暴走族 グループ名。 【画像】瀧川鯉斗の暴走族総長の名古屋チーム名は?伝説エピソード100対100の喧嘩の結末がヤバい!|Asiversal

CRS連合

暴走族 グループ名

更新日:平成30年6月1日 暴走族の傾向・特徴 暴走族の構成員数・特徴 暴走族の構成員数 平成29年12月末現在、県下では2グループ、91人の暴走族を把握 近年の暴走族の特徴• グループの小規模化 グループに属さない集団の増加• ゲーム感覚での暴走行為• 暴力団組織との関与• 「旧車會」の増加 1. グループの小規模化• グループ名のない集団(遊び仲間)での暴走行為の増加• 原付バイクの比率が増加 2. ゲーム感覚での暴走行為• スマートフォンの普及、「SNS」による書き込み、ライン等の利用• 軽い「ノリ」で、男女問わず、遊び仲間での暴走行為 3. 暴力団組織との関与• 暴力団との関わりを持ち、暴力団の資金源になり、犯罪を犯している。 暴力団構成員の多くが、過去に暴走族を経験している。 依然として、暴走族の背後には、暴力団組織が深く浸透!! 4. 「旧車會」の増加• 「旧車會」とは、元暴走族の構成員などで結成され、いわゆる暴走族風に改造した自動二輪車や四輪車で、休日の昼夜を問わず、数十台規模で集団走行し、付近のドライバーや住民に迷惑や不安を与えているだけでなく、時には違法走行する暴走集団です。 「旧車會」の構成員数 平成29年12月末現在、県下では11グループ、227人を把握しています。

次の

CRS連合

暴走族 グループ名

暴走族車両 2018年時点で、日本全国に146グループが確認されている。 集団による交通の妨害や危険をもたらす一連の行動は、主にのとして罰せられる。 また、集団の自動車やオートバイは、ほとんどがであるため、この点で検挙されることもある。 2004年11月現在、共同危険行為で摘発された場合、最高で2年の懲役または50万円の罰金、に基づく違反点数25点が課され、取り消し後の欠格期間(免許を再取得できない期間)が数年におよぶ。 このため、摘発された場合には、その後の就業に支障をきたす部分もあり、取り締まりも年々強化されていることから、全盛期と比べて構成者の大幅な減少も見られ、兵庫県では暴走族グループ(5人以上が所属するグループ)が姿を消した。 一方で、小人数で的に暴走するケースが増えている。 このことは「たまたまその場に居合わせただけ」という逃げ口が設けられるため、「集団」に対する取り締まり方法である共同危険行為を適用しにくいという問題も生じさせている。 また、警察車両がこれらの犯罪行為を確認したとしても、自動車の入り込めない路地裏などへ逃げ込まれるといったケースも増加している。 近年、や暴走族の後継者不足により暴走族の高齢化が問題になっており、過去に一度解散した暴走族のメンバーや新規の中年デビューが元暴走族を名乗りとして活動するケースが見られる。 分類 [ ] の分類では、大きく分けて「共同危険型」と「違法競走型」の二種の分類が存在する。 共同危険型暴走族 [ ] の消音機を外したり、マフラーを途中で切断するなどして、意図的に大きなエンジン排気音を発生させる、あるいは大音響のを鳴らすといった騒音を出したり、何台も車両を連ねて路上を占拠し低速で走行などを行う形態の暴走族を、 共同危険型暴走族という。 おもに、幹線道路や繁華街の、一部などで活動する。 集団走行などの暴走行為をメインに活動していることにくわえて、一般市民を威嚇したり、活動するテリトリー内で起きる暴走族同士の抗争事件などの暴力的側面や直接的に暴行や恐喝を行う犯罪傾向も併せ持ち、実質的にに近い集団である。 からにかけて大きく社会問題化したこともあり、一般に「暴走族」というと、この共同危険型暴走族の姿が想起されることが多い。 構成員の多くが若い男性で、女性のみの集団は「レディース」という俗称で呼ばれることもある。 車両改造は、排気音を大きくしたり派手な装飾を施すことに費やされることが主で、かつてはスポーツバイクが主流だったが、近年ではや型の四輪自動車など多岐に渡る。 の代表格と見られることが多く、1970年代から1980年代にかけ、一種独特の服装や髪型などが暴走族への所属有無にかかわらずファッションとして不良少年全般に広まっていた。 ブームが終焉した後はより一般的なファッションに戻った者も少なくない。 グループごとに地域性が強く、主に中学校の同級生同士の不良グループがチームを元に組織して結成され、周辺中学への征圧傘下を繰り返し、中学卒業後に暴走族として結成されるケースが多い(場合によっては高校の同級生同士で結成されるケースもある)。 地元近圏を初めとした知人・後輩の不良グループを勧誘、複数の暴走族グループの連合化や傘下吸収等を繰り返し、組織の維持と勢力拡大を図っていく。 そのため、それら中学校・高校の不良グループが結束したのような存在となり、加入予備軍となる軽度の不良少年に対しても背後で一定の影響を及ぼしている。 さらにはによる資金提供のための下部組織として機能、または同団体への加入斡旋の場となるケースも多い。 地縁血縁等により比較的容易に参加できるが、的な体質からグループ内に見られる「掟」や負の同調圧力などのために脱退が難しく、掟を破るとを加えるなどで拘束される。 一方で時代の変化とともに、掟の厳しさが青少年層に受け入れられにくくなり、ごろを境に規模は縮小傾向にある。 基本的に、18歳または成人となる20歳をもって暴走族から引退し、替わりに年少者を加入させるという慣習があるとされてきた。 以降には、求心力の低下から後継者ができずに一定の年齢になっても引退できない状況に陥ったり、人数不足を成人OBの再加入によって賄ったりするなどで、構成員が高年齢化する傾向もある。 成人版の共同危険型暴走族。 前後から、共同危険型の暴走族を引退した後も楽しさを忘れられない者や、参加経験はないものの関係者と接点を持っていた者などの成人が集まり、自らの現役時代に人気だったバイク(現在では車=)を改造して活動するようになった。 一般的な旧車愛好家によって主宰される旧車の「」というジャンルが既に存在しており、類似する名称に拠る両者の混同なども発生している。 成人版の共同危険型暴走族。 1990年代中盤に一時的に流行した集団で、アメリカの ()に影響を受けた者が、彼らを模倣したファッションで暴走族同様の行為をするもの。 暴走族との違いは服装と乗っているバイクであり、革ジャンや革パンなどのスタイルで統一し、を乗り回すのが特徴。 山間部の、直線・環状の一般道路や高速道路などにおいて、純正品より排出音の大きいエンジンやマフラーに付け替えた車両を用いることや、による摩擦音が発生することなどによって、通常の通行車両よりも大きな騒音を出して走る。 