フリッツ フォン エリック。 急死、再起不能、自殺……エリック・ファミリーの悲劇とは

ケリー・フォン・エリックとは

フリッツ フォン エリック

ドイツ人ギミックで売ったが、両親がユダヤ系移民だったという説がある。 リング上での実力者振りはもちろんのこと、一緒に来日したミル・マスカラスがゴマをすっていたというぐらいプロモーターとしても威厳を持ち、1975年からはNWA会長も勤めた。 必殺技のアイアンクローは一度つかんだら絶対はなさない。 その握力は130キロを超えていたという。 リング上での栄光とは裏腹に、私生活では5人の息子を事故死で亡くしており、ケネディ家とともに呪われた一家と呼ばれ、晩年は寂しいものだったといわれている。 1997年に肺がんの為他界。 日本プロレス界を支えた外国人レスラーたち。 ファンはみな、「未知の強豪」の来日に胸躍らせ、「悪役レスラー」の場外乱闘に逃げ回った。 懐かしの顔を写真と共に紹介しよう。 息子達も次々とレスラーになったが、長男ケビン以外はみな非業の死を遂げ「呪われたエリック一家」と呼ばれた。 御存知「鉄のツメ一家」の総帥でアイアンクロー&ストマッククローと言えばこの人・・・呪われた一家としてアメリカでもよく取り上げられる。 次男ケビンを除く息子たちは不慮の死(デビットは来日時ホテルで病死・ケリーとマイクは自殺)を遂げた。 大学時代はアメフトの花形プレーヤーとして活躍し、23歳でプロレス入り。 入門当時は本名フレッドアドキッセンとしてファィトしていた。 その後テキサスを基盤としテキサスヘビー・アメリカンヘビータイトル戴冠。 昭和41年初来日以降馬場・猪木等日本勢をクローとラフ殺法で大いに苦しめ昭和48年キラーカールクラップとのコンビでインタタッグを大木&上田組から奪取し米国に持ち帰った。 昭和57年8月ダラステキサススタジアムでキングコングバンディとアメリカンヘビー級タイトルを行い奪取しそれが引退試合となった。 1975年8月NWA会長に就任し、NWA崩壊後はWCCWを設立し新日本と提携しケビン&ケリー兄弟が来日している。 1997年病死。 享年66歳 顔面を掴めば血ダルマにして胃袋を掴めばヘドを吐かせ連戦連勝です。 エリックの鉄の爪は軟式用の野球ボールをパンクさせてリンゴを片手で握り潰してジュースにしてエリックのアイアンクローで頭を掴まれて脳波が狂ったレスラーは5人を超えます。 本気になれば頭がい骨から顔の肉をむしりとることが可能といわれたレスラーです。 ディック・ザ・ブルーザーは警官隊と乱闘してブタ箱入りとなったのは1度ですが、エリックは2度も打ち込まされました。 地上最強の鉄人・ルー・テーズさえ、いつも鉄の爪に血ダルマにされての反則勝ちばかりでエリックに完勝したレスラーはいないです。 ルー・テーズと10数戦してエリックの反則負けは多いのですが、テーズは1度も2フォールを奪えず、エリックは生傷男 ブルーザーを何度もKOしています。 エリックは握力計の針を吹っ飛ばします。 この世界一の握力が顔面と胃袋を掴めば失神させるアイアン・クローが生まれるのです。 こんな、レスラーは2度と出てこないと思います。 鉄人ルー・テーズのバックドロップと並んでエリックのアイアンクローは2大必殺技です。 エリックを超える握力の持ち主はいないでしょう。 驚異的な握力を武器にアイアンクローを開発してエリックは鉄の爪とレスラーたちから恐れられました。 エリックは鉄の爪といわれるアイアンクローで世界中の レスラーたちを苦しめました。 ルー・テーズが最大の苦手にしていた相手の一人でした。 テキサスの帝王の異名を欲しいままにしたレスラーでした。

次の

ジャイアント馬場vsフリッツ・フォン・エリック(1966)

