お 心遣い 感謝 し ます。 お心遣い の例文10パターン(意味と類語)

「お気遣い」と「お心遣い」の意味の違いは?目上の人への使い方も紹介

お 心遣い 感謝 し ます

「感謝しております」 上司、先輩、お客様、先生からの協力、心遣い、対応、助言などに対するお礼の一言集。 この度は温かいお心遣いを頂戴し、心から感謝申し上げます。 ありがとうございます。 心より感謝申し上げます。 本当に感謝しています。 このような機会を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。 いつも無理を聞いていただき、感謝しております。 お忙しいところわざわざご足労いただき、感謝しています• この度は、たいへんお世話になり感謝の言葉もございません。 貴重な時間を私どものためにさいていただき、心より感謝いたしております。 これもひとえに皆々様のご支援・ご協力あってのことと心より感謝しております。 常日頃お力添えくださいまして心から感謝しております。 何かとお心づかいいただきまして感謝しております。 いつもながらのお気遣い、深く感謝しております。 あなたに出会えた事、心から感謝しています。 私の愚痴を聞いてくれて、ありがとう。 いつも感謝しています。 いつも私のことを心配してくれて感謝しています。 ひとえに皆様のご愛顧の賜物と感謝しております。 納期を早めてもらった上、改善点の提案までしていただき、御社のご配慮には感謝の極みです。 無事にお客様に商品をお届けできて、感謝の極みです。 「感謝にたえません」 「たえません」は、大仰で堅苦しい言い回しです。 オーバーな表現にならないよう気をつけましょう。 プロジェクトを実現したスタッフには、感謝にたえない思いです。 この度ご丁寧に対応いただいたことは、感謝にたえません。 日頃の皆様からのご支援とご厚情は、感謝に堪えません。 この度は、たいへんお世話になり感謝の言葉もございません。 何とお礼を申し上げてよいのか、感謝の言葉もありません。 感謝の極み 「感謝の至り」(かんしゃのいたり)は、これ以上ないくらいに感謝している気持ちを相手に伝える言葉です。 この度は、数ある業者の中から弊社をご指名いただき、また社長より直々に激励のお言葉を賜り、感謝の至りでございます。 お陰様で販売開始初日にもかかわらず、約半数の店舗で売り切れとなりました。 「ありがとうございます」 上司、先輩、取引先など目上の人への敬語、「ありがとうございます」の言い換え例。 まことにありがたく存じます。 ありがたくお礼申し上げます。 お気遣いありがとうございます。 おかげさまですっかり元気になりました。 ご丁寧にありがとうございます。 親切にご指導くださいまして、誠にありがとうございました。 皆様にご賛同いただき、ありがたく存じます。 この度は快くお聞き届けくださいまして、ありがとうございます。 先日は盛大な送別会を開いていただきまして、本当にありがとうございました。 どうもありがとうございます。 ご丁寧[テイネイ]にありがとうございます。 本当にありがたく思っております。 ご丁寧[テイネイ]にどうもありがとうございます。 皆さんありがとうございました。 誠にありがとうございました。 今までありがとう• とても嬉しくおもい感謝しております• ほんとうにありがとう。 心強いお言葉ありがとう。 ご注意いただきありがとうございました。 お教えいただき、助かりました。 ご便宜[ベンギ]をはかりいただき、ありがとうございます。 皆様にご賛同[サンドウ]いただき、ありがたく存じます。 