甘酒 を 使っ た レシピ。 炊飯器で甘酒を作ろう!本格的な甘酒のレシピ・作り方 [毎日のお助けレシピ] All About

あさイチの甘酒の作り方。アレンジレシピ4品・ドリンクメニューも紹介。

甘酒 を 使っ た レシピ

- 2017 1月 20 9:00午後 PST 甘酒には、ビタミンやアミノ酸、食物繊維など日常生活で不足しがちな栄養素が含まれます。 また、メラニンの生成を抑える麹酸や髪に欠かせないコラーゲンを助けるビオチンが含まれます。 ハンバーグのたねや鶏のから揚げの料理の下味に甘酒を使うと、いつもよりふっくらジューシーに仕上がります。 また、甘酒の持つ酵素の働きで、食材のタンパク質がアミノ酸に、でんぷんがブドウ糖に分解され、 うまみや甘みがアップします。 素材の味を邪魔せず、自然な甘みのある料理をつくれます。 甘酒を使ったレシピ5選 甘酒だし巻き卵 甘酒を入れた出し巻き卵のレシピです。 ジューシ-で 口の中に広がるほのかな甘酒の香りがします。 甘さは控えめで、ちょうどいい味付けが美味しい卵焼きです。 簡単に作れるので、 忙しい朝ごはんや、少し物足りない晩ごはんにぴったりの甘酒料理です。 10分以内で調理でき、簡単で美味しい鍋を作れる甘酒料理レシピです。 甘酒がアクセントになり 、まろやかでおいしい味わいです。 お酒にも合う料理です! 材料 2人分 生鮭 2切 塩鮭でもO. 5 小麦粉 大さじ1. 5 溶けるチーズ 適量 植物油 適量 甘酒を使った鶏肉の甘辛焼き 甘酒に鶏肉を漬け込むので、ふっくらとした食感です。 トースターで手軽に作れる甘酒料理レシピです! 材料 2人分 【具材】 鶏もも肉 1枚 サラダ菜 適量 ブロッコリースプラウト 適量 【調味料】 甘酒 約65ml しょうゆ 大さじ1. 5 甘酒フレンチトースト 甘酒のほのかな香りが一味違って味わい深いフレンチトーストです。 牛乳の代わりに甘酒を使っているので、あっさりとしています。 粉糖やメープルをかけるとより美味しく味わえます。 材料 甘酒 1缶 食パン 6枚切 3枚 卵 3個 バター 少々 いかがでしたか?甘酒を使った料理は 、優しい甘み、あっさりとしたまろやかな味わい、甘酒の風味がアクセントとなり、いつもと違う味わいを楽しめます。 甘酒は飲むだけではなく、料理の調味料としても重宝されています。 甘酒を料理に使って、もっと甘酒を楽しんでください!.

次の

甘酒を使ったレシピ・作り方一覧(54件)

甘酒 を 使っ た レシピ

注意点は蓋をせずに濡れタオルを 軽く被せておく程度にしておくことです。 おすすめはそのまま保温機能を切って 炊飯器の蓋をして一晩おくと ちょっと乳酸菌の酸が出て より美味しい甘酒が完成します。 湯煎で作る方法 我が家ではこの方法でも作ります。 スポンサーリンク 甘酒の何がいいの? これだけ甘酒の作り方を紹介しましたが いったい甘酒の何がいいのかというと 飲む点滴と呼ばれる位に 栄養が満点なのです。 冬に飲む機会が多いので 冬の飲み物だと思いがちですが 昔は夏バテ防止に飲まれており 栄養ドリンク的存在だったのです。 麹のアミノ酸も豊富で 美容にもいいですし 現代でもその甘酒の効果は かなり注目するべきだと思います。 また、料理の下味に使うと 塩麹が流行りましたが そんな感じで料理がとても美味しくなります。 おすすめは鶏肉を甘酒に漬けこむことです。 ジューシーで旨みもすごいですよ。 酒粕の甘酒の作り方 もちろん酒粕の甘酒もそちらはそちらで 酒粕のうま味があっておいしいです。 作るのも短時間で作れるので サクッと作れるのがポイントです。 大吟醸の粕を使うと また風味が変わって美味しいですよ。 10分程度でだいぶ柔らかくなります。 お好みで生姜を入れて飲んでください。 番組で紹介された甘酒の効果は こちらをご覧ください。 まとめ 甘酒の作り方とその効果を 少しですがまとめてみました。 ちなみに保存方法は作ったら 冷蔵庫で保存して早めに飲む方がいいです。 急速冷却しないと甘酒が 褐色になって美味しそうじゃなくなるので 注意が必要ですよ。 ぜひ、ご家庭でも試してください。 カテゴリー•

