あくび とんぼがえり。 アギルダー

【ポケモン剣盾】あくびの対策方法

あくび とんぼがえり

構築経緯 カビゴン+高火力 耐久値や耐性の弱いポケモンは相手ポケモンへの繰り出しが不安定で、いかに相手の行動と噛み合うかのピーキーな勝負となってしまいがちです。 しかし、 現環境随一のクッション性能を持つカビゴンを一度経由し安全な状況を作ってから繰り出すことで、そういったポケモンの不安定さを補って活躍させることができると考えました。 そこで、相手のポケモンを「あくび」で動かして自身の後続のポケモンを場に出しやすくできる 残飯型のカビゴン を軸とし、相方となるアタッカーとして行動時のリターンが特に高い 鉢巻型のガラルヒヒダルマ 、 眼鏡型のドラパルト 、 キョダイリザードン の3体を採用しました。 持ち物「こだわりメガネ」や特性「ごりむちゅう」といった拘り効果のある相手に対して、「まもる」や「みがわり」といった技で相手の技を確認・固定すること。 これを行うことで、次ターンの相手の選択肢が『同じ技』『交代』『ダイマックス』の3つに絞れるため、それに合わせた行動をすることで優位状況を作ることができる。 対ガラルヒヒダルマ 鉢巻型のガラルヒヒダルマを使うと、相手のガラルヒヒダルマに対して「こだわりスカーフ」を警戒して交代しなければならなくなり、後手後手の試合となってしまいます。 そこで、対面で居座ってきたならば「ジャイロボール」で倒す事ができ、交代されても「ステルスロック」で削りを入れられる タスキ型ナットレイ を採用しました。 後続のミミッキュの「かげうち」で倒しやすくなるというのもありますが、 ガラルヒヒダルマは強烈な択ゲーを仕掛けてくるポケモンなので、その回数を減らせるという点で「ステルスロック」は対策として非常に優秀です。 個別解説 カビゴン 特性 あついしぼう 性格 わんぱく 持ち物 たべのこし 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:0 素早さ:4 実数値 267-130-128-x-130-51 技 からげんき ヘビーボンバー あくび まもる 調整意図 HP:振り切り B:特化 S:端数(ミラー意識) 解説 アタッカーの着地をサポート このパーティには耐久値、耐性の弱い ガラルヒヒダルマ や「ばけのかわ」を残したい ミミッキュ など、交代際に相手の攻撃を被弾したくないポケモンが多く採用されています。 これらのポケモンを繰り出したい場合は、 一度このポケモンを経由して「あくび」を使い相手の『攻撃』の選択肢を取り除くことで安全に場に出すことができます。 ガラルヒヒダルマ 特性 ごりむちゅう 性格 ようき 持ち物 こだわりハチマキ 努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 181-192-75-x-75-161 技 れいとうパンチ ばかぢから じしん とんぼがえり 調整意図 HP:端数 A:振り切り S:最速 解説 非ダイマックスで超火力 特性「ごりむちゅう」に加えて持ち物「こだわりハチマキ」の2要素で火力を底上げしているため、1回の行動で得られるリターンが他のどのポケモンよりも高いです。 また、 このポケモンはダイマックス権を使わず試合を動かせるため、中盤以降、相手のダイマックスに合わせてこちらもダイマックスができるようダイマックス権を温存することができます。 ドラパルト 特性 すりぬけ 性格 おくびょう 持ち物 こだわりメガネ 努力値 HP:0 攻撃:0 防御:4 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 163-112-96-152-95-213 技 りゅうせいぐん シャドーボール 10まんボルト かえんほうしゃ 調整意図 B:端数 C:振り切り S:最速 解説 非ダイマックスで高火力 このポケモンもヒヒダルマ同様、 ダイマックスせずとも相手のポケモンを縛って 試合を動かすことができます。 素の攻撃力はあまり高くありませんが、広い技範囲で弱点を突ける相手が多いため、メガネ型を警戒していない相手には開幕から数的有利を取れることもあります。 リザードン(キョダイマックス) 特性 もうか 性格 おくびょう 持ち物 ラムのみ 努力値 HP:0 攻撃:0 防御:4 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 153-80-99-161-105-167 技 かえんほうしゃ ぼうふう りゅうのはどう ふるいたてる 調整意図 B:端数 C:振り切り S:最速 解説 最強技「キョダイゴクエン」 キョダイマックスリザードンの専用技「キョダイゴクエン」は リザードンが倒れた後もその効果が残るため、一度でも使えれば非常に高いリターンを得ることができます。 「ステルスロック」のようにスリップダメージで確定数を変動させることができるため、 後続のミミッキュやドラパルトで相手を一掃する展開の補助となることが多いです。 リザードンの専用キョダイマックス技。 炎タイプのポケモンはこの定数ダメージを受けず、通常のダイマックス技である「ダイバーン」のように天候を晴れ状態にすることはできない。 数少ない崩し枠 持ち物「ラムのみ」+技「ふるいたてる」により本パーティで不足している受け構築への回答を確保しています。 また、昆布型カバルドンなどのステロ欠伸展開を阻止できる催眠耐性を備えたポケモンでもあります。 性質上誰とでも殴り合えるポケモンであるミミッキュが数少ない不利ポケモンを克服した型なので、 選出して腐ることがほとんどありません。 ナットレイ 特性 てつのとげ 性格 のんき 持ち物 きあいのタスキ 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:164 特攻:0 特防:92 素早さ:0 実数値 181-114-189-x-148-22 技 ジャイロボール はたきおとす ステルスロック やどりぎのタネ 調整意図 HP:振り切り HB:ステルスロック定数ダメージ+攻撃2段階上昇「いのちのたま」持ち142 252 ミミッキュの「ダイホロウ ゴーストダイブ 」を確定耐え D:余り S:ジャイロボールの威力最大化のため最遅 解説 強引に居座れる「きあいのタスキ」 高耐久のポケモンであるナットレイに「きあいのタスキ」を持たせるのは一般的には相性が悪いとされています。 しかし、 あえてセオリーに逆らうことで、ナットレイを早期的に処理しようと出てくるガラルヒヒダルマやトゲキッスを想定外から大きく削ることができます。 前回の構築のようにメインコンセプトではないため「ステルスロック」を選ぶ優先度は低いですが、 サイクル戦を拒否する手段として相手を選んで使用します。 ガラルヒヒダルマの圧力で相手のダイマックスを誘発させ、「とんぼがえり」で逃げつつカビゴンでターンを消費させることでダイマックスをやり過ごすという動きをよく取ります。 ナットレイ の「はたきおとす」や「ステルスロック」が役立つことの多いマッチアップなので、それを利用した崩しのルートを選出画面で想定することが重要です。 おわりに 今回はPWT 12で優勝した構築を紹介させていただきました。 前回のサイクルに重きを置いた構築とは異なり、最低限のサイクルから攻めに移るものとなっています。 スペックの高いポケモンを多く採用している分、出来ることが多く行動の選択肢が広い構築です。 前回の寄稿からさほど期間を空けずにこのような結果を出せたことはとても嬉しいのですが、 参考にさせていただいた方々の原案の完成度の高さによるところが大きいです。 この場を借りてお礼申し上げます。 また新しい構築を組みあげられるように頑張ります。 (澤村).

