タダノ コロナ。 新型コロナウイルス感染症への予防対策について

新型コロナウイルス感染症への予防対策について

タダノ コロナ

[画像のクリックで拡大表示] 県とタダノが売買契約を結んだのは、県が開発を進めた高松港香西西地区埋立地の19. 8ヘクタールの分譲地だ。 売買契約書では、土地の引き渡し後に隠れた瑕疵(かし)を発見しても損害賠償の請求や契約の解除はできないと規定している。 地盤沈下や建物の損傷などは、土地購入者が自費で対応しなければならない。 タダノ総務部の山下猛部長は、県との売買契約に関して、「予測できない欠損があって損害が発生した場合は、県が責任を負うとの特則が設けられている」と説明する。 契約内容からすれば、裁判では「分譲地の陥没が予想できたか否か」が争点になる可能性が高い。 浜田恵造知事は19年7月16日の定例会見で、「埋め立て工事に関して県の不備はなかったと認識している」と発言。 「県は瑕疵担保責任を負わないと考えていることから、裁判所において県の考えを主張していく」と争う姿勢を示した。 この記事は有料会員限定です。 次ページでログインまたはお申し込みください。

次の

データ提供サービス

タダノ コロナ

が4月28日に発表した2020年3月期(2019年度)連結業績によると、売上高は過去最高の2,279 億4千9百万円(前期比121. 0%)、海外売上高比率は54. 1%となった。 売上高のうち、日本向けは、建設用クレーン・車両搭載型クレーンが増加、高所作業車は横ばいで、1,045 億2千7百万円(前期比107. 7%)。 海外向け売上高は、すべての地域で増加し、1,234 億2千1百万円(前期比135. 1%)となった。 ( 数値表記は原文を尊重しています) 売上増加の一方で、コストアップや製品構成の変化により売上原価率は悪化、また成長に向けた前向き投資や買収費用もあり販売費及び一般管理費は増加した。 営業利益は156 億2千3百万円(前期比98. 7%)、経常利益は154 億6千1百万円(前期比99. 1%)となった。 特別損失として24 億1千6百万円の投資有価証券評価損を計上した結果、親会社株主に帰属する2019年度純利益は78 億7千6百万円(前期比68. 7%)となった。 海外も、年明け以降の感染拡大の影響により景気は急速に悪化、加えて原油価格の下落や点在する地政学的リスクもあり、極めて厳しい状況にある。 タダノの関連業界は、日本では、2020 年夏に開催が予定されていた東京オリンピック・パラリンピックに向けた建設需要や復旧復興・防災減災・インフラ老朽化対策・民間建設投資等により稼働が堅調に推移し、需要は横ばいで推移した。 海外では、中東・豪州・アフリカは減少したものの、その他の地域は増加し、全体として需要は増加した。 このような経営環境の中、タダノグループは、国内外で引続き新モデルを投入し、販売価格の維持とストックビジネスに注力した。 加えて、原価低減を推進した。 また、長期目標である 「LE Lifting Equipment 世界 No. 1」 達成に向け、積極的な投資活動を行った。 今後大きな成長が期待されるインド市場に対応するため、2018 年12 月に合弁会社Tadano EscortsIndia Private Ltd. を設立した。 インド市場でのタダノ製クレーンの販売拡大のみならず、インドからの輸出可能性も踏まえて、現地での設計・ものづくりによる競争力強化に取り組んだ。 高松市内に建設中であった香西工場は、建設用クレーンの生産能力拡大とともに生産性の大幅な向上を目指して、2019 年8月に稼働を開始した。 また、ブーム・シリンダ等の主要部品を海外生産拠点に供給する。 2019 年2月、米国Terex 社と、同社が所有するDemag ブランドのクレーン事業(本拠地ドイツ)の株式取得等に関する契約を締結し、同年7月31 日をもって買収を完了した。 