本人らは共同危険型暴走族と同一視されることを嫌う傾向が強く 「」の呼称を好んで用いる。 速度を競う性質上「その進行を制御することが困難な高速度()」での走行になりやすい運転の仕方であり、他の車両の運転者に危険を感じさせ急ブレーキをかけさせたり 、無関係な人を巻き込んで死亡させる事故も起きている。 を真似た「」を無断開催し、大規模なものになると、や沿道などに同好の見物人も擁して占拠する。 車両はなどの高速走行向きのものがおもに用いられ、走行性能を高めるための車両改造には、共同危険型暴走族よりも多額の資金を費やし違法改造をすることが多い。 -のの嗜好を受け継ぐ形態であり、歴史的には古いものであるが、1970-1980年代に共同危険型暴走族が社会問題化した印象が大きく、一般的な認知度は低かった。 以降になって、共同危険型暴走族の活動が比較的下火になったことで相対的に違法競走型暴走族の比率が高まったため、社会問題として注目されるようになり警察などの取り締まりも本格化してきた。 被害の大きい峠道などでは、夜間通行止めにせざるを得ない状況にもなっている。 人間関係などに制約の多い共同危険型暴走族よりも楽に活動しやすいことから、従来よりも不良少年が違法競走型暴走族に流入する傾向にあり、活動内容的に差異が薄い者もみられる。 種別 [ ] 1995年頃の道坂トンネル付近の道路。 ローリング族の走行が確認できる。 活動内容の違いによって、呼び名にはいくつかの種別がある。 子細は「」も参照。 なお、共同危険型の「暴走族」ないし「旧車會」「バイカー」などの自ら呼称する集団とは異なり、以下の呼称は警察やマスコミにより命名された通称であり自称するものではない。 やなど、のの周回に要した時間を競いあう。 「イベント」開催時にはを大挙して占拠することもある。 関西ではとも呼ばれる。 峠道で急カーブの続く道程を競走しあう。 オートバイの場合はコーナーリングフォームを仲間に見せるために、同じカーブを何度も繰り返し走行することがある。 山間部の一般道や観光路線などが用いられる。 峠道や港湾地区の一般道などで、車体を横に滑らせてタイヤをスリップさせながら走る行為を行う。 タイヤが擦れるが非常に大きいのが特徴である。 ゼロヨン族 夜中に埠頭や工業団地など広い直線道路に集まりを行う。 これらのほか、頻繁に走行する(停止しない)姿になぞらえ、分類によらず暴走族全般を(鮪會、鮪族)などと揶揄する場合もある。 歴史 [ ] カミナリ族 勃興 [ ] -頃から、富裕層を中心に当時まだ高価であったオートバイを集団で乗り回す若者が登場、マフラーを外してけたたましい爆音を響かせながら走り回る様から「」という呼称が生まれた。 交通を妨げて疾走することから交通事故が懸念されたものの、時代は高度成長期であったため、社会が大きく変容することのを受けたの範疇として、やを中心にある程度容認される傾向も見られた。 しかしになると、オートバイは低価格化とともに広く一般へも普及し、「狂走族」と呼ばれていた達に浸透していくと・事件を起こす傾向が強くなり、一般市民への暴力事件やグループ同士の抗争事件が社会問題として取り上げられるようになった。 に中心部のから端を発して全国に広がった騒動をきっかけに、「暴走族」の呼び名が広まり警察当局もこの名称を公文書に用いた。 では、1972年ごろからグループ化が始まり、には確認されているだけで86件の抗争事件が発生。 同年にはグループ数の増加が顕著となり、日本各地のグループが「東北連合」、「」、「武州連合」などといった連合体を結成する動きも見られた。 上半期の時点では、全国に571グループ、約2万3千人が存在しており 、包丁、、、角材や木刀などで武装するグループも現れた。 グループ同士の対立の増加は、結果として「自衛を目的とした連合の結成」を促すこととなり、1975年ごろの大組織の台頭は小組織の小競り合いを減らした反面、抗争の規模を肥大化させ 、グループ同士の争いのみならず、暴徒化した一般の群衆を巻き込んだ暴動にまで発展することもあった。 この時代になると、社会の安全を脅かす存在として、従来の「モラトリアムの範疇」という論は低調になっていった。 の改正により「共同危険行為等禁止規定」が新設され、一旦は鳴りを潜めたが、以後も再び勢威は増していった。 元来のカミナリ族の嗜好に相当する、運転技術を重視するスタイルの者は、仲間うちで「街道レーサー」と呼ばれた後に「」を自称し、その様態は存続し続けるが、一時的に社会の注目は薄れていく。 共同危険型の盛衰 [ ] 前後に暴走族は最盛期を迎えた。 警察庁の1980年11月調査では、全国で754グループ、38,902名の暴走族が確認された。 これは1980年6月に比べて10. 低年齢化も進み、15歳以下の構成員は、当時の47名から1,208名へと約25倍になっていた。 にもグループ数はさらに増加し、835グループが確認され、8,255名が検挙された(前年比82. この後、「ツッパリ」は暴走族以外にも拡大し、次第に不良行為を行うことで自己を顕示する少年少女らのスタイルとして定着するようになる。 ツッパリファッションを身にまとった「リーゼントロック」 が、当時のに反発する少年層の間で大流行し、ツッパリファッションを子猫に着せた「グッズ」が発売されたのもこの時期である。 しかし暴走族文化の拡大とともに、本来は「10代の若者が、学校や社会に反発していることを示す行動様式」とされた暴走族は、次第にOBを含めた上下関係や既存の暴力団との繋がりを持ち、グループ内の制約遵守や規律を守らない構成員に対する制裁などの掟に、構成員はがんじがらめとなってきた。 若者を取り巻く環境の変化に伴って、この厳しい伝統的拘束を嫌う傾向が青少年層に強く見られるようになる。 地縁で結ばれた先輩後輩関係の強力なリーダーシップの希薄化、集団行動への忌避意識の高まりといった風潮の影響も受け、大きな責任を背負って主従関係を維持し、組織を編成・運営していくスタイルは成り立ちにくくなってくる。 また、若者は暴走より移動手段としてバイクを重宝するようになったこと、スマホの台頭ですぐに人と繋がれるようになったことも暴走族衰退と見る声がある。 これに替わって、半ば以降の大都市においては、厳しい上下関係を嫌う者たちが、アメリカのを真似た「」や「」と呼ばれる集団へ流れる傾向が見られた。 以降では少年向けファッション誌などの登場に代表されるファッション性重視の少年層増加に伴い、旧来の特攻服をまとったスタイルに垢抜けない「時代遅れ」的なイメージを持つ傾向が強まり、暴走族文化は若者の間で次第に廃れていった。 