おれtけい。 時計じかけのオレンジ

SHOWROOM

おれtけい

2020年 7月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2020年 8月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2020年 9月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30• 2020年 10月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2020年 11月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30• 2020年 12月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2021年 1月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2021年 2月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28• 2021年 3月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2021年 4月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30• 2021年 5月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2021年 6月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30.

次の

【完全版】職務経歴書の書き方マニュアル

おれtけい

この項目では、の小説を原作とした映画について説明しています。 アンソニー・バージェスの小説については「」をご覧ください。 概要 [ ] 暴力やなど、欲望の限りを尽くす荒廃したと、管理された社会とのジレンマを描いた、的作品。 近未来を舞台設定にしているが、あくまでも普遍的な社会をにしており、映像化作品ではキューブリックの大胆さと繊細さによって、人間の持つ非人間性を悪の舞踊劇ともいうべき作品に昇華させている。 皮肉の利いた鮮烈なサタイア(風刺)だが、一部には暴力を誘発する作品であるという見解もある()。 原作同様、映画も主人公である不良少年の一人称の物語であり、ロシア語と英語のスラングで組み合わされた「」が使用されている。 この映画は、史上初めて研究所が開発したを使用し、録音された映画である。 ただし、劇場公開用のフィルムはモノラルである。 主演のマルコム・マクダウェルは公開から37年後にこの作品について「アレックスを演じた後の10年間、あの役を嫌っていた。 作品を観ようとも思わなかったし、人前で語ることさえも嫌だった。 それは、人にいつもあの映画の話をされ、与えられた新しい映画でわたしが演じるキャラクターは、すべてアレックスをイメージして作られたものばかりだったからね。 だが、今となっては自分もそれを受け入れて感謝しなければならないと思えるようになった。 あの作品は誰がどう観たって傑作だからね。 」と語っている。 アレックスが二度目に作家の家を訪れたときに登場するマッチョな男は、『』での中身を演じたである。 本作は、が監督した映画『』に影響されているとも言われている。 しかし、キューブリック自身や彼の関係者が『薔薇の葬列』について言及したことは一度もない。 ナッドサット言葉 [ ] コロヴァ・ミルク・バーのインテリア 舞台は近未来の。 労働の担い手とならない老人は街中にゴミのように打ち捨てられとなっており、アレックスたちは酔って寝ていたホームレスを棍棒でめった打ちにする。 その乱闘中にサイレンの音が近づき、アレックスたちは逃走する。 興奮冷めない一行は盗んだ車で郊外へ走り、困窮を装って助けを求め、親切心から扉を開いた中年作家の家にマスクを被って押し入ると、「」を歌いながら暴れて作家を押さえつけ、目の前で作家の妻を輪姦した。 翌日、いつものように学校をサボったアレックスは、レコード店で引っかけた女の子2人と自宅でセックスをする。 その後、グループのリーダーをめぐって仲間と一悶着を起こすが、その夜仲間と共に金持ちが住む一軒家へ強盗に出かける。 ルドヴィコ療法 [ ] アレックスは14年の実刑判決を下され、収監されて2年が経とうとしていた。 