エクストラファインコットンブロードシャツ。 “ユニクロの白シャツ” 買っていいもの、ダメなものは…

【白シャツ11選】5000円以下で買える【オススメランキング】ユニクロ、無印、コーエン、レイジブルー、ZARA、etc・・・

エクストラファインコットンブロードシャツ

Contents• Q1:ブロードシャツはスーツ用?カジュアルに着れる? スーツに合わせるためのシャツにはブロードシャツが多いです。 でも、カジュアル着ることができるブロードシャツもあります。 一番の違いは襟の違いで、スーツ用のブロードシャツは襟の高さを出すための台襟がしっかりと高めのものが多いです。 また襟の形もネクタイに合わせて選びます。 カジュアルなノーネクタイでブロードシャツを着るときにはボタンダウンやスタンドカラー、襟がきれいに開くセミワイドカラーが合わせやすいのでおすすめ。 ブロードたて糸とよこ糸に同じ太さの糸を使用して、たて糸をよこ糸の倍くらいの密度に織った平織りの生地。 表面になめらかな光沢があり、高い番手になるほど光沢が増す。 50番手のものが多く使用され、80~120番手になると上質な高級感がある。 ポプリンともいう。 表面がさらっと光沢もあるのできれいな印象なのでビジネスシャツやきれいめカジュアルなスタイリングに活躍します。 ビジネスシーンではピシッときれいにプレスをかけて着用しますがカジュアルシーンでは洗いざらしをラフに着るのもカッコいい。 オックスフォードシャツの特徴 ブロードと並んでよく聞く名前がオックスフォードです。 オックスはブロードと同じく平織の生地ですが糸を縦横どちらも2本でそろえて織られていて立体感がありふわっとした肌触り。 もともとスポーツウェアから発展したボタンダウンシャツを作る生地だったのでカジュアルな印象がありますが、最近はビジネス用のシャツとしてもオックスは人気があります。 ユニクロのブロードシャツ徹底研究 ユニクロのブロードシャツは大きく分けて2種類 カジュアルシャツ 毎日の通勤に使えるベーシックで質も良いコストパフォーマンスの高さが魅力のブロードシャツ。 税抜き2,990円なのでネクタイやスーツに合わせていろいろなバリエーションでそろえておくことができます。 上にニットを着たり中にTシャツを着たり様々な着こなしに対応できる便利もの。 ボタンダウンのほかスタンドカラーのシャツもあり着こなしの幅が広がります。 スリムフィットのほうはシルエットがコンパクトな分ストレッチが効いています。 自分の使うネクタイの幅や着用シーンにあわせてピッタリな一着に出会えるはず。 カジュアルな着こなしを少しきれいに、ドレスアップして魅せてくれるブロードシャツは大人の男性のクローゼットにぜひ常備してほしいアイテムです。 大げさではないさりげなく丸くカットされたヘムラインが丁度いい。 デニムやチノパンなど定番ボトムとのシンプルコーデは間違いないおしゃれStyle。 春夏持つべきブロードシャツ!おすすめカラーBEST3 定番の白 価格:2,149円(税込) 毎年買い替えてもいいほどに使える白のブロードシャツ。 クシャッと袖をラフにまくった感じがセクシー。 デニムとの相性も抜群なので春夏のさわやかカジュアルにぜひ取り入れたいカラーです。 ブルー系のチェック柄 春夏らしい雰囲気の出るブルー系のチェック柄は野暮ったくならない都会的な柄物シャツ。 スウェットやニットからチラ見せしたり、肩からかけたり腰巻したり。 いろいろなコーデのアクセントにピッタリです。 トレンドカラーのピンク 価格:2,980円(税込み) 2017年初夏注目されているピンクをきれいめなブロードシャツで。 パープル寄りのピンクならより大人のエレガントさを感じさせてくれます。 ブロードシャツのカジュアル着こなし Tシャツにさらっと羽織る 着丈の長すぎないブロードシャツは前を開けて羽織ってもカッコいい。 とっておきの白のブロードシャツは一枚で勝負 シンプルで清潔感のある白のブロードシャツのコーデは好感度高め。 ジャケットのインにノーネクタイでブロードシャツ ネクタイがなくてもどこかキレイに見えるのがブロードシャツのいいところ。 スウェットとブロードシャツの重ね着 ニットもいいけれどスウェットシャツにブロードシャツを重ねるのもすてきです。 大人のカジュアルスタイルにおすすめ。 ブロードシャツはシワになる? 答えはイエス。 なぜシワになりやすいのか ブロードシャツは綿の糸を高い密度できゅっと織り上げて作られた素材です。 そのため着用や洗濯に強く頑丈ではありますがシワにはなりやすいです。 ビジネス用のブロードシャツの中には形態安定加工を施したものもあってお手入れが楽なものも。 スーツなどに合わせるドレススタイルでは間違いなくプレスが必要です。 カジュアルに着こなすブロードシャツでは きれいめなボトムやジャケットをカジュアルダウンさせるためにあえてしわのある洗いざらしのブロードシャツを着たりします。 そして反対にパリッとした質感を生かしたいときにはプレスをしっかりかけて着るといい感じになります。 コーディネートに合わせて違った印象で着ることができるのもブロードシャツの楽しみの一つ。 いつでもおしゃれなメンズはブロードシャツを着こなすのが上手 きれいめな印象のブロードシャツはドレスアップにもカジュアルダウンにも使えるオールラウンダーなアイテム。 着こなし次第で一年中活躍するのでワードローブに揃えておくと間違いなく便利に着まわせるはずです!.

