コスモス 冷凍 食品。 ドラッグストアコスモスでオススメの冷凍食品7選

マツコ絶賛の冷凍食品ランキング!マツコの知らない世界

コスモス 冷凍 食品

個人的にお気に入りのファミレスといえば『 ジョイフル』です。 「ガストの宅配」を時々利用していますが、どっちを選ぶかといえば、『ジョイフル』になります。 そもそも田舎なのでファミレスの選択肢自体が少ないことも影響しているかもしれませんけど・・・。 『ジョイフル』でお気に入りなのが、 「 ペッパーハンバーグ」なんです。 メニューで言えば「ハンバーグと若どり南蛮」は自分の中で定番のコンビ。 笑 そんな『ジョイフル』に行くたびに思うことが・・・ 「ガストみたいに宅配があったらすごく嬉しい」 ってことなんです。 正直なところ、限定メニューとかは別にして、定番のハンバーグメニューという点では、明らかにガストよりジョイフルの方が好きだったりします。 そんな思いもあって『ジョイフル』のハンバーグを家でもたまには食べたいなというところなのですが・・・。 実は『ジョイフル』では冷凍食品としてお店のハンバーグを小ぶりなサイズにして一般発売しています。 ただ、地元のスーパーとかでは見かけたことがないんです。 それもそのはず、ジョイフルの冷凍ハンバーグは、九州でチェーン展開されている「マックスバリュー」で販売されています。 だからその他のエリアでは購入できません・・・。 しかしこのたび西日本で展開しているディスカウントドラッグストアの 「 コスモス」での取り扱いがスタートしたのです。 (2018年5月7日より) 自分の生活エリアに「マックスバリュー」はありませんが、「コスモス」はけっこう複数あります。 (よく利用しています) そこで近所の「コスモス」に寄ってみると『ジョイフル』の冷凍ハンバーグがたしかにありました! 価格は税込みで198円! なんの躊躇もなく購入。 といった感じで、今更感があるかもしれませんが、個人的には初見なので『ジョイフル』の冷凍ハンバーグを実際に食べてみた話をさせてもらいたいと思います。 ジョイフル『Jハンバーグ』の内容 ファミレス『ジョイフル』が世に送り出した冷凍ハンバーグの名称は、公式サイト上では『 Jハンバーグ』となっていました。 商品パッケージには『 ジョイフルのハンバーグ』とそのままの名称になっていますが、このあたりはどちらでもよい感じかと。 苦笑 「コスモス」で販売していたのは、 「Jチーズインハンバーグ(トマトソース付き)」と 「Jハンバーグ てりやきソース(ペッパー付き)」の2種類のハンバーグでした。 ちなみにジョイフルが発売している冷凍ハンバーグは全4種類 (2018年5月10日現在)で、後の2つはチーズがないのとペッパーがないのっていうだけの違いだったりしますので、あくまでソースはトマトとてりやきになります。 注目はなんといっても、冒頭でもお気に入りとお話した「ペッパーハンバーグ」です。 てりやきソースに加えてペッパーがついた方が気になって仕方ない。 