猫 毛色 性格。 宠物猫的毛色是可以判断猫咪性格的!

猫の性格は毛柄で決まる? 大学で調査 飼い主との相性も

猫 毛色 性格

我が家の猫は黒猫です。 性格はどちらかと言えば穏やかで、人間も大好き。 お客さんが来れば一応顔を出して確認し、未だに威嚇したことはありません。 しかし以前飼っていた猫は、白ベースに灰色が混じったような毛色の猫でしたが、かなり気性が激しく、女王様タイプの性格でした。 気に入らないことがあれば威嚇し、飼い主以外には懐くことが無かったのです。 猫は同じ母親から生まれた兄弟であっても、毛の色や性格が異なることが分かっています。 ということは、毛の色でもある程度の性格は見分けることができるのかもしれません。 そこで今回は、毛の色で見る猫の性格について紹介します。 猫の性格はどうやって決まるの? 猫の性格は、毛の色である程度分類できるとも言われていますが、必ずしも毛の色だけで性格が決まるわけではありません。 さまざまな要素が組み合わさって、猫の性格は決まるのです。 生後半年までの生活環境 猫の性格は、生後半年までの生活環境で大きく左右されます。 生後半年までの子猫は、どんなことでも興味を持ち、一番多感な時期でもあるのです。 この時期に人と触れ合ってスキンシップをたくさんとると、人を信頼して人懐っこい猫になります。 反対に子猫の間、全く人間との関わりを持たずに生活してきた猫は、大人になっても人間を警戒するのです。 以前飼っていた猫は、生後数日で保護して我が家にやってきましが、飼い主以外の人間と関わることがほとんどなかったため、家族以外の人には一切懐くことはありませんでした。 遺伝 猫の性格は生活環境だけでなく、遺伝の要素も強いと言われています。 猫の遺伝はとても複雑で、兄弟であっても全く違う毛色の猫が生まれることも珍しくはありません。 実は猫は一度に複数のオス猫の子どもを妊娠することもあるため、毛色や性格が全く違う子猫が生まれてくるのです。 また猫の性格は、父親からの遺伝子が大きく受け継がられることが分かっています。 父親が神経質なら子どもも神経質な猫になり、ボス猫なら子どももボス猫気質の性格を引き継ぐのです。 栄養状況 猫の性格は、妊娠中の母猫の栄養状況によっても左右されると言われています。 また生後6週齢まで子猫の栄養を制限すると、発育不全が起こるという研究結果もあり、この時期にしっかりと栄養を取らなければ学習能力も運動能力も乏しくなり、協調性の無さや極度の怖がり、攻撃性など、情緒的に不安定な傾向が強く見られるようになるのです。 スポンサーリンク 猫の毛色から見る性格 実は猫の毛色と性格は必ずしも一致するとは限りません。 とは言え猫の毛色は、性格形成に何らかの影響を持っている可能性が強いという考えも多くあります。 そこでよく見かける猫の毛色から、性格の特徴を確認してみましょう。 三毛 三毛猫のほとんどはメス猫です。 日本猫らしい模様で、3色の毛色を持っています。 性格はプライドが高く、頭も良く、気分屋の子が多く、べったり甘えてきたかと思えば、急にそっぽを向いて見向きもしないなんてことも…。 警戒心も強いため、慣れるまでは時間がかかる猫も多いのが特徴です。 白 エレガントな白猫は、気が強くときに神経質。 飼い主への独占欲が強く出ることもありますが、基本的にはクールな性格です。 頭が良い白猫は、飼い主との適度の距離を置いて付き合う子も多く、飼い主が「気難しい猫」と感じることもあるのではないでしょうか。 黒 一見クールなイメージがある黒猫は、実はかなりフレンドリーな性格です。 周りの人間や飼い主、環境をよく観察して空気の読める猫とも言えるかもしれません。 もちろん人間だけでなく、他の猫ともうまくやっていけるタイプの性格を持ち合わせています。 キジトラ キジトラはこげ茶色のトラ模様をしている猫です。 人間が大好きな子も多く、慣れればお腹を見せて甘えてくれることもあります。 キジトラは、猫の先祖であるイリオモテヤマネコの血を特に強く受け継いでいるともいわれており、野性味が強いのも特徴です。 サバトラ サバトラはグレーの毛色に縞模様が入っている猫です。 サバトラ性格は、陽気でフレンドリーか、神経質で警戒心が強いか、両極端になる傾向あります。 白い毛の部分が多い猫ほど、神経質になりやすいとも言われています。 茶トラ 茶トラはオスが多いとことをご存知ですか。 そのためか、男の子らしいやんちゃな甘えん坊の性格が特徴です。 本当は恐がりだけど、弱みを見せたくなくて強気に出たり、逆に友好的だったり、不器用なタイプの性格と言えるかもしれません。 その性格から、見ていて飽きないのも茶トラの特徴です。 オスとメスでも性格は違う 猫は毛色だけでなく、オス・メスでも性格が異なります。 では、オスとメスではどのような性格の違いがあるのか確認してみてください。 オス猫の特徴 オス猫はメス猫よりも体が大きくなる傾向があります。 オス猫は基本的に活発な子が多く、遊び上手と言えるのではないでしょうか。 また去勢したオス猫は、大人になっても甘えん坊の子が多く、去勢していない猫は大人になるにつれて頑固な性格になるとも言われています。 メス猫の特徴 メス猫は女性特有の気分屋でプライドが高く、行動が読めない子が多いのが特徴です。 そのため今まで一緒に遊んでいたのに、急にそっぽを向いてしまうことも珍しくはありません。 猫らしく、少しわがままでお高くとまった部分がメス猫の特徴ともいえるのではないでしょうか。 まとめ 猫の性格は毛色だけでなく、生活環境や性別でも大きく異なります。 さらに猫の毛色や模様は複雑で、必ずしも毛色の性格に一致するとも限りません。 今飼っている猫は黒ですが、完全に真っ黒ではありません。 よく見ると頭の部分にはトラ模様が入っていて、お尻の一部分は白い毛が生えています。 以前飼っていたネオは白ベースにうっすらサバトラ模様が所々に入った猫でした。 しかし、ベースの毛色 黒 から性格を見ると当てはまる部分が多くあるのも事実です。 以前飼っていた猫は白ベースにうっすらサバトラが入った毛の模様でした。 性格も神経質だったので、これも当てはまっています。 猫の毛色は、基本的な性格を判断する手掛かりにはなるのではないでしょうか。 猫の性格を知りたいときに、参考にしてみてくださいね。

