かぶ 厚 揚げ 煮物。 朝日放送テレビ|上沼恵美子のおしゃべりクッキング レシピ|

厚揚げとかぶのサッと煮 by藤野嘉子さんの料理レシピ

かぶ 厚 揚げ 煮物

基本の扱い方 茎を残して皮をむく(1) 1)煮ものなどに使う場合、茎を少し残し、葉を切り落とします。 茎を残して皮をむく(2) フォークや竹串などで茎元に入り込んだ土をかき出します。 茎を残して皮をむく(3) ひげ根のある下のほうから茎に向けて、縦に皮をむきます。 皮の近くは繊維がややかたいので、厚めにむいて。 茎を残して皮をむく(4) まだ茎の間に土などの汚れが残っているときは、5分ほど水に放すと、汚れがゆるんで、落ちやすくなります。 茎を切り落として皮をむく(1) 茎を残さず調理する場合は、つけ根の部分で切り落とします。 茎を切り落として皮をむく(2) 上から普通に丸くむいていくか、ひげ根のある下のほうから上に向けてむいていきます。 切り方 半月切り 縦半分に切って切り口を下にし、端から料理に応じた厚さ 3〜4mmが目安 に切ります。 薄切り 半月切りと同様に縦半分に切ってから、1〜2mm厚さに切ります。 四つ割り 縦に十字に4等分します。 調理法によっては、茎を少し残しておくと彩りがきれいに仕上がります。 菊花切り(菊花かぶ)(1) 主にかぶを甘酢漬けにするときに使われます。 味のしみこみがよくなるうえ、見た目にも華やかに仕上がります。 菊花切り(菊花かぶ)(2) かぶは皮をむいて、上下を少し切り落とします。 ひげ根のついていたほうの切り口に、1mm程度の間隔で切り目を入れます。 両脇に割り箸などを置くと、切り離してしまう心配がありません。 菊花切り(菊花かぶ)(3) 同様に、最初に入れた切り目に対して直角に、1mm程度の間隔で格子状に切り目を入れます。 菊花切り(菊花かぶ)(4) 裏側から十字に包丁で切り目を入れ、その切り目から手で裂きます。 大きなかぶの場合は、6〜8つにしても。 菊花切り(菊花かぶ)(5) 1%程度 目安は、水2カップ強に対して塩5g の塩水につけ、しんなりしたら水けを絞り、甘酢につけて、菊花かぶに。

次の

厚揚げとかぶのサッと煮 by藤野嘉子さんの料理レシピ

かぶ 厚 揚げ 煮物

基本の扱い方 茎を残して皮をむく(1) 1)煮ものなどに使う場合、茎を少し残し、葉を切り落とします。 茎を残して皮をむく(2) フォークや竹串などで茎元に入り込んだ土をかき出します。 茎を残して皮をむく(3) ひげ根のある下のほうから茎に向けて、縦に皮をむきます。 皮の近くは繊維がややかたいので、厚めにむいて。 茎を残して皮をむく(4) まだ茎の間に土などの汚れが残っているときは、5分ほど水に放すと、汚れがゆるんで、落ちやすくなります。 茎を切り落として皮をむく(1) 茎を残さず調理する場合は、つけ根の部分で切り落とします。 茎を切り落として皮をむく(2) 上から普通に丸くむいていくか、ひげ根のある下のほうから上に向けてむいていきます。 切り方 半月切り 縦半分に切って切り口を下にし、端から料理に応じた厚さ 3〜4mmが目安 に切ります。 薄切り 半月切りと同様に縦半分に切ってから、1〜2mm厚さに切ります。 四つ割り 縦に十字に4等分します。 調理法によっては、茎を少し残しておくと彩りがきれいに仕上がります。 菊花切り(菊花かぶ)(1) 主にかぶを甘酢漬けにするときに使われます。 味のしみこみがよくなるうえ、見た目にも華やかに仕上がります。 菊花切り(菊花かぶ)(2) かぶは皮をむいて、上下を少し切り落とします。 ひげ根のついていたほうの切り口に、1mm程度の間隔で切り目を入れます。 両脇に割り箸などを置くと、切り離してしまう心配がありません。 菊花切り(菊花かぶ)(3) 同様に、最初に入れた切り目に対して直角に、1mm程度の間隔で格子状に切り目を入れます。 菊花切り(菊花かぶ)(4) 裏側から十字に包丁で切り目を入れ、その切り目から手で裂きます。 大きなかぶの場合は、6〜8つにしても。 菊花切り(菊花かぶ)(5) 1%程度 目安は、水2カップ強に対して塩5g の塩水につけ、しんなりしたら水けを絞り、甘酢につけて、菊花かぶに。

次の

厚揚げとかぶのサッと煮 by藤野嘉子さんの料理レシピ

かぶ 厚 揚げ 煮物

かぶは炒めて余分な水分を抜く。 2人分450円。 鶏もも肉は筋を切って2cm角に切り、塩、こしょうをする。 かぶは皮をむいて5mm厚さのいちょう切りにし、葉は2cm長さに切って茎と葉先に分け、長ねぎは3cm長さの白髪ねぎにする。 フライパンに油適量を熱し、鶏肉を強火で白っぽくなるまで炒め、かぶを加えて透明感が出るまで炒め、かぶの茎を加えて更に炒め、煮汁のだし、砂糖、みりん、薄口しょうゆを入れ、中火で10分煮る。 (3)にかぶの葉先を加えて器に盛り、白髪ねぎをのせる。 お肉もやわらかい。 このおだしは飲めますね。 ありそうでなかったメニュー。 鶏肉が素晴らしくおいしい。 おだしもおいしい。 日本一です。

次の