笑 ということで、まず 『Jハンバーグ てりやきソース(ペッパー付き)』の内容ですが、そのままです。 ハンバーグ、てりやきソース、ペッパー、以上3点です。 一方の 「Jチーズインハンバーグ(トマトソース付き)」もそのまま。 チーズがインしたハンバーグとトマトソースというシンプルな内容となっています。 それではさっそく<調理〜実食>へ・・・ Jハンバーグの調理方法 『ジョイフル』の冷凍ハンバーグ、「Jハンバーグ」の調理方法ですが、パッケージの裏面に記載がありますが、冷凍状態だけにまず解凍する必要があります。 解凍は「冷蔵庫」の場合で約10時間。 電子レンジで解凍する場合は、200Wで2分、150Wなら3分10秒となっています。 解凍してからフライパンで焼き上げる必要がありますので、レンジでチンというわけにはいかないタタイプになります。 苦笑 表裏を焼いたら、ソース(てりやきはペッパーも)をかけて完成です。 ソースはハンバーグを焼いている間にお湯に入れて温めておきます。 ジョイフルの冷凍ハンバーグ、お店と同じ味? ということで焼きあがった『ジョイフル』の冷凍ハンバーグですが、今回は衝動買いみたいになってしまったので、ハンバーグの添え物にまで頭がま回らず、とりあえず冷蔵庫にあったレタスのみなので見た目は微妙です。 でもハンバーグそのものの見た目は、たしかにお店のと変わらない気がします。 早速、ナイフを入れてみると肉汁があふれ出てきます。 画像では若干わかりにくい感じですが、結構しっかりと肉汁が入っていました。 まずお気に入りの「ペッパーハンバーグ」を口に運ぶと、味と食感はまさに『 ジョイフル』で食べてるそれです。 笑 本当にお店と同じ。 サイズこそお店のものより小ぶりですが、味はそのまま。 この小ぶりなハンバーグって、おそらく日替わりランチのやつと同じくらいのような気がします。 (日替わりはめったに食べないので確信はありませんが) いや〜これ普通にジョイフルのハンバーグだわ。 苦笑 てりやきの濃い目ソースにペッパーがよい味のアクセントになっていて米の飯が進みます。 ついに家でジョイフルのハンバーグが食べられました。 笑 ちなみに一緒に購入した「Jチーズインハンバーグ(トマトソース付き)」の方ですが、こちらもペッパーハンバーグ同様に、お店のものと変わりませんが、個人的にはトマトソースがちょっと物足りない気がしているので、「Jハンバーグ てりやきソース(ペッパー付き)」の勝ちでした。 いずれにしてもジョイフルのハンバーグが冷凍食品とは言え、198円というお値段で楽しめるのであれば、今後も買う価値ありです。 何個か冷凍庫にストック決定。 (コスモス最高!) もちろん今後もお店の方にも食べに行きますけど、来店回数は減るかもしれませんね。 それくらいお店で出されているものと変わらない一品でした。 以上、ファミレス『 ジョイフル』のハンバーグをやっと我が家で食べられた話でした!.