次の

毛の色でわかる猫の性格@あなたの飼い猫は白?黒?キジトラ?

猫 毛色 性格

猫は毛柄ごとに性格が違うと言われます。 でも、本当でしょうか? それを真面目に調べた研究があります。 その調査を指導した元東京農業大学教授で、『トラねこのトリセツ』(東京書籍)などの監修がある動物学者の大石孝雄さんに説明してもらいました。 飼い主との相性についても傾向があるそうです。 調査は、東京農業大学で首都圏の飼い猫244匹を対象にして飼い主にアンケートして、2010年にまとめたそうです。 「おとなしい」「おっとり」「甘えん坊」「気が強い」など17項目について、それぞれ5段階で評価してもらったものです。 茶トラ、茶トラ白、キジトラ、キジトラ白、ミケ、サビ、黒、黒白、白の9種類に分けて、平均値を出しました。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いと考えられるそうです。 茶トラなど、猫の毛柄と性格。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いという(「トラねこのトリセツ」から) ミケなど、猫の毛柄と性格。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いという(「トラねこのトリセツ」から) 「穏やかな茶トラ」は初心者向き トラ柄は毛色によって性格が少し異なるといいます。 中でも「茶トラ」はフレンドリーで飼いやすいようです。 「トラの毛柄に共通するのは『甘えん坊』な面です。 茶トラはわかりやすい結果で、『おとなしい(3. 6)』『おっとり(3. 6)』『温厚(3. 3)』が、他の毛柄に比べて高く、『攻撃的』な面が一番低い。 穏やかな『茶トラ』は初めて飼う方に向きそうですね」 トラの中でも「キジトラ」は原種とされるリビアヤマネコに似ていて、野生の本能がもっとも色濃く残っているといわれます。 好奇心旺盛といわれるキジトラ白 「キジトラとキジトラ白は、『人なつこい』『好奇心旺盛』『賢い』面が目立ちます。 キジトラの毛柄は、身を隠すのに好都合で自然界で生き延びやすく、ハンターとしても優れています。 その利点がイエネコにも引き継がれたのでしょう。 ただし、茶トラ同様『食いしん坊』なので肥満しやすい面も。 サバトラのデータはありませんが、経験から、キジより消極的な場合が多いようです」 ちなみに野良猫と放し飼い猫の調査では、510匹のうち約55%がトラ猫で、キジ(白含む)は164匹、茶トラ(白含む)は107匹。 キジとトラの比較ではキジが倍(74:36)で、キジトラは全体でも32%を占めたといいます。 お嬢様気質だとされるミケ 「ミケはお姫様、白猫は賢い」 ミケは遺伝子の仕組みからほぼメスに限られ、オスは3万匹に1匹しか生まれないとされています。 「ミケは人の好き嫌いがはっきりしていてマイペースなタイプが多い気がします。 『甘えん坊』や『賢さ』が目立つ一方で、『気が強い』面も。 わが家でもミケはパンチが得意で、猫からも人からも一目置かれる存在(笑)。 毛柄の遺伝子から見るとミケに近いのがサビ(茶と黒のニケ)で、この毛柄もほぼメスのみ。 サビはミケよりわがままで、『臆病』な傾向があります。 「全体的にキジの結果と似ていて、ある意味、猫らしい猫、と言えるでしょう。 口元にハートがあったり頭にかつらのような模様があったり、模様の大きさの違いが性格に影響を及ぼします。 白い部分が多いブチ猫は、単色の白猫の性質に似ているかもしれません」 同じ単色でも、白猫と黒猫では性格に違いがあるそうです。 「白猫で目立つのは『賢い』こと。 自然界で、目立つ白い色で生き残るためには、慎重さ=賢さが必要なのかもしれません。 同じ単色でも黒猫は『甘えん坊』な子が多いようです。 黒猫はもらい手探しが大変という話も聞きますが、一度飼うと魅力にハマるようです。 幸運のお守りという説もありますよ」 自然界で生き延びるために賢くなった?白猫 人との相性もそれぞれ 飼い主のライフスタイルによって、合う猫と合わない猫がいるそうです。 「たとえば1人暮らしや共働きなどで一緒にいる時間が少ない場合は、活発すぎる猫より、おっとりした傾向の猫と暮らすほうが良いのかもしれませんね。 臆病で神経質な傾向の猫は、騒がしい環境よりは静かな家の方が向くでしょう」 猫の性格によって、飼い主に求められる資質もあるそうです。 「甘えん坊な性格の猫とは、しっかりコミュニケーションをとってあげてください。 気分屋の猫の相手をするには、飼い主さんにもある程度の余裕が必要かもしれませんよ」 個々の猫が持つ性格を見きわめて飼い始めることも可能です。 また、猫の毛柄と性格の関連性については、色素を形成する遺伝子と感覚機能や行動、神経機能に関わる遺伝子との関係などが推測されていますが、詳しく解明されているわけではないそうです。 【関連記事】 ・ ・.

