ダイム。 10セント硬貨 (アメリカ合衆国)

ハーフダイム

ダイム

それでも戦うつもりなら、ワープの杖を使って速攻でオルエンを送り込み、タイマンはらせよう。 彼はオルエンで話しかける事が可能で、仲間にこそならないが、代わりに聖なる剣をくれるのだ。 これが騎兵に特効、魔力に補正、2回連続攻撃という チートじみた特性を持つため、ラインハルトと戦うにはうってつけである。 しかもラインハルトの方からはオルエンには攻撃してこない上、敵味方に別れているのにオルエンに支援効果まで与えてくれる。 どこぞのバカ兄貴達にも見習わせたいものである ただ、あくまでラインハルトから仕掛けてこないだけであり、反撃はしてくるので要注意。 もっともこの正攻法では直接兄を殺してしまう非情な戦いとなってしまうが……。 彼の強みの大半を占めるのが、専用武器の「ダイムサンダ」である。 デメリットも勇者シリーズと同じ速さ-5の補正だが、もともと鈍足な彼には大した痛手にはならず、そもそも先手を取るのが前提であればデメリットにすらならない。 素の攻撃は41と低いが、魔防の低い相手にはダイムサンダによる2回攻撃で反撃を許さずに倒しきれる。 ついでに、移動力の高い騎馬ユニットであるためフィールドを縦横無尽に走り回ることが可能。 やといった厄介な弓も射程外から一気に飛び込んで焼き払える。 …さて、ここまで彼の強さを書き連ねてきたが、 もちろん弱点も存在する。 それは 「受けが非常に弱い」こと。 前述の通りダイムサンダによる補正で速さが極端に低いため殆どのキャラに追撃を許してしまい、 守備も魔防も被追撃込みで受けきれるほどの高さではないため、相手の攻撃を許せばあっさりと落ちてしまう。 とにかく相手からの攻撃を許さない立ち回りと位置取りが重要であり、それを怠ればいとも簡単にやられる。 運用の際は再行動スキル、「引き戻し」や「入れ替え」などといった補助スキル持ちのメンバーと併用してヒット&アウェイを心がけたいところ。 守備は27と魔道士にしては高いので前述の「槍殺し」を付けて、騎盾の鼓舞のバフを与えると意外に耐えることもできるが、基本は受けずに倒すことを心がけたい。 はいはいバサークバサーク ていうかバサークの杖を有効に使えるのってここだけじゃね?? -- 名無しさん 2014-07-08 23:37:38• 当時オルエンを捨てイリオスを使っていた俺は、ダイムサンダがそんなに便利なものだとは知らなかったのだ… -- 名無しさん 2014-07-08 23:41:05• バーサク糞噴いた即死じゃん -- 名無しさん 2015-07-21 21:55:54• 彼を連想すると 「オルエン」の項目をだれかお願いします -- 名無しさん 2016-06-04 18:43:17• ピックアップ時にオルエンと一緒に当たって良かった・・・攻撃個体じゃないけど二人ともうちのエースだわ -- 名無しさん 2017-05-19 05:44:30• 何が驚いたってFEHでリフと同じ声ってとこだよ -- 名無しさん 2017-06-08 15:02:41• イシュタルはまだ歩兵ならではのメリット 林に侵入可、騎馬特効を受けない があるからいいけど、他の青魔騎兵はどう差別化するかが課題か・・・しかし今の時代にラインハルトがここまで恐れられるとは思わなかったw -- 名無しさん 2017-06-11 19:51:42• ヴェロニカ皇女が緑魔なのはラインハルトに瞬殺されないために違いないとか思える強さ -- 名無しさん 2017-06-11 22:43:51• 全てがこいつ基準で回ってる環境で草生える。 弱点メタ用意してもそいつらと組ませてさらなる飛躍をするという -- 名無しさん 2017-10-25 16:43:52• 今後ヒーローズの環境においていくら騎馬へのメタスキルが強化されてもコイツだけは絶対に消えないんではないだろうか…最初のピックアップで引いて、なんだこの能力値って思ったけど、使い込むうちにヤバさを理解した -- 名無しさん 2017-12-02 11:18:53• このキャラ人気の勢いでトラナナリメイクとかしないかな? -- 名無しさん 2017-12-02 11:44:35• 査定ブレムだからスキル補正込みのステは関係ないな、神器補正でむしろ若干高い -- 名無しさん 2018-02-03 12:04:32• ポケモンにおけるガブリアスみたいな。 どれだけメタを張られてもそれを逆手に取って強みにして絶対に環境に生き残る的な。 -- 名無しさん 2018-02-07 12:59:49• トードの再来というか生き写しか的な人物だった。 確か生前の十二聖戦士のイラストのアレは… -- 名無しさん 2018-03-22 19:09:11• 突然のマスターソード、どうかお許しいただきたい -- 名無しさん 2018-04-10 18:49:12• 待ち伏せ連続全距離反撃による原作再現、どうかお許し頂きたい -- 名無しさん 2018-04-10 22:19:52• 「ラインハルト様... 宇宙を... 手に入れてください... 」 -- 名無しさん 2018-05-29 20:59:15• 最近までは文章通りだったけど今はオフェリアに出番奪われがち 無凸でもシグルドやインファナルゼフィールをワンパンできるのは強い -- 名無しさん 2018-09-19 13:03:04• FEHでだいぶ成り上がったけど、 FEH以前からこのキャラ好きだったって人どれくらいいるんだろ 因みに自分は野郎には興味ないので使ってません -- 名無しさん 2018-11-27 02:14:25• -- 名無しさん 2018-11-27 06:44:52• ダイムサンダを受けても返り討ちにできるキャラをチームに1体は入れるのはもはや前提みたいな所はある。 攻撃隊系や開幕MAP兵器ぶちこんでくるとか最近の強い奴に比べると対策自体は片手間にできるくらい容易なのが嬉しい。 -- 名無しさん 2019-03-21 16:20:56• まあ普通は眠らせて捕虜にして終章まで見届人をやらせる。 杖使わずとも待ち伏せ持ちにスリープの剣で待たせとけばOK(たまに大盾で弾かれるが) -- 名無しさん 2019-08-12 18:48:03• 誰が呼んだかダイムダンサーに -- 名無しさん 2019-09-07 05:45:52•