よいお店をご紹介いただき、ありがとうございます。 いつもご愛顧[アイコ]をいただき、ありがとうございます。 行ってくれてありがとう。 本日はお電話、ありがとうございました。 親切にありがとうございました• 長い間お世話になり、ありがとうございました。 これまで、皆さんには大変お世話になりました。 本当に長い間お世話になり、ありがとうございます。 今までお世話になり。 ありがとうございました。 お心遣いありがとうございます。 いろいろご配慮いただきまして誠にありがとうございます。 いつも大変お世話になっており、本当にありがとうございます。 日頃はご指導まことにありがとうございます。 先日はお心遣い大変ありがとうございました。 いつも、お気遣いいただき申し訳ありません。 何時もご心配頂いてありがとうございます。 先日はありがとうございました。 今まで何から何までありがとうございました。 深くお礼をいわさせてもらいます。 本当にありがとうございました。 マタこれからもご迷惑おかけしますと思いますが、温かい目でお守りいただけるよう頑張っていきます。 何卒よろしくおねがいします• いつもこんな私を支えてくれてありがとう• いつも見守っていてくれてありがとう• 生まれてきてくれてありがとう• ずっとずっと笑ってくれてたのに、 その笑顔壊しちゃったのにずっとずっと側にいてくれてありがとう。 いつも、こんな私を支えてくれて、ありがとう• 楽しい日々をありがとうございます。 ご多忙の中お読み頂きありがとうございました• わざわざありがとうございます• いつもお引き立ていただきありがとうございます。 いろいろ話を聞いてくれて、友達でいてくれてありがとう。 いつも私の話を聞いてくれて、ありがとう。 最後まで私の話を聞いてくれて、ありがとうございました。 あなたの励ましや笑顔に何度 救われたことか。 いつもありがとう!• いざという時に、いつも支えてくれたね。 心からありがとう。 新しい世界を魅せてくれてありがとう• 生まれてきてくれてありがとう• いつもお世話になりまして誠にありがとうございます。 あちこち走り回り、時間を使って協力して下さり、ありがとうございました。 「お礼申し上げます」 取引先、得意先、クライアント、先生などへの感謝を伝える敬語。 日頃は大変お世話になり、心より御礼申し上げます。 多大なるご協力を賜り、お礼の申しようもありません• 衷心(ちゅうしん)より、御礼申し上げます。 その他 上司、先輩、お客様などお世話になった人への感謝の一言。 ご面倒おかけしました。 ご配慮くださり、深謝いたしております。 いつもご面倒ばかりかけて、申し訳ありません。 ご丁寧[テイネイ]に痛み入ります。 お使い立てして、申し訳ありません。 今回は、お言葉に甘えさせていただきます。 この度のお力添え、一生恩に着ます。 ご厚意に胸がいっぱいになりました。 皆様方の温かなご支援とご指導のお陰様をもちまして重責を勤めることができましたこと、忘れることなく心に銘じておく所存であります。 あなたの一言で沢山成長で来ました。 あなたと過ごした時間は私の永遠の宝物です。 いつもご面倒ばかりおかけして申し訳ありません• お使い立てして、申し訳ありません• 6年間の中で今年の1年が1番楽しかったです• あなたの言葉が私の希望です。 あなたは私の宝です。 あなたにたくさん救われました。 私は貴方のおかげで今ここにいるのです。 Thank you for your troubles. Thank you very much for your help.