次の

ジョイフルの冷凍ハンバーグが『コスモス』に登場!本当にお店と変わらない味だった話

コスモス 冷凍 食品

しかし現在の冷凍食品は違います! とにかくおいしい! そこらのレストランと同等! もしくはそれ以上においしいと大きく話題になっています。 しかも外食したときに比べると安くつくわけですからね。 コストパフォーマンスが最強と言えるでしょう! そんな冷凍食品を数多く食べ続けてきた私が オススメの冷凍食品をランキング形式で紹介します! 今回は、 そこらのスーパーで買えて、昼食や夕食を一品で済ませられる 冷凍食品という条件でランク付けさせてもらいますね! スポンサーリンク 目次• 第5位 ごっつ旨いお好み焼(テーブルマーク) 価格:約230円 内容量:294g 調理時間:レンジ500W:7分10秒 600W:6分40秒 みんな大好きお好み焼きが 第5位! お好み焼きなんて、なかなか家でも外でも食べる機会がないですが、 この冷凍食品があれば充分です! 生地はふわふわでキャベツたっぷり! たこ、いか、えびと具だくさん! マヨネーズ、青のり、かつおぶしも別袋で入っているので、 自分の好みに合わせてかけることができます! 調理法も、密閉された袋からお好み焼きを出し、お皿に乗せて レンジでチンするだけと超簡単! これでいて 値段は230円程というわけだからお買い得ですね! 第4位 本格炒め炒飯(ニチレイフーズ) 価格:約280円 内容量:450g 調理時間:レンジ500W:4分20秒(半分)8分30秒(1袋) レンジ600W:3分50秒(半分)7分10秒(1袋) 子供から大人まで食べれるチャーハンが 第4位! 家で調理しようとしてもうまくパラパラにならなかったり、 味付けがうまくいかないチャーハンですが、 この簡単さと味を知ってしまうともう自分で作る必要なし! レンジでチンするだけなので100%パラパラ! そして商品名に書かれているだけあって本当に本格的! そこらの外食で食べる高いチャーハンよりおいしいです。 冗談抜きで。 焼豚とねぎもたっぷり入っているので、具を付け足す必要もなし! さらにボリュームはなんと 450g! 半分ずつ食べても満足できるボリュームになっています。 調理法も簡単で、お皿に移し替えてレンジでチンするだけ! ラップも準備する必要がありません! それでいて 約280円という値段ですから驚きです。 第3位 GooTa辣椒担々麺(日清) 価格:約200円 内容量:325g 調理時間:レンジ500W:6分 600W:5分 女性にも大人気のピリ辛担々麺が 第3位! 麺をレンジでチンして300mlのお湯に液体スープを入れるだけで 本格的な担々麺が味わえます。 細いストレート麺と濃厚なスープは相性抜群で、 しっかり味が絡み合っています。 見た目的には真っ赤でかなり辛そうですが、 実はあんまり辛くないんですね。 辛いのが苦手な私でも、スープをつるっと 飲み干すことができました! 辛さがもの足りないという方は、 付属の 「花椒入り唐辛子」をかければ一気に辛さ倍増! 辛さの調節ができるのはありがたいですね。 具も充分に入っていて値段は 約200円ですからリピート間違いなし! 第2位 麺の達人つけ麺魚介豚骨醤油(日清) 価格:約160円 内容量:350g 調理時間:レンジ500W:7分 600W:6分 若者大好きつけ麺が 第2位! つけ麺までもがレンジのみで調理できる時代になりました! 鍋でゆでるよりもレンジでチンした方がおいしく食べれる という特殊な製造法を使っているというので、試したところ、 本当にレンジでやった方がおいしかったのが驚きです! そのおいしさは昨今の冷凍食品にはなかったクオリティで、 正直 有名なつけ麺店並においしいです。 麺はもちもちで濃厚なつけ汁との相性は抜群! 一切喧嘩をしていません! 外で食べると600円以上はかかることを考えると、 こちらを買う事を強くオススメしますね。 約160円ですから、600円もあれば4回ぐらい こんなおいしいつけ麺が食べれるんですよ? つけ麺好きに是非とも食べていただきたい一品です! 第1位 プレミアムたらこといか(オーマイ) 価格:約190円 内容量:280g 調理時間:500W:4分50秒 600W:3分50秒 幅広い女性が大好きなパスタが 第1位! 今まで食べてきた冷凍パスタはどれもイマイチと 感じてきた私ですが、これだけは全く違いました! レンジでチンするとたちまち 麺がつるっつる。 よく他の冷凍パスタはかたまりができてしまいますが、 オーマイのパスタではほとんど起こらないですね。 たらこと絡め合わせて食べると、 そのおいしさは完全に 冷凍食品の規格外! 店でもなかなか味わえないおいしさです! ぷりっぷりのいかも充分に入っているので 物足りなさもないでしょう! また、トレイもついているので、 お皿すら準備する必要がないってところがポイント高いです。 それでいて 約190円という値段。 まだ味わったことのない方にも是非味わっていただきたいです! あー!お腹すいてきた 笑 ということで、5つの冷凍食品を紹介させていただきました! あくまでも個人的に好きな冷凍食品のランキングになるので、 全員が全員衝撃を受けるほどおいしいとはいかないと思います。 しかし、 騙されたと思ってみて一回食べてみてほしいですね。 値段もお手頃ということで、レストランやコンビニ弁当よりも まず安く済むでしょう。 多くの人に現代の冷凍食品のおいしさに触れていただければうれしいです! 似たような記事を読みたい方は下にスクロール!.

