香典 祖母。 孫から祖父母への「香典」の金額は? 郵送はいつまで?…香典の疑問に答えます

法事 香典の金額 3回忌】親族・祖父・祖母・父・母 三回忌の香典

香典 祖母

友人の祖父母香典の相場は、3千円~5千円 香典を贈るのも良いけど、かえって負担になることもあるから、やっぱり難しい所ですよね…。 では、 そんな香典以外の物を贈る時はどんなものが良いのでしょうか? 私が90歳の祖母から聞いて友人に贈ったものとは!? 香典以外の場合は何をもっていけばいいの!? 『香典以外でも大丈夫?』 香典が一般的なのに、香典以外にありなの!? と不安になっちゃいますよね。 しかし、後日改めて仏壇に参らせてもらった私の場合は香典以外の物にさせてもらいました。 その理由は、 『相手にお返しの気を遣わせない』 『親しい友人だったので固い感じをなくしたい』 という意味にあります。 90歳の祖母にも聞いたら、友人の祖父母であれば香典じゃなくて『お気持ち』で大丈夫。 と言っていました。 お寺の役員もしていた祖母から聞いた話だから間違いない!? そんな、香典以外の贈り物は…。 1.線香 私は木箱に入った上品な線香を贈りました。 普通の線香でも良いのですが、やっぱり贈り物なのですこし品のあるものが良いですよね。 1000円~2000円以下の品物です。 3.お菓子 仏壇に上げてもらうのに贈るお菓子です。 私の場合は、どら焼きやちょっと高かめのお菓子(1個100円~200円程度)をもっていきました。 友人の祖父母の場合!葬式や通夜には参列した方が良いの? 友人の両親ならともかく、祖父母の場合となると葬式や通夜に参列したほうが良いのか? 悩んでしまいます。 「友人の自宅から少し離れていて通夜や葬式に参列出来そうにない」 「通夜や葬式の参列に行って良いかわからない」 など、友人の両親ならともかく、祖父母となると結構悩んでしまいます。 私の場合は、友人の祖父母と面識がありましたが、 自宅から離れていたこともあって、通夜や葬儀には参列していません。 しかし、後日仏壇に上げてもらうお菓子や線香・ろうそくなどをもって参らせてもらいましたよ。 負担にならない程度のもの。 (1000円程度) 後日でも、友人は 「仏壇参りに来てくれて、じいちゃんは喜んでいるよ」 と言ってくれてましたよ。 ちなみに、祖母に聞いたら友人の祖父母であれば、通夜や葬式に参列しなくても『お気持ちだけ』もって仏壇に参らせてもらったら? ということでした。 しかし、これは本当に友人やあなたとその祖父母との関係性もあるので、 お世話になった友人祖父母の通夜・葬式にどうしても参列したい。 という場合もあります。 そういった場合は、友人と連絡を取り合って参列させてもらいましょう! 最後に もし私の祖父母がなくなったら、やっぱり祖父母と面識ある友人だけに知らせると思います。 その前に、 『祖父母が亡くなったことを友人にお知らせしても良いものか?』 とまずそこで悩みそうな気がします。 なかなか言いやすいものではないと感じるからです。

