モンベル ストーム バイカー。 バイク乗りに最適なレインウェア5選! メーカーイチ推しアイテムをすべて試着して大調査

バイク乗りに最適なレインウェア5選! メーカーイチ推しアイテムをすべて試着して大調査

モンベル ストーム バイカー

商品説明 製品説明 ライディング姿勢に合わせた立体構造により、すそのずり上がりやつっぱり感を解消したモーターサイクリング用レインスーツです。 独自の防水透湿性素材と高強度生地を採用し、走行時のバタつきを軽減する3レイヤーで構成。 ジャケットのアジャスターベルトには、グローブ装着時にもつかみやすい大きめのタブを設けるなど、操作性も追求しています。 夜間の視認性を向上し、安全性を高める反射テープ付き。 パンツの生地には雨に濡れても滑りにくい生地を採用しています。 シグナスX マジェスティS アドレス ビックスクーター等のカスタムパーツもお任せください。 ご了承ください。 また不良品以外の返品、ご交換もお受けできません。 返品・交換のご一報は商品到着後3日以内に当社までご連絡ください。 詳細につきましてはご注文後の当店からの返信メールに納期予定を明記させていただきますのでご確認ください。 メーカー等の事情による納期変更等や交通事情等により発送、配達が遅れる場合がございますので予めご了承下さい。 クレジット・代金引換・銀行振込がお選びいただけます。 商品価格合計 1万円未満:300円 税抜 3万円未満:400円 税抜 10万円未満:600円 税抜 30万円未満:1000円 税抜 【クレジットカード決済】 以下のマークのついたカードがご利用いただけます。 当店ではセキュリティ上の配慮からクレジットカード利用控は、原則としてお送りしておりません。 カード会社から送付されるご利用明細でご確認ください。 カード番号は暗号化されて送信されます。 ご安心ください。 メールをご確認後に下記口座にお振込ください。 三菱UFJ銀行 長原支店 普通 1072931 フジタオートコウギョウ(カ.

次の

バイク乗りに最適なレインウェア5選! メーカーイチ推しアイテムをすべて試着して大調査

モンベル ストーム バイカー

風雨の中での行動をいかに安全・快適なものにして体力を温存できるかは、レインウエアの日ごろのメンテナンスに大きく左右されます。 どうすれば買ったころの初期性能を維持できるでしょうか? その答えは、ずばり「洗濯」です。 レインウエアを適切に洗濯することで、撥水性能が回復し、高い防水透湿性能を持続させることができます。 レインウエアの性能が低下する理由は? 現在主流のレインウエアは、ゴアテックスをはじめとする防水透湿性素材を採用しています。 雨など液体の水は通さず、ウエア内部の蒸れ(水蒸気)だけ通す構造をもった素材です。 メンテナンスを怠って撥水性能が低下すると、付着した生地表面の水が織り目を塞ぐため、水蒸気の逃げ道がなくなり、ウエア内部で結露してしまいます。 レインウエアを長く快適に着用するには、適切なお手入れと、正しい保管が大切です。 特に長期間にわたって保管する場合は、以下の点にご注意ください。 ・ハンガーにかけて保管 スタッフバッグに入れたまま保管すると、水分が残りやすく生地にダメージを与える可能性があります。 ハンガーにかけて保管してください。 ・直射日光を避ける 紫外線は生地にダメージを与えますので、直射日光は避けましょう。 ・薬剤が直接触れないように 乾燥剤や防虫剤、消臭剤などの薬品が直接生地に触れないように保管ください。 薬品の取扱説明書をご確認ください。 ・高温多湿を避ける 車内や屋外倉庫など高温多湿になる場所は避け、温度が上がらず風通しのよいところを選びましょう。 ・常に清潔に保つことで長持ちさせる 汚れたまま保管すると、生地の劣化が進行します。 製品寿命を長くするため、常に清潔に保ちましょう。

