スバルbrz 中古車 実績cyberven.com。 RX−7(マツダ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

RX−7(マツダ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

スバルbrz 中古車 実績cyberven.com

車種の特徴 「RX-7」は、1978年にマツダより発売されたスポーツクーペです。 この車両の初代モデルは、ロータリーエンジンの小型・軽量化の特徴が活かされた同社の「コスモスポーツ」を受け継ぎ、車体の低重心化による運動性能の向上が図られました。 そして、1991年には、「ピュア・スポーツ」をコンセプトに3代目モデルへフルモデルチェンジされ、車体の軽量化とエンジンの高出力化を目指して開発されました。 車名については、「サバンナRX-7」の名称で発表された後、1991年より「アンフィニ・RX-7」という名称に変更されましたが、1997年に「アンフィニ」が外れ、最終的には「RX-7」に落ち着きました。 また、このクルマは、モータースポーツへの参戦も果たしており、FC3S型やFD3S型はボンネビル・スピードウィークに出場しています。 2000年10月発売モデルのグレードについては、「タイプRS」「タイプRB」などがラインナップされている他、特別仕様車として「タイプRZ」が用意されています。 このモデルでは、安全機能としてEBD付き4W-ABS、デュアルエアバッグが全車で標準装備されました。 また、ボディカラーについては、「ピュアホワイト」「ブリリアントブラック」「イノセントブルーマイカ」などのバリエーションが用意されています。 グレード名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 98〜 293万円 - - - - - - - 188〜 498万円 314. 8万円 7. 8万円 8. 8万円 8. 8万円 7. 8万円 8. 8万円 8. 8万円 7.