次の

お心遣いに感謝|#話術.com

お 心遣い 感謝 し ます

温かいお心づかいに感謝 例• この度は出産のお祝いを頂き、お心遣いに感謝しております。 行き届いたお心配りに感謝いたします。 見積価格の件、お心遣いいただき、感謝しております。 「お心づかい、ありがとうございます。 」 例• この度は、温かいお心づかい頂き、ありがとうございます。 この度のお心遣い本当にありがとうございました。 いつもながら温かいお心遣いいただき、本当にありがとうございます。 結婚式にフラワー電報をお贈りいただき、ありがとうございます。 お心遣いに、感謝しております。 本当にありがとうございます。 この度の仙台支店に転勤に寸志をいただき恐縮です。 退院に際して、素敵な品物をお贈りいただきまして、お心遣いありがとうございます。 ありがとうございました。 先週は体調不良でお休みさせていただいたのですが、先輩からメールであたたかいお言葉を頂き、嬉しかったです。 ありがとうございます。 お心遣い痛み入ります 例• 娘の結婚式では、ご立派な品物をお贈りいただき、お心遣い痛み入ります。 先日は当方の不手際でご迷惑をおかけしたにもかかわらず、追加でご注文まで頂戴いたしまして、お心遣い痛み入ります。 先日の長男の結婚式では、ご祝儀をいただきましてありがとうございました。 お心遣い痛み入ります。 お心遣いに恐縮 例• お心遣いいただき、大変恐縮です。 ありがとうございます。 お世話になっているうえ、お中元まで頂戴し、このようなお心遣いをいただき恐縮です。 中国支店への長期出張の際には、餞別のお心遣いを頂き恐縮に存じます。 急な退職でご迷惑をおかけするにもかかわらず、激励の言葉を頂戴し、あたたかいにお心遣い恐縮しております。 私にまで、あたたかいお心遣いいただき、恐縮でございます。 誕生日にお花を贈っていただきありがとうございます。 いつもながらお心遣いいただき恐縮です。 お心づかいが、うれしい 例• 温かいお心遣いありがたく、感激いたしました。 お心づかいいただき、恐縮[キョウシュク]です。 日頃から温かいお心遣いをいただき、痛み入ります。 この度は行き届いたお心配りをしてくださり、とても感謝いたしております。 お気づかい 「お気づかい」は自分の体調や、悩み、苦労などを相手に気遣ってもらった時や、何かの贈り物をされた時などに使う言葉です。 温かいお気づかい、ありがとうございます。 自分の頭痛のこと、お気遣いくださいまして、ありがとうございます。 すぐにおいとまいたしますので、どうぞお気遣いなく。 どうぞお気遣いなさらないでください。 すぐに失礼いたします。 先日はハネムーンのお土産の品を頂きまして、お気遣いいただき恐縮です。 お返事等のお気遣いは、どうぞ、なさらないで下さい。 お返事などのお気遣いはご無用に願います。 お気遣いには及びませんが、ご心配頂き有難うございます。 かえってお気遣いいただき、申し訳ございませんでした。 ちょっとしたお気遣い、本当に嬉しいですね。

