ジャン ツォン ジャン。 鹹豆漿(シェントウジャン) 台北の朝食にオススメの豆漿店5選!

ジャンとツォルクSD、ドルトムントは「余りに簡単に失点している」(kicker日本語版)

ジャン ツォン ジャン

でのブッフォン 2016年 名前 本名 ジャンルイジ・ブッフォン 愛称 ジジ、スーペルマン Superman ラテン文字 Gianluigi Buffon 基本情報 国籍 生年月日 1978-01-28 (42歳) 出身地 身長 192cm 体重 92kg 選手情報 在籍チーム ポジション 背番号 77 利き足 右足 ユース 1991-1995 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 1995-2001 169 0 2001-2018 612 0 2018-2019 17 0 2019- 代表歴 1993-1994 U-16 3 0 1995 U-17 3 0 1994-1995 U-18 3 0 1995-1997 U-21 11 0 1997 U-23 4 0 1997-2018 176 0 1. 国内リーグ戦に限る。 2018年6月1日現在。 ( ) ジャンルイジ・ブッフォン( Gianluigi Buffon、 - )は、・出身の。 ポジションは。 約20年に渡りイタリア代表の正GKを勤めイタリア代表最多出場記録を誇り、2006年FIFAワールドカップ覇者。 日本においては「ジャンルイジ・ブフォン」と表記されることもある。 愛称 ジジ(Gigi)。 経歴 [ ] パルマAC [ ] 1991年にのエルメス・フルゴーニGK育成コーチ兼スカウトに見いだされ、同チームの下部組織に加入した。 1995-96シーズンでは、下部組織加入からわずか4年で監督によって、パルマのトップチームに昇格。 その時まだ17歳だった。 、監督率いる戦でデビュー(17歳9ヶ月)。 その試合でこの年のを受賞するの至近距離からのシュートを顔面でセーブするなどスーパーセーブを連発し、0-0の引き分けに貢献した。 このシーズンは9試合に出場した。 1996-97シーズンでは、正GKとしての地位を確固たる物とし、 ()、、と共に強固な守備陣を形成。 チームはセリエA2位につけた。 1998-99シーズンでは、堅守を武器にチームは優勝、優勝、優勝を達成した。 2000-01シーズンでは、このシーズンにおいて自身初となるセリエA全試合出場を果たした。 ユヴェントス [ ] 、GKとしては史上最高額の移籍金となる5230万ユーロ(約56億円・当時)で監督率いる(以下ユーヴェと表記)に加入。 当初はGKにこれほど多額の移籍金を支払ったユーヴェに懐疑的な見方をする専門家が多かったが、「をよく理解していない者の戯言」とブッフォンは反論し、その年の獲得に貢献をした。 2002-03シーズンでは、セリエA連覇を達成。 では、準決勝2nd legの戦でのを止めるなど活躍し、決勝進出。 しかし、で行われたミランとの決勝戦でPK戦の末に敗れて準優勝に終わった。 なお、このシーズンはUEFAチャンピオンズリーグのMVP(GKとしては史上唯一)と最優秀GKに選出された。 にが100周年を迎えるにあたって、元が選出した(偉大なサッカー選手125人)に選出された。 2005-06シーズンでは、に行われたミランとの親善試合でと激突し、右肩を。 長期の戦線離脱を余儀なくされ、ユーヴェはその代役としてをミランから獲得。 一旦、同年のコッパ・イタリア、戦で復帰するが、カペッロ監督のまだ十分に回復していないとの判断により、その後の試合には出場せず。 の戦で再度復帰。 以降は正GKの座を奪還した。 -に、でイタリアサッカー界が揺れる中、ブッフォン自身にも違法なに関与したのではないかとの容疑が掛かり、パルマ地検とトリノ地検から事情聴取を受ける(後に無実であることが判明)。 セリエBでプレーするブッフォン(2006年) 、所属チームであるユーヴェの八百長行為によりチームがセリエBへ降格することが決定し、カンナヴァーロやなど多くのチームメイトが移籍していく中、やらと同じくユーヴェに残留する意向であることを代理人を通じてラジオで発表した。 、での活躍により受賞が噂されたが、投票の結果2位に終わり、のチームメイトであるカンナヴァーロにその栄誉を譲った。 2006-07シーズンでは、チーム最多となる38試合に出場し、ユーヴェをセリエB優勝に導いた。 シーズン中から出場のため、他チームへ移籍するのではないかと噂されたが、シーズン終了後にユーヴェとの契約をまで延長した。 2007-08シーズンでは、にユーヴェとの契約をまで延長した。 2009-10シーズンでは、シーズン開幕から好調を維持していたが、に左の手術を行った。 その後、のため手術を受けた。 11月に練習に復帰し、12月にはベンチ入りも果たしたが暫くはの控えとして過ごした。 の5回戦の戦で実戦復帰。 その後の戦でリーグ戦初出場を果たした。 このシーズンは、本来のプレーには程遠く移籍後最少の16試合の出場に留まり、チームも7位に沈んでチャンピオンズリーグはおろかの出場権すら獲得できなかった。 