違法競走型への移行と高年齢化 [ ] こうした流れを受け、仲のよい不良少年同士が組織やルールといった従来スタイルに囚われずに、多くても十数名程度の小集団で適当に集まって散発的な暴走行為を行うケースが主流となっていった。 これらでは、従来の「」をしているケースは稀で、大集団となる傾向は見られない。 また、バイクのアクセル音でリズムを刻むことを追求したり、ただ単に「乗りたい」というだけの行動や、走りを重視するゼロヨン族やドリフト族など、新しい形態の暴走族に姿を変えていく傾向が見られ、社会への反抗といった思想性や既存の特定集団への帰属意識は薄れていく。 警察でも従来の調査方法では実態を把握しづらくなってきたことから、からは「従来型」の暴走族に対し、ローリング族やゼロヨン族を「非従来型」として分離して統計を取るようになった。 これによって、には暴走族総数のうち非従来型の暴走族の割合が26. 警察ではから、従来型の暴走族を「共同危険型暴走族」、非従来型を「違法競走型暴走族」と呼ぶようになっている。 一方で、地方では「ヤンキースタイル」が社会的反抗の様式として伝統的に残っている地域・集団もあり、ある種の「モラトリアム・ファッション」として共同危険型暴走族の形を取る少年が見られる。 ただ、これらは1980年代の懐古趣味スタイルという位置付けで、個人が単なるファッションとしてそれを行っているに過ぎないケースも多く見られ、やはり思想背景は含まないものとなっている。 社会環境としても、地域の繁華街や観光地・イベントで周囲を威嚇するなどの行為への対策として、にでが施行 されたのを皮切りに、全国の自治体で暴走族の取り締まりを目的とする条例を制定する動きが広がった。 2004年には、道路交通法改正により、共同危険行為の摘発に際して必要だった被害者の証言が不要となり、現場の警察官の現認のみで逮捕が可能となった。 全国のグループ構成員の総数は、の4万2510人をピークとしてその後は減り続け、には1万5086人となっている。 には、警察庁が統計を取るようになった1975年以降で初めて1万人を下回る9064人となったが、その過半数は特定のグループに加入していない者たちであるため、たとえ一部の者を逮捕しても他の暴走族の情報を入手しづらいことから、全体像の実態把握を難しくしている。 かねてより共同危険型暴走族は減少していたものの、違法競走型暴走族の摘発はしばらく増加を続けており、そのうえ違法競走型暴走族の場合は、大規模に集団走行している場合を除いて共同危険行為による摘発が難しいことが問題となっていた。 しかし2010年代初頭を節目に違法競争型暴走族員数も頭打ちとなり、以後の構成員数は横ばいまたは微減が続いている。 若者離れの影響により、従来であれば後輩を加入させることで「成人したら引退する」といった慣習があったとされる共同危険型暴走族では、既存構成員が成人になった後もずるずると所属し続けたり、勢力維持のために成人OBを呼び戻す例が増えるようになった。 加えて2000年前後からは、OBや未経験者の成人が独自に暴走族を結成した「」も現れるようになった。 もともと年齢層が高めな傾向がある違法競走型暴走族の場合も、2008年には50歳代2人を含むグループが検挙されており 高年齢化が進行している。 暴走族構成員の平均年齢は年々上がってきており2006年からは成人が過半数となった。 30歳代から40歳代の成人が検挙されるなど、相対的に少年層よりもこれらの活動のほうが活発という地域も発生し、さらに暴走族の平均年齢を押し上げる要因となっている。 また、暴走族の年齢別では少年が3,108人で、少年の割合が49. 更に、旧車會は、違法行為を敢行する者として警察が把握した数で、5,882人である 取り締まり [ ] 従来は路上に罠を仕掛けて一斉検挙・現行犯逮捕を行うスタイルが広く行われていた。 しかし通常の道路交通に支障を来す点、被疑車両が転倒して被疑者が負傷する場合がある点、乗り捨てて逃走する者も多い問題から、次第にまたは路上で、で被疑者の顔と車両を撮影し、撮影した映像・画像を解析した上で、被疑者の住所・氏名を割り出しに逮捕を請求、後日通常逮捕を執行するケースが一般的となった。 社会の対応 [ ] 以降は、不良少年が既存の暴走族グループに居場所を求め急速に規模を拡大していた。 一方で、これらに対しては「社会に適応する準備段階において発生する反発」や「まだ方向を見出せない若いエネルギーの発散」の範疇として、迷惑行為とはされながらもとして容認される向きもあり、警察側も無理な追跡は(事故を防止する上でも)避けるといった傾向も見られたが、次第に道路の占拠や騒音で迷惑度を高め、抗争や暴徒化で暴力事件を引き起こすなど凶悪化していくと、傷害や窃盗などで検挙されることも増えてきた。 こうした状況の解決には、カミナリ族の勃興当時には単なる交通違反の取り締まりとして対応されていた状況から、交通違反のみではなくのように家庭や学校などを含めた少年非行問題としての対策へと転換する必要に迫られた。 センターライン上にチャッターバーが設置された峠道 一方で、このような未成年者の問題とは異なり、違法競走型暴走族は構成員の社会属性などに特定の共通性を見いだしづらく、また成人が多くなった現在の共同危険型暴走族も同様であることから、そういったものへの対策は交通違反を逐一取り締まっていく従来型が主となる。 ルーレット族の集会やのように規模の大きなものには、パーキングエリア内の集団を解散させたり検問を行うなどして取り締まっている。 違法競走型暴走族の大規模な暴走行為にも共同危険行為が適用されている。 しかし、一人もしくは少数グループでのゲリラ的な活動が増加しており、それらの取り締まりは非常に困難である。 ドリフト族への予防的対策としては、カーブの路面に凹凸のを設けたり、センターライン上にを設置したりすることや、峠道入り口での検問や夜間閉鎖などの措置が取られている。 が一部の暴走族を組織化し、一定の庇護や武器・薬物の提供を見返りに、上納金を納めさせて資金源とする例も見られる。 暴走族構成員の少年にアルバイトを世話したり、パーティー会場を斡旋してパーティー券を販売させるなどで、その収益の一部を手数料や上納金として徴収する。 1977年からは暴走族のによる検挙が顕在化している。 暴力団と一定の関係を持つ暴走族では、構成員の一部が暴走族「卒業」後に暴力団員として雇用され、暴力団の予備軍的存在となっており、暴力団との関係を断つためにこうした暴走族の解体も図られている。 暴走族への助長の禁止 [ ] 1990年代の2輪ローリング族 法律では暴走族および違法改造車に対して、給油や車検など「暴走族を利する行為」を明確に禁止する規定がないが、その代替として各都道府県の条例により、暴走族や違法改造車に対し違法行為の助長を禁止している例はある。 