バジリスク絆 画面。 バジリスク絆 BT開始・突入画面振り分け・次回予告詳細|天膳・朧は高継続?

SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜絆2 掲示板

バジリスク絆 画面

スポンサーリンク 【バジリスク絆】激熱演出・激レア演出まとめ では、いくつかの項目に分けて見ていきましょう。 フリーズ確定演出• 弾正とお幻 昔の姿の弾正とお幻のワンシーンが急に出現するフリーズ確定演出です。 「祝」演出 「祝」演出は、黒墨だけでなく、赤墨でもフリーズ確定です。 また、その他の演出でも「祝」出現でフリーズ確定となります。 ルーレットオール祝言 ルーレット演出のオール祝言バージョン! 基本的に発展演出で選択され、そのうち1つが祝言画面の場合はよくありますが、オール祝言はフリーズが確定します。 AT開始画面 天膳背景 ここ、スタート画面での継続率示唆はおなじみですね。 夢幻泡影(天膳とのバトル開始) 夢幻泡影はレインボーの背景となっています。 スポンサーリンク その他の激熱・激レア演出• デカチリ演出 デカチリと言えばユニバーサルのアステカという機種ですよね。 正直、フリーズを20回引くよりも確率は薄いと思われます。 見れたことのある方は本当に打ち込んでいる方か、運の良い方だと思います。 ビリー(セリフ演出) ビリーの演出は、その他では鷹の演出などでよく見ることはできますが、セリフ演出のビリー出現は本当に激レアと言ってもいいでしょう。 デカチリもレア度は高いと思いますが、その確率を遥かに超えていると思います。 私自身、フリーズは100回クラス引いていますが、見ることは1度しかできていません。 まとめ:【バジリスク絆】激熱演出・激レア演出まとめ どうでしたでしょうか。 今回、ご紹介した演出以外にもたくさんの激レア演出がまだまだ存在します。 みなさんも是非、自分の目で色々な演出を見ていきたいところですね。 スポンサーリンク• 人気記事ランキング• 154,498pv バジリスク絆のモードCについて詳しくご存じでしょうか? モードCがどういったものなのか意味は分かるけど、どうなったらモードCなのか詳しくは知らない方も多い... 147,718pv バジリスク絆の完全勝利についてみなさん詳しくご存じでしょうか? バジリスク絆の完全勝利は、バジリスク2の完全勝利に比べると非常に敷居が低いですので、目にす... 142,272pv バジリスク絆の無想一閃についてみなさん詳しくご存じでしょうか? 今回はそんなバジリスク絆の無想一閃について解説していきます。 バジリスク絆 無双... 129,791pv バジリスク絆の真瞳術についてみなさん詳しくご存じでしょうか? フリーズ以上の爆発契機にもなりえる真瞳術! 今回はそんな真瞳術の情報についてご紹介して... 105,564pv バジリスク絆でオールベルを経験したことはありますか? AT突入契機の1つでもあるオールベルですが、その恩恵や確率はどうなっているでしょうか。 この記... 103,945pv バジリスク絆の祝言モードについてみなさん詳しくご存じでしょうか? バジリスク絆の祝言モードは、ある程度の爆発契機になりえる存在です。 フリーズや真瞳... 91,920pv バジリスク絆のフリーズについてみなさん詳しくご存じでしょうか? バジリスク絆のフリーズは、真瞳術と同じくバジリスク絆最大のの爆発契機です。 さて、今... 88,771pv 朧BCを活用されていますか? 月でのモード判別は有名ですよね。 実は、設定判別にも使えたり!? この記事では、バジリスク絆の朧BCについてご紹... 88,700pv バジリスク絆の歌や曲の変化についてみなさん詳しくご存じでしょうか? 実は、AT中・BC中・エピソード中など、同じ曲が流れる場合でも条件や恩恵が異なってきま... 83,518pv みなさん、バジリスク絆の弾正屋敷演出を詳しくご存じですか? 弾正屋敷は内部状態の示唆を主に示唆していますが、その他様々な優遇されたポイントなどもある通常時...