次の

猫は毛の色や模様で性格が違うの?茶トラ猫ってこんな子!

猫 毛色 性格

猫はいつでも自由気ままでマイペース、クールで気まぐれなイメージですよね。 病院にはたくさんの猫が来ます。 いろんなおうちでいろんな生活をしている猫たちをみていると、その性格のバラエティの多さは人と同じ、「十猫十色」! そんな中(多面性を持った「性格」を一言で表すのは非常に難しいですが)、同じ毛色・柄を持つ猫にはどうやら似通った部分が多いようです。 もちろん、毛色だけで性格は決まりません。 よく言われている毛色と性格の関係、おうちの猫ちゃんが当てはまるかどうか、比べてみてもおもしろいですね。 キジトラ クールな猫! キジトラはこげ茶と黒の縞模様で、猫の中でも猫の祖先リビアヤマネコに近く、身を隠すのに有利な色といわれています。 そのため、ほかの毛色の子よりも比較的運動能力が高く、猫らしく用心深い子が多いといわれています。 どんな人が飼育に向いている? キジトラはべったり甘えん坊な子は少ないといわれる為、構われすぎることを嫌がることがあるかもしれません。 猫と着かず離れずの適度な距離を保てる人が好きなようです。 茶トラ 日本では一番人気?! 茶トラは英語ではorangeと呼ばれています。 柔らかいオレンジ色と、温厚で人懐っこくとにかく明るい性格が人気で、タレント猫としてもよく起用されています。 遺伝子の関係で雄が多いようで、オスとメスの比率は約オス:メス=8:2なのだそうです。 どんな人が飼育に向いている? 茶トラは基本的に甘えん坊さんが多いようです。 また、警戒心は高くない一方、小心者でもあるのでストレスをため込みやすいかもしれません。 黒猫 黒猫は、その名の通り黒一色です。 ただ、よくみると毛の根元が茶色だったりグレーだったり、うっすら縞模様が入っていたりおなかに白い部分があったりと、実は様々です。 昔から日本では「黒猫は福猫」として重宝がられ、ジブリ映画の「ジジ」のように猫のキャラクターとして起用されることも多く、人気です。 一見クールでミステリアスに見える黒猫ですが、おとなしくて甘えん坊、周囲をよく観察していて頭がよいといわれます。 よくなつくので、猫を初めて飼うかたにも、黒猫は飼いやすいかもしれません。 どんな人が飼育に向いている? いたずらっこで遊び好きなので、一緒に遊んであげるととても喜びます。 観察力の高さは警戒心からくるかもしれません。 環境の変化には気を使ってあげられるといいですね。 サバトラ 魚のサバのようなグレー(銀色)と黒の縞模様を特徴とする猫が、通称サバ猫(サバトラ猫)です。 有名なアメリカンショートヘアのシルバータビーも銀色と黒の模様ですが、おなかを横から見たときにまるで「目」のような渦巻がみられるのが特徴です。 サバトラの猫は、キジトラの猫を起源とする説が有名です。 性格はさまざまですが、茶色ベースのキジトラより目立つために敵に狙われやすかったからか、 警戒心を研ぎ澄ませて身を守る性格と、 人間の懐に入り守ってもらうチャッカリな性格に分かれたといわれています。 どんな人が飼育に向いている? キジトラと同じように適度な距離感を保てる環境がよいかもしれません。 人懐っこいからといってあまり構いすぎるとストレスを与えてしまうかもしれません。 三毛猫 白・茶・黒の三色の毛色を持つ猫のことを「三毛猫」といいます。 