未来 の ミライ 声優 ひどい。 未来のミライの評価は酷い駄作で面白くない?酷評口コミレビューを紹介! | 金曜ロードショー情報局

未来のミライがつまらないし面白くない!理由は意味不明さと声優がひどい評価から?

未来 の ミライ 声優 ひどい

こんにちわ!かっちゃんです。 この記事は映画【未来のミライ】の 主人公くんちゃんの声・声優の 情報についてまとめたモノです。 金曜ロードショーで細田守監督の 【未来のミライ】が 本編ノーカットで放送されます。 未来のミライと言えば アメリカのアカデミー賞にノミネートされて 世界では絶賛なんですがなぜか 日本での評価はいまいち・・・ なぜなんでしょうか? その一端が主人公くんちゃんの声! 棒読みでひどい下手!合ってないとの声が 殺到しています。 声優は誰なんでしょうか? 金曜ロードショーでの評価は? 金曜ロードショーで未来のミライが本編ノーカット放送! 今回金曜ロードショーで細谷守監督の 「未来のミライ」が本編ノーカットで 放送されます。 この未来のミライはアメリカのアカデミー賞にも ノミネートされた程の話題の映画で 4歳の男の子「くんちゃん」が主人公として 妹が生まれて家族の意識が妹に向き始めた途端に 赤ちゃん返りを起こし家を飛び出した事を きっかけに不思議な現象が起き くんちゃんを冒険の世界に連れて行くといった概要です。 アニメなんだけどちょっと現実的な 部分が取り入れられて 共感や共鳴を起こしやすい内容に なっていると思います。 まぁ子供は世界共通のわがままなので そういった子供を持つ親たちに 共感を得た映画だったんでしょうね。 そういった意味で世界からの評価が 高かったのかもしれません。 未来のミライの評価は賛否両論!なぜ? 細谷守監督と言えば 「おおかみこどもの雨と雪」や 来週放送の「サマーウォーズ」等 ヒット映画を量産していますが、 この未来のミライに関しては なぜかしら日本での評価に賛否両論があります。 「面白い!」という人と「つまらない」という人が 両極端に分かれます。 世界であれだけ絶賛された映画が なぜこんなにも評価が分かれるのか? そこには映画そのものの内容というよりも ちょっと違った角度での作品の良し悪しの 判断がされている可能性がありました。 一体なぜ未来のミライは「つまらない」 「面白くない」という声が多いんでしょうか? 主人公くんちゃんの声が下手でひどい! 実はネット上での声で一番多いのが とにかく未来のミライの声優陣への批判というか 評価の悪さです。 特に中でも主人公4歳の男の子 くんちゃんの声がひどい!下手 イメージとあってない等と悪評の数々。 私はこの映画まだ見てないのでどんな感じなのか わかりませんが、 棒読みで話が入ってこない等の意見もあります。 世界的に評価が高いのは 海外で放送される時には 声優さんの吹き替えがやるから 物語自体は素晴らしいけど 声優がぶち壊しにしているという 解説もありました。 確かにここまで世界的な評価と 日本でのひどい批判を考えるとわからなくも ないんですが・・ 一体誰がくんちゃんの声を声優として 演じているんでしょうか? くんちゃんの声優の上白石萌歌って誰? こうなってくると未来のミライの 主人公くんちゃんの声を誰が 声優として演じているのかが気になりますね。 で、調べて見ると・・ くんちゃん役は 上白石萌歌さんでした。 出典 現在Aスタジオのアシスタントもやっていて 今売出し中の女優さんです。 しかも姉の上白石萌音さんが 声優として「君の名は」で 大成功しているので こういう声が上がるのは 上白石萌歌さんにとってはちょっと痛いですよね! 女優さんとしては話題にドラマにも 出演していて個人的には 綾瀬はるかさんと共演した 「義母と娘のブルース」の みゆき役は好演していたと思います。 そんなに声優としてひどいのかなぁ・・ 放送で確認したいと思います! まとめ いかがでしたか? 今回は金曜ロードショーで放送される 【未来のミライ】の主人公 くんちゃんの声がひどい!下手! 声優は誰なの?について書きました。 棒読みなのはそういう子供雰囲気を 出しているんじゃないのかなぁ・・ でもそれなら見た人に伝わらないと 結局ダメだし・・ ん~どちらにしても世間では あまりくんちゃんの声についての評価は よくないみたいだけど どれだけ内容が頭に入ってくるか 実際に放送を見て確認したいと思います。 最後までお読み頂き有り難うございました。