次の

甘酒を使ったレシピ特集!おかずやおやつ・漬物などアレンジメニューを多数紹介

甘酒 を 使っ た レシピ

しっかり対策をすることが大切ですよね。 そんな対策のひとつに「 甘酒」があります。 「 糀甘酒」を発売しているマルコメによると、甘酒は 飲む点滴と称されるほど、栄養が豊富に含まれており、適度な塩分が夏の 熱中症対策にもなるよう。 今回は、甘酒を使ったデザートの簡単レシピを紹介します。 皮をむき4等分にし、冷凍する。 フードプロセッサー(またはミキサー)に、[1]、冷凍マンゴー、パイナップル、「プラス糀 糀甘酒の素」、氷水を入れて滑らかになるまで撹拌する。 ボウルに入れて、輪切りのライム、ミント、冷凍マンゴーを飾る。 メロンは種とワタを取り除き、スプーンで果肉をくり抜き、少し果肉が残るくらいにフォークで潰す。 冷凍保存袋に[1]と「プラス糀 糀甘酒の素」、レモン汁を入れ、冷凍庫で凍らせる。 完全に凍ったら手で揉んでほぐす。 桃は皮ごと洗って割れめにそって種まで包丁を一周入れてねじり、半分に分ける。 スプーンなどで種を取り出し、果肉を皮から7mmほど残してくり抜いて果肉と果汁を合わせて100g取る。 [1]でくりぬいた後の皮付きの桃は、変色を防ぐため内側にレモン汁を振り、半分ずつラップで包んで冷凍する。 くりぬいた果肉、果汁と「プラス糀 糀甘酒の素」をジッパー付きの冷凍保存袋に入れ、なるべく空気を抜いてしっかり閉じ、冷凍庫で凍らせる。 [2]の凍らせた桃の器に、[3]をほぐして盛り付ける。 すべての材料を混ぜて容器に入れ、冷凍庫で凍らせる。 [1]をナイフなどで氷のキューブ状程度に切り分け、フードプロセッサーで滑らかになるまで混ぜて空気を含ませ、再度冷凍する。 スイカは細めにカットして種を取り除き、皮側にナイフで切り込みを入れてから、スティックを刺す。 ジッパー付きの冷凍保存袋を三角になるよう斜めに半分に折ってテープで止め、角に[1]の尖った方が来るように入れて口の広いコップなどに立てて固定する。 「プラス糀 糀甘酒」を皮の手前まで注いで袋を閉じ、冷凍庫で立てたまま凍らせる。 完全に凍ったらスイカとスイカの間をナイフで切り分ける。 ヨーグルトは半量になるぐらい、しっかり2時間水切りをする。 ラズベリーは半分に切る。 キウイは輪切り、オレンジは房に切る。 「プラス糀 糀甘酒LL 糀リッチ粒」と[1]を混ぜ合わせ、バットに流し入れる。 フルーツを全体に彩りよく飾り、冷凍庫で3時間しっかり冷やし固める。 小さめの耐熱容器に水を入れ、粉ゼラチンを加えふやかしておく。 「プラス糀 糀甘酒」は冷やしておく。 アイスコーヒーはグラスに入れる。 [1]を500Wの電子レンジで15秒加熱して溶かし、[2]のアイスコーヒーに加えながら混ぜ合わせる。 [3]のグラスを、冷蔵庫で2〜3時間冷やし固める。 [4]に「プラス糀 糀甘酒」を加え、スプーンやストローなどでゼリーを崩しながら飲む。 希釈せずにそのまま無菌充填しています。 ご購入、お召し上がりの際は、必ずお持ちの商品の表示をご確認ください。 プラス糀 糀甘酒LL 米、米こうじのデンプンを分解し、 自然な甘みを引き出した ストレートタイプの糀甘酒。 手軽で飲みやすい ストロー付き。 プラス糀 糀甘酒LL 糀リッチ粒 1000ml 「糀甘酒LL 糀リッチ」をリニューアル。 糀の粒を残し、糀の甘みを感じられる味わいに仕上げています。 新容器に変えることで 世界初、粒入り糀甘酒の無菌充填を可能とし、 常温で長期保管できる形態を実現。 米糀の量が通常の甘酒の 1. 2倍で、 無塩タイプでさらっと飲みやすくなっています。 糀甘酒シリーズのうち、「素」と「リッチ粒」は栄養価の部分で対策になります。

次の