どんなときもwifi 審査。 どんなときもWiFiに審査はある?口座振替での裏技!?クレジットカードがなくてもメリットだらけ!

どんなときもWiFiに審査はある?口座振替での裏技!?クレジットカードがなくてもメリットだらけ!

どんなときもwifi 審査

未成年の方はどんなときもWi-Fiの審査に通りません。 20歳未満の方は契約することはできないので、必ずご両親の名義で申込みをしてもらうようにしてください。 どんなときもWi-Fiの審査の内容 どんなときもWi-Fiは申込みの際に簡単な審査があります。 審査というのは「この人はちゃんと月額料金を払えるかな?」というのを調べるためのもので、これをクレジットカードがきちんと使えるかどうかで審査をしています。 簡単にいうと、普通にカードが使える状態であれば審査はOK。 逆に支払いが遅れるなどして、クレジットカードの利用に制限がかかっていると、エラーが出て申込みができないようになっています。 申込み画面でクレジットカード情報を入力して送信すると、どんなときもWi-Fiとカード会社との間でやり取りが行われる訳ですね。 カード会社とどんなときもWi-Fiで行われるこのようなやり取りを「オーソリ」と言います。 口座振替の場合、審査はあるの? どんなときもWi-Fiにはクレジットカードの他に口座振替も利用できます。 クレジットカードの場合はクレジットカード会社が審査を行っているので、クレジットカードが使えているという時点でその人には信用があります。 ただ、口座振替の場合はどんなときもWi-Fiが自社でその人の信用調査をしなければいけません。 そのため、口座振替の場合はクレジットカードよりも細かく過去の履歴を調べられます。 ここからは推測ですが、過去に公共料金やクレジットカードの支払いの遅れ、スマホ料金の滞納などがあれば影響してくると思います。 なぜならクレジットカードの場合は、一度クレジットカード会社が料金を立て替えてどんなときもWi-Fiに支払うので、どんなときもWi-Fi側は利用料を徴収できないということはありません。 クレジットカード会社が必ず支払いをしてくれるので、あとはクレジットカード会社と利用者間での問題になります。 しかし、口座振替の場合は自社で請求や督促をしないといけないので、どんなときもWi-Fiとしてはリスクが高いです。 請求や督促には労力と人件費がかかるので、企業は口座振替での利用には細心の注意を払わないといけません。 そのためにクレジットカード払いよりも審査が厳しくなってしまう訳ですね。 なので、「審査に通るかどうか不安・・」という人はクレジットカード決済を選ぶのがベスト。 クレジットカード払いで申込みをすれば、簡単にどんなときもWi-Fiが契約できます。 そのためクレジットカード 学生カード を持っていても審査には通りません。 なので、必ず親御さんの名義+親御さんのクレジットカードを使って申込みをしてもらうようにしてください。 オーソリは• クレジットカードの限度額に達していない?• 支払いの遅れはない? など、「この人のクレジットカードは普通に使える状態?」ということを確認するものです。 なのでカードの使い過ぎなどがない限りは普通に審査は通ります。 どんなときもWi-Fiの審査は基本的にそこまで厳しいものではないので心配しなくても大丈夫です。

次の

どんなときもWiFi審査落ちする理由!口座振替は厳しい? | どんなときもWiFiキャンペーン

どんなときもwifi 審査

速度制限のないモバイルルーターサービスとして注目されているのが どんなときもWiFiというサービスです。 トリプルキャリアの電波を使う事が出来て、データ通信容量に対する速度制限がない というとても魅力的なサービスとなっています。 ただ使っている人の意見では接続可能台数やWi-Fiの安定性に不満がある、という意見も 見られるのでそちらを確認してみたいと思います。 どんなときもWiFiの最大接続台数は5台まで どんなときもWiFiでは端末は全てレンタルで、現在はD1という端末がレンタルできます。 この端末では最大5台まで同時接続することが出来ます。 普通に屋外でインターネットをするだけなら5台も同時接続が出来るなら問題なく インターネットが出来るのですが・・・ 自宅で家族も一緒に使う、という場合には5台の同時接続では足りないという意見も多く サービスの不満点として言われることが多いようです。 まあ確かにスマホが一人1台という時代に、最大5台ではタブレットPCやノートPCに プリンターもあれば足りなくなるのはしょうがないかと。 IEEE802. 11nまでの対応 インターネット接続の回線は大手キャリアのドコモ、ソフトバンクとauそれぞれの LTE電波回線を使うことができます。 そのためにかなり広い地域での利用ができるのですが、どんなときもWiFiの端末と つなぐためのWi-FiはIEEE802. 11nまでの対応となっています。 