の「熊本県暴走行為の防止に関する条例」を例とすれば、同条例で暴走族および違法改造車に対し、以下のような行為(暴走族の助長)を禁止している。 (暴走行為を助長する改造の禁止)暴走行為を助長するような自動車等の改造をしてはならない(条例第5条1項)• (違法改造車への給油の禁止)整備不良車両もしくはを取り外し、隠ぺいし、若しくは折り曲げた自動車等の運転者に対し燃料を販売してはならない(条例第5条2項)• (、旗の製造の禁止)衣服、はちまき、旗等の刺しゅう又は印刷を業とする者は、衣服等に暴走行為を行う集団の名称その他暴走行為に関する表示の刺しゅう又は印刷をしてはならない(条例第5条3項) 呼び換え運動 [ ] 暴走族が様々な迷惑行為で社会問題視されている一方、主として地方の青少年にとって、漫画や映画などの若者文化で暴走族を「格好良い」などと賛美し、憧れや友情の対象とする者もおり、そういった者たちの中には実際に暴走族に加入して、同種の問題行動に走ることも懸念される。 このため、従来よりあるこういった価値観を全て否定し、ともすれば揶揄することで「格好悪い」ものであると位置づけ、参加者や憧れを持つ少年少女らを減らそうという運動も見られる。 これらでは、暴走族そのものはもちろん、「暴走行為を見物」や「違法改造車への車検、給油」で「暴走族を助長」する行動も否定したり、あるいはそういった見物するなど関心がある側と暴走族そのものを分断するためのイメージ戦略も見られる。 珍走団 初出はの「【__暴走族の名前が変わりました___】」による。 ここから「暴走族」という呼称を、迫力のない「珍走団(ちんそうだん)」という呼称に言い換えようという運動、いわゆる「珍呼運動(ちんこうんどう)」が上で発生した。 この運動を閲覧したのがテレビ番組内で紹介したことで広く知られることとなった。 松本は自身の著書のなかで「暴走族という呼称をやめて「珍走団」と呼ぼうという動きがあるそうです…。 」と紹介している。 また、2003年頃にの『』で紹介されている。 テレビ以外では、漫画やなどの文化と親和性の高いメディアで扱われている。 例としては、『』() や『』() などの漫画がある。 また、2007年発売のゲームソフト『』()の「ワードサーチ」にて「ちんそうだん」を検索すると「【珍走団】暴走族。 」と結果に表示され、ゲーム内で使用可能な言葉となっている。 他にもゲーム情報誌『』()2010年7月号における第2特集「ヤンキーゲーム特集」記事中には、「暴走族は『珍走団』『ダサイ族』と呼びかえられ…」という記述が見られる。 また同特集では、を多く手がけるへのインタビュー記事も掲載され、インタビュアーの発言の中に「珍走団」の語句がある。 しかし、語感が不謹慎で冗談としての()の域を脱しておらず、報道機関や一般社会に浸透しているかは不明である。 一方で、自治体や都道府県警察により、暴走族追放キャンペーンの際に使用された例も存在する。 およびでは2003年の時点で 、およびでは2004年の時点で 、それぞれ「珍走団」の用語を使用している。 また、非公式のコメントながら、2003年の朝日新聞の取材の際に大阪府警幹部から「珍走団」の用語が語られた事例もある。 なお次に述べる「ダサイ族」という命名に関する報道において、福岡県警の「珍走団」という命名が先行例として言及されたが 、その報道によれば福岡の「珍走団」という呼称は目に見える抑制効果を挙げられなかったという。 ダサイ族 のは、市民生活を脅かす集団暴走行為のイメージダウンを狙った名称を公募し、2009年に「 ダサイ族」の呼称を選定した。 同選考では寄せられた685点から一次選考・二次選考を経て「よわむし族」「ゴキブリ族」「ダサイ族」を選び、三次選考で同名称が決定した。 同署では今後標語などに同語を使ってイメージダウンを図り、暴走行為を見物する「期待族」の減少に期待したいとしている。 暴走族の文化 [ ] 共同危険型暴走族にステッカーを貼られたガードレール(の線) 暴走族は自分たちの存在を誇示するために、それぞれ固有の旗やユニフォームを持っている場合があり、それを表す文字や記号を沿道の建築物の壁面や塀、道路設備(電柱や立看板)などに落書きしまたステッカーを貼るなどの縄張り宣言、が行われることもある。 共同危険型暴走族は、それにでわざとのような難しい字や意味のよくない漢字を用いることが多い(例:「夜露死苦(よろしく)」「愛羅武勇(アイ・ラブ・ユー)」)。 服装は、共同危険型暴走族の場合、かつてはやなどが多かったが、そういった文化が廃れた地域では通常の私服が多くなってきている。 運転をする際には、基本的にを着用しない「ノーヘル」である場合や、(半キャップ、半帽、半ヘル)を被らずに首に引っ掛けたり、あご紐をきちんとかけずに後ろ下がりに被る「あみだ被り」などの姿が多く見られる (転倒など怖くないがキップを切られるから仕方なく被っている、という姿勢のアピール) [ — ]。 対して違法競走型暴走族はこのような服装はとらず モータースポーツの模倣という側面から、逆にヘルメットなどセーフティギアに関する関心は高い 、共同危険型暴走族のイメージと同一視されることを嫌う傾向もある。 違法競走型暴走族は「走り屋」の自称に拘るなど違法性(またはその可能性)に対する意識が共同危険型暴走族よりも希薄で、あくまでも自らの活動は各個人の運転欲求に伴う「趣味」だと捉え、一般から迷惑行為と判断される状況を、自分たちは社会から冷遇されているのだと認識している傾向にある。 アマチュア・モータースポーツとして正規ので合法的に走行を楽しんでいながらも、同時に公道暴走も行っている者も少なからず存在する。 さらには、ら公道暴走活動からプロのになった人物もおり、の中でもツーリングカーレースや二輪レースは違法競走型暴走族の行動形態と親和性が高いため(漫画『』のストーリーは典型)、違法競走型暴走族をこれらモータースポーツの「登竜門」として肯定的に捉える言説もある。 日本における二輪レースのイメージが四輪レースに比べて未だに悪い要因は、これらのネガティブイメージに起因しており、二輪モータースポーツ振興の妨げとなっていると見る向きも多い。 違法競走型暴走族の車を待ち伏せして襲う「走り屋狩り」や「つぶし屋」などを行う共同危険型暴走族も存在する。 騒音や危険運転など両者の行為一般は似ている面が多く、いわゆる威圧、嫌がらせ目的であったり単に憂さ晴らしである場合が多いとされるが、それに加えて高級スポーツカーや大金を投じた改造車など、経済的に裕福そうな違法競走型暴走族を対象とした恐喝、強盗も少なからず存在している。 二輪車の運転免許を取得できない小・中学生や未取得の高校生の中には、に乗って共同危険型暴走族のような運転を行う「自転車暴走族」も存在する。 