次の

コスモス最強説!ドラッグストアコスモスPB商品ランキング作りました

コスモス 冷凍 食品

唐揚げと竜田揚げの違い 唐揚げ 唐揚げ(から揚げ、空揚げ)とは、揚げ油を使用した調理方法、またその調理された料理を指す。 食材に小麦粉や片栗粉などを薄くまぶして油で揚げたものです。 一般的に唐揚げの具材は、鶏肉の唐揚げを想像する方は多いと思いますが、 決して限定しているわけではありません。 魚の唐揚げも、野菜の唐揚げも、鶏以外の肉の唐揚げもすべて唐揚げです。 竜田揚げ 一般的に竜田揚げとは、食材に下味をつけるために、しょう油やみりんで作ったタレに食材を漬け込んでから、かたくり粉をまぶして揚げた料理になります。 そのため、かたくり粉だけを使い、下味をつけて、調理した後の色が唐揚げより濃い色になっているのが竜田揚げとなります。 各社の唐揚げを食べた感想 やわらか若鶏から揚げ(味の素) 6種類のスパイスが入っているので、いい感じにスパイシーです。 2度揚げ製法なので、外はカラッとしていて、中は 柔らかくてジューシーです。 味がしっかり付いていて、美味しかったです。 冷凍食品の唐揚げと言ったら、やっぱり「 味の素の若鶏から揚げ」ですね! 内容量 275g カロリー 212kcal(100g当たり) 評価 購入価格 298円 特から(ニチレイ) 415gも入っているので、ボリュームがあります。 肉はかなり柔らかくて、ジューシーです。 味の素の「 若鶏から揚げ」よりスパイシーさが劣りますが、美味しかったです。 内容量 415g カロリー 195kcal(100g当たり) 評価 購入価格 328円 和風鶏から揚げ(セブン&アイホールディングス) セブン&アイグループとニチレイフーズの共同開発商品です。 肉はやわらかくジューシーです。 しょうゆとニンニクの味が染み込んでいて、美味しかったです。 内容量 160g カロリー 374kcal 評価 購入価格 218円 若鶏もも唐揚げ(双日) 肉はやわらかくジューシーです。 醤油味のシンプルな鶏の唐揚げです。 シンプルイズベストで美味しかったです。 この商品の欠点は、取り扱っている店が少ない事と、カロリー表示がないことですね。 内容量 500g 評価 購入価格 399円 若鶏ももからあげチキチキボーン味(日本ハム) チキチキボーンの特徴といえば、スパイシーさですよね。 なので、当然スパイシーです。 もも肉も、やわらかくてジューシーです。 チキチキボーン味に外れはないですね。 欠点は、少し販売価格が高いことかな。 内容量 450g カロリー 217kcal(100g当たり) 評価 購入価格 459円 若鶏の旨だれから揚げ(ニッスイ) やわらかくてジューシーな鶏肉なので、食感は問題なしです。 ニンニクと甘みのあるタレの相性が抜群で美味しかったです。 内容量 280g カロリー 235kcal(100g当たり) 評価 購入価格 289円 若鶏の唐揚げ(ニチレイ) 2度揚げ製法なので、カリッとした食感です。 味のほうは、スパイシーでジューシーな味ですね。 しっかりとした味付けで、美味しかったです。 内容量 280g カロリー 217kcal(100g当たり) 評価 購入価格 258円 若鶏のから揚げ(コスモス) ドラッグストア「 コスモス」のプライベートブランド商品です。 肉はやわらかくてジューシーです。 醤油とニンニクの味がしっかりと染み込んでいるので、美味しかったです。 他社製品よりあっさりしているので、 濃い味が苦手な人にオススメです。 内容量 300g カロリー 192kcal(100g当たり) 評価 購入価格 268円 じゅわん鶏もも(味の素) 味の素の「 やわらか若鶏から揚げ」を、しょうが醤油味にした商品ですね。 やわらかくてジューシーで美味しいのですが、同社の「やわらか若鶏から揚げ」より少しスパイシーさに欠けます。 内容量 275g カロリー 209kcal(100g当たり) 評価 購入価格 358円 若鶏ももからあげ焦がし醤油(日本ハム) 衣の食感と鶏肉の味は、から揚げというより フライドチキンに近い感じですね。 ジューシーで、味がしっかりしていて美味しかったです。 内容量 280g カロリー 266kcal(100g当たり) 評価 購入価格 299円 しょうがが香る和風仕立て若鶏のから揚げ(コスモス) 醤油と生姜の風味が特徴の唐揚げです。 