にちゃん勢い。 Periscopeリアルタイムランキング

総合リアルタイムランキング

にちゃん勢い

このイベントは上記の通り、クラウドファンディング参加者のみ入手できるチケットで参加できるリリースイベント。 昼夜の2回にわたり、品川プリンスホテル内にある「クラブeX」というホールで開催された。 さらに2階にはフロア全体を見渡せるVIPルームまであるというエレガントかつゴージャスな作り。 なおそのVIPルームは、クラウドファンディング50000円出資者へのリターンとなっており、各キャラクターのイメージでデコレーションされた部屋に多くのATMな邪教徒が案内されていた。 そのほか、来場者にはユキヲ先生描き下ろしコミックが収録された冊子や、コミックス最新13巻特装版がプレゼントされるという、おもてなし精神あふれるスペシャルなイベントとなっていた。 さらに今回のイベントは、邪神ちゃん&ゆりねのユニット命名権や、2人の衣装の選択権までクラウドファンディングでゲットできたということで、まさしく邪教徒と二人三脚で作り上げたメモリアルなイベントとなった。 邪教徒記者Aが取材にうかがったのは、第2部のステージ。 開演前は、この日のバックバンドを務めるバンド「セットラウンドリー」がオープニングアクトを担当。 オリジナル曲で会場を盛り上げていた。 爽やかなポップスサウンドが、まったく「邪神ちゃん」っぽくないので、本当に彼らが多彩な「邪神ちゃん」サウンドを演奏できるのだろうか……と一瞬不安にも思ったが、それはまったくの杞憂に終わった。 結論から言って、「マジで全曲バンド演奏しやがった!」という衝撃と感動、そして興奮が会場を包み込んだのだ。 こちらは第1部での衣装。 かと思えば、花園ゆりね役の大森日雅さんも赤い着物で登場すると、邪神ちゃんとの思い出をしっとりと語り始める。 なんだかドタバタしていただけの日々だったようにも思えるが、改めて振り返ると、そんな日常ももしかしたら邪神ちゃんとゆりねにとってはかけがえのない大切な時間なのかも……。 そして寿命という現実の前に、いつか別れる日も来るのかも……。 そう思うと、なぜか頬を熱いものがつたう。 「邪神ちゃん」で泣けるなんて! そしてクライマックスでは銀テープが舞う中、オフマイクで「ありがとうございます」とお礼を述べつつ一礼する鈴木さん。 もう完璧だ。 完璧すぎて、言葉もない。 極上のエンターテインメントをありがとう! 歌い終えた大森さんも「いいクライマックスでしたね。 朗読の時、ウルウルしちゃいました」と語るように、すっかりイベント終盤のような雰囲気が漂う会場だが、まだこれがオープニングなのだ。 ここでいったん鈴木さんと大森さんはお着替えのために退場。 ここからは宣伝プロデューサーの栁瀨さんによるクラウドファンディングの途中経過報告が行われた。 イベント当日の時点で集まった出資金の総額は、なんと23,546,838円! クラウドファンディング開始からわずか45分で目標金額を超えたことが明かされた。 そして50万円の「イベントスポンサー(ゴールド)」を、ブランド品の買取宅配サービスを運営する「ブランディア」が落札したこともここで発表。 今後は「邪神ちゃん」とのコラボ展開も予定されているという。 そのほか、第2期OPをイメージした映像と配布冊子に収録された描き下ろしコミックにキャストが声を当てた、スペシャルムービーの上映やセットラウンドリーによる、「邪神ちゃん」曲のインスト演奏などが披露された後、お待ちかねのライブが再開。 第1部の衣装に身を包む鈴木さん&大森さん。 「ですの」の初ステージの幕が上がった。 OPテーマ「あの娘にドロップキック」に始まったライブは、ゆりねのキャラクターソング「漆黒デカダンス」、そして邪神ちゃんのキャラクターソング「CAST A SPLELL」と展開。 迫力あふれる生バンド演奏もあってか、大森さんの中二全開ポーズのキレもいつも以上だし、鈴木さんのあおりも「盛り上がってんじゃねえか!」とパワフル。 とどめとばかりに、どこまでも伸びるロングトーンを披露し、会場を大いに盛り上げた。 そしてフィナーレは「Destiny Noisy」初のユニット曲「単純明快! SomethingDevils!! 振り付け練習を事前に行ったこともあり、邪教徒の盛り上がりもばっちり! 最強のパーティーチューンの誕生ということで、今後の「邪神ちゃん」イベントでは重要な神曲となりそうだ。 ライブ後は、今後の「邪神ちゃん」関連イベントの告知。 そして「Destiny Noisy」の反響を受けて、追加の新曲制作決定が発表された。 12月に、クラウドファンディング参加者全員に無料で楽曲が配布されるということで、邪教徒にとってはこのうえないクリスマスプレゼントとなりそうだ。 最後のコメントでも「めちゃくちゃ楽しかった!」と笑顔全開だった鈴木さんだが、それは大森さんも、セットラウンドリーのメンバーも、もちろん邪教徒も同じだ。 全員一丸となって盛り上がり続ける「邪神ちゃんドロップキック」らしい、最高にハッピーなイベントとなった。 2019年11月2日 北サバト in 新千歳国際空港内ポルトムホール 「秋まつり」の翌週には、鈴木愛奈さんの故郷である北海道の新千歳空港にて、「北サバト」が開催された。 もちろん北海道でのサバト(「邪神ちゃん」イベントのこと)は今回が初。 しかも、ゲストとして千歳市長・山口幸太郎さんも登壇という、非常にレアなイベントとなった。

