レシポ 口コミ。 テンタメ口コミ評判!ポイントサイトでモニター参加して得する方法!

レシポ!の評判「店舗限定・地域限定」が多く不満が殺到中!?

レシポ 口コミ

スマステやスッキリでも取り上げられたことがあるレシポ!の評判や口コミについてまとめてみました。 テレビでも取り上げられるレシポ!ですが、それとは別に利用者の本当の評価、評判はどうなのか気になりましょね。 この画像はGooglePlayでのレシポ!の評価です。 良い評価と悪い評価が完全に二分化していることがわかりますね。 レシポ!はレシートでお金が稼げる画期的なレシートポイントサイト/アプリですが、その一歩で不満を訴えるユーザーも多いようです。 レシポ!には毎日新しい商品がピックアップされてあり、それをコンビニやスーパーで購入し、レシートを撮影、レシポ!に送信することでポイントになります。 ですが、そのピックアップされる商品が地域限定や店舗限定が多いため、ポイントを貯めたいのに稼げないという評判が非常に多いようです。 このように、場所を限定されたり、購入先を限定される商品が多いようです。 今は多少改善されているようですが、それでもレシポ!は地域限定、店舗限定の商品がまだまだ多いですね。 これだと利用者が偏るような気もしますが… レシポ!の評判、評価には他にも、 エラーが多い、登録ができない、反応しない、ポイントが付かないといった口コミも多いようで、改善しなくてはいけない要素が多そうですね。 テレビや他のサイトでは、レシポ!はオススメと紹介されているようですが、こういった口コミがあることも理解してから利用した方がトラブルに遭わずに済むでしょうね。 住んでる場所によってはオススメできる人とできない人がいると私は思いますので、 後は実際にレシポ!を試してみて判断をされてみてください。 ということで、レシポ!の評判「限定商品・店舗限定」が多く不満が殺到中!?でした。 ポイントサイト情報ブログで推薦するのは「」です。 実際に稼ぐ人の中には月50万円以上を稼ぐ人もいますし、私もポイントタウンを利用して毎月5~10万円を稼ぐことができていますので自信を持っておすすめします。 ポイントサイト(お小遣いサイト)の中には、換金できない、退会できない、迷惑メールを送ってくる悪質ポイントサイトもありますので、 安全性の面からも業界最大手のポイントタウンだけに絞って利用されることを強くおすすめします。 ポイントタウンの登録方法は下記を参考にしてください。 最近の投稿• カテゴリー• 20 Count per Day• 39今日の訪問者数:• 73昨日の訪問者数:.

次の

【悲報】評判のレシポがサービス終了…なぜ?。類似のレシート還元アプリは?