無線LAN規格の一つであるWi-Fiは、現状実用化されている最新規格が11acです。 どんなときもWiFiの端末は最新規格に対応していません。 11acに比べると11nは通信速度が遅いなど、通信の安定性でも見劣りするという 状態なのでそこも不満が大きくなるところです。 5GHzのWi-Fi周波数帯に対応していない もう一つ、11nに対応しているのですがこの中で5GHzの周波数帯の電波には 対応していないという問題点もあります。 11nでは他の電化製品との電波干渉を避けるために、使っている電波の周波数帯を 2. 4GHzと5GHzから選ぶことが出来ます。 他の電波に干渉されず、遠くまで届く5GHzのWi-Fi電波もあるのですが どんなときもWiFiの端末はこの5Ghzに対応していません。 つまりWi-Fi電波自体は5GHzでも使えるはずなのですが、端末の性能の問題で どんなときもWiFiでは11nを5GHzでは使えていないのです。 Wi-Fiの電波はどこまで届くのか 遠くまで届かなくても、普通にモバイルルーターとして使うだけなら数メートルも 届けば問題はありません。 ただやはり自宅でも使うことを考えると、Wi-Fi電波がどこまで届くのかは 気になるところです。 そこで単純にWi-Fiの電波として、IEEE802. 11nの電波はどこまで届くのか。 調べてみました。 何もないところで電波だけを飛ばしてみると11nの5GHzなら250m先でも 安定して電波の受信ができるそうです。 4GHzの場合はさらに遠くまで電波が届くはずなので一戸建ての家の中でも 問題なく使える、ということになるはずです。 電波は障害物で届かなくなる ただしこれは、何も障害物がない平地での実験です。 普通の家庭では壁もなにもない、という状況は考えられません。 そして電波の特性として、障害物があると電波が届く範囲は狭くなります。 特に5GHzの電波は障害物に弱く反射して届きにくいという特徴があります。 それに対して2. 4GHzの電波は障害物を避けて進むという特性があるので 室内では2. 4GHzの方が安定しているという報告もあります。 後は建材、木造では電波が届きやすく鉄筋コンクリートでは電波が反射しやすい という報告もあるので、建物によって届く範囲はかなり変わってくると思います。 4GHzでも階数が変わると届きにくくなる 遠くまで届きやすいと言われている11nの2. 4GHzですが、あまり遠くになると 電波の安定性が悪くなります。 特に通信電波の場合は届けばいい、というわけではなくインターネット接続が 安定しないとつないでいる意味がありません。 当然ですが電波は遠くなれば電波の安定性が悪くなります。 4GHzと言っても限度があるのです。 口コミなどを見てみると、自宅でどんなときもWiFiの端末を使った場合には 別の階で使っている場合は電波の届きが悪いという意見が多いです。 床を通して電波が届くほどどんなときもWiFiの端末は強くはない、という感じです。 電波を遠くまで飛ばすには中継機が使える では遠くの位置で安定した電波を使うためにはどうすればいいか。 電波の中継機を使えば、遠くでも安定して電波を受信することができます。 Wi-Fi電波の中継機という商品があるので、それを使えば別の階でも問題なく どんなときもWiFiの端末に接続が出来るようになります。 まあ中継機は電源を必要とするので基本的にコンセントの近くに置きます。 別の階に電波を飛ばす場合は階段にコンセントが必要になりますが。 自宅でどんなときもWiFiをどこの部屋でも同時に使いたい、という場合には 中継機で電波をサポートするという方法もあります。 中継機を使っても接続台数の上限は増えない どんなときもWiFiの端末に中継機をつなぐことが出来るなら、中継機を使って 端末の同時接続台数を増やすことは出来ないのでしょうか。 単純にWi-Fi電波の中継機を使うだけなら、接続可能台数を増やすことは出来ません。 中継機とはWi-Fi電波を中継して遠距離まで飛ばすための機材です。 コンセントに延長コードをつないでも、タコ足配線が出来ないのと同じです。 単純な中継機をつないだだけでは接続台数を増やすことは出来ません。 でも「単純な中継機」ではないものを使えば同時接続台数を増やすことが出来る という可能性は考えられます。 ルーター機能付きの中継機なら同時接続台数を増やせる 中継機の中には「ルーター機能」を搭載している機種があります。 これを使うとどんなときもWiFiの同時接続台数を増やすことができます。 ルーターとは1つの回線を分配することが出来るので、その機能があれば 中継機が受信している電波を複数に分配することが出来るようになります。 どんなときもWiFiでは中継機と接続しているとだけ認識していますが その中継機でさらに複数の端末に回線分配が出来るようになるのです。 全ての中継機にルーター機能が付いているわけではないので、商品を選ぶ ということが必要になります。 