次の

将棋・チェス:2ch勢いランキング

にちゃん勢い

このイベントは上記の通り、クラウドファンディング参加者のみ入手できるチケットで参加できるリリースイベント。 昼夜の2回にわたり、品川プリンスホテル内にある「クラブeX」というホールで開催された。 さらに2階にはフロア全体を見渡せるVIPルームまであるというエレガントかつゴージャスな作り。 なおそのVIPルームは、クラウドファンディング50000円出資者へのリターンとなっており、各キャラクターのイメージでデコレーションされた部屋に多くのATMな邪教徒が案内されていた。 そのほか、来場者にはユキヲ先生描き下ろしコミックが収録された冊子や、コミックス最新13巻特装版がプレゼントされるという、おもてなし精神あふれるスペシャルなイベントとなっていた。 さらに今回のイベントは、邪神ちゃん&ゆりねのユニット命名権や、2人の衣装の選択権までクラウドファンディングでゲットできたということで、まさしく邪教徒と二人三脚で作り上げたメモリアルなイベントとなった。 邪教徒記者Aが取材にうかがったのは、第2部のステージ。 開演前は、この日のバックバンドを務めるバンド「セットラウンドリー」がオープニングアクトを担当。 オリジナル曲で会場を盛り上げていた。 爽やかなポップスサウンドが、まったく「邪神ちゃん」っぽくないので、本当に彼らが多彩な「邪神ちゃん」サウンドを演奏できるのだろうか……と一瞬不安にも思ったが、それはまったくの杞憂に終わった。 結論から言って、「マジで全曲バンド演奏しやがった!」という衝撃と感動、そして興奮が会場を包み込んだのだ。 こちらは第1部での衣装。 かと思えば、花園ゆりね役の大森日雅さんも赤い着物で登場すると、邪神ちゃんとの思い出をしっとりと語り始める。 なんだかドタバタしていただけの日々だったようにも思えるが、改めて振り返ると、そんな日常ももしかしたら邪神ちゃんとゆりねにとってはかけがえのない大切な時間なのかも……。 そして寿命という現実の前に、いつか別れる日も来るのかも……。 そう思うと、なぜか頬を熱いものがつたう。 「邪神ちゃん」で泣けるなんて! そしてクライマックスでは銀テープが舞う中、オフマイクで「ありがとうございます」とお礼を述べつつ一礼する鈴木さん。 もう完璧だ。 完璧すぎて、言葉もない。 極上のエンターテインメントをありがとう! 歌い終えた大森さんも「いいクライマックスでしたね。 朗読の時、ウルウルしちゃいました」と語るように、すっかりイベント終盤のような雰囲気が漂う会場だが、まだこれがオープニングなのだ。 ここでいったん鈴木さんと大森さんはお着替えのために退場。 ここからは宣伝プロデューサーの栁瀨さんによるクラウドファンディングの途中経過報告が行われた。 イベント当日の時点で集まった出資金の総額は、なんと23,546,838円! クラウドファンディング開始からわずか45分で目標金額を超えたことが明かされた。 そして50万円の「イベントスポンサー(ゴールド)」を、ブランド品の買取宅配サービスを運営する「ブランディア」が落札したこともここで発表。 今後は「邪神ちゃん」とのコラボ展開も予定されているという。 そのほか、第2期OPをイメージした映像と配布冊子に収録された描き下ろしコミックにキャストが声を当てた、スペシャルムービーの上映やセットラウンドリーによる、「邪神ちゃん」曲のインスト演奏などが披露された後、お待ちかねのライブが再開。 第1部の衣装に身を包む鈴木さん&大森さん。 「ですの」の初ステージの幕が上がった。 OPテーマ「あの娘にドロップキック」に始まったライブは、ゆりねのキャラクターソング「漆黒デカダンス」、そして邪神ちゃんのキャラクターソング「CAST A SPLELL」と展開。 迫力あふれる生バンド演奏もあってか、大森さんの中二全開ポーズのキレもいつも以上だし、鈴木さんのあおりも「盛り上がってんじゃねえか!」とパワフル。 とどめとばかりに、どこまでも伸びるロングトーンを披露し、会場を大いに盛り上げた。 そしてフィナーレは「Destiny Noisy」初のユニット曲「単純明快! SomethingDevils!! 振り付け練習を事前に行ったこともあり、邪教徒の盛り上がりもばっちり! 最強のパーティーチューンの誕生ということで、今後の「邪神ちゃん」イベントでは重要な神曲となりそうだ。 ライブ後は、今後の「邪神ちゃん」関連イベントの告知。 そして「Destiny Noisy」の反響を受けて、追加の新曲制作決定が発表された。 12月に、クラウドファンディング参加者全員に無料で楽曲が配布されるということで、邪教徒にとってはこのうえないクリスマスプレゼントとなりそうだ。 最後のコメントでも「めちゃくちゃ楽しかった!」と笑顔全開だった鈴木さんだが、それは大森さんも、セットラウンドリーのメンバーも、もちろん邪教徒も同じだ。 全員一丸となって盛り上がり続ける「邪神ちゃんドロップキック」らしい、最高にハッピーなイベントとなった。 2019年11月2日 北サバト in 新千歳国際空港内ポルトムホール 「秋まつり」の翌週には、鈴木愛奈さんの故郷である北海道の新千歳空港にて、「北サバト」が開催された。 もちろん北海道でのサバト(「邪神ちゃん」イベントのこと)は今回が初。 しかも、ゲストとして千歳市長・山口幸太郎さんも登壇という、非常にレアなイベントとなった。