次の

とんぼがえり (とんぼがえり)とは【ピクシブ百科事典】

あくび とんぼがえり

英語名 U-turn 概要 第4世代ことで登場した技。 相手を攻撃した後、ボールに帰って別の控えに交代するというかなり変わった技。 では、でんきタイプ特殊版の技としてが登場した。 一見癖のある効果のように見えるが、実際は様々な用途で扱える技。 相手の交代を読んで使えば、相手の交代先を見た上で交代できるのでアドバンテージを取りやすい。 また、先制で使えば、相手の攻撃は後続のポケモンで受ける事になる事を利用して最低限のダメージ、ひいては無償降臨を狙う事も出来る。 相手の攻撃に耐える事前提ならば、後続を無傷で場に出す事も可能。 「攻撃だけして交代しない」ということは控えポケモンがいる限りできないので、シナリオ攻略で普通の攻撃技として使うのは難しい。 これらを考えると、どのようなポケモンも気軽に採用できる、と言える。 どちらかと言うと、場作りを済ませたポケモンが逃げる時の採用がやや多め。 むしタイプには更に優秀な技が多いので、メインよりサブウェポンとして置かれる事が多い。 なお、技による交代の為か 特性「」や等の交代封印技の影響を受けない。 またきっちり されるので乱用に注意。 シングルではなかなかの有用性を持つとんぼがえりだが、一方ダブルバトルでは、やで攻撃どころか交換までスカされるリスクがあるためそこまで人気はない。 使ってもたまに読みの上手い勇者が数人程度。 ちなみに、処理の都合かは不明だが、相手が「」を所持している場合 相手だけ交代して自身は交代できない仕様になっている。 また相手が「」を所持していると技自体は成功するが交代先を選べなくなるので注意。 なお、第6世代のやでは何故か 遠距離攻撃のモーションになる。 辺りのとんぼがえりは見ていて何かシュールさを感じてしまう。 ついでにボルトチェンジは 近距離攻撃のモーションであり、逆転してしまっているように見える。 英語名は「U-turn」。 直訳である。 このせいで「どうしてU-turnするだけの技がBug-Typeなんだ? 」と外国人トレーナーを困惑させることに。 まぁ元々日本語の慣用句から来ている技名なので、ニュアンスまで含めて訳すのが非常に難しい技の一つなのだが…。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