次の

RX−7(マツダ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

スバルbrz 中古車 実績cyberven.com

GTNETの中古車情報サイトに掲載されている新しい入庫車をまとめた一覧。 欲しい中古車や気になる中古車がカンタンに見つかります!ぜひ中古車査定サービスと合わせてご利用下さい。 中古車買取のタイミングをうまく合わせるとスマートな乗り換えも可能です。 法定上決められた点検項目に留まらず、GTNETが独自に提唱する"GTNETスタンダード"をベースに、お客様のニーズあるいは 愛車のコンディションによって選択していただける3プランの車検メニューをご用意しています。 全国に広がるGTNET各店舗をご紹介 店舗別ブログ随時更新中!オンラインだけではなく、店舗での査定等も行っていますのでぜひ一度、お越しください!。 WRX 水平対向エンジンEJ20を積み、240ps&フルタイム4WDの性能を持って2L最強モデルの座を手に入れた初代インプレッサWRX。 エアインテークを設けたアルミボンネットやバケットタイプのシートのほか、専用のハードサスペンションなどを装備した。 WRX type RA WRXをベースに、エンジンを専用チューン。 7000rpmまで最高回転数を高めたほか、ダイレクトプッシュ式バルブを採用して、レスポンスの向上を図った。 サスペンションには、ラリータイプの強化サスペンションが装備された。 WRX(AT) インプレッサ登場から約11カ月後、WRXにATが設定されたのがこのモデルである。 最高出力は220psに抑えられたが、トルク重視の扱いやすい特性にしたてられた。 WRX Sti スバルのモータースポーツ活動を統括するSTiの手によって専用チューンが施されたモデルである。 100台限定での発売となったこのモデルは、WRXをベースに出力、トルク、レブリミットの変更など大幅なチューニングが与えられた。 専用の制御ユニットの他、インタークーラーウォータースプレーや大型のリアスポイラー、ストラットタワーバーが装備された。 WRX A型、B型から最高出力20ps、最大トルク0. 5kg-mアップ。 WRX type RA C型WRXをベースに、最高出力、最大トルクは変わらずに最高回転数を500rpmアップさせて、7500rpmに設定した専用チューンエンジンを搭載した。 WRX type RA STi version 軽量ボディのタイプRAをベースに、鍛造ピストンや強化シリンダーヘッドを始め、STiオリジナルコンピューターを搭載するなどで、最高出力は275ps、最大トルク32. 5kg-mを発揮した。 また、前後の駆動トルク配分を変更できるDCCDも装備。 その他クイックステアリングギアボックスをオプション設定するなどした。 DCCDやクロスミッションなどの装備は省かれている。 DCCDはそのまま装備され、ルーフベンチレーターも装備された。 WRCインプレッサと同じ専用の車体色にオプションでテクニカルスポンサーステッカーを装着することができた。 限定500台の販売となった。 ルーフには、RAと同じベンチレーターが装着された。 WRX V-Limited 1995年WRCダブルタイトル獲得を記念して発売された特別仕様車。 限定1000台の発売となったこのモデルは、エンブレムやシリアルナンバープレートの他、STi用のゴールド塗装ホイールを装着した。 シートにはFIA認定マークが入る。 限定555台の発売となったこのモデルは、エンブレムやシリアルナンバープレートを装備。 コーリン・マクレーのサイン入りシートが採用された。 WRX エンジンを新世代のBOXER MASTER-4を搭載し、最高出力280psを発揮。 エクステリアも変更され、新デザインのフロントフードやグリル、ヘッドライトが採用された。 WRX type RA WRXをベースに、快適装備を簡略化したスパルタンモデル。 エアコンやパワーウインド、ABSなどをレスとし、インタークーラーウォータースプレーやドライバーズコントロールセンターデフ、ハードタイプスポーツサスペンションなどを備える。 0kg-mに高めた。 インタークーラーウォータースプレーのタンク容量も増量され、3. 5Lとなった。 また、リアデフとリアアスクルをサイズアップして強度を向上。 13:1のクイックステアリングギアボックスもオプション設定された。 WRX type R STi version ピュアスポーツクーペとして登場したのが「type R STi version」である。 WRXタイプRA STiバージョンIII譲りのハイスペックに加え、STiオリジナルバケットシートや、カラードフロントスカート、リヤ&リヤクォーター濃色ガラスなどが装備される。 受注生産での発売となった。 エクステリアに、ゴールド塗装のアルミホイールやWRCタイプフォグランプカバーなどを備える。 WRX E型となったWRXは、エンジン出力は変更なし。 インテリアの質感を向上させた。 インストゥルメントパネルやコンソールボックス、そしてドアトリムなどインテリアのデザインを一新。 SRSエアバッグを内蔵したMOMO製のステアリングを標準装備した他、オプションでデュアルエアバッグが設定される。 また、4センサー4チャネルのABSがWRXに導入されるなど、安全装備の充実も図られた。 WRX type RA ベースのWRXから、快適装備を簡略化したスパルタンモデル。 エアコンやパワーウインド、ABSなどをレスとし、インタークーラーウォータースプレーやドライバーズコントロールセンターデフ、ハードタイプスポーツサスペンションなどを備える。 最高出力は280psのままに、最大トルクを36. 0kg-mにまで引き上げた。 外装では、フロントアンダースカートがボディ同色になった。 最高出力は280psのままとなる。 WRカーの専用色であるWRブルーマイカを専用色に設定し、フロントヘリカルLSDや13:1クイックステアリングギアボックスが標準装備された。 WRカーの専用色であるWRブルーマイカを専用色に設定し、フロントヘリカルLSDや13:1クイックステアリングギアボックスが標準装備された。 22B-STi version 1997年WRCでのマニュファクチャラーズタイトルの獲得を支えたスバルImpreza World Rally Car97のロードバージョンとして生まれたスポーツクーペ。 