チームはセリエA最小失点(20失点)で2002-03シーズン以来9年ぶりの優勝(38戦無敗)に貢献した。 また、個人的にもサッカー統計組織「 」が21世紀のベストGKランキングを発表し、1位に選ばれた。 2015-16シーズン2016年3月20日のとので1993-94シーズンに元イタリア代表GKが記録した929分のセリエAにおける無失点記録を更新する「974分」の無失点記録を達成。 2016-17シーズン、10月、ゴールキーパーとしては初の、ゴールデンフットアワードを受賞 、1月には11度目のセリエA最優秀ゴールキーパー賞、またセリエAベストイレブンに選ばれた。 2017年3月19日の戦ではユベントスにおいて史上最多出場記録となる3万9706分を記録した。 チャンピオンズリーグ準決勝とのファーストレグの試合でチャンピオンズリーグ100試合出場を達成。 またモナコの決定機を数回防ぎ、チャンピオンズリーグ史上初の6試合連続無失点試合を達成した。 チームはセリエAとコッパ・イタリアと史上初の3年連続国内二冠を達成し、でもブッフォン自身3度目となる決勝へ進出した。 しかし、でのとの決勝ではに2ゴールを決められるなど4失点を喫し1-4で敗れ、またしても初のチャンピオンズリーグのタイトルを逃した。 2016年11月にはのが、退団予定のあったの後釜を獲るべくオファーを送ったが、重要な戦力であるとしてユーヴェ側が放出を拒んだ。 2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦では0-3とリード(トータルスコアでは3-3)の中、試合終盤にPKの判定を不服とし審判に猛抗議、退場処分となった。 この1点が試合を決め、2試合合計3-4で敗れた。 その後は主催大会3試合の出場停止処分を科すと発表した。 2018年5月17日、会見を開きシーズン終了後にユーヴェを退団すると発表した。 セリエAで前人未踏の7連覇を成し遂げ、最終節で退団のセレモニーが行われた。 パリ・サンジェルマン [ ] 2018年7月6日、(以下パリSGと表記)と1年契約を締結した。 ブッフォンにとっては初のイタリア外でのプレーとなる。 契約には1年の契約延長オプションが含まれている。 の開幕戦戦で先発出場、カーンを無失点に抑えパリSGでデビューを果たした。 2019年2月12日に行われたCLラウンド16・1stレグの戦に先発出場。 チームはアウェイ、オールド・トラッフォードでの試合となったが0-2で勝利を収めた。 ブッフォンは、この試合を無失点で終え、CL通算50回目のクリーンシートを達成。 、に次ぐ歴代3人目となる偉業を成し遂げた。 2019年6月、パリSGとの契約を延長せず、退団することを発表。 ユヴェントスへの帰還 [ ] 2019年7月3日、古巣ユヴェントスに1年契約で復帰した。 背番号はパルマ時代と同じ77番。 代表経歴 [ ] イタリア代表でのブッフォン(2006年) にで行われた欧州予選プレーオフ・戦の第1戦でデビュー(の負傷による途中出場)。 ちなみに18歳11ヶ月での代表デビューはのGK史上2番目の若さである。 では、20歳で最終メンバーに選出されるも出場機会はなく、チームは準々決勝でに敗れた。 では、大会直前に左手を故障し、メンバーに選出されなかった。 では、正GKとしてプレーするも、ベスト16でに敗退。 4試合出場5失点。 では、正GKとしてプレーし3試合2失点(うちPKで1失点)という結果だったものの、チームはグループリーグ敗退。 では、自身のサッカー賭博疑惑による試合への影響が心配されたが、大会7試合を通じて2点しかゴールを許さず(1点はの、1点はのPKからの失点であり、試合の流れの中でゴールを割られることはなかった。 また、も活躍し、後にバロンドールを二人で争うこととなる)、さらに、史上4番目の長さとなる460分連続無失点という記録を達成し、イタリアを優勝に導き、最優秀ゴールキーパーとして賞を受賞した。 では、調子の上がらないチームの中、グループリーグ第2節の戦でのPKを止めるなど活躍を見せたが、チームは準々決勝でにPK戦の末、敗れた。 また、大会直前にファビオ・カンナバーロが負傷離脱したため、ルーマニア戦を除く3試合をキャプテンとして臨んだ。 4試合出場4失点。 に行われたとの親善試合で、イタリア代表史上4人目(GKとしては2人目)となる100試合出場を達成。 では、グループリーグ第1節の戦でにより前半のみの出場で交代。 その後の試合は欠場し、イタリアも1勝もできないままグループリーグ最下位で大会を終えた。 1試合出場1失点。 に行われたとの親善試合で、の持つイタリア代表GKの出場記録、112試合に肩を並べた。 にはキャプテンとして臨んだ では、脱カテナチオを図った新生イタリア代表のキャプテンとしてゴールマウスを守り、決勝に進出。 グループリーグ初戦で対戦したスペインと優勝を争うが、豊富な運動量が要求されるシステムに対し選手達の疲労はピークに達しており、チームは為す術もなく敗退。 