ハイパー ヴェノム フィニッシュ。 NIKE

ハイパーヴェノム2 ファントム、フィニッシュ

ハイパー ヴェノム フィニッシュ

このストライクゾーンの小片の厚さは2mmです。 フライニットアッパーのその他の部分は、タッチを高めるために中空構造を構成し、柔軟に仕上げられています。 この構造は、2013年に発表したオリジナル ハイパーヴェノムの鱗に似せて作成したアッパーに近いデザインになっています。 「ハイパーヴェノム 3は柔らかく屈曲性の高いアッパーにしたいと思い、そのためにはフライニットが最善であると考えました。 」とブーツのデザイナー、ディラン・ヴァン・アッタは述べます。 「フライニットは、編み目のレベルを変更してデザインできるので、必要な部分のみ素材を変えて、優れたタッチのできるしなやかで快適な素材を維持しています。 」 足に合ったフィットを実現するため、ハイパーヴェノム 3はシューズ側面の浮き上がった部分にある溝に、足の外側に配したシューレースと連動させて足の締め付けを調節できるように、ナイキ フライワイヤー ケーブルを(これまでのハイパーヴェノムの1mより長い)3m使用しています。 これにより、プレイヤーがそれぞれの位置のフィットを、はと目ごとに微調整することが可能になり、横方向のカットの動きでも足をさらにぴったりと包み、サポートするフィットが生まれます。 履き口部分は、新しくデザインされたハイパーヴェノム 3のダイナミックフィットカラーを用いて、横方向の安定性をさらに高めます。 「足首にある骨には左右の位置の違いが最大 10mm 程度ありますが、ハイパーヴェノム 3はこれを反映させた構造になっています。 横方向のカットの動きでは、足首が激しく曲がりますが、このスパイクはその動きを考慮してデザインしています。 」とヴァン・アッタは説明します。 ローカットのスパイクを好むプレイヤーにとっては、ハイパーヴェノム 3がナイキ フットボールで初めてフライニットを使用したローカットのスパイクとなります。 さらに、ハイパーヴェノムは、ナイキ フットボールとしては初めて、全く新しいハイパー リアクティブ プレートを使用しています。 「ハイパーリアクティブプレートの開発には6年かけています。 ナイキ フリーをインスピレーションに、前足部は柔らかくして接地感を高めつつ、かかとを持ち上げて鋭いカットの動きができるようにデザインしています。 」とヴァン・アッタ。 ナイキ フットボールが進める革新的トラクションは、これまでの成果も生かし、ハイパーヴェノム 3にも新しい有限要素解析(FEA)データを生かしてつくられたトラクションパターンを、特に鋭い角度での横方向のカットの動きを高めるために取り入れています。 「プレイヤーが自信を持ってカットをできるように、回転と踏み出しを効果的に促す6角形のスタッドを使用しています。 両側にはトラクションを高めるために、V 字型の突起をつけています。 」 シューズ内部のグリップ性も高めるため、中敷にはナイキグリップ機能を採用し、スパイクの中で足が動きにくくしています。 ハイパーヴェノム 3は196gで先行品よりも17%の軽量化を果たしています。 「プレイヤーが求めるちょうど良いバランスを実現するために 200以上の試作品を作りました。 「カットとストライク」にフォーカスをおいた、点取り屋のための究極のスパイクを作りました。 」とブラウはまとめます。 ハイパーヴェノム 3 のエレクトリックグリーン・ハイパーオレンジのカラーは、1月31日から Nike Football アプリと NIKE. COM で、一部専門店では 2月3日より発売になります。

次の

ハイパーヴェノムフィニッシュ NJR HG

ハイパー ヴェノム フィニッシュ

無敵の敏捷性と抜群のコントロール ハイパーヴェノムフィニッシュのアッパー素材は人工皮革のナイキスキンが採用されている。 アッパー表面にはテクスチャ加工が施されており、ボールとの摩擦を高めることでボールコントロール性を向上。 アッパーにはフライワイヤーが内蔵されている。 両サイドから足を挟み込むように配置。 安定感を増すホールド性とサポート性を高めている。 ハードグラウンド対応アウトソール ハードグラウンド対応HG-Eモデルのアウトソールは丸型スタッドを搭載。 固い土のグラウンド環境での使用に対応したシンプルでオーソドックスな形状となっている。 ヒールや足首周り部分もシンプルな構造。 内蔵型ヒールカウンターが適度なホールド性を発揮する。 価格 ハイパーヴェノム フィニッシュ NJR HG-E 品番:820131-061 価格:¥22,000(本体価格).

