ドラゴンボールレジェンズ。 【ドラゴンボールレジェンズ(DBL)】リセマラ当たり最強SPキャラランキング

PvPで勝つための必須テクニック~まとめ~【ドラゴンボールレジェンズ】

ドラゴンボールレジェンズ

全世界待望の「ドラゴンボール」スマートフォンアプリ新作がついに登場! 3Dグラフィックスとバトル中フルボイスの超ハイクオリティ仕様! 全世界のライバル達と対戦を楽しもう! 対応デバイス: iPhone SE、6S、7、8、X、iPad Mini 4、Air 2、2017、Pro 「ドラゴンボール レジェンズ」非対応デバイス: iPhone 5S、6、6 Plus、iPad Air、Mini 2、Mini 3、iPod Touch <ワンフィンガーカードアクションバトル> ・指一本で操作可能な簡単バトル! ・コンボも必殺技もワンタップで炸裂 <全世界対戦> ・全世界のユーザーを相手にリアルタイム対戦が可能! ・自ら育て上げたキャラクターを駆使し、他プレイヤーを圧倒しよう <オリジナルストーリー> ・ゲームの主人公は鳥山明先生描きおろしのオリジナルキャラクター! ・悟空たちの新たな冒険をともに体験しよう 【「ファミリー共有機能」に関する注意】 このアプリは、現在「ファミリー共有」の、個別課金承認機能に対応しておりません。 その為、「ファミリー共有」設定がされている端末で、承認機能を使って個別課金アイテムを購入した場合、課金が正常に行われない恐れがあります。 誠に申し訳ございませんが、本機能への対応が完了するまで、承認機能を使っての個別課金アイテムの購入はお控えいただけます様、お願い申し上げます。 動作環境でご利用の場合も、お客様のご利用状況やご利用機種特有の要因により、本サービスが正常に動作しないことがあります。 本アプリケーションは、権利者の正式な許諾を得て配信しています。 無課金ではPvPで戦えないとかほざく奴もいるけど 今はイベントでも強い奴も手に入るし 現在では無課金最強キャラの全開覚醒少年悟空など作ってしまえば普通に戦える。 たしかに凸の問題はあるけど 普通に暇な時にイベント周回してそのイベントでくる石を使わず貯めて 欲しいキャラが来た時にガチャを引くで十分だと思う。 逆に無課金アピールしてくるやついるけど 課金勢が優遇されんのはどのゲームでも同じだし このゲームに課金するしないを決めるのは 本人であって他人に課金は無駄とか言われる筋合いはない。 無課金をアピールしてくるやつに限って ・イベントはめんどくさがって回らない ・フラグメント厳選をしない ・石を貯めず新しいガチャが来たらすぐ引く どうせこんな奴ばかりだろ。 自分も凸問題やガチャの排出率の低さ 運営からの石の配布の少なさはたしかに不満はあるけど そこはみんな平等であってそれぞれで工夫して強くなろうとしてる。 それでも文句を言う奴がいたら純粋にゲームやめればいい話。 文句言ったって劇的にゲーム性が向上するわけもないんだから ドラゴンボールが好きだからやってるって言うだけで十分だと思う。 あと自分は運営側でもなんでもねーし このアプリを肯定しただけで運営の回し者とか言うアホもいるけど 否定してるやつの基準で考えのはやめてね。 1つ目はPVP めっちゃラグい敵が多い、いきなりバトルに戻られるからゲージ溜まってるのに避けられない時がある、あまりにラグいならラグい方はよ負けにして落として欲しい。 2つ目は CPUとイベント等について 押してるアーツに対して物凄い合わせてくる、しかも射撃アーツ押した瞬間に故意にライジングラッシュ当ててくるからそういうのウザいからやめてほしい、 あと今回の一星龍ないわ、51レベル特攻なしとか無理やん、有利属性なのに必殺で9割削り取るの無理だろ、しかもめっちゃ有利属性にカバーチェンジしてくるのやめてくんないかな、究極も、ライジングも有利属性で防がれて全く削れないとか酷すぎ、そんなイベント誰が喜ぶのか教えてほしい。 ・スマホゲームとは思えないグラフィックと3DCGでヌルヌル動くキャラクター達 ・原作再現された技もカッコイイ ・ストーリーも原作要素がありつつこのゲームオリジナル要素を加えて見応えがあったし面白い ・ガチャを引く為の石は無課金でもログボやミッション、ストーリーを進める事でそこそこ貯まる ・世界中の人と熱い格闘ゲームが出来る、上のランクに行くとキャラゲー要素もあるけど何より大事なのがPS、PSがあればそこそこ弱いキャラでも中間ランクくらいまでなら勝っていける ・新しく追加された共闘バトルやギルド機能で他のプレイヤーと繋がれる これがこのゲームの良い所でオススメできるところ。 次は悪い点、今回の大型アプデで追加された要素が主になる ・まずレベル上限が最初は1500lvだったのに今回のアプデで5000lvになった、今までも少しずつ上限が上がってきて今回で多分レベル上限が上がる事はもう無いと思うけどキャラの育成がとにかく面倒。 レベルは中々上がらないし経験値稼ぎクエストも1500lvの頃と経験値が変わらないからレベルが上がると全然上がらなくなる、ブーストパネルと呼ばれるパネルを開かなきゃいけないんだけどそれを全て開けるのもかなり面倒だしゲーム内のお金とアイテムをかなり使う。 無課金でもテクニックで上位に行けるのが楽しくて良い所だったのにその要素が潰された。 ・次にバトルシステムの変更、今までも色々変わってきたけど今回の新バトルシステムは意味が分からない。 運要素がとてつもなく強くなってしまった、そのせいでじゃんけんの様な面白みのないバトルも増えた。 やってみれば分かると思うしテクニックは実況者の人が出してるからそれ見て強くなろう。 ・意外と見落としがちだけど、このゲームは起動がとにかく遅い。 端末にもよるけど、タスク切った状態からアプリを起動してホーム画面に行くまでに最低でも1分最長で2〜3分かかるからやりたい時にスッと起動して気軽に遊べない。 そんなことかと思うかもしれないけど毎日プレイしてると起動するのが段々ストレスになると思う。 長々と書いてきたけど、自分は初期からやっててほぼ無課金でプレイしてPSも中級者くらいはあって対人戦も上のランクでそこそこ勝てるくらい。 勿論初期から続いてるって事は面白さもあってなにより演出がカッコイイからやりごたえのある格闘ゲームをやりたい人は入れてみるのも良いと思う、ただ今回のアプデで新しく始める人や無課金の人、エンジョイ勢が楽しめなくなったのも事実。 是非ユーザーの声に耳を傾けて改善されることを祈ってます。 互換性 iOS 10. 0以降が必要です。 9インチiPad Pro、12. 7インチiPad Pro、9. 9インチiPad Pro(第2世代)、12. 5インチiPad Pro、10. 9インチiPad Pro(第3世代)、12. 9インチiPad Pro(第4世代)、12.

