世界 恐慌。 コロナウィルスで世界恐慌!?その理由とは?

【 いつ起こってもおかしくない 】世界恐慌、備えあれば憂いなし

世界 恐慌

僕自身も同様です。 ただまず、 知識を備えることが重要です。 そして知識を得たらどう行動に移すか?日頃からイメージするようになります。 世界恐慌と世界金融危機が一緒になってしまいがちですが細かく言えば違います。 世界恐慌とは 世界恐慌とは、1929年に始まった経済不況を指し、大恐慌、世界大恐慌とも言われており、歴史で学んだ人も多いでしょう。 更に過去をさかのぼって「世界初」の世界恐慌と呼ばれたのが、1857年クリミア戦争後に起こりました。 穀物価格が急落したことによっての恐慌でしたが、1857年に起こったので1857年恐慌とも言われています。 ただ人々の意識として残っている恐慌は、1929年が強いですね。 ウォール街大暴落とも言われ、株価が大暴落をし続けました。 短期的な暴落ではなく、長期的に暴落し続けたのです。 ニューディール政策 世界恐慌に歯止めをかけようと ニューディール政策と言う、政策が打ち出されました。 1933年にドルと金を交換する「金本位制」を停止。 政府が通貨を発行する「管理通貨制度」を導入して政府の統制力を強化しました。 歴史の授業みたいになってきてつまらないのでこれくらいにしておきます。 興味がある方は調べて下さい。 ただ実際この政策ではおさまらなかった事実。 大東亜戦争が世界恐慌を救った こんな言葉聞いた事ありませんか。 そんな戦争で1929年の世界恐慌は立て直された可能性が高い、いや確実と言い切れますね。 金融危機とは 世界恐慌はご理解頂けたかと思いますが、じゃあ金融危機って何?ですよね。 これは例を上げますと、近年で言えば2007年末〜2008年に起こったリーマンショックです。 サブプライムローン問題(サブプライム住宅ローン危機)をきっかけに 2007年のアメリカの住宅バブル崩壊で国際的な金融危機が起こります。 それが2008年のリーマンショックです。 サブプライムローン?リーマンショック? 言葉はわかっているけど、なんだか曖昧ですね。 またまた社会の授業になってしまいますが、 数行だけお付き合い下さい。 サブプライムローン問題 調子が良かったので低所得者もローンの対象として家の購入が可能でした。 言い方を変えれば、「消費者金融」状態です。 ただ土地が値上がりするので大丈夫だろうと安易にお金を借りる人々が増えて来ました。 支払い出来なければ、値上がりしている住宅を担保になってますので回収可能です・・ いえ、でした・・。 そしてこれらを金融商品としてどんどん売られました。 土地の値上がりが終わる 住宅ローンに終わりが来ます。 土地価格の下落が始まりました。 さてお金を借りていた低所得者はどうなるでしょうか。 ・返さない(返せない) じゃあ住宅を担保にしているし回収すれば? ・土地の下落で売っても利益にならない リーマンブラザーズの破たん 投資商品としてももちろん価値はなくなりました。 ここに多額の投資をして儲けを出していたのが 大手銀行投資グループの「リーマンブラザーズ」 多少のショックであれば銀行がカバー出来るのですが、これに関しては不可能でした。 そこでリーマンショックが起こり世界中を巻き込む事態となりました。 世界経済が麻痺する と言うニュアンスで捉えていただけたらと思います。 さて、世界恐慌や金融ショックがここまで何故噂されているか? これには裏付けがあるからです。 10年に1度のリセット 金融ショック的な内容は大体周期があります。 10年に1度のスパンでリセットが起こっています。 口座維持手数料の導入が検討されています。 銀行って預金していたらお金増えてませんでした? 最近は、すくねーなって愚痴りながらもちょっとでも利息ついてませんでした? そんな時代は過去になろうとしています。 まぁここまでメディアが広めていると言うことはほぼ確定です。 今後、日本の銀行は倒産していきます。 これも一種の金融危機ですね。 大手メガバンクですら合併されるのではないか?と言われるくらいです。 銀行に行く際銀行員を見渡して見て下さい。 パートが増えていませんか? この辺をチェックしておくことも重要です。 中には、危機を既に感じて早期撤退している人もいます。 これは日本だけの話ではありません。 ドイツ銀行ってなんかヤバイらしい こんな話も聞いたことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 はい、金融ショックになってもおかしくないくらいヤバイようです。 次の世界恐慌はリーマンショックの10倍いや100倍級とも言われています。 不安を煽る訳ではなく、過去にそうだった、実際に行動を始めている人もいると言うことをご理解頂けたら幸いです。 膨らんだ金融はどこかでリセットされる。 これを念頭に入れておいて下さい。 世界恐慌についてはまた細かくアップしていきたいと思います。 本日は以上です。 最後までご覧頂きありがとうございました。 また次回お会いしましょう! はたなか *投資で必ず儲かると言う類は存在しません。 十分な情報精査を行い、自己責任で行ってください。