次の

四十九日の香典の金額まとめ!【親・祖父・祖母・兄弟・おじ・おば・親戚】

香典 祖母

祖母の葬儀に香典を包まない孫なんているの? 実はいるんです。 そもそも、香典というのは「1家族につき1つ」というルールがあります。 要するに、ご自身が 親の家に属しているか、そうでないかによって決まります。 ここでの 「家」という考え方は、 「結婚・養子になることによって別の家を持つ」ということを指します。 ですので、既に親と別居していたとしても、 未婚で 養子になっていないのであれば、 親の家に属することになります。 とはいえ、 「既に独立しているんだから、香典は出した方がいいのでは?」と思う場合は、他の参列者の方に相談してみましょう。 この「家」という考え方は、一般的ですが、 地域や遺族によっては好まれない場合もあります。 「もっと詳しく知りたい!」 「孫は祖父・祖母に香典を包む必要があるのかケース別に知りたい!」という方はこちらのページをご覧ください。 孫が香典を包まなくて良い場合 ・結婚をしていない ・養子になっていない ・同居、別居に関わらず家から出ていない場合 ・結婚、養子になっていたとしても、 葬儀費用を負担している場合 香典をもらう側になるため 祖母の葬儀で、孫が香典を包む必要がない場合もあります。 前述の通りですが、 「親の家に属している」場合です。 これは、 未成年の子供も該当しますし、成人していても未婚であれば該当します。 中には 「もう独立しているんだから、香典は包みなさい」という方がいますが、周りの親族がそうでないのであれば、その意見に従う必要はありません。 何度も言いますが、香典は「1家族につき1つ」というルールです。 ですので、 同居している、 別居しているは関係ありません。 結婚していて、家庭があるのであれば、 親と同居していても別世帯として香典を包みます。 また、香典を包まない場合として、 「葬儀費用を負担している」ということも考えられます。 というのも、葬儀費用を負担しているということは、 「香典をもらう側」になるということと同じだからです。 祖母の葬儀に参列しなくても香典は必要? 香典を包む必要のある方は、たとえ葬儀に参列できなくても 「香典は必要」です。 50代を超えていても、金額は50,000円が上限なの? 香典は高額であればあるほど嬉しいものではありません。 ご自身が包む金額が高いほど、香典返しの負担も大きくなり、商品を選ぶのが難しくなります。 ここで大切にしたいのはご自身の気持ちではなく、 遺族の気持ちです。 「助けになりたい!」といった気持ちは分かりますが、迷惑になるほど包んでも良いことはないです。 祖母の葬儀で夫婦が香典を包む場合の金額の相場 孫夫婦が祖母の葬儀で香典を包む場合は、 1万円ほど上乗せして包むことが多いです。 とはいえ、夫婦で出席しても特に金額を上乗せしない方もいます。 それは親族と話し合うか、地域の慣習に合わせましょう。 「どちらが良い、悪い」ということではありませんので安心してください。 ですが、50代の場合は既に50,000円ほど包んでいますので、そこに1万円ほど上乗せされるとなると、かなりの負担になることでしょう。 とはいえ 「夫婦で参列するのに同じ金額は申し訳ない」と思う方もいるでしょう。 その場合は、香典を上乗せするのではなく、 「孫一同として供花を贈る」というのも1つの手ではあります。 50代の孫はそうそういないと思いますが、もしそのような状況になった場合は検討してみてください。 2万円って意外と包むと思うんだけど、偶数だから包まない方がいいの? 実は、例外として 「2万円」は包んでも問題ないとされています。 「故人との関係性から見て1万円は少なすぎるけど、3万円は多すぎる」と思う方が多いためです。 孫夫婦として1万円ずつ、合計で2万円包む際も 「偶数が良くないから、5,000円札を含めて3枚にしよう」とする必要はありません。 ですので、お札の枚数は最小限に、お札の種類をそろえる 3万円なら1万円札だけ などにすることをオススメします。 祖母の葬儀で包む香典の金額は多いと失礼になる? 中には、 「自分は20代だけど祖母にとってもお世話になったからもう少し香典を包みたい!」という方もいるでしょう。 その場合は 30,000円までにしておきましょう。 というのも、香典は高額であるほど良いものではないからです。 