レシポ 口コミ

商品モニターサービスは色々な種類がありますが、テンタメには• 案件の追加頻度が高い 少なくとも週1件程度はある• 対象商品は飲食物や消耗品が多い などの特徴があり日常的に利用しやすいと言えます。 ただ、 テンタメを更にお得に活用するためにはポイントサイトでテンタメに参加するのが一番であることはあまり知られていないかもしれません。 当記事ではテンタメについての解説と共に「何故、ポイントサイトでテンタメに参加するとお得なのか?」という点について書いていきたいと思います。 テンタメの基本情報 特徴• 実店舗購入型の商品モニターが多い• 先着順の案件は速攻で枠が埋まる• モラタメ. net• 現金 楽天銀行のみ ポイント有効期限 獲得した日から1年経過で順次失効。 スマホからの利用 可能 年齢制限 16歳以上なら誰でも登録可能 友達紹介制度 なし 家族への友達紹介 — テンタメ テンタメの特徴 実店舗購入型の商品モニターが多い テンタメは基本的に実店舗購入型の商品モニターが多いです。 具体的には• テンタメに掲載されている案件に申し込む 「参加する」ボタンを押す• 近所の実店舗で対象商品を指定の個数だけ購入する• レシートを撮影してアンケートと共にテンタメへ送信する• 送信した内容が承認される という一連の流れを踏むとポイントが付与されます。 無条件で誰でも参加できる 先着順 の案件もあれば、居住地域指定・購入店舗やチェーンが指定されている・性別や年代が指定されている案件もあります。 統計を取ったことはありませんが、体感的には「条件あり」と「条件なし」と条件なしの割合は半々程度だと思います。 通販もたまにある ただ、あくまでも「実店舗購入型が多い」というだけであり、 たまに通販専用の案件も登場します。 なお、どこのショップで購入しても良いというわけではなく• 対象となるショップはAmazonと楽天市場の2種類のみ• 案件毎に対象ショップが固定 どちらで購入してもOKという案件はない という条件が必ず付いています 2017年12月時点。 今後変わる可能性もあります。 案件の件数が多い 案件数が多いこともテンタメの特徴の一つとして挙げられます。 これまた体感で申し訳ないのですが週に1件以上は新しい案件が追加されているように思いますので、枠が埋まりやすいという点を問題 後述 を除けば追加頻度が高い分だけ参加しやすいです。 先着順の案件は速攻で枠が埋まる テンタメの唯一の欠点 ? は枠が埋まるのが早いという点です。 とはいえ、参加確率を大きく挙げる方法もありますのでご安心下さい 詳しくは後述。 テンタメはポイントサイトでの参加がオススメな理由. というのはいわゆる「ポイント合算サイト」の一種で、提携しているポイントサイトやアンケートサイトなどで貯めたポイントを. moneyに合算した上で現金・ギフト券・電子マネーなどの様々な交換先へと変えることができるサービスです。 例: ちょびリッチ x. で獲得したポイント 例えば1,000円分 を. moneyに交換する• moneyを経由するだけで儲かるのですからポイントサイトでテンタメを利用する価値はあると思います。 ポイント交換しやすいから また、 ポイントサイトでテンタメを利用するとテンタメ公式サイトで各案件に参加するよりもポイント交換しやすくなります。 というのも、ポイントサイトではテンタメ以外にも様々な方法でポイントを稼ぐことができ、例えばショッピングや旅行の予約などはもちろん有料サービスの無料お試し登録などでも簡単にポイントを貯めることができます。 ちょびリッチに掲載されている広告の一部。 楽天やじゃらんなどを始めとする多数の通販サイトでポイント還元を受けられます。 従って、 テンタメで獲得したポイントとその他の方法で稼いだポイントを合わせれば簡単に最低交換額を超えて頻繁にポイント交換することができるというわけです。 様々な方法でポイントを稼ぐと頻繁にポイント交換できることから、交換単位未満の端数が余ってしまっても無駄になりにくいというメリットもあります。 一方で 各案件への参加以外にポイントを稼ぐ方法が存在しないテンタメ公式サイトだと交換ペースが遅くなりやすく端数も余りやすい 無駄にしやすい という点が問題になることが多いです。 「抽選型」に当選しやすくなるから また、ときおり開催される抽選型の案件に当選しやすくなるというメリットも見逃せません。 テンタメは多くのポイントサイトで参加することができ、ざっと思い付くだけで• などで参加可能です。 抽選型の案件に参加するときはどこか一つのポイントサイトのテンタメで落選してしまっても別のサイトでは再度抽選にチャレンジできるので 「数撃ちゃ当たる」作戦で何度も挑戦し続ければそのうち当選する可能性が高いと言えます。 