次の

リセマラおすすめ!当たりキャラ人気ランキング ドラゴンボールレジェンズ

ドラゴンボールレジェンズ

どうも、えなおです! 2019年12月4日より実装された 【ZENKAI覚醒】。 一部キャラの性能が上昇する強力なシステムなのですが、少々ややこしいものとなっています。 この記事では、ZENKAI覚醒のやり方と注意点についてお話していきます。 尚、2020年7月1日に、覚醒の仕様が一部変更されました。 覚醒後の必要ソウル数についても記載していますので、よろしければ下記もご覧下さい。 ZENKAI覚醒について ZENKAI覚醒とは? 簡単に言うと、 『一定の条件を満たした』『一定のキャラにのみ行える』さらなる強化方法のことです。 2019年12月4日現在で、この覚醒が行えるのは下記画像の3人のみ。 今後は随時対象キャラが増加していくようです。 ZENKAI覚醒の条件 お知らせに記載されている、覚醒条件は以下の通りです。 0」にて限界突破の仕様に変更がありました。 これについては、下記項目で解説します。 キャラクター限界突破の拡張 から、限界突破の仕様が変更されました。 まずは下記の画像をご覧下さい。 補足しておきますと、 『各段階の覚醒Zパワーを集める毎にキャラの能力が強化』されます。 その上で、ソウルブーストの覚醒コアを解放し、ソウルブーストでさらなる強化ができるようになります。 ちなみに、アプデの時点でシャロットのカードスリーブが追加されていますので、どんなものか一度切り替えて遊んでみて下さい。 覚醒Zパワーの入手先 現時点では、覚醒Zパワーは専用ミッションクリア時にしか入手できません。 各キャラ、一定の行動をすることでミッションが達成され、 最大1000個の覚醒Zパワーが獲得、その後にZENKAI覚醒が可能となります。 今後はミッションだけでなく、覚醒Zパワーを獲得できる専用ガシャも開催予定とのことです。 ただ、上記のZENKAI覚醒ミッション、私も進めておりますが達成の道のりが非常に困難です。 流れは、以下の通り。 内の数字は、取得できる覚醒Zパワーの数です。 "さらに"対象キャラをバトルに20回参加させる 100• "さらに"対象キャラをバトルに30回参加させる 100• "さらに"対象キャラをバトルに40回参加させる 100• 対象キャラの友情ランクを3にする 20• "さらに"対象キャラをバトルに20回参加させる 100• "さらに"対象キャラをバトルに30回参加させる 100• "さらに"対象キャラをバトルに40回参加させる 100• 対象キャラの友情ランクを5にする 30• "さらに"対象キャラをバトルに30回参加させる 100• "さらに"対象キャラをバトルに40回参加させる 100• "さらに"対象キャラをバトルに50回参加させる 100• 対象キャラの友情ランクを10にする 30 友情ランクを上げる方法は、ストーリーを進めること ノーマルの6部1章8話が取得量が最も多いようです と、1日回数限定の「オラといっちょやってみっか!! 」をクリアすることです。 この友情ランク上げの作業が最も大変で、それに加え "さらに"対象キャラを一定数バトルに参加させなければいけません。 これは改善してほしいですね。 正直、バトル参加回数はこれまでの累計でいいと思うし、『友情ランク』ではなく『友情レベルを"10"にする』とかでいいのではないかと思います…。 ZENKAI覚醒の注意点 問題点 ここまでの記事を読んで下さった方には、お分かりの人もいるかと思いますが…要するにこのZENKAI覚醒は、 現時点では1段階までしか覚醒できません。 今後、覚醒段階を進めていくには『専用のガシャを回して覚醒Zパワーを集めていく』しか今のところ明示されていません。 もちろん1段階解放だけでも相当に能力は強化されますが、その先の強化をするのにまたガシャをしていくのは中々に厳しいですね。 