次の

「過去最低。細田監督の悪いところが全部出た作品。」未来のミライ 彩子さんの映画レビュー(感想・評価)

未来 の ミライ 声優 ひどい

スポンサードリンク 映画「未来のミライ」を見た人々が、声優がひどい下手で、合わない違和感がすごいから、内容が入ってこないというの感想・評価をもってます。 「未来のミライ」は、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『バケモノの子』など大ヒットアニメ映画を手掛けた細田守監督作品なのですが、そんなに声優が下手だったの理由はなんでしょう? あらすじは、4才の男の子くんちゃんが、突然現れた謎の少女ミライちゃんとともに時空を超えた大冒険に出て、家族の愛情や絆をたくさん感じる物語です。 主人公4才くんちゃんの声優を、女優の上白石萌歌さんが演じてるのですが、どうやらこれが、声優がひどい下手で、合わない違和感がすごいことになった理由のようです。 細田守監督はオーディション、くんちゃんの泣き声と、犬の鳴き声を演じさせたらイメージに合うということで起用されました。 上白石萌歌さんは保育園で4歳の男の子と実際に遊んだり、しゃべったり、役を模索したそう。 ミライちゃん役には、黒木華さんがオーディションで選ばれてます。 くんちゃんを「お兄ちゃん」と呼ぶ、未来からやってきた謎な少女役。 黒木華さんも姉弟がいるから、くんちゃんに共感できる部分があったそう。 「未来のミライ」も同じく声優に対して「違和感がすごい」「ひどい」「合わない」など下手だというボロクソな感想・評価が目立ちます。 映画の内容は面白くて良かったけど、声優が下手でキャラクターに合わない違和感があり、細田守監督作品ファンでさえ、なかなか物語に入り込めなかった人がいたほど。 一方で、おとうさん役の星野源さん、おかあさん役の麻生久美子さん、若い頃のおとうさん役の福山雅治さん、駅員ロボット役の神田松之丞さんは、声が良かったと声優が評価されてますが、くんちゃんの声優が下手すぎてそういった良い感想はほとんどかき消されてます。 予告動画でくんちゃんの声優演技が聞けます。 視聴者の感想は 「マジで下手くそすぎる」 「ヤバイぐらい下手で上映中にすごいイラっとしてた」 「声優ひどいな、聞くに耐えない」 「自転車乗るシーンの喘ぎ声なんだよ、完全に女じゃねぇかよ」 など酷評の嵐です。 上白石萌歌さんは18才の女性なんですが、声が4才の男の子に寄せておらず、16才も年上の18才女子そのままの声なので、違和感がすごいんです。 なので視聴者の感想は 「4才の子の声に全く聞こえない」 「初っ端から4歳児に思えない声」 「声が大人過ぎて動揺隠せない」 「声優合ってない」 「受け付けませんでした」 「くんちゃんの声に違和感」 「すさまじく不自然な声」 「しっくりこない」 「主役の声が壮絶に合ってない致命傷」 「役満振り込みレベルの痛手」 そして声優が合わない違和感ばかりか、主人公がしゃべるたびに虫唾が走るなど、視聴者に不快感まで与えてしまってるのでした。 映画そのものは、4才の男の子のリアルな描写に細部までこだわってるにも関わらず、声が完全に大人の声なので、違和感がすごいんです。 なので「子供の声優使えば良かったのに」という感想をもつ人は多いです。 「未来のミライ」は海外でアニー賞(インディペンデント部門)作品賞を受賞してるのですが、英語版の声優はちゃんと子供の声優を使ってようなのです。 子供の顔が子供の声をしゃべってるので、すごく自然ですね。 「どうにも入り込めなかった」 「悪いけど下手くそすぎて中身入ってこなかった」 海外版は子供の声なのに、日本版はやっぱり話題性を狙って芸能人声優を起用したのでしょうか?「代理店の計算高い嫌な感じ」が透けてみえる人もいたのでした。 とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。 それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。 待ち受ける見たこともない世界。 むかし王子だったと名乗る謎の男。 幼い頃の母との不思議な体験。 父の面影を宿す青年との出会い。 そして、初めて知る「家族の愛」の形。

次の

『未来のミライ』くんちゃんの声に違和感があるのはなぜ?みんなの声はどうなの?