次の

SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜絆2 掲示板

バジリスク絆 画面

この記事に書かれていることは…• バジリスク3の終了画面について。 当初は、設定示唆ではないかと言われていましたが、次回の周期抽選がCZ(チャンスゾーン)当選確定の示唆でしたね。 他にも、この様な示唆がないのか、調べてみました。 ART(バジリスクタイム)終了画面などは、特に変化はないようです。 前作(絆)では、特定の条件で、全員集合といった特殊パターンがありましたね。 エンディング経由では、朧と弦之介の終了画面がみれるようです。 その他にも、特殊条件が、もしかしたら隠されているかもしれませんね。 特殊条件なので、プレミア級だと思います。 確認できたという情報は、まだ出ていないので、調査中です。 その他には、今作での、設定示唆が、小役振り分け以外に、複数あることがわかりました。 把握できている所を、順に説明していきます。 新基準機は、高設定でないと厳しいと言う声も多いので、確認できれば、勝利が目前です。 次項目をご覧ください。 バジリスク3の「追想の刻」に設定示唆 高設定確定演出です。 「追想の刻」のゲーム数に設定6確定の振り分けがあります。 上乗せ込みとの情報もあるので要チェックですね。 こちらをご覧ください。 上乗せ込みなので、10G乗せた後などは、一応覚えておいた方がいいですね。 さらに、ボーナス(バジリスクチャンス)を引いたと場合も、40Gが確定するパターンであれば良いそうです。 60ゲームと間違えないようにしなければいけませんね。 複数引いた場合の継続ゲーム数も参考までにご覧ください。 バジリスク3のボーナス聴牌に設定示唆。 基本となるボーナス(バジリスクチャンス)図柄は、「黄色」と「青」です。 「赤」は、瞳術図柄で「白」はプレミアムバジリスクチャンスとなります。 それでは、振り分けをご覧ください。 パーセントも多いので、特殊な聴牌ボイスには要注目ですね。 これであれば、近場の台の設定も把握できそうです。 矛盾は、問答無用6確定になるみたいですね。 ただ、一部の情報では、設定4挙動台で、矛盾が出たとの報告例も・・・ まだはっきりしていませんが、高設定確定は間違いなさそうですね。 「青」で「この時を~」は5以上。 「黄色」で「この好機~」は3以上、「我が瞳術の~」がでれば、5以上になります。 覚えやすいと思うので、把握しておくことで、絶対に有利です。 設定さえ入っていれば、聞けるレベルですね。 バジリスク3のボーナス(バジリスクチャンス)出現率 バジリスク3でのボーナス(バジリスクチャンス)は、比較的に重いです。 ですが、設定差があるので、ご覧ください。 1000回に1回くらいですが、以外に多く当選している台などもありますね。 バジリスクチャンスの色は、数字はでていませんが、若干設定差あるのではないかと言われています。 設定1= 青色バジリスクチャンスが多い。 設定6= 黄色バジリスクチャンスが多い。 おそらく、黄色バジリスクチャンスは、3以下を否定する示唆がある為と思われます。 今作のバジリスク3での、小役設定差も弱チェリーです。 弱チェリーは、高確ステージ移行の役割もあるので、高設定は必然的に、「弾正屋敷」への移行率もあがります。 設定1~6の弱チェリーの振り分けをご覧ください。 ですが、明らかなのは、設定6は、弱チェリーが、かなり軽くなります。 低設定との差も大分あるので、弱チェリーが頻繁にでるようであれば、高設定の可能性があります。 「弾正屋敷」への移行率も設定差がでます。 CZ(チャンスゾーン)に関係してくるので、結果的には高設定は、CZ(チャンスゾーン)当選率があがります。 次項目は、CZ(チャンスゾーン)の当選率です。 バジリスク3CZ(チャンスゾーン)設定別振り分け。 CZ(チャンスゾーン)は主に、周期モードや、高確率滞在時の周期到達などで、当選します。 周期モード3は、CZ(チャンスゾーン)確定。 高確率中の周期到達もCZ(チャンスゾーン)確定となっています。 それ以外のケースに設定差があるようです。 通常周期到達や、レア役減算時に高確率経由なしで、前兆へ行くパターンですね。 確定を除いた抽選です。 こちらをご覧ください。 設定1 30,1% 設定2 30,1% 設定3 30,1% 設定4 36,8% 設定5 33,6% 設定6 53,6% この様になっています。 設定6だけは、別格ですね。 もし、確定のパターン以外での、CZ(チャンスゾーン)当選が多いようであれば、設定6を意識してもいいと思います。 その他では、大きな差はないので、参考にできるのは、ここまでになります。 バジリスク3の終了画面や、設定示唆のまとめ 今作の、バジリスク3では、ART終了画面などには、設定示唆や特殊なパターンは、現状ありません。 あるのは、エンディング経由時の、終了画面ですね。 「絆」の特殊条件でのプレミアム終了画面の様な物が、もしかしたら、隠されているかもしれません。 ですが、恩恵のあるような画面は、調査しましたが、把握できませんでした。 また、当初は、ボーナス(バジリスクチャンス)終了画面に「朧」が出現することで、設定示唆ではないかと言われていましたが、詳細が分かりました。 バジリスクチャンス終了画面に「朧」出現で、次回周期到達時に、CZ(チャンスゾーン)確定です。 CZチャンスゾーンは、最低でも期待度40%超えなので、周期到達までは、回しましょう。 周期モード3が選択されていれば、1Gもあるかもしれないですね。 バジリスクチャンスでは、聴牌(てんぱい)ボイスに設定差がありました。 振り分けも、大きい数値であるので、当選時は、要注目です。 青は、朧ボイス。 黄色は、弦之介ボイスです。 こちらで、矛盾が発生したら、高設定に王手です。 456確定説もあるのですが、おそらく6確定の可能性が高いです。 また、青で、「この時を~」なら設定5以上。 黄色で、「この好機~」は3以上で、「我が瞳術の~」がでれば、5以上が確定します。 弱チェリーも、頻繁に出現するようでしたら、6を意識しましょう。 弱チェリーと弾正屋敷が頻度が高ければ、高設定の可能性大です。 CZ(チャンスゾーン)の振り分けは、格段に6が強いので、確定パターン以外の周期到達に注意してみてください。 CZ(チャンスゾーン)が軽いようでしたら、6に期待しましょう。 設定示唆の演出は、「追想の刻」にもあります。 40ゲーム継続に注意してみてください。 全体的に見ても、今作のバジリスク3は、設定判別がしやすい印象です。 あとは、ホール様が設定を入れてくれればですね。 新基準機は、設定が上でないと、なかなか勝てません。 設定示唆が勝負所かもしれないですね。 皆様が、高設定を掴めるように、お祈りしております。

