会わない日が2〜3日続くこともあります。 日頃そんなに人と会わない時期はなかなかないですよね。 だからこそ、人と数日会わない期間は、自分の「メンテナンス期」に充てることもできます。 特に女性の場合、仕事関係者や知人、友人と会うとなると、メイクをしますよね。 ヘアにワックスやスプレーを付けたり、メイクはベースメイクからアイメイク、リップメイクなど、とにかくいろいろなコスメを肌にのせるわけです。 誰とも会わない日は、それらをすべてを「しない」という選択ができます。 髪にも肌にも何ひとつ刺激を与えないようにするのです。 数日後、髪や肌がいきいきしているのを感じるのは、私だけではないと思います。 普段酷使している髪や肌をじっくり休める貴重な期間にしてみてください。 6.同じ境遇の人と食事に行く 年末年始、家族持ちの人はそれぞれの実家や親戚周りをすることが多いので、この時期に会うのは難しいといえます。 そこで、地元に帰らないひとり暮らしの人が遊べる相手といえば、同じ境遇の人であることが多いです。 地元(実家)に帰らずに、今暮らしている土地に残っている人です。 私も年末年始に遊ぶ相手は、自分と同じくひとり暮らしで、東京に残る友人、知人や実の妹であることが多いです。 今年もそうなる見込みです。 普段とは違って食事に行ける相手が少なく、「孤食」が増えるので、一緒に食事をすることになりそうです。 ひとり暮らしは好きだし、ひとりで過ごすのは好きだけれど、ときどきは誰かと食事に行って楽しみたい。 そんな願望は年末年始にもあります。 時間があるときだからこそ、日頃会えなかった人と会えたらいいな、とも思います。 もうすぐ年末年始。 皆さんはどんな年末年始を過ごす予定ですか?.

次の

ぼっちはメンタルと財布に優しいライフスタイル! │ 陰キャのモテ道オンステージ

ぼっち男子 年末年始

2019〜2020年にかけての休みは9連休と長いもの。 どこかに行こうにも、外は寒いし混んでいる。 結果として、家に引きこもって過ごし、孤独を痛感するという人も少なくありません。 今回、お話を伺った外岡香織さん(仮名・38歳・IT関連会社勤務)は、ここ数年間「ぼっち年末年始」を過ごしており、9連休の年末年始も一人でアパートにこもりそうだと、恐怖を感じているそう。 アラフォー娘が帰省しても、誰も喜ばない 香織さんは、静岡県静岡市出身。 実家はそう遠くないので、年末年始は帰省しそうなものですが……。 「私が30歳の時に兄夫婦に子供が生まれ、両親はそっちに夢中になり、私はかまわれなくなりました。 それまで私が両親からちやほやされていたのに、ぞんざいに扱われ、ふてくされてしまったんです。 その腹いせのように、翌年から数年間の年末年始は友達と旅行に行きまくりました。 当時は、まだ独身の友達も多かったんです」 31歳から35歳まで、5回行った年末年始の海外旅行を振り返ってもらいました。 net 「安定は希望です」というポスターがあったけど、 それは大企業の経営が安定しますということであり、 労働者の生活は、それに伴って、不安定になっていく。 最近、はやっているのが、「個人事業主」というやつで、 その実態は、いわゆる偽装請負であり、 ブラック企業が労働法の網の目をかいくぐるための、あくどいやり口なのだ。 大企業の幹部たちは、どんなに間の抜けた計画を立てて、仕事を発注しても、 失敗した場合のリスクや、タイムロスを、すべて労働者に押し付けることができる。 労働者たちは、労働法などの. 保護規制を受けることができなくなり、 福利厚生なども受けることができなくなり、常に不安定な状態に置かれる。 だからね、労働者が不安定になるのは、大企業にとって希望なんだよ。 net.

次の