中継機のSSIDは変更する ルーター付きの中継機でどんなときもWiFiの同時接続台数を増やす場合は 中継機の設定変更を忘れないようにしましょう。 中継機を使う場合は、一般的に電波の届きにくいところに届かせるためなので 元のSSIDと同じものが使われています。 でも同時接続台数を増やすために使うなら、同じSSIDでは元のどんなときもWiFiの 端末に接続してしまうという可能性も。 そんな混乱を防ぐために、中継機のSSIDを変更してわかりやすくしましょう。 SSIDの変更は設定画面から出来るようになっています。 実際にどんなときもWiFiで使える中継機 一応ルーター機能付きの中継機ならどんなときもWiFiの端末の同時接続台数の上限を 超えて接続させることが出来る、と言われています。 ではどんな商品なら、これができるのか。 実際に使ってみると、やはり全てのルーター機能付き中継機では無理のようで。 どんなときもWiFiの端末との相性、とでも言うのでしょうか。 商品によっては出来ないものもあるようです。 例えばTP-LinkのRE200という中継機の場合、どんなときもWiFiの端末と接続させると 端末に中継機のSSIDが2つ接続状態になります。 それは中継機の2. 4GHzと5GHz回線だそうです。 そして中継機に接続した端末はそのままどんなときもWiFiの端末に接続することに。 つまり中継機で2つ埋まっているのに中継機につないでも、端末に接続していると 判断されるために実際には3台しかつなげないという状況になります。 こんな事にならない中継機を口コミから探してみました。 BUFFALO WEX-1166DHP こちらはBUFFALOの高性能中継機で、それなりに本体が大きいという特徴があり 設置場所を選ぶのですがかなり人気のある機種です。 出力も高くて安定しているのですが値段が高いです。 定価だと6,000円を超える金額になるので負担がとても高くなります。 まあ中継機を2台つなげると、かなり遠くまで電波が届くのですが通信速度が安定しない というデメリットも出来るのですが。 口コミではこちらのシリーズならどんなときもWiFiの台数上限を超えて同時接続が 出来るようになるそうです。 IO DATA WN-G300EXP こちらはコンセントに直接挿すタイプの中継機で、コンパクトな本体のために あまり目立たずに使えるという魅力があります。 性能的にも問題はなさそうで、実際にどんなときもWiFiの端末で使ってみると 5台の同時接続台数の上限を超えて接続することも出来たとか。 使っている状況にもよりますが、通信速度の低下もそれほどないそうです。 価格も3,000円以下なので使いやすいと思います。 BUFFALO WEX-733D こちらもBUFFALOの製品ですが、コンパクトなタイプの中継機になります。 コンパクトながらデュアルバンド対応、2. 4GHzと5GHzに対応しています。 有線接続のコネクタもあるので、どんなときもWiFiを有線LANで使いたい という場合にも使えます。 実際に使っている人の話では5台以上を同時接続しても問題なく使えているそうです。 ただしSSIDがどんなときもWiFiの端末と同じなので注意が必要だとか。 中継機の利用は自己責任で 一応こちらで紹介した商品は、実際に使っている人の口コミをもとにしています。 でも全ての人がおなじように使えるとは限りません。 メーカーが保証しているような使い方ではなく、どんなときもWiFiとしても 同時接続台数を超えた回線の利用を認めてはいません。 はっきり言えば、どんなときもWiFiに5台以上の端末を同時接続して使っていると ペナルティを受ける可能性もあるのです。 契約時の規約にもそれが明記されているので、中継機を使っての同時接続台数増やしは 自己責任で行いましょう。 中継機の設定方法を確認 自己責任で、と言っても初心者の方では中継機の使い方もわからないと思うので 簡単に中継機の設定方法を確認しておきましょう。 中継機を使うのは、何もどんなときもWiFiの接続台数を増やすときだけではないので この紹介をすることに問題はありませんし。 中継機の設定は基本的にパソコンかスマホのブラウザを使います。 中継機の機種によってはスマホから簡単に出来るものもあります。 どちらを使う場合でも基本的な作業はあまり変わらないので、今回はパソコンを使って 設定する場合を確認しておきましょう。 どんなときもWiFiの端末と中継機をどちらも使えるようにする まずはどんなときもWiFiの端末と中継機をどちらも使えるようにします。 どんなときもWiFiはインターネット接続が出来る状態にします。 中継機は基本的にコンセントに刺して使うので、今回は近くのコンセントから電源を もらって使える状態にしておきます。 実際に使おうと思っているところで設定をする必要はありません。 設定が完了したら、使いたい場所に持っていけばいいだけです。 中継機の初期設定SSIDに接続する まずは中継機からでているWi-Fi電波とパソコンを接続させます。 中継機は最初、設定用のSSIDでWi-Fiを出しています。 