同事業の買収により、オールテレーンクレーン事業の更なる拡充を図り、新たにクローラクレーンをタダノグループの製品ラインナップに加え、幅広い顧客ニーズに対応することが可能になる。 現在、12 の機能別クロスカンパニーチーム(CCT)を組成し、統合活動とベストプラクティスの実現に取り組んでいる。 なお、2019年度の連結財務諸表においては、同事業の貸借対照表(12 月末)及び損益計算書(8~12月)を連結している。 一方、2018 年1月19 日に公表した米国排ガス規制の緩和措置に関する自己申告については、現在、米国当局(環境保護庁・司法省)との協議が進行中。 協議の終了時期は見通せていないが、今後、開示が必要な事由が判明次第、適時適切に対応する。 なお、現在は、最も厳しい規制に適合するエンジンを搭載した建設用クレーンのみを販売しており、北米での販売に影響は出ていない。 また、海外向けも増加し、その結果、売上高は1,614 億5千4百万円(前期比106. 6%)、営業利益は170 億4千8百万円(前期比108. 4%)となった。 2)欧州 建設用クレーン売上は、Demag ブランドのクレーン事業買収によりドイツ子会社Tadano DemagGmbH を含む欧州7社を連結した結果、売上高は685 億5千3百万円(前期比159. 5%)となった。 同社の損失とドイツ子会社Tadano Faun GmbH の新モデル移行や品質対応に伴うコスト増により、営業損失は47 億2百万円(前期は11 億2千3百万円の営業損失)となった。 3)米州 建設用クレーンの需要が増加する中、拡販に注力し、売上高は591 億3千7百万円(前期比143. 0%)、営業利益は37 億1千9百万円(前期比243. 2%)となった。 4)その他 建設用クレーン需要が増加し、売上高は162 億2千6百万円(前期比105. 6%)となった。 インド子会社Tadano Escorts India の立ち上げもあり、営業損失は1千4百万円(前期は2億9千4百万円の営業利益)となった。 2%)となった。 海外向け売上は、すべての地域で増加し、1,029 億8千4百万円(前期比136. 8%)となった。 この結果、建設用クレーンの売上高は1,508 億1千8百万円(前期比128. 3%)となった。 2)車両搭載型クレーン 日本向け売上は、安全装置法制化と小型トラックの排ガス規制による駆け込み需要が年度前半で終息したが、拡販に注力し、202 億9千2百万円(前期比108. 8%)となった。 海外向け売上は、拡販に注力したものの、18 億7千万円(前期比93. 1%)となった。 この結果、車両搭載型クレーンの売上高は221 億6千2百万円(前期比107. 2%)となった。 3)高所作業車 高所作業車の売上高は、小型トラックの排ガス規制による駆け込み需要が年度前半で終息し、179 億8千6百万円(前期比98. 2%)となった。 4)その他 部品、修理、中古車等のその他の売上高は、369 億8千2百万円(前期比115. 9%)となった。 このような環境の中、タダノグループの海外拠点は、3月下旬から工場閉鎖や時短勤務を余儀なくされている。 また、今後は需要と供給の両面への影響が想定され、タダノグループの販売だけでなく生産への影響が懸念される。 以上により、2021 年3月期の通期連結業績予想については、新型コロナウイルスによる影響を適正かつ合理的に算定することが困難なため、現時点では未定とし、今後算定が可能となった時点で速やかに開示する。 *なお、タダノは、新型コロナウイルスの感染に配慮し、5月中旬に予定していた東京でのアナリスト決算説明会を中止した。 代わりに決算に関する動画の配信および同社サイトへの資料の掲載を、5月下旬に予定している。

