くっ ころ さん。 くっころ ノクターン・ムーンライト 作者検索

子供達「わー!女騎士様だ!『くっころ』やって!」女騎士「こ、こら・・・!」|エレファント速報:SSまとめブログ

くっ ころ さん

注意 覚え書きですので解説もほとんどないです。 環境により多少の差異があります。 OBSのプロファイルという機能を使えば、設定の切り替えができる。 例えば、配信と録画同時にする設定はこれで、配信しない代わりに録画を高画質でしたいときはこっちの設定を使うみたいなイメージ。 それがあることで、用途によって画質などの設定を変えたいときに毎回一から設定し直さなくて済む。 初期設定のままだとプロファイルは無題っていう名前になっている。 これだと非常にわかりにくいので、ニコ生配信用とか適当に名前を付けよう。 上部メニューのプロファイル>名前を変更>任意の名前を入力>OK 新しくプロファイルを作る方法は 上部メニューのプロファイル>新規or複製>任意の名前を入力>OK 設定を一から変えたい場合新規を使えばいいとは思うが、基本的には複製で変えたいところだけ変えるのがおすすめ。 使うプロファイルを変えるには 上部メニューのプロファイル>項目の下の方にある任意のプロファイルをクリック 注意 覚え書きですので解説もほとんどないです。 とりあえず細かいことはいいから録画したい!! っていう方向け 配信と同時に録画する場合などCPUに余裕がなく重いのであれば、適度に画質を下げましょう。 環境により多少の差異があります。 また、AMDグラフィックボードをご利用の場合、本記事では解説しきれていないので別のサイトを探すことをお勧めします。 オレンジ色の警告出てきても無視! 音声トラック:基本的には1だけにチェック 特別な理由がないなら複数チェックはやめたほうがいいかも。 実は試したことない! 記事にするなら試せよ!! エンコーダー: 使用できない場合、選択肢に出てきません。 ただ、 Nvidia搭載ノートパソコンでは表示されても使用できないのでご注意ください。 NVENC H. 264>QuickSync H. 264>H. 264 上の順番で各自で使えるものを選びましょう。 左が 優先度高。 負荷のことしか考えていない! ちゃんと知りたいなら、ちゃんとしたところを見に行くんだな!! 出力をリスケールする:チェックしない リスケール……リスは蹴るな!! カスタムマルチプレクサーの設定:特になし KMP!!! ぷれくさー! 以下はエンコーダーによって違うので、自分が選んだものを見よう!! 〇NVENC H. 264 レート制御:CQP 俗にいうビットレートの制御方法らしいぞ! 無損失だとファイルサイズが超ビッグ!! CQP:25 数値が低いと画質が上がる! あまのじゃくだ!! 素直になれ!!! キーフレーム間隔:0 早送り、巻き戻しのスムーズさに関係したりするらしいぞ! 自動で決めてくれ!! 自由に動いていいんだ! プリセット:高品質 この記事は低品質! 無駄な文章のせいで読みにくさがMAXだぜ!!! Profile:main I like yakiniku! Sorehodo Sukija Nakatta!! レベル:auto 次のレベルまであとどのくらい経験値が必要?? 教会にお告げを聞きに行こう!! 2パスエンコードを使用:チェックいれる もう覚えられてるから顔パスでは入れるぜ! シマウマのマスクかぶってるけど!! GPU:0 複数のGPUを積んでいる場合これで選べる! チョイス!! B-フレーム:2 進化キャンセルだ! BBBBBB 〇QuickSync H. 264 レート制御:CRF クリティカルランダムフライ! C・R・F!! CRF:23 数値が低いほど画質よくなるぜ! 大は小を兼ねない!! キーフレーム間隔:0 心の鍵はどこにある? CPU使用のプリセット:veryfast サラマンダーより、ずっと早い!! プロファイル:main まいん チューン: なし なし 可変フレームレート:チェックしない 変わらない魅力、変わらない景色、変わったのは自分だけだった x264オプション:特になし 何も書いていないのではない。 そこに無を書いているのだ.

次の

子供達「わー!女騎士様だ!『くっころ』やって!」女騎士「こ、こら・・・!」|エレファント速報:SSまとめブログ

くっ ころ さん

皆さん、こんばんは。 kitsouljpです。 本日10月26日は、9月1日から数えて56日目という事で9月56日となるから、956で「くっころになるんじゃね? 」と何の脈絡もなく閃いたので、こんな作品を作ってみました。 「幻想郷の少女達にくっころをさせて、それを見た霖之助さんはどんな反応を示すのか? 」というのをまとめてみた作品です。 一人あたま短くなるだろうからとにかくキャラの多さを重視した事と、1人1ページにした為ページ数が凄い事になっていますが、そこは御了承下さい。 見たいキャラが居る時は、キャプター機能を使いお好きなキャラで御覧下さい。 所謂、単発企画のような作品になってしまいましたが、それでもお付き合い頂ける方々、どうぞごゆっくり。 これ、結構いいですね。 ありがとう御座います。 [chapter:~導入~] 本作品を御覧の皆さん、こんばんは。 pixivユーザーkitsouljpです。 キャプションの部分でも書きましたが、本日10月26日は「くっころの日」になるんじゃない? と思い、こんな作品を作ってみました。 「幻想郷の少女達の『くっころ』を見た霖之助さんはどんな反応を示すのか」を纏めた作品です。 ピッタリ当てはまるキャラも居れば、くっころの「く」の字も当てはまらないキャラが出て来る事もあります。 兎に角、色々なバリエーションを作りたかったので、そういうキャラが出て来たとしても一つの可能性として流して下さると嬉しいです。 それでは、どうぞ!! [newpage] [chapter:八雲 紫の場合] 紫「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「・・・」 紫「ちょ、無視しないでよ!! 」」 霖之助「いや、君ら死なないだろう? 」」 一同『Hahahahaha!! 』 不可能な事を相手からやれって言われるって、どんな気分なんでしょうね? [newpage] [chapter:魂魄 妖夢の場合] 妖夢「くっ、殺せ!! 」 霖之助「分かった! 」 妖夢「えっ? 」 ザシュッ 結論:妖夢には情け容赦無し 妖夢「せ、折角、初めての真面な登場なのに・・・でも・・・何かイイ・・・ みょふん。 」 [newpage] [chapter:比那名居 天子の場合] 天子「くっ、殺しなさい!! wktk 」 霖之助「いや・・・何か嬉しそうな顔してるように見えるんだが・・・。 