実際、私自身も複数のポイントサイトで申し込みをしてようやく当選した経験が何度もありませんのでオススメできる方法です。 複数サイトでの「参加」はダメ ただし、当選するまで繰り返し抽選に参加するのは問題ありませんが 複数のポイントサイトで同一の案件に二重で参加することはテンタメのルールで明確に禁止されています。 テンタメの注意事項 赤枠の部分に「1つのアンケートにつき1人1回の参加」と記載されています。 当サイトでオススメしているのは「当選するまで 同一案件に 繰り返しチャレンジする」ことであり「同一案件に複数サイトから参加する」ことではありませんので注意して下さい。 モニター案件の複数サイトでの参加の詳細については以下の記事をご参照下さい。 テンタメにオススメのポイントサイトは? ちょびリッチ テンタメ利用の際に一番オススメできるのはちょびリッチです。 テンタメ以外にも「レシポ」・「ちょびリッチモニター」というモニター案件がある• 「ちょびリッチモニター」はでボーナスが付く といった特徴があるからです。 残念ながらテンタメの案件はボーナスポイントの対象にならないのですが、テンタメを頻繁に利用していれば特に意識せずとも勝手に会員ランクが上がっていって「ちょびリッチモニター」の恩恵を受けられるようにります。 従って、 様々なモニター案件を利用したいならちょびリッチがオススメです。 モッピー ちょびリッチと並んで甲乙つけ難いのがモッピーです。 ただ、ちょびリッチの方を強くオススメしている理由は• ちょびリッチのボーナスポイントのような特典がない といったモッピーの テンタメ以外の 特徴にあまり旨みがないからというだけであり、 単にテンタメのみの利用を考えるならちょびリッチとモッピーの間に特に差はないのでどちらを利用しても構いません。 その他のポイントサイト ちょびリッチとモッピー以外にテンタメを利用できる主なポイントサイトは以下の通りです。 先述の通り、 メインで利用するポイントサイト ちょびリッチ or モッピー 以外は抽選型の案件に参加する際に「当選するまで繰り返しチャレンジし続ける」目的で活用すれば良いです。 しかし、上記のうち以下のポイントサイトについて単に予備のサイトと見做してしますのは非常に勿体ないです。 ライフメディア また、掲載されている広告は高還元・高ポイント数のものが多い。 ポイントインカム 高還元・高ポイント数の広告が多く、広告利用でボーナスポイントを貰えるコンテンツが豊富なのでポイントを稼ぎやすい。 「テンタメを利用できるポイントサイトの一つ」としてではなく 単に「ポイントサイト」として評価するならライフメディア・ポイントインカムともにどちらも稼ぎやすい優良サイトだと言えますので、ちょっとしたお小遣い稼ぎに興味があるなら是非これらのサイトも利用してみて欲しいと思います。 そこで、テンタメに参加する確率を少しでも上げるためには以下のようなコツを押さえておく必要があります。 新着通知メールを受け取る テンタメには新規案件が追加された時点でメールでその旨をお知らせしてくれる機能があります、 その通知を受取るように設定しておくとかなり参加しやすくなると思います。 ポイントサイトのちょびリッチでテンタメに参加する場合は「登録情報の確認・変更」にて通知を受け取るように設定できます。 ちょびリッチの通知設定画面。 通知メールは以下のような感じで届きます。 それでも通知の有無で参加できる確率は目に見えて変わりますので通知を受け取るようにしておいた方が良いです。 日付が分かれば当日は学校や仕事の休憩時間などのスキマ時間に欠かさずチェックすることで参加確率は大きく上がるはずです。 稀に開始時刻も記載されていることがあり、そのときはほぼ確実に参加できると思います。 ただ、全ての案件が漏れなく事前告知されるわけではないので過信はできません。 こまめにチェックする 確実にテンタメの案件に参加しようと思ったら、 最終的にはひたすらテンタメのページをチェックし続けるしかありません。 泥臭い方法ではありますが効果はかなり高いです。 問題があるとすれば頻繁にチェックを繰り返すことは非常に無駄が多いという点です。 従って、どの程度の頻度でテンタメをチェックするかについては自身の生活スタイルや価値観とよく相談した上で決めてみて下さい。 まとめ 以上のように テンタメを利用するならやといったポイントサイトで参加するととてもお得です。 また、ポイントサイト自体も普段通販サイトで買い物をするときや旅行の予約をするときなどにポイント還元を受けられて便利なので是非とも活用してみて下さい。

