世界遺産 三重。 日本の世界遺産

話題の“見えない世界遺産”「三重津海軍所跡」でイベント開催

世界遺産 三重

国を護るために佐賀藩・鍋島直正公は一早く行動を起こし、最先端の造船ドックを作る。 1808年(文化5年)佐賀藩が長崎港警備の当番の年に、オランダ船を装ったイギリス船が長崎港に侵入し、オランダ商館員を人質にした「フェートン号事件」により、警護の責任を取り長崎奉行や家老が切腹。 佐賀藩主鍋島斎直は謹慎処分となります。 さらに1853年ペリー黒船来航により開国を迫られ、不平等な条約締結を突きつけられた江戸幕府は、1855年(安政2年)に長崎海軍伝習所を設けました。 多くの佐賀藩士は航海術や造船技術を学び、藩独自で三重津に1858年(安政5年)ドライドックを設け、造船に力を注いでいきました。 わずか7年で1865年(慶応元年)に日本初の蒸気船「凌風丸(りょうふうまる)」を完成させる。 外国の脅威を身にしみて感じていた佐賀藩は、外敵に対し佐野常民らの招きで東芝創業者の田中久重、儀右衛門親子を迎え、蒸気機関で動く列車や船を考案し、その後は洋式艦船の造船や建造した蒸気船の操船などに磨きをかけていきました。 当時の和船は全長20m程度の木造船でしたが、日本初の蒸気船「凌風丸」は全長が182m、幅3. 3m、石炭動力の蒸気機関10馬力。 今考えると小規模な船ではありましたが、当時いかに高い技術力に裏打ちされてできたものか!その歴史ヒストリーを「佐野常民記念館」で読み解くことができます。 三重津海軍所は日本赤十字の創始者「佐野常民」の働きがあってこそ。 1823年生まれの佐野常民の存在なくして、三重津海軍所の歴史を語ることはできない。 なぜなら反射炉造りや蒸気機関の応用、洋式艦船の造船技術などに大きく貢献した田中久重、儀右衛門親子を説得し、佐賀に連れて行ったのは他ならぬ常民だったからです。 37歳で三重津海軍伝習所の監督となった後に「凌風丸」を完成させ、46歳を過ぎて藩代表としてパリ万博で渡欧した際に赤十字のことを知り、医師でもあった常民は西南戦争が勃発した56歳のときに敵味方の差別無く負傷者の救護活動をする「博愛社」を設立。 66歳で「博愛社」を改称して「日本赤十字」とし、初代社長となります。 住所 佐賀市川副町大字早津江津446-1 お問い合わせ 佐賀県文化・スポーツ交流局文化課世界遺産推進室 電話:0952-25-7253 FAX:0952-25-7179 bunka pref. saga.

次の

話題の“見えない世界遺産”「三重津海軍所跡」でイベント開催

世界遺産 三重

熊野那智大社 熊野那智大社は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町に鎮座する神社であり、ユネスコ世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を構成する熊野三山のひとつです。 熊野三山とは、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3つの神社の総称です。 社殿は古墳で有名な仁徳天皇の時代に建立されましたが、戦国時代に織田信長の焼討ちに遭い、現在の社殿は豊臣秀吉が再興したものを徳川8代将軍吉宗が改修したものです。 残念ながら、私が訪れた2018年4月時点では、熊野那智大社拝殿および青岸渡寺ともに修復工事のためシートで覆われていました。 修復工事は2019年の3月までの予定だそうです。 木漏れ日の中をゆったりのんびり歩いて下って那智の滝へ。 途中、車道を渡るので注意! 那智の滝( 飛瀧神社 ) 那智の滝は、熊野那智大社の別宮である飛瀧神社のご神体です。 133mの落差、水量ともに日本一を誇り、日本三名瀑のひとつとして数えられています。 参拝時間・参拝料 参拝時間 7:00~16:30 参拝料 大人:300円 小人:200円 アクセス・駐車場 アクセス マイカー 国道42号線から県道46号線で約25分。 付近の有料駐車場か商店街の駐車場を利用。 熊野那智大社・青岸渡寺までは、防災道路を通れば石段を上ることなく近くの駐車場に停められますが、 通行料が800円必要です。 バス 紀伊勝浦駅から熊野交通路線バス「那智山行き」で約30分。 那智の滝ならバス停からは近いですが、熊野那智大社・青岸渡寺までは那智山参道の467段におよぶ石段を上ることになります。 駐車場 那智の滝には、お土産屋さんの駐車場に停めさせてもらうのが良いと思います。 無料で利用はできますが、人情としてお土産を買っていきましょう。 オススメのお土産は那智黒という黒飴です。 勿論、有料のパーキングもありますのでそちらを利用しても良いです。 1回500円程度です。 熊野那智大社・青岸渡寺に行く場合は、 800円の通行料を払い防災道路を通って、近くまで行く方法と、下から参道を上って行く方法があります。 因みに、 熊野那智大社・青岸渡寺付近の駐車場は30台程度しか停められないです。 大門坂駐車場 番外編として、大門坂駐車場を利用するという手もあります。 大門坂駐車場は広くて無料ですが、ここから歩いて熊野那智大社・那智の滝までとなると、 健脚の方でも40分~1時間くらいはかかると思います。 しかし、世界遺産・熊野古道を一番堪能できると思うので、時間に余裕があり、体力に自信のある方は利用してみるのも良いと思います。

