デザリング wimax。 テザリング

UQWiMAXの端末価格が無料ではないけど申し込むメリットがあるの?

デザリング wimax

WiMAXでは、たっぷりとインターネットを使うことができるギガ放題プランが用意されています。 正式名称はFlatツープラス ギガ放題プランで、2013年から新たに始まったサー... テザリングを頻繁に外出先で行って通信量が膨れ上がり、低速通信に切り替わってしまったと悩んでいる方は少なくありません。 「Wi-fiテザリング」「USBテザリング」「Bluetoothtテザリング」とやり方には違いがあるものの、 無制限に使いたいのであればWiMAXがおすすめです。 料金はWiMAXの方が圧倒的に安い WiMAXの料金は1ヵ月間のデータ容量が7GBのライトプランで3,696円、データ容量が無制限のギガ放題プランで4,380円と設定されています。 一方で大手キャリアのスマホの場合、データ容量に合わせて次の料金を毎月支払わなければなりません。 1GB:2,900円 5GB:5,000円 7GB:5,700円 20GB:6,000円 30GB:8,000円 この料金は通話やオプションを加味していないので、トータルで支払う金額は高くなります。 かと言って1GBのプランではテザリングできる時間に制限があり、直ぐに上限を超えて低速通信に切り替わってしまっては意味がないですよね。 つまり、料金はWiMAXの方が圧倒的に安く、「スマホは格安SIMにして外出先ではWiMAXを使う」といった組み合わせだと通信費用を大幅に削減できるのではないでしょうか。 バッテリーの持ち時間はWiMAXの方が長い バッテリーの持ち時間で比較してみると、スマホのデザリングよりもWiMAXの方が長くなっています。 スマホを使ってテザリングは、以下のようにバッテリーの消耗が激しいのが大きなデメリットです。 ・データ通信だけではなくPCやタブレットとWiFi接続をしなければならない ・スマホをフル充電しても2時間~4時間程度しか持たない スマホの充電が切れてしまえば、当然のようにテザリングでインターネットへと接続することもできません。 一方でWiMAX()のハイスピードモードは、次のようにバッテリーの使用時間が長いのが特徴ですね。 WiMAXには対応している機器がいくつかあり、自分が好きな端末を選んで利用することができます。 WiMAX対応機器のうち、最も新しい端末が「Speed Wi-Fi NEXT... ハイパフォーマンスモード:約390分 ノーマルモード:約540分 バッテリーセーブモード:約630分 1日中に渡って接続していてもバッテリーが持ちますので、テザリングよりも性能は優れています。 通信速度はテザリングの方が速い インターネットの通信速度で比較してみると、 WiMAXよりもテザリングの方が速くなります。 地域によって異なりますので一概には説明できないものの、WiMAXと大手キャリアのスマホの通信速度を見ていきましょう。 テザリングの方が持ち運びが楽 持ち運びの容易さで比較すると、 WiMAXよりもスマホのテザリングに軍配が上がります。 テザリングは普段から持ち歩いているスマホがあればOKですので、荷物が増えることはありません。 その点、WiMAXはモバイルルーターを常に持ち運ばなければならず、外出先で利用する頻度が多い人にとっては少し不便ですね。 現在ではコンパクトなサイズの機種のWiMAXが販売されていますが、余計な荷物を増やしたくない人はスマホのテザリングを使いましょう。 様々なプロバイダーの中からWiMAXを比較しよう 以上のように、スマホのテザリングと比べてモバイルルーターのWiMAXにはたくさんのメリットがあります。 しかし、一口にWiMAXと言っても様々なプロバイダーからサービスが提供されていますので、どれが自分に合っているのか比較してみてください。

次の

WiMAXとテザリングを徹底比較!どちらが良い?

