オートミール クッキー 簡単。 簡単にダイエットできる「オートミール」がスゴい!【美味しい食べ方は?】

簡単手作り・ザクザク食感オートミールクッキー・グルテンフリー!!

オートミール クッキー 簡単

がおいしい! ゲストさん 21:24• がおいしい! ゲストさん 21:10• がおいしい! ゲストさん 20:59• がおいしい! ゲストさん 20:56• がおいしい! ゲストさん 20:14• がおいしい! ゲストさん 20:11• がおいしい! ゲストさん 20:01• がおいしい! めありーさん 20:00• がおいしい! ゲストさん 19:59• がおいしい! ゲストさん 19:51• がおいしい! ゲストさん 19:47• がおいしい! ゲストさん 19:44• がおいしい! ゲストさん 19:41• がおいしい! ゲストさん 19:38• がおいしい! ゲストさん 19:37.

次の

簡単にダイエットできる「オートミール」がスゴい!【美味しい食べ方は?】

オートミール クッキー 簡単

オートミールとは、「燕麦」(オーツ麦)と言う麦の一種を、脱穀し、押しつぶして、食べやすく細かくカットしたものです。 また、それを粥状にしたもののこともオートミールと呼びます。 ちなみに「押し麦」と似ていますが、押し麦は燕麦ではなく大麦を押しつぶしたものになります。 海外では主に朝食に、オートミール粥や牛乳をかけたりして、かなり一般的に食べられている主食のひとつです。 離乳食のひとつとして使われることも多い食材です。 日本では主食としてはそこまでメジャーではありませんが、最も身近なのは数年前から人気の「グラノーラ」。 オーツ麦が主原料として使われていますね。 そのままだと無味なので、甘みなどを加えてシリアルのように食べることができる食材です。 他にも血中コレステロール値を下げる(正常化する)効果があると考えられています。 血中のコレステロール値が高い状態が続くと、血管が硬くなったり狭くなったりして、血液が流れにくくなります。 コレステロール値が正常になって血管の弾力が回復すれば、血液も通りやすくなります。 その結果血圧も下がるので、高血圧の予防効果につながる、というわけです。 食事のあとの血糖値の急上昇を防いでくれるため、糖尿病等の生活習慣病の予防もサポートしてくれるのです。 オートミールは便秘の改善をサポートする効果もあります。 上述の通り、オートミールは食物繊維がかなり豊富な食材なのですが、整腸効果がある水溶性食物繊維も、腸の活動を活発にさせる不溶性食物繊維も、どちらもたくさん含まれています。 このふたつがバランス良く作用するので、便秘の改善にはぴったりの食材だといえます。 また、食物繊維が豊富なオートミールは、消化がゆっくりになるという特徴も。 白米だと、お茶碗1杯で約150gほどになりますが、オートミールは1回に30gほど食べるだけでお腹が満たされると感じる方が多いようです。 消化がゆっくりで腹持ちがいいというところも、ダイエットにおいては重要なポイント。 健康的なダイエットに向いている食材だといえますね。 コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあるのをご存知ですか? HDL(善玉コレステロール)は体の中で余ったコレステロールを回収して肝臓に運ぶ働きをします。 LDL(悪玉コレステロール)は、その逆で、肝臓から体のあちこちにコレステロールを運んでいます。 本来、どちらも体には必要なものですが、LDLが増えすぎるとコレステロールが体に血管にたまり、動脈硬化の原因となるため、悪玉と呼ばれているのです。 健康維持のためには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの比率が重要です。 5以下になるのが理想とされています。 オートミールに豊富に含まれている水溶性食物繊維は、腸内のコレステロールを包み込んで排泄させることで、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。 成分の違いにより、悪玉コレステロールが優先的に利用されるためだと考えられています。 オートミールをダイエットに取り入れる際におすすめの方法が、朝食や夕食の主食をオートミールに置き換える「置き換えダイエット」です。 置き換えダイエットは「朝バナナダイエット」などと同じやり方。 普段主食として食べているお米やパン、麺類を食べません。 そのかわりに、より低カロリーで栄養素に優れた食材、つまりオートミールに置き換える、というダイエット方法なのです。 ふだんの食事にプラスしてオートミールを食べると、どうしてもその分の摂取カロリーが増えてしまいます。 置き換えることでカロリーを抑えることができるので、ダイエット効果につながります。 食べごたえもあって腹持ちのいいオートミールは、お米やパンと置き換えるのにぴったりの食材。 昼食は外食のためオートミールを食べるのが難しいという人は、朝食や夕食でどうぞ。 それでは、主食をオートミールに置き換えるとどれくらいカロリーを抑えることができるのか、具体的に見てみましょう。 <白米> 100g/約168kcal(お茶碗1杯は140g/235kcal) <パン> 100g/約264kcal(4枚切りの食パン1枚が約100g) <オートミール> 100g/約380kcal このようにしてみると、オートミールのカロリーは高いのでは?と思ってしまいますね。 ところが、先に触れた通り、オートミールは白米やパンと比べてかなり食べごたえがあり、腹持ちが良い食材。 大人でも、1食で約30gほど食べるだけで、ある程度お腹が満たされると言われています。 オートミール30gならカロリーは114kcal程度。 低カロリーで済ませることができることがわかります。 続いては、実際にオートミールを食べる量についてみてみましょう。 オートミールはふやかすと量が増え、食物繊維がたっぷり含まれているため、食べごたえも腹持ちも非常に良い食材です。 1食で食べる量は、だいたい30gくらいでも満たされる方が多いようですが、もの足りなく感じる場合は、1食の量を80~100gを位に増やしてみましょう。 オートミールは100gあたり380kcal。 朝と夜どちらもとると760kcalになります。 女性の1日のカロリー摂取量の目安である1800kcalに対して半分程度のカロリーを、オートミールで摂取する計算になりますね。 昼食やオートミールへのトッピングのカロリーも考慮して、1日で摂取するカロリーのバランスをコントロールしてみてください。 バナナも一緒に煮込むことで、オートミールにしっかり甘い味が付いて美味しく食べることができます。 ベリーが加わることで色合いも鮮やかに! フルーティーで朝食にぴったりのレシピです。 ダイエット中はなるべく間食はしないほうがいいですが、長続きさせるためにはガマンのし過ぎもNG。 どうせおやつを食べるなら、食物繊維たっぷりのオートミールクッキーがおすすめです! 一度にたくさん焼いて、毎朝少しずつ食べるのもいいですね。 オートミールはオーツ麦のもみ殻を取り除いたものです。 しかしひとくちにオートミールといっても加工によってさまざまな形があるんです。 例えば、オーツ麦のもみ殻を取り除いただけのものは「オートグローツ」。 お米で言うところの「玄米」状態のオートミールです。 食べやすいように加工される前の状態なので、かなり調理しにくいオートミールです。 逆に「インスタントオーツ」は加熱処理はもちろん、味付け処理もされています! ふやかす必要さえなく、シリアルのように牛乳をかけるだけで食べられるタイプです。 このようにオートミールは様々な形状で売っています。 調理に時間をかけて自分に合うものが食べたい、または時間がなくて簡単に食べられるものがいい、などライフスタイルに合わせて選ぶのがポイントです。 すでに加熱&味付け処理が済んでいる「インスタントオーツ」のほかにも、手軽なオートミールがあります。 例えば、「ミューズリー」はオートミールにドライフルーツやナッツなどが加えてあるタイプ。 さらにシロップなどで味付けをしてオーブンで焼き上げた「グラノーラ」。 どれも原材料はオーツ麦ですが、加工済みの手軽なタイプ。 ただしダイエットとして食べるなら気を付ける点がひとつあります。 それはカロリーをしっかりチェックすること。 これらは甘く味付けされていたり、油なども加えられています。 慣れないうちは食べやすいので、上手にカロリーをコントロールして食べるとよいでしょう。 なお、味付けされていないものなら「ロールドオーツ」「クイックオーツ」がおすすめ。 加熱処理まではしてあるので、調理がとても簡単です。