SETUP」などのSSIDがあるはずです。 SSIDの名前は中継機の機種によって変わるので説明書などで確認をします。 パソコンでこのSSIDとつないだら、ブラウザを立ち上げて直接URLに 192. 168. 210と入力します。 これで中継機の設定画面に行けるはずです。 こちらも一応、中継機の説明書で確認をしておきましょう。 中継機で使う親機の設定をする 中継機の設定画面に入るにはログインが必要です。 ユーザー名がadminでパスワードがpasswordというのが一般的です。 こちらも機種によって変わる場合があるので、各自確認をしておきましょう。 無事にログインが出来たらメニューがあると思います。 メニューの中から「無線機器を選択してつなぐ」など中継するための親機の 電波をキャッチする物を選びます。 当然使うのはどんなときもWiFiの端末のSSIDです。 こちらはGlocalNetから始まるSSIDとなっているはずです。 親機の電波を選んだら後は中継できるように設定を進めてくれます。 自動で行われると思うので設定完了まで待ちましょう。 中継機へもう一度接続してみる 設定が終わったら現在の初期設定用のSSIDではなく、通常利用するための SSIDに接続し直してみます。 機種によっては中継機のSSIDが親機のまま、という場合もあるので 設定画面にアクセスしている間にSSIDの名前を変更しておきます。 ちなみにWEX-1166EXPの場合は最初からSSIDが設定されています。 デュアルバンド対応なので5GHzがExtender-Aで2. 4GHzがExtender-Gです。 こちらのSSIDでWi-Fi接続して問題なくインターネットへの接続ができたら 設定は完了です。 ちなみにSSIDへの接続には当然パスワードが必要です。 パスワードの確認も設定画面で出来るので、事前に確認をしておきましょう。 中継機を本来使いたい場所に持っていく 全ての設定が終わったら、本来中継機を使おうと思っているところに持っていって コンセントに挿します。 中継機は親機と離れすぎると電波が安定しなくなるので、適度な距離を保つことが 重要になるのですが・・・ Wi-Fi電波がどこまで届くかはその部屋の状況などでも変わるので難しいところです。 一応目安としては6~7mくらいと言われています。 ドアが全く無いところなら10mくらいは安定していると言われますが。 これを目安にして設置してください。 子機モードがある無線LANルーターで代用も可能 中継機を使わずに無線LANルーターを複数使って同時接続台数を増やすという方法も 実は出来るのですが・・・ この方法では子機モードが搭載されている無線LANルーターと、他にもう1台の 無線LANルーターが必要になります。 そしてそれぞれを子機モードとルーターモードにして、有線接続して使うという かなり強引な方法になります。 現状余っている無線LANルーターがいっぱいある、という方以外は素直に中継機を 購入したほうが安いです。 それに接続設定などが複雑になるので初心者ではまともに接続できませんし それぞれの設定も面倒です。 使っていない無線LANルーターがいっぱいある、という方は調べてみると やり方が分かるのですが、あまりおすすめはしません。 どんなときもWiFiの同時接続台数を増やすのは自己責任で 中継機を使うことで、一応はどんなときもWiFiの端末の同時接続台数を増やす ということが出来るのはわかりました。 でも同時接続台数を増やすことで状況によっては通信速度がかなり低下する という可能性も考えられます。 端末の許容量以上の通信をすることにもなるので、回線が安定しないという状況も 大いに考えられるのです。 ただ中継機を使うことでWi-Fiの5GHz周波数帯の電波が使えるようになるので 場合によっては通信速度が上る可能性も。 別に電波の延長を考えないなら、すぐ近くで中継機を使えばいいのですし 5GHzでの通信ができれば通信速度も高く電波干渉の心配もありません。 まあ元々が推奨されていない使い方なので、機材の利用なども保証がありません。 完全に自己責任で行うことになるので、その覚悟がある方にのみおすすめします。 LTEのポケットWIFIはWIMAXよりメリットある? クラウドSIMのメリットは3キャリアで繋がりやすい電波を掴むこと。 ドコモ、au、ソフトバンクの中で繋がりやすい電波? いえいえ・・・ どのキャリアも全国カバー率はほぼ同じですから・・・ じゃあどんなときもWIFIはどこのキャリアにつながる? ズバリ、ソフトバンクという噂が多いです。 これが事実だとするとどんなときもWIFI=ソフトバンクのLTEが使い放題のポケットWIFI となります。 しかも無制限。 んーどうなんでしょうか? 確かにWIMAXよりはいいですよね。 WIMAXは電波が直進性が高いので、障害物によわいのですよ。 その点、LTEはスマホのネット回線の電波と同じなのでサクサクネットできます。 すまり、3キャリアかどうかはあまり関係ないです。 繋がりやすさが大事、電波が大事! じゃあ別にLTEで安ければいいんでね?という人はこちら。 2000円台で使えます。 ただし、無制限ではありません。 でも20ギガって結構な量ですよ。 コスパ重視ならネクストモバイル。 でもどうしても無制限ならどんなときもWIFI。 私はこう考えます。

