焼肉 の タレ を 使っ た レシピ。 5分!?焼肉のタレ❤臭わない小葱でモヤシ炒め♪ レシピ・作り方 by ジョン・リーバス|楽天レシピ

5分!?焼肉のタレ❤臭わない小葱でモヤシ炒め♪ レシピ・作り方 by ジョン・リーバス|楽天レシピ

焼肉 の タレ を 使っ た レシピ

マグロは5mmの角切りにする。 「自家製 焼肉のたれ」の作り方と、簡単アレンジレシピを紹介した。 身近な材料だけで簡単に作れる上、常備しておけば料理の幅が広がるのでとっても実用的。 いつもの献立にはもちろん、バーベキューの予定を控えている人にもぜひ、このレシピを活用してほしい! 【レシピ作者プロフィール】 レシピ制作:フードクリエイティブファクトリー 「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。 食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、 イベントなどを手がけています。 HP: Twitter: Instagram: フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の

味付け簡単!焼き肉のタレを使った簡単時短レシピ

焼肉 の タレ を 使っ た レシピ

ミキサーで撹拌した後、しっかりと混ざったかスプーンなどで確認して下さい。 辛いのがお好きな方は豆板醤をさらに足す事も可能です。 豆板醤を足す場合は味見をしながら足すといいです。 【玉ねぎ感】は無くて玉ねぎが苦手な方も試して欲しい1品! ミキサーに入れてフライパンで少し煮詰めるだけ! 焼肉以外にも使えますよ! このタレはとても万能で、どんな料理にも良く合います。 使い方の例をそれぞれご紹介します。 かける量はお好みでどうぞ。 使い方はあくまで例ですので他にもいろんなバリエーションを発見してみて下さい ステーキにかけると・・・ 牛ステーキでも鶏ステーキでも何でも構いません。 肉の重たい感じがこのタレをかける事によって食べやすくなります! あふれ出す肉汁とタレ、そしてステーキを絡めるととてつもない破壊力です(笑) やはりステーキと言えば柔らかい方がいいですよね。 肉を柔らかくしたい場合、料理酒に漬けておくといいですよ! 詳しくはこちらをご覧下さい。 ハンバーグにかけると・・・ デミグラスソースもいいのですが、今回ご紹介したタレも本当に良く合います。 ふっくらとしたのハンバーグの中から、肉汁じゅわ~ そしてタレと良く絡め、一気に口に入れると・・・ 口いっぱいに肉汁とタレのにんにくや豆板醤の味が広がります! ご飯1膳じゃ足りない! 焼き鮭にかけると・・・ 意外な組み合わせですが、じつは焼き鮭も合うんです。 タレをかける場合、焼き鮭に塩味がついていたら塩抜きをしましょう。 塩抜きのやり方は簡単です。 ボールに水500mlと酒大さじ2とみりん大さじ1を入れて混ぜたら鮭を2時間くらい入れます。 その後にいつもの通り魚焼きグリルで鮭を焼きます。 鮭が焼けたら今回ご紹介したタレをかけます。 鮭には塩味がついてませんが、タレをかける事によって美味しさが激増します! タレに入ってるにんにくと鮭がマッチします。 お酒のお供にどうぞ。 炒め物に使うと・・・ 野菜炒めなどの炒め物でも使う事が出来ます。 いつも通り食材を炒めたら、後は今回のタレを適量かけるだけです。 とても簡単ですよ! ご飯が進む美味しい炒め物が出来ちゃいます! スポンサーリンク 今回使った材料の豆知識 【焼肉のタレを手作りしよう!簡単!玉ねぎだれのレシピ】で使った一部の材料の豆知識をご紹介いたします。 玉ねぎの辛味はレンジで抑えれる! 玉ねぎの辛味を取る方法はいろいろございますが、レンジが簡単です。 玉ねぎを切って30~1分秒くらいレンジでチンするだけです。 玉ねぎの保存方法と保存期間 【保存方法】 ネットに入れて湿気が少ない風通しのいい冷暗所で保存。 袋に入れると湿気がたまるので注意して下さい。 玉ねぎを千切りかみじん切りにして1度に使いきれる量をラップに包み平らにして空気を抜き、フリーザーバックに入れて冷凍保存します。 【保存期間】 玉ねぎは常温保存がおすすめです。 常温だと長期間保存が可能です。 常温保存2カ月 冷蔵保存1カ月 にんにくの保存は冷凍がおすすめ 料理ににんにくを使うとしても1かけから2かけが多いですよね。 1日に大量に食べるものではないので余りがち。 そんな時、冷凍保存はいかがですか? 1 にんにく1かけ1かけバラバラにします。 2 皮を剥かずにフリーザーバッグに入れて空気を抜きます。 3 冷凍庫に入れます。 冷凍庫から出して解凍しなくてもすぐ切れます。 切りにくい場合は少しの間、自然解凍します。 【保存期間】 1ヵ月 濃口醤油より薄口醤油の方が塩分が高い!? 濃口醤油の塩分は16% 薄口醤油の塩分は18% 濃口醤油の方が塩分が高いように思われますが、じつはその逆で濃口醤油と薄口醤油を比べますと薄口醤油の方が塩分が高いのです。 みりん風調味料と本みりんの違いとは? 本みりんには添加物は含まれていません。 みりん風調味料は水飴、化学調味料、塩などが含まれています。 調理する際は塩分を減らして使いましょう。 含まれているアルコールにも違いがあります。 本みりんにはアルコールが多く含まれてますが、みりん風調味料にはアルコールは約1%です。 ぴりっとくる美味しいタレです! 作り方について フライパンに移して火にかける時、玉ねぎで目がしみるので蓋をして下さい。 ミキサーで撹拌した後、しっかりと混ざったかスプーンなどで確認して下さい。 辛いのがお好きな方は豆板醤をさらに足す事も可能です。 豆板醤を足す場合は味見をしながら足すといいです。 【玉ねぎ感】は無くて玉ねぎが苦手な方も試して欲しい1品! ミキサーに入れてフライパンで少し煮詰めるだけ! お問い合わせとリクエスト.

