メモリーズ スピッツ。 メモリーズ

スピッツ メモリーズ 歌詞

メモリーズ スピッツ

ミュージックビデオ - - 「 メモリーズ/放浪カモメはどこまでも」(メモリーズ/ほうろうカモメはどこまでも)は、の・の通算22作目ので、。 2000年6月21日により発売。 概要 [ ] 1999年秋にロサンゼルスでレコーディングされたセルフプロデュース作品「メモリーズ」と、年明けに9thアルバム『』の初期セッションでレコーディングされた「放浪カモメはどこまでも」の2曲を両A面として収録。 ジャケットイラストはが手がけた。 収録曲 [ ]• スカンジナビア vol. 2」で、新曲として披露されていた曲。 草野はライブで演奏する曲ということを前提に、メロディーラインに頼らずノリ重視で作曲した。 レコーディングはロサンゼルス、ミックスダウンはマイアミで行なわれた。 の部分はがで歌い、クジヒロコがとを担当。 9thアルバム『』では、プロデューサーの(現・石田ショーキチ)が作った新しいメロディーと新しい歌詞を加えて再アレンジし、「メモリーズ・カスタム」として収録された。 一方、本作はスペシャルアルバム『』に収録された。 PV・CMでは、何故か事故現場のシーンが使われている。 この曲のサビの部分は、草野がファンでもある・の選手であった、のでのに流用された。 収録アルバム:『』(「メモリーズ・カスタム」としてリメイク)、『』、『』• 前シングル「」と同時期にレコーディング。 Aメロのタム回しはのアイディア。 『』や『』等の音楽番組などへの出演の際は、前曲の「メモリーズ」よりもこちらの曲が演奏されることが多かった。 シングルバージョンはアルバム未収録。 仮タイトルは「ギターポップNo. 収録アルバム:『』(album mixとして収録) 関連項目 [ ]•

次の

スピッツの演奏技術は異常なほど上手い・・・のか?