次の

モンベル ストームバイカー

モンベル ストーム バイカー

レインウェアは用途に応じて選ぼう 例えば、チョイ乗りしかしないのに2~3万円の高機能なレインウェアを買ってもかさばるだけですし、逆にロングツーリングに行くのにペラペラのレインウェアでは役不足です。 ロングツーリングに積極的に行くタイプなのか、主に日帰りツーリングなのか、雨の日はバイクで出かけないタイプなのか、などを考慮してコストパフォーマンスに優れたレインウェアを選びましょう。 ロングツーリング派の場合 ロングツーリングを好む人は、旅先で雨だったら中止する、なんてことはありませんよね。 旅先で雨だったとしても、台風でもない限りはレインウェアを着て移動を進めるのが普通です。 こういった用途では、場合によっては一日中雨の中を走行することもあり得るので、なるべく高性能なレインウェアを選択すべきです。 特に高速道路で雨に降られると一般道と比べて雨水が侵入しやすいので、耐水圧が最低でも10,000mm以上の製品を選ぶといいでしょう。 元々モンベルは登山用品で防水透湿ジャケットを数多く開発しており、この技術を応用してバイク用品に参入しています。 価格は定価が16,500円と性能の割にはリーズナブル。 バイク用品的な主張があまり好きではない人にはオススメです。 僕もよくトレッキングに行くときにモンベルのフリースやレインスーツ(ストームクルーザー)を使っていますが、性能の割には価格がリーズナブルなのでよく買い足しています。 基本、晴れてるときにしか乗らない派の場合 昔は雨でもガンガンツーリングに行ってましたが、最近はもう晴れ予報のときにしか乗りません。 ツーリングの日が雨予報だったら即中止 or 延期ですし、当日の朝晴れていても午後が雨予報だったらそれでも中止します(笑 ただそれでも標高の高いところに行けば外界と天気が異なることがありますから、日帰りツーリングと言えども念の為レインスーツを持参するようにしています。 こういう「基本、晴れているときにしか乗らない派」の人は、わざわざ高価なレインスーツを買う必要はありません。 予報が外れて出先で雨に降られたり、外界は晴れてたけど山岳道路を走っているうちに雲中に入ってしまった、なんていうときに一時的にしのげればいいので、安いレインスーツで十分です。 そのため、レインスーツを選ぶにあたって考慮するのは 他社だと耐水圧10,000mm以上だと1万円以上しますが、ワークマンのレインスーツBIKERSは耐水圧15,000mmでなんと5,800円という低価格。 ヘルメットからの滴が首元に流れ込まないようにレインネックガードが付いていたり、ブーツを履いたまま着用できるレインパンツ、マジックテープでウエストを絞ってバタツキを抑えられるなど、バイクでの使用を考慮した仕組みが随所につくられています。 商品ページに書いてありますが、ワークマンの商品開発担当がバイク好きで「バイク専用品に負けないものを」という想いで開発したそうです。 ワークマンのAEGIS(イージス)シリーズはバイク乗りの使いやすさに徹底的にこだわって作ってますね。 このレインスーツは防水透湿素材ではないので夏季に着用すると蒸れるかもしれませんが、5,800円という価格を考えれば必要十分でしょう。 僕は仕舞寸法がもっとコンパクトなレインウェアが好きなので、ワークマンの自転車用レインウェアを使っています。 レインスーツの選び方のまとめ ・ロングツーリング派はしっかりとしたものを ・晴れの日派の人は一時しのぎ用の安くてコンパクトなものでOK 以前よりも防水透湿素材が進化したためか、昔よりもレインスーツがコンパクトになったような気がします。 さすがに防水圧10,000mm程度のレインウェアでは、雨の中一日走ると所々から水が侵入してしまいますが、それでも一時的な雨をしのぐ目的であれば十分な性能です。 僕は基本的には雨予報の日にはバイクで出かけませんが、日帰りツーリングのときは念のためレインウェアを持っていくようにしています。 しかし雨予報のときはバイクで出かけないようにしているせいか、この7~8年、一度もレインウェアを使ったことがありません。 完全に御守と化しています。 前に使ったのは、伊豆半島にツーリングに行ったときに晴れ予報だったにもかかわらず沼津でゲリラ豪雨に当たったときぐらいです。 それもレインスーツを着たのは1時間弱でした。 今回紹介したレインスーツの中で、個人的にはモンベルのストームバイカーが性能と価格のバランスがいいのでオススメです。 収納寸法がコンパクトなのもいいですね。

次の