動画 ファイル サイズ 縮小。 【AviUtl】動画をリサイズする方法【アスペクト比】

2020動画圧縮フリーソフトオススメと動画サイズ(容量)を縮小するポイント

動画 ファイル サイズ 縮小

動画を、メールで送信するとき、動画を共有オンライン・ストレージにアップロードするとき、YouTube や Facebook 用に動画サイズを最適化したいとき、動画ファイルのサイズを小さくしたいことがあるでしょう。 では、本記事には、動画変換マスターを使って、動画ファイルのサイズを縮小する方法をご紹介します。 動画形式を変換して動画のサイズを縮小 よく使われている動画形式は3GP、FLV、RM、RMVB、AVI、WMV、MP4、MPEG1、MPEG2、MPEG4、MKV、TSなどです。 そのうち、RMVBとMP4は動画の画質とサイズを両立しています。 つまり、再生時間が同じ動画であれば、動画形式がRMVBとMP4である動画はサイズが小さい上、画質がきれいです。 MP4はRMVBに比較し、画質がもっときれいですが、サイズがやや大きいです。 それで、もしお持ちの動画の形式はMP4又はRMVBでなければ、その形式をMP4又はRMVBに変換することで、動画容量を小さくすることができます。 を使って動画形式変換する手順は以下のとおりです。 動画変換マスターをダウンロードしインストールします。 ステップ2:動画サイズを縮小したい動画をソフトに追加します。 出力フォーマットで、「MP4」-「ソースファイルと同様」を選択します。 ソフト画面の右下の「変換」ボタンをクリックし、変換完了まで待ちます。 ご注意:「ソースファイルと同様」を選択して変換後に得た動画の解像度などは元のファイルと同様です。 元のファイルの形式によって、動画ファイルのサイズはかなり縮小されることがあります。 もし動画のサイズをもっと縮小したければ、元ファイルの画質より低い画質を選択してください。 その場合、解像度を変更して動画ファイルのサイズを小さくすることが可能です。 解像度は、簡単にいうと、画面の大きさです。 この数値が大きいほど、きめ細かい表現ができますが、その分容量も大きくなります。 わかりやすいように図にしてみました。 動画変換マスターを使って、動画の解像度を変更して、動画ファイルのサイズを縮小することができます。 やり方は以下の通りです。 動画サイズを縮小したい動画をソフトに追加します。 ソフト画面の右下の「変換」ボタンをクリックし、変換完了まで待ちます。 動画圧縮無料サイトで動画サイズを縮小 難しい設定をしたくなければ、ビデオを圧縮するフリーソフトがおすすめです。 「オンラインファイル圧縮ソフト」はオンライン無料で動画、画像、そしてPDFファイルの容量を小さくすることができるサイトであり、圧縮後の解像度、フォーマット、圧縮タイプを選択することが可能です。 オンライン無料で動画の容量を小さくする方法は以下です。 のサイトにアクセスします。 「動画を圧縮」の下にある「今すぐお試し」を押し、動画圧縮ページに飛んで、「クリックして動画を追加」をクリックして圧縮したい動画をアップロードします。 アップロードが終わったら、圧縮タイプ、出力フォーマット、出力解像度を設定して「圧縮」ボタンを押します。 圧縮が完了して後で、「ダウンロード」を押して、圧縮された動画を保存します。 オフラインでも使用したければ、このオンラインツールのデスクトップ版ソフト「ApowerCompress」をお勧めします。 もっと安定で処理スピードが速くて、圧縮する前に動画のサイズを手動で入力可能で、動画の品質も設定できます。 不要部分を切り取って動画サイズを縮小 動画容量を小さく調整したいですが、上記の動画形式変更方法も解像度変更方法も採用したくないという場合、不要部分を切り取って動画サイズを縮小変更する方法を使ってください。 動画変換マスターで、動画の要らない部分をカット、又は動画の必要な部分を切り取る方法は以下の通りです。 トリミングしたい動画をソフトに追加します。 「編集」ボタンをクリックして、編集画面に進みます。 「トリム」タブをクリックします。 「トリミング領域を選択」ボタンをクリックします。 すると、動画の再生バーに緑色の部分が表示されます。 スライダーを移動して、範囲を調整できます。 「トリミング領域を選択」をクリックすることで、複数の部分を選択できます。 「好みの設定」で、「選択した部分を削除」と「選択した部分を保存」の選択肢があります。 ステップ3で選択した部分は不要の部分であれば、「選択した部分を削除」をクリックします。 その逆に、「選択した部分を保存」をクリックします。 その後、「OK」をクリックして主画面に戻り、「変換」をクリックし、変換完了まで待てばいいです。 前記の動画サイズ縮小方法を使って、動画サイズを小さくすれば、動画をもっと便利に友人に送ったり、SNSに投稿できたりできますね。 それらのほかに、動画ファイルのサイズを圧縮する専門ソフトがありますが、動作メカニズムがここで紹介したものとはほとんど同じです。