ただ、Zパワーを集める方法は今後増えるかもしれませんし、専用ガシャがどういうタイプかも現時点では判明していません。 もしかしたらイベントをこなしてチケットを集めていくタイプかもしれませんし、ここは今後の追加情報を待つしかないという感じですね。 【追記】 覚醒Zパワー専用のガシャが追加されました。 詳細記事を作成しましたので、 よりご覧下さい。 後、この覚醒の大きな問題点は3つ。 ZENKAI覚醒ミッションの達成難度が高い• 覚醒Zパワーや専用ソウル集めという多大な作業が待ち受けている 悟空のような入手頻度の高い 高かった キャラはともかく、ビルスのようなLIMITEDキャラだと凸することが非常に困難になります。 その他も非常に時間のかかる作業ばかりなので、人によってはZENKAI覚醒ミッションそのものが達成困難という状況にもなります。 この点は…もう少し改善を加えてほしいところかもしれませんね。 補足しておくと、• 段階毎に必要な覚醒Zパワーを集めた時点でキャラは強化される• 段階強化に必要な分の覚醒Zパワーを集めてからでないと、覚醒コアは解放できない この点はご注意下さい。 下記のように、ソウルブーストのパネルが拡張されています。 ZENKAI覚醒後のソウルブーストを解放するには、 『覚醒コア』を解放する必要があります。 下記右画像の通り、一定の覚醒Zパワーを集め、各ソウルを投入することで解放できます。 後は、これを繰り返して、各種ソウルパネルを解放していくだけ…なのですが、もう1つ注意点があります。 パネル解放には「ZENKAIソウル」が必要 覚醒コア解放後のソウルボードを解放していく際、「ZENKAIソウル」という専用のソウルが必要となります。 現時点でのこれの入手方法は3つ。 超次元決闘クリア報酬の「専用の冒険依頼書」• キズナコインでの交換• ZENKAIミッションの達成報酬 例えば、悟空の1段階目のブーストパネルを解放するだけでも、• 赤のZENKAIソウル:1406個• 黄のZENKAIソウル:58個 必要となります。 この点は、今後色んなイベントの報酬で入手頻度は増えてくるとは思います。 早くも覚醒を達成した被り王メロさんの動画はこちら 2019年12月6日、早くも悟空・ブロリー2人のZENKAI覚醒 1段階 を突破された方がいらっしゃいます。 何よりゲームを楽しんでプレイしてるなぁっていうのが伝わってくるので、私も頑張ろうって気持ちになります。 ドッカンの方は、元となる母体を所持していればイベントを攻略するだけで覚醒メダルが獲得できる仕様なので、さほど苦労することなく覚醒させることが可能です。 もし、覚醒Zパワーが 最初の1000個を除き 刻の結晶を使った専用ガシャでしか入手できないとなると…かなり苦労しそうですね…。 まぁ、さすがにそれをしたらユーザーからどういう意見が飛んで来るかを分からない運営さんではないと思うので、この点はキッチリ今後の道筋は立てられていらっしゃるのでしょう。

次の

‎「ドラゴンボール レジェンズ」をApp Storeで

ドラゴンボールレジェンズ

配信地域• アイルランド• アメリカ• イギリス• イスラエル• イタリア• インド• インドネシア• エストニア• オーストラリア• オーストリア• オランダ• カナダ• キプロス• ギリシャ• シンガポール• スイス• スウェーデン• スペイン• スロバキア• スロベニア• デンマーク• ドイツ• トルコ• ニュージーランド• ノルウェー• フィリピン• フィンランド• ブラジル• フランス• ポーランド• ポルトガル• マカオ• マレーシア• 南アフリカ• メキシコ• リトアニア• ルクセンブルグ• ブルガリア• クロアチア• チェコ• ハンガリー• アイスランド• ラトビア• リヒテンシュタイン (Android版のみ)• マルタ• ルーマニア•

次の