ボーナス 所得税。 ボーナスに対する賞与所得税とは?基礎知識や計算方法など詳しく解説

ボーナスに所得税はいつからかかるようになった?

ボーナス 所得税

この記事の目次はこちら• 所得税が引かれる仕組み 毎月のお給料から所得税が引かれている方と引かれていない方がいると思います。 それはなぜかということから説明しますね。 所得税は、毎年変更される「 源泉徴収税額表」によって計算されます。 その中に「甲欄」というものがあって、甲欄に適用されれば所得税が少なくなります。 甲欄になるには「扶養控除申告書」を会社に提出しなければなりません。 この用紙は会社から配布されますので忘れずに提出してください。 甲欄に適用されると、社会保険料控除後の お給料が88,000円未満の場合は所得税を引かれません。 しかし、「扶養控除申告書」を提出していない人は「乙欄」に適用となり、社会保険料控除後の給料額が88,000円未満であっても所得税が引かれてしまうのです。 まずこれが引かれている人いない人の違いです。 また、同じ給料額でも扶養親族の人数によって引かれる税額が変わってくるので、これも引かれる人引かれない人がでてくるポイントですね。 ボーナスの所得税について 毎月のお給料から所得税を引かれていない方でも、ボーナスの明細書では所得税が引かれているという方もいますよね。 その理由は、 毎月のお給料とボーナスの所得税の計算方法が違うからです。 ボーナスの所得税計算方法は少し複雑になります。 甲欄適用の人ですと、前月の社会保険料控除後の給料額と扶養親族の人数によって税率が変わります。 例えば前月の社会保険料控除後の給料額が87,000円で扶養親族が一人の場合、ボーナスに所得税はかかりません。 084%」の所得税がかかります。 ですから、前月の給料で所得税を引かれていなくてもボーナスでは所得税が引かれてしまうのです。 これが、ボーナスが少額でも所得税が引かれる仕組みです。 「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」(平成29年分)が下記サイトにありますので、ご自分で計算してみたい方は参考にして下さい。 ボーナスで引かれた所得税は戻ってくる!? パートさんで扶養控除の範囲内、いわゆる103万円以内の年収で働いている場合、毎月のお給料やボーナスで引かれた所得税は戻ってきます。 所得税は、年収の概算で仮納付しているものですから、年末調整や確定申告で返還されます。 しかし、103万円以上の年収がある場合は必ず戻ってくるとは言えません。 その場合はできるだけ控除額がふえるように、年末調整に必要な保険料控除証明書等を準備しておいてください。 パートさんですと、「会社で年末調整をしてくれない」という方もいるかと思います。 その場合は、自分で確定申告をすれば支払った所得税は戻ってくるので、面倒でも税務署に行くことをおすすめしますよ。 まとめ:しっかり申告しよう。

次の

ボーナス(賞与)の計算方法を理解しておこう

ボーナス 所得税

ボーナスの明細を見ると、「所得税が引かれているのに、 住民税が引かれていない。 」ということに気がつくでしょう。 住民税を毎月の給料から天引きされている人は、なおさら、不思議に感じるかもしれません。 そうすると、他の税金も毎月の給与とは違う気がしてきて、ボーナスの税金がどのように計算されるのか気になってきませんか? 実は、ボーナスは、通常の給与とは違う計算方法で税金の計算をしているのです。 そこで今回の記事では、 「ボーナスから引かれる税金」について、• 住民税が引かれていない理由• 他にボーナスから引かれる税金• ボーナスの税金の計算方法 以上のことを中心に説明します。 この記事を読んでいただけたら、ボーナスから引かれる税金の計算方法が分かります。 ぜひ最後までご覧ください。 社会保険料とは、 健康保険料、 厚生年金保険料、 雇用保険料から成っています。 これらは、ボーナスの額面から1,000円未満を切り捨てた 標準賞与額を元に、国税庁の定めた税率をかけて算出 されます。 その中でも健康保険料は、被保険者である本人と扶養している家族が病気や怪我、出産などで医療機関を受診した際に使う健康保険の保険料です。 病院を受診した時に治療費を3割しか払わなくて良いのは、健康保険に加入しているからです。 なお、健康保険料は加入している健康保険組合や地域により、その利率が異なっています。 また、算出された健康保険料の半分は勤めている会社に負担してもらえて、残りの半分のみを負担する仕組みになっています。 では、具体的な所得税の計算方法をご紹介します。 計算に必要な数字は、 「ボーナスの社会保険料」と 「源泉税率」です。 それぞれの数字を求め方を解説した後、所得税の計算方法をお伝えします。 社会保険料 社会保険料=健康保険料+厚生年金保険料+雇用保険料 各社会保険料を計算する必要がありますね。 計算式は、次の通りです。 また、健康保険料と厚生年金保険料は、加入している健康保険の資料で料率を確認する必要がありますが、全国健康保険協会の場合は、で確認ができます。 雇用保険は、賞与額そのもので計算します。 料率は、で確認しますが、雇用保険料率はシンプルで、一般事業は、0. 農林水産・清酒製造・建設事業は、0. 4%です。 雇用保険料は労働者の負担割合と事業者負担割合が違うため、労働者負担分の料率を掛ける計算式です。 源泉税率 次に、源泉税率を求めましょう。 源泉税率は、「」で確認ができます。 この表の中から、 扶養親族数と先ほど計算した 前月の社会保険料を除いた給与が当てはまる欄を探してください。 そこから表を左にたどると、「賞与の金額に乗ずべき率」という欄があります。 この数字が、 源泉税率です。 所得税の計算式 計算の材料が揃いました。 やっと計算できます。 ここまで計算した中から、 ボーナスの社会保険料と 源泉税率を用意してください。 所得税の計算式は、次の通りです。 実は、ボーナスから所得税が引かれない場合があります。 で「賞与の金額に乗ずべき率」(所得税率)を見ると、一番上は0. この表によると、前月の給与から社会保険料を除いた額が「扶養人数0人で68,000円未満」「扶養人数1人で94,000円未満」などです。 ボーナス額に関わらず、前月の給与所得がこの0. ただし、前月の給与が0円だった場合、別の計算方法を元に、所得税が引かれますので、簡単にご紹介しておきます。 ボーナスが年2回の場合、次の順番で計算していきます。 (1)の仮の月額をに当てはめて税額を探す• 以上をまとめると、• 前月の給与があるが額が少ない場合、ボーナスからの所得税は引かれない。 前月の給与がない場合、仮の給与を計算して相応の所得税を引く。 ということになります。 ただし、 最終的には、年末調整や確定申告で所得税額を決定し精算するため、どちらが得ということはありません。 もし、ボーナスの前月だけ休みを多く取ったなどで給与が少なかった場合は、年末調整で所得税が追加徴収される可能性がありますので覚えておくと良いでしょう。 ボーナスの住民税やその他の税金について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。 この記事のポイントは、• 住民税は前年度の所得が確定してから払う税金のため、ボーナスからは引かれない。 ボーナスから引かれるのは、所得税と社会保険料。 前月の給与によっては所得税が引かれないことがある。 でした。 住民税と所得税の違いが理解できると、ボーナスから引かれる税金が分かりやすくなります。 ボーナスから住民税は引かれないけれど、所得税が引かれます。 所得税は、最終的に年末調整で精算することになりますから、ボーナスの所得税額が少なかった場合は、注意しておきましょう。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたいお金に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