牧師と懇意になるような模範囚を装っていたアレックスは、内務大臣にキリスト教への信仰心とクラシック音楽の趣味を見出され、さらに犯罪歴から野心を気に入られ、「 ルドヴィコ療法 Ludovico technique 」の被験者となることと引き換えに刑期短縮の機会を得る。 12年の獄中生活から逃れるため、アレックスは志願した。 治療のためアレックスは施設に移送された。 投薬によって引き起こされる吐き気や嫌悪感と、鑑賞中の暴力的映像を被験者が「連係」することで、暴力や性行為に生理的拒絶反応を引き起こすように暗示するのである。 映像のBGMに使われていたのは、偶然にも彼が好んで聴いていたのであった。 これによりアレックスは、最も敬愛する第九を聴くと吐き気に襲われ倒れてしまう身体となる。 治療は成功し、以後彼は、性行為や暴力行為に及ぼうとすると吐き気を催すほどの嫌悪感を覚え何もできなくなってしまう。 それは犯罪に向かう暴力の根本的解決ではなかった。 そして出所前に医師たちの立会いのもとで催されたデモンストレーションでは、政府高官や関係者の前で治療の効果が証明された。 一同が生まれ変わったアレックスを目の当たりにし喜ぶなか、刑務所でアレックスと親しかったは、彼が行っているのは苦痛からの逃避であり、自ら選択して行った善(暴力の拒否)ではないことを指摘する。 アレックスは暴力に対して無防備となり、それに抗うことを選択する能力のない存在となった。 アレックスの出所 [ ] アレックスは暴力に対して無防備な人間となって出所する。 両親を驚かそうとして連絡せずに帰宅するが、両親はアレックスと風貌の似た男に彼の部屋を貸し、親子同然の関係を築いていた。 アレックスはその男から過去の過ちを非難され、両親からも冷たくされて、居場所なく家を出る。 自分の境遇に通ずるものを感じポケットから金を出して与えるが、そのホームレスは以前彼がリンチした老人だった。 老人はまるで死人でもみるかのような驚きの表情となり、人相を確認し、アレックスを追う。 アレックスは逃走を試みるがほかのホームレス達に囲まれ、リンチされるがままになる。 このときアレックスは、あえて抵抗しようとせずに暴行を受け入れた。 アレックスにとって、暴力への嫌悪感による苦痛よりは、暴行を受けるほうがマシであった。 この異変に気付いてやって来たのは、警官に就職したかつての仲間のディムとジョージーたちであった。 警官たちはアレックスを人目のない郊外に車で連れ出すと、容赦のない暴力を浴びせて放置する。 惨憺たる様態で冷たい夜の雨の中をさまよったアレックスは、それとは知らず以前襲った作家の家に助けを求める。 作家の世話をしている屈強な筋肉質の男に抱きかかえられ中に入れられると、見覚えのある作家の前に出た。 夫人はすでに肺炎により死亡しており、作家はその死をアレックスからの強姦に原因があると思い込んでいた。 また、作家自身はアレックスから受けた暴行の負傷により車椅子生活を送っていた。 作家はアレックスが受けたルドヴィコ療法を新聞報道により知っており、犯罪対策に手段を選ばない政府の横暴に憤っていた。 そして、目の前に現れた彼を利用することで政権にダメージを与えることを思いつく。 作家は入浴を勧め、アレックスが入浴している間に電話で要人と熱心に打ち合わせをする。 風呂に浸かって安堵したアレックスは「雨に唄えば」を歌い始める。 作家はこの歌声でかつて自分達夫婦を襲ったマスクの少年が彼であると気づくと、我を忘れるほどの激しい憎悪が湧き上がる。 入浴を終えたアレックスは食事にありつくが、作家の様子に違和感を覚えた。 要人が到着し、アレックスは治療の詳細な質問に応じる。 「『第九』を聴くと死にたくなる」ということを話したところで、アレックスはワインに入れられた薬物により意識を失う。 意識を取り戻すとアレックスは高い階の部屋に監禁されており、大音量の「第九」を聞かされる。 アレックスは激しい嘔吐感に襲われ、死ぬつもりで窓から飛び降りる。 暴力に対して過剰な嫌悪反応を植えつけられた彼だが、自己に対する暴力の手段が残っていた。 アレックスを自殺に追い込み、メディアを利用して政府打倒を目論むことが作家の企てであったが、アレックスは死ななかった。 アレックスの回復 [ ] アレックスが目覚めると、ギプスと包帯姿で病院のベッドに横たわっていた。 体が少し回復すると精神科医が現れて、絵のシチュエーションに相応したセリフを答えるテストを始めるが、もはや受け答えに性行為や暴力行為への抵抗はなくなっていた。 特別な個室に移されたある日、ルドヴィコ療法実施をアレックスに決めた内務大臣が訪れ、治療が原因の自殺未遂事件で下がった政府の支持率を回復するため、世間に対して今度はルドヴィコ療法から完治したデモンストレーションをして欲しい、と言葉を濁しながら頼む。 