デザリング wimax

ソフトバンクやauなど大手通信キャリアが有料化するなど話題のテザリング。 テザリングが有料になり、WiMAXなどモバイルルーター併用を検討する方も多い様子。 外出先でパソコンやタブレット端末を使う場合、iPhoneなどスマートフォンのテザリングは便利で、WiMAXやポケットWiFi無しでもテザリング可能なスマホがあればインターネット通信可能な点がメリットです。 一方、 テザリングのデータ通信量やスマホのバッテリーの確認が必要な点がデメリットで、WiMAXなどモバイルWiFiルーター併用の方が便利で料金が安い場合も。 このページではスマートフォンや携帯の4G LTE回線を使う テザリングによるインターネット通信と、WiMAXルーターを使った通信の速度や通信制限を徹底比較!メリット・デメリットや料金、使い勝手の違いをドコモやソフトバンク、auなどキャリア別に比較・紹介、どちらがお得でどっちがおすすめか?を解説します。 コンテンツ• テザリング有料化!WiMAXなどWiFiルーター併用を検討するべき? 従来、大手通信キャリアでは実質無料提供だったテザリングオプション。 auとソフトバンクは2018年にテザリングを有料化、一方ドコモ(NTT docomo)は現在も無料でテザリングを利用できます。 テザリングオプションが有料ならWiMAXなどモバイルWiFiルーターの併用・申し込みを検討すべきか悩みますが、 料金はテザリングとWiMAXのどっちがお得でしょうか?WiMAXがあれば、より快適、便利にインターネットが使えるでしょうか? テザリングとはパソコンやタブレットをインターネット接続する機能 WiMAXとテザリングの比較の前に、そもそもテザリングとは何か?を説明します。 テザリングとは、パソコンやタブレット端末をインターネット通信やテザリング可能なスマホや携帯電話とWiFiなどで接続、 スマホや携帯をアクセスポイント(中継地)として、パソコンやタブレット端末でインターネット通信を可能にする機能。 テザリングではiPhoneなどのスマホや携帯がアクセスポイント、 WiMAXの場合はWiMAX専用のルーターがアクセスポイントとなりインターネット接続する点が違いですが、通信の仕組みはよく似た形です。 テザリングやルーターの接続方法はWiFi・Bluetooth・USBの3種類 テザリングとWiMAXによる通信は、接続方式も似ています。 パソコンやタブレット端末とスマホ・携帯、またはWiMAXルーターをテザリングで接続する方法には、 WiFi接続、Bluetooth接続、USB接続と3つの方法があり、このうちテザリングでよく利用される方法がWiFi接続です。 最も通信速度が速いUSB接続と最も遅いBluetooth スマホのテザリングでもWiMAXルーターとの接続でも、最も通信速度が速いのはUSB接続によるテザリング方法。 ただし、 USB接続用のケーブルが常に必要で、ケーブルの範囲内でしかテザリング、WiMAXを利用できない点がWiFi接続と比較したUSB接続のデメリットです。 一方、WiFi接続と同様に無線接続でき、バッテリー消費も少なく使い勝手の良い点がメリットのBluetooth接続は、 規格上通信速度が1Mbps前後で、スマートフォンのテザリングでもWiMAXでも通信速度が遅い点がBluetoothによるテザイング方法のデメリットです。 3つの接続方法を比較すると上記のメリット・デメリットがあり、 最もバランスが良いのがWiFi接続。 以降のテザリング、WiMAXの説明もWiFi接続を前提にしています。 テザリングとポケットWiFiの比較~メリットとデメリットの違い テザリングとWiMAXなどのポケットWiFi、どちらも外出先でのパソコンやタブレット端末のインターネット接続に便利な方法ですが、携帯やスマホの 4G LTE通信回線を利用するテザリングと専用の通信回線やWi-Fiルーターを利用するポケットWiFi・WiMAXでは、比較するとメリット・デメリットに違いも。 以下、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。 iPhoneなどスマホによるテザリング利用のメリット WiMAXなどモバイルWi-Fiルーターを別途契約・併用せず、携帯電話やiPhoneなどスマートフォンのテザリングのみとする場合のメリットは、以下の2点です。 ・持ち歩くのが、 携帯やiPhoneなどスマホ一台だけで済む ・通信会社の 契約も携帯電話・スマートフォンで一本化できる 小型とは言え、ケータイ・スマホと別にWiMAXなどのWi-Fiルーター端末を持ち歩かずに済む点が一番の違いで、通信費用の支払い先も増えず 「シンプル」なのがテザリング利用のメリットです。 スマートフォンや携帯の4G LTE通信回線は対応エリアが広い もう1つのテザリングのメリットが広い対応エリア。 スマートフォンや携帯電話のインターネット通信で使用する4G LTE回線は対応エリアが広く、 どのエリアでも比較的安定してネット接続可能です。 比較して、 WiMAXの対応エリアは地方でやや狭い点がデメリット。 大都市地域ではLTE対応エリアと比較して遜色ないWiMAXのサービスエリアですが、地方の利用が多い場合、エリア次第でテザリングの方が繋がりやすい場合もあります。 WiMAXなどモバイルWiFiルーター使用のメリット・おすすめの理由 ただし、このページの結論は携帯電話・スマホのテザリングよりもWiMAXなどモバイルWiFiルーター端末の契約・利用の方が、特にデータ量が多い場合に ネット利用の使い勝手、料金面でメリットが多いという点。 WiMAXなどWiFiルーター併用のメリットやおすすめ理由、スマホによるテザリングのデメリットを紹介します。 LTEのテザリングは通信速度が遅い、WiMAX回線なら下り最大867Mbps まず第一のWiMAXのメリットが通信速度。 スマホやケータイのテザリングは4G LTE回線を使ったインターネット接続で、その通信速度は4G LTE回線の通信速度次第です。 キャリアやエリアで違うものの LTE回線の下り最大速度は概ね150Mbps前後と遅い点がデメリットです。 比較して WiMAX回線の通信速度はテザリングの5倍以上!2019年発売の最新機種W06は下り最大速度867Mbps、上り最大速度75Mbps対応と、スマホで利用するLTE通信と比較して高速のインターネット通信がWiMAX併用のメリットです。 特にノートパソコンと接続して仕事や勉強で利用する、iPadなどのタブレットで動画やオンラインゲームを利用する場合、 テザリングの速度には限界も。 データ通信量の多い人ほど、テザリングと比較してWiMAXなどのポケットWiFiがおすすめの理由の1つが通信速度です。 スマホのバッテリー消費が多いテザリング、肝心な時に電池切れも スマホや携帯のテザリングでは バッテリーを急速に消費する点がデメリット。 肝心な時にスマホや携帯が電池切れで電話やメールに使えなくては面倒。 実際、バッテリーの問題でテザリングよりもWiMAXのようなモバイルWiFiルーター併用をおすすめする口コミも多くあります。 モバイルルーターがあればテザリング不要で、スマホのバッテリーを気にせず外出先でインターネット通信ができる点もメリットで、おすすめ理由の1つです。 LTEと比較してWiMAXは速度制限が緩く、月間通信量無制限プランも テザリングでもWiMAXでも、注意が必要な通信量制限や速度制限。 どちらも一定の通信容量を超過すると速度制限がかかりますが、この 速度制限が比較的緩いのがWiMAXの特徴であり、メリット。 例えばソフトバンクのスマホの場合、 直近3日間で3GB以上の通信をすると超過した翌日の午前6時から24時間、速度制限が発生するプランも。 また契約プランの通信容量を超過した場合、約128Kbpsに低速化する厳しい速度制限がかかります。 WiMAXのギガ放題プランなら3日間で10GBまで制限無しで通信可能 比較してWiMAXのギガ放題プランは月間通信量無制限で、 直近3日間の通信量が10GBを超えない限りは速度制限無し。 制限が発生しても超過した翌日午後6時から深夜2時までの最短8時間で解除され、制限中も速度約1Mbpsで通信可能です。 月間通信容量は無制限のため、月末でも通信量を気にせずにインターネット利用できる点もWiMAXのメリットです。 テザリングによるPC利用の場合、通信制限のリスク・デメリットも ノートPCでインターネット接続する際、携帯・スマホのテザリングを利用する人もいますが意図せず通信容量が膨らむリスクもあり危険。 パソコンにはウィルス対策ソフトやWindowsのアップデートなどもあり、 気づかぬうちに膨大なデータ通信量が発生する場合もあります。 長時間インターネット通信をしていないつもりでも、いつの間にかパソコン経由でスマホの通信量を消費、 通信制限・速度制限がかかるリスクがテザリングのデメリットです。 