次の

味つけ簡単♪お手軽「焼肉のタレ炊き込みご飯」でスタミナアップ!

焼肉 の タレ を 使っ た レシピ

それでは、さっぱりとした味わいを楽しむことが出来る醤油ベースの焼き肉のたれのレシピをチェックしていきましょう。 まずは、材料を準備しましょう。 ベースの焼き肉のたれを作っていきます。 材料にアルコールを使用していますので、アルコールを飛ばすような感じで火にかけていきましょう。 アルコールを飛ばすように加熱したら、お鍋を火からろし冷ましていきます。 たれが冷めたら、保存容器に入れて保存しておきましょう。 純粋な調味料のみを使用しているたれとなっていますので、1か月ほどは保存できるという長期保存にもおすすめの焼き肉のたれとなっています。 先にすりおろし系の具材を混ぜてしまうと、あまり長持ちしなくなってしまうので使いたい時にプラスするのがおすすめです。 長期保存できる焼き肉のたれで美味しい焼肉を楽しんでみましょう。 まず最初に、ショウガ1かけ、長ネギ10cm、にんにく1かけはみじん切りにしておきましょう。 ごま油で炒めていきます。 ごま油で炒めていき、良い香りがしてきたら次の工程に移ります。 次に、今炒めたフライパンの中に、豆板醬小さじ1をいれてさっと炒めていきます。 炒めたら、味噌大さじ1、西京味噌大さじ1、テンメンジャン大さじ1、お酒大さじ3、みりん大さじ3、しょうゆ大さじ1、砂糖大さじ1、顆粒鶏ガラだし小さじ2をいれたら、中火から弱火にかけていき、一煮立ちさせていきます。 続いて、ごま大さじ3をすっておきましょう。 ごまをすりおろしたら、2のフライパンに胡麻とレモン汁を入れて完成となります。 普通の味噌と西京味噌とを使用した、しっかりとしたコクを楽しむことが出来る焼き肉のたれのレシピとなっています。 それでは、味噌の濃厚なおいしさを楽しむことが出来る焼き肉のたれレシピを見ていきましょう。 続いて、鍋に移したら味噌100g、本みりん大さじ1、はちみつ15g、しょうゆ120g、ごま油10g、砂糖70g、白ごま適量を入れて、火にかけていきます。 そのまま火にかけていき、ぐつぐつというまで沸かしていきましょう。 途中であくを取り除きながら、火にかけていきましょう。 そのまま火にかけていき、全ての材料が馴染んで粘度が出てきたら、味噌を使用した焼き肉のたれの完成となります。 さきほど紹介した材料の中では、七味、そして胡椒が使用されているかと思います。 こちら七味や胡椒は、お好みで入れるようにしてください。 辛い物が好きだという方や、スパイスの効いた味つけが好みだという方は適量をプラスすると美味しく楽しむことが出来るかと思います。 それでは、火を使わずに簡単に作ることが出来るねぎ塩だれの作り方を紹介していきましょう。 まず、ねぎ1本分を細かくみじん切りにしていきましょう。 続いて、少し小さめの容器に、お湯小さじ1、鶏がらスープの素小さじ2を入れて、よく溶かしておきましょう。 2とは別の小さなボウルに先ほど細かくみじん切りにしたねぎと、しょうゆ小さじ1、ごま油大さじ5、レモン汁小さじ1、にんにく小さじ1、オイスターソース小さじ1、塩コショウ少々を入れて、よくかき混ぜていきましょう。 これらの材料が良く混ざったら、さきほど鶏がらスープの素小さじ2を溶かしたボウルに入れて、更によくかき混ぜていきましょう。 良くかき混ぜながら味見をして、味が物足りないようであれば塩こしょうで味を整えながら混ぜていきましょう。 