アレックスは野心的に快諾すると、大臣は友好の証としてプレゼントがあると応じた。 商談が成立すると、待機していた2台の大きなスピーカーと大勢のカメラマンが部屋に雪崩れ込み、仲睦まじそうに手を取り合う両人の撮影を始める。 大音量で鳴り響く「第九」のなかでアレックスはセックスシーンを思い描きながら恍惚の表情を浮かべるが、それは以前の邪悪な顔つきそのものであった。 出演 [ ] 役名 説明 俳優 アレックス(Alex DeLarge) 主人公の不良少年。 年齢は15歳。 Alexander) 作家の妻(赤い服) キャットレディ(Cat Lady) 主人公に襲われる ミリアム・カーリン デルトイド(Deltoid) 主人公の担任教師 オーブリー・モリス トム(Tom) 警官 バーンズ(Barnes) 口髭の看守長 刑務所の牧師(Prison Chaplain) チョイスの名演説をした ゴッドフリー・クイグリー 女医(Dr. Branom) - マッジ・ライアン ダッド(Dad) 主人公の父親、禿げている ママ(Mum) 派手なカツラの母親 Sheila Raynor ジョー(Joe) 赤い服の下宿人 Clive Francis フレデリック(Frederick) 内務大臣 アンソニー・シャープ 精神科医(Psychiatrist) - ポーリーン・テイラー スタッフ [ ]• 製作・監督・脚本:• 撮影:• プロダクション・デザイン:ジョン・バリー• 音楽: 撮影 [ ] 映画中にある新療法の実験シーンの際、アレックス役のマルコム・マクダウェルが装置でまぶたを固定される場面があるが、撮影中にこの装置の位置がずれて目の中に直接入り、角膜を傷つけた。 また、警察に就職した昔の仲間に頭を掴まれ水槽に沈められるシーンの撮影では、マクダウェルの呼吸用に空気を送るパイプが仕掛けられていたが、撮影の際には故障したのか空気が送られず、マクダウェルは演技ではなく本当に窒息状態に陥った。 音楽 [ ] 映画では、クラシック好きのアレックスの設定が生かされた選曲がなされている。 音楽を担当したのはウォルター・カーロスで、を用いたベートーヴェンの『交響曲第9番』の演奏にで加工した合唱(の歌唱)が加わる斬新なものと、オーケストラの演奏による同曲、エルガーの『威風堂々』、ロッシーニの『泥棒かささぎ』など両方が使われている。 なお、タイトル音楽として使われている楽曲は、カーロスのオリジナルと誤解されることがあるが、原曲は、作曲の『メアリー女王の葬送音楽』である(編曲に織り交ぜられたグレゴリオ聖歌「」は同監督の『』にも登場する)。 『雨に唄えば』が印象的な挿入歌として用いられているが、これはリハーサルの時にキューブリックがマルコム・マクダウェルに何か歌を歌えと指示したところ、マクダウェルが空で歌えるのがこの曲だけであったためだった。 使用された音楽は以下のとおり。 (作曲:)• 『』序曲、(作曲:)• 『』第1番、第4番(作曲:)• 『メアリー女王の葬送音楽』(作曲:)• 『太陽への序曲』(作曲:テリー・タッカー)• 『灯台守と結婚したい』(作曲:エリカ・エイゲン)• 『』(作曲:ナシオ・ハーブ・ブラウン、作詞:、歌:)• 『』(作曲:) 電子音楽作曲、編曲、演奏:(後に) 評価・影響 [ ] 予告編 暴力的表現が多く、論争を呼ぶ内容であったにも関わらず『時計じかけのオレンジ』はヒットし、製作費220万ドルに対しアメリカでの興行収入は2600万ドルにも上った。 『』『』『』『』とともに映画における暴力的表現の規制緩和に一定の役割を果たした作品である。 やなどにノミネートされ、をはじめ様々な賞を受賞している。 では47位、においても70位を獲得している。 同じく AFI が公表したでは47位、ではSF部門で4位を獲得している。 また主人公のアレックスはで悪役として12位となっている。 は「 Top 10 Ridiculously Violent Movies 」の9位にこの作品を挙げている。 2008年に投票が行われたの「 The 500 Greatest Movies of All Time 」においては37位となっている。 公開当初、アメリカの鑑賞制限は17歳未満の鑑賞を禁止する、X指定(1971年当時、後のNC-17)であった。 キューブリックは自発的に30秒ほどの性描写が強いシーンを差し替え、1973年にR指定で再公開した。 1980年代初頭に発売されたでは、このR指定バージョンが存在する。 DVDについては全てがX指定されたオリジナル版となっている。 ただしレーティング自体は制度の変更によりR指定となっている。 