次の

「お心遣いいただき」の例文・使い方・敬語・目上の人への使い方

お 心遣い 感謝 し ます

要件を手短にまとめ、すぐ送信できるのがメールのメリット。 そのため、ビジネスの現場においてメールのやりとりをする機会は少なくないでしょう。 というより、いまやメールのやりとりを抜きにして仕事はできないとすら言えます。 しかし、相手や状況により 「こう書いておけば間違いない」というような「正解」を見出しにくいのも事実。 相手に納得してもらうためには、簡略化しただけの安易な内容では相手に気持ちも姿勢も伝えることはできないわけです。 だからこそ、正解を見出せないまま、「では、どう書くのが最適か」について模索している人は、決して少なくないのかもしれません。 そこでご紹介したいのが、『 迷わず書けるメール術』(神垣あゆみ著、フォレスト出版)。 7000人に読まれているメールマガジン「仕事美人のメール作法」を発行している著者が、ビジネスシーンに応じた文例と基本フレーズ、言い回しなどを紹介した書籍。 2009年に刊行された『メールは1分で返しなさい!』を改題し、大幅に加筆・再編集したものです。 ビジネスメールのやり取りではスピードが求められる反面、どのように書けばよいか、迷ったり悩んだりすることも多く、なかなかメールが書けないという声をよく耳にします。 そこで本書では、より早く必要な文例やフレーズにリーチしていただくために検索性を追求しました。 「感謝」「おわび」「依頼」など、テーマ別に状況に応じた文例と基本フレーズ、さらにそこから派生した言い回しを多数紹介しています。 (「まえがき」より) きょうは、II「ピッタリの表現が必ず見つかる! ビジネスメールの文例とフレーズ」のなかから、 「感謝の文例とフレーズ」を抜き出してみたいと思います。 感謝の文例とフレーズ 感謝の気持ちを伝えるメールは間をおかず、できるだけ早く送ることが大切。 メールの冒頭に感謝の気持ちを伝えるひとことがあると、相手に好印象を与えることができるといいます。 対応へのお礼 件名:先ほどはありがとうございました。 お世話になります。 メルイチ商事の鈴木です。 さっそく、詳しい資料もお送りいただき、重ねてお礼申し上げます。 システム導入については前向きに検討しております。 社内で討議のうえ、改めてご連絡させてください。 引き続きよろしくお願いいたします。 このように、「なにが」「どのように」ありがたかったのかを明示すると、儀礼的な挨拶にならず、相手に感謝の気持ちが伝わるといいます。 (40ページより) 感謝の基本フレーズ ありがとうございます 例: ご返信いただき、ありがとうございます。 いうまでもなく、感謝の意を伝える最も基本的なフレーズ。 なお上記の場合、「ご返信」に代わる言葉として、「ご連絡」「ご確認」「ご対応」「お知らせ」なども。 その他の感謝のフレーズ 重ねてお礼申し上げます。 例: 早速のご返信、ありがとうございます。 早速資料もお送りいただき、重ねてお礼申し上げます。 メール本文に「ありがとうございます」が繰り返し使われるときは、別の表現に言い換えて感謝の気持ちを表すと、よりスマートな印象に。 逆にいえば「ありがとうございます」を連発すればするほど、感謝の気持ちは薄れて伝わり、相手には儀礼的なイメージを与えてしまう可能性が生まれるわけです。 でも、「ありがとうございます」以外、たとえば「感謝いたしております」「ありがたく思っております」などのフレーズを用いると、感じよくまとまるといいます。 恐れ入ります 例: お忙しいところ、恐れ入ります。 相手がなんらかの配慮をしてくれたとき、「恐れ入ります」を使うと感じがいいもの。 ちなみにこれは、「恐縮です」と言い換えることも可能です。 なお訃報を知らせるメールへの返信の場合、「ありがとうございます」は避け、恐れ入りますを使います。 会長がお亡くなりになったとのこと。 わざわざお知らせいただきまして、恐れ入ります。 おかげさまで 例: ・おかげさまで、次のプロジェクトも順調に進んでいます。 ・これもひとえに、御社にご協力いただいたおかげです。 気にかけたり、支えてくれている人たちへの感謝の気持ちを凝縮した言葉。 (41ページより) 感謝のフレーズにプラス お気遣い 例: お気遣いいただき、ありがとうございます。 ささいなことでも相手の気遣いや配慮に気づいたなら、言葉にして伝えたいところ。 小さな積み重ねが心を通わせ、信頼関係を築く礎になっていくわけです。 お心遣い 例: いつもお心遣いいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 「お気遣い」に代わる言葉としては、「お心遣い」「ご配慮」も。 いずれも相手が気にかけてくれたり、自分の配慮を感じたりしたときにひとこと添えたいフレーズだといいます。 上記のNG例のような文章は堅苦しく儀礼的で、気持ちが伝わらないもの。 このような場合、「ご配慮」を使ってシンプルに言い換えるほうがすっきりするというわけです。 お取り計らい 例: 部長のお取り計らいに心から感謝いたします。 物事がうまく運ぶように適切な処置をすること。 「お気遣い」「お心遣い」「ご配慮」と言い換えることも。 恐縮する気持ちを伝える「すみません」よりも、感謝の気持ちを伝える「ありがとうございます」のほうが前向きで好印象を与えることに。 「どうも」はいろいろな場面で使える便利な言葉ですが、これだけでは、きちんとした感謝の気持ちは伝わらないわけです。 (43ページより) このように、すぐに役立てることができる実践的な1冊。 迷ったときに答えを見つけ出すことができるので、デスクサイドに置いておけば大活躍してくれるのではないかと思います。 Photo: 印南敦史.

次の