次の

【バジリスク絆2】バジリスクタイム終了後のサブ液晶タッチで絆ランプ点灯とセリフのテーブル示唆を確認せよ!

バジリスク絆 画面

8セット 朧チャンス 絆玉を高確率で獲得できる状態 AT「バジリスクタイム」 追想の刻…最低10G 争忍の刻…平均30Gのバトル区間 シナリオによってセット毎に継続率が決定 設定判別ポイント 赤文字の撃破人数が表示されれば設定を示唆• 7 設定1のBC当選時のBT突入率が判明! 共通ベルと弱チェリーに設定差あり! 超高確スタートすれば設定5以上確定!? 見落とさないようにだけご注意ください。 また 撃破人数1001人出現でも 設定5以上となるようです。 金文字と赤文字で違うんですか?とかDMでも結構来てるんですが… そんなん知らん!!w あとプロフィール見てくれ。 コメント欄で質問できる内容ならコメント欄で頼む 俺は金文字しか見たことがないし、下記の必勝本に載ってる以上の情報は持ってません。 ほんまにツイートしなければ良かったわ… — わたる パチスロ ジゴク耳 zigokumimi777 他の確定系とは違うので見逃してしまう人もいるかもしれません。 しっかり周りも確認しましょう。 同色BC割合 設定 サンプル数 通常時同色BC 天井以外同色BC 割合 1 2792回 277回 79回 3. BC確率にも設定差はついていますが、特に大事なのがBT当選率。 設定1… BC当選時の3. 77回に1回当選• 設定6… BC当選時の2. 14回に1回当選 設定6だとBTに当たらず有利区間が終了するケースは稀だと思われます。 約2回に1回当選しているかを判断基準にしましょう。 同色BC当選時 設定 通常 高確 超高確 1 50. モード不問で一律の確率となるので設定判別時にも使いやすいのが特徴です。 状態判別やモード判別は完璧にすることは出来ませんが、ある程度推測をしながら打つと設定判別も早くなります。 同色BT当選時はモードはD以外当選率は変わりません。 0 BC or AT終了時の状態移行に設定差があります。 高設定ほど 高確 15G からスタートしやすく、偶数設定で 高確 35G でスタートしやすいのが特徴です。 特に BC or AT終了時1G前にレア役も引いていないのに吉田宿スタートした場合は、 超高確スタート濃厚となるので 設定5・6確定となります。 注意しないといけないのは、 BC or AT終了時1G前は通常時であるという点だけですね! 絆2の設定判別で重要そうな要素は3つ!• 通常時の謎BC• 通常時のモードテーブル• AT中のシナリオ選択率 前作同様に 契機不明の謎BCには設定差がありそうです。 通常時のモードテーブルはユニメモのミッションをクリアしていくことで確認することが出来ます。 初回のBスタートしかないと特殊テーブルに滞在している可能性が少ないので、B以外のスタート大事そうです。 設定5は荒いシナリオが多く選択され、設定4のような台は安定したシナリオが選択されやすかったようです。 もしかすると奇数ほど荒いシナリオ、偶数は安定シナリオが選択されやすいなどもあるかもしれませんね。 いつもとても参考にさせていただいております。 設定5の実践値を知り合いから提供していただいたとのことですが、ホール関係の方ということでしょうか? 仮に実際の設定を知り得ない一般客が打った際の推定設定5、ということでしたら設定5と断定する記載の仕方には違和感があります。 少なくとも確定している設定は4以上ですので、どんなに設定5と思われる挙動をしていようと、「推定設定5」などと表現したほうが良いのではないでしょうか。 多くのユーザーに指示され、影響力を持つすろぱち様だからこそ。

次の