」 天子「殺すのがイヤなら、レ〇プでも良いのよ? キラキラ 」 霖之助「・・・」 天子にとってはどっちも御褒美だった・・・。 [newpage] [chapter:鬼人 正邪の場合] 正邪「くっ、殺せ!! 」 霖之助「・・・君がそう言うって事は、『殺すな』って事かい? 」 正邪「そうだよ!! 誰だって殺されたくないに決まってるじゃねぇか!! 」 霖之助「ややこしいな・・・。 」 正邪はこういう時でも、正反対の事を言うんでしょうか? [newpage] [chapter:西行寺 幽々子と村紗 水蜜と蘇我 屠自古と宮古 芳香の場合] 四人『くっ、殺せ 殺しなさい!! 』 霖之助「死んでる人を、どう殺せと・・・? 」 屠自古「・・・念仏とか? 」 霖之助「命蓮寺の住職にでも頼んでくれ。 」 幽々子「『殺す』を選ばないって事は・・・そういう事で良いのかしら? 」」」 霖之助「え・・・? ちょ、ちょっと待・・・うわぁぁぁぁ!! 」 幽々子様にかかれば、立場が逆になる・・・? この後、めちゃめちゃ5人でセ ry [newpage] [chapter:橙の場合] 橙「くっ、殺せ!! 」 霖之助「君の場合は、後が怖いね・・・。 」 橙「? 」 霖之助「君の保護者が・・・。 「ちぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!!! 」 霖之助「服はボロボロで、剣は折られて、盾は壊れて・・・臨場感が凄いな。 」 椛「まぁ、こういうのは形からかと・・・。 」 霖之助「もしよかったら、服を修繕してあげようか? 剣や盾も打ち直してあげよう。 」 椛「えっ? 良いんですか? 」 霖之助「今の君をそのままにするもの、忍びないしね・・・。 」 生真面目過ぎるのも考え物ですね。 でも、結果的には良かったかも? [newpage] [chapter:稀神 サグメの場合] サグメ『くっ、殺せ!! 』 霖之助「こんな時でも、筆談なんだね・・・。 」 サグメ『言葉にするわけにもいかないでしょ? 』 霖之助「ムードもへったくれも無いな・・・。 」 サグメ『で? どうするの? 』ニヤニヤ 霖之助「答えに困る質問をしないでくれ・・・。 」 実際に相手も痺れを切らしそうですね。 [newpage] [chapter:綿月 依姫の場合] 依姫「くっ、殺せ!! 」 霖之助「スゴいリアリティがあるけど、そもそも君をそこまで追いつめられる人なんて、そう居ないだろうね。 」 依姫「まぁ、そうかもしれないな・・・。 」 まさに、「言ってみたかった」だけ? [newpage] [chapter:風見 幽香の場合] 霖之助「くっ、殺せ!! 」 幽香「何で貴方がそっちなのよ!? 」 霖之助「君が言うセリフじゃないと思って・・・」 幽香「そう。 じゃあ、お望み通り殺してあげようかしら? [newpage] [chapter:パチュリー・ノーレッジの場合] パチュリー「くっ、殺しなs・・・ゴホッゴホッ」 霖之助「ちょっ! 無理しない方が・・・。 」 パチュリー「ゴホッ!! ゴホッ!! 」 霖之助「君の場合は、なんか見てると可哀想になるな・・・。 」 パチュリーの場合は身を守る手段になるかも・・・。 [newpage] [chapter:稗田 阿求の場合] 阿求「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「滑稽なほど似合わないね。 」 阿求「煩い!! 」 彼女は、非戦闘キャラですからね。 そんな事しないよ。 」 霖之助「無理はしなくて良い。 身の丈にあった事をすれば良いんだよ。 」 大妖精「・・・ハイッ!! 」 和むわぁ。 [newpage] [chapter:射命丸 文の場合] 文「くっ、殺せ!! 」 霖之助「だが、断る。 」 文「じゃあ、私に乱暴する気なんですね!! 」 霖之助「君にそんな事したら、新聞にある事無い事書かれるじゃないか・・・。 」 文「もう少し、『くっころ』を楽しみましょうよ・・・。 」 「清く正しい幻想郷の伝統的文屋 笑 」が相手では後が怖い・・・? [newpage] [chapter:ナズーリンの場合] ナズ「くっ、殺せ!! 」 霖之助「では・・・」 剣構え ナズ「え? ちょ、ちょっと待ってくれよ!! 」 霖之助「何だい? 」 ナズ「こういう時は、〇イプに移る物じゃないのかい? 」 霖之助「そんなのイヤだろう? 君なら性格的に、誇りを胸にしたまま討ち死にする方が良いんじゃないのかい? 」 ナズ「イヤ、君の方こそ私をヤレるチャンスは無いぞ!? このチャンスを逃すのかい? 」 霖之助「そんな事言われても・・・」 ナズ「はは~ん・・・君は、自分の股にいる亀に自信が無いんだな・・・? 」 霖之助「? 」 ナズ「そうかそうか。 その貧相な物を見られたくないが為に、拒み続けているんだな。 必死に。 」 霖之助「な、何だと・・・? 」 ナズ「いや~、済まなかったね。 その辺を理解してあげられなくて。 さぁ、ならば遠慮無く殺すが良いさ。 」 霖之助「・・・本当にそうか、試してみるかい・・・? 」 ナズ「・・・望むところだよ・・・。 」 この後、めちゃくちゃセ ry 二人共、負けず嫌いですからね。 多分、どちらかが降参するまで続くと思います。 [newpage] [chapter:わかさぎ姫の場合] わかさぎ「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「・・・お腹空いたな。 」グゥゥ わかさぎ「!? 」 霖之助「わかさぎの天麩羅・・・食べたいなぁ・・・。 」 わかさぎ「ヒッ!? 」 霖之助「いや、刺身も捨て難いな。 」 わかさぎ「あ・・・あぁ・・・」 霖之助「山椒醤油焼きもありか・・・? ねぇ、君はどう思・・・」 わかさぎ「いやあああぁぁぁぁぁ!! 食べられたくない~~~!!! 」 殺されるのは良くても、食べられるのはイヤ・・・基準は何なんでしょうね・・・? [newpage] [chapter:十六夜 咲夜の場合] 咲夜「くっ、殺しなさい!! 」 ぬぎぬぎ 霖之助「いや、何で脱いでるんだい? 」 咲夜「だってこの後、霖之助さんにレイ〇されるんでしょう? なら、脱がないと・・・」 霖之助「何でそっちが前提になってるんだい・・・? 」 瀟洒な彼女は、無駄な行動は一切しません。 でも、それが時として仇になる事も・・・。 [newpage] [chapter:豊聡耳 神子の場合] 神子「くっ、殺せ!! 」 霖之助「いや、そんなつもりは無いよ・・・。 」 神子「確かに君からは、殺〇欲も強〇欲も聞き取れないな・・・。 ある意味私や、命蓮寺の住職より聖人に向いてるんじゃないか・・・? 」 霖之助「 寧ろそれが普通なんじゃ・・・。 