ハンターハンター ミトさん。 【ハンター ハンター】カイト徹底考察!能力や転生を考える

ハンターハンターの謎?ジンの能力は運を操作する!?

ハンターハンター ミトさん

これはいい話。 潘ちゃん頑張れ。 [映画. 自分と同じ声優の道を選んだ娘に対し、恵子が「すばらしい声優さんに囲まれて、うちの娘も頑張りました」と言葉をかけると、感極まっためぐみは号泣。 でも役柄的に、気持ちはシンクロしました」と述懐。 「自分の部屋で練習していると、居間にいる母から指摘が飛んでくることも(笑)」と家庭での様子も明かした。 一方、「機動戦士ガンダム」のララァ・スン役などで知られる人気声優の恵子は「感性豊かに育てたいと思い、本や映画、CDなど興味があるものを与えました。 感性が豊かなら、どんな仕事をしても大丈夫だと思ったので」と子育てを振り返った。 母の思いを聞き、めぐみは改めて感激の涙を流していた。 映画はゴンたちと、一族を皆殺しにされた復讐を果たそうとするクルタ族の少年クラピカの冒険と戦いを描く。 東宝によると、1月18日の時点で観客動員は55万人を突破し、「興収20億円以上を見込んでいる」(関係者)。 すでに劇場版第2弾の製作が決定している。 ソース 映画. com• 一緒に仕事ができるなんて親孝行にもなるな。 ゴンも、キルも。 だから今のは馴染めなくて残念• (めぐみさんが) 本当かわかんないですが。 多分、それはないですよね。 ゴンの声はやっぱ順ちゃんだな。 誹謗中傷やトピックの内容と関係のないコメントは削除の対象となります。 場合によっては、該当のユーザーを規制させていただきますのでご注意ください。

次の

ハンターハンター ゴンの母親はすでに登場してるらしいですが誰だと思...

ハンターハンター ミトさん

主要キャラとしてのカイト カイトの初登場シーンは、「ジンを捕まえる」という最終試験をクリアするために、ジンの生まれ故郷であるクジラ島にやってきたときのこと。 ここでゴンと出会う。 カイトはゴンにハンターを目指すきっかけを与えた人物、そして、父親であるジンが生きていると教えてくれた人物。 これがきっかけでゴンの最終目標が「父親に会うこと」になった。 ストーリー上、ゴンにこれほど影響を与えた主要人物はほかにはいない。 言ってみれば「ハンターハンター」という物語の最初のきっかけになったキャラだからね。 だからこそ、そんな主要キャラの死亡は衝撃でした。 あそこで殺しちゃうかねと、さらには、ピトーがカイトの首を抱えているコマを描いたことで、読者にカイトが生きている可能性を残さなかったのも凄い。 普通は引っぱる。 あんな主要キャラをここまで育てておいて、ばっさりなんてきれない。 けど、それをやっちゃったのがハンターハンター。 以前冨樫先生のインタビューで「主人公だろうと主要キャラだろうと殺したいときに殺す」なんて答えていたけど、カイトはまさにあの場面で作者が殺したいから殺したと言えます。 カイトの強さ!念能力・技考察 ゴンにハンターへの道を決断させたカイト、そんな主要キャラであるものの、彼の能力は最後の最後まで明かされることはなかった。 実際カイトが使っていた念能力「クレイジースロット」で登場した技は全部で3つのみ。 そのほかの能力は描かれることなく死亡(というか転生)してしまった。 まず、カイトの武器は剣。 ただ、これは1巻のみ登場した武器でキメラアント編では持ち歩いてはいなかった。 クジラ島でキツネグマと戦うシーンでは鞘を抜きながら斬りつけていたことから、 抜刀術による攻撃を得意とするのだろうか。 気狂いピエロ(クレイジースロット)の出目によって使える武器が違ってくる。 出目は1~9番まであり、カイト曰く当たり外れがある。 しかも武器が勝手にしゃべるというかなりレアな能力ではあるものの、ルーレットによるランダム要素にしゃべる武器と、なぜカイトがこの能力を選んだかよく分からない。 キルアはカイトが能力を発動する度に「なんでこの能力にしたんだ」とツッコミをいれていた。 クレイジースロットの武器で明らかになっているのは三つ。 冨樫先生のキャラ作りはまずキャラありきで能力などは基本後付ですw そのため、カイトの能力が判明しなかったからといって、あらかじめ殺す算段はなかったはず。 ストーリーを練っていく上でカイトを殺す流れを思いついたのかなと思ったり思わなかったり。 女王蟻から生まれたネズミ型の女の子「レイナ」の人格がカイトになっていた。 さらに剣を振っている姿は、クジラ島ではじめてゴンに会ったときに持っていた剣と重ねて見えますし、ジンさんと「さん」付けで呼んでいたのも同じ。 なぜカイトが女の子として転生したのかは不明ですが、選挙編にてジンが気になるセリフを言っていた。 そのセリフは「 ゼッテー死んでたまるかって本気で思ったときにでる番号がある」というもの。 死ぬ直前の強く願った想いが「死後に強まる念」として転生したのだろうか。 クロロ戦でみせたヒソカがまさにそれ、「心臓と肺を伸縮せよ」と強く願ったことで蘇生することに成功していた。 カイトの復活・再登場の可能性は? 女の子に転生したカイトだけど、そこはキメラアント。 女の子カイトの成長の早さは目を見張るものがあった。 わずか数日で見た目も知能も驚異的にアップ、とくにコアラの哲学的な話を理解してたのは驚きだった。 女の子のセリフには「あたち」だけでなく「オレ」と、まるでカイトと女の子の二人の人格が共存しているような雰囲気だった。 少なくとも両方の記憶は覚えていた。 つまり急成長を遂げる転生したカイトが今後メインストーリーに再登場する可能性も捨てきれない。 ゴンとの会話の中でも「俺 たちはもう仲間だ」というセリフがあった。 なにかあればすぐに駆けつける、つまり、再登場は十分にありると言っていい。 ただ、肝心のゴンが現在連載中の暗黒大陸編ではカヤの外wwww ゴン、あるいはキルアが再登場するかどうか、ここらへんすら怪しい状況になりつつある。 今の主人公はクラピカといったところ。 今後はゴンの父親ジンがメインで登場しそうだ。 カイトが再登場するにしても、かなり先となりそうなのは確かでしょう。 少なくとも暗黒大陸編が終わるまでゴン含め出番はないと思われます。