次の

オートミールと豆腐のみ。フライパンで簡単クッキー~一人暮らしの節約料理(32)~

オートミール クッキー 簡単

栄養満点!オートミールを使ってみよう 健康に良いといわれているオートミール。 どんなふうに使っていますか? 今回は、オートミールの使い方とワンボウルで作れるお手軽オートミールクッキーのレシピをご紹介します。 「オートミールをどうやって使えばいいのかわからない」という方は、ぜひ参考にしてください。 オートミールとは オートミールとは、エン麦を調理しやすいように加工したもの。 エン麦の胚芽などが無精製で含まれているため、精製された穀物よりも栄養価が高いのが特徴。 食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富で、健康食品としても注目されています。 オートミールの使い方 オートミールの使い方はさまざま。 私がよく使う3種類の方法をご紹介します。 グラノーラ オートミールを何に使おうか悩んだときはグラノーラ!オートミールの使い方の中で、私が一番多く使う方法です。 自分で作るので何をどれだけ入れたか一目瞭然。 自分の体に向き合って、取り入れたいものを配合しながら作っています。 グラノーラの作り方は、「」のコラムでご紹介していますので、ぜひ作ってみてください。 食パン いつも作っている食パンに少しだけオートミールを加えるのも、気軽にオートミールを使えておすすめ。 基本的には粉に対して、10~20%のオートミールを混ぜて使います。 初めはオートミールを少なめに入れて作り、少しずつ増やしてお好みの量を見つけてみてください。 スコーン スコーンにオートミールを入れる方法は、私のお気に入りの一つ。 オートミールを入れることで、スコーンのザクザクとした食感が増します。 素朴なザクザク食感が好きな方には、ぜひ試していただきたい方法です。 オートミール入りのスコーンを作る場合、フードプロセッサーを使わずに作るか、フードプロセッサーで作った生地に後からオートミールを加える方法がおすすめ。 オートミールをフードプロセッサーにかけると、本来のザクザク食感がなくなってしまうので、注意してくださいね。 「外はザックザク、中はふんわりスコーン」の詳しいレシピページは。 おすすめのアイテム 下準備• くるみは軽くローストしておく。 作り方• ボウルに卵を入れてほぐし、きび砂糖を入れて混ぜる。 太白ごま油を2回に分けて加える。 米粉とオートミールを入れて混ぜる。 くるみを割りながら入れて混ぜる。 スプーンでオーブンシートの上に並べる。 焼成する。 お使いのオーブンによって火力は違いますので、設定温度と焼成時間は調整してください。 出来上がり! 「グルテンフリー ワンボウルで簡単オートミールクッキー」の詳しいレシピページは。 このオートミールクッキーは、そのままポリポリ食べてもいいですし、手で砕いてヨーグルトに入れてグラノーラのように食べるのもとってもおいしいです。 レシピ通りに作ると少し大きめのクッキーが出来上がりますが、お好みの大きさに変えてもOK。 また、くるみ以外のナッツ類を加えてもおいしいですし、レーズンなどのフルーツもよく合います。 こちらの写真のクッキーは、レシピのきび砂糖・米粉・くるみを黒糖・薄力粉・レーズンに置き換えて作ったものです。 アレンジは自由自在ですので、お好みの味を探してみてください。

次の