これらについては、道路交通法の「軽車両の並進の禁止」での検挙が行われている。 暴走族への憧れから、自転車にやなどを模した飾りをつけて、共同危険型暴走族の「族車」に見立てた「」にしている場合もある。 車両 [ ] 暴走車両の典型的改造が施された車両 暴走族が乗る車両はほぼ例外なく改造が施されることが通例で、騒音規制や二輪・四輪車の保安基準に違反する違法改造である場合が大半である。 (ただし、無改造車・合法改造車であっても、暴走行為自体はできる。 特に違法競争型の場合あくまで「改造=速さを求める行為」であり違法改造状態はその副産物に過ぎない ことが多い ため、専門誌でも合法改造スタイルの特集を組むことがある。 ) 共同危険型暴走族は装飾性に重点が置かれる「」のスタイルを取るのに対して、違法競走型暴走族は走行性能の向上を目的に行われる「」のスタイルとなっている。 また、共同危険型は意図的に騒音を大きくするための改造が行われ、違法競走型の場合も性能向上が結果的に騒音を生むため、どちらの車両でも一般車と比べて騒音性が高い。 共同危険型の車両は「族車」という俗称で呼ばれることがある。 元になる車両はどちらも国産車が中心になっている。 共同危険型では希少な1980年代の旧型車が二輪・四輪ともに人気が高く、四輪車は普通乗用車()の(特に車)が多いが、他にもを派手に改造・装飾する「」や、高級セダンを独特の改造を施す「」と呼ばれるものなど、それぞれの嗜好に応じて多様な車種が用いられる。 違法競走型では、速さを競う必然上から走行性能上位車種に限定され、二輪車はやプロの競技用車両をスペックダウンした「レーサーレプリカ」、四輪車はと、それに準ずるやなどの「スポーティーカー」が多い。 車両価格が高価なため少数派ではあるが、日本国外のスポーツカーに乗っている者も存在する。 違法改造 [ ] 共同危険型暴走族の改造を模したの 装飾については、違法競走型も一部装飾性の高いやなどが施される場合もあるものの、見た目の特異さは共同危険型の方がより強い。 二輪車の場合、「」「爆音 」もしくは「 」「絞り」または「アップハンドル」の装備が基本で、加えて、派手な模様などの塗装、「ツッパリ」「ロケット」「布たれ風防」などの装飾部品を装着する。 非常に高い二連ロケットカウルとを装着した二輪車は「ブチ上げ」と呼ばれる。 このほか大半の車両はナンバープレートが跳ね上げられ、ホイール(スイングアーム)長を伸ばしたり、赤く発光することが義務であるの白色化、白の不動光が義務であるを閃光を放つように改造する者もいる。 四輪の場合、車高を下げる「(ローダウン)」、のサイズダウン、「爆音マフラー」装着が基本で、加えて「ロングノーズ(前方に突き出した)」「デッパ(出っ歯:鋭利な)」「竹槍マフラー(跳ね上げた長いマフラー)」「オーバー」などの装飾部品を装着することが多い。 装飾部品はかつて町工場クラスの所で製造されていた。 これらにより、共同危険型の車両は走行特性が著しく低下している。 ローダウン車では一般道の数ミリ程度の凹凸でもシャーシ底面をぶつけて壊すことがあり、スポイラーやフェンダーのアプローチアングルが低過ぎて一部などの段差を越えられない車両も存在する。 ロケットカウルやブチ上げは空力抵抗を無視し目立つことだけを考えた造作である。 特に二輪車の場合は盗難車を改造していることもよくあるため、盗難被害に遭って返って来た車両が、一般には乗用に適さないほどになっている事例もある。 共同危険型車両が当初目指したのは、「」(映画『』などに登場した改造車)仕様、並びに「レーサー」仕様、「」仕様を、それぞれ再現することである。 チョッパー仕様の場合、当時の輸入二輪車両は100万円 - 300万円もしたため、購入可能な国産二輪車で、アップハンドルは絞りハンドルで、シーシーバー(背凭れ)は三段シートで、フィッシュテールのマフラーは竹槍マフラーでそれぞれ再現しようとした。 レーサー仕様ではロケットカウルを取り付けることになる。 本物のレーサーの場合、セパレートハンドルなどで低い位置にハンドルを取り付けているが、市販車にそのまま取り付けるとハンドルとカウルが干渉してしまう。 対処法としてカウル自体をハンドルが干渉しない位置に取り付ける方法と、ハンドルを絞りハンドルにしてカウルとの干渉を避ける方法があった。 前者の場合、当時の市販車のハンドル高にあわせると必然的にカウル取り付け位置は高くなる。 プレスライダー仕様の場合には、手本となる仕様自体が市販の国産二輪車を改造したものであるため、他の仕様と比べて再現度が一番高い。 当時のプレスライダーが乗る二輪車では、渋滞中のすり抜けを行う際にハンドルが四輪車のサイドミラー と当たるのを避けるために絞りハンドルや鬼ハンドルに改造したり、風圧による疲労低減のために布たれ風防 をつけている者がいた。 また、彼らは所属する報道機関の旗をつけるために旗棒を取り付けていた。 こうした成り立ちに対して、世代が変わる毎に理念は失われ、個々の改造が「なぜその仕様になったのか」に関係なく全てを取り込むようになり、派手さを強調する方向へ変化していった。 「レディース」の場合、タイプの原動機付自転車が使われることが多く、やなどで装飾したり、ナンバープレートを着脱ないし可倒式などで偽装することはあっても、車両自体は改造されていないことが多い。 ベース車種 [ ] 二輪車・四輪車ともに特定の車種が好まれる傾向にある。 二輪車の場合、共同危険型では、1970年代のモデルでは、、、、などが人気である。 2000年代には、に応じてを使用しているケースも見られるようになった。 また、強い人気を持つホンダ・CB系統に連なるデザインの、、、、なども対象とされる事例がある。 二輪車の違法競走型では、1980年代のレーサー・レプリカ・ブームにおける、、などに人気があった。 四輪車の場合、セダンでは、「」のベースとなるのは、、、、、、、、、、、、などの人気が高い。 中古車で購入する場合、ラグジュアリーカーは節税対策としての企業の社用車需要もあって新モデルに注目が集まり旧モデルが定期的に市場放出されるが、スポーティーカーでは車種ごとに熱心なファンも存在するためそもそも中古で出回る数も少なく、市場価格は高値安定傾向にある。 「バニング」のベース車両は、、、、といった、やが多い。 積雪地域 [ ] では、冬季に積雪・凍結によって車両がしやすくなり、警察に追われた場合に暴走族自身はもとより、周りの無関係な人々にも命の危険がおよぶため、シーズンオフが存在する。 これらの地域では、活動停止期間の存在から年間を通じて組織を維持することが困難となり、構成員が少ない傾向がある。 