次の

ハンターハンターの謎?ジンの能力は運を操作する!?

ハンターハンター ミトさん

シーラとは? そもそもシーラとはどんなキャラなのかを説明。 本編では一度も登場していない(はず)女性キャラで、ハンターハンター0巻のみに登場していたキャラです。 クルタ族の里に迷い込み、幼少期のクラピカ、そしてクラピカの親友パイロと接触していていた人物です。 プロハンターを目指していたことも判明しています。 ケガをしたことで里に何日間か滞在することになる。 シーラはクラピカに外の世界のことや、ハンターという職業があることなどを教えています。 一見するとシーラは優しい旅人に見えますが、彼女の行動には不審な点が多くあり、なんといってもシーラと出会った1年後に幻影旅団の襲撃を受けているんです。 これは単なる偶然なのか、シーラはクルタ族殲滅事件と何らかの関与があるのではと勘ぐるのは当然の流れ、そこでシーラについてももっと深く見ていきます。 彼女の服装には「ハート」が多くあるのが特徴。 耳当て、水筒、バッグにあしらわれています。 また、バッグには「ネズミ」のようなイラストがあり、これは彼女が耳当てをしていることと関係しているのでしょうか。 ネズミがキーワードとかでしょうか? ほかにも携帯テレビを聴いているようにも見えますが、これは音を出して誰がか気づいてくれるのを待っての行動かもしれません。 こうしてみると道に迷い助けを待っていたように見えます。 クルタ族は外部との接触を一切しない部族。 そのため大人たちには内緒で助けていました。 ただ、シーラは症状がよくなると、自ら怪我をして何度も完治を遅らせます。 まるで「ワザと」そうしていたように。 こうしたシーラの謎行動はさまざまな考察につながっていきます。 この本はプロハンターの主人公が活躍する冒険活劇。 この本がきっかけでシーラはプロハンターを目指すことになった大切な本、本には付箋がいくつもついているのが特徴的です。 シーラの置手紙 シーラがクラピカたちから去るとき、別れの挨拶ではなく置手紙が置いてあるだけでした。 そのため、シーラが里を出ていく姿は描かれていません。 自分が大切にしていた本まで上げたにもかかわらず、あっさりとした別れ。 その後もシーラが里に現れることはなかったようです。 少なくともクラピカが里を出る1年間はシーラとは会っていない。 シーラの正体考察 ここまでは数少ないシーラの登場コマから見える彼女の特徴や持ち物、行動などをまとめてみました。 基本は押さえたので、ここからいくつかの説を検証していきます! シーラは旅団の元8番説 シーラの不振な行動から当時の旅団メンバーで、クルタ族襲撃の偵察役としてシーラがクラピカと接触したのでは?という説があります。 まず、旅団のクルタ族殲滅事件についてはヨークシンシティ編が参考になります。 幻影旅団のメンバーは今まで二名入れ替わっています。 4番と8番。 ただ4番の元メンバーはオモカゲという人物。 本編には登場していませんが、劇場版にて明らかになっています。 そして8番についてですが、8番の元メンバーの名前は不明です。 3年前といえば、キルアの親父シルバが旅団と戦った時期です。 そのため、メンバーの入れ替えのきっかけになったのはシルバとの戦いによって当時の8番が死亡したと言えそうです。 そしてクルタ族殲滅事件はクラピカのセリフより5年前の出来事。 つまり、どういうことかといえば、現在8番のシズクはクルタ族殲滅事件には関わっておらず、元8番が参加していたということになります。 