次の

株式会社DIME(ダイム) » LED照明&空間デザインの株式会社DIME

ダイム

それでも戦うつもりなら、ワープの杖を使って速攻でオルエンを送り込み、タイマンはらせよう。 彼はオルエンで話しかける事が可能で、仲間にこそならないが、代わりに聖なる剣をくれるのだ。 これが騎兵に特効、魔力に補正、2回連続攻撃という チートじみた特性を持つため、ラインハルトと戦うにはうってつけである。 しかもラインハルトの方からはオルエンには攻撃してこない上、敵味方に別れているのにオルエンに支援効果まで与えてくれる。 どこぞのバカ兄貴達にも見習わせたいものである ただ、あくまでラインハルトから仕掛けてこないだけであり、反撃はしてくるので要注意。 もっともこの正攻法では直接兄を殺してしまう非情な戦いとなってしまうが……。 彼の強みの大半を占めるのが、専用武器の「ダイムサンダ」である。 デメリットも勇者シリーズと同じ速さ-5の補正だが、もともと鈍足な彼には大した痛手にはならず、そもそも先手を取るのが前提であればデメリットにすらならない。 素の攻撃は41と低いが、魔防の低い相手にはダイムサンダによる2回攻撃で反撃を許さずに倒しきれる。 ついでに、移動力の高い騎馬ユニットであるためフィールドを縦横無尽に走り回ることが可能。 やといった厄介な弓も射程外から一気に飛び込んで焼き払える。 …さて、ここまで彼の強さを書き連ねてきたが、 もちろん弱点も存在する。 それは 「受けが非常に弱い」こと。 前述の通りダイムサンダによる補正で速さが極端に低いため殆どのキャラに追撃を許してしまい、 守備も魔防も被追撃込みで受けきれるほどの高さではないため、相手の攻撃を許せばあっさりと落ちてしまう。 とにかく相手からの攻撃を許さない立ち回りと位置取りが重要であり、それを怠ればいとも簡単にやられる。 運用の際は再行動スキル、「引き戻し」や「入れ替え」などといった補助スキル持ちのメンバーと併用してヒット&アウェイを心がけたいところ。 守備は27と魔道士にしては高いので前述の「槍殺し」を付けて、騎盾の鼓舞のバフを与えると意外に耐えることもできるが、基本は受けずに倒すことを心がけたい。 はいはいバサークバサーク ていうかバサークの杖を有効に使えるのってここだけじゃね?? -- 名無しさん 2014-07-08 23:37:38• 当時オルエンを捨てイリオスを使っていた俺は、ダイムサンダがそんなに便利なものだとは知らなかったのだ… -- 名無しさん 2014-07-08 23:41:05• バーサク糞噴いた即死じゃん -- 名無しさん 2015-07-21 21:55:54• 彼を連想すると 「オルエン」の項目をだれかお願いします -- 名無しさん 2016-06-04 18:43:17• ピックアップ時にオルエンと一緒に当たって良かった・・・攻撃個体じゃないけど二人ともうちのエースだわ -- 名無しさん 2017-05-19 05:44:30• 何が驚いたってFEHでリフと同じ声ってとこだよ -- 名無しさん 2017-06-08 15:02:41• イシュタルはまだ歩兵ならではのメリット 林に侵入可、騎馬特効を受けない があるからいいけど、他の青魔騎兵はどう差別化するかが課題か・・・しかし今の時代にラインハルトがここまで恐れられるとは思わなかったw -- 名無しさん 2017-06-11 19:51:42• ヴェロニカ皇女が緑魔なのはラインハルトに瞬殺されないために違いないとか思える強さ -- 名無しさん 2017-06-11 22:43:51• 全てがこいつ基準で回ってる環境で草生える。 