すなわち、冬季の積雪量・気温に依存した気候の影響で、構成員の分布には「」が存在する。 太平洋側では、日本海側ではが、シーズンオフのない北限といわれている [ ]。 例外的存在として、には「」が存在する。 冬期に札幌のである・・、あるいは、外の寒さを逃れてに出没し、などの衣装を身につけ、集団で円陣を組んだり列を組んで練り歩き、グループ名を大声で連呼したり、奇声をあげたり、周囲の買い物客や店員を威圧する者もいる。 徒歩であるため「暴走行為」ではないが、暴走族がオフシーズン中に行う活動なので、このように呼ばれている。 豪雪地帯以外でも、祭りなどで大規模な交通規制が敷かれる際に、バイクなどの車両に乗らず騒いだり暴徒化する例もあり、この場合も「徒歩暴走族」と言われることがある。 暴走族を扱った雑誌 [ ] 雑誌『』を活動の参考にしていたグループの実例などもあり 、同誌が共同危険型暴走族文化の維持に一役買っているという見方をする者もいる [ ]。 また違法競走型暴走族向けの雑誌の場合、以前は違法な公道暴走や車両改造を教唆・幇助する内容が含まれていた。 共同危険型向け• (創刊1987年 - 2016年休刊) -。 (創刊1989年 - 1998年休刊 ) -。 (創刊1981年 - 2001年休刊 ) -。 (創刊1986年 - 1995年休刊) -。 違法競走型向け• (創刊1981年 - ) -。 (創刊1982 -) - 三栄書房• (創刊1992年 - 休刊) - 三栄書房。 (創刊1997年 - ) - 三栄書房。 (創刊1986年 - 2002年休刊) -。 ファッションの疑似右翼性 [ ] 1970年代後半から1980年代までの共同危険型暴走族ファッションの特徴のひとつとして、や鉢巻きを身に着け、車両に「愛国」「尊皇」「神風」などと(右書きで)書かれたステッカーを貼り付けるなど、()的な意匠・記号が取り入れられている点が挙げられる。 これらは1970年代当時、東京・築地などの下町地域に存在していた「極悪」というグループが紺色または黒色の特攻服(このグループでは戦闘服と称していた)を着用していたのが始まりとされている。 などの意匠・記号を好んで取り入れた暴走族も存在し 、暴走族内部では、リーダーを「総長」、先頭を走るグループを「特攻隊」と呼び本隊の通行を止めないように交差点でをし他を威嚇し強制的に交通を遮断したり抗争時には先頭で飛び込む役割を果たす、「けつ持ち」とは特攻隊とは逆に本隊を取り締まろうと追跡してくる警察車両など本隊とは直接関係のない他車が入り込まないように交通を妨害する、「旗持ち」は二輪車の後座席でグループの旗を持つ、リーダーの護衛を「親衛隊」などと呼称している事例も多い。 しかし、よく指摘されることだが、暴走族が日章旗や菊紋章などの右翼的なシンボルを用いるのは天皇や国家への敬意の念からではなく、むしろ「怖そう」「恐ろしそう」なイメージを流用するためだった。 暴走族のシンボリズムはオリジナルの意味をかなり自由に翻案したものだったのである。 日本以外の暴走族に類似した集団 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年5月) 米国 [ ] でも、昼間にを集団で爆音を立てながら大型オートバイで疾走することを好むような集団がおり、これらは ()と呼ばれ、など一部の都市周辺部・郊外での活動も見られる。 ただし当地では、これら集団の立てる爆音も国民性にも絡んで寛容な傾向が見られ、また集団の構成員も30代・40代といった大人が多く、健全な趣味の範疇として扱われる。 主に1970年代の懐古スタイルである場合が多く、の二輪車を好むとされる。 これらの集団は季節労働者として全米を移動しながら活動していると見られており、また健全な趣味として認知されるべく、ハイウェイ周辺のゴミ拾い活動を展開するなど、活動に率先して従事する姿も見られる。 その多くは成人の肉体労働者()であるため、自身の健康を損なう麻薬には手を出さない・社会のルールを守るなど、一定の自負をもって活動している様が見られ、日本の反社会的な存在としての暴走族とは大きな違いがあり、社会的に容認されている。 しかし、その一方でなどに代表されるOMG(: Outlaw Motorcycle Gang、アウトロー・モーターサイクル・ギャング)はモーターサイクル・クラブ文化を基盤とした犯罪団体()で、恐喝・麻薬取引および殺人事件に関わっており、日本の暴力団により近い凶悪な集団である。 その構成員は成人であり、日本の暴走族のように暴力団や右翼団体の下部組織的性格はなく、独立した犯罪組織と見られる。 似たものに ()があるが、こちらはAMA ()に未認可のモーターサイクル・クラブを指すもので、犯罪組織とイコールではない。 ヘルズ・エンジェルスは1948年にで結成されたが、売春と麻薬の売買で挙げた利益、またはなどにより、社会問題化された1960年代には年10億ドルの闇利益を得ていたとでは見ている。 同団体はしばしば反体制ののように見なされることもあり、たびたびメディア上にも登場するものの、を掲げたりといった問題行動が見られる。 同団体は健全なモーターサイクル・クラブであると自称しながらも、・では1994年よりの使用や対立組織への抗争などにより、巻き添えを含む100名以上の死傷者が発生している84件の事件、放火や行方不明に絡む130件の事件に関与していると考えられている。 ただし、この犯罪組織であるOMGの特徴とも言えるファッションや行動様式などのスタイルは、健全な趣味の範疇にあるモーターサイクル・クラブにも同様に見られる傾向が多く、外見上で両者を見分けるのは困難なようである。 違法競走型暴走族に関しては、長い直線道路を利用した違法なが多く行われている。 ナンバープレートを外して走る悪質な者も存在する。 地形的に曲がりくねった峠道が少ないことから、は定着していない。 ヨーロッパ [ ] ヨーロッパ全域にアメリカンスタイルのアウトロー・モーターサイクルクラブが活動しているほか、ではやのような若者集団の間で、バイクがアイコンとして使用されてきた。 2010年代後半より、「・ギャング」もしくは「・ギャング」と呼ばれるフルフェイスヘルメットを被ってモペッドやスクーターのような小型バイクに乗り徒党を組む集団により、などの市街でなどを狙ったひったくりや強盗といった犯罪が多発しており、同様のギャングによるを使った殺人事件の増加や警官削減政策と合間って、ロンドンの治安悪化を象徴する存在として扱われている。 また、ベルギーのイスラム系移民で構成されたカミカゼ・ライダースはへの支持を表明し、テロ容疑でメンバーが逮捕された。 