次の

タダノ 株価 2ch 掲示板 6395 【株ドラゴン】

タダノ コロナ

9% 11:30現在 東証1部 上昇率2位 ネットワンシステムズが急反騰し、年初来高値を更新している。 23日の取引終了後に発表した21年3月期の連結業績予想で、売上高1900億円(前期比2.1%増)、営業利益170億円(同3.2%増)、純利益115億円(同13.6%増)と増収増益を見込み、また年間配当は前期比3円増の48円を予定していることが好感されている。 通信事業者市場で、MSP(マネージド・サービス・プロバイダー)も含めたサービス基盤ビジネスが堅調に推移する見通しのほか、前期に5G案件を獲得したパートナー向けビジネスが引き続き拡大する見通し。 売上総利益率や生産性改善の取り組みも寄与する見込みだ。 なお、20年3月期決算は、売上高1861億6900万円(前の期比6.5%増)、営業利益164億7600万円(同35.4%増)、純利益101億2400万円(同2.3倍)だった。 5% 11:30現在 東証1部 上昇率10位 カナミックネットワーク が急伸。 医療及び介護事業者向けクラウドサービスを主力に展開するが、23日取引終了後、新型コロナウイルスなどの感染症対策として屋内空間除菌装置「UVC エアクリーン manager」の販売を開始したことを発表、医療施設、介護施設、保育園・幼稚園、調剤薬局など幅広い業態で需要が見込まれることが予想され、これを手掛かり材料に投資マネーが流入している。 5% 11:30現在 タダノが続伸している。 23日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、営業利益が116億円から155億円(前期比2.1%減)へ、純利益が70億円から78億円(同31.9%減)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。 売上高が2280億円の計画に対して2279億円(同20.9%増)で着地とほぼ計画通りとなったことに加えて、日本向けの建設用クレーン、車両搭載型クレーン及び高所作業車の売価の改善や売上構成の変化に伴う原価率の改善が寄与した。 また、昨年7月31日に買収が完了したDemag(デマーグ)事業の棚卸資産評価損の減少や統合プロジェクト費用の圧縮などが利益を押し上げた。 6% 11:30現在 中外製薬が反発。 23日取引終了後、20年12月期第1四半期(1~3月)の連結業績が売上高1794億2400万円(前年同期比16.3%)、最終利益515億3300万円(同47.1%増)だったと発表しており、これを好材料視する買いが向かった。 国内でがん領域の新製品や主力品の販売が好調だった。 また、海外では血友病治療薬「ヘムライブラ」の通常出荷価格による親会社ロシュ(スイス)向け輸出を開始したほか、ロイヤルティ収入も大幅に増加した。 第1四半期業績が2ケタ増収増益と好調なスタートを切ったことが好感されたようだ。 なお、今期業績予想は売上高のみ(前期比7.8%増の7400憶円)開示している。 2% 11:30現在 NOKが続伸している。 23日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、売上高が6196億円から6271億円(前の期比6.3%減)へ、営業利益が95億円から112億円(同51.6%減)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。 電子部品事業の販売が伸びたことに加えて、不要不急の投資の見直しや経費削減施策などが奏功したという。 なお、最終損益は減損損失の計上で30億円の黒字から23億円の赤字(前の期34億1900万円の黒字)へ下振れた。 また同時に、従来未定としていた期末配当を12円50銭にすると発表した。 年間配当は37円50銭となり、前の期実績に比べて12円50銭の減配となる。 9% 11:30現在 ブイ・テクノロジーは続伸。 23日の取引終了後、中国大手ディスプレーメーカーから大型ガラス基板露光装置を約100億円で受注したと発表しており、これが好感されている。 同社によると、同装置の高い生産性と中国内での圧倒的な納入実績などが高く評価されたという。 なお、同件による21年3月期業績への影響は軽微であり、主に22年3月期の業績に寄与する見通しという。 1円 -7. 1 円 -1. 1% 11:30現在 国際石油開発帝石や石油資源開発は反落。 23日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の6月限が、前日比2.72ドル高の1バレル=16.50ドルに上昇した。 主要産油国の減産観測が強まっているほか、米国の経済活動が再開すれば原油に対する需要が回復するとの期待が出ている。 また、米国とイランの緊張が高まっていることも原油の見直し要因となった。 ただ、国際石開帝石など石油エネルギー株は軟調に推移。 全体相場が下落していることに加え、原油価格は当面、値の荒い展開が続くことが予想されるなか、上値の重い展開となっている。 3% ストップ高 11:30現在 FRONTEOが大幅高となっている。 同社はきょう、独自に開発した病気にかかわる重要な遺伝子や分子を可視化するAI(人工知能)システム「Cascade Eye」を利用し、新型コロナウイルス感染症に関するパスウェイマップ(遺伝子などの関係性をつないだもの)の構築に成功したと発表。 これが株価を刺激しているようだ。 