弱点メタ用意してもそいつらと組ませてさらなる飛躍をするという -- 名無しさん 2017-10-25 16:43:52• 今後ヒーローズの環境においていくら騎馬へのメタスキルが強化されてもコイツだけは絶対に消えないんではないだろうか…最初のピックアップで引いて、なんだこの能力値って思ったけど、使い込むうちにヤバさを理解した -- 名無しさん 2017-12-02 11:18:53• このキャラ人気の勢いでトラナナリメイクとかしないかな? -- 名無しさん 2017-12-02 11:44:35• 査定ブレムだからスキル補正込みのステは関係ないな、神器補正でむしろ若干高い -- 名無しさん 2018-02-03 12:04:32• ポケモンにおけるガブリアスみたいな。 どれだけメタを張られてもそれを逆手に取って強みにして絶対に環境に生き残る的な。 -- 名無しさん 2018-02-07 12:59:49• トードの再来というか生き写しか的な人物だった。 確か生前の十二聖戦士のイラストのアレは… -- 名無しさん 2018-03-22 19:09:11• 突然のマスターソード、どうかお許しいただきたい -- 名無しさん 2018-04-10 18:49:12• 待ち伏せ連続全距離反撃による原作再現、どうかお許し頂きたい -- 名無しさん 2018-04-10 22:19:52• 「ラインハルト様... 宇宙を... 手に入れてください... 」 -- 名無しさん 2018-05-29 20:59:15• 最近までは文章通りだったけど今はオフェリアに出番奪われがち 無凸でもシグルドやインファナルゼフィールをワンパンできるのは強い -- 名無しさん 2018-09-19 13:03:04• FEHでだいぶ成り上がったけど、 FEH以前からこのキャラ好きだったって人どれくらいいるんだろ 因みに自分は野郎には興味ないので使ってません -- 名無しさん 2018-11-27 02:14:25• -- 名無しさん 2018-11-27 06:44:52• ダイムサンダを受けても返り討ちにできるキャラをチームに1体は入れるのはもはや前提みたいな所はある。 攻撃隊系や開幕MAP兵器ぶちこんでくるとか最近の強い奴に比べると対策自体は片手間にできるくらい容易なのが嬉しい。 -- 名無しさん 2019-03-21 16:20:56• まあ普通は眠らせて捕虜にして終章まで見届人をやらせる。 杖使わずとも待ち伏せ持ちにスリープの剣で待たせとけばOK(たまに大盾で弾かれるが) -- 名無しさん 2019-08-12 18:48:03• 誰が呼んだかダイムダンサーに -- 名無しさん 2019-09-07 05:45:52•

次の

DIME(ダイム)