次の

どんなときもWiFiの口座振替は審査に注意!申し込みのコツ教えます|生活110番ニュース

どんなときもwifi 審査

どんなときもWiFiキャンペーン最新情報 2020年3月21日|通信障害の原因に関するご報告 平素より、どんなときもWiFiをご利用いただき誠にありがとうございます。 この度の通信障害によりご利用者様には、多大なるご迷惑とご不便をおかけしており誠に申し訳御座いません。 本日、弊社が回線提供を受けている、パートナー会社より下記のような回答がございました。 1 一部のキャリアからのSIMカードの提供がストップしており、SIMの増強に遅延が生じている。 2 SIMカードを動かす為の設備の製造および発送が停止、遅延している。 1 については、キャリア全体のデータトラフィック 通信量 の増加が想定されます。 2 については、新型コロナウィルスの混乱による影響となります。 上記2点の理由により、ご利用者様への十分なデータ量の確保ができていない状況です。 現在発生している障害については、これらの理由によりSIMカード不足が引き起こした容量不足が原因ということが判明しました。 この状況を受けて現在も随時、SIMカードの追加は行っておりますが、完全復旧の見通しが立っておりません。 最大限、データ量の確保に努めて参りましたがこのような事態となってしまい、誠に申し訳ございません。 引き続き、早期解消に向けSIMカードの調達を行い安定したサービス供給を行えるレベルのデータ量確保に努めてまいります。 平素より、どんなときもWiFiサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。 どんなときもWiFiサポートセンターでございます。 この度の不具合によりご利用者様には、 多大なるご迷惑とご不便をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 また、今回の件に対する当社からのご案内の遅れ、 対応について様々なお叱り・ご意見を頂きありがとうございました。 お客様のお声を真摯に受け止め、今後の運営改善に努めてまいります。 当社と致しましては今回の事態を重く受け止め、今回ご迷惑をおかけしたお客様に対し、 下記いずれかの対応をとらせていただく事を決定しました。 ご申請頂いた内容を元に、今回の事象による影響を受けたお客様であることを 確認させて頂いた上で対象のお客様に補償を実施致します。 1、契約をご継続頂ける方に対し、次月の月額料金1ヶ月分を減額 2、契約解除をご希望されるお客様の違約金を免除 特別措置として2020年3月2日 月 〜2020年3月15日 日 の期間中は、 下記URLの申請フォームよりお受付が可能です。 上記個別対応を行うにあたり、大変お手数ではございますが 下記申請フォームより期限内でのご申請をお願い致します。 この度の不具合によりご利用者様には、 多大なるご迷惑とご不便をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 再発防止策を早急に実施し、サービスの安定的な運用に向けて、 全力を挙げて取り組んでまいります。 今後とも、どんなときもWiFiをよろしくお願いいたします。 どんなときもWiFi公式キャンペーン5000円キャッシュバック特別データ放題Aプランとは? どんなときもWiFiキャンペーン 「特別データ放題Aプラン」というものがありましたが現在は終了しています。 2020年からは公式サイトの方で 「どんなときもWiFi キャンペーン」「どんなときもWiFi キャッシュバック」といったGoogle検索にて非表示にしているので実施しておりません。 2019年までは検索にて5000円キャッシュバックの公式サイトが検索結果に出てきましたが、現在は公式のキャッシュバックページが、 どんなときもWiFiの色んなキーワードを検索しても出てきませんので事実上終了しています。 もし、見つかったとして、そこから応募してもキャッシュバックが貰えないリスクが高いです。 過去に行われていた、どんなときもWiFiキャンペーン 「特別データ放題Aプラン」を一応説明しておきますと、5000円キャッシュバックになるというものでした。 しかし、安心補償オプション月額400円の加入が条件です。 5000円キャッシュバックが貰えるのは11ヵ月目の末日となっておりますので、12ヵ月間は安心補償オプションを継続することになります。 安心補償オプションを必要としないお客様が無理に加入したところで差額200円しか得しないということになります。 