スマートフォンの大容量プランよりWiMAXの追加契約が安い 通信キャリアや料金プラン、適用可能な割引キャンペーンの内容でも違いますが、基本的にテザリングのためにスマートフォン契約を大容量プランに変更するより、スマホの契約は最小、 WiMAXの追加契約の方が安い料金で利用できます。 特に通信量が多い場合、 携帯・スマホの最小プランとWiMAX・ギガ放題の併用が結果的に安い費用となりコスパが良いとの口コミの評判も多く見られます。 WiMAXのお試し申し込んだー昨日在庫なかったけど今日見たら余裕であったww 情報更新してなかったのかな?とりあえずルーター試して良かったら契約する。 auだから多分トータルで結構安くなるはず。 テザリング料金もなくせるし。 — とらこ namicarcornell 通信キャリアによっても料金が大きく変わるため、以下では通信キャリア別にテザリングとWiMAXの料金を比較します。 各通信キャリアのテザリングとWiMAXの料金・サービス比較 テザリング利用の場合の費用とWiMAX料金の比較とは言え、通信キャリアごとに対応や料金プランが異なり、 どっちがお得かを一言で答えるのは難しいところ。 以下、大手通信キャリア3社の各料金プランと、WiMAXの利用料金やサービス内容を1つずつ丁寧に比較、 どっちの方がコストパフォーマンスが高いかを検証します。 docomo(ドコモ)のテザリングとWiMAX docomo(ドコモ)でiPhoneなどのスマートフォンを契約、大容量プランでテザリングを利用する場合と、WiMAXを契約・併用する場合で料金を比較します。 docomo大容量プランと「最小プラン+ギガ放題」の月額料金比較 docomoユーザーの場合は テザリングオプションを無料利用できる点がメリットで、月間データ通信量が30GB以下の場合、月間通信量30GBの大容量プラン「ギガホ」を契約、テザリングの利用でも料金的には悪くありません。 ただしドコモのLTEよりも高速通信のインターネットを利用したい、通信量・速度制限を気にせずインターネット利用したい場合は、ドコモのテザリングよりも WiMAX・ギガ放題プランの追加契約がおすすめです。 docomo(大容量プラン) VS docomo(最小限プラン) WiMAX ギガホプラン プラン名 ギガライトプラン ギガ放題プラン 30GB 月間通信容量 1GB 無制限 6,980円 月額利用料金 2,980円 3,361円~ 6,980円 月額合計 6,341円 - 特に月間30GB以上の通信をしたい場合、ドコモのギガホプランでテザリング利用と比較して料金が安い、 ギガライトプランとWiMAXギガ放題の併用がおすすめです。 Softbank(ソフトバンク)のテザリングオプションとWiMAX docomoと同様の料金比較をSoftbank(ソフトバンク)の場合でも行った結果が以下の表。 docomoのサービスと違い、Softbankの場合は テザリング利用に月額500円のオプション費用が発生する点がデメリットで注意が必要です。 Softbank大容量プランと「最小プラン+ギガ放題」の月額料金比較 他の大手通信キャリアと違うSoftbankの特徴が、月間データ通信容量50GBの大容量プラン・メリハリプラン。 ただし、この 50GB制限プラン契約よりも、最小プランに申し込みしてWiMAXギガ放題を追加契約の方がお得なのが料金比較の結果です。 auケータイ・スマホのテザリングとWiMAX auのケータイ・スマホを契約中の場合、 オプション費用が必要なテザリングよりもWiMAX併用が断然おすすめ。 auユーザーの場合、WiMAXの契約と同時にauスマートバリューmineという毎月最大1,000円の割引を利用でき、docomo・Softbankユーザーよりもお得な料金でWiMAXを利用できるからです。 au大容量プランと「最小プラン+ギガ放題」の月額料金比較 auスマートバリューmine割引額は契約中のケータイ・スマホの料金プランにより変動しますが、 auもSoftbankと同様、月額500円のテザリング費用がかかるため、auスマートバリューmineの適用を除いてもWiMAXのギガ放題プランを追加契約した方が総額費用は安くなります。 docomo(ドコモ)ユーザーの場合、 月間通信量30GBのギガホプランを契約、テザリング利用をメインにする選択もアリ(ただし、月間通信量が30GB以上の場合はWiMAXがおすすめ)• Softbank(ソフトバンク)・auユーザーの場合、テザリングが有料の点がデメリット、 データ量最小プラン(1GB)とWiMAXの併用が安い• いずれも、スマホのバッテリーや速度制限を気にせず高速インターネット通信を利用したい場合、 テザリングは速度の遅い点などがデメリットで、比較してWiMAXがおすすめ 上記よりさらに安い費用に節約できるのが。 