次の

ユニクロ「エクストラファインコットンブロードシャツ」レビュー。襟の高さ・硬さがオンオフ兼用に最適

エクストラファインコットンブロードシャツ

「エクストラファインコットンブロードシャツ」がオンオフ兼用に最適な4つのポイント 「シャツ位、オンオフ兼用出来たら、節約できるのに...」。 そんな風に思ったことはありませんか? とはいえ、仕事用のシャツをカジュアルで着ると、違和感を感じることも多いものです。 オンオフ兼用できるシャツの条件は、襟・着丈・素材の3つにあります。 この3つの条件を、ユニクロの「エクストラファインコットンブロードシャツ(ボタンダウン・長袖)」は、全部クリアしているのです。 photo by www. uniqlo. 高ければ、高いほうがフォーマルな印象• 低ければ低いほど、カジュアルな印象 になります。 シャツよりも、ポロシャツがカジュアルに見えるのは、シャツよりも襟が低いから。 uniqlo. e-shirt. jpg 普通のセーターよりも、タートルネックの方がきちんと見えるのは、襟が高いからなんです。 zozo. gu-global. google. 「エクストラファインコットンブロードシャツ」は、襟が低めながら、ネクタイを巻けるギリギリの高さをキープしていてオンオフ兼用しやすいのです。 uniqlo. google. 3…139218. 142870. 143884. 141. 865. 0j7. 0…1c. img.. 同じシャツでも、何個胸のボタンを開けるかで、印象が激変するのがわかりますよ。 襟がある方が、フォーマル• 襟がないほうが、カジュアル に見えます。 ポロシャツよりも、Tシャツの方がきちんと見えるのはそのため。 で、襟の存在感を強調するのが、「襟の硬さ」です。 uniqlo. uniqlo. ドレスシャツの襟に、「カラーキーパー」という、プラスチックの板が入っているのも、襟に硬さを出してフォーマルに見せるためです。 takarada-shouten. jpg そんなことを踏まえて、「エクストラファインコットンブロードシャツ」の襟を触ってみると、非常に柔らかい。 襟にはカラーキーパーも入っていません。 似たような素材を使った、ビジネス用シャツである「ファインクロスブロードシャツ(レギュラーカラー・長袖)」と襟を触り比べてみると、その違いに驚くはず。 uniqlo. ネクタイが巻ける、襟の高さだからビジネスでも使える• ドレスシャツよりも、やわらかい襟の作りだからカジュアルでも使える だから、オンオフ兼用できるアイテムなのです。 洗うと、どうしてもシワがついてしまいます。 「ちぇっ!手入れがめんどくさいな」 でも、ノンアイロンではないほうが、オンオフ兼用しやすいのです。 洋服は• シワがないほうが、フォーマル• シワがるほうが、カジュアル な傾向にあります。 そのため、フォーマルなアイテムであるスーツにはシワは許されません。 逆に、ジーンズのシワは、「ビンテージ感」・「エイジング」などと、ポジティブに見られます。 だから、同じシャツでも• アイロンをかけてフォーマル感を• 洗いざらしのシワのある状態でカジュアル感を と、シワのありなしで、オンオフ兼用できるのです。 このシワのありなしでの、使い分けが「ノンアイロンシャツ」になってしまうと出来なくなってしまいます。 同じシャツをオンオフ兼用する場合は、「ノンアイロンシャツ」ではないほうが、兼用しやすいのです。 jpg 仕事専用のシャツは、シャツがパンツから出てこないように長めに作られています。 カジュアル用のシャツは、パンツから出した時にバランスが良いように、短めに作られている。 仕事用のシャツを、カジュアルで使うと、パンツアウトした時に、長すぎてバランスが悪い。 カジュアル用のシャツを、ビジネスで使うと、パンツインした時に、短くてすぐにパンツからシャツが出てします。 「エクストラファインコットンブロードシャツ」が、パンツインするのに十分かつ、パンツアウトしても長くなりすぎない絶妙なバランスなんですね。 uniqlo. パンツアウトしてもバランスがよく、パンツインしても裾が出にくい長さなのを実感できるはず。 薄手だから、長袖でも夏に着れる 「オススメなのは、わかったけど、長袖だと夏着れねーじゃん」 実は、このシャツ。 触ってみるとわかりますが、比較的薄手。 生地の厚さは、半袖のシャツと大差ありません。 寒い分には、生地が薄手でも重ね着すればいい話。 で、夏はというと...こんな風に肘が覗く位まで、袖を巻くってあげると、着心地は半袖シャツと一緒。 fashion-headline. それは次回以降に解説しますね。 今回はここまで。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