しかも、キャッシュバック口座登録案内メールが届く日にちが曖昧となっております。 口座登録には期限がありますので、期限切れとなると貰い損ねてしまいます。 株式会社グッドラックでは、キャッシュバック口座登録案内メールが届く時期を明確に記載していませんので、いつメールが届くか不明で見落とす可能性が高まります。 予めご了承くださいませ。 メール support@donnatokimo-wifi. jp 事業内容 インターネット接続サービス インターネット会員サービス その他インターネット関連事業 【どんなときもWiFiキャンペーン】お申込みページへアクセス デビットカードはご利用頂く事ができませんのでご了承お願い致します。 カード名義は登録者名義と同一のものをご登録お願い致します。 【どんなときもWiFiキャンペーン】アンケートは任意で回答の義務はありません。 【どんなときもWiFiキャンペーン】次のページへ進む 【どんなときもWiFiキャンペーン】前のページで選択した内容に誤りがないか確認してください。 内容変更も可能です。 【どんなときもWiFiキャンペーン】お支払金額の確認。 ご契約期間によって月額利用料が変動します。 予めご確認ください。 (非課税)海外利用料はご利用された翌々月のご請求に合算となります。 解約時に返却必須となり、返却期日までにご返却頂けない場合、返却時故障している場合は機器損害金18,000円を請求する場合があります。 ご契約後のあんしん補償への加入、解約後の再加入は受付けておりませんのであらかじめご注意ください。 ご利用開始時にお客様にて設定変更をして頂くことで全てのコンテンツサービスに接続が可能となります。 設定方法は端末同梱の書類をご確認ください。 【どんなときもWiFiキャンペーン】同意事項の確認 【どんなときもWiFiキャンペーン】この内容で申し込む 【どんなときもWiFiキャンペーン】お申込みありがとうございました。 【どんなときもWiFiキャンペーン】申し込み完了メールが届く 〇〇 〇〇様 この度は《どんなときもWiFi》にお申し込みいただき誠にありがとうございます。 下記内容でお申し込みを承りました。 情報に問題がなければこのまま審査・発送に進めさせていただきます。 また、口座情報の事前登録が必須となり、登録完了の確認が取れるまで商品の発送が出来ませんので予めご了承ください。 尚、お申込みの確認等でお電話をさせていただく場合がございます。 お急ぎの場合やご不明点などはお気軽にご連絡ください。 お電話がつながりにくい場合はメールにてお問い合わせください。 請求金額は配送時期とお客様のクレジットカード・金融機関締日によって異なりますのでご了承下さい。 【どんなときもWiFiキャンペーン】お申込完了のお知らせ【必ずご確認ください】 〇〇 〇〇様 どんなときもWiFi新規申し込みセンターです。 お申込みいただき誠にありがとうございます。 下記内容で一旦お申込が完了致しましたので、必ずご確認ください。 配送遅延やトラブルによる出荷遅れが発生する可能性もございます。 ————————————————————— 【個人様名義で口座振替でお申込みいただいたお客様】 お支払い口座のご登録に関しましては、別途メールにてご登録をお願いしております。 そちらのメール到着より、15日以内にお支払い口座のご登録が完了しない場合、 ご利用いただくサービスのインターネット回線が停止する可能性がございます。 お早目のご登録をお願いいたします。 ご了承くださいませ。 台風15号の影響による停電発生に伴い、出荷の遅れが出ており順次発送となります。 災害がない場合は、もっと早く届きます。 【どんなときもWiFiキャンペーン】発送のお知らせ 〇〇 〇〇 様 このたびはどんなときもWiFi をお申込みいただき誠にありがとうございます。 端末の発送準備が整いましたのでご案内いたします。 佐川急便での発送でございます。 crmf. php? 到着まで、今しばらくお待ちくださいませ。 ———————————————————————————- 〜いつでも解約サポートのご案内〜 お申込に当たり、ご契約やご利用に関するご不安はございますか? 「電波が届きにくいかもしれない」「固定回線を使いたくなったら」 万が一別のインターネットにお乗換えをご検討される場合、 いつでも解約サポートをご利用いただくと 乗換えに際してどんなときもWiFiの解約違約金を弊社でご負担させていただきます。 ご提案できるお乗り換えの回線も豊富にございますので、 お客様のご利用環境に合わせてぴったりな回線のご提案も可能です。 お乗換えのご検討の際は、ぜひ一度弊社のいつでも解約サポート受付窓口へご相談ください。 詳細は下記フリーダイヤルからお問い合わせください。 0120-320-146 月曜-土曜 10:00-19:00 ———————————————————————————- なお、悪天候および、年末年始・お盆・お中元・帰省ラッシュなどの 道路状況によっては、配送が遅れる可能性がございます。 