準優勝に終わった。 自身は決勝こそ4ゴールを許したものの安定したセービングを披露。 初戦のスペイン戦ではのドリブル突破に対し自ら飛び出してボールを奪うなど足元の技術の高さも見せつけた。 では、、に次いで史上3人目となるワールドカップ5大会連続メンバー入りを果たした。 戦と戦に出場し、いずれも1失点ずつ。 が最後の国際大会になると述べたが 、代表でのプレーをまで延長する意向を示した。 でもキャプテンとしてプレー、ドイツ戦ではとの1対1を止め、このプレーがUEFAセーブオブザシーズンにノミネートされた。 ではにプレーオフで敗れて2017年11月13日に代表引退を表明した 、その後2018年3月のアルゼンチンとの親善試合では暫定監督の求めに応じ代表復帰した。 人物 [ ]• 父親のアドリアーノは、母親のマリアは、2人の姉は共にの選手、そしてのイタリア代表正GKを親戚(祖父の従兄弟)に持つというスポーツ一家に生まれた。 幼少時は「よく点を決めていた」と本人が語るように、州選抜に選出されたり、1988-89シーズン、で行われた対の前座試合に出場するなどや右(少年時代の憧れの選手は)として活躍。 しかし、12歳のとき「とりあえず1年間だけGKをやってみよう」とGKに挑戦。 その年に開催されたのGK、のプレーに感化されGKへ転向した。 2007年12月、長男が誕生し憧れのプレーヤー「トーマス・ヌコノ」から名前を取って「ルイス・トーマス」と名づけている。 2011年にチェコ人モデルのと結婚したが、自身の不倫が原因で2014年5月に離婚した。 プレースタイル・評価 [ ]• のは「あまりにも多くの才能に恵まれ、冷静でチーム全体に良い影響を及ぼしている」と評価している。 が発表した「21世紀のベストGK」では1位に選出された。 背番号にまつわるエピソード [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年10月)• 2000-2001年シーズン開幕前に背番号88で選手登録を行ったが、の市民団体の猛反発に会い、結局背番号77に変更した。 ブッフォンは前年に的スローガン「降伏する人々への死」と書かれたシャツを着て問題になるなど、ネオナチ主義者であると言う噂がイタリア国内では流れていたために問題化した。 この件について、本人は「今年は怪我をする前の状態に戻らなければならないし、私の個性を見せる大切なシーズン。 『誰でも玉が1つある』って決まり文句がある。 8は玉が2つでできてる数字だ。 88なら4つの玉を持てるじゃないか」と弁明している。 更に本人によると、最初は00や01の背番号を希望していたらしいが、協会から駄目出しを受けて88番を選んだとのこと。 翌年のユーヴェ移籍時に背番号に希望があるか聞かれた際には「問題になるといけないので、クラブに任せる」と答えている。 なお元々ユーヴェはあまり大きい背番号を認めておらず、以前にが背番号99の希望を出した時は却下されている。 2019年にユーヴェに復帰した際は77番を選んでいる。 「77番は僕の歴史を表しているんだ。 (プロデビューを飾った)パルマでこの背番号をつけた。 そして幸運をもたらしてくれたんだ。 個人成績 [ ] 2018年 5月24日現在 クラブ シーズン 背番号 セリエ コッパ その他 シーズン通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 1995—96 12 9 0 1 0 0 0 — 10 0 1996—97 27 0 1 0 1 0 0 0 29 0 1997—98 1 32 0 6 0 8 0 — 46 0 1998—99 34 0 10 0 11 0 — 55 0 1999—00 32 0 0 0 9 0 1 0 42 0 2000—01 77 34 0 2 0 7 0 — 43 0 通算 168 0 20 0 36 0 1 0 225 0 2001—02 1 34 0 1 0 10 0 — 45 0 2002—03 32 0 0 0 15 0 1 0 48 0 2003—04 32 0 0 0 6 0 1 0 39 0 2004—05 37 0 0 0 11 0 — 48 0 2005—06 18 0 2 0 4 0 0 0 24 0 2006—07 37 0 3 0 — 40 0 2007—08 34 0 1 0 — 35 0 2008—09 23 0 2 0 5 0 — 30 0 2009—10 27 0 1 0 7 0 — 35 0 2010—11 16 0 1 0 — 17 0 2011—12 35 0 0 0 — 35 0 2012—13 32 0 1 0 10 0 1 0 44 0 2013—14 33 0 0 0 14 0 1 0 48 0 2014—15 33 0 0 0 13 0 1 0 47 0 2015—16 34 0 0 0 8 0 1 0 43 0 2016—17 30 0 0 0 11 0 1 0 42 0 2017-18 21 0 3 0 9 0 1 0 34 