ポットデス 育成論。 【ポケモン剣盾】ポットデス単体考察【Part1】

【ポケモン剣盾】ポットデス(がんさくフォルム)の進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ポットデス 育成論

の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 このページは、 の対戦での扱い、及び育成論を記述するところである。 ポットデスの歴史 第八世代 やはりゴースト単タイプであり一致抜群範囲が狭いことから単体では微妙。 そんなポットデスが真価を発揮するのはを繰り返して味方を強化し続ける「バトンリレー」構築である。 一般的な育成論 とが高いが、その他のステータスは並か並以下。 を覚えるのでアタッカーかバトン役にする、もしくは特殊耐久を活かした型が育成できる。 メインウエポンは、。 サブウエポンは、、、、、、。 は、、、、、、、、。 では、が採用圏内。 からをやぶるアタッカーとしては微妙な素早さなので、もしアタッカーにするならがメインのとなる。 物理低耐久なので、その場合はが必須になる。 とつげきチョッキ型にするならおだやかがおススメ。 特性はからをやぶる型ならが、耐久型ならがベター。 耐久型にするなら序盤はとで粘り、途中でを積んでからで耐えて最後にで全抜きを狙う型が考えられる。

次の

【ポケモン剣盾】ポットデスの育成論と弱点・対策まとめ【からをやぶる特攻型】

ポットデス 育成論

単体でも全抜きを狙えるが、相手を突破出来ずに 倒れそうになったら「バトンタッチ」で能力上昇を引き継ぎ、後続での全抜きを狙う。 味方の「リフレクター」や「ひかりのかべ」等のサポートがあると、より安定して展開出来る。 特性「のろわれボディ」がオススメ 特性「のろわれボディ」は、発動すれば相手からの有効打を封じて勝ち筋を増やすこともできる。 しかも、安全に「バトンタッチ」が決められるようになるのでオススメだ。 特性「くだけるよろい」は推奨しない 特性「くだけるよろい」は防御が下がり先制技で縛られやすくなるほか、「からをやぶる」使用前にしろいハーブが発動してしまう可能性もある。 デメリットが目立つため採用は推奨しない。 からやぶバトン型の対策 対策にオススメのポケモン ポケモン名 対策方法 ・ゴースト半減、エスパー無効 ・砂嵐状態の高い特防で突破されにくい ・悪技で一致弱点を突ける ・「バトンタッチ」で逃げられることに注意 ・特性「ばけのかわ」で攻撃を耐えて反撃可能 ・先制「かげうち」で素早さ関係なく弱点を突ける ・「トリックルーム」での切り返しが有効 ・「のろい」の定数ダメージが「バトンタッチ」先に左右されない ・特性「かたやぶり」への「バトンタッチ」には注意 ・特性「てんねん」で能力上昇全て無視 ・「アシストパワー」の威力上昇は無視出来ない点に注意 ・ヌオーより特殊耐久が高めで突破を許しにくい ・「めいそう」で自身の強化も可能 ・特性「かたやぶり」に無効化される バトンタッチに注意 ポットデス単体は攻撃範囲が広くないため大半の悪タイプで止まるが、問題はバトンタッチで逃げられてしまうこと。 ポットデスの対策を考えるのであれば、後続もセットで有利を取る必要がある。 バンギラスで戦う場合は工夫が必要 バンギラスは単体ではポットデスに非常に強いが、「バトンタッチ」には注意が必要。 「りゅうのまい」の起点にして能力を上げてから「バトンタッチ」先と殴り合う等の工夫が必要。 ミミッキュの「トリックルーム」で切り返す ミミッキュは特性「ばけのかわ」+「トリックルーム」による切り返しが優秀。 「からをやぶる」の素早さ上昇を逆手に取って反撃の手数を多く稼げるので、後続含めた処理が狙いやすい。 特性「てんねん」持ちで処理をする 特性「てんねん」は、「アシストパワー」の威力上昇にだけ気を付けながら殴り合えば有利を取れる。 特性「かたやぶり」持ちにバトンされると、特性「てんねん」の効果を無効化されてしまうので注意。 努力値・対策方法・役割・技構成などは、ユウキのめざめるパワー 氷 のものを引用しています。 引用元: ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

ポットデス育成論 : 物理受けポットデス|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

ポットデス 育成論

の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 このページは、 の対戦での扱い、及び育成論を記述するところである。 ポットデスの歴史 第八世代 やはりゴースト単タイプであり一致抜群範囲が狭いことから単体では微妙。 そんなポットデスが真価を発揮するのはを繰り返して味方を強化し続ける「バトンリレー」構築である。 一般的な育成論 とが高いが、その他のステータスは並か並以下。 を覚えるのでアタッカーかバトン役にする、もしくは特殊耐久を活かした型が育成できる。 メインウエポンは、。 サブウエポンは、、、、、、。 は、、、、、、、、。 では、が採用圏内。 からをやぶるアタッカーとしては微妙な素早さなので、もしアタッカーにするならがメインのとなる。 物理低耐久なので、その場合はが必須になる。 とつげきチョッキ型にするならおだやかがおススメ。 特性はからをやぶる型ならが、耐久型ならがベター。 耐久型にするなら序盤はとで粘り、途中でを積んでからで耐えて最後にで全抜きを狙う型が考えられる。

次の