」 彼にあるのは、道具と本に関する欲だけでしょうねw [newpage] [chapter:四季 映姫・ヤマザナドゥの場合] 映姫「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「閻魔様にそんな事をする勇気はありません!! 」 ヤッた 殺った、犯った 瞬間に、「クロ」ですからね。 [newpage] [chapter:永江 衣玖の場合] 衣玖「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「えっ? イヤだよ・・・。 」 衣玖「じゃあ、私に非道い事を・・・? 」 霖之助「それもしないッ!! 」 衣玖「そこは空気を読んで下さいよ。 」 霖之助「空気を読んでやる事じゃ無いよ!! 」 実際、どっちもKYですがねw [newpage] [chapter:鈴仙・優曇華院・イナバの場合] 鈴仙「さぁ! 犯し〇下さい!! あと、それ伏せ字の意味無いから!! 」 鈴仙「えっ? 私からいけば良いんですか? 」 霖之助「ちっがーーーーう!! 」 霖之助「ふ、ふっふっふっ・・・こ、こんな上玉な女騎士を捕まえて、そんな無粋な事をするとでも・・・? 」 菫子「な、何をする気だ!? 」 霖之助「あ、貴女も子供じゃ無いなら、この後何をするかなんて、い、言わなくt・・・あ、噛んじゃった・・・。 」 ・ ・ ・ 菫子「もぅ・・・森近さん、また噛んじゃったんですか? 」 霖之助「僕に演技なんて無理だって・・・何なんだい? このシナリオは・・・。 」 菫子「何って・・・『くっころテンプレ集~完全版~』ですよ。 さぁ、この後色んなバリエーションがありますから、早くテイク4いきますよ。 」 霖之助「えっ? そんなに沢山やるのかい? 」 菫子「あと森近さん。 もう少し紳士的にやって下さい。 その方が後でゲスくなった時のギャップがありますから。 」 霖之助「 やれやれ・・・いつまでつき合わせれるんだ・・・? 」 彼女の場合、シナリオを書いて霖之助につき合わせそう。 でも、彼に演技なんて無理でしょうね・・・ 全パターン、平均テイク7~8は余裕でいきそうw。 』・・・だそうです。 」 霖之助「僕に、そっちの趣味は無いよッ!! 」 何故、彼の方に言わせたんでしょうか・・・? 逆を期待していた方々、すみません。 [newpage] [chapter:多々良 小傘の場合] 小傘「くっ、殺せ・・・って、そんな!! わちき、死にたくないよぅ!! 」 霖之助「 やはり、『くっころ』は知らなかったか・・・。 」 まぁ、彼女なら知らなくても不思議は無いですよね。 寧ろ、知らなくて良い。 [newpage] [chapter:上白沢 慧音の場合] 慧音「くっ、殺せ!! 」 霖之助「そんな事しないよ・・・。 」 慧音「くっ、殺せ!! 」 霖之助「いや、だからね・・・」 慧音「くっ、殺せ!! [newpage] [chapter:博麗 霊夢の場合] 霊夢「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「そんな事するわけ無いじゃないか・・・。 」 霊夢「・・・それは私が『博麗の巫女』だから・・・かしら? 」 霖之助「それは無い・・・と言えばウソになるかな・・・? でもね、そんな事はどうでも良いのさ。 僕にとっては、もっと重要な理由があるんだ。 」 霊夢「重要な・・・理由・・・? 」 霖之助「あぁ、この『森近 霖之助』、一個人としてね。 」 霊夢「えっ? そ、それって・・・ 」 霖之助「分からないかな・・・? 」 霊夢「え、えぇ。 分からないわ・・・ やっぱりここは、本人に言わせるべきよね・・・。 」 霖之助「ツケを完済される前に死なれるのは困るから、だよ。 」 彼にとっては切実な問題だとは思いますがw [newpage] [chapter:霧雨 魔理沙の場合] 魔理沙「くっ、殺せ!! 」 霖之助「安易に『殺せ』なんて言うもんじゃ無いよ!! 」 魔理沙「!? 」 霖之助「確かに君は昔から、自分より他人を優先するところがあったね。 だからこそ君はもう少し、自分を大事にするべきだよ。 君が死んだら、どれだけの人が悲しむと思う? 」 魔理沙「・・・」 霖之助「霊夢は勿論の事、アリスもそうだし、紅魔館の住人、成美君や妖精達もそうだ。 君は気付いて無いかもしれないけど、君を慕っている者は沢山いるんだよ。 」 魔理沙「・・・」 霖之助「きっと・・・言葉にはしないだろうけど、霧雨の親父さんもそうだし、その・・・僕だってそうさ・・・。 」 魔理沙「!! 」 霖之助「だから・・・そんな簡単に『殺せ』みたいな事は・・・言わないでくれよ。 お願いだからさ・・・。 」 魔理沙「本当か・・・? 」 霖之助「あぁ・・・本当さ。 」 魔理沙「香霖・・・。 済まない・・・そして、ありがとう・・・。 何でこうなったんだっけ? 」 一つ前と違って、霖之助さんが甘いです。 魔理沙の事になると、めちゃめちゃ真剣になります。 霊夢の事も大事には思ってるでしょうが、やはりここで少し格差が出ましたね。 霊夢さん。 もしよろしければ、一言どうぞ。 霊夢「解せぬ。 」 [newpage] [chapter:紅 美鈴の場合] 美鈴「くっ、殺せ!! 」 霖之助「・・・君が一番その気にさせられるな・・・。 」 美鈴「えっ・・・どうしたんですか? 霖之助さん! 様子がおかしいですよ・・・!? 」 この後、何があったかは御想像に御任せ致します。 [newpage] [chapter:茨木 華扇の場合] 華扇「くっ、ころ・・・ッケを沢山作ってしまったのですが、もしよかったら食べませんか? 」 霖之助「おや、良いのかい? じゃあ、ありがたく頂こうか。 」 華扇「くっ、ころ・・・助というキャラクターを御存知ですか? 」 霖之助「あぁ、早苗から聞いた事があるよ。 外の世界の人気アニメのキャラクターらしいね。 」 華扇「くっ、ころ・・・ンブスの卵って良い話だと思いません? 」 霖之助「確かにね。 簡単な事でも、最初にそれをやるのは難しい・・・なかなかに考えさせられるよ。 この後も、「くっ、ころ・・・ナビールって飲んだ事あります? 」とか「くっ、ころ・・・ンとか霖之助さんは使いますか? 」とかみたいな事やるんでしょうねw そんな彼女を霖之助さんは、生温かく見守っているようです 遠くから。 [newpage] [chapter:霍 青娥の場合] 青娥「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「・・・」 無言で剣構え 青娥「・・・本気ですか? 」 霖之助「君が言ったんじゃないか。 自分の発言には責任を持ちたまえ。 」 青娥「もし助けて下さるなら、私を好きにして良い・・・と言ったらどうします? 」 霖之助「邪仙の言葉に耳を貸すほど僕も甘くは無いつもりさ。 