0 通算 509 0 15 0 124 0 8 0 656 0 2018-19 1 17 0 2 0 5 0 1 0 25 0 総通算 694 0 31 0 165 0 11 0 901 0 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• 1993年 - 準優勝• 1996年 - 優勝• 1996年 - グループリーグ敗退• 1998年 - ベスト8• 2002年 - ベスト16• 2004年 - グループリーグ敗退• 2006年 - 優勝• 2008年 - ベスト8• 2009年 - グループリーグ敗退• 2010年 - グループリーグ敗退• 2012年 - 準優勝• 2013年 - 3位• 2014年 - グループリーグ敗退• 2016年 - ベスト8 代表試合数 [ ] 国際Aマッチ 176試合 0得点(1997年-2018年) 年 出場 得点 1997 1 0 1998 3 0 1999 8 0 2000 4 0 2001 7 0 2002 12 0 2003 7 0 2004 12 0 2005 3 0 2006 15 0 2007 8 0 2008 9 0 2009 11 0 2010 2 0 2011 10 0 2012 12 0 2013 16 0 2014 8 0 2015 8 0 2016 13 0 2017 8 0 2018 1 0 通算 176 0 タイトル [ ] クラブ [ ]• :1回 1998-99• :1回 1999• :1回 1998-99• :9回 2001-02, 2002-03, 2011-12, 2012-13, 2013-14, 2014-15, 2015-16, 2016-2017, 2017-2018• :1回 2006-07• :4回 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18• :5回 2002, 2003, 2012, 2013, 2015• :1回 2018• :1回 2018-19 代表 [ ]• :1回 2006• :1回 1996 個人 [ ]• 賞:1回 2006• 最優秀選手賞:1回 2002-03• :4回(2003, 2004, 2006, 2016、2017)• GK部門:3回 2004, 2005, 2006• :2回 2002-03, 2016-17• :3回 2003, 2016, 2017• 最優秀GK:6回 1998-99, 2000-01, 2001-02, 2002-03, 2004-05, 2005-06• :2回 2002-03, 2016-17• :3回 2006, 2007, 2017• 選定年間最優秀GK:5回 2003, 2004, 2006, 2007, 2017• :1回 1999• :1回 2004• ベストチーム:1回 2014-15 脚注 [ ] 出典 [ ] []• や提供のなど• goal. com 2012年5月6日. 2012年5月29日閲覧。 Football Italia 2016年3月11日. 2016年3月11日閲覧。 Seba Rossi beaten] Italian. La Gazzetta dello sport 2016年3月20日. 2016年3月20日閲覧。 calciomercato 2016年10月11日. 2016年10月11日閲覧。 Il Corriere dello Sport 2017年1月30日. 2017年1月31日閲覧。 fourfourtwo. com 2017年3月19日. 2017年3月19日閲覧。 に次いで史上2番目• BBC Sport 2017年5月3日. 2017年5月5日閲覧。 スポニチ 2016年11月26日• - ゲキサカ 2018年6月6日• Goal. com 2018年5月17日• Site officiel du club PSG 2018年7月7日• 2019年9月5日閲覧。 JuventusFC 2019年7月3日. 2019年9月27日閲覧。 rsssf. com. 2016年10月21日閲覧。 UEFA. com 2016年5月29日. 2016年6月1日閲覧。 Football Italia 2016年1月25日. 2016年1月25日閲覧。 UEFA. com 2016年7月25日. 2016年7月26日閲覧。 AFPBBニュース 2014年5月21日. 2014年5月21日閲覧。 realmadrid. html• Narinari. com 2012年2月19日. 2015年5月30日閲覧。 - サッカーダイジェスト 2019年7月5日• UEFA. com. Union of European Football Associations 2015年6月9日. 2015年6月9日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 — 主催大会成績• gianluigibuffon -.