オセアニア [ ] オーストラリアではアウトロー・モーターサイクルクラブが活動しており、1970年代から社会問題化していた。 1979年公開の映画では当時の凶悪化した暴走族問題を取り上げているが、予算を浮かせるために暴走族役として本物の暴走族を起用している。 ニュージーランドでは「」や「」といった族のストリートギャングが白人のアウトロー・モーターサイクルクラブのスタイルを模倣していた。 その後、そのようなギャングの若い世代のメンバーはバイカー風のエンブレムを継承しながらのようなスタイルに移行した。 タイ [ ] でも、首都などで暴走族が出没するようになった。 タイでも現地語に訳された日本のが幾つか出版されており、日本国内や後述の韓国同様、それらを読んだ若者達が感化され、夜中に大勢でバイクに乗って騒音を撒き散らしたり、スピード違反や信号無視などの交通ルール違反を犯している。 これらの無謀運転により事故も誘発され、暴走族自身や事故の巻き添えになった一般人に死傷者も出ている。 所得格差のためか、彼らの乗るバイクのほとんどが盗難車である。 タイの警察当局も現状を見かねて強硬姿勢で暴走族の摘発に取り組んでいる。 日本の旧車會風ライダーも目撃されている [ ]。 サウジアラビア [ ] を中心とする中東地域では、公道 特にだだっ広い直線道路 でいわゆる「直ドリ」「卍」などと呼ばれるスタイルのを行う者が存在している。 この行為はインターネット上で沿道に見物人も多く集まる中、一般車も通行している脇を平然とドリフトですり抜けるなど危険性が高い。 車両は通常の~FFセダン 特に、、 が用いられることが多く、外見上改造などは行われていない模様。 北朝鮮・中国 [ ] 、でも、2000年代に入ってから都市部などで暴走族が出没するようになった。 日本やタイ、後述の韓国同様、夜中に大勢でバイクに乗って騒音を撒き散らしたり、スピード違反や信号無視などの交通ルール違反を犯している。 これらの無謀運転により事故も誘発され、暴走族自身や事故の巻き添えになった一般人に死傷者も出ている。 社会情勢のためか、現地の警察当局による暴走族の摘発に手が回らない状態となっており、事態は深刻化している。 韓国 [ ] では「ポクジュジョク」( 폭주족:暴走族の読み)と呼ばれる集団がの、のの記念日にあわせてを掲げてを目的地にを集団暴走する事象が発生している。 日本のや初日の出暴走に感化された者が多い。 中には民間のやも暴走に加わり取締りを妨害する事例も報告されている。 構成員は特に中高生が多く、暴走族専用のネットカフェも存在するほどで、車線逆走や信号無視などの危険運転やそれに伴う死亡事故が相次いでいることから、韓国では社会問題ともなっている。 警察では毎年暴走シーズンになると警官や警察車両などを大量に投入しているが、数が多いことから対応できず、ナンバー読み取り用のカメラを設置したりするなどの対応に追われているのが現状である。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 特に大規模な抗争の例として、1975年6月8日にで、東京の暴走族(、ルート20、スペクター、アーリーキャッツなど)400名と、神奈川と横須賀の暴走族(ピエロ、ホワイトナックル、崇族、邪道会など)の連盟200名が、同年5月8日に起こった傘下グループ間の諍いを理由に大乱闘を行った。 4台の車両が炎上、21台が大破、相当数の負傷者を出した。 のちに神奈川県警のはこの件に関する捜査本部を設置し、抗争に関与した者の一部を逮捕した。 特に大規模な暴動の例として、1975年5月17日にで、約3,000名の群衆が250台の暴走族車両と合流しを占拠した。 を横転させ、立看板に放火、建物の窓ガラスを割り、警察官や派出所へ投石し44名の警察官を負傷させた。 また同日にはでも、約500名の暴走族と約1,000名の群集が国道を占拠し、愛知県警の警察部隊と衝突する事件があった。 や、、1980年にデビューしたなど• 広島市では、暴走族が「えびす講祭り」を幹部卒業式と位置づけて、集団で練り歩くなどの示威活動を行って来た背景があり、祭り自体の治安悪化が問題となっていた。 この条例制定以降はえびす講期間中における暴走族のトラブルは激減した。 なお、スポーツ需要に関しては国産車のラインナップが壊滅的であることから販売台数の多い中古輸入車をベースにする動きもあった。 がない直管、特殊構造で化し騒音を増幅する• 特徴的な重低音が好まれる• 当時の四輪車のサイドミラーはドアミラーが認可されていなかったことからフェンダーミラーである。 当時ビキニカウルは一般的ではなく、布とプラスチックシールドのいわゆる「風防」である。 出典 [ ]• Report. 2019年10月14日閲覧。. 暴走族対策()• 初鹿野俊 2016年8月28日. 日本語. 内閣府大臣官房政府広報室• (2011年6月16日時点の)• 1975年• 沖縄タイムス. 2018-09-22. 1997. Report. 警察庁 1999. Report. 日本語. MSN産経ニュース 産経新聞. 2011年2月10日. の2011年2月13日時点におけるアーカイブ。 日本語. 47NEWS(よんななニュース) 共同通信. 2008年2月7日. の2013年6月27日時点におけるアーカイブ。 警察庁 2015 Excel. Report. 石田 真一 2008年12月8日. 日本語. 警察庁 2007. Report. 日本語. くるナンデス メディアワークス : pp. Report. 2019年10月14日閲覧。. 警察庁 2019. Report. 2019年10月14日閲覧。. (2009年8月4日時点の)• (2014年3月9日時点の) - ・裏社会カテゴリ・ちくり裏事情@@2ch掲示板 過去ログ 2001年1月9日〜2001年1月11日、2014年3月9日閲覧。 (2015年1月28日閲覧)• 松本人志『松本人志の人生相談 プレイ坊主』集英社、2002年改版、215頁 (集英社『』連載コラムの単行本)• 『』 第5巻、2002年2月24日発行、、p126、「チンソうダン」の語句を使用した例。 『』 第2巻、2002年5月1日発行、、p13、「珍走団」の語句を使用した例。 (2014年3月9日閲覧)• - データなし(2009年12月18日時点の)• - - データなし(2003年2月10日時点のアーカイブ)• : p. 2009年8月10日• [ ]• - データなし(2009年12月25日時点のアーカイブ)• - データなし(2013年11月27日のアーカイブ)• 、日本ナチ・カルチャー研究会(編著) 『ヒトラーの呪縛』 、2000年7月25日、。 (編著) 『ヤンキー文化論序説』 、2009年3月20日、• (2009年7月24日時点の) - サーチナ、2014年6月15日閲覧。 - (2014年6月15日閲覧) 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 『世界大百科年鑑スペシャル 1973〜79』 1980年5月10日• 『世界大百科年鑑 1981』 平凡社 1981年4月20日• 『世界大百科年鑑 1982』 平凡社 1982年4月12日• 関連項目 [ ]•