メモリーズ スピッツ

Contents• 典型的なカラオケで歌うとウケそうなバンドというか。 しかし一方で、ふだん 「洋楽しか聴かない」とかのたまう音楽通な方々が、 「・・・あ、いや邦楽でもスピッツは好きだ」なんて踵を返すほど、 こだわりあるロックファンから一定以上の高い評価を得ているのも事実。 そして、スピッツを好んで聴く音楽通は異口同音に、スピッツを好きな理由についてこう話します。 「だって、スピッツって演奏めちゃくちゃ上手いんだもん」と。 「 超ハードな曲もやりたいけど、俺の声にはラードが足りない」 ファンの方には常識のことですが、草野さんは超ロックな曲がやりたいほど、 実はヘヴィーメタルやハードロックが好きです。 というか、草野さんだけじゃなく、スピッツのメンバー全員が 生粋のメタラー。 ・・・そういえば、以前ミュージックステーション(Mステ)でスピッツと BABYMETALが共演した際、スピッツの草野さんが 「 ド・キ・ド・キ モーニングって曲がイイです・・・」とややはにかみながら語っていたのは印象的でした。 そして出演者用の席が近いベビメタメンバーと、体が触れ合わないように体をのけぞらせる草野さんの気遣いに 「カワイイ!」って声が続出していましたね。 笑 スピッツの『演奏技術』の高さは異常 そんなわけで メンバー全員が生粋のメタル好きでもあるスピッツですが、やはり その特徴は楽曲内に顕著に反映されています。 ・ギャリギャリな高音で、テクニカルかつスピーディーなソロを弾くギタリスト。 ・本当に人間なのか?と錯覚するほど、硬質でタイトなリズムを刻むドラマー。 どう考えてもメタルバンドのそれです本当にありがとうございました。 タイトで硬質で技巧派 多くのメタルバンドやハードロックバンドの 特徴ですが、彼らって 『音程やリズムが超正確』なんですよね。 他ジャンルのロックによく見られるルーズさが殆どありません。 どこまでもタイト。 そしてギターのチョーキングなど 音程がピーンと正確です。 音程は全てのパートが硬質なことが多く、何よりも手数が多い。 手数が多くて、リズムも音程も正確なら、楽典的に 『演奏が上手い』とされる条件を充分に満たすことになります。 そして、スピッツもご他聞に漏れずそういった特長を持っているので、 彼らが演奏が上手いのは確定ですね。 ・・・というか、 楽典的でもそうでなくても、スピッツは間違いなく演奏上手いです。 メタラー特有の高い演奏技術を持ちながら、通常メタルバンドではなかなか出しづらい 『横のグルーヴ感』(グワングワンと揺さぶられて心地よいノリ)まで兼ね添えているんですから。 横のグルーヴ感って、言葉では説明しづらいし楽譜に記載できるものではありませんが、 演奏が上手いバンドにしか体現できないんですよね・・・。 スピッツの音作りへのこだわりは異常 前述したように、メタルやハードロックを嗜好するバンドマンの特徴として、 「アンタ指何本生えてるの!?」と驚愕するようなギタリストのソロや、 「アンタなんでそれやって手足折れないの!?」と驚愕するようなドラマーのブラストビートなど、 高い演奏技術を有している場合が極端に多いことがあります。 多くの音楽通がスピッツを愛して止まないのは、ハードロックやメタルなどの造詣に長けた、彼らの 演奏スキルが超高いから!というのが大きな要因の一つだというのは先に書いたとおりです。 ・・・が!!! スピッツの本当に恐ろしいところって、 それだけじゃないんですね。 Sponsored Link メタラー(ひいてはスピッツ)が本当に凄いのは、その 『カンペキ過ぎる音色』へのこだわりです。 『メタラー』と『にわか』の見分け方 何ならスタジオに籠っている時間の大半を、(場合によっては実際に演奏して音を合わせている時間以上に) アンプやエフェクターのツマミをいじくることに費やす。 それがメタラーって人種なのです。 ちょっと 適当に『歪みっぽい音』とか『クリーンっぽい音』とかで妥協しません。 音色について妥協しないのは、そりゃあミュージシャンとしては当たり前のことですが、 いくら何でもメタラーは、音色への『こだわり』が異常です・・・。 (もしあなたの周りに 速弾がめちゃくちゃ得意だけど、アンプのつまみいじりは適当に済ますってギタリストがいたら、そいつはメタラーじゃありません。 にわかだと思って結構) 『8823』と『夢追い虫』 たとえばスピッツの ライブの定番曲でもある 『8823』。 この曲のイントロだけでも聴いてみて下さい。 ああ・・・。 なにこの 小気味の良いベースラインは。 もちろんベーシストの田村さんのテクニックに裏打ちされたベースラインの素晴らしさなのは言うまでもありません。 でも、 指使いだけじゃこんな艶やかな音色は作れません。 どう考えても。 これまた何度も何度も長い時間、 愛器のツマミとにらめっこしている光景が目に浮かぶようです。 この カンペキな音質こそ、高い演奏力の他に、スピッツが(ある意味)狂ってると思える特徴の一つだと言えます。 まとめ いかがだったでしょうか? 高い演奏技術と、 徹底的な音質への『こだわり』という観点からお話しをさせて頂きました。 結論として、 『スピッツってすごい(小並感)』といったところです。 どこまでもストイックに自らの音楽を追求し続けるスピッツ。 まだまだ彼らの行動から目が離せそうにないですね。

次の

スピッツ「メモリーズ・カスタム」歌詞の意味は?解釈と考察!

メモリーズ スピッツ

ミュージックビデオ - - 「 メモリーズ/放浪カモメはどこまでも」(メモリーズ/ほうろうカモメはどこまでも)は、の・の通算22作目ので、。 2000年6月21日により発売。 概要 [ ] 1999年秋にロサンゼルスでレコーディングされたセルフプロデュース作品「メモリーズ」と、年明けに9thアルバム『』の初期セッションでレコーディングされた「放浪カモメはどこまでも」の2曲を両A面として収録。 ジャケットイラストはが手がけた。 収録曲 [ ]• スカンジナビア vol. 2」で、新曲として披露されていた曲。 草野はライブで演奏する曲ということを前提に、メロディーラインに頼らずノリ重視で作曲した。 レコーディングはロサンゼルス、ミックスダウンはマイアミで行なわれた。 の部分はがで歌い、クジヒロコがとを担当。 9thアルバム『』では、プロデューサーの(現・石田ショーキチ)が作った新しいメロディーと新しい歌詞を加えて再アレンジし、「メモリーズ・カスタム」として収録された。 一方、本作はスペシャルアルバム『』に収録された。 PV・CMでは、何故か事故現場のシーンが使われている。 この曲のサビの部分は、草野がファンでもある・の選手であった、のでのに流用された。 収録アルバム:『』(「メモリーズ・カスタム」としてリメイク)、『』、『』• 前シングル「」と同時期にレコーディング。 Aメロのタム回しはのアイディア。 『』や『』等の音楽番組などへの出演の際は、前曲の「メモリーズ」よりもこちらの曲が演奏されることが多かった。 シングルバージョンはアルバム未収録。 仮タイトルは「ギターポップNo. 収録アルバム:『』(album mixとして収録) 関連項目 [ ]•

次の