いずれにせよテザリングオプションが有料のauやSoftbankを契約中の場合、WiMAXの検討はおすすめです。 WiMAXの契約ならプロバイダの料金・キャンペーン比較が重要 当サイトでは幅広くWiMAXについて比較・解説していますが、いざ契約で重要なのはプロバイダ比較。 20社以上のWiMAXプロバイダから自分に合うプロバイダを見つけるには当サイトのようなWiMAX比較サイトの利用が便利です。 大変そうに思えますが、プロバイダ比較のポイントは 最新の料金プランとキャッシュバックなどのキャンペーン情報のみ。 それ以外の点はWiMAXのプロバイダ間で大きな違いが無いのです。 本家プロバイダ・UQ WiMAXが有名ですが、UQ WiMAXも他のプロバイダも同じWiMAX通信サービスを提供する会社で 通信速度や対応エリアに違いは無いのです。 多くのプロバイダが最新機種のWiFiルーター端末を無料提供 多くのプロバイダでは、テザリングの5倍以上の速度・下り最大867Mbpsで通信可能なWiMAXのWiFiルーター最新機種を、契約時に無料提供。 またネットで契約後、 最短当日にルーター端末が発送され、すぐに利用開始できる点もWiMAXのメリットです。 WiMAXプロバイダの比較ポイントは 料金とキャンペーンと覚え、ぜひ当サイトでテザリングよりもお得な最新料金・キャンペーン情報をご確認ください! 【WiMAXの最新料金・キャンペーン情報】 2020. 最新情報・おすすめコラム• その他のおすすめ記事•

次の

WiMAXとテザリングの違いを比較!本当はどっちがいい?

デザリング wimax

おすすめのポケットWiFiはずばりWiMAX! 最安値で無制限使えるお得なキャンペーン情報もご紹介! スマートフォンや携帯電話などをドコモ(docomo)で契約している場合、当然のようにポケットWiFiもドコモで契約しようと考えている方も多いのではないでしょうか。 通信エリアの広さや通信速度などドコモのサービスは安心感がありますよね。 しかし、ポケットWiFiではドコモがNo. 1ではないんです!なぜなら、ポケットWiFiにはより安い料金で、無制限使える「 WiMAX(ワイマックス)」というおすすめ回線があるため。 そこで、当ページでは、ドコモのポケットWiFiとWiMAXを比較した上で、おすすめのWiMAX回線の魅力をご紹介。 またWiMAX回線のプロバイダの中でも、当社が運営するJPWiMAXがおすすめであるポイントをお伝えしていきます。 当サイトをご覧頂くことで、 「 より安く」「 より快適に」インターネット回線をご利用頂けるポケットWiFiを見つけて頂くことができます! 見出し• まずは確認!ドコモ docomo のポケットWiFiとは? au、ソフトバンク(Softbank)と並んで、大手通信キャリアであるドコモ。 iPhoneなどに代表されるスマホ以外に、ポケットWiFiも取り扱っています。 とはいえ、「ドコモのポケットWiFi」と聞いて、イメージが湧かないという方もいらっしゃることでしょう。 そこで、まずはドコモが提供するポケットWiFiについて、 基本的な情報から説明していきます。 ドコモのポケットWiFiとは? 現在、ドコモが取り扱っているポケットWiFiは「docomoモバイルWiFiルーター WiFi STATION N-01J」、そして2019年3月8日新発売の「docomoモバイルWiFiルーター WiFi STATION HW-01L」の2種類です。 一人暮らしの方はもちろん、ご家族でも自宅や外出先で、このドコモのポケットWiFiを利用することで、インターネット通信を楽しむことができます。 ドコモのポケットWiFiの強みは、やはりその 通信網。 大手通信キャリアということもあり、ポケットWiFi端末であるルーター機器があれば、海外を除く、国内の幅広い範囲でドコモの高速回線を利用することができます。 ただし、インターネットの利用が当たり前となった現在、各通信会社も通信可能エリアは広げてきています。 そのため、 ドコモに限らず通信エリアという観点では、どの通信会社も大差なくポケットWiFiを利用することができるでしょう。 ドコモのポケットWiFi契約プラン ドコモのポケットWiFiの契約プランは、ドコモのスマホを利用しているかどうかで異なります。 ドコモのスマホを利用している場合、していない場合それぞれのプランを見ていきましょう。 