露骨な性描写、暴力表現によりアメリカ合衆国カトリック司教協議会の映画審査部門はレーティングをC(Condemned、有害)として鑑賞を禁じている。 後にC指定そのものが無くなったが、やはり許容範囲を超えた性・暴力表現とされ、O(Morally Offensive、反道徳的)と指定されている。 イギリスでも1972年1月に米国と同じオリジナルバージョンで公開された。 1972年3月、同級生を殺害した14歳の少年の裁判中、検察はこの事件と『時計じかけのオレンジ』について言及した。 、ブレッチリーに住む16歳の少年が浮浪者の老人を殺害した事件でも関係性が取りざたされた。 勅撰弁護士は彼が友人からこの映画のことを聞かされた後で犯行に及んだ事実を示し、「過激な作品、特に『時計じかけのオレンジ』は疑いようもなく、この事件に関係がある」と弁護した。 キューブリックのもとには多数の脅迫状が寄せられ、自身と家族の安全を危惧したキューブリックの要請により1973年全ての上映が禁止された。 英国での再上映が始まったのは、ビデオが発売されキューブリックが他界した後の1999年になってからである。 また、主演のマクダウェルは「映画を真似た犯行があったからと言って、それはこの映画に出演した私が悪いのでしょうか? そんなこと、私は知ったことではありません、私の責任ではありません。 」と講演で語っている。 この映画が公開された、アメリカ人のアーサー・ブレマーという男はにから大統領選挙出馬を狙っていた知事の暗殺を図り、逮捕された。 ブレマーは自らの日記に「『時計じかけのオレンジ』を見てずっとウォレスを殺すことを考えていた」と書いていた。 ブレマーの日記は後に出版され、日記を読んだ一人にがいた。 シュレイダーはブレマーの日記をモチーフに映画『』(監督、主演)の脚本を書いた。 が1970年代初期に演じていた「」はこの映画の影響を受け、そこには『時計じかけのオレンジ』を気に入っているボウイからの皮肉が込められている。 ボウイはウォルター・カーロスのベートーヴェンをと1990年で使用した。 またボウイの楽曲「」(Suffragette City)には「ドルーギー」(droogie)が引用されている。 受賞歴 [ ] 受賞 [ ]• (1972年)• 作品賞• 監督賞• 第33回ヴェネツィア国際映画祭• パシネッティ賞• 海外監督賞 ノミネート [ ]• 第26回• ベストプロダクション賞• サウンドトラック賞• 第24回• 長編映画監督賞• 第29回ゴールデングローブ賞• (1972年)• Best Drama Adapted from Another Medium — Stanley Kubrick 舞台 [ ] 1990年、原作者であるの脚本で、のロイヤル・シェークスピア・カンパニーで舞台化もされた。 また、2012年に原作刊行から50周年記念したイベント「CALL FOR PAPER: FIFTY YEARS OF CLOCKWORK ORANGE』の一環としてイギリスのロイヤル・ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージックがマンチェスターにあるインターナショナル・アンソニー・バージェス・ファウンデーションでミュージカルとして公演を行う。 日本では、2011年に演出、主演、、、、、、、の出演で「パンクオペラ」として舞台化され、東京ので上演された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] — actual clips, in both "X" and "R" edits. , p. 226• "Serious pockets of violence at London school, QC says", , 21 March 1972. " 'Clockwork Orange' link with boy's crime", The Times, 4 July 1973. シネマトゥデイ 2011年6月23日. 2014年11月7日閲覧。 , p. 169• 112• com 2011年7月22日 参考文献 [ ]• アントニイ・バージェス『』訳、、2008年9月5日。 Gillis, Chester 1999. Roman Catholicism in America. United States of America: Columbia University Press. MacDonald, Ian. Revolution in the Head. Pimlico• Doggett, Peter 2011. Buckley, David 2012. Random House. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語)• - (英語)• 1935• 1936• 1937• 1938• 1939• 1940• 1941• In Which We Serve 1942• 1943• 1944• 1945• 1946• 1947• 1948• 1949• 1950• 1951• 1952• 1953• 1954• 1955• 1956• 1957• 1958• 1959• 1961• No award 1962• 1963• 1964• 1965• 1966• 1967• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の

日近の里・かおれ渓谷|見どころ・施設紹介|水とみどりの森の駅|岡崎おでかけナビ

おれtけい

この項目では、の小説を原作とした映画について説明しています。 アンソニー・バージェスの小説については「」をご覧ください。 概要 [ ] 暴力やなど、欲望の限りを尽くす荒廃したと、管理された社会とのジレンマを描いた、的作品。 近未来を舞台設定にしているが、あくまでも普遍的な社会をにしており、映像化作品ではキューブリックの大胆さと繊細さによって、人間の持つ非人間性を悪の舞踊劇ともいうべき作品に昇華させている。 皮肉の利いた鮮烈なサタイア(風刺)だが、一部には暴力を誘発する作品であるという見解もある()。 原作同様、映画も主人公である不良少年の一人称の物語であり、ロシア語と英語のスラングで組み合わされた「」が使用されている。 この映画は、史上初めて研究所が開発したを使用し、録音された映画である。 ただし、劇場公開用のフィルムはモノラルである。 主演のマルコム・マクダウェルは公開から37年後にこの作品について「アレックスを演じた後の10年間、あの役を嫌っていた。 作品を観ようとも思わなかったし、人前で語ることさえも嫌だった。 それは、人にいつもあの映画の話をされ、与えられた新しい映画でわたしが演じるキャラクターは、すべてアレックスをイメージして作られたものばかりだったからね。 だが、今となっては自分もそれを受け入れて感謝しなければならないと思えるようになった。 あの作品は誰がどう観たって傑作だからね。 」と語っている。 アレックスが二度目に作家の家を訪れたときに登場するマッチョな男は、『』での中身を演じたである。 本作は、が監督した映画『』に影響されているとも言われている。 しかし、キューブリック自身や彼の関係者が『薔薇の葬列』について言及したことは一度もない。 ナッドサット言葉 [ ] コロヴァ・ミルク・バーのインテリア 舞台は近未来の。 労働の担い手とならない老人は街中にゴミのように打ち捨てられとなっており、アレックスたちは酔って寝ていたホームレスを棍棒でめった打ちにする。 その乱闘中にサイレンの音が近づき、アレックスたちは逃走する。 興奮冷めない一行は盗んだ車で郊外へ走り、困窮を装って助けを求め、親切心から扉を開いた中年作家の家にマスクを被って押し入ると、「」を歌いながら暴れて作家を押さえつけ、目の前で作家の妻を輪姦した。 翌日、いつものように学校をサボったアレックスは、レコード店で引っかけた女の子2人と自宅でセックスをする。 その後、グループのリーダーをめぐって仲間と一悶着を起こすが、その夜仲間と共に金持ちが住む一軒家へ強盗に出かける。 ルドヴィコ療法 [ ] アレックスは14年の実刑判決を下され、収監されて2年が経とうとしていた。 牧師と懇意になるような模範囚を装っていたアレックスは、内務大臣にキリスト教への信仰心とクラシック音楽の趣味を見出され、さらに犯罪歴から野心を気に入られ、「 ルドヴィコ療法 Ludovico technique 」の被験者となることと引き換えに刑期短縮の機会を得る。 12年の獄中生活から逃れるため、アレックスは志願した。 治療のためアレックスは施設に移送された。 投薬によって引き起こされる吐き気や嫌悪感と、鑑賞中の暴力的映像を被験者が「連係」することで、暴力や性行為に生理的拒絶反応を引き起こすように暗示するのである。 映像のBGMに使われていたのは、偶然にも彼が好んで聴いていたのであった。 これによりアレックスは、最も敬愛する第九を聴くと吐き気に襲われ倒れてしまう身体となる。 治療は成功し、以後彼は、性行為や暴力行為に及ぼうとすると吐き気を催すほどの嫌悪感を覚え何もできなくなってしまう。 それは犯罪に向かう暴力の根本的解決ではなかった。 