次の

ボーナス(賞与)の計算方法を理解しておこう

ボーナス 所得税

ボーナスにも毎月の給与と同じく、所得税がかかります。 なので、実際に手にするボーナスは、所得税を源泉徴収した後の金額になります。 ただし住民税はかかりません。 また、税率も毎月の給与とは異なるので注意が必要です。 ボーナスにかかる所得税の税率は、ボーナスの総支給額と扶養親族の人数によって決まります。 たとえば、ボーナスの総支給額が30万円で扶養親族のいない場合の税率は、6. 126%です。 ボーナスの税率や手取り額は「賞与に対する源泉徴収額の算出率の表」でわかる ボーナスの税率や源泉徴収後の金額(手取り額)は「源泉徴収税額表」の「賞与に対する源泉徴収額の算出率の表」を見ると分かります。 ただ、この表を使う前には、ボーナス総支給額から保険料控除額を引いた、社会保険料控除後の賞与金額を求める計算をする必要があります。 ボーナスでは保険料控除と扶養親族の控除が受けられる ボーナスでは、保険料控除と扶養親族の控除を受けることができます。 まず、保険料控除ですが、ここで控除できる保険料とは健康保険料(介護保険料も含む)と厚生年金保険料です。 それぞれの控除する保険料は、ボーナス額から1000円未満の端数を切り捨てた額に、保険料率をかけた額となります。 雇用保険は事業の種類によって保険料が異なる たとえば、ボーナスの総支給額が20万円の場合、健康保険料は20万円に保険料率をかけた1万60円、厚生年金保険料は1万6,766円になります。 二つを足すと2万6,826円となるので、20万円からこの金額に所得税がかけられるのです。 また、雇用保険に加入している方は、雇用保険料も控除できます。 雇用保険は事業の種類によって保険料が異なるので注意が必要です。 扶養親族の控除は扶養親族の人数により異なる 扶養親族の控除は、社会保険料控除後の賞与金額を求めた後に行います。 扶養親族の控除額は扶養親族の人数によって異なります。 扶養親族の控除については、賞与に対する源泉徴収額の算出率の表を見ると分かるようになっているので、計算の必要はありません。 扶養親族の控除を加味した手取り額の計算例 たとえば、ボーナス総支給額が30万円で扶養親族が2人の場合、社会保険料控除後の賞与金額は25万8,261円となります。 この金額と扶養親族の数を税率表に当てはめると、ボーナスにかかる所得税の税率は2. 042%であることが分かります。 042%】となります。 この計算式で計算すると、所得税の源泉徴収税額6,823円を求めることができます。 そこから、【25万8,261円-6,823円】とすると、ボーナスの手取り額は25万1,438円となります。 ボーナスは税率に沿った税金が引かれるが控除を受けることができる ボーナスにも税率に沿った税金がかかるので、手取り額に不満を持つこともあるでしょう。 また、税率は毎月の給与と違う点も注意が必要です。 しかし、ボーナスでは、扶養親族等の控除を受けることができます。 会社に扶養親族等の申告を行っていない方は、控除を受けられなくなるので、早急に扶養親族等の申告を済ませておきましょう。

次の