次の

姜葱醤(ジャンツォンジャン)

ジャン ツォン ジャン

Events• Game 1 - Jan-Lennard Struff - holds to love• Game 2 - Jan-Lennard Struff - breaks to 30• Game 3 - Jan-Lennard Struff - holds to love• Game 4 - Jo-Wilfried Tsonga - holds to 40• Game 5 - Jan-Lennard Struff - holds to 30• Game 6 - Jo-Wilfried Tsonga - holds to 15• Game 7 - Jan-Lennard Struff - holds to love• Game 8 - Jan-Lennard Struff - breaks to 30• Game 9 - Jan-Lennard Struff - holds to love• Game 10 - Jo-Wilfried Tsonga - holds to 30• Game 11 - Jo-Wilfried Tsonga - breaks to 30• Game 12 - Jo-Wilfried Tsonga - holds to 30• Game 13 - Jan-Lennard Struff - holds to 40• Game 14 - Jo-Wilfried Tsonga - holds to 40• Game 15 - Jan-Lennard Struff - holds to 15• Game 16 - Jo-Wilfried Tsonga - holds to 15• Game 17 - Jan-Lennard Struff - holds to 15• Game 18 - Jo-Wilfried Tsonga - holds to 15• Game 19 - Jan-Lennard Struff - holds to 30• Game 20 - Jo-Wilfried Tsonga - holds to love• Game 21 - Jan-Lennard Struff - holds to 30• Game 22 - Jo-Wilfried Tsonga - holds to 30• Game 23 - Jan-Lennard Struff - holds to 30• Game 24 - Jo-Wilfried Tsonga - holds to love• Game 25 - Jan-Lennard Struff - holds to 30• Game 26 - Jo-Wilfried Tsonga - holds to love• Game 27 - Jan-Lennard Struff - holds to love• Game 28 - Jo-Wilfried Tsonga - holds to 30• Game 29 - Jan-Lennard Struff - holds to 30• Game 30 - Jo-Wilfried Tsonga - holds to love• Set 3 tie break score 6-8.