ドコモのスマホを 利用している場合 ドコモのポケットWiFiの契約プランは、ドコモのスマホを利用しているかどうかで異なります。 ドコモのスマホを利用しているのであれば、基本使用料にオプションでポケットWiFiを利用する契約プランです。 このプランは、 月額料金1,400円でポケットWiFi端末の使用が可能となります。 ただし、1つ 注意点も。 このポケットWiFiの契約プランの場合、パケットパックというデータ通信料を自分のスマホや家族などとシェアするプランとなっています。 つまり、 ドコモのポケットWiFiを持ったからといって、新しく通信可能容量が増えるわけではなく、月間の決められたデータ容量の中で分け合うという点は覚えておきましょう。 ドコモのスマホを 利用していない場合 一方、ドコモのスマホを契約していない場合のプランです。 こちらの場合は、月額1,400円に加えて、データ容量に応じたデータパックの料金が更に追加される契約プランとなっています。 無制限にデータ通信量を使えるというプランはなく、多くデータ容量を使いたい方は、その分 料金も高くなっていくシステムです。 つまり、データ量を使えば使うほど費用も増えてしまいます。 そのため、もしポケットWiFiを使って 格安で無制限にインターネットを楽しみたいという方には、ドコモのポケットWiFiはおすすめできません。 以上が、ドコモのポケットWiFiの基本的な情報となります。 ドコモのポケットWiFiの概要はご理解頂けたでしょうか。 ドコモと聞くだけで、安心感はありますが、 ポケットWiFiとなると、実は物足りないという印象を持たれる方も多いんです。 確かに、ドコモは幅広い範囲の通信網を持っていますが、先ほどもお伝えした通り、各通信会社も 通信網を広げており、大きな差はありません。 そのため、ポケットWiFiを契約する上で比較するべきポイントとなるのは、ずばり以下の2点です。 ポケットWiFiの通信速度• ポケットWiFiの月額利用料金 そこで、ここからはドコモのポケットWiFiと当サイトが運営するWiMAX回線、それぞれの速度と料金を、具体的に比較していきます。 あなたに、本当におすすめのポケットWiFiを見つけて頂くことができるはずです。 速度比較!WiMAXとどちらがおすすめ? まず、ポケットWiFiを選ぶ際に重要となるのが、 通信速度です。 どんなに手軽で持ち運びやすくても、肝心のインターネット通信が快適に進まなくては元も子もありません。 特に最近は、動画の視聴など大容量の通信をする機会も増えてきていることでしょう。 それらを快適に利用するために、どのポケットWiFiを選ぶのがベストなのか。 ドコモのポケットWiFiとWiMAXのポケットWiFiの通信速度を比較してみましょう。 ドコモとWiMAXの通信速度を比較 ポケットWiFiの速度を比較する上で、「上り」と「下り」という速度を測る指標が2種類存在します。 上りはメールの送信や、ファイルなどをアップロードする場合の速度。 一方、下りはインターネット検索をしたり、動画を見たり、ファイルなどをダウンロードする際の速度となります。 主に、 皆さんがインターネットを利用する場合、「下り」の速度を意識する場合がほとんど。 そのため、当サイトでもドコモ、WiMAXのポケットWiFiの下り速度を比較していきます。 速度制限なしの場合 まずは、ドコモのポケットWiFiとWiMAXのポケットWiFi、それぞれ速度制限にかかっていない状態の下り最大速度を比較していきます。 WiMAXのポケットWiFi 1,237Mbps LTE利用時 ドコモのポケットWiFi 1,288Mbps 最新ルーター 多少、速度に違いはあるものの、WiMAXもドコモのポケットWiFiも光回線並みの高速通信が可能となっています。 とはいえ、どちらもインターネットをする分には全く困らない通信速度。 そうであれば「速度を比較する必要はあるの?」と思われるかもしれません。 実は、ポケットWiFiの速度を比較する際に重要なのは「 速度制限時の速度」なんです。 速度制限になって、ポケットWiFi本来の役割を果たせないというのでは不便ですよね。 そこで、速度制限になってしまった場合の速度をドコモとWiMAXのポケットWiFiで比較してみましょう。 速度制限にかかっている場合 ドコモのポケットWiFiも、WiMAXのギガ放題プランの場合も、ある一定の条件を超えてしまうと速度制限になってしまいます。 重要になるのは、その時の速度。 