ほっと もっと 配達。 ほっともっとが宅配をする理由!考えると弁当屋の未来も見えてくる!

ほっともっとののり弁当リニューアル

ほっと もっと 配達

ほっともっとが弁当を「宅配」する理由 ほっともっとが弁当を配達をする理由は、 売上が少ない店舗をアシストする為でしょう。 お客様の為ではなく、自分たちの為にあるシステムと言えます 笑 もちろん、いいんですよ。 自分たちが作ったシステムですので自分たちが都合がよく使わなかったらシステムの無駄だし、宅配はお客様にとって都合がいいです。 誰が見ても便利なサービスですから。 店によって、宅配をしないという事実 しかし、どうやら店ごとに配達をする店としない店があるようです。 この事実は、携帯で確認ができます。 ほっともっとのサイトにネット注文サービスというページがあり、このページから、「お店でお受け取り」か「おうちや職場へお届け」が選べます。 「おうちや職場へお届け」を選択して、試しに自分が住んでいる住所を入力してみると・・・なんと「大変申し訳ございません。 ご指定の住所へお届け可能な店舗はございませんでした。 」と表示されるんです。 先ほども言いましたが、私が住んでいる町内には2軒もあるにもかかわらずです。 まぁ、当たり前と言えば当たり前です。 売上が高い店は、別に宅配をする必要がないんです。 店舗に来てくれるお客様だけで自分たちの売り上げを確保できている証拠。 そこまで売上を追わなくてもいいんでしょう。 「売上が少ない店舗は宅配する」は正論。 宅配には力がある。 そう考えると答えは、自然と出てきます。 要するに、 売上が少ない店舗は宅配をしないといけないということです。 蕎麦屋が出前をする原理と同じです。 ですので、蕎麦を売るノルマをクリアするために、配達をするわけで、弁当屋も弁当販売のノルマがあるわけです。 出前をすれば、届けるという付加価値が付くので、お客様も買いやすいので便利です。 しかも、ほっともっとは店舗の集合体で出来ています。 フランチャイズの店舗もかなりの数があるので、オーナーが各地に点在している状態です。 そのオーナーたちの売上をアシストしてあげないといけない役割があるのは、本部です。 フランチャイズをススメておいて、売上が少なかったら「話が違う!」って思いませんか?その為に、「宅配をして売上の確保ができるよ」って言いたいんでしょう。 でも、本当に、宅配で売上確保できるのかよ!って思われるかもしれませんが、実際に売上は上がるでしょう。 それほど、「宅配」には力があります。 みなさんは、「弁当+配達」のGoogleの検索件数を知っていますか?月に3600回です。 地名を入れたら、もっと多くの検索件数が見込めます。 )お客様は配達を探しているんです。 これは事実で、配達には力があるんです。 ネットの注文システムの告知強化がこれからのポイント! しかしながら、ネットで弁当予約して「お店でお受け取り」サービスは、時間指定もできる為、ものすごく便利だと思います。 よく、ほっともっとで弁当を買うと弁当作成に時間がかかり、当然長い時間待つことになります。 しかも、人気がある為、長蛇の列。 けど、そんな待ち時間が必要ない「お店でお受け取り」サービスは便利と言えます。 ネット注文配達をなくしても「お店でお受け取り」を強化するべきだと私は感じます。 ものすごく使いやすいし、携帯でも見やすい。 お店にお弁当を受け取りに行かないといけませんが、それでも、お客様からは重宝されるシステムとなっているでしょう。 システムを作るって、莫大な金額が必要 弁当受注システムについて、もう一つ言わせていただくと、 普通の弁当屋には開発はできない ということです。 なんせ、莫大なシステム制作費用が必要ですから、普通の弁当屋には作れないでしょう。 ほっともっとだからシステム開発が出来たと言えます。 そして、もっとすごいのが、 フ ランチャイズに加盟すると弁当受注システムを普通に使えてしまうところでしょう。 何千万とするシステムを、加盟料だけで使えるなんて・・・うらやましいです。 普通では出来ない事を、フランチャイズするだけで出来てしまう。 便利な時代になったなぁって思います。 良いシステムなので、告知強化をするべき しかしながら、こんな弁当屋の私でも「ほっともっとのネット注文」は使ったことがありません。 (まぁ、弁当屋なので弁当は自分で作るから当たり前か・・・。 ) 実は、私の周りの人は一度も使ったことがないんです。 こんなに良いシステムなのにです。 もったいない話です。 弁当屋の私が言うから間違いないんですが、本当に使いやすい便利なシステムで、携帯電話の画面にも対応しているし、何よりシンプルで誰でも使える仕様になっています。 あとは、ガンガン告知をするべきですが、まだまだ足りないんでしょう。 よって、告知の強化は必要だと感じます。 ほっともっとから考える弁当屋の未来 ほっともっとを見ていると、今まであった弁当屋達を土台にして弁当業界を進化させせているとものすごく感じます。 弁当の受注システムも、完璧に作り上げている。 フランチャイズ化を着実に全国に増やしている。 弁当業界全体の総売上が上昇しているのもうなずけます。 ほっともっとを見ているともっとすごい未来を見せてくれるような気がします。 本当にドラえもんのような世界が実現する気がします。 例えば、ドローンで宅配とか、弁当の営業はAIとか、調理するのはロボットとか。 すいません、現実的ではありませんね。 ここまで読んでくださった方ごめんなさい。 私が考える未来はこれぐらいです。 しかし、当たらずとも遠からずだと思います。 未来は本当に無限です。 誰もが、「無理だろ~」って思った事が実現しているんです。 ドローンの技術は本当に進化していて、配達ドローンの開発は進んでいます。 弁当の営業は、ネットさまざまな媒体を使いAIが主流になっていきます。 調理ロボットは、実はもう開発されていたりします。 どこかの弁当屋はロボットで盛付けをしています。 未来の弁当屋はすぐそこにあります。 特に、ドローンの配達は現実味を帯びています。 もし、ほっともっとがドローンを使って配達をし始めたら、最高と思いませんか?後は対応できる自分たちでいるかどうかです。 html"].