日本ではよく見かける毛色ですが、海外では「キャリコ」といわれ珍しいようです。 毛色の模様によって「三毛」「トビ三毛」「シマ三毛」など名称が異なり、また色も茶色ではなくクリーム色やオレンジ色といったバリエーションも様々あります。 この3色の毛色が現れるのはほとんどメスです。 三毛のオスが生まれる確率は三万匹に一匹の突然変異といわれ、日本では古くから「災いから身を守る」と言い伝えられています 三毛猫は、お嬢様気質で、気が強く、ミステリアスな性格なのでそのツンデレ感が人気です。 まさに「猫らしい」猫です。 どんな人が飼育に向いている? プライドが高い一方でツンデレな性格なので、とにかく猫らしさを求める人にはお勧めです。 ハチワレ(黒白) 頭頂部から鼻にかけて漢字の「八」のように黒と白で色が分かれている模様で、英語では「タキシード」とよばれます。 日本では末広がりの「八」で、縁起が良いとも言われています。 きれいに左右対称の子もいれば、七三分けの子、あご髭やちょび髭を伴っている子と、表情にバリエーションがあり人気です。 一般的に、白の部分が多いほど気が強く、黒が多いと穏やかと言われています。 遊び好きで誰にでもなつき、ただ落ち着きがなくおっちょこちょいな面もあります。 どんな人が飼育に向いている? 協調性が高いといわれるハチワレ猫は、元気なお子さんがいるご家族でにぎやかに過ごすのも苦手ではないと思います。 また、ほかの猫とも仲良くやっていけるので多頭飼育に向いているかもしれません。 さびネコ さび柄の猫も三毛と同様にほとんどがメスです。 サビ猫とは、黒、茶色、焦げ茶色が混ざった色で、猫によって色の散らばり方が全く異なるので、とても個性的です。 英語ではtortoiseshell 亀の甲羅 と呼ばれています。 見た目がちょっぴり怖そうに見えるサビ猫ですが、実はとてもかしこく社交的です。 三毛のようにほとんどがメスですが、ツンデレというよりは甘え上手なようです。 どんな人が飼育に向いている? 社交的で優しい性格から、猫を初めて飼う方にもおすすめですし、複数の猫ともうまく過ごせるでしょう。 白 白猫は、見た目が優雅で美しく、人気のある毛色です。 よく見ると一部だけ模様があったり、耳の先だけ茶色かったりする猫もいます。 気が強くクールな一方、繊細な性格の子が多いようです。 左右で目の色が異なる「オッドアイ」は、白猫の25%にしかみられない珍しい個体で、純血種では「カオマニー」というタイの王室に代々伝わる猫として有名です。 どんな人が飼育に向いている? 自立したその性格から、あまり構いすぎずお互いに一定の距離をおくことができる人が向いているでしょう。 また、警戒心が強いので安心できるスペースを確保してあげるとストレスを減らしてあげられるかもしれません。 猫の毛色は、色や模様、長さや毛質を決めるための何種類もの遺伝子が複雑に関わり合うことで決まっていきます。 同じ父猫と母猫から生まれた兄弟猫でも、みんなそれぞれ違う色や柄をしていることも珍しくありません。 人と同様いろいろな環境や経験で個性が育つ猫。 毛色と性格は必ずしも一致するわけではありませんが、これから猫を初めて飼う方、すでに猫を飼っているけど新たに猫を迎える方は、相性を考える参考にしてみてもいいかもしれませんね。 そんな、猫の手相の解説をした本も出ているんだとか・・・一度ご覧になってみると面白いですよ!.

次の