もう良いかい? なら・・・」 青娥「では・・・イヤでもその気にさせてあげましょう!! 」 霖之助「んぐッ!? 」 口移しで何かを飲ませた!! 青娥「んっ・・・ふぅ・・・」 霖之助「な、何を飲ませた・・・? 」 青娥「媚薬・・・ですわ。 私の仙術で作った非常に強力な・・・ね。 」 青娥「しかも即効性で、いくら貴方が半妖でも効果は絶大ですわ。 」 霖之助「ハァッ・・・ハァッ・・・!! 」 青娥「フフッ・・・そろそろ抗えなくなってきたようですわね。 」 霖之助「良いだろう・・・君の誘いに乗ってやろう・・・。 但し、僕をこんなにした責任は取って貰うぞ・・・」 青娥「え、えぇ・・・勿論ですとも・・・ あ、あれ? 何か、思っていたのと違う・・・ 」 霖之助「ハァッ・・・ハァッ・・・!! さぁ、問題です。 媚薬を盛られた霖之助さんはこの後どうするでしょうか? [newpage] [chapter:東風谷 早苗の場合] 早苗「くっ、殺せ!! 」 霖之助「イヤだ。 」 早苗「えっ、何でですか? 」 霖之助「なーんか君、裏で色々策略練ってそうな気がするんだよなぁ・・・」 早苗「!? 」 霖之助「例えば、僕が君に手を出したところで、守矢の二人が出てきて・・・」 早苗「ドキッ!! 」 霖之助「『早苗に手を出したな』とか『責任取って守矢に入れ』とか言われて・・・」 早苗「ギクッ!! 」 霖之助「気が付いたら守矢に婿入りしているとか・・・」 早苗「・・・ 滝汗 」 霖之助「・・・なんて事は無いと思うけど・・・って、ちょっと待ってくれよ。 『ドキッ!! 』とか『ギクッ!! 』って・・・」 早苗「い、いや、なんでもな・・・」 霖之助「まさか、本気で画策していたのか・・・? 」 早苗「・・・」 霖之助「失礼しよう・・・」 早苗「あっ、待って下さい!! 霖之助さん!! 」 諏訪子「やっぱり、無理があったかぁ・・・しっかし、意外に鋭いね、あいつ・・・」 神奈子「いや、元々無理しかなかったぞ・・・こんなの上手くいくわけ無いだろ・・・ これで上手くいったら、逆に不安だ・・・ 」 早苗さん、「くっころ」を利用して霖之助さんを守矢に取り込もうとしていたようです。 しかし、上手くいかなかったようですねw まぁ、当たり前ですがw [newpage] [chapter:リグル・ナイトバグの場合] リグル「くっ、殺せ!! 」 霖之助「何って・・・〇ンチョールだよ。 殺虫剤ってやつさ。 」 リグル「そんなの酷いです。 止めて下さい。 」 虫には効果絶大のような気もしますが・・・w [newpage] [chapter:アリス・マーガトロイドの場合] アリス「私が催眠? 在り得ないわ。 」 霖之助「いやいや、違うよ。 」 アリス「え? 何だったかしら? 」 霖之助「『くっころ』だよ。 『くっころ』。 」 アリス「あぁ、そうだったわね。 くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「やっぱり、君の場合は催眠の方が似合うね。 私も、彼女の場合先にこっちが出ますw [newpage] [chapter:八雲 藍の場合] 藍「くっ、殺せ!! 」 霖之助「いや、常識的で上客の君にそんな事・・・」 藍「フフフ・・・この後、店主殿に服をビリビリに破られて、あんな事やこんな事されて・・・」 霖之助「あ、あの・・・」 藍「その後『橙も呼べ! 普段真面目な分、頭の中ではこういうイケない事を考えていそうです。 我に返った後、ドン引き状態の霖之助さんを見て、どうするのでしょうか? [newpage] [chapter:驪駒 早鬼の場合] 早鬼「くっ、殺せ!! 」 霖之助「いや、誰がそんな事を・・・」 早鬼「私に恥をかかせる気か!? さぁ、早く殺 や れ!! 」 霖之助「・・・よくよく考えてごらん。 君の主が君の死を望んでいると思うのかい? 」 早鬼「!! ・・・太子様!! 」 霖之助「君にもしもの事があったら、一番悲しむのは彼女だよ。 彼女の為にも、そんな事を言ったりやったりするものじゃ無いさ。 」 早鬼「太子様・・・あぁ、太子様。 私は・・・私はなんて事を・・・お詫びに、太子様がお許し下さるまで絶食致します・・・」ズーン 霖之助「 しまったな・・・デリケートな所に触れてしまったか。 早く、彼女を連れて来よう。 」 「もう死んでるじゃん」というツッコミは無しでw 早鬼にとって神子は、もうある意味最終兵器ですね。 でも、やり過ぎると再起不能になるまで落ち込みそう。 しかし、彼女は知らない。 自身の主も、同じ事をしていた事に・・・w [newpage] [chapter:吉弔 八千慧の場合] 八千慧「くっ、殺せ!! 」 霖之助「僕が、そんな事をするとでも・・・? 」 八千慧「じゃあ、やっぱりやる事は、一つ・・・よね? 」 霖之助「君は何を言っているんだ・・・? 」 八千慧「ほらほら、遠慮しなくて良いのよ? 」 霖之助「 彼女は、自分が極道の組長って事を忘れてるのか・・・? 組長に何してくれとんのじゃ、ワレェ!! 」 八千慧「バカッ!! まだ早いわよ!! 」 カワウソ霊「えっ・・・あっ!! 」 霖之助「なるほど・・・美人局をするつもりだったのか。 」 八千慧「いや・・・あの・・・」 霖之助「もうちょっと、しっかり打合せしてからやるべきだったね。 じゃ、失礼。 」 八千慧「あっ、待って!! ・・・この落とし前、どう付けて貰おうかしら・・・? 」 ギロッ カワウソ霊「ひぃっ!! 組長、お許しを!! 」 「もう死んでるじゃん」とい ry 守矢と同じく、霖之助さんを取り込もうと美人局をしようとしたみたいですね。 しかし、全然連携が取れてません。 ある意味守矢以下です。 尤も、取れてたところで上手くいく可能性は、ミジンコ並みに低いですがw [newpage] [chapter:埴安神 袿姫の場合] 袿姫「くっ、殺せ!! 」 霖之助『くっくっくっ、僕がそんな事をするとでも? 』 袿姫「な、なにする気なの? 」 霖之助『そんなの・・・rapeに決まってるじゃないかーー!! 』ルパンダイブ 袿姫「きゃ~~、やめて~~~!! 」 ・ ・ ・ 霖之助「おい、クソ神。 何してる? 」 袿姫「あっ・・・もしかして、本物? 」 霖之助「もしかしなくても正真正銘、森近霖之助だよ。 それは・・・僕に似せて作った埴輪かい? なんでまたそんな物を・・・」 袿姫「いや、アンタがくっころに乗る筈も無いだろうから、いっそそっくりな埴輪作って、これにやらせようかと・・・」 リンノスケ『ヤァ、ボク、リンノスケ。 オ〇スゾ~、レ〇プスルゾ~。 』 袿姫「いや~ん、こわ~い。 」 霖之助「やめてくれ・・・僕がこんな事しているなんて、見ていて気分が良くない・・・」 埴輪などの偶像を作れる彼女は、霖之助さんそっくりの埴輪を作って疑似くっころプレイをするかもしれませんね。 