ダイム

90倍スマホ顕微鏡はどんな付録? 肉眼では見えない細部の様子を楽しめるのが「90倍スマホ顕微鏡」だ。 昆虫や植物の観察をはじめ、肌や毛穴をチェックしたり、日用品や趣味のコレクションなどの細部を拡大して眺めたりと、使い方は無限大! (本誌p. 4より) 使い方無限大、なんて、ワクワクします。 顕微鏡をのぞくのは何年ぶりでしょうか。 本誌3ページには詳しく使用方法が記載されています。 それほど難しくなさそうです。 その状態のまま、スマホのレンズ部と付録の接眼レンズを、重なり合うようにしてセットすれば準備完了。 付属の吸盤を使うと、より安定した状態で観察できる。 (本誌p. 3より) スマホのカメラアプリを起動後、付属の対物レンズを対象物に近づける。 フォーカスダイヤルを回してピントが合うと、対象物の細部がカメラアプリ上に映る仕組み。 周囲が暗くて対象物の細部が見えにくい時は、LEDライトを点灯させるのがおすすめ。 (本誌p. 3より) 本誌には、ネイルや、マスクの表面、万年筆のペン先、コマフィルムを覗いた様子が掲載されています。 なかでも、筆者が面白いと感じたのは、UV-LEDライトを点灯させて、紙幣の隠し文字を見つけるというもの。 なんだか秘密の暗号みたいでさらにワクワクします。 また、単体の顕微鏡として使えるというので、説明通りにクリップ部のアームを左右にひねって外し、グリグリ左右にひねってみましたが、イマイチうまくいきません。 それどころか、一瞬「パキッ!」と、不穏な音が鳴ったので、残念ですがセパレートでの使用はあきらめることにしました・・・。 ) サイズはどれくらい? ショップカードと比べた写真がこちら。 一辺がショップカード短辺と同じくらいです。 )を電池ケースに入れていきます。 なかなかに硬く、力が必要です。 何度か勢いあまって電池が飛び出したりしながらも、無事電池のセットを完了することができました。 【撮影】 次にスマホにセットしますが、ダブルカメラタイプのスマホはどうもぼやけてしまってうまくいかないので、他のスマホで試してみることにします。 iPhone7を借りて装着しました。 どうしてもお札の隠し文字が気になったので、隠し文字撮影に挑戦です! サイドにあるポッチを動かして、ライト点灯させることができます。 いやむしろだからこそ、90倍スマホ顕微鏡のようなグッズは、雑誌の付録として偶然出会うことが楽しいのでは。 2019年の秋以降、スマホ業界は大きな変革の時を迎える。 楽天モバイルがドコモ、au、ソフトバンクに次ぐ第4のMNO(Mobile Network Operator)、いわゆるキャリアとしてサービスを開始し、電気通信事業法の改正に伴って端末価格や契約形態は大きく見直され、来春に向けた5Gのプレサービスがラグビーのワールドカップの開催とともに本格化するなど、トピックスばかり。 端末自体も新型『iPhone』から折りたたみスマホまで注目モデルが登場予定だ。 そんな目の離せないスマホ業界の今を、徹底取材。 〝激変〟の波に乗り遅れるな! 前人未到の『アポロ計画』で台風の目となるか? 10月1日からドコモ、au、ソフトバンクに続く4番目の携帯電話会社としてスタートを切る楽天モバイル。 楽天の三木谷社長は当初から「ネットワークの民主化」を掲げ、安価なサービスの提供で「大きな変化のなかった業界に殴り込みをかける」と明言してきた。 スマホ決済の今がわかる! 4大トピックス最新動スマホ決済が脚光を浴び始めてから1年足らずで利用可能な店舗はあっという間に広がり、サービスの中身も進化。 そして、ポイント還元策開始まで秒読み段階となる中、競争も激化している。 不正利用事件でクローズアップされたセキュリティー問題を含めて、最新動向を追っていこう。 いよいよ10月1日に消費税が引き上げられ、政府のポイント還元策がスタートする。 これに合わせて、新しい決済サービスが開始されたり、大型キャンペーンの実施が予 想されるなど、再びスマホ決済が世間をにぎわせそうだ。 コンビニは実質的な〝値引き? を実施 ポイント還元策は、キャッシュレスで買い物をすると、利用金額の2%または5%のポイントが還元されるというもの。 2%還元の対象はコンビニや外食などのフランチャイズチェーンで、5%還元の対象は中小規模の小売店だ。 秋の味覚がスーパーマーケットの店頭にズラリと並び始めた。 それに呼応するように、 家電や料理道具のメーカーも新製品を投入。 いったい、どれがおいしく作れるのか? 各分野のプロに試してもらい〝食欲の秋〟をとことん堪能できるグルメなモデルを探した 香りや食感、微妙な食味の違いを味わう時代に突入 山形県の『雪若丸』や、宮城県の『だて正夢』など、昨年は米どころで知られる県から独自に開発したブランド米が続々とリリースされ、話題を集めた。 