とっても深い関係性であれば、相場よりも少しくらい高く包んでも問題はありません。 遺族は参列者である皆さんから頂いた香典の金額に基づいて、香典返しを行います。 高額であるほど遺族の負担も大きくなるので、しっかりと理解しておきましょう。 祖母の葬儀に孫として香典を包む場合の金額の相場を理解できたと思います。 香典の金額は「偶数」は避けるべきですし、香典の金額は多いと失礼にもなります。 「こんなにルールがあるの?」と思う気持ちも分かりますが、一番辛いのは遺族ですのでしっかりとマナーを守りたいものですね。 自分以外の祖母の葬儀で包む香典の金額の相場 「義理の祖母 配偶者の祖母 に香典は包むの?」「会社の同僚の祖母に香典は包むの?」などと、自分以外の祖母の葬儀において香典を包むのか、気になる方はたくさんいます。 結論から言いますと、 「義理の祖母には香典は包む」ことが一般的ですが、 「会社の同僚の祖母には香典は包まない」というのが主流です。 義理の祖母に香典を包むことは、夫婦として香典を包んでいるので理解できると思います。 会社の同僚の祖母についてですが、この場合は包まないです。 会社の同僚の 1親等 同僚の父母・配偶者・子供 に不幸があった場合は、香典を包むことがありますが、祖母だと包みません。 ここまで来ると、勘の鋭い方は 「友人の祖母」に対しても香典は必要ないことが分かると思います。 ただし、ご自身の祖母が亡くなった時に、友人から香典をもらっている場合は、友人の祖母に不幸があったときに香典を包むべきです。 香典は 「相互扶助 お互いに助け合うこと 」という考え方があるので、もらったらお返しをするのが普通です。 自分以外の祖母に対して香典を包むべきか、そうでないかについて理解ができましたでしょうか?常識的に考えれば何となく分かるところだと思いますので、忘れずに覚えておきましょう。 では、実際に 「祖母に対して香典を包む際のマナー」について分からないことが多いと思いますので確認していきましょう。 祖母の葬儀で出す香典の包み方 香典の包み方にもルールがあります。 このページで紹介するルールは5つありまして、結論から言いますと、 「表書きの宗教・宗派別の書き方」 「中袋の金額の書き方」 「数字的なマナー」 「お札の向きのマナー」 「新札を使わないこと」 以上の5になっています。 これだけ見て 「分かった!」という方はいないと思いますので、こちらに参考ページを載せておきます。 香典の出し方や、袱紗の包み方についても理解ができたと思います。 「簡単だよ」と思う方もいるかもしれませんが、逆に言うと、ここを外すと 「常識のない人」というレッテルを貼られますので、葬儀前に確認をしておくことをオススメします。 香典を出した後に、周りの人と話していて 「もしかすると自分が包んだ香典が少なかったかも?」と思ったことのある方もいるかもしれません。 その場合の対処法について解説しています。 祖母の葬儀で包んだ香典の金額が少なかったと思った場合 「周りの人に聞いたら自分たちが包んだ香典の金額は少なかった…」と思ったことはありますか?そのときによく聞かれるのが、 「もう一度香典を包みなおしても大丈夫?」ということです。 結論から言いますと、 「香典を包みなおすのはNG」です。 「包みなおすのがNGなら追加で渡そう!」と考える方もいますが、それも 同様にNGです。 繰り返し香典を出すことによって、 「不幸が繰り返される」という意味になってしまうからです。 葬儀などで「ますます」「たびたび」などの忌み言葉 いみことば を言わないのと同じです。 葬儀で包んだ香典が、周りの人と比べて少なかった場合の対処法について分かりましたでしょうか?香典は金額が高ければ良いというわけではなく、大事なのは 「故人を偲ぶ気持ち」です。 供花を贈る方もいると思いますので、その際の 金額や 手順なども解説していきます。 祖母の葬儀で香典と併せて供花を贈る場合 祖父・祖母の葬儀では、孫一同として香典のほかにも 「供花 きょうか 」を贈ることがあります。 供花を贈るには、 葬儀社へ問い合わせるか、 花屋へ依頼する必要があります。 供花の金額の相場としては、 一対 2つの花のセット で、 2~3万円が相場です。 以前は、供花を贈るときに一対 いっつい 贈っていましたが、最近は一基 1つの花 で贈ることも多くなってきました。 孫一同で相談して決めると良いでしょう。 一基 いっき の相場としては、 1万5,000円~2万円が相場と言われています。 