次の

ほっともっと 関屋店 (HottoMotto)

ほっと もっと 配達

無料がいいけれど、宅配手数料 310円だったら、高くないですよね。 利用したいです。 ほっともっと宅配の注文はいくらから? ほっともっとの宅配は、 商品 1つから注文できる店舗や、 1万円以上購入の場合のみ宅配可能な店舗があります。 また、 商品の価格はテイクアウトの時と同じなので安心ですよ。 ほっともっとの宅配状況 2014年に宮崎県からスタートして全店舗でのサービスが目標でしたが、店舗ごとの事情で現在は 2019年では100店舗での宅配サービスとなってます。 2019年 11月にほっともっとを運営するプレナスから、デリバリーの需要拡大にあわせ、 2020年2月末までには、100店舗から500店舗に拡大していくことを発表しました。 そのために、「出前館」「 Uber Eats」と提携しました。 ほっともっと店舗からの宅配は、本社が福岡県なので、九州・四国・中国地方・近畿地方の店舗が多いです。 スポンサードリンク ほっともっと 宅配 デリバリー4社 ほっともっとは宅配の重要が増えている現状にあわせ、 外部のデリバリー 配達代行業者 と提携して宅配の拡大を進めています。 こちらでは「 出前館」「Uber Eats」「 dデリバリー」「 LINEデリマ」を紹介します。 宅配できる店舗が増えて、外出できないママは助かりますよね! 1. Uber Eatsでほっともっと 宅配 アカウントを作成(メールアドレス・携帯番号・パスワードなどを登録)してから注文する。 マウンテンバイクでの配達スタッフを見かけますよね。 LINEデリマでほっともっと 宅配 ・ 会員登録不要で、 LINEで操作が簡単! ・ LINEポイントがつき、キャンペーンや特典が満載! ・キャンペーン情報を LINEでいち早くゲット! ・ご文受付時間 11:00〜20:00 一部店舗を除く ・ 送料:420円 ・ LINEデリマ注文特典: 1500円以上で注文で 税込、送料含まず 送料360円、310円 ・商品最低個数、宅配の配達料、最低注文金額 800円~あり は店舗により異なる [注意] 宅配料は無料~ 500円ですが、外部のデリバリー 配達代行業者 だと、 商品の価格が1. 8倍になってしまいます。 まとめ 食事を作る時間がなく外出できない時に、ほっともっとの宅配はとても助かります。 ほっともっとからの宅配だったら、テイクアウトと同じ商品価格で、 配達料は310円前後です。 最近は出前館 ・Uber Eats・dデリバリー ・LINEデリマなどの外部デリバリーが増えています。 ただし、商品価格は高くなり、利用できる地域が限られてしまいます。 しかし、宅配利用は毎日の事ではないので、少々高くても利用ありです。 たまには楽をするのもありです。