因みに、同じ事はアリスでも出来そうですが、彼女の場合は催眠が先に浮かんだのでこちらを人形プレイ 笑 にしましたw [newpage] [chapter:杖刀偶 磨弓の場合] 磨弓「くっ、壊せ!! 」 霖之助「なるほど、君は埴輪だから『壊せ』ってわけか。 でも、僕は君にそんな事はしないよ。 」 磨弓「えっ? 」 霖之助「まず、僕は何より『道具』をいうものを大切にするからね。 道具を意味も無く壊すような事はしたくない。 」 磨弓「・・・」 霖之助「それ以前に、そんな事をしてしまえば僕は君を道具と見なしてしまったのも同然さ。 確かに君は埴輪だけど、自分の意思を持ってるし、感情もあるし、何より君を道具だなんて見たくない。 」 磨弓「・・・」 霖之助「僕は君を、『一人の心のある存在』とみているから。 壊す事もしなければ、殺すなんて事も絶対しないさ。 君は、香霖堂の顧客の中ではかなり真面と言う部類に入るしね。 また一人の少女が半妖の毒牙にかかりました。 ホンマ、そういうとこやぞ!! 因みに「真面な客」というのは、もし彼女が香霖堂の常連になったらどうなっているか、という私のイメージです。 [newpage] [chapter:後書き] 如何だったでしょうか? 依姫や椛といったハマリ役といったキャラから、大妖精や小傘のように全く似合わないキャラまで色々考えましたね。 我ながら、良くここまで出たと思います。 私的に良いなぁと思ったのは、美鈴ですかね? 外見といい、性格といい「くっころ」にマッチしてると思います。 私が書く鈴仙って、どうしていつもあぁなんでしょうね? やっぱり、兎だからでしょうか? これからも、浮かんだものがあれば随時更新していきます。 キャプションでもお知らせしますので、時折チェックしてみて下さい。 あと、「これが良かった」というのがあれば、是非コメントやメッセージでお聞かせ下さい。 それでは、最後まで読んで頂きありがとう御座いました!! pixivユーザーkitsouljpです。 キャプションの部分でも書きましたが、本日10月26日は「くっころの日」になるんじゃない? と思い、こんな作品を作ってみました。 「幻想郷の少女達の『くっころ』を見た霖之助さんはどんな反応を示すのか」を纏めた作品です。 ピッタリ当てはまるキャラも居れば、くっころの「く」の字も当てはまらないキャラが出て来る事もあります。 兎に角、色々なバリエーションを作りたかったので、そういうキャラが出て来たとしても一つの可能性として流して下さると嬉しいです。 それでは、どうぞ!! [newpage] [chapter:八雲 紫の場合] 紫「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「・・・」 紫「ちょ、無視しないでよ!! 」」 霖之助「いや、君ら死なないだろう? 」」 一同『Hahahahaha!! 』 不可能な事を相手からやれって言われるって、どんな気分なんでしょうね? [newpage] [chapter:魂魄 妖夢の場合] 妖夢「くっ、殺せ!! 」 霖之助「分かった! 」 妖夢「えっ? 」 ザシュッ 結論:妖夢には情け容赦無し 妖夢「せ、折角、初めての真面な登場なのに・・・でも・・・何かイイ・・・ みょふん。 」[newpage] [chapter:比那名居 天子の場合] 天子「くっ、殺しなさい!! wktk 」 霖之助「いや・・・何か嬉しそうな顔してるように見えるんだが・・・。 」 天子「殺すのがイヤなら、レ〇プでも良いのよ? キラキラ 」 霖之助「・・・」 天子にとってはどっちも御褒美だった・・・。 [newpage] [chapter:鬼人 正邪の場合] 正邪「くっ、殺せ!! 」 霖之助「・・・君がそう言うって事は、『殺すな』って事かい? 」 正邪「そうだよ!! 誰だって殺されたくないに決まってるじゃねぇか!! 」 霖之助「ややこしいな・・・。 」 正邪はこういう時でも、正反対の事を言うんでしょうか? [newpage] [chapter:西行寺 幽々子と村紗 水蜜と蘇我 屠自古と宮古 芳香の場合] 四人『くっ、殺せ 殺しなさい!! 』 霖之助「死んでる人を、どう殺せと・・・? 」 屠自古「・・・念仏とか? 」 霖之助「命蓮寺の住職にでも頼んでくれ。 」 幽々子「『殺す』を選ばないって事は・・・そういう事で良いのかしら? 」」」 霖之助「え・・・? ちょ、ちょっと待・・・うわぁぁぁぁ!! 」 幽々子様にかかれば、立場が逆になる・・・? この後、めちゃめちゃ5人でセ ry[newpage] [chapter:橙の場合] 橙「くっ、殺せ!! 」 霖之助「君の場合は、後が怖いね・・・。 」 橙「? 」 霖之助「君の保護者が・・・。 「ちぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!!! 」 霖之助「服はボロボロで、剣は折られて、盾は壊れて・・・臨場感が凄いな。 」 椛「まぁ、こういうのは形からかと・・・。 」 霖之助「もしよかったら、服を修繕してあげようか? 剣や盾も打ち直してあげよう。 」 椛「えっ? 良いんですか? 」 霖之助「今の君をそのままにするもの、忍びないしね・・・。 」 生真面目過ぎるのも考え物ですね。 でも、結果的には良かったかも? [newpage] [chapter:稀神 サグメの場合] サグメ『くっ、殺せ!! 』 霖之助「こんな時でも、筆談なんだね・・・。 」 サグメ『言葉にするわけにもいかないでしょ? 』 霖之助「ムードもへったくれも無いな・・・。 」 サグメ『で? どうするの? 』ニヤニヤ 霖之助「答えに困る質問をしないでくれ・・・。 」 実際に相手も痺れを切らしそうですね。 [newpage] [chapter:綿月 依姫の場合] 依姫「くっ、殺せ!! 」 霖之助「スゴいリアリティがあるけど、そもそも君をそこまで追いつめられる人なんて、そう居ないだろうね。 」 依姫「まぁ、そうかもしれないな・・・。 」 まさに、「言ってみたかった」だけ? [newpage] [chapter:風見 幽香の場合] 霖之助「くっ、殺せ!! 」 幽香「何で貴方がそっちなのよ!? 」 霖之助「君が言うセリフじゃないと思って・・・」 幽香「そう。 じゃあ、お望み通り殺してあげようかしら? [newpage] [chapter:パチュリー・ノーレッジの場合] パチュリー「くっ、殺しなs・・・ゴホッゴホッ」 霖之助「ちょっ! 無理しない方が・・・。 」 パチュリー「ゴホッ!! ゴホッ!! 」 霖之助「君の場合は、なんか見てると可哀想になるな・・・。 」 パチュリーの場合は身を守る手段になるかも・・・。 [newpage] [chapter:稗田 阿求の場合] 阿求「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「滑稽なほど似合わないね。 」 阿求「煩い!! 」 彼女は、非戦闘キャラですからね。 そんな事しないよ。 」 霖之助「無理はしなくて良い。 身の丈にあった事をすれば良いんだよ。 」 大妖精「・・・ハイッ!! 」 和むわぁ。 [newpage] [chapter:射命丸 文の場合] 文「くっ、殺せ!! 」 霖之助「だが、断る。 」 文「じゃあ、私に乱暴する気なんですね!! 」 霖之助「君にそんな事したら、新聞にある事無い事書かれるじゃないか・・・。 」 文「もう少し、『くっころ』を楽しみましょうよ・・・。 」 「清く正しい幻想郷の伝統的文屋 笑 」が相手では後が怖い・・・? [newpage] [chapter:ナズーリンの場合] ナズ「くっ、殺せ!! 」 霖之助「では・・・」 剣構え ナズ「え? ちょ、ちょっと待ってくれよ!! 」 霖之助「何だい? 」 ナズ「こういう時は、〇イプに移る物じゃないのかい? 」 霖之助「そんなのイヤだろう? 君なら性格的に、誇りを胸にしたまま討ち死にする方が良いんじゃないのかい? 」 ナズ「イヤ、君の方こそ私をヤレるチャンスは無いぞ!? このチャンスを逃すのかい? 」 霖之助「そんな事言われても・・・」 ナズ「はは~ん・・・君は、自分の股にいる亀に自信が無いんだな・・・? 」 霖之助「? 」 ナズ「そうかそうか。 その貧相な物を見られたくないが為に、拒み続けているんだな。 必死に。 」 霖之助「な、何だと・・・? 」 ナズ「いや~、済まなかったね。 その辺を理解してあげられなくて。 さぁ、ならば遠慮無く殺すが良いさ。 」 霖之助「・・・本当にそうか、試してみるかい・・・? 」 ナズ「・・・望むところだよ・・・。 」 この後、めちゃくちゃセ ry 二人共、負けず嫌いですからね。 多分、どちらかが降参するまで続くと思います。 [newpage] [chapter:わかさぎ姫の場合] わかさぎ「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「・・・お腹空いたな。 」グゥゥ わかさぎ「!? 」 霖之助「わかさぎの天麩羅・・・食べたいなぁ・・・。 」 わかさぎ「ヒッ!? 」 霖之助「いや、刺身も捨て難いな。 」 わかさぎ「あ・・・あぁ・・・」 霖之助「山椒醤油焼きもありか・・・? ねぇ、君はどう思・・・」 わかさぎ「いやあああぁぁぁぁぁ!! 食べられたくない~~~!!! 」 殺されるのは良くても、食べられるのはイヤ・・・基準は何なんでしょうね・・・? [newpage] [chapter:十六夜 咲夜の場合] 咲夜「くっ、殺しなさい!! 」 ぬぎぬぎ 霖之助「いや、何で脱いでるんだい? 」 咲夜「だってこの後、霖之助さんにレイ〇されるんでしょう? なら、脱がないと・・・」 霖之助「何でそっちが前提になってるんだい・・・? 」 瀟洒な彼女は、無駄な行動は一切しません。 でも、それが時として仇になる事も・・・。 [newpage] [chapter:豊聡耳 神子の場合] 神子「くっ、殺せ!! 」 霖之助「いや、そんなつもりは無いよ・・・。 」 神子「確かに君からは、殺〇欲も強〇欲も聞き取れないな・・・。 ある意味私や、命蓮寺の住職より聖人に向いてるんじゃないか・・・? 」 霖之助「 寧ろそれが普通なんじゃ・・・。 」 彼にあるのは、道具と本に関する欲だけでしょうねw[newpage] [chapter:四季 映姫・ヤマザナドゥの場合] 映姫「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「閻魔様にそんな事をする勇気はありません!! 」 ヤッた 殺った、犯った 瞬間に、「クロ」ですからね。 [newpage] [chapter:永江 衣玖の場合] 衣玖「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「えっ? イヤだよ・・・。 」 衣玖「じゃあ、私に非道い事を・・・? 」 霖之助「それもしないッ!! 」 衣玖「そこは空気を読んで下さいよ。 」 霖之助「空気を読んでやる事じゃ無いよ!! 」 実際、どっちもKYですがねw[newpage] [chapter:鈴仙・優曇華院・イナバの場合] 鈴仙「さぁ! 犯し〇下さい!! あと、それ伏せ字の意味無いから!! 」 鈴仙「えっ? 私からいけば良いんですか? 」 霖之助「ちっがーーーーう!! 」 霖之助「ふ、ふっふっふっ・・・こ、こんな上玉な女騎士を捕まえて、そんな無粋な事をするとでも・・・? 」 菫子「な、何をする気だ!? 」 霖之助「あ、貴女も子供じゃ無いなら、この後何をするかなんて、い、言わなくt・・・あ、噛んじゃった・・・。 」 ・ ・ ・ 菫子「もぅ・・・森近さん、また噛んじゃったんですか? 」 霖之助「僕に演技なんて無理だって・・・何なんだい? このシナリオは・・・。 」 菫子「何って・・・『くっころテンプレ集~完全版~』ですよ。 さぁ、この後色んなバリエーションがありますから、早くテイク4いきますよ。 」 霖之助「えっ? そんなに沢山やるのかい? 」 菫子「あと森近さん。 もう少し紳士的にやって下さい。 その方が後でゲスくなった時のギャップがありますから。 」 霖之助「 やれやれ・・・いつまでつき合わせれるんだ・・・? 」 彼女の場合、シナリオを書いて霖之助につき合わせそう。 でも、彼に演技なんて無理でしょうね・・・ 全パターン、平均テイク7~8は余裕でいきそうw。 』・・・だそうです。 」 霖之助「僕に、そっちの趣味は無いよッ!! 」 何故、彼の方に言わせたんでしょうか・・・? 逆を期待していた方々、すみません。 [newpage] [chapter:多々良 小傘の場合] 小傘「くっ、殺せ・・・って、そんな!! わちき、死にたくないよぅ!! 」 霖之助「 やはり、『くっころ』は知らなかったか・・・。 」 まぁ、彼女なら知らなくても不思議は無いですよね。 寧ろ、知らなくて良い。 [newpage] [chapter:上白沢 慧音の場合] 慧音「くっ、殺せ!! 」 霖之助「そんな事しないよ・・・。 」 慧音「くっ、殺せ!! 」 霖之助「いや、だからね・・・」 慧音「くっ、殺せ!! [newpage] [chapter:博麗 霊夢の場合] 霊夢「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「そんな事するわけ無いじゃないか・・・。 」 霊夢「・・・それは私が『博麗の巫女』だから・・・かしら? 」 霖之助「それは無い・・・と言えばウソになるかな・・・? でもね、そんな事はどうでも良いのさ。 