次の

暴走族

暴走族 グループ名

暴走族は昭和50年代をピークに減少をつづけ、現在では最盛期の約8分の1となる5000人にまで減少したといいます。 なぜ、ここまで激減したのでしょうか。 かつては「強い男の象徴」 暴走族はなぜ減少したのか 警察庁の調べによると、平成29年末時点のデータでは日本国内には171の暴走族グループが存在しているといいますが、以前と比べてグループ数は大幅に減少しました。 また、暴走族の構成員は最盛期の約8分の1となる5000人程度まで減少したといいます。 いったい、なぜ暴走族は激減したのでしょうか。 改造車に乗る暴走族はなぜ激減したのか(写真はイメージ) 警察白書によると、昭和40年代終わりからモータリゼーション、マイカーブームとともに暴走行為をおこなう若者たちが増え始めたといいます。 昭和50年代前半には、集団で暴走行為をする「蝟集(いしゅう)走行」が、日本全国で年間4000回近くおこなわれ、最高でのべ30万人近くが集団走行に参加したという記録が残っています。 暴走族の構成員数が最高となったのは、昭和56年の4万629人。 そして、このときを頂点に徐々に減少していきます。 減少の理由はさまざまありますが、第一に警察の取り締まりが厳しくなったことが挙げられます。 昭和53年の道路交通法改正により共同危険行為等禁止規定が新設されたことや、昭和56年1月から共同危険行為等禁止違反に対する基礎点数が引き上げられ、1回の違反で運転免許の取消しをおこなうことができることになったことなども、暴走族の減少に大きく貢献したといえるでしょう。 そして令和となった現在はさらに減って、40年前に最大で500近くあった暴走族グループは171にまで減り、構成員数も最高4万人超から平成29年では5000人にまで減りました。 しかし、暴走族の大幅な減少は警察の取り締まり強化以外にも大きな要因があるようです。 暴走族減少の理由について、昭和50年代に東海地方で約120人ほどの暴走族を率いていた春山さん(仮名)は、次のように話します。 「私たちのころは、『暴走族=強い男の象徴』みたいなイメージがありましたよね。 例を挙げると、バイクやクルマに周囲を威嚇するような改造を施して、特攻服を着て、対抗グループと毎週集団で喧嘩をする、というようなものです。 グループ内にはさまざまな『掟』があり、掟を破ると集団リンチを加えるなどめちゃくちゃでしたね。 暴走族が減少したのは、若者たちが『厳しい掟や規律がある大集団』に属すること自体を嫌がる傾向が強くなってきたからだと思います。 また、『暴走族=ダサい、かっこ悪い』というイメージが浸透してきたこともあるでしょう。 社会全体で、暴力はいけないことという認識が急速に浸透し、暴力的な強さが男らしくてかっこいいという時代が終わったことも減少の理由でしょう」 少子高齢化も暴走族減少の一因か ほかにも、暴走族の減少には理由があるようです。 不良集団が乗るクルマにも変化が(写真はイメージ) 昭和50年代後半の暴走族事情に詳しい杉森さん(仮名)は、次のように説明します。 「当時暴走族をやっていた若者は、東京・世田谷区や杉並区出身の人が多く存在しました。 彼らは貧困層ではなくアッパーミドル層で、何不自由なく育ってきた若者たちが中心でした。 しかし、パンチパーマ・リーゼント・特攻服で改造車に乗ることをかっこ悪いと思い始めた彼らは、昭和の終わりころになると渋谷や六本木に集まり始め、「チーマー(ファッション要素も入った不良集団)」へと変化していきました。 それに伴い、『竹やり出っ歯』の改造に代表されるセダン系の暴走族車は、やがてハイリフトの4WD車や、ベタベタにローダウンしたVW『ビートル』などに代わっていったのです」 たしかに、かつて渋谷ではチーマーが車高を極限まで上げた4WD車で夜のセンター街の近辺を闊歩(かっぽ)していました。 当時、4WD雑誌の編集部にいた筆者(加藤久美子)も、とあるチーマーに何度か取材した覚えがあります。 当時、圧倒的な人気を誇った「渋カジ」ファッションでキメて、車高を上げたトヨタ「ハイラックスサーフ」などに乗る彼らは、暴走族とはまるで異なるおしゃれな雰囲気だったと記憶しています。 バブル崩壊後、暴走族はさらに減り続け、それぞれの規模も100台近い大規模集団ではなく、数台から十数台程度へ小規模化していきました。 そして前述の春山さんが話す「規律の厳しい集団の一員になることを嫌う傾向が強まってきた」ことは、警察庁の調査でも明白です。 警察庁が作成した資料『暴走族の勢力と動向の推移』を見てみましょう。 カッコの外はグループ数と総人員数を表していて、カッコ内は「グループ未加入者」の人数とその比率です。 5年間だけを見ても、グループ未加入者は63. 7%から76. 5%と約13ポイント近く増えています。 ・平成25年:311グループ 5817名(3705名/63. 7%) ・平成26年:282グループ 5656名(3707名/65. 5%) ・平成27年:211グループ 5416名(3909名/72. 2%) ・平成28年:193グループ 5265名(3804名/72. 3%) ・平成29年:171グループ 5051名(3866名/76. 5%) ちなみに、平成15年は全国で1251の暴走族グループがあり、総人員は1万7704名。 うちグループ未加入者は5872名(33. 2%)という割合になっています。 ここから、暴走族のグループ数や総人員数が大幅に減っているなかで、急速な勢いでグループ未加入者の割合が増加していることがわかります。 かつての暴走族は20歳以下の若者が中心で「引退するときに若い世代を代わりに暴走族へ入れるのが慣習だった」(春山さん)ともいいます。 しかし近年は少子高齢化が進み、掟の厳しい集団に属することはもちろん、暴走族そのものを嫌悪する社会となっているため、後継者がいなくなりグループ自体が解散・消滅の傾向にあります。 そこで「旧車會」に代表される「高齢暴走族」のように、一度解散した暴走族のメンバーが新たなグループを作って活動を再開したり、中高年が新たにグループを作ったりして活動するケースも増えているのが現状です。 関連記事.

次の