次の

ほっともっと神田錦町店のお弁当・オードブル配達 −配達可能エリア−

ほっと もっと 配達

店が綺麗だと、入りやすいですよね! ほっともっとは以前からフランチャイズ化を目指しているんですが、最近の展開の仕方は、一味違います。 全国、2700店舗展開している中で、ほっともっと直営店を丸ごと引き継いでもらってフランチャイズ化をしてもらう画期的なフランチャイズを推奨しているんです。 普通は、一から店舗を建てるところからフランチャイズは始まりました。 それが、フランチャイズ化された瞬間からお金が発生するわけですから、時間が圧倒的に短縮されるだけでなく、売上の確保もされている為、リスクが少なくすみます。 どうします? 普通のフランチャイズに手を出して、せっかく作った店にお客様が来なかったら・・・考えただけで恐ろしいです。 しかし、ほっともっとのユニットFC制度には、そのリスクが最小限に抑えられることになります。 なぜなら、 すでにお客様がいるわけですから、売上があるんです。 開業で、こんな安心できることはないです。 ビビりますよ。 美味しいメニューを考えてくれる本部 ほっともっとのメニューは、全国共通メニューです。 しかも、定期的に本部が素敵なメニューを開発してくれる。 メニュー開発のプロが考えたレシピなので安心してお客様に提供することが出来ます。 Twitter上で宣伝しているから、おもしろい。 弁当屋をやったことがない人でも、調理人でない人でも、新しいメニューをほっともっとにいる限り、勝手に出し続ける仕組みがあるんです。 勝手にはちょっと違いますね。 自動的に出し続けるに訂正します。 しかも、お客様の反応も凄くいい事がTwitterのつぶやきを見てもわかります。 8月32日 日。 マックだと同じ値段でもっと量少ないから — D🐷 kazuma2312 普通の弁当屋レベルでは、Twitterにお弁当の事をあんまり褒めてはくれないんですが、こんなつぶやきがTwitterで溢れています。 それぐらい、お客様の支持があるということでしょう。 素敵なメニューを販売できるってすごい事なんです。 だから、ほっともっとのフランチャイズは圧倒的なんです。 低資金で開業が可能! しかも、低資金で開業が可能なんです。 以下が、ほっともっとフランチャイズ資料に書いてある開業資金についてです。 html"] だいたい、弁当屋を開業しようと思うと、1000万円の資金が必要です。 けど、この ユニットFC制度を使えば、300万円以内で開業が可能なんです。 しかも、先ほども言いましたが、ユニットFC制度の場合、開業初日からお客様の確保は出来ている状態です。 売上は、きちんと弁当屋をこなしていけば、キッチリと売上は作れるわけです。 こんな低リスクな開業は圧倒的としか言いようがありません。 弁当屋ノウハウを、最短で手に入れる事が出来る。 しかも、 弁当屋のノウハウを最短で学ぶ研修制度があるんです。 弁当屋のノウハウって、実は結構あって、 弁当作りのノウハウ 接客のノウハウ メニュー開発のノウハウ メニュー作成のノウハウ 電話対応ノウハウ 盛付ノウハウ 仕入れのノウハウ 仕入れ先を探すノウハウ 在庫のノウハウ etc・・・・ 書き出したら止まらないぐらいあります。 しかも、全部大事です。 私がこのノウハウを自力で構築しましたが、10年はかかりました。 それを、3ヶ月ぐらいで学べてしまう・・・。 (私の努力はなんだったんだ・・・) 私がやっていたのが遠回りだったのかなぁって思えてしまいます。 