未来 の ミライ 声優 ひどい

スポンサードリンク 映画「未来のミライ」を見た人々が、声優がひどい下手で、合わない違和感がすごいから、内容が入ってこないというの感想・評価をもってます。 「未来のミライ」は、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『バケモノの子』など大ヒットアニメ映画を手掛けた細田守監督作品なのですが、そんなに声優が下手だったの理由はなんでしょう? あらすじは、4才の男の子くんちゃんが、突然現れた謎の少女ミライちゃんとともに時空を超えた大冒険に出て、家族の愛情や絆をたくさん感じる物語です。 主人公4才くんちゃんの声優を、女優の上白石萌歌さんが演じてるのですが、どうやらこれが、声優がひどい下手で、合わない違和感がすごいことになった理由のようです。 細田守監督はオーディション、くんちゃんの泣き声と、犬の鳴き声を演じさせたらイメージに合うということで起用されました。 上白石萌歌さんは保育園で4歳の男の子と実際に遊んだり、しゃべったり、役を模索したそう。 ミライちゃん役には、黒木華さんがオーディションで選ばれてます。 くんちゃんを「お兄ちゃん」と呼ぶ、未来からやってきた謎な少女役。 黒木華さんも姉弟がいるから、くんちゃんに共感できる部分があったそう。 「未来のミライ」も同じく声優に対して「違和感がすごい」「ひどい」「合わない」など下手だというボロクソな感想・評価が目立ちます。 映画の内容は面白くて良かったけど、声優が下手でキャラクターに合わない違和感があり、細田守監督作品ファンでさえ、なかなか物語に入り込めなかった人がいたほど。 一方で、おとうさん役の星野源さん、おかあさん役の麻生久美子さん、若い頃のおとうさん役の福山雅治さん、駅員ロボット役の神田松之丞さんは、声が良かったと声優が評価されてますが、くんちゃんの声優が下手すぎてそういった良い感想はほとんどかき消されてます。 予告動画でくんちゃんの声優演技が聞けます。 視聴者の感想は 「マジで下手くそすぎる」 「ヤバイぐらい下手で上映中にすごいイラっとしてた」 「声優ひどいな、聞くに耐えない」 「自転車乗るシーンの喘ぎ声なんだよ、完全に女じゃねぇかよ」 など酷評の嵐です。 上白石萌歌さんは18才の女性なんですが、声が4才の男の子に寄せておらず、16才も年上の18才女子そのままの声なので、違和感がすごいんです。 なので視聴者の感想は 「4才の子の声に全く聞こえない」 「初っ端から4歳児に思えない声」 「声が大人過ぎて動揺隠せない」 「声優合ってない」 「受け付けませんでした」 「くんちゃんの声に違和感」 「すさまじく不自然な声」 「しっくりこない」 「主役の声が壮絶に合ってない致命傷」 「役満振り込みレベルの痛手」 そして声優が合わない違和感ばかりか、主人公がしゃべるたびに虫唾が走るなど、視聴者に不快感まで与えてしまってるのでした。 映画そのものは、4才の男の子のリアルな描写に細部までこだわってるにも関わらず、声が完全に大人の声なので、違和感がすごいんです。 なので「子供の声優使えば良かったのに」という感想をもつ人は多いです。 「未来のミライ」は海外でアニー賞(インディペンデント部門)作品賞を受賞してるのですが、英語版の声優はちゃんと子供の声優を使ってようなのです。 子供の顔が子供の声をしゃべってるので、すごく自然ですね。 「どうにも入り込めなかった」 「悪いけど下手くそすぎて中身入ってこなかった」 海外版は子供の声なのに、日本版はやっぱり話題性を狙って芸能人声優を起用したのでしょうか?「代理店の計算高い嫌な感じ」が透けてみえる人もいたのでした。 とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。 それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。 待ち受ける見たこともない世界。 むかし王子だったと名乗る謎の男。 幼い頃の母との不思議な体験。 父の面影を宿す青年との出会い。 そして、初めて知る「家族の愛」の形。

次の