エクステリアは、フロントグリル一体型の大型バンパー、大型可変リヤスポイラー、アルミフロントフードなど。 また、フロントシートバックレストにSTiロゴ刺繍を施したオリジナルバケットシートを装着する。 BBS製鍛造アルミホイール(8. WRX 最高出力280ps、最大トルク34. 5kg-mを発揮。 WRX type RA ベースのWRXから、快適装備を簡略化したスパルタンモデル。 エアコンやパワーウインド、ABSなどをレスとし、インタークーラーウォータースプレーやドライバーズコントロールセンターデフ、ハードタイプスポーツサスペンションなどを備える。 今回、全社共通のフロントマスクの変更に加え、22Bに採用された大型リアスポイラーとスポーツABSが装備された。 今回、全社共通のフロントマスクの変更に加え、22Bに採用された大型リアスポイラーとスポーツABSが装備された。 WRX type RA Limited 「WRX type RA」をベースにした1000台限定で発売した特別限定モデル。 ブルー・マイカを専用車体色とし、「555 SUBARU」の刺繍ロゴ入りシートを採用したほか、4センサー4チャンネルのABSも装備された。 WRX type RA STi version V Limited WRカーの車体色を採用した限定モデル。 WRX type R STi version V Limited WRカーの車体色を採用した限定モデル。 WRX 最高出力280ps、最大トルク34. 5kg-mを発揮。 インプレッサWRXシリーズのベースモデルである。 WRX type RA ベースのWRXから、快適装備を簡略化したスパルタンモデル。 エアコンやパワーウインド、ABSなどをレスとし、インタークーラーウォータースプレーやドライバーズコントロールセンターデフ、ハードタイプスポーツサスペンションなどを備える。 エンジン出力には特に変更はない。 GC8として最終のSTiバージョンである。 エンジン出力には特に変更はない。 GC8として最終のtype RA STiバージョンである。 エンジン出力には特に変更はない。 GC8として最終のtype R STiバージョンである。 WRX type RA Limited 特別アイテムとして軽量高剛性ワンピース構造のRAYS16インチ鍛造アルミホイール、WRC(世界ラリー選手権)で活躍しているWRカー「スバル・インプレッサWRC 99」をイメージ した専用ボディ色「ソニックブルー・マイカ」などを設定。 また、その他に、それぞれの車種に応じた仕様・装備を採用し、機能性、快適性を向上させるなどしたモデルである。 また、その他に、それぞれの車種に応じた仕様・装備を採用し、機能性、快適性を向上させるなどしたモデルである。 また、その他に、それぞれの車種に応じた仕様・装備を採用し、機能性、快適性を向上させるなどしたモデルである。 S201 STi version 98年に発売された22Bに次ぐSTiのプレミアムモデルである。 22Bがクーペベースであったのに対し、S201はセダンベースを採用。 東京モーターショーで展示されたショーモデルを公道バージョンにして発売したのが、このS201である。 運転席まわりは、MOMO製SRSエアバッグ内蔵本革巻ステアリングホイール、13:1クイックレシオパワーステアリング(オイルクーラー&大容量オイルポンプ付)。 エンジンは、中空インテークバルブ&ナトリウム封入中空エキゾーストバルブ、メタルガスケット、インタークーラーウォータースプレイ(マニュアル&オート)、鍛造モリブデンコーティングピストン、STi専用ラジエター(冷却効率向上)&ラジエターダブルクーリングファンなど専用仕様とする。 シフトフィーリングの向上がはかられたシフトノブ奥に、シリアルナンバープレート(300台限定)を装着する。 2004年6月8日、シャシー改良、エンジン性能の強化などを行い、加速性能や旋回性能、操縦安定性や乗り心地を向上させた。 ハブベアリングサイズを拡大して、ホイールPCDを114. 3mmに変更して、ホイール取り付け部の剛性をアップ。 フロントデフにはヘリカルLSDを採用。 インタークーラータンクの形状と吸気ダクト形状を変更して、冷却効率を高めるとともに通期抵抗の低減も図った。 このモデルでも、限定車のWR-Limited、V-Limited、320psを誇るS203などが発売された。 また、spec C type RAも発売され、ベースのspec Cモデルに快適装備を装着して、専用のスポーツパーツが装着された。 2007年10月24日、モデルチェンジを受けて第3世代となるインプレッサが登場した。 このモデルからワゴンをベースとしたインプレッサとなった。 これはWRCでワゴンの方が空力的に有利という判断の下、それが市販車にも反映される結果となった。 5ドアハッチバックのボディは、ホイールベースやトレッドの拡大で操縦安定性と直進安定性をバランスさせた。 搭載エンジンは水平対抗2. 0リッターDOHCのインタークーラー付きターボ仕様で変わらないが、308ps、44kg-mの性能を誇る。 走行モードを設定できるSIドライブが採用されている。 シャシーも可変式のSIシャシーを採用。 ドライブトレーンもマルチモードDCCDやマルチモードVDCなど、さまざまな新機構、新技術が採用される。 2009年2月には水平対向2. 5リッターターボを搭載し、電子制御5速ATと組み合わせたAラインを追加した。 インプレッサ スバル の買取、査定、中古車買取、中古車査定、車を高く売りたい方はGTNET インプレッサ スバル の買取、査定に関して疑問点はございませんか?GTNETが運営する中古車の買取、中古車査定サイト「スポーツカーの中古車買取・中古車査定ならGTNET」なら、お車の買取、査定、売却、はもちろんの事、インプレッサ スバル の買取、査定などの情報が満載です。 インプレッサ スバル の買取、査定のことをもっと知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。 あなたのわがままにこたえる査定額になるようきっと方法があるはずです。 なお、掲載中のインプレッサ スバル の買取、査定などの情報は独自に調査・採取したデータを掲載しております。 詳細な情報については、お電話もしくはメールにお問い合わせください。