元8番に関する情報が一切登場していない以上、シーラが元8番であった可能性は無きにしも非ず。 ちなみに、現8番のシズクは女性、そして能力は具現化系です。 具現化系は思い入れのあるものが武器になりやすく、オーラを具現化するだけでなく、武器や道具に特殊能力を持たせることもできます。 シーラの独特なファッションも具現化系と関係あるのでしょうか。 クラピカに渡した本「D・ハンター」が彼女の武器ではないかとも考察できます。 シーラは流星街出身説 シーラの出身地についてはなにも言及されていません。 ですが、クルタ族を襲撃した賊がメッセージを残しています。 そこに書かれていた文言は、 我々は 何ものも拒まない だから我々から 何ものも奪うな というものでした。 このセリフは幻影旅団というよりも流星街のメッセージです。 ただ、旅団はクルタ族の「緋の目」を奪うのが目的で、仲間を殺されたわけではないはずです。 だからクラピカもシーラを自分たちの隠れ家に置いていたわけです。 つまり、流星街とクルタ族との接点は一切ない! ならなぜ、このメッセージが置かれていたのか。 可能性としてシーラが関係していそうです。 シーラがクラピカの前から急に姿を消した行動に違和感がありましたが、クルタ族に見つかっていたとしていたらどうか。 里には地下牢も設置されているのがパイロのセリフから明らかになっています。 クルタ族を偵察していたシーラが村人に怪しまれつかまって牢屋に投獄されていたとか。 シーラがクラピカに初めて接触したとき「 水が流れる場所を教えて」と言っています。 クルタ族には井戸のようなものは描かれていませんでした。 つまり、シーラが川が流れる場所を知りたいということは、その近くにクルタ族の里があるのは容易に想像できます。 こうしたシーラのセリフから見ても、クルタ族が目的でクラピカたちに近づいていた可能性もありそうです。 シーラが旅団の元メンバーではないとしても、たとえば今回の仕事でシーラの能力が必要で協力者として一時仲間にしていたという可能性もあります。 流星街出身が多い旅団との接触が持てるシーラもまた、流星街出身である可能性はありそうです。 シーラの不振な行動はクルタ族の偵察役だったからなのかもしれません。 シーラに関する説考察 ここまではシーラと旅団、そしてクルタ族殲滅事件についての諸説を見てきましたが、シーラにはそのほかにもさまざまな説があります。 シーラとは謎多きキャラでもあります! ゴンの母親説 ゴンの母親候補として考えられているのがシーラ。 ゴンというよりも旅団や流星街との接点が強い可能性があるので、説得力のある説ではないように思います。 パリストンとの関係説 シーラとパリストンの関係?と以外に思うかもしれませんが、ネットではこの二人を結びつける考察も当時あったんです。 その根拠はシーラがネズミのような衣装をしていたことから、十二支んの子(ね)担当のパリストンと関係があるのでは?という考察です。 これについても当ブログでは説得力のある説ではないと判断してスルー。 暗黒大陸編にてシーラについて明らかになる? パリストンとの関係以上に可能性があるつながりが暗黒大陸編にて登場したツェリードニヒです。 ツェリが所有する人体コレクションには数多くの「緋の目」がありました。 しかもです! コレクションの中にはパイルの頭部と思しきものもありました。 幻影旅団も全員揃ったことで、クルタ族惨殺事件の真相もわかるかもしれませんね。

次の