次の

「ごはん食べたい」アピールを頑張る柴犬パピー。勢い余って尻もち『ポフン』…って可愛すぎて罪だわ【動画】

にちゃん勢い

今季も打撃好調で3割をキープ。 捕手としても「梅ちゃんバズーカ」は健在。 この男がチームには必要不可欠だ 開幕からつまずいたチームにあって存在感を示しているのは梅野隆太郎だ。 「梅ちゃん」と言われる人気者のパフォーマンスはファンからの反響も大きい。 「八番打者」で勝負強さを発揮したのは、3試合ぶりに先発マスクを被った6月23日のヤクルト戦(神宮)。 6回のダメ押し打で「梅野あり」をアピールしたのだった。 また、同25日のヤクルト戦(神宮)では、0対0の8回にマクガフから先制1号本塁打を放った際は「相手の一番いい球を打ち返すことができた」と自信のあるコメントを残した。 この試合、結局は最終回に藤川が痛恨の一発を浴びてサヨナラ負けを喫した。 しかし、梅野にとっては正捕手をアピールできた価値ある一戦でもあったのだ。 今シーズンは開幕戦こそ先発マスクをかぶったが、坂本、原口との併用でのスタートだった。 投手との相性を考えた起用ではあるものの、梅野としても意地を見せた形だ。 春季キャンプでは井上打撃コーチから「リュウ(梅野)が八番を打ってくれれば、いい打線が組めるはずだ」と打撃面でも評価されていた。 自身の打撃についても「できるだけ調子の波を少なくしたい」と語った。 開幕から得点力不足が目立っているが、恐怖の八番として巻き返しを見据える。 また、守りの要としても再三にわたって盗塁阻止を見せつけるなど定位置死守の姿勢を示す。 ここは梅ちゃんの攻守の働きに懸けたいところだ。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の