供花は遺族の宗教によって、贈るべき花の種類が異なります。 葬儀社に依頼すれば問題ありません。 祖母の葬儀で贈る供花の手配方法 供花を贈るときは 「葬儀社」もしくは、 「花屋」に手配を依頼します。 葬儀社に依頼する場合は、葬儀会場に連絡をしてから担当の葬儀社を聞き、その葬儀社に連絡を入れます。 今回の場合ですと、 「孫一同」として贈ることになると思いますので、事前に 周りの親族に確認を入れておくと良いと思います。 祖母の葬儀で贈る供花の金額の相場 供花の金額の相場は、 1万5,000~3万円程度と言われています。 この相場を大きく超えてしまう供花を依頼してしまうと、遺族が申し訳なく思ってしまうので、 相場から大きく外れないようにしましょう。 以前は、供花と言えば 「一対 2つの供花のセット 」が主流で、 「一基で贈るなんて常識外れだ!」と言われていましたが、近年では 「一基 1つの供花 」で贈ることも一般的になりつつあります。 ですので、周りの親族の方と相談して一対にするのか、一基にするのかを決めましょう。 祖母の葬儀で贈る供花のマナー 供花は 遺族の宗教によって贈るべき花が異なります。 違う宗教の花を贈ってしまうと、その宗教ではNGとされている花であることが多いので事前に確認を忘れないようにしましょう。 宗教ごとに異なる供花の種類 仏教 仏式 ・神道 神式 仏教や神道の葬儀で用いられる供花は、 「百合」「蘭」「菊」などの白い花です。 生け花を手配する場合は、黒や白の水引を付ける場合があるので、花屋には 「葬儀用の供花」と伝えておくことにしましょう。 キリスト教 キリスト教の葬儀で用いられる供花は、 「ユリ」「カーネーション」などが多いです。 仏教でよく用いられる菊の花はキリスト教ではほとんど使用しません。 また、仏教とは異なり、供花を遺族の自宅に贈ります。 キリスト教の葬儀は教会で行われるので、かごに入った花を贈ると良いでしょう。 祖母の葬儀で供花を手配する際に注意するべきこと 供花を贈る際は、 「落ち着いた色合い」のものを選ぶことが大切です。 喜ばしいことではないので、 白を基調としたものにしておきましょう。 キリスト教の場合は、供花を自宅宛に贈ることは分かっていると思いますが、仏教の場合は、自宅ではなく 葬儀場に直接贈ります。 当たり前ですが、葬儀の始まる前に到着しておくようにしましょう。 「葬儀前に贈っておけばいいか」というと、そうではなく、 早く贈りすぎるのもNGです。 なぜなら、故人の死を予期していたかのような振る舞いに見えてしまうからです。 葬儀の日にち等を葬儀社や花屋に伝えれば、ちょうど良い頃合いに準備してくれますので安心してくださいね。 このページのまとめ ・祖母の葬儀で 香典を包む必要のない孫もいる ・香典を包む必要があるか、ないかは、 家から出ているか、そうでないかによって異なり、 葬儀費用を負担している場合も包む必要はない ・香典は 「1家族につき1つ」 ・ 祖母の葬儀に参列しなくても香典は必要 ・孫として祖母の葬儀で包む香典の相場は、 1~5万円ほど ・香典の金額は、 「故人との関係性」「ご自身の年齢」によって決まる ・夫婦として香典を包む場合は、 1万円ほど上乗せすることもあれば、相場の金額で包むこともある ・香典の金額で 「偶数」や 「4」「9」はNG ・祖母の葬儀で包む 香典の金額は多いと失礼になる ・自分以外の祖母に香典を包むことは、 義理の祖母 配偶者の祖母 くらいしかない ・香典の 包み方にもマナーはある ・葬儀で包んだ 香典が少なかったと感じた場合は、法要で お供え物を持参することによって解決できる。 間違っても 追加で香典を出すことはしない ・供花の相場は 1万5,000~3万円 ・供花は 宗教ごとに異なる いかがでしたでしょうか。 「祖母の葬儀で包む香典の金額」についてしっかりと理解出来ましたか? 「香典」「供花」にはたくさんのマナーやルールがあったと思います。 「こんなにあるの?」「大変じゃん!」と思った方もいると思います。 とはいえ、一番辛いのは遺族です。 遺族の気持ちを察して、マナーやルールをしっかりと守り、参列している全員で気持ちよく故人を送り出せると良いですね。 葬儀・仏壇・お墓・相続には色々なルールがあります。 皆さんが葬儀等で困るであろう状況を解決するために 有益な情報を発信していますので、気になる方は他の記事もご覧ください。