次の

三重津海軍所跡

世界遺産 三重

投稿日: 2016年3月31日 カテゴリー: 世界遺産に登録された三重津海軍所跡。 よくわからないという人のためにわかりやす〜く解説してみました。 わたくしも先日行ってきました。 かくいう わたくしも実は三重津海軍所跡に行くまでは少しそんな感じがしていました。 そんなわけで今回は三重津海軍所がなぜ作られたのか、どれぐらいスゴイことなのか、三重津海軍所はその後どうなったのかなどについてわかりやす〜く解説してみたいと思います。 何をしたところかというと、船を製造したり、船の操縦について学んだり、海軍の訓練をしたりする場所です。 佐賀と船・・・あまりピンと来ないですね・・・。 佐賀ってそんなに港町みたいなイメージもありませんし・・・。 実は佐賀藩は古くから長崎との関わりが深かったのです。 なぜ関わりが深かったのかというと、 佐賀藩は福岡藩と一年交代で長崎の警備をしていたためです。 これは幕府から「やれ!」と命令されていたからです。 そう命令されたのは寛永19(1642)年のことです。 そのため、キリスト教を持ち込む可能性があるポルトガル船が長崎港に入ること拒否しました。 もちろん幕府が言うので拒否はできません。 何も起きないけど、幕府からの命令なので莫大な費用をかけて長崎警備を行わなければならない・・・・。 たぶんどうせ何も起きないから 警備の人数を減らしておこう・・・。 泰平の世に幕府も佐賀藩も気が緩んでしまっていました。 フェートン号事件です。 イギリスの軍艦が長崎港にやってきて、日本にいたオランダ人を人質に物資を要求した事件です。 これが起きたことで佐賀藩は警備の不始末の責任を取らされ、佐賀藩の藩士数人が切腹、当時佐賀藩の藩主だった鍋島斉直も100日間の閉門(謹慎)を命じられてしまいます。 さらに運が悪いことに江戸の藩邸が火災で焼失・・・。 これらのことが追い打ちをかけて佐賀藩の財政状況は非常に苦しいものになっていきます。 鍋島直正が藩主になってからは質素倹約、リストラ、報酬カットなど徹底的な財政改革が行われていきます。 また、米の販売だけでなく有田焼やろうそくを売るなど経営多角化にも取り組み、収入の面でも改革を行いました。 結局協力を得ることはできず、佐賀藩は独自で軍備の強化を行うことになりました。 佐野常民は大坂にあった緒方洪庵の適塾などで蘭学(西洋医学)を学び、佐賀に戻ってからは精煉方の代表を務めていた人物です。 長崎海軍伝習所は江戸の築地に軍艦操練所が作られたことで閉鎖、その後、佐野常民が中心となって佐賀藩に三重津海軍所が創設されました。 長崎海軍伝習所でやっていたことを佐賀藩で独自にやろうと考えたわけです。 三重津海軍所では長崎海軍伝習所で学んだ洋式船の操縦技術を佐賀藩士に教えたり、西洋の技術を導入したドックの建設、船を修理するための材料の製造なども行われました。 西洋では主に石やレンガを利用して造られるドックが、ここでは日本の伝統技術を活かし、木や土を使って造られているところに、試行錯誤しながら西洋技術の獲得に取り組んだ当時のものづくりの姿を見ることができます。 これは幕府でさえ成し遂げられなかったことで、藩レベルで作れてしまったことは異例。 その後も三重津海軍所から戊辰戦争へ出兵する船が出されたりなど、歴史的に非常に重要な拠点となりました。 現在では歴史公園として憩いの場になっていますが、その下には現存する国内最古のドライドックなどが眠っています。 今回記事にしたことは三重津海軍所跡のスゴさのほんの一部。 実際に行って佐野常民記念館の展示を見たり、VR SCOPEを体験したりするとさらにいろんなことがわかって面白いですよ。 皆さんもぜひ三重津海軍所跡の魅力を体験してみてください! 三重津海軍所跡特設サイト 提供:佐賀県.

次の