いろいろいんぷ。 遊酔食探訪 二代目 つじ田

遊酔食探訪 二代目 つじ田

いろいろいんぷ

ミステリーツアー・2018春、続きです。 の後に行ったのは、オレンジハットでした。 そうそう! このフォント!! 写真がなくてアレですが、道路沿いの看板にはあの「帽子とヒゲ」のロゴマークもありました。 懐かしや。 おそらく40歳以上ですよね、オレンジハットでハッとする方は(ダジャレ)。 ナウなヤングたちは「なにそれイエローハットのパクリ?」て感じかも。 オレンジハットは、いわゆる。 コインスナックとも呼ばれますが、自動販売機で食べ物を提供するドライブイン的なお店です。 テーブルはスペースインベーダーなどのゲーム機になってるものもあって(テーブル筐体)、ゲーセンとしての役割も果たしてました。 というかむしろ、ゲーム目当てに行くのが普通。 インベーダーブームが起こったのは、昭和55年の前後くらい。 藪塚店では、その当時よく見かけたレトロな自販機たちが今も現役で稼働してます。 うどん・そば! ラーメン・うどん! ハンバーガー! トーストサンド! あったあった、こういうの! なつかし~!(涙) レトロ自販機のオンパレード、しばしの間タイムリープ。 ここだけ時代が昭和で止まってる。 ですが感傷に浸ってばかりもいられません。 いよいよ中身の確認です。 まず、天ぷらそば。 座ってますけど、ほぼ立ち食いそば。 毎回言うけど、うどんよりそば派!(毎回言うけど、どうでもいい情報!) 続いてトーストサンド。 ちゃんとトースト、焦げ目つき。 四角いプレスハムに、ピザ用とおぼしきチーズ、パンに塗られたマーガリン。 販売するのは自動でも、中身は人間が毎日補充してるわけだから、システム全体として見れば半自動。 不完全な良心回路を持つキカイダーのようです(伝わりにくい例え)。 昔は、新潟県内にもオレンジハットが何店舗かありました。 三条市だと国道8号沿い、パチンココスモの隣。 できたころはまだ南蒲原郡栄村? もう栄町だったかな? 四日町や西大崎にもあったかな? それは別のゲーセンかな? 自分はゲームとかがまったく苦手だったので、入り浸るようなことはなかったのですが、オレンジハットに行けば誰か知り合いや先輩がいる。 住んでるの?」ってくらい、いる。 いわば、一種の社交場。 そんなオレンジハットも、現代的なゲーセンやコンビニとかが普及したためか数を減らしていき、いつしか新潟県内からは姿を消しました。 大人になってからは、オートバックスとイエローハットがトリガーになって蘇る記憶の中でしか会えませんでしたが、ここでまさかの再会。 さすがミステリーツアー! ヨッ、ナイスミステリー! ちなみにですが、イエローハットは新潟県内ではオレンジハットより後にできた記憶なのですが、どうでしょう? 子供の頃、「イエローハットってオレンジハットのパクリかな?」って思った方もいらっしゃるのでは? 改めてオレンジハットについて調べてみますと、というところが本社? 本部? みたいでした。 ミトミは群馬県の会社で、そのためにオレンジハットも群馬県内に多く残ってるのだそうです。 現時点では新町店、茂呂店、沖之郷店、それと今回立ち寄った藪塚店の4店舗みたいです。。 公式サイトもあるのですが、稼働してないようなので、代わりに以下をご覧ください。 群馬までドライブがてらレトロ自販機めぐりってのも、なかなか乙だと思います。 レッツゴー群馬! ごちそうさまでした。。。。 お店の住所: コメントの投稿 コメントは、管理人の承認後に表示されます。 管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。 また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。 メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。 コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。 JavaScriptが無効になっています。 JavaScriptが無効になっていると、コメントを送信しても無視されます(スパム対策)。