次の

息子嫁の祖父の葬儀出席すべき?

香典 祖母

自分の親へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) 自分の親のお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「5千円未満」で 32. 3%という結果です。 そもそも、自分の親が亡くなった時にお香典を入れることはあまりありません。 大抵の場合、葬儀の関係者としてお香典を頂く立場です。 お葬儀代の支払の義務もあります。 大抵の場合、供花をお出しいただくことになります。 ただし、葬儀代の支払いは親の配偶者(残った親)や長子がやり、自分は参列するだけ、あるいは、何かの事情でお香典だけをお渡しする、といったケースでは5万円以上を包むのが多いようです。 自分の祖父母へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) 自分の祖父母のお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「1万円~2万円未満」で 22. 7%という結果です。 祖父母がなくなった場合、親の時と同じようにお香典ではなく、供花を出していただくことが一般的です。 何らかの事情で包んで頂く場合、少し多めに包んだほうが後々よろしいかと思います。 配偶者の親へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) 配偶者の親のお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「5万円~10万円未満」で 25. 2%という結果です。 配偶者の親が亡くなった場合も、自分の親の時と同様、包まないことが多いです。 しかし、包むのであれば5万円以上、できれば10万円以上は包んでいただいたほうがいいかと思います。 配偶者の祖父母へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) 配偶者の祖父母のお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「3万円~5万円未満」で 20. 0%という結果です。 自分の兄弟・姉妹へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) 自分の兄弟・姉妹のお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「5万円~10万円未満」で 33. 3%という結果です。 配偶者の兄弟姉妹へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) 配偶者の兄弟・姉妹のお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「2万円~3万円未満」で 22. 7%という結果です。 近くない親戚へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) そのほかの親せきのお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「1万円~2万円未満」で 30. 9%という結果です。 友人・知人へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) 友人・知人のお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「5千円~1万円未満」で 45. 6%という結果です。 友人・知人の家族へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) 友人・知人の家族のお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「5千円~1万円未満」で 42. 7%という結果です。 上司へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) 上司のお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「5千円~1万円未満」で 39. 2%という結果です。 上司の家族へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) お葬式に参列する際、遺族にお渡しするお香典について、その包んだ額を故人との関係別に聞きました。 上司の家族のお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「5千円~1万円未満」で 45. 5%という結果です。 部下の家族へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) 部下の家族のお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「5千円~1万円未満」で 42. 7%という結果です。 同僚へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) 同僚のお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「5千円~1万円未満」で 47. 7%という結果です。 同僚の家族へのお香典 (第2回お葬式に関する全国調査 より) 同僚の家族のお通夜・お葬式で包んだお香典の額について、最も多いのは 「5千円未満」で 50. 3%という結果です。 調査概要 調査期間:2015年12月2日~12月14日 調査対象:全国の40歳以上の男女で、直近2年半以内に葬儀の運営に携わった方 調査手法:インターネット調査 有効回答数:1,851件 詳細は お香典について知っておきたいあれこれ。 ご存知ですか? お香典をいただいたら「香典返し」をすることがあります。 お香典をお渡しするのはお通夜・葬儀・告別式の時だけではなく、法事・法要でもお渡しすることがあります。 いくらぐらいをどんなふうに包めばいいのでしょうか? いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の