次の

インプレッサ スバル の買取・査定は専門店のGTNET

スバルbrz 中古車 実績cyberven.com

GTNETの中古車情報サイトに掲載されている新しい入庫車をまとめた一覧。 欲しい中古車や気になる中古車がカンタンに見つかります!ぜひ中古車査定サービスと合わせてご利用下さい。 中古車買取のタイミングをうまく合わせるとスマートな乗り換えも可能です。 法定上決められた点検項目に留まらず、GTNETが独自に提唱する"GTNETスタンダード"をベースに、お客様のニーズあるいは 愛車のコンディションによって選択していただける3プランの車検メニューをご用意しています。 全国に広がるGTNET各店舗をご紹介 店舗別ブログ随時更新中!オンラインだけではなく、店舗での査定等も行っていますのでぜひ一度、お越しください!。 WRX 水平対向エンジンEJ20を積み、240ps&フルタイム4WDの性能を持って2L最強モデルの座を手に入れた初代インプレッサWRX。 エアインテークを設けたアルミボンネットやバケットタイプのシートのほか、専用のハードサスペンションなどを装備した。 WRX type RA WRXをベースに、エンジンを専用チューン。 7000rpmまで最高回転数を高めたほか、ダイレクトプッシュ式バルブを採用して、レスポンスの向上を図った。 サスペンションには、ラリータイプの強化サスペンションが装備された。 WRX(AT) インプレッサ登場から約11カ月後、WRXにATが設定されたのがこのモデルである。 最高出力は220psに抑えられたが、トルク重視の扱いやすい特性にしたてられた。 WRX Sti スバルのモータースポーツ活動を統括するSTiの手によって専用チューンが施されたモデルである。 100台限定での発売となったこのモデルは、WRXをベースに出力、トルク、レブリミットの変更など大幅なチューニングが与えられた。 専用の制御ユニットの他、インタークーラーウォータースプレーや大型のリアスポイラー、ストラットタワーバーが装備された。 WRX A型、B型から最高出力20ps、最大トルク0. 5kg-mアップ。 WRX type RA C型WRXをベースに、最高出力、最大トルクは変わらずに最高回転数を500rpmアップさせて、7500rpmに設定した専用チューンエンジンを搭載した。 WRX type RA STi version 軽量ボディのタイプRAをベースに、鍛造ピストンや強化シリンダーヘッドを始め、STiオリジナルコンピューターを搭載するなどで、最高出力は275ps、最大トルク32. 5kg-mを発揮した。 また、前後の駆動トルク配分を変更できるDCCDも装備。 その他クイックステアリングギアボックスをオプション設定するなどした。 DCCDやクロスミッションなどの装備は省かれている。 DCCDはそのまま装備され、ルーフベンチレーターも装備された。 WRCインプレッサと同じ専用の車体色にオプションでテクニカルスポンサーステッカーを装着することができた。 限定500台の販売となった。 ルーフには、RAと同じベンチレーターが装着された。 WRX V-Limited 1995年WRCダブルタイトル獲得を記念して発売された特別仕様車。 限定1000台の発売となったこのモデルは、エンブレムやシリアルナンバープレートの他、STi用のゴールド塗装ホイールを装着した。 シートにはFIA認定マークが入る。 限定555台の発売となったこのモデルは、エンブレムやシリアルナンバープレートを装備。 コーリン・マクレーのサイン入りシートが採用された。 WRX エンジンを新世代のBOXER MASTER-4を搭載し、最高出力280psを発揮。 エクステリアも変更され、新デザインのフロントフードやグリル、ヘッドライトが採用された。 WRX type RA WRXをベースに、快適装備を簡略化したスパルタンモデル。 エアコンやパワーウインド、ABSなどをレスとし、インタークーラーウォータースプレーやドライバーズコントロールセンターデフ、ハードタイプスポーツサスペンションなどを備える。 0kg-mに高めた。 インタークーラーウォータースプレーのタンク容量も増量され、3. 5Lとなった。 また、リアデフとリアアスクルをサイズアップして強度を向上。 13:1のクイックステアリングギアボックスもオプション設定された。 WRX type R STi version ピュアスポーツクーペとして登場したのが「type R STi version」である。 WRXタイプRA STiバージョンIII譲りのハイスペックに加え、STiオリジナルバケットシートや、カラードフロントスカート、リヤ&リヤクォーター濃色ガラスなどが装備される。 受注生産での発売となった。 エクステリアに、ゴールド塗装のアルミホイールやWRCタイプフォグランプカバーなどを備える。 WRX E型となったWRXは、エンジン出力は変更なし。 インテリアの質感を向上させた。 