次の

株式会社ベルモント

いろいろいんぷ

ミステリーツアー・2018春、続きです。 の後に行ったのは、オレンジハットでした。 そうそう! このフォント!! 写真がなくてアレですが、道路沿いの看板にはあの「帽子とヒゲ」のロゴマークもありました。 懐かしや。 おそらく40歳以上ですよね、オレンジハットでハッとする方は(ダジャレ)。 ナウなヤングたちは「なにそれイエローハットのパクリ?」て感じかも。 オレンジハットは、いわゆる。 コインスナックとも呼ばれますが、自動販売機で食べ物を提供するドライブイン的なお店です。 テーブルはスペースインベーダーなどのゲーム機になってるものもあって(テーブル筐体)、ゲーセンとしての役割も果たしてました。 というかむしろ、ゲーム目当てに行くのが普通。 インベーダーブームが起こったのは、昭和55年の前後くらい。 藪塚店では、その当時よく見かけたレトロな自販機たちが今も現役で稼働してます。 うどん・そば! ラーメン・うどん! ハンバーガー! トーストサンド! あったあった、こういうの! なつかし~!(涙) レトロ自販機のオンパレード、しばしの間タイムリープ。 ここだけ時代が昭和で止まってる。 ですが感傷に浸ってばかりもいられません。 いよいよ中身の確認です。 まず、天ぷらそば。 座ってますけど、ほぼ立ち食いそば。 毎回言うけど、うどんよりそば派!(毎回言うけど、どうでもいい情報!) 続いてトーストサンド。 ちゃんとトースト、焦げ目つき。 四角いプレスハムに、ピザ用とおぼしきチーズ、パンに塗られたマーガリン。 販売するのは自動でも、中身は人間が毎日補充してるわけだから、システム全体として見れば半自動。 不完全な良心回路を持つキカイダーのようです(伝わりにくい例え)。 昔は、新潟県内にもオレンジハットが何店舗かありました。 三条市だと国道8号沿い、パチンココスモの隣。 できたころはまだ南蒲原郡栄村? もう栄町だったかな? 四日町や西大崎にもあったかな? それは別のゲーセンかな? 自分はゲームとかがまったく苦手だったので、入り浸るようなことはなかったのですが、オレンジハットに行けば誰か知り合いや先輩がいる。 住んでるの?」ってくらい、いる。 いわば、一種の社交場。 そんなオレンジハットも、現代的なゲーセンやコンビニとかが普及したためか数を減らしていき、いつしか新潟県内からは姿を消しました。 大人になってからは、オートバックスとイエローハットがトリガーになって蘇る記憶の中でしか会えませんでしたが、ここでまさかの再会。 さすがミステリーツアー! ヨッ、ナイスミステリー! ちなみにですが、イエローハットは新潟県内ではオレンジハットより後にできた記憶なのですが、どうでしょう? 子供の頃、「イエローハットってオレンジハットのパクリかな?」って思った方もいらっしゃるのでは? 改めてオレンジハットについて調べてみますと、というところが本社? 本部? みたいでした。 ミトミは群馬県の会社で、そのためにオレンジハットも群馬県内に多く残ってるのだそうです。 現時点では新町店、茂呂店、沖之郷店、それと今回立ち寄った藪塚店の4店舗みたいです。。 公式サイトもあるのですが、稼働してないようなので、代わりに以下をご覧ください。 群馬までドライブがてらレトロ自販機めぐりってのも、なかなか乙だと思います。 レッツゴー群馬! ごちそうさまでした。。。。 お店の住所: コメントの投稿 コメントは、管理人の承認後に表示されます。 管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。 また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。 メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。 コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。 JavaScriptが無効になっています。 JavaScriptが無効になっていると、コメントを送信しても無視されます(スパム対策)。

次の

株式会社ベルモント

いろいろいんぷ

ミステリーツアー・2018春、続きです。 の後に行ったのは、オレンジハットでした。 そうそう! このフォント!! 写真がなくてアレですが、道路沿いの看板にはあの「帽子とヒゲ」のロゴマークもありました。 懐かしや。 おそらく40歳以上ですよね、オレンジハットでハッとする方は(ダジャレ)。 ナウなヤングたちは「なにそれイエローハットのパクリ?」て感じかも。 オレンジハットは、いわゆる。 コインスナックとも呼ばれますが、自動販売機で食べ物を提供するドライブイン的なお店です。 テーブルはスペースインベーダーなどのゲーム機になってるものもあって(テーブル筐体)、ゲーセンとしての役割も果たしてました。 というかむしろ、ゲーム目当てに行くのが普通。 インベーダーブームが起こったのは、昭和55年の前後くらい。 藪塚店では、その当時よく見かけたレトロな自販機たちが今も現役で稼働してます。 うどん・そば! ラーメン・うどん! ハンバーガー! トーストサンド! あったあった、こういうの! なつかし~!(涙) レトロ自販機のオンパレード、しばしの間タイムリープ。 ここだけ時代が昭和で止まってる。 ですが感傷に浸ってばかりもいられません。 いよいよ中身の確認です。 まず、天ぷらそば。 座ってますけど、ほぼ立ち食いそば。 毎回言うけど、うどんよりそば派!(毎回言うけど、どうでもいい情報!) 続いてトーストサンド。 ちゃんとトースト、焦げ目つき。 四角いプレスハムに、ピザ用とおぼしきチーズ、パンに塗られたマーガリン。 販売するのは自動でも、中身は人間が毎日補充してるわけだから、システム全体として見れば半自動。 不完全な良心回路を持つキカイダーのようです(伝わりにくい例え)。 昔は、新潟県内にもオレンジハットが何店舗かありました。 三条市だと国道8号沿い、パチンココスモの隣。 できたころはまだ南蒲原郡栄村? もう栄町だったかな? 四日町や西大崎にもあったかな? それは別のゲーセンかな? 自分はゲームとかがまったく苦手だったので、入り浸るようなことはなかったのですが、オレンジハットに行けば誰か知り合いや先輩がいる。 住んでるの?」ってくらい、いる。 いわば、一種の社交場。 そんなオレンジハットも、現代的なゲーセンやコンビニとかが普及したためか数を減らしていき、いつしか新潟県内からは姿を消しました。 大人になってからは、オートバックスとイエローハットがトリガーになって蘇る記憶の中でしか会えませんでしたが、ここでまさかの再会。 さすがミステリーツアー! ヨッ、ナイスミステリー! ちなみにですが、イエローハットは新潟県内ではオレンジハットより後にできた記憶なのですが、どうでしょう? 子供の頃、「イエローハットってオレンジハットのパクリかな?」って思った方もいらっしゃるのでは? 改めてオレンジハットについて調べてみますと、というところが本社? 本部? みたいでした。 ミトミは群馬県の会社で、そのためにオレンジハットも群馬県内に多く残ってるのだそうです。 現時点では新町店、茂呂店、沖之郷店、それと今回立ち寄った藪塚店の4店舗みたいです。。 公式サイトもあるのですが、稼働してないようなので、代わりに以下をご覧ください。 群馬までドライブがてらレトロ自販機めぐりってのも、なかなか乙だと思います。 レッツゴー群馬! ごちそうさまでした。。。。 お店の住所: コメントの投稿 コメントは、管理人の承認後に表示されます。 管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。 また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。 メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。 コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。 JavaScriptが無効になっています。 JavaScriptが無効になっていると、コメントを送信しても無視されます(スパム対策)。

次の