普段は快適でも「 速度制限になって全くサイトが開かない!」なんてことは避けたいはず。 そこで、ドコモとWiMAXの速度制限時の速度を具体的に比較しました。 機種 速度制限の条件 速度制限時の速度 速度制限の期間 WiMAXの ポケットWiFi ギガ放題プラン 3日間で10GB以上 1Mbps 翌日18時から 翌々日午前2時まで ドコモの ポケットWiFi 契約プランで決められたデータ量を超えた場合 128Kbps 月末まで ドコモのポケットWiFiに8倍近い差をつけており、WiMAXの方が明らかに高速回線と言えるのではないでしょうか。 具体的に、WiMAXのギガ放題プランで出る 1Mbpsという速度は、youtubeの通常画質であれば問題なく見れる程度の速度。 速度制限になった場合でも、動画視聴ができるというのは 実質無制限でインターネット回線が利用できると言える程ですよね。 一方で、 ドコモのポケットWiFiの128Kbpsとは、スマホの速度制限と同等の速度。 インターネット検索さえも、不便に感じてしまう速度です。 ただし、ドコモの速度制限になる条件は契約プランによって様々。 逆に言えば、多く料金を払わなければ、すぐに速度制限になってしまうとも言えます。 その点、WiMAXの実質無制限ギガ放題プランであれば、3日間で10GB以上使わない限り速度制限にはなりません。 そうであれば、 無制限のWiMAXで高速かつ快適に使える方が良いということは明らかですよね。 今回のように、ポケットWiFiの通信速度を測る上で重要なポイントは2点あります。 【速度を比較するPOINT】 ・速度制限の速度を比較する ・速度制限になる条件を確認する 上記の比較ポイントから見ると、通信速度では、ドコモのポケットWiFiより WiMAXの方に分があると言えます。 ここまでは、ドコモのポケットWiFiとギガ放題プランを契約したWiMAXの速度を比較しました。 ドコモ、WiMAXどちらのポケットWiFiも速度制限にかかっていなければ、不便を感じる程の速度ではありません。 しかし、速度制限になってしまった場合に大きな差が出てきます。 ドコモのポケットWiFiの場合は、お金をかければ速度制限は避けられますが、 なるべく安い価格の方がもちろん良いですよね。 そうであれば、 明らかにWiMAXの方がおすすめです。 そしてここからは、速度以上に皆さんが気になるであろう月額料金について、WiMAXとドコモのポケットWiFiを比較していきたいと思います。 ドコモのポケットWiFiは高い?料金を比較! ここまでは、ドコモ、WiMAXのポケットWiFiの通信速度を比較してきました。 速度ではドコモよりWiMAXの方が優れていましたね。 しかし、いくら速度が速いと言っても、やはり気になるのは実際に支払う 月額料金なのではないでしょうか。 誰しも「 より安く、より良いサービス」が理想なはず。 それでは、ドコモのポケットWiFiとWiMAXどちらが安いのか。 ドコモとWiMAXのポケットWiFiについて、それぞれの料金を比較していきます。 ドコモのポケットWiFiの料金 最初に、ドコモの「モバイルWiFiルーター WiFi STATION HW-01L」を契約する場合の料金を考えてみましょう。 ドコモのスマホを持っている場合、典型的な料金プランは以下のようになります。 ドコモのスマホ契約プラン カケホーダイライトプラン 1,700円 データMパック(標準) 5,000円 SPモード 300円 合計 7,000円 このスマホのプランに加えて、ポケットWiFiを契約する場合、ドコモがおすすめするプランは以下のようなものです。 つまり、あくまで計算上にはなりますが、 ドコモのポケットWiFiの場合は、月額料金2,900円で15GBのデータ通信を行うことができます。 1GBあたり約200円で、インターネット通信を利用できるという計算ですね。 しかし、スマホと合わせて20GB以上使ってしまった場合には、先程お伝えした通り128Kbpsまで速度が落ちるので注意しましょう。 WiMAXのポケットWiFiの料金 一方、WiMAXのポケットWiFiの料金を見ていきましょう。 こちらはとてもシンプル。 当社が運営するJPWiMAXのギガ放題プランであれば、月額2,800円からポケットWiFiを利用することができます。 使用可能なデータ量は、前項目でもお伝えした通り、 実質無制限。 3日間で10GBを超えない限り速度制限なく利用することができます。 つまり、1ヶ月を30日とすると月間100GBまでは無制限で使える計算になります。 