塩こしょうで味を整えていき、好みの味になったら火を使わずに簡単にできる、ねぎ塩だれの焼き肉のたれの完成となります。 それでは、塩ぽん酢だれと塩だれの作り方を見ていきましょう。 上の材料は、レモン汁から上の物は塩ぽん酢に、ニンニクから下の物は塩だれに使用します。 塩ぽん酢の作り方は、柚子胡椒スプーン1、塩大きなスプーン1杯、だしの素大きなスプーン2杯、レモン汁大きなスプーン3杯をよく混ぜ合わせていきます。 塩がありますので、少し温めてから混ぜるようにすると混ぜやすくて、作りやすくなります。 続いて、塩だれを作っていきましょう。 にんにく、しょうが、リンゴの順番にすりおろしていくと、おろしがねに匂いが残りにくいそうですのでおすすめです。 すりおろしたら、材料を全て混ぜ合わせて完成です。 それでは、焼肉のたれを活用した麻婆豆腐の作り方をチェックしていきましょう。 玉ねぎ1個も、薄切りにカットしておきます。 調理に使用するフライパンを温めておきましょう。 フライパンが温まったら、少量のごま油をひいてひき肉100gと、先程薄切りにした玉ねぎを炒めていきます。 ごま油がないという場合には、サラダを代用しても大丈夫です。 ひき肉を炒めていき、火が通ってきたら先程カットした豆腐もフライパンの中に加えていき、ひと混ぜしましょう。 大さじ2の焼肉のたれを、同じく大さじ2の水と混ぜ合わせます。 4で混ぜ合わせてものを3のフライパンに混ぜ、炒め合わせながら煮詰めていきましょう。 煮詰め終わったら、お皿に盛り付けて完成です。 焼肉のたれを使用して、簡単に麻婆豆腐の味付けをすることが出来るレシピとなっています。 まず、鶏胸肉300gの皮面から、フォークで数か所穴を開けておきましょう。 続いて、焼肉のたれ大さじ4、お酒大さじ1、ごま油小さじ1、塩少々、胡椒少々といっしょにフリーザーバッグなどの保存袋に入れておきましょう。 よく揉み込んだら、空気を抜いて口を閉じて、冷蔵庫で半日から一晩おいておきましょう。 続いて、お鍋にたっぷりの水を入れて、強火にかけていきましょう。 お湯が沸騰したら、よわびにして、さきほどの冷蔵庫で寝かせたフリーザーバッグをお湯で煮ます。 1分ほど煮たら、蓋をして火を止めて、30分ほどおいておきましょう。 一つ注意するポイントとして、この冷蔵庫で冷やしておいたフリーザーバッグは、お湯で煮ていく30分ほど前に室温に戻しておきましょう。 また、煮た後約30分ほどで鶏肉に日替とお手チャーシューとなりますが、心配だという方は完全に覚めるまでおいておいたほうが良いでしょう。 チャーシューができたら、食べやすい大きさにカットして、器に盛り付けたら関しです。 焼肉のたれを使用して、チャーシューの味付けをすることが出来るというレシピになっています。 まずは、厚揚げ2枚はクッキングペーパーなどで油を拭き取っておき、一口大にカットしましょう。 続いて、フライパンに少し油を入れて、火にかけます。 先程カットした厚揚げを並べて入れたら、厚揚げに焼きめがつくまで両面をしっかりと焼いていきましょう。 厚揚げが焼けたら、フライパンの橋の方に厚揚げを寄せておきます。 そこに豚ひき肉80gを入れたら、火が通るまで炒めていきます。 豚ひき肉に火が通ったら、続いて焼肉のたれを加えてしっかりと照りつけます。 お皿に盛り付けて、万能ねぎ、七味唐辛子、そして温玉を乗せたら完成となります。 しっかりとした味付けで、ごはんもすすむおかずレシピとなっています。 焼肉のたれの使いみちに困ったら、こちらのレシピでご飯に合う絶品おかずを作ってみましょう。

次の