そして出所前に医師たちの立会いのもとで催されたデモンストレーションでは、政府高官や関係者の前で治療の効果が証明された。 一同が生まれ変わったアレックスを目の当たりにし喜ぶなか、刑務所でアレックスと親しかったは、彼が行っているのは苦痛からの逃避であり、自ら選択して行った善(暴力の拒否)ではないことを指摘する。 アレックスは暴力に対して無防備となり、それに抗うことを選択する能力のない存在となった。 アレックスの出所 [ ] アレックスは暴力に対して無防備な人間となって出所する。 両親を驚かそうとして連絡せずに帰宅するが、両親はアレックスと風貌の似た男に彼の部屋を貸し、親子同然の関係を築いていた。 アレックスはその男から過去の過ちを非難され、両親からも冷たくされて、居場所なく家を出る。 自分の境遇に通ずるものを感じポケットから金を出して与えるが、そのホームレスは以前彼がリンチした老人だった。 老人はまるで死人でもみるかのような驚きの表情となり、人相を確認し、アレックスを追う。 アレックスは逃走を試みるがほかのホームレス達に囲まれ、リンチされるがままになる。 このときアレックスは、あえて抵抗しようとせずに暴行を受け入れた。 アレックスにとって、暴力への嫌悪感による苦痛よりは、暴行を受けるほうがマシであった。 この異変に気付いてやって来たのは、警官に就職したかつての仲間のディムとジョージーたちであった。 警官たちはアレックスを人目のない郊外に車で連れ出すと、容赦のない暴力を浴びせて放置する。 惨憺たる様態で冷たい夜の雨の中をさまよったアレックスは、それとは知らず以前襲った作家の家に助けを求める。 作家の世話をしている屈強な筋肉質の男に抱きかかえられ中に入れられると、見覚えのある作家の前に出た。 夫人はすでに肺炎により死亡しており、作家はその死をアレックスからの強姦に原因があると思い込んでいた。 また、作家自身はアレックスから受けた暴行の負傷により車椅子生活を送っていた。 作家はアレックスが受けたルドヴィコ療法を新聞報道により知っており、犯罪対策に手段を選ばない政府の横暴に憤っていた。 そして、目の前に現れた彼を利用することで政権にダメージを与えることを思いつく。 作家は入浴を勧め、アレックスが入浴している間に電話で要人と熱心に打ち合わせをする。 風呂に浸かって安堵したアレックスは「雨に唄えば」を歌い始める。 作家はこの歌声でかつて自分達夫婦を襲ったマスクの少年が彼であると気づくと、我を忘れるほどの激しい憎悪が湧き上がる。 入浴を終えたアレックスは食事にありつくが、作家の様子に違和感を覚えた。 要人が到着し、アレックスは治療の詳細な質問に応じる。 「『第九』を聴くと死にたくなる」ということを話したところで、アレックスはワインに入れられた薬物により意識を失う。 意識を取り戻すとアレックスは高い階の部屋に監禁されており、大音量の「第九」を聞かされる。 アレックスは激しい嘔吐感に襲われ、死ぬつもりで窓から飛び降りる。 暴力に対して過剰な嫌悪反応を植えつけられた彼だが、自己に対する暴力の手段が残っていた。 アレックスを自殺に追い込み、メディアを利用して政府打倒を目論むことが作家の企てであったが、アレックスは死ななかった。 アレックスの回復 [ ] アレックスが目覚めると、ギプスと包帯姿で病院のベッドに横たわっていた。 体が少し回復すると精神科医が現れて、絵のシチュエーションに相応したセリフを答えるテストを始めるが、もはや受け答えに性行為や暴力行為への抵抗はなくなっていた。 特別な個室に移されたある日、ルドヴィコ療法実施をアレックスに決めた内務大臣が訪れ、治療が原因の自殺未遂事件で下がった政府の支持率を回復するため、世間に対して今度はルドヴィコ療法から完治したデモンストレーションをして欲しい、と言葉を濁しながら頼む。 アレックスは野心的に快諾すると、大臣は友好の証としてプレゼントがあると応じた。 商談が成立すると、待機していた2台の大きなスピーカーと大勢のカメラマンが部屋に雪崩れ込み、仲睦まじそうに手を取り合う両人の撮影を始める。 大音量で鳴り響く「第九」のなかでアレックスはセックスシーンを思い描きながら恍惚の表情を浮かべるが、それは以前の邪悪な顔つきそのものであった。 出演 [ ] 役名 説明 俳優 アレックス(Alex DeLarge) 主人公の不良少年。 年齢は15歳。 