僕にとっては、もっと重要な理由があるんだ。 」 霊夢「重要な・・・理由・・・? 」 霖之助「あぁ、この『森近 霖之助』、一個人としてね。 」 霊夢「えっ? そ、それって・・・ 」 霖之助「分からないかな・・・? 」 霊夢「え、えぇ。 分からないわ・・・ やっぱりここは、本人に言わせるべきよね・・・。 」 霖之助「ツケを完済される前に死なれるのは困るから、だよ。 」 彼にとっては切実な問題だとは思いますがw[newpage] [chapter:霧雨 魔理沙の場合] 魔理沙「くっ、殺せ!! 」 霖之助「安易に『殺せ』なんて言うもんじゃ無いよ!! 」 魔理沙「!? 」 霖之助「確かに君は昔から、自分より他人を優先するところがあったね。 だからこそ君はもう少し、自分を大事にするべきだよ。 君が死んだら、どれだけの人が悲しむと思う? 」 魔理沙「・・・」 霖之助「霊夢は勿論の事、アリスもそうだし、紅魔館の住人、成美君や妖精達もそうだ。 君は気付いて無いかもしれないけど、君を慕っている者は沢山いるんだよ。 」 魔理沙「・・・」 霖之助「きっと・・・言葉にはしないだろうけど、霧雨の親父さんもそうだし、その・・・僕だってそうさ・・・。 」 魔理沙「!! 」 霖之助「だから・・・そんな簡単に『殺せ』みたいな事は・・・言わないでくれよ。 お願いだからさ・・・。 」 魔理沙「本当か・・・? 」 霖之助「あぁ・・・本当さ。 」 魔理沙「香霖・・・。 済まない・・・そして、ありがとう・・・。 何でこうなったんだっけ? 」 一つ前と違って、霖之助さんが甘いです。 魔理沙の事になると、めちゃめちゃ真剣になります。 霊夢の事も大事には思ってるでしょうが、やはりここで少し格差が出ましたね。 霊夢さん。 もしよろしければ、一言どうぞ。 霊夢「解せぬ。 」[newpage] [chapter:紅 美鈴の場合] 美鈴「くっ、殺せ!! 」 霖之助「・・・君が一番その気にさせられるな・・・。 」 美鈴「えっ・・・どうしたんですか? 霖之助さん! 様子がおかしいですよ・・・!? 」 この後、何があったかは御想像に御任せ致します。 [newpage] [chapter:茨木 華扇の場合] 華扇「くっ、ころ・・・ッケを沢山作ってしまったのですが、もしよかったら食べませんか? 」 霖之助「おや、良いのかい? じゃあ、ありがたく頂こうか。 」 華扇「くっ、ころ・・・助というキャラクターを御存知ですか? 」 霖之助「あぁ、早苗から聞いた事があるよ。 外の世界の人気アニメのキャラクターらしいね。 」 華扇「くっ、ころ・・・ンブスの卵って良い話だと思いません? 」 霖之助「確かにね。 簡単な事でも、最初にそれをやるのは難しい・・・なかなかに考えさせられるよ。 この後も、「くっ、ころ・・・ナビールって飲んだ事あります? 」とか「くっ、ころ・・・ンとか霖之助さんは使いますか? 」とかみたいな事やるんでしょうねw そんな彼女を霖之助さんは、生温かく見守っているようです 遠くから。 [newpage] [chapter:霍 青娥の場合] 青娥「くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「・・・」 無言で剣構え 青娥「・・・本気ですか? 」 霖之助「君が言ったんじゃないか。 自分の発言には責任を持ちたまえ。 」 青娥「もし助けて下さるなら、私を好きにして良い・・・と言ったらどうします? 」 霖之助「邪仙の言葉に耳を貸すほど僕も甘くは無いつもりさ。 もう良いかい? なら・・・」 青娥「では・・・イヤでもその気にさせてあげましょう!! 」 霖之助「んぐッ!? 」 口移しで何かを飲ませた!! 青娥「んっ・・・ふぅ・・・」 霖之助「な、何を飲ませた・・・? 」 青娥「媚薬・・・ですわ。 私の仙術で作った非常に強力な・・・ね。 」 青娥「しかも即効性で、いくら貴方が半妖でも効果は絶大ですわ。 」 霖之助「ハァッ・・・ハァッ・・・!! 」 青娥「フフッ・・・そろそろ抗えなくなってきたようですわね。 」 霖之助「良いだろう・・・君の誘いに乗ってやろう・・・。 但し、僕をこんなにした責任は取って貰うぞ・・・」 青娥「え、えぇ・・・勿論ですとも・・・ あ、あれ? 何か、思っていたのと違う・・・ 」 霖之助「ハァッ・・・ハァッ・・・!! さぁ、問題です。 媚薬を盛られた霖之助さんはこの後どうするでしょうか? [newpage] [chapter:東風谷 早苗の場合] 早苗「くっ、殺せ!! 」 霖之助「イヤだ。 」 早苗「えっ、何でですか? 」 霖之助「なーんか君、裏で色々策略練ってそうな気がするんだよなぁ・・・」 早苗「!? 」 霖之助「例えば、僕が君に手を出したところで、守矢の二人が出てきて・・・」 早苗「ドキッ!! 」 霖之助「『早苗に手を出したな』とか『責任取って守矢に入れ』とか言われて・・・」 早苗「ギクッ!! 」 霖之助「気が付いたら守矢に婿入りしているとか・・・」 早苗「・・・ 滝汗 」 霖之助「・・・なんて事は無いと思うけど・・・って、ちょっと待ってくれよ。 『ドキッ!! 』とか『ギクッ!! 』って・・・」 早苗「い、いや、なんでもな・・・」 霖之助「まさか、本気で画策していたのか・・・? 」 早苗「・・・」 霖之助「失礼しよう・・・」 早苗「あっ、待って下さい!! 霖之助さん!! 」 諏訪子「やっぱり、無理があったかぁ・・・しっかし、意外に鋭いね、あいつ・・・」 神奈子「いや、元々無理しかなかったぞ・・・こんなの上手くいくわけ無いだろ・・・ これで上手くいったら、逆に不安だ・・・ 」 早苗さん、「くっころ」を利用して霖之助さんを守矢に取り込もうとしていたようです。 しかし、上手くいかなかったようですねw まぁ、当たり前ですがw [newpage] [chapter:リグル・ナイトバグの場合] リグル「くっ、殺せ!! 」 霖之助「何って・・・〇ンチョールだよ。 殺虫剤ってやつさ。 」 リグル「そんなの酷いです。 止めて下さい。 」 虫には効果絶大のような気もしますが・・・w[newpage] [chapter:アリス・マーガトロイドの場合] アリス「私が催眠? 在り得ないわ。 」 霖之助「いやいや、違うよ。 」 アリス「え? 何だったかしら? 」 霖之助「『くっころ』だよ。 『くっころ』。 」 アリス「あぁ、そうだったわね。 くっ、殺しなさい!! 」 霖之助「やっぱり、君の場合は催眠の方が似合うね。 私も、彼女の場合先にこっちが出ますw[newpage] [chapter:八雲 藍の場合] 藍「くっ、殺せ!! 」 霖之助「いや、常識的で上客の君にそんな事・・・」 藍「フフフ・・・この後、店主殿に服をビリビリに破られて、あんな事やこんな事されて・・・」 霖之助「あ、あの・・・」 藍「その後『橙も呼べ! 