このサイトでも、ちょくちょく上記のノウハウは書いていますが、これを研修で教えてくれるのは、ほっともっとぐらいでしょう。 ほっともっとの研修期間は、決められていてこれを開業前に行うことによって、スムーズな開業をすることが出来ます。 これって、私からしたら、「タダなの?」って思えてしまいます。 それぐらい価値あるノウハウを教えてくれるんです。 ネットの検索数が圧倒的に多い ネットの検索回数は、お客様の動向を見ることが出来る指標の一つ。 キーワードを調べることによって、お客様の興味が理解できます。 「ほっともっと」はブランド力があるが故に、 検索数が圧倒的に多いんです。 凄くないですか? それだけでも、知名度が高いのが分かります。 しかも、「ほっともっと+地名」も多いんです! 例えば、 「ほっともっと+佐賀」なら2900回 「ほっともっと+神戸」なら1300回 「ほっともっと+仙台」なら1000回 みんなが「ほっともっと」を探している決定的な証拠です。 (いろんなキーワードで引き寄せています) どれぐらい圧倒的かが分かります。 こんなに名前が売れているのに、商売が成り立たないってことはあり得ないです。 ユニットFC制度のデメリット 私が考えるユニットFC制度のデメリットは、この2点です。 メニューを自分で考える事が出来ない 弁当屋をやるモチベーションが、「自分でメニューを作って販売したい!」っていう人は、ほっともっとのフランチャイズは向いていません。 弁当屋をやっている人で、自分でメニューを作って販売したい強者は、一定数いて、みなさん素敵な弁当を販売しています。 そんな人に、「ほっともっとの弁当を売ってくれ」って言われても、「自分で作るわ!」っていう話になってしまいます。 そんな人は、ほっともっとのFC制度は向いていないので、自分で開業しましょう。 他の店が問題を起こした時、名前が同じなので巻き添えになる 店舗数が、2700店舗あれば、ちょこちょこ問題も起こるでしょう。 小さい問題ならいいですが、「食中毒」だとブランドに傷が付きます。 飲食には食中毒の問題が付き物で、弁当屋も一生懸命、衛生管理の徹底を行っています。 それでも全国のどこかで必ず食中毒の事故が発生しています。 やっぱり、それは店舗に問題があり、隙があった証拠です。 別の名前で事業を起こしているなら、影響なんてないですが、ほっともっとは全国共通のブランド名で誰もが知っています。 ひとたび事故が発生した場合、火の粉は同じ名前の店舗前部に移り火傷します。 これは、予測もできないし、ほっともっと全体で安全を守り続けるしか方法はありません。 こういうデメリットがあることは知っておいた方がいいです。 しかしながら、ほっともっとで事故の話は聞いたことがありませんので、その点で衛生管理は徹底している証拠でしょう。 まずは、資料請求をしよう! 今回の記事では、ほっともっとのユニットFC制度について、メリットやデメリットなど、あれこれ書いていきました。 もっと書きたいこともありますが、この辺にしておきます。 やっぱり、詳しい話は資料請求して文字で見た方がいいからですからね。 記事の一番下にほっともっとの資料を請求できるリンクを貼っておきますので、そちら資料請求をしてみてください。 それと、ホットモットの凄いところがもう一つ。 全国各地で、ユニットFC説明会が行われているんですよね。 毎月全国です。 ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。 そちらも、下のリンクから説明会の予約ができますよ。 html"].

次の