Alexander) 作家の妻(赤い服) キャットレディ(Cat Lady) 主人公に襲われる ミリアム・カーリン デルトイド(Deltoid) 主人公の担任教師 オーブリー・モリス トム(Tom) 警官 バーンズ(Barnes) 口髭の看守長 刑務所の牧師(Prison Chaplain) チョイスの名演説をした ゴッドフリー・クイグリー 女医(Dr. Branom) - マッジ・ライアン ダッド(Dad) 主人公の父親、禿げている ママ(Mum) 派手なカツラの母親 Sheila Raynor ジョー(Joe) 赤い服の下宿人 Clive Francis フレデリック(Frederick) 内務大臣 アンソニー・シャープ 精神科医(Psychiatrist) - ポーリーン・テイラー スタッフ [ ]• 製作・監督・脚本:• 撮影:• プロダクション・デザイン:ジョン・バリー• 音楽: 撮影 [ ] 映画中にある新療法の実験シーンの際、アレックス役のマルコム・マクダウェルが装置でまぶたを固定される場面があるが、撮影中にこの装置の位置がずれて目の中に直接入り、角膜を傷つけた。 また、警察に就職した昔の仲間に頭を掴まれ水槽に沈められるシーンの撮影では、マクダウェルの呼吸用に空気を送るパイプが仕掛けられていたが、撮影の際には故障したのか空気が送られず、マクダウェルは演技ではなく本当に窒息状態に陥った。 音楽 [ ] 映画では、クラシック好きのアレックスの設定が生かされた選曲がなされている。 音楽を担当したのはウォルター・カーロスで、を用いたベートーヴェンの『交響曲第9番』の演奏にで加工した合唱(の歌唱)が加わる斬新なものと、オーケストラの演奏による同曲、エルガーの『威風堂々』、ロッシーニの『泥棒かささぎ』など両方が使われている。 なお、タイトル音楽として使われている楽曲は、カーロスのオリジナルと誤解されることがあるが、原曲は、作曲の『メアリー女王の葬送音楽』である(編曲に織り交ぜられたグレゴリオ聖歌「」は同監督の『』にも登場する)。 『雨に唄えば』が印象的な挿入歌として用いられているが、これはリハーサルの時にキューブリックがマルコム・マクダウェルに何か歌を歌えと指示したところ、マクダウェルが空で歌えるのがこの曲だけであったためだった。 使用された音楽は以下のとおり。 (作曲:)• 『』序曲、(作曲:)• 『』第1番、第4番(作曲:)• 『メアリー女王の葬送音楽』(作曲:)• 『太陽への序曲』(作曲:テリー・タッカー)• 『灯台守と結婚したい』(作曲:エリカ・エイゲン)• 『』(作曲:ナシオ・ハーブ・ブラウン、作詞:、歌:)• 『』(作曲:) 電子音楽作曲、編曲、演奏:(後に) 評価・影響 [ ] 予告編 暴力的表現が多く、論争を呼ぶ内容であったにも関わらず『時計じかけのオレンジ』はヒットし、製作費220万ドルに対しアメリカでの興行収入は2600万ドルにも上った。 『』『』『』『』とともに映画における暴力的表現の規制緩和に一定の役割を果たした作品である。 やなどにノミネートされ、をはじめ様々な賞を受賞している。 では47位、においても70位を獲得している。 同じく AFI が公表したでは47位、ではSF部門で4位を獲得している。 また主人公のアレックスはで悪役として12位となっている。 は「 Top 10 Ridiculously Violent Movies 」の9位にこの作品を挙げている。 2008年に投票が行われたの「 The 500 Greatest Movies of All Time 」においては37位となっている。 公開当初、アメリカの鑑賞制限は17歳未満の鑑賞を禁止する、X指定(1971年当時、後のNC-17)であった。 キューブリックは自発的に30秒ほどの性描写が強いシーンを差し替え、1973年にR指定で再公開した。 1980年代初頭に発売されたでは、このR指定バージョンが存在する。 DVDについては全てがX指定されたオリジナル版となっている。 ただしレーティング自体は制度の変更によりR指定となっている。 露骨な性描写、暴力表現によりアメリカ合衆国カトリック司教協議会の映画審査部門はレーティングをC(Condemned、有害)として鑑賞を禁じている。 後にC指定そのものが無くなったが、やはり許容範囲を超えた性・暴力表現とされ、O(Morally Offensive、反道徳的)と指定されている。 イギリスでも1972年1月に米国と同じオリジナルバージョンで公開された。 1972年3月、同級生を殺害した14歳の少年の裁判中、検察はこの事件と『時計じかけのオレンジ』について言及した。 、ブレッチリーに住む16歳の少年が浮浪者の老人を殺害した事件でも関係性が取りざたされた。 勅撰弁護士は彼が友人からこの映画のことを聞かされた後で犯行に及んだ事実を示し、「過激な作品、特に『時計じかけのオレンジ』は疑いようもなく、この事件に関係がある」と弁護した。 