あわせてご了承くださいますようお願い申し上げます。 ご不明な点がございましたら、下記お客様向けサポートサイトにて ご確認ください。 末永くご利用いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。 どんなときもWiFiキャンペーン!ケースについて どんなときもWiFiはケースが付属しておりません。 端末に傷をつけない為にもケース購入を推奨します。 SANWAのケース 大宮駅を新幹線で走行中 どんなときもWiFiキャンペーンお申込み後ご利用までの流れ 【どんなときもWiFiキャンペーン】お申込み完了 お申込み後登録していただいたアドレスにメールをお届けします。 注文情報が間違っていないかご確認ください。 ご登録内容を弊社にて確認後、開通審査をさせていただき、お申込み完了となります。 不備が解消されるまでは商品の発送ができませんので予めご了承ください。 【どんなときもWiFiキャンペーン】端末の発送 お申込み処理確定後すぐに端末発送の準備に入り、最短で即日端末を発送致します。 端末発送時にお客様のメールアドレス宛に配送伝票番号をお知らせ致しますので、必要であれば佐川急便のホームページにて配送状況の確認サービスをご利用ください。 送料は日本全国無料でございます。 離島にお住まいの方も無料でお届けいたしますので安心してご利用ください。 【どんなときもWiFiキャンペーン】ご利用開始 端末到着後は設定ガイドに沿ってご利用設定を行ってください。 お届け時に万が一端末が故障していた場合や初期不良だった場合は、サポートセンターまでご連絡ください。 ご契約に関する詳細の内容はすべてサービス利用規約に記載しております。 利用規約の確認・印刷ができます。 どんなときもWiFiキャンペーン1:月額料金割引 どんなときもWiFiキャンペーンで基本月額料から毎月割引するキャンペーンを実施しています。 どんなときもWiFiの基本料は4410円しますが、キャンペーン割引があるので、クレジットカード支払いなら最安月額3480円で利用できます。 月額4410円ですとWiMAXのギガ放題プランと変わりませんが、月額3480円ならWiMAXの通常プランと同等の安さです。 口座振替支払いは2年間の割引額も少ないうえに、3年目以降の割引もなしで冷遇されていますね。 どんなときもWiFiキャンペーン2:端末レンタル料が無料 どんなときもWiFiの端末は「U2s」1機種のみです。 この端末は貸出となっており、レンタル料は無料です。 国内・海外もこれ1台で使えます。 ディスプレイを持たないシンプルでスタイリッシュなデザインは手に馴染みやすく手軽に持ち運びができます。 操作は電源ON・OFFのみで難しい操作は一切ありません。 一度でもパソコンやスマートフォンに繋いだら電源ONにする度に自動的にwifi接続します。 色は、ゴールドとグレーの2色から選ぶことができます。 人気色は断然にグレーとなります。 どんなときもWiFi端末はレンタル品ですので、借り物です。 解約後は端末の返却義務がありますので大切に使いましょう。 WiMAXなら購入になるので自分のものですが、どんなときもWiFi端末は自分のものではないという違いがあります。 どんなときもWiFiキャンペーン3:送料が無料 どんなときもWiFiは、全国どこでも、いつお申込みいただいても送料無料で発送します。 どんなときもWiFiはご契約されてから即日発送なので最短翌日からモバイルwifiルーターをご利用いただけます。 当日発送は平日13時、土曜11時までの受付分となります。 日曜・祝日は配送を行っておりません。 お申込みの混雑具合・審査・在庫の状況により、即日発送ができない場合もございます。 予めご了承ください。 どんなときもWiFiキャンペーン4:海外利用は使った日にちだけ請求 どんなときもWiFiなら面倒な手続き不要でかんたんな設定のみで海外に持っていくだけで利用が可能です。 しかも無制限でご利用いただけます。 他社のwifiルーターの場合、空港カウンターでレンタル・契約中のwifiに海外オプションをつける必要がありました。 どんなときもWiFiなら日本を含む世界107ヵ国にてこれ1台でご利用頂けます。 海外でのご利用時はそのまま持って行って電源ONで使用可能です。 他社のwifiルーターの場合、レンタルだと借りた日~返す日までの全日数分が請求対象ですが、どんなときもWiFiなら現地で使った日数分だけの1日定額制なので、使用していない日は0円で安心です。 他社wifiルーターの場合、LTE回線は月間7GBまでしか高速通信で利用ができません。 また、WiMAX回線は3日で10GB以上使うと制限がかかります。 どんなときもWiFiなら他社wifiルーターのような月間容量制限や通信制限を一切設けておりません。 動画、ゲームなどのデータを大容量消費するコンテンツも安心してたっぷりとご利用できます。 