次の

ジャンルイジ・ブッフォン

ジャン ツォン ジャン

そして、ジュディアン・ヒルズの標高の高い地点に最初に開墾し、そこから自社瓶詰を行ったパイオニアでもあります。 ツォラ・ヴィンヤーズの畑は、海岸沿いの平野から切り立った標高650m地点の高地にあり、石灰岩質土壌を豊富に含むテラ・ロッサ土壌と、夏場乾燥し一日を通して大きな寒暖差が生じる気候を持つことから、ブドウ栽培に最適な環境が揃い、ジュディアン・ヒルのユニークなテロワールを映し出したワインが生み出されています。 現在、ワイナリーでは32ヘクタールのブドウ園を管理し、大きく分けて3つの区画に分類し栽培を行っています。 それぞれの区画は土壌が異なり、優れたバランスを生み出すため、栽培はそれぞれの区画に合わせて作業を行い、区別と選別をしっかりと行います。 つまり、摘芽、グリーンハーヴェスト、選果など各段階においてベストな果実を選び抜いています。 醸造はイスラエル唯一のマスター・オブ・ワインでもあるエラン・ピック氏が行い、コンサルタントには ペトリュスを44年間支えた醸造家、ジャン・クロード・ベルーエ氏が加わるという大変贅沢で夢のある一大プロジェクトです。 彼らが生み出すワインは、ワイン・スペクテーター(2016. 8号)では、120本のワインの中でイスラエル最高得点を叩き出し、マンハッタンのトップレストラン「モダン」等で採用されるイスラエルワインのアイコンブランドとして知られるようになりました。 また、現在のジュディアン・ヒルズの再興は1980年代に始まりましたが、この地は聖書の時代にワイン産業が栄え、ツォラ・ヴィンヤーズはその伝統的なワイン造りの復興に携わることに高い誇りを抱いています。 栽培家、醸造家でもあったロニー・ジェームズ氏(1945-2008)が1993年に設立したツォッラ・ヴィンヤーズ。 ジェームズ氏は若い頃から農業を学び、1980年代後半に長い歴史を持つツォラの畑を継ぎます。 当初は他のブドウ農園と同じく、ブドウ栽培農家として醸造所へブドウを供給していましたが、ツォラの畑のブドウを使ったワインを始めて飲んだ時から、ワインへの深い愛情を抱くようになります。 そして自身の自社ブドウを使ったワイン造りに取り組む決断をしました。 後にジュディアン・ヒルズでのブティックワイナリーの先駆けとして、多くの造り手に影響を与えることになります。 ジェームズ氏は芸術家が作品を造りあげるように、様々な要素・素材を編み込んでワインを生み出していきました。 ブドウの健康や天候の分析、リスクの計算方式も学びましたが、最終的には自分の直感に従いました。 そして、イスラエルワイン文化への高い功績を称えられ、イスラエルの地でテロワールへの理解を深めた先駆者として、"Eshkol Hazahav" Golden Bunch を受賞しました。 そして2008年4月に永眠しました。 創設者であったロニー・ジェームズ氏はワイン造りで最も重要な要素は、高品質なブドウを育てることだと考え、エルサレムの西に何年もかけて最も適切なテロワールを探求し続けました。 そして、ジュディアン・ヒルズの丘から、何世紀もかけて流れてついた石を多く含む土地を1990年代に発見します。 神話でも有名なソレク渓谷の北岸に広がる特別な区画です。 1993年よりカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、そしてソーヴィニヨン・ブランの栽培を開始し、現在ではこの区画も含め、標高の高いジュディアン・ヒルズに3つのブドウ畑を展開し、それぞれの区画の特性を生かしたワイン造りを行っています。 これら畑は等高線に沿った急な斜面に点在し、まるであちこちにしがみつくようかのように広がっています。 ジュディアン・ヒルズの高地は、冬は寒く、短い夏は夜間の気温が急激に下がる為、早朝には霧が発生し地域一帯を冷やしてくれる効果があります。 また辺りの山からの吹きおろしの風と地中海からも風が吹き付けます。 この結果、ブドウの生育期間は大変長くなります。 土壌も多様で、岩の多い石灰質からミネラルが豊富な土壌まで多岐に亘ります。 これらの複雑な要素がからまりあって、表情豊かでバランスに富み、長期熟成に長けたワインがうまれます。 ジュディアン・ヒルズでの近代ワインの幕開けは、1980年代とごく最近の事です。 レストラン経営者のエリ・ベン・ザッケン氏がジュディアン・ヒルに小さな畑を開墾し、小規模でクラフトワイン造りをスタートさせました。 これと時を同じくして、ツォラ・ヴィンヤーズのベテラン栽培家、ロニー・ジェームス氏も自分の畑で栽培するブドウから自社瓶詰でワインを造る決断をしました。 この二人がジュディアン・ヒルズワインのレボルーションを作りました。 それまでのイスラエルでのワイン造りは、栽培農家と醸造家の役割は別で彼らは自分の職務を全うし収穫時以外、殆ど顔を合わすことさえありませんでした。 しかしロニー・ジェームス氏のように、自社畑で育ったブドウを区画分けし、少量でも自分のワインを造る生産者の登場で、イスラエルでも新しい考えが一般化するようになり、ブティックワイナリーが数多く誕生するようになりました。 ジュディアン・ヒルズの丘陵地でのブドウ栽培は1950年代、1960年代に始まり、更に1970年代、1980年代にも広がりを見せますが、これら区画で栽培されたブドウは大きな共同組合に販売され単純なワインのブレンドに使われていました。 『より良いワインを造りたい』という願望は増し、イスラエルの畑は北に東に、更には標高の高い冷涼な土地を求め発展し、ジュディアン・ヒルズでもハイクオリティなワイン醸造に適した新しいブドウ畑が新たに開墾されました。 そして、ここから生まれるワインが高く評価されるようになりました。

次の