同社によると、マップ上に示された分子や遺伝子に関する論文を解析することにより、既存薬の候補を探索することが可能で、既存薬のターゲットになっている分子も判明。 このパスウェイマップを治療薬の選定に利用してもらうため、広く製薬企業や公的機関などに公開するとしている。 また、今回の研究成果は、新型コロナウイルス感染症だけでなく、今後のウイルスパンデミック発生時に、より短時間での治療薬の候補選定にも有用だという。 5% ストップ高買い気配 11:30現在 エイアンドティーがストップ高カイ気配。 同社は臨床検査装置を手掛け、新規・更新需要が旺盛で足もとの業績は絶好調に推移している。 同社が23日取引終了後に発表した20年12月期第1四半期決算は営業利益が前年同期比4倍となる5億2500万円と急拡大、上期計画の4億8000万円を既に上回っており、これを材料視する買いが株価を気配値のまま押し上げている。 4% ストップ高 11:30現在 ウェルス・マネジメントは朝方から買いが集中し、ストップ高となっている。 23日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、最終利益が20億円から23億円(前期比14.2%減)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。 主に不動産金融事業における持ち分法適用関連会社の土地含み益にかかわる税効果会計で営業外収入が増加したことが要因という。 なお、売上高は120億円から132億円(同4.3倍)へ上振れたものの、営業利益は28億円から26億円(同3.5倍)へ下振れたようだ。 不動産金融部門の売り上げ増が寄与した一方、同部門で売り上げ計上を想定していた取り引きが営業外収入で計上されることになったことが響いたという。 3% 一時ストップ高 11:30現在 東証1部 上昇率トップ クボテックが急伸して一時、ストップ高の403円に買われている。 23日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、売上高が18億5000万円から18億8100万円(前の期比14.9%増)へ、営業損益が2億1000万円の赤字から2900万円の赤字(前の期7億4200万円の赤字)へ、最終損益が2億3000万円の赤字から1億100万円の赤字(同1億200万円の黒字)へ上振れて着地したようだと発表したことが好感されている。 採算を重視した製品戦略と国内向けなど付加価値の高い製品構成への移行、人件費を含む固定費削減効果などの取り組みが奏功したとしている。 4% 11:30現在 23日に業績修正を発表。 「前期経常を96%上方修正」が好感された。 かわでん [JQ] が4月23日大引け後 15:30 に業績修正を発表。 20年3月期の経常利益 非連結 を従来予想の5. 3億円 に96. 1%上方修正し、減益率が58. 0%減に縮小する見通しとなった。 8% 11:30現在 東証1部 上昇率3位 エイトレッドが続急伸している。 23日取引終了後に発表した20年3月期の経常利益(非連結)は前の期比20.2%増の5億8800万円で着地。 続く21年3月期も前期比10.5%増の6億5000万円に伸び、9期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。 今期は働き方改革の進展や新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、テレワークへの移行が加速するなか、大手・中堅企業向けワークフローパッケージ「AgileWorks」や中小企業向けサービス「X-point」クラウド版の導入が伸びる見込みだ。 併せて、今期の年間配当は前期比4円増の20円に増配する方針としたことも好感されている。 8% 11:30現在 明星電気は急伸している。 23日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、売上高が80億円から81億500万円(前期比21.8%増)へ、営業利益が4億円から5億7400万円(同97.3%増)へ、純利益が2億7000万円から4億100万円(同56.6%増)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。 気象防災事業における更新需要の回復や、新規市場の獲得などから受注が好調に推移したことが要因。 また、工程内の不具合解消による後戻りの減少や過年度開発案件の不具合による原価悪化要因の収束などが原価率の改善につながったとしている。 1% 11:30現在 東証1部 上昇率8位 シミックホールディングスが急伸。 23日の取引終了後、富士フイルム富山化学(東京都中央区)の抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」の新型コロナウイルス感染症患者を対象とした国内臨床第3相試験でモニタリング業務を提供しているほか、アビガンの製造を支援すると発表しており、これが好材料視されている。 アビガンは現在、国内外で新型コロナウイルス感染症の治療薬候補の1つとして、患者を対象とした臨床試験が行われているほか、日本政府は備蓄量を200万人分まで拡大することを決定している。 シミックHDでは、傘下のCRO(医薬品開発受託機関)であるシミックで臨床開発を支援しているほか、CDMO(医薬品受託製造開発機関)であるシミックCMOの国内主力工場で「アビガン」を製造し、「アビガン」の増産に協力するという。

次の