次の

【AviUtl】動画をリサイズする方法【アスペクト比】

動画 ファイル サイズ 縮小

MP4はほぼすべてのスマートフォン、タブレット、物理メディアまたはメディアプレーヤーと互換性があるため、よく使用されるファイル形式です。 YouTubeなどの動画サイトからダウンロードした動画、映画、チュートリアルビデオなどをパソコンのHDDに保存する場合は、HDDのメモリ空間が少なくなってきました。 パソコンの運行速度も遅くなりました。 しかし、保存した動画は大切で好きなので、それを削除することができないでしょう。 その場合は、MP4 容量を小さくする方法を探し始めます。 MP4ファイルのサイズを小さくするには、ビットレートを下げ、MP4 圧縮をするためのツールを使用する必要があります。 オンラインで数多くのツールがありますが、その中に、MP4 サイズを小さくしながら品質をあまり低下させないものはあります。 この記事では、MacとWindowsで動画 リサイズのベストなツールを3つご紹介します。 mpeg4とMP4の違いについて、知りたい方は、 記事を読んでみましょう。 MP4 サイズダウン 1 - DVDFab 動画変換 DVDFab はデジカメで撮った動画、ダウンロードした動画などを簡単に希望の動画や音声ファイルに変換できる動画 変換ソフトです。 このソフトを使用して、動画フォーマットの変換、音声フォーマットの変換、動画から音声の抽出を自由に行うだけでなく、変換前に、動画のトリミング、アスペクト比の変更、水透しや字幕の追加、動画回転、画面の明るさや彩度の調整などの動画編集もできます。 また詳細設定や動画編集の特定のオプションを使用して、動画品質を大幅に低下させることなく動画のサイズを圧縮することもできます。 7 - 10. インストールが完了したら、ソフトウェアを起動すると、メインのユーザーインターフェイスが表示されます。 「変換」タグをクリックします。 その後、「+」をクリックして、MP4動画をロードします。 次に、プロフアイルの切り替えボタンをクリックして、WMVを選択します。 次に、レンチアイコンをクリックして、「詳細設定」画面を開きます。 これで、動画ファイルを圧縮するさまざまなオプションが表示されます。 解像度とフレームレートを下げ、確認ボタンをクリックします。 下記のスクリーンショットでご覧ください。 そして、保存先で出力ファイルの保存場所を設定してから、「開始」をクリックします。 数分後に、ファイルが. WMV形式に変換され、解像度、フレームレートが低くなります。 変換前のサイズ 変換後のサイズ ご注意:動画の容量が小さく なったため、変換された動画を再生すると、品質が少し低下することになります。 変換前に、解像度、フレームレート、およびビットレートを必要な品質に応じて調整することができます。 品質が気になる場合は、値を少しだけ下げておくことをお勧めします。 FLVなどの他のフォーマットも選択できます。 方法2:不要な部分をトリミングすることで、MP4 リサイズをする 動画のサイズを縮小したい場合、不要な部分があるかどうかを確認してください。 DVDFab 動画変換を使用して不要な部分をトリムすることができます。 ビデオをトリムするには、ビデオをソフトウェアに追加して、「動画編集」オプションをクリックします。 次に、トリムをクリックし、ビデオのトリミングを行います。 これは、DVDFab 動画変換ソフトを使用して、MP4のサイズを小さくする方法です。 動画のフォーマットを変換する方法について、 記事をチェックしてみましょう。 動画から音声を抽出する方法は、 記事を参考にしてください。 MP4 サイズダウン 2 - Videosmaller. com Videosmaller. comはオンラインでMP4ファイルのサイズを最小限に抑えたり、ファイルのサイズを簡単に減らすことができるツールです。 このツールは非常にシンプルで、MP4、MPEG、AVI、MOVビデオ形式をサポートしています。 最大500MBのファイルを変換できます。 最も良いことは、このツールが無料で利用できることです。 ただし、動画 サイズを縮小するためにファイルをアップロードする必要があるため、元の動画ファイルのサイズによっては少し時間がかかります。 リサイズしたいMP4を追加します。 サイトを開き、「browse」をクリックして、動画の容量を小さく したいMP4ビデオを検索します。 ここで、「Scale Video Width」オプションの下で、希望するものを選択します。 品質をあまり低下させたくない場合は、ドロップダウンリストの3番目または4番目を選択できます。 Upload Videoをクリックします。 動画をアップロードするまでに時間がかかります。 タスクが完了したら、リンクをクリックして変換済みのビデオをダウンロードします 20. 6 MBのビデオが16. 48 MBに変換されています。 ただし、動画のサイズをより小さくしたい場合は、Scale to lower valueを選択することもできます。 しかし動画の品質は悪くなります。 これは、さまざまな動画のファイルサイズを小さくするための最も簡単なツールの1つです。 MP4 サイズダウン 3- iMovie iMovieはMacでMP4ファイルのサイズを小さくする別のソフトウェアです。 出力ファイル形式を変更して、解像度、フレームレート、およびビットレートを下げることにより、MP4 サイズを小さくすることができます。 少しずつ小さい値を選択すると、動画のサイズが小さくなります。 このソフトウェアは、iOSおよびMacデバイスでのみ使用できます。 Macユーザーの場合、このソフトウェアをお薦めします。 結論 以上では、MP4 サイズダウンのソフト及び方法を詳しくご紹介しました。 MP4 圧縮をしたい方は、この記事を参考にしてください。 これらの3つのツールはそれぞれ独自の優れている特徴があります。 実用性の点から見ると、DVDFab はより良い選択です。 MP4 リサイズをする理由は何でもかまいませんが、これらのソフトウェアツールは最小限の労力でタスクをするのに役立ちます。 ほかの関連記事:.