次の

コロナウィルスで世界恐慌!?その理由とは?

世界 恐慌

僕自身も同様です。 ただまず、 知識を備えることが重要です。 そして知識を得たらどう行動に移すか?日頃からイメージするようになります。 世界恐慌と世界金融危機が一緒になってしまいがちですが細かく言えば違います。 世界恐慌とは 世界恐慌とは、1929年に始まった経済不況を指し、大恐慌、世界大恐慌とも言われており、歴史で学んだ人も多いでしょう。 更に過去をさかのぼって「世界初」の世界恐慌と呼ばれたのが、1857年クリミア戦争後に起こりました。 穀物価格が急落したことによっての恐慌でしたが、1857年に起こったので1857年恐慌とも言われています。 ただ人々の意識として残っている恐慌は、1929年が強いですね。 ウォール街大暴落とも言われ、株価が大暴落をし続けました。 短期的な暴落ではなく、長期的に暴落し続けたのです。 ニューディール政策 世界恐慌に歯止めをかけようと ニューディール政策と言う、政策が打ち出されました。 1933年にドルと金を交換する「金本位制」を停止。 政府が通貨を発行する「管理通貨制度」を導入して政府の統制力を強化しました。 歴史の授業みたいになってきてつまらないのでこれくらいにしておきます。 興味がある方は調べて下さい。 ただ実際この政策ではおさまらなかった事実。 大東亜戦争が世界恐慌を救った こんな言葉聞いた事ありませんか。 そんな戦争で1929年の世界恐慌は立て直された可能性が高い、いや確実と言い切れますね。 金融危機とは 世界恐慌はご理解頂けたかと思いますが、じゃあ金融危機って何?ですよね。 これは例を上げますと、近年で言えば2007年末〜2008年に起こったリーマンショックです。 サブプライムローン問題(サブプライム住宅ローン危機)をきっかけに 2007年のアメリカの住宅バブル崩壊で国際的な金融危機が起こります。 それが2008年のリーマンショックです。 サブプライムローン?リーマンショック? 言葉はわかっているけど、なんだか曖昧ですね。 またまた社会の授業になってしまいますが、 数行だけお付き合い下さい。 サブプライムローン問題 調子が良かったので低所得者もローンの対象として家の購入が可能でした。 言い方を変えれば、「消費者金融」状態です。 ただ土地が値上がりするので大丈夫だろうと安易にお金を借りる人々が増えて来ました。 支払い出来なければ、値上がりしている住宅を担保になってますので回収可能です・・ いえ、でした・・。 そしてこれらを金融商品としてどんどん売られました。 土地の値上がりが終わる 住宅ローンに終わりが来ます。 土地価格の下落が始まりました。 さてお金を借りていた低所得者はどうなるでしょうか。 ・返さない(返せない) じゃあ住宅を担保にしているし回収すれば? ・土地の下落で売っても利益にならない リーマンブラザーズの破たん 投資商品としてももちろん価値はなくなりました。 ここに多額の投資をして儲けを出していたのが 大手銀行投資グループの「リーマンブラザーズ」 多少のショックであれば銀行がカバー出来るのですが、これに関しては不可能でした。 そこでリーマンショックが起こり世界中を巻き込む事態となりました。 世界経済が麻痺する と言うニュアンスで捉えていただけたらと思います。 さて、世界恐慌や金融ショックがここまで何故噂されているか? これには裏付けがあるからです。 10年に1度のリセット 金融ショック的な内容は大体周期があります。 10年に1度のスパンでリセットが起こっています。 口座維持手数料の導入が検討されています。 銀行って預金していたらお金増えてませんでした? 最近は、すくねーなって愚痴りながらもちょっとでも利息ついてませんでした? そんな時代は過去になろうとしています。 まぁここまでメディアが広めていると言うことはほぼ確定です。 今後、日本の銀行は倒産していきます。 これも一種の金融危機ですね。 大手メガバンクですら合併されるのではないか?と言われるくらいです。 銀行に行く際銀行員を見渡して見て下さい。 パートが増えていませんか? この辺をチェックしておくことも重要です。 中には、危機を既に感じて早期撤退している人もいます。 これは日本だけの話ではありません。 ドイツ銀行ってなんかヤバイらしい こんな話も聞いたことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 はい、金融ショックになってもおかしくないくらいヤバイようです。 次の世界恐慌はリーマンショックの10倍いや100倍級とも言われています。 不安を煽る訳ではなく、過去にそうだった、実際に行動を始めている人もいると言うことをご理解頂けたら幸いです。 膨らんだ金融はどこかでリセットされる。 これを念頭に入れておいて下さい。 世界恐慌についてはまた細かくアップしていきたいと思います。 本日は以上です。 最後までご覧頂きありがとうございました。 また次回お会いしましょう! はたなか *投資で必ず儲かると言う類は存在しません。 十分な情報精査を行い、自己責任で行ってください。