キューブリックのもとには多数の脅迫状が寄せられ、自身と家族の安全を危惧したキューブリックの要請により1973年全ての上映が禁止された。 英国での再上映が始まったのは、ビデオが発売されキューブリックが他界した後の1999年になってからである。 また、主演のマクダウェルは「映画を真似た犯行があったからと言って、それはこの映画に出演した私が悪いのでしょうか? そんなこと、私は知ったことではありません、私の責任ではありません。 」と講演で語っている。 この映画が公開された、アメリカ人のアーサー・ブレマーという男はにから大統領選挙出馬を狙っていた知事の暗殺を図り、逮捕された。 ブレマーは自らの日記に「『時計じかけのオレンジ』を見てずっとウォレスを殺すことを考えていた」と書いていた。 ブレマーの日記は後に出版され、日記を読んだ一人にがいた。 シュレイダーはブレマーの日記をモチーフに映画『』(監督、主演)の脚本を書いた。 が1970年代初期に演じていた「」はこの映画の影響を受け、そこには『時計じかけのオレンジ』を気に入っているボウイからの皮肉が込められている。 ボウイはウォルター・カーロスのベートーヴェンをと1990年で使用した。 またボウイの楽曲「」(Suffragette City)には「ドルーギー」(droogie)が引用されている。 受賞歴 [ ] 受賞 [ ]• (1972年)• 作品賞• 監督賞• 第33回ヴェネツィア国際映画祭• パシネッティ賞• 海外監督賞 ノミネート [ ]• 第26回• ベストプロダクション賞• サウンドトラック賞• 第24回• 長編映画監督賞• 第29回ゴールデングローブ賞• (1972年)• Best Drama Adapted from Another Medium — Stanley Kubrick 舞台 [ ] 1990年、原作者であるの脚本で、のロイヤル・シェークスピア・カンパニーで舞台化もされた。 また、2012年に原作刊行から50周年記念したイベント「CALL FOR PAPER: FIFTY YEARS OF CLOCKWORK ORANGE』の一環としてイギリスのロイヤル・ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージックがマンチェスターにあるインターナショナル・アンソニー・バージェス・ファウンデーションでミュージカルとして公演を行う。 日本では、2011年に演出、主演、、、、、、、の出演で「パンクオペラ」として舞台化され、東京ので上演された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] — actual clips, in both "X" and "R" edits. , p. 226• "Serious pockets of violence at London school, QC says", , 21 March 1972. " 'Clockwork Orange' link with boy's crime", The Times, 4 July 1973. シネマトゥデイ 2011年6月23日. 2014年11月7日閲覧。 , p. 169• 112• com 2011年7月22日 参考文献 [ ]• アントニイ・バージェス『』訳、、2008年9月5日。 Gillis, Chester 1999. Roman Catholicism in America. United States of America: Columbia University Press. MacDonald, Ian. Revolution in the Head. Pimlico• Doggett, Peter 2011. Buckley, David 2012. Random House. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語)• - (英語)• 1935• 1936• 1937• 1938• 1939• 1940• 1941• In Which We Serve 1942• 1943• 1944• 1945• 1946• 1947• 1948• 1949• 1950• 1951• 1952• 1953• 1954• 1955• 1956• 1957• 1958• 1959• 1961• No award 1962• 1963• 1964• 1965• 1966• 1967• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の