次の

MOV 圧縮

動画 ファイル サイズ 縮小

デジタル動画ファイルは、数多くのデータを保存する必要があるので、そのサイズが大きいです。 サイズの大きい動画は様々な場合に使用の邪魔となる可能性があります。 例えば、YouTubeなどといったサイトのアップロードに制限がかけられたり、動画サイトへのアップロードスピードが遅くなったりして、インタネット上に動画を共有できない場合などです。 実際、 動画のサイズを小さくする方法がたくさんありますが、ここでは最も良い方法をいくつか説明致します。 動画を再生する時、より高い解像度がより大きいピクセルを必要としているため、それによって動画のファイルサイズも大きくなります。 動画の解像度を小さくすることでサイズを縮小できます。 動画ファイルのサイズがまだ十分に小さくしていないのなら、フレームレートとビットレートを下げることで更に小さくすることができます。 フレームレートはファイルのサイズと大きく関わっていて、動画の画像を秒ごとに表示するのです。 その変化範囲は一般的に24〜30 fpsの間です。 フレームレートの値は動画ファイルサイズの縮小と直接つながっていますが、その値が低すぎると動画再生の流暢度に影響が与えられます。 一方、ビットレートは主に動画と音声の品質に関わっています。 その範囲を1400-2000kbpsに控えたほうがいいと思います。 このようにすれば、動画の品質を過度に失うことはありません。 動画のフォーマットを変換 よく使われているフォーマットにはAVI、WMA、MP4、RMVB、3GP、MKVなどがあります。 もちろん、MP4が最善なHD動画フォーマットですが、YouTube、Facebookや他の動画共有サイトにアップロードすると、動画の解像度とフレームレートに制限があります。 AVIがマルチメディアコンテナフォーマットとして柔軟性がありますが、サイズが大きすぎるため、圧縮し難いのが問題です。 それで、WMVとFLVをお薦めします。 メールで動画を送信する、またはハードディスクに保存するなどの場合には、非常によい選択です。 また、FLVはウェブ動画のフォーマットにふさわしいです。 AVIファイルを圧縮したいと思うのなら、FLVまたはWMVに変換することをお薦めします。 それで、動画のサイズを小さくすると同時に、品質の損失も多くありません。 必要としない動画の一部を切り取る 専門的な動画エディターを使って動画ファイルの一部を取り除くことができます。 動画の編集を通じて、動画ファイルを複数の部分に分けたり、動画の周りの不要な黒枠を取り除いたりすることができます。 そうやって保存した動画はサイズが小さくなります。 動画縮小無料サイト オンライン無料で動画を軽くする方法があります。 「」を利用すれば、動画だけでなく、画像とPDFのサイズも小さくすることが可能です。 動画をアップロードした後で、圧縮タイプ(サイズ、品質)、出力フォーマット(オリジナル、MP4)、出力解像度などを設定してから、「圧縮」ボタンを押して圧縮が始まります。 「オンラインファイル圧縮ソフト」はデスクトップ用の動画圧縮ソフト「」があり、より安定で機能や処理スピードがもっと速いです。 さらに動画圧縮後の品質を設定したり、圧縮後の動画サイズを手動で入力したりすることができます。 動画サイズ縮小アプリ 「」は優れた動画変換、動画圧縮と動画トリミングアプリです。 AVI、MKV、FLV、RMVB、3GP、MPEG、WMV、MOVなど、たくさんのフォーマットをサポートしています。 圧縮後の動画の解像度と再生時間を設定することが可能です。 動画サイズ変更ツール 続いてはWindowsまたはMacに向ける 動画サイズ縮小ソフトを紹介します。 というソフトで、そのやり方も簡単です。 動画のサイズを縮小するには、ただ動画を追加して変換作業を行うだけでいいのです。 「出力フォーマット」の右をクリックすると、動画フォーマットの選択メニューが表示されます。 例えばAVI、WMV、FLV、SWF、MKV、3GP、MP4などのフォーマットがあります。 解像度、フレームレートまたはビットレートを変更したい場合は、「設定」ボタンをクリックすれば、望むように調整できます。 その後、「変換」ボタンをクリックすれば、変換が開始されます。 最後は、「動画編集」機能で余ったパーツを切り取ります。 動画サイズを小さくするもう一つのアプリはです。 無料なオンラインサービスなので、ダウンロードもインストールも不要です。 「ブラウザ」ボタンをクリックして、変換したい動画をインポートして、出力設定に出力フォーマットを選択します。 出力フォーマットをクリックしたら、動画設定、オーディオ設定と詳細設定が表示されるので、設定の確認ができたら「変換」をクリックします。 それで、変換が始まります。 しかし、残念ですが、このフリーツールには動画編集機能がありません。

次の