そうなると 1GBあたり約28円。 ドコモのポケットWiFiと比較すると、7分の1程の料金になる計算です。 仮に 速度制限になってしまったとしても、短期間であること、また普段インターネットを利用する分には全く困らない程度というのもポイント。 また、ドコモのポケットWiFiのような、データ容量をお手持ちのスマホと分け合うということもありません。 ドコモとは違い、お手持ちのスマホの契約プランに含まれているデータ容量に加えて、2,800円の利用料金で実質無制限のデータ容量を手に入れることができます。 WiMAXのポケットWiFi 実質無制限で 3. 465円 1GBあたり約33円 ドコモのポケットWiFi 15GBで2,900円 1GBあたり約200円 以上の結果を踏まえると、ドコモのポケットWiFiよりも安く抑えることができ、かつ無制限にインターネットを利用できる WiMAXのポケットWiFiの方が圧倒的におすすめであることは明らかですよね。 しかし、そんなWiMAXも、実はプロバイダによって料金やキャンペーン等で実質支払う金額には違いが出てきてしまうんです。 そして、その中でも業界最安値のJPWiMAX。 WiMAXプロバイダの中でも、JPWiMAXが現在注目されている理由について、ここから紹介します。 最安値でお得に使うならJPWiMAX! ここまでは、ドコモとWiMAXそれぞれのポケットWiFiの通信速度と月額料金を比較しました。 結果を受けて、ドコモのポケットWiFiより、 WiMAXのポケットWiFiの方がおすすめであることはご理解頂けたでしょうか。 事実、WiMAXのポケットWiFiは非常に人気が集まっており、 延べ3000万回線を突破しました。 とはいえ、WiMAXプロバイダというのは、数多く存在します。 その中でも、最速で受け取ることができる キャッシュバックと、お得な 月額割引の2つを同時に実現した 業界初のキャンペーンによって、JPWiMAXは最安値を実現。 JPWiMAXの魅力である、以下2つのポイントをそれぞれ紹介していきます。 最速のキャッシュバック• 確実でお得な月額料金割引 最速のキャッシュバック JPWiMAXが人気である1つ目の秘密は、より 確実かつ業界最速のキャッシュバックです。 実際に、WiMAXプロバイダはキャッシュバックなどのキャンペーンを行っていることが、非常に多いです。 しかし、そのキャンペーンには落とし穴がある場合も。 実は、キャッシュバックの受け取り自体は1年後と限定されており、その頃には忘れてしまっているケースや、申請期間が短かったり、オプション契約しないとキャンペーンが適用されず、 結局受け取りができなかったというケースが多いんです。 お客様のそのような声にお応えたしたのが、JPWiMAXです。 面倒な手続きは一切不要で、最短で端末到着日にギフト券10,000円分を受け取ることが可能。 受け取りまでの期間が空かない分、つい忘れてしまったという心配は全くありません。 加えて、オプションや機種指定といった受け取りの条件も一切なし。 どなたであってもキャッシュバックを「 最速」かつ「 確実」に受けることが可能です。 その結果、口コミでも評判が広がり、おすすめのWiMAXプロバイダとして注目を頂いております。 確実でお得な月額料金割引 JPWiMAXのもう1つの魅力は、確実でお得な 月額割引です。 JPWiMAXであれば、ポケットWiFi利用料金が通常であれば月額4,880円の所を、 最初の3か月は2,800円で利用可能です。 また、その後もしっかり毎月割引されるため、キャッシュバックを受け取った後も常にお得にWiMAXを利用することができます。 もちろん端末本体も無料です。 特別な手続きは一切不要で、月々の料金もお得におすすめのWiMAX回線を利用することが可能です。 実際に、キャンペーン金額を差し引いた、お客様の実質負担料金は、以下の通りです。 jp 1onepiece. jp」からの受け取りができるようにしてください。 なお、当社から領収書再発行はいたしませんので、ご了承くださいませ。 1~2営業日(土日祝日を除く)以内にご対応させていただきます。 以降のお支払いについては、ご利用の月の前月払いとなります。 ご注意事項• jp 1onepiece. jp」からの受け取りができるようにしてください。 なお、当社から領収書再発行はいたしませんので、ご了承くださいませ。 1~2営業日(土日祝日を除く)以内にご対応させていただきます。 以降のお支払いについては、ご利用の月の前月払いとなります。

次の