次の

【悲報】評判のレシポがサービス終了…なぜ?。類似のレシート還元アプリは?

レシポ 口コミ

株式会社ニジボックス(リクルート系)が運営しています。 普段のお買い物でもらったレシートを捨てちゃってるんでしたらもったいないです。 是非、レシポでポイント還元できないかチェックした方が良いですよ~。 掲載されているレシート案件は、店舗・地域・条件はどこでもよいものもあれば、店舗・地域・条件が指定されている案件もあります。 毎日更新されている日替わり案件は、「パン」「卵」「野菜」「きのこ」「牛乳」「お肉」など、 「ざっくりとした条件」のものが結構多いです。 なお、iOS・Androidのスマホアプリも用意されていますので、スマホで写真をサクっと取ってポイントをゲットできるアプリを利用するのがオススメです。 なお、最近は同様のサービスも出てきているので、複数サイトの併用がオススメです。 詳細は以下の記事にまとめています。 レシポは一部改悪され「何でもOK」の案件は減少。 商品や店舗・購入先が決まっている案件やキャンペーンがメインになっています。 以前は、ジャンルだけ指定されていて何でもOKな案件ばかりだったんですよ。 例えば、「野菜」ならニンジンでも大根でも何でもいいわけです。 しかも、店舗の指定もないので、近所の個人商店とか、どこで買ってもいいわけです。 つまり、意識して還元対象製品などを買う必要性はなく、普段のお買い物のレシートを使ってポイント還元できたわけです。 しかし、最近はレシポも評判・人気になってきたためか、「何でもOK」案件の数は少し減ってきている傾向があります。 現在は 基本的に日替わりで24時間限定で出ている案件のみになりました。 現在は多くの案件は、基本的に商品のブランドが決まっているものがメインです。 店舗・地域・購入先が決まっている案件もあります。 (「サミット」など)こういったキャンペーンはポイントが高くなる傾向がありますから、もし普段つかっている商品やスーパーが案件に該当していたらラッキーですね。 申し込みする際は、期間、地域条件、店舗条件、商品条件、必要購入数、応募上限などはよくよくチェックしましょう!。 人気の商品などは早く投稿しないと締切になっちゃうこともありますので、レシートはすぐに送信しましょう。 たまに、 「レシート何でもOK」なんていう、神案件も出ることもありますが、見ると既に締め切っていることが大半です。 皆さん、頻繁にチェックしてるんですねw。 また、季節に合わせたキャンペーンなどもやることが多いです(年末年始:餅、雑煮の材料、バレンタイン:チョコレートなど)。 なお、レシート還元系サービスは、ルールを守ってやらないと承認されない場合があるので、以下記事も読んでくださいね。 レシポ!の特徴と攻略。 便利に活用する上での注意点と効率的な活用方法。 「レシポ!」を有効活用する上での特徴・ポイント・注意点を整理しました。 デメリットもありますので、特徴を理解して使うことが大事です。 商品は定価で購入する必要なし、購入方法も限定されていません(現金でもクレジットカードでも商品券でもクーポンでもOK)。 西友・イトーヨーカドー・イオンなどのネットスーパーや、オイシックス・らでぃしゅぼーやなどの宅配サービスはOKだが、楽天やアマゾンなどのモール型ネットサービスはNG。 レシートの撮影時は「購入商品」と「レシート」の両方を写す必要がある。 撮影は少し面倒。 他のサービスのようにバーコード読み取りはない。 とにかく案件の獲得条件を良く読むこと(期間、地域条件、店舗条件、商品条件、必要購入数、応募上限など)。 レシート投稿枠が決まっているので、なるべく早くレシートをアップすること。 ポイントの交換先は「QUOカード」「Amazonギフト券」「PeX」「iTuneギフト」。 1ポイント=1円で、交換手数料は無料です。 100円から交換できるので換金ハードルは低い。 レシポで獲得したポイントの「有効期限」は取得日から180日間。 常に使ってないとすぐに失効するので注意。 レシートには、「購入商品名」「商品価格」「購入日時」「店舗名」「電話番号」が載っていればOK。 応募しやすい「何でもOK案件」はポイント数が少ないので、なかなかポイントが貯まらず、普段使いしていないと失効してしまうこともあります(今はPEXなら100ポイントから換金できるので、いつも使ってればだいたい大丈夫です)。 あとは、獲得条件にマッチする還元率の高い商品の条件が、自分の普段のライフスタイルと合うかどうかでしょうね。 条件をしっかり確認して有効活用できると、 ポイントサイトでは扱いにくい「普段の生鮮食品などの買い物」もポイント還元できるので重宝しますよ!。 まとめ。 大評判の「レシポ」を有効活用しよう!普段のコツコツとした節約が小金持ちへの近道です。 レシート還元という実用性のみを重視したサイトになります。 そのため、日々のレシートをコツコツとアップロードすることが大事です。 貧乏な人は小銭を粗末にし、すぐに大金を追いかけようとするんです(それで大金が掴めればいいですけど、そうならないのは言うまでもないです)。 賢人であれば「1円」をおろそかにせず、普段のコツコツとした節約を積み重ねることが大切です。 普段のお買い物のレシート。 レシポ!がサービス終了のお知らせ。 各種ポイントサイトと連携して特設コーナーが出来ているくらいでしたので、順調なのかと思いきや・・・。 利用者の方はポイント交換の期日がありますのでチェックしてください。 レシート還元アプリも乱立する時代になりましたので厳しくなったのですかね。 あるいは、商品掲載数の少なさや有効期限の短さが客離れの原因になった可能性もあります。 仕方ないですね。 なお、 乗り換え先のレシート節約アプリのレビューなども紹介していますので、読んでください~。 レシート還元アプリは伸びているところもありますよ~。

次の