次の

【世界恐慌とは】わかりやすく解説!!原因や日本への影響・各国のその後など

世界 恐慌

世界恐慌とは? (ニューヨークの銀行に集まった群衆 出典:) 世界恐慌とは、 1929年10月24日に発生したニューヨーク株式市場の株価大暴落に始まる世界規模の大不況のことです。 影響はアメリカ国内だけでなく、西ヨーロッパ各国や日本にまで及びました。 アメリカは ニューディール政策を採用し、政府が積極的に経済に介入することで、不況を乗り切ろうとしました。 その一方で、ヨーロッパ各国は植民地支配を強化し、 ブロック経済を進めるようになりました。 これが第二次世界大戦の火種となります。 日本ではこれ以前から金融恐慌が発生していましたが、満州事変による軍需景気のため、いち早く恐慌から抜け出しました。 第一次世界大戦後、アメリカの資本が西ヨーロッパや中南米に大量に投資されたことで、株価や地価が実態からかけ離れて値上がりしていました。 また、アメリカ国内でも、自動車、家電、建築、農業などの成長産業への投資が盛んに行われた結果、 生産過剰の状態に陥っていました。 これはいわゆる 「バブル経済」と言われるものです。 しかし、このような状況は、表面的には経済が発展しているように見えたため、特に対策が行われることはありませんでした。 また、農業、綿紡績業、皮革業、石炭業、造船業などの不況産業もありました。 1920年代の時点ですでに アメリカの産業は構造的な問題を抱えていたのです。 1920年代には第一次世界大戦の痛手から立ち直れない西ヨーロッパに対して、アメリカは西ヨーロッパの復興のために大量の投資を行いました。 その結果、アメリカは他国に貸すお金が増え、他国から借りるお金を大きく上回ったため、 債務国から世界最大の債権国になりました。 逆に、第一次世界大戦に負けたドイツは、資本輸出国から資本輸入国に転じ、多額の借金を抱えてしまいます。 フランスも長期でお金を貸す余力がなくなり、短期中心の資本輸出国になりました。 また、第一次世界大戦に対するドイツの賠償金の支払いは、自国だけですぐに支払う余裕がなかったため、アメリカから借りたお金を使いました。 イギリスやフランスはこうして支払われた賠償金で、戦争中にアメリカから借りていたお金を返済しました。 こうしてアメリカがドイツに貸したお金がイギリスやフランスを介して戻ってくるという循環構造ができあがりました。 これによって、1920年代のアメリカの好景気は維持されました。 この日が木曜日であったため、のちに 「暗黒の木曜日」と呼ばれるようになります。 この株価大暴落が起こったのは、アメリカの資本が過剰投資されていたことが表面化し、投資家が次々と株式を売り払ったことにより、 バブルが崩壊したためです。 1920年代に続けられた過剰投資は国内外の広い範囲に及んでいたので、株価の暴落による不況は世界中に連鎖し、アメリカ国内でもさまざまな産業に波及しました。 これに1929年の世界恐慌が重なったことで、不況は深刻化します。 この二つの恐慌は合わせて 「昭和恐慌」とも呼ばれます。 1927年の金融恐慌の原因は、関東大震災後に乱発された 震災手形の処理が進んでいないことが表面化したことにありました。 特に、 台湾銀行が大手商事会社の 鈴木商店に対して3億5000万円もの不良債権をもっていることが明らかになったことで、銀行経営に対する不安が急速に広がり、銀行での取り付け騒ぎに発展しました。 これによるパニックが2カ月間続きましたが、政府が 支払い猶予(モラトリアム)と日本銀行による特別救済措置を行ったため、パニックは沈静化しました。 