ユニクロのエクストラファインコットンブロードシャツがとにかく凄い!!|MB|note

エクストラファインコットンブロードシャツ

普段はアパレル会社を経営するかたわら、ユーチューブやSNSなどを通じて、ファッションに関する役立つ情報を発信しています。 今回はユニクロのシャツを実際に全種類購入し、その中でオススメの3着を紹介します。 ユニクロのシャツといってもかなりの種類があるので、店舗に行っても実際どれを選べばいいのかわからない方も多いかと思います。 アパレル業界の人間から見た「本当のオススメ」を紹介しますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。 さて、今回、オススメするシャツはこちらの3点。 ・エクストラファインコットンブロードシャツ ・イージーケアジャージーシャツ ・プレミアムリネンシャツ 結論からいうと「真夏まで着用できるシャツが欲しい方」にはプレミアムリネンシャツ。 「ケアが楽なシャツが欲しい方」にはイージーケアジャージーシャツ。 そして、「私服できれいめなボタンダウンシャツを着用したい方」にはエクストラファインコットンブロードシャツがオススメです。 襟先がボタンで留められているデザインのボタンダウンシャツ。 スーツスタイルで着用するレギュラーカラーと比較すると、若干カジュアルで日常着寄りのディテールになります。 生地はエクストラファインコットンという非常に高級なコットン素材を使用した「ブロード織り」。 シャツの生地には、主に「オックスフォード」と「ブロード」という2種類の織り方があります。 簡単に説明すると肉厚でガシッとしたラフな生地感が「オックスフォード」。 生地にツヤがあり滑らかな生地感が「ブロード」です。 そんなブロード生地を使用したこちらのシャツ、色によって見映えが異なります。 ユニクロでは定番として発売されているこちらのブロードシャツですが、今期のアップデートポイントとして、洗濯後にシワが残りにくい素材に変更された点があります。 以前、ホワイトを購入したのですが、かなりシワが目立ったことを覚えています。 今期のアップデートされたシャツを見てみると、確かにシワ感は和らいだのですが、ホワイトよりネイビーのほうがシワ感がより見えにくくなっています。 生地の縫い縮みも少なく、上品な印象を与えてくれるので、選ぶ際はネイビーのほうがよりオススメです。 このシャツは今回、紹介する中で個人的に最もオススメです。 デザインから見ていくと、襟はシンプルなレギュラーカラー。 前立てはフレンチフロント。 フレンチフロントとは、前端の生地が内側に折返っているデザインのこと。 縫い目などがなくシンプルで大人っぽい印象になります。 ボタンも生地と同色で目立たず、ドレスライクなディテール。 また、胸ポケットもなく、基本的にデザインを削ぎ落としたミニマルな作りになっているのが特徴です。 生地はストレッチ性の強いジャージー素材で、非常に快適な着用感。 普通のシャツ生地と比べると重みがあり、落ち感があるシルエットになっていて、オーバーサイズで着用してもだらしない印象がありません。 ジャストサイズよりもサイズをアップして、大きめサイズを選ぶのがオススメです。 夏の高級素材といえばリネン。 このシャツは毎年定番品として発売されていて、クオリティは常に高く、今期の商品もかなりの出来です。 ユニクロに限らずリネンシャツは着用感も涼しく、見た目にも清涼感があるので、夏もしっかりと高見えするシャツを着用したい場合、非常にオススメ。 生地はプレミアムリネンを使用し、きれいなツヤ感が出ていてかなりドレスライクですが、ウォッシュ加工施し程よいカジュアルさ、ラフさをプラス。 ドレッシーすぎず日常で使いやすいシャツに仕上がっています。 昔のプレミアムリネンシャツは身幅がそこまで大きくない割に着丈が長く、オーバーサイズで着用するとバランス悪かったのですが、今期からはオーバーサイズでゆったりと着用してもオシャレとして成立するサイズ感です。 真夏に着用する際は袖をまくって、ハーフパンツやショートパンツなどで合わせるのがオススメ。 またネイビーを選ぶと、ツヤ感がほかの色よりもきれいに出て、清涼感も与えることができるので、特にオススメです。 今回、紹介したのはエクストラファインコットンブロードシャツ、イージーケアジャージーシャツ、プレミアムリネンシャツの3アイテム。 改めてまとめると、エクストラファインコットンブロードシャツは私服できれいめなボタンダウンシャツを着用したい人に非常にオススメのシャツです。 特にネイビーが一押し。 イージーケアジャージーシャツはミニマルで非常にシンプルなデザイン、落ち感もあるきれいなシルエットで、オーバーサイズで着用するのがオススメです。 そしてプレミアムリネンシャツは夏に最適な素材で、通気性もよく、着心地もいいため、袖をまくれば真夏にも使えるシャツになっています。 まずはぜひ一度、試着してみてください!.

次の