今年はさらに、前年産を大きく上回る作付けが行なわれ、秋から本格的に全国展開しそうな勢いだ。 「10年以上かけて岩手県が開発した『銀河のしずく』や、ポスト・コシヒカリを目指す福井県『いちほまれ』など各県が総力を挙げてお米の開発に取り組み、高い評価を得ています。 今、お米のレベルは最高潮。 選ぶ楽しみが増え、気軽に食べ比べられる、こんな時代は今しかないですよ」と話すのは、五ツ星お米マイスターの小池理雄さん。 ミラーレスカメラ 富士フイルム、パナソニック、ソニー 「中判」「フルサイズ」「APS-C」最新モデルの目玉機能は本物か? 2018年にフルサイズミラーレスが出揃ったが、今年も1億画素超の中判モデルが発売され るなど新機種から目が離せない。 そこで最新モデルの目玉機能の実力をチェックした。 昨年、ソニー、キヤノン、ニコンから出揃ったフルサイズミラーレスカメラが一躍トレンドとなったが、引き続き今年もミラーレスカメラの市場は話題に事欠かない。 富士フイルムは中判ミラーレスで、史上初となる1億万画素超えの『GFX100』を発売。 大きくて重いという中判の常識を打ち破る、コンパクトで持ちやすいボディーに強力な手ブレ補正と高速AFで、シルバー世代からの支持を狙う。 パナソニックはフルサイズを極める、高級モデル『LUMIX S1R』を投入。 ローパスフィルターレスの新型センサーは4730万画素を誇る。 また、同機種の対応レンズとして、カメラファンから人気のライカレンズも今後、登場する。 自慢の瞳AFを動物にも対応させるなど、フルサイズ機と同等の機能を搭載する。 センター内の待合所からリニアの入り口へと進むと、飛行機のボーディングブリッジのような「搭乗口」に思わずときめいてしまう。 「入り口から未来の乗り物のようでワクワクしますね!」(久野さん) 動きだすと、床下からゴゴッと音がする。 リニアは時速約150㎞までタイヤで走行。 しかし、しばらくすると音がフッと消えて、「ただいま、浮上走行を開始しました」というアナウンスが。 実験線の終点に近づくと徐々に減速。 時速約150㎞付近で、飛行機の着陸時ほどではないが、軽い衝撃とともにタイヤの音が聞こえ、しばらくして停車した。 その後、向きを変えて時速500㎞でトンネル内を走行したが、耳がツンとすることも、大きく揺れることもなく駆け抜けた。 「品川? 名古屋が最速40分。 早朝に名古屋の喫茶店でモーニングを食べてから都内の会社に出勤なんて、贅沢もできますね」 そんな夢のようなことができる時代が8年後にやってくる。 季節の挨拶、接待、夏の帰省など、手みやげを持参する際に意識せず選んでいるとしたら、損をしているかもしれません。 たかが手みやげ、されど手みやげ。 贈り物次第で初対面の人と打ち解けたり、相手の警戒心を解くことも、自分を強く印象づけることもできます。 達人たちが選ぶ手みやげから最新トレンド、渡し方のコツまでご紹介! ビジネスシーンに限らず、帰省やホームパーティーなど、日常で手みやげを渡す機会は多いもの。 そこから会話が広がることもあり、対人関係における潤滑油としての役割も担う、いわばコミュニケーションツールのひとつだ。 何を贈っていいかわからないという人におすすめなのが、話題の商品や入手しにくい行列店のもの。 これなら、「今話題のお店で」など会話のきっかけとして機能する。 今回、ギフトコンシェルジュの真野知子さんに、手みやげの3大トレンドを教えてもらった。 「まずはクッキー缶。 バリエーション豊富な焼き菓子が少量ずつ入ったアソートタイプが、女性を中心に支持されています」。 社会人のために役立つ情報が掲載されている雑誌の代表格と言えるものに「DIME(ダイム)」があります。 DIME(ダイム)想定読者層は30~40代といった大人の男性とされていますが、掲載されている記事内容は家電製品からマネー、モノ、サービスなど多岐にわたっているため、実際には働く大人のための情報雑誌という位置づけで、特集によっては女性が読んでも面白い内容となっています。 近年は女性の社会進出も増えているため、男女問わずライフハックに注目している人は増加傾向です。 仕事とプライベートの両方を充実させるために役立つ情報が満載のDIME(ダイム)は、バリバリ働くビジネスパーソンにとって取り入れたい特集がたくさん組まれています。 例えば健康を維持するためのトレーニングや食にまつわる情報、今や欠かすことが出来ないクレジットカードのお得な裏技、目まぐるしく変わる家電製品のトレンドなど、知っておくとタメになる情報がたくさん載っているのがDIME(ダイム)の特徴です。 もちろん話題のエンタメ情報や最先端のガジェット情報など、流行に敏感な人にとっても飽きの来ない内容となっています。 時々ついている付録は実用的なものが多いと読者たちの間で評判です。

次の