次の

ナイキの新スパイク『ハイパーヴェノム 3』が登場

ハイパー ヴェノム フィニッシュ

このストライクゾーンの小片の厚さは2mmです。 フライニットアッパーのその他の部分は、タッチを高めるために中空構造を構成し、柔軟に仕上げられています。 この構造は、2013年に発表したオリジナル ハイパーヴェノムの鱗に似せて作成したアッパーに近いデザインになっています。 「ハイパーヴェノム 3は柔らかく屈曲性の高いアッパーにしたいと思い、そのためにはフライニットが最善であると考えました。 」とブーツのデザイナー、ディラン・ヴァン・アッタは述べます。 「フライニットは、編み目のレベルを変更してデザインできるので、必要な部分のみ素材を変えて、優れたタッチのできるしなやかで快適な素材を維持しています。 」 足に合ったフィットを実現するため、ハイパーヴェノム 3はシューズ側面の浮き上がった部分にある溝に、足の外側に配したシューレースと連動させて足の締め付けを調節できるように、ナイキ フライワイヤー ケーブルを(これまでのハイパーヴェノムの1mより長い)3m使用しています。 これにより、プレイヤーがそれぞれの位置のフィットを、はと目ごとに微調整することが可能になり、横方向のカットの動きでも足をさらにぴったりと包み、サポートするフィットが生まれます。 履き口部分は、新しくデザインされたハイパーヴェノム 3のダイナミックフィットカラーを用いて、横方向の安定性をさらに高めます。 「足首にある骨には左右の位置の違いが最大 10mm 程度ありますが、ハイパーヴェノム 3はこれを反映させた構造になっています。 横方向のカットの動きでは、足首が激しく曲がりますが、このスパイクはその動きを考慮してデザインしています。 」とヴァン・アッタは説明します。 ローカットのスパイクを好むプレイヤーにとっては、ハイパーヴェノム 3がナイキ フットボールで初めてフライニットを使用したローカットのスパイクとなります。 さらに、ハイパーヴェノムは、ナイキ フットボールとしては初めて、全く新しいハイパー リアクティブ プレートを使用しています。 「ハイパーリアクティブプレートの開発には6年かけています。 ナイキ フリーをインスピレーションに、前足部は柔らかくして接地感を高めつつ、かかとを持ち上げて鋭いカットの動きができるようにデザインしています。 」とヴァン・アッタ。 ナイキ フットボールが進める革新的トラクションは、これまでの成果も生かし、ハイパーヴェノム 3にも新しい有限要素解析(FEA)データを生かしてつくられたトラクションパターンを、特に鋭い角度での横方向のカットの動きを高めるために取り入れています。 「プレイヤーが自信を持ってカットをできるように、回転と踏み出しを効果的に促す6角形のスタッドを使用しています。 両側にはトラクションを高めるために、V 字型の突起をつけています。 」 シューズ内部のグリップ性も高めるため、中敷にはナイキグリップ機能を採用し、スパイクの中で足が動きにくくしています。 ハイパーヴェノム 3は196gで先行品よりも17%の軽量化を果たしています。 「プレイヤーが求めるちょうど良いバランスを実現するために 200以上の試作品を作りました。 「カットとストライク」にフォーカスをおいた、点取り屋のための究極のスパイクを作りました。 」とブラウはまとめます。 ハイパーヴェノム 3 のエレクトリックグリーン・ハイパーオレンジのカラーは、1月31日から Nike Football アプリと NIKE. COM で、一部専門店では 2月3日より発売になります。

次の