【とんボルチェンの使い方講座】ポケモンバトル初級者向け、とんぼがえりやボルトチェンジの意味は?何に使うのか?【ポケモン剣盾】

あくび とんぼがえり

技 あくび 分類 へんか タイプ ノーマル PP 10 命中 ー 対象 相手1体 効果 相手をねむけ状態にする。 ねむけ状態のポケモンは、 次のターン終了時にねむり状態になる。 1ターン後の ターン終了時に、相手をねむりにする技です。 相手がすでにねむけ状態だったり、他の状態異常になっている場合は、失敗します。 ねむけ状態は、交代することで解除されます。 ねむり状態についてはこちらで詳しく解説しています。 ダイマックスした場合 あくびをダイマックスして使う場合、 ダイウォールという技になり、相手の攻撃を防ぎます。 逆に、攻撃側のあくびに対して防御側がダイウォールを使えば、あくびを防ぐことができます。 あくびを覚えるポケモン 2020年4月に解禁されている最終進化ポケモンだけでも30匹近くいます。 キョダイスイマ キョダイマックス オーロンゲが、あくタイプの攻撃技を使うと キョダイスイマになります。 他のダイマックス技は相手全体に追加効果がありますが、この技は 使用した対象にしか発動しません。 使い方• 苦手な対面になったとき、 次ターンに確実にねむりになるという圧力をかけることで、相手に交代を促すことができます。 ダイマックスに対しても効果があるため、次のターン、相手がねむりになるにしても交代するにしても、こちらに有利な状況を作ることができます。 ステルスロックを撒いてからあくびを使って相手に交代をさせることで、ダメージを蓄積させる戦術が有名です。 ステルスロックについてはこちらの記事で紹介しています。 みがわり 自分が みがわりを使っていると、あくびを防ぐことができます。 ただし、あくびを受けた後にみがわりをしても、ねむりになるのを防ぐことはできません。 とんぼがえり、ボルトチェンジ これらの技なら、相手にダメージを与えつつ、交代することができます。 バトンタッチ 能力を引き継いで交代する バトンタッチは、 ねむけ状態は引き継がれません。 エレキフィールド、ミストフィールド 場がエレキフィールドのとき、地面にいるポケモンはねむりやねむけ状態になりません。 ミストフィールドの場合は、地面にいるポケモンは状態異常になりません。 ただし、ねむけ状態にはなるため、 次のターンにフィールドが解除されると、ねむり状態になります。 ダイサンダーや ダイフェアリーの追加効果でも、これらのフィールドが発生します。 特性による対策 マジックミラー 相手から受ける 変化技を跳ね返す特性で、あくびを跳ね返すことができます。 この特性を持つポケモン: ネイティオ、 エーフィ、 ブリムオンなど リーフガード 天気が晴れの時、状態異常にならない特性です。 この特性を持つポケモン: リーフィア、 アマージョ スイートベール 自分と味方が、ねむり状態にならない特性で、ねむけ状態にもなりません。 この特性を持つポケモン: ペロリーム、 アマージョ、 アブリボン、 マホイップ やるき、ふみん ねむり状態にならない特性で、ねむけ状態にもなりません。 この特性を持つポケモン: バリヤード ガラル 、 デリバード、 ヨルノズク、 パンプジン.

次の