フリッツ フォン エリック

握力計の種類や握り方,情報の信憑性はよくわかりませんのであくまでも参考程度に。 名前 職業 握力 kg ソース フリッツ・フォン・エリック プロレス 130 スポニチ ユーリ・セディフ ハンマー投げ 120~130 wikipedia 琴欧州 相撲 120 日刊スポーツ 室伏広治 ハンマー投げ 120 Wikipedia キム・ヨンヒョン 格闘家 115 日刊スポーツ 魁皇 相撲 110 スポニチ 佐山聡 プロレス 106 日刊スポーツ 下道一徳 アームレスリング 100 NHK 北天佑 相撲 100 日刊スポーツ チェ・ホンマン 格闘家 100 スポニチ 出羽の花 相撲 100 Wikipedia 山本山 相撲 100 スポニチ 宇良 相撲 100 スポニチ 黒川茂高 競輪 99. 9 競輪ステーション ボブ・サップ 格闘家 98 日刊スポーツ 飯野祐太 競輪 98 競輪ステーション M・ピアザ 野球 97. 7 TBSテレビ 露鵬 相撲 95 スポニチ 把瑠都 相撲 93 Wikipedia 千代の富士 相撲 92 Wikipedia 玉鷲 相撲 92 日刊スポーツ 大砂嵐 相撲 91. 6 日本テレビ 脇本直人 野球 91 スポニチ 正代 相撲 91 スポーツ報知 新庄剛志 野球 90 日刊スポーツ 栃ノ心 相撲 90 スポニチ 黒川渉 競輪 90. 0 競輪ステーション 馬場皐輔 野球 90 サンスポ 照ノ富士 相撲 89 日刊スポーツ 金剛 相撲 87 Wikipedia D・オルティス 野球 86. 8 TBSテレビ 碧山 相撲 86 Wikipedia 村田康一 競輪 85. 9 KEIRIN. JP 旭鷲山 相撲 85 スポニチ 岩木山 相撲 85 スポニチ 大東賢 カンフーアームレスラー 85 日本タレント名鑑 貴源治 相撲 85 スポーツ報知 鈴木博志 野球 84 スポーツ報知 山川穂高 野球 83 日刊スポーツ 白鵬 相撲 82. 4 Wikipedia 呉昇桓 野球 82 サンスポ ラミレス 野球 81. 9 テレビ東京 デスパイネ 野球 81. 6 日刊スポーツ 栗山巧 野球 80. 7 TBSテレビ 中村奨吾 野球 80. 3 日刊スポーツ 岩村明憲 野球 80. 2 テレビ東京 白露山 相撲 80 スポニチ 大曲輝斉 ボクシング 80 スポーツ報知 佐々木主浩 野球 80 河北新報社 滝沢正光 競輪 80 日本財団 図書館 レッド吉田 タレント 80 Wikipedia 陽翔山 相撲 80 スポーツ報知 野村政孝 サッカー 80 Wikipedia ガイエル 野球 78. 5 TBSテレビ 稲毛健太 競輪 78. 1 競輪ステーション 馬渕智史 競輪 78 KEIRIN. JP 松谷秀幸 競輪 78 競輪ステーション 高橋義秋 競輪 78 競輪ステーション 松井稼頭央 野球 77. 3 スポニチ 菅谷隆司 競輪 77 競輪ステーション 野村克也 野球 76 週刊ベースボール レイザーラモンHG タレント 75 テレビ朝日 朝青龍 相撲 75 スポニチ 千代大海 相撲 75 スポニチ 玉乃島 相撲 75 スポニチ 雅山 相撲 75 スポニチ 細川成也 野球 74. 3 横浜ウォーカー 内川聖一 野球 74 ソフトバンク 川原弘之 野球 74 ソフトバンク 正木健人 柔道 73. 5 exciteニュース ケイン・コスギ タレント 73 YAHOO! ニュース 秋山幸二 野球 72 ソフトバンク 青木功 ゴルフ 72 ワコール ピント 野球 70 ソフトバンク 日馬富士 相撲 70 スポニチ 吉田沙保里 レスリング 55 スポニチ 未確定リスト 本人が否定,ソースが無い等の場合はこちらです。 ウラが取れ次第上のリストに組み込まれます。 名前 職業 握力 kg ソース マグナス・サミュエルソン アスリート 192 Wikipedia アラン・カラエフ 格闘家 180 日刊スポーツ 金井義信 アームレスリング 130 - キラー・カール・クラップ プロレス 110 - 大山倍達 空手家 100 - ゲーリー・グッドリッジ 格闘家 100 - 神田正輝 タレント 100 - 石浦 相撲 100 - 山口智充 タレント 100 - 稀勢の里 相撲 87 - 高橋名人 ゲーム関係者 85 - 宮崎大輔 ハンドボール 85 - 小錦 相撲 80 - 武井壮 タレント 76 twitter 錦織圭 テニス 75 - 糸井嘉男 野球 70 -.

次の

1975

フリッツ フォン エリック

巨大な手のひらが生み出す握力は120kgを超える 一説には200kgとも といわれ、その驚異の握力からなる必殺技「アイアンクロー」を武器にトップに君臨したプロレス界のレジェンドだ。 オールドファンには、ジャイアント馬場との名勝負が思い起こされるのではないか。 そして同時に、その栄光の陰にある悲劇も思い起こさずにはいられないのである……。 街を牛耳る存在にまでなったフリッツ・フォン・エリックだったが…… フリッツは、地元テキサス州ダラスにプロレス団体を設立。 同団体のオーナー兼エースとして活躍し、引退後もプロモーターとして一時代を築いている。 ダラスではホテル、スーパー、そして銀行まで経営していたというから、まさにアメリカン・ドリームを体現した成功者だ。 子宝にも恵まれ6人の息子が誕生したフリッツ。 自分と同じようにプロレスの世界チャンピオンに育て上げる夢を抱いていたが、長男が6歳で事故死 誤って高圧線に触れての感電死 という不幸に見舞われてしまう。 残った5人の息子達は皆プロレスラーになったのだが、本当の悲劇はこれからだった……。 急死、再起不能、自殺……不幸に見舞われ続けるフリッツの息子たち 84年2月、三男のデビッドが全日本プロレス来日時に内臓疾患により、25歳の若さで急死してしまう。 素質も体格も兄弟の中でもっとも恵まれており、当時の世界最高峰のベルト「NWA世界ヘビー級王座」目前とされた逸材の突然死は、新聞やテレビでも報道されるほどに、ショッキングでセンセーショナルなニュースだった。

次の