鶏肉はやわらかくてジューシーで文句なしですが、 少し脂っこいのが欠点ですね。 内容量 300g カロリー 197kcal(100g当たり) 評価 購入価格 268円 たれづけ唐揚げ(ニチレイ) もも肉に甘酢タレがかかった唐揚げです。 アセロラピューレを使用しているので、 ほどよい酸味がありますね。 酸味があるので、チキン南蛮みたいな感じでした。 内容量 300g カロリー 242kcal(100g当たり) 評価 購入価格 298円 ごろっとうまい 若鶏もも から揚げ(トップバリュ) イオンが 「特から」などの大容量タイプに対抗した商品だと思います。 肉はやわらかくてジューシーなので文句なしです。 味のほうですが、醤油味をベースにした昔ながらの唐揚げっぽい感じです。 なので、スパイシーな味付けが好きな人にはオススメできません。 内容量 415g カロリー 186kcal(100g当たり) 評価 購入価格 398円 旨辛キムチ(テーブルマーク) キムチで有名な 「ご飯がススム」とのコラボ商品です。 ご飯がススムの味がしっかり付いているので、キムチが好きな人にオススメです。 他社の商品と比較すると、ジューシーさはあまりないので、ジューシーさを求める人にはオススメできません。 内容量 250g カロリー 212kcal(100g当たり) 評価 購入価格 358円 ポップポップチキン(味の素) 期間限定の商品で、のりしお味です。 一口サイズなので食べやすいです。 ジューシーさもあります。 食事より、 おやつかビールのおつまみで食べた方がいいと思います。 内容量 250g カロリー 269kcal(100g当たり) 評価 購入価格 298円 若鶏の塩から揚げ(テーブルマーク) 自然解凍でも食べれます。 赤穂の天塩を使用しています。 やわらかくジューシーですが、むね肉の唐揚げなので、 もも肉と比べるとジューシーさは落ちますね。 若干、衣が粉っぽいので、竜田揚げ感もあります。 内容量 310g カロリー 191kcal(100g当たり) 評価 購入価格 278円 鶏肉のももから揚げ(トップバリュ) トップバリュの唐揚げで、マカロニサラダ・きんぴらごぼうも入った、11品目入りです。 唐揚げは、やわらかくて程よいジューシーさです。 問題は、 味付けが薄いので物足りないですね。 内容量 191g カロリー 327kcal 評価 購入価格 298円 からあげ家族(味の素) やわらかくて食べやすいのですが、 ジューシーさが足りないです。 スパイシーさも全くないですね。 スパイシーさが欲しい人には物足りないと思います。 内容量 460g カロリー 203kcal(100g当たり) 評価 購入価格 298円 コク辛(大阪王将) これは辛いです。 辛いのが苦手な人は止めておいた方がいいかもしれません。 辛いのはいいのですが、ジューシーさが足りないですね。 内容量 230g カロリー 270kcal 評価 購入価格 328円 若鶏ももから揚げ(トップバリュ) もも肉を使った唐揚げです。 肉はやわらかくてジューシーですが、味の素の唐揚げと比較すると、スパイスなどの 味付けがかなり薄いです。 薄味が好きな方には、こちらの方がオススメかもしれません。 内容量 250g カロリー 199(100g当たり) 評価 購入価格 298円 塩唐揚げ(ニチレイ) 塩麹を使用しています。 衣が粉っぽいので、レンジより油で揚げた方がいいかもしれません。 肉はやわらかくてジューシーです。 内容量が少ないのがネックですね。 内容量 210g カロリー 291kcal (100g当たり) 評価 購入価格 321円 ふっくら鶏むね(味の素) もも肉ではなく、胸肉の唐揚げです。 胸肉なので、もも肉みたいなジューシーさはないです。 生姜の風味が満載の味付けですね。 ジューシーさがないので、物足りない感じでした。 内容量 300g カロリー 168kcal(100g当たり) 評価 購入価格 375円 まとめ 上位に評価した商品は、どれも美味しいと思います。 手間がかかりますが、レンジで温めるより油で揚げた方がおいしく食べれます。 唐揚げは、お弁当や居酒屋の定番メニューですね。

次の