ただし、違法ダウンロード、不正利用、大容量通信によるネットワークの占有を行った場合、通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 通信容量に制限がないのが最大の魅力ですね。 どんなときもWiFiキャンペーン知識2:家でも外でも使えるキャリア品質・ワイドエリア どんなときもWiFiは、ソフトバンク、ドコモ、auの各キャリア対応で幅広いエリアでご利用いただけます。 提供エリアは各キャリア公表のLTEエリアとなります。 例えば使用場所がソフトバンクよりドコモの電波が強い場合、自動でドコモ回線を掴みより快適に通信ができます。 また都市部ではソフトバンクの4G回線を掴んでいても、移動してドコモの電波が強いエリアに行けば自動でドコモ回線に切り替わります。 エリアによって回線を自動で最適化するので、どこでも快適にインターネットが使えます。 ドコモ・au・Softbankのトリプル電波を使えるなんて贅沢ですね。 普通は1つのキャリアの電波しか使えないものですが、どんなときもWiFiではキャリア3社が全て使えるので最強ですね。 どんなときもWiFiキャンペーン知識3:料金プランはシンプルな1プランのみ 他社wifiルーターの場合、最初の3か月間だけ安いプランを提供して値上げしたり、1年経過後に料金が高くなったりして料金が一定額ではありません。 どんなときもWiFiは契約してから2年間ずーっと料金が変わらないので安心してご契約頂けます。 ただし、3年目以降は毎月500円値上げします。 3ヵ月間とか短い期間で値上げではない点は他社wifiより魅力的です。 どんなときもWiFiは、データ容量が月間〇〇GBまでで安くするといった料金プランがないのはデメリットかもしれませんが、データ容量無制限プランが最初の2年間は月額3480円で利用できて安いのでプランが他になくても困りませんね。 どんなときもWiFiキャンペーン知識4:通信技術「クラウドwifi」ってなに? 従来のwifiルーターは端末本体に付属のSIMカードを差し込むことでインターネットを利用する仕組みです。 利用場所近くの電波塔から出ている電波をキャッチすることでインターネット通信が可能になります。 どんなときもWiFiは、3大キャリア(docomo,au,softbank)の回線を自動的に切り替えて利用し、使い放題となっています。 クラウドwifiは、SIMカードの差し込み不要でインターネットを利用できる「クラウドSIM」という仕組みを利用しています。 「クラウドSIM」でwifiルーターの利用場所に応じてクラウドサーバー上の最適なSIMカード情報を自動適用させ、インターネット通信を可能にしています。 通常のSIMカードは、1社の回線しか使えません。 ドコモのSIMカードはドコモの電波しか使えません。 クラウドSIMは優れもので、別のSIMカードに変身してインターネットをできます。 どんなときもWiFiでは、SIMカードの差し込みはなく、3大キャリアの回線と接続ができます。 これにより、3大キャリアの全ての帯域に対応したSIM情報の中で「最も繋がりやすいキャリア」に接続し、かつ帯域を占有しすぎることもなく、無制限で利用することが可能となりました。 どんなときもWiFiキャンペーン知識5:2年契約自動更新 どんなときもWiFiは2年契約自動更新です。 つまり2年縛りです。 契約後は最低でも24ヵ月間利用しないと無料で解約できません。 24ヵ月以内に解約すると利用期間に応じて契約解除料が発生します。 解約は自由ですが、解約する際に高い契約解除料が掛かります。 0〜12ヶ月目 19,000円(税抜)• 13〜24ヶ月目 14,000円(税抜)• 26ヶ月目以降 9,500円(税抜)• 更新月 0円 2年間利用したら、25ヶ月目の更新月が無料で26ヵ月目以降が自動更新となり、また2年間の最低利用期間となり26ヵ月目以降の解約は9500円掛かります。 1年以内の解約は19000円と割高な契約解除料が掛かります。 ソフトバンク、ドコモ、auの各キャリアはいつ解約しても9500円の契約解除料で統一されていますが、どんなときもWiFiは2年以内の解約は割高な契約解除料となっております。 どんなときもWiFiキャンペーン知識6:お支払い方法は「クレジットカード」「口座振替」 お支払い方法は「クレジットカード」「口座振替」2択です。 どんなときもWiFiの月額料金はクレジットカード支払いと口座振替支払いによって異なります。 口座振替払いの方が最初の2年間は500円も高く3年目以降も430円高いです。 クレジットカード払いの方• ご利用開始月:月額3480円の日割り料金• 1ヵ月目~24ヵ月目:月額3480円• 25ヵ月目以降:月額3980円 3年目から毎月500円値上げとなります。 そのほか、契約事務手数料が別途3,000円が発生します。 口座振替払いの方• ご利用開始月:月額3980円の日割り料金• 1ヵ月目~24ヵ月目:月額3980円•

次の