普段真面目な分、頭の中ではこういうイケない事を考えていそうです。 我に返った後、ドン引き状態の霖之助さんを見て、どうするのでしょうか? [newpage] [chapter:驪駒 早鬼の場合] 早鬼「くっ、殺せ!! 」 霖之助「いや、誰がそんな事を・・・」 早鬼「私に恥をかかせる気か!? さぁ、早く殺 や れ!! 」 霖之助「・・・よくよく考えてごらん。 君の主が君の死を望んでいると思うのかい? 」 早鬼「!! ・・・太子様!! 」 霖之助「君にもしもの事があったら、一番悲しむのは彼女だよ。 彼女の為にも、そんな事を言ったりやったりするものじゃ無いさ。 」 早鬼「太子様・・・あぁ、太子様。 私は・・・私はなんて事を・・・お詫びに、太子様がお許し下さるまで絶食致します・・・」ズーン 霖之助「 しまったな・・・デリケートな所に触れてしまったか。 早く、彼女を連れて来よう。 」 「もう死んでるじゃん」というツッコミは無しでw 早鬼にとって神子は、もうある意味最終兵器ですね。 でも、やり過ぎると再起不能になるまで落ち込みそう。 しかし、彼女は知らない。 自身の主も、同じ事をしていた事に・・・w[newpage] [chapter:吉弔 八千慧の場合] 八千慧「くっ、殺せ!! 」 霖之助「僕が、そんな事をするとでも・・・? 」 八千慧「じゃあ、やっぱりやる事は、一つ・・・よね? 」 霖之助「君は何を言っているんだ・・・? 」 八千慧「ほらほら、遠慮しなくて良いのよ? 」 霖之助「 彼女は、自分が極道の組長って事を忘れてるのか・・・? 組長に何してくれとんのじゃ、ワレェ!! 」 八千慧「バカッ!! まだ早いわよ!! 」 カワウソ霊「えっ・・・あっ!! 」 霖之助「なるほど・・・美人局をするつもりだったのか。 」 八千慧「いや・・・あの・・・」 霖之助「もうちょっと、しっかり打合せしてからやるべきだったね。 じゃ、失礼。 」 八千慧「あっ、待って!! ・・・この落とし前、どう付けて貰おうかしら・・・? 」 ギロッ カワウソ霊「ひぃっ!! 組長、お許しを!! 」 「もう死んでるじゃん」とい ry 守矢と同じく、霖之助さんを取り込もうと美人局をしようとしたみたいですね。 しかし、全然連携が取れてません。 ある意味守矢以下です。 尤も、取れてたところで上手くいく可能性は、ミジンコ並みに低いですがw[newpage] [chapter:埴安神 袿姫の場合] 袿姫「くっ、殺せ!! 」 霖之助『くっくっくっ、僕がそんな事をするとでも? 』 袿姫「な、なにする気なの? 」 霖之助『そんなの・・・rapeに決まってるじゃないかーー!! 』ルパンダイブ 袿姫「きゃ~~、やめて~~~!! 」 ・ ・ ・ 霖之助「おい、クソ神。 何してる? 」 袿姫「あっ・・・もしかして、本物? 」 霖之助「もしかしなくても正真正銘、森近霖之助だよ。 それは・・・僕に似せて作った埴輪かい? なんでまたそんな物を・・・」 袿姫「いや、アンタがくっころに乗る筈も無いだろうから、いっそそっくりな埴輪作って、これにやらせようかと・・・」 リンノスケ『ヤァ、ボク、リンノスケ。 オ〇スゾ~、レ〇プスルゾ~。 』 袿姫「いや~ん、こわ~い。 」 霖之助「やめてくれ・・・僕がこんな事しているなんて、見ていて気分が良くない・・・」 埴輪などの偶像を作れる彼女は、霖之助さんそっくりの埴輪を作って疑似くっころプレイをするかもしれませんね。 因みに、同じ事はアリスでも出来そうですが、彼女の場合は催眠が先に浮かんだのでこちらを人形プレイ 笑 にしましたw[newpage] [chapter:杖刀偶 磨弓の場合] 磨弓「くっ、壊せ!! 」 霖之助「なるほど、君は埴輪だから『壊せ』ってわけか。 でも、僕は君にそんな事はしないよ。 」 磨弓「えっ? 」 霖之助「まず、僕は何より『道具』をいうものを大切にするからね。 道具を意味も無く壊すような事はしたくない。 」 磨弓「・・・」 霖之助「それ以前に、そんな事をしてしまえば僕は君を道具と見なしてしまったのも同然さ。 確かに君は埴輪だけど、自分の意思を持ってるし、感情もあるし、何より君を道具だなんて見たくない。 」 磨弓「・・・」 霖之助「僕は君を、『一人の心のある存在』とみているから。 壊す事もしなければ、殺すなんて事も絶対しないさ。 君は、香霖堂の顧客の中ではかなり真面と言う部類に入るしね。 また一人の少女が半妖の毒牙にかかりました。 ホンマ、そういうとこやぞ!! 因みに「真面な客」というのは、もし彼女が香霖堂の常連になったらどうなっているか、という私のイメージです。 [newpage] [chapter:後書き] 如何だったでしょうか? 依姫や椛といったハマリ役といったキャラから、大妖精や小傘のように全く似合わないキャラまで色々考えましたね。 我ながら、良くここまで出たと思います。 私的に良いなぁと思ったのは、美鈴ですかね? 外見といい、性格といい「くっころ」にマッチしてると思います。 私が書く鈴仙って、どうしていつもあぁなんでしょうね? やっぱり、兎だからでしょうか? これからも、浮かんだものがあれば随時更新していきます。 キャプションでもお知らせしますので、時折チェックしてみて下さい。 あと、「これが良かった」というのがあれば、是非コメントやメッセージでお聞かせ下さい。 それでは、最後まで読んで頂きありがとう御座いました!!

次の

#東方 #10月26日はくっころの日? 【10月26日は】幻想郷の少女達の「くっころ」を見た霖之助の反応

くっ ころ さん

くっ…殺せ!とは、がにされる際の決まり文句である。 略して「くっ殺」もしくは「くっころ」。 概要 は系の物でがあり、総じて気の強いとして描かれている。 そうした気高さをったが性的に屈させられるを好む者は多く、官系の・や等では定番となっている。 具体的に言うと、醜悪な相手になを喫した後、・監禁等の仕打ちにより戦うを奪われ、為す術もなくされるといった有様における、の「性的な辱めを受けるくらいなら死んだ方がだ!」という衝動から発せられるであり、同時にこうした定番中の定番であるをとして簡潔に表した言葉でもある。 が広まったでは広義な使われ方もされており、とに限らず、「気が強く々しいが辱めを受けるくらいなら殺せと要する」と言う全般をす言葉になりつつある。 または、そういう事を言いそうな雰囲気のをして「くっ殺感がある」などと言う。 具体的にいつ、どこで発祥したなのかは不明だが、後半には既にの存在が確認されており(関連参照。 ただし登場しているのはではなく戦中のの)、の頃には上でにされたことが確認されている。 の氏がだという噂もあったが、これは 何故か本人が否定した。 く、「私のは生への執着が強いから自ら『殺せ』とは言わない」とのこと。 (類似品)•

次の