ところが、1929年に世界恐慌が起こると、日本もこれに巻き込まれてしまいます。 ちょうど日本は 金本位制度に復帰するために極端な デフレ政策を取っていたため、日本経済は深刻な不況に見舞われました。 皮肉なことに、この満州事変による軍需景気によって、日本は恐慌から抜け出すことになります。 それ以降の日本は戦時体制に移行していきました。 世界恐慌の各国への影響 次に、欧米各国への影響とそれに対する対応を見ていきます。 これによって失業者が激増し、失業率も跳ね上がりました。 また、銀行への信用も低下し、ニューヨークの大手銀行バンク・オブ・USが倒産すると、事態はいっそう深刻になりました。 当時のアメリカ大統領 フーバーは、最初は楽観的な見方をしていて政府の経済介入には消極的でした。 (ハーバート・フーヴァー 出典:) けれども、景気が悪化すると復興金融公社設立や失業救済事業など積極的な政策に着手します。 また、アメリカからお金を借りていた西ヨーロッパ各国に対しては、1年間の支払い猶予をうたったフーバー・モラトリアムを宣言します。 ところが、こうした政策でも恐慌が収まらなかったため、1932年の選挙でフーバーは敗北し、 フランクリン・ルーズヴェルト大統領が誕生します。 (フランクリン・ルーズヴェルト 出典:Wikipedia) ルーズヴェルト大統領は1933年から ニューディール政策と呼ばれる一連の経済政策を行います。 この政策では、国内経済の再建を最優先課題として、政府が積極的に経済介入する方針が採用されていました。 具体的には、 金本位制の廃止、 管理通貨制度の導入、銀行の救済のほか、全国産業復興法、農業調整法、 労働者保護を定めたワグナー法、社会保障法などの制定を行いました。 また、公共事業の一環としてテネシー川流域を開発する公社TVAを設立しました。 このような政策の背景には、イギリスの経済学者 ケインズの思想がありました。 ケインズは不況と失業の原因を解明し、政府が積極的に経済介入する根拠となる修正資本主義という考え方を提唱していました。 ニューディール政策はある程度成果を上げましたが、1937年になると再び景気が悪化しました。 (政策により一時的に活気づいたニューヨーク 出典:Wikipedia) これ以降は、第二次世界大戦に向けて戦時体制に移行していきます。 アメリカと同様に、西ヨーロッパでも企業の倒産や工場の閉鎖、失業者の増加が起こりました。 そうした中で、アメリカをはじめとする多くの国が、関税を引き上げ、輸入制限をかけ始めます。 このような対策をとった国は、1931年内には約60カ国に及びました。 イギリスやフランスなど西ヨーロッパの国々は、これに対応するためにそれぞれ保護国や植民地との間で排他的な経済圏を作ります。 これが ブロック経済と呼ばれるものです。 自国の経済圏の外からの輸入に対して高い関税をかけることで、自国の産業を守ることを目指しました。 このようなブロック経済は、1932年のオタワ協定によって、イギリスがカナダ、オーストラリアとスターリング・ブロック(ポンド・ブロック)という経済圏を打ち立てたことから始まりました。 イギリスの他にも、フランスがフラン・ブロック、ドイツがマルク・ブロックを打ち立てました。 なお、スターリング・ブロックには イギリス連邦特恵制度が適用されました。 これはイギリスがカナダやオーストラリアから原材料や食料などを輸入するときには低関税または無税として、逆にカナダやオーストラリアがイギリスから工業製品を輸入するときに低関税にする、というイギリスにとって非常に都合が良いものでした。 まとめ.

次の