インストゥルメントパネルやコンソールボックス、そしてドアトリムなどインテリアのデザインを一新。 SRSエアバッグを内蔵したMOMO製のステアリングを標準装備した他、オプションでデュアルエアバッグが設定される。 また、4センサー4チャネルのABSがWRXに導入されるなど、安全装備の充実も図られた。 WRX type RA ベースのWRXから、快適装備を簡略化したスパルタンモデル。 エアコンやパワーウインド、ABSなどをレスとし、インタークーラーウォータースプレーやドライバーズコントロールセンターデフ、ハードタイプスポーツサスペンションなどを備える。 最高出力は280psのままに、最大トルクを36. 0kg-mにまで引き上げた。 外装では、フロントアンダースカートがボディ同色になった。 最高出力は280psのままとなる。 WRカーの専用色であるWRブルーマイカを専用色に設定し、フロントヘリカルLSDや13:1クイックステアリングギアボックスが標準装備された。 WRカーの専用色であるWRブルーマイカを専用色に設定し、フロントヘリカルLSDや13:1クイックステアリングギアボックスが標準装備された。 22B-STi version 1997年WRCでのマニュファクチャラーズタイトルの獲得を支えたスバルImpreza World Rally Car97のロードバージョンとして生まれたスポーツクーペ。 エクステリアは、フロントグリル一体型の大型バンパー、大型可変リヤスポイラー、アルミフロントフードなど。 また、フロントシートバックレストにSTiロゴ刺繍を施したオリジナルバケットシートを装着する。 BBS製鍛造アルミホイール(8. WRX 最高出力280ps、最大トルク34. 5kg-mを発揮。 WRX type RA ベースのWRXから、快適装備を簡略化したスパルタンモデル。 エアコンやパワーウインド、ABSなどをレスとし、インタークーラーウォータースプレーやドライバーズコントロールセンターデフ、ハードタイプスポーツサスペンションなどを備える。 今回、全社共通のフロントマスクの変更に加え、22Bに採用された大型リアスポイラーとスポーツABSが装備された。 今回、全社共通のフロントマスクの変更に加え、22Bに採用された大型リアスポイラーとスポーツABSが装備された。 WRX type RA Limited 「WRX type RA」をベースにした1000台限定で発売した特別限定モデル。 ブルー・マイカを専用車体色とし、「555 SUBARU」の刺繍ロゴ入りシートを採用したほか、4センサー4チャンネルのABSも装備された。 WRX type RA STi version V Limited WRカーの車体色を採用した限定モデル。 WRX type R STi version V Limited WRカーの車体色を採用した限定モデル。 WRX 最高出力280ps、最大トルク34. 5kg-mを発揮。 インプレッサWRXシリーズのベースモデルである。 WRX type RA ベースのWRXから、快適装備を簡略化したスパルタンモデル。 エアコンやパワーウインド、ABSなどをレスとし、インタークーラーウォータースプレーやドライバーズコントロールセンターデフ、ハードタイプスポーツサスペンションなどを備える。 エンジン出力には特に変更はない。 GC8として最終のSTiバージョンである。 エンジン出力には特に変更はない。 GC8として最終のtype RA STiバージョンである。 エンジン出力には特に変更はない。 GC8として最終のtype R STiバージョンである。 WRX type RA Limited 特別アイテムとして軽量高剛性ワンピース構造のRAYS16インチ鍛造アルミホイール、WRC(世界ラリー選手権)で活躍しているWRカー「スバル・インプレッサWRC 99」をイメージ した専用ボディ色「ソニックブルー・マイカ」などを設定。 また、その他に、それぞれの車種に応じた仕様・装備を採用し、機能性、快適性を向上させるなどしたモデルである。 また、その他に、それぞれの車種に応じた仕様・装備を採用し、機能性、快適性を向上させるなどしたモデルである。 また、その他に、それぞれの車種に応じた仕様・装備を採用し、機能性、快適性を向上させるなどしたモデルである。 S201 STi version 98年に発売された22Bに次ぐSTiのプレミアムモデルである。 22Bがクーペベースであったのに対し、S201はセダンベースを採用。 東京モーターショーで展示されたショーモデルを公道バージョンにして発売したのが、このS201である。 運転席まわりは、MOMO製SRSエアバッグ内蔵本革巻ステアリングホイール、13:1クイックレシオパワーステアリング(オイルクーラー&大容量オイルポンプ付)。 エンジンは、中空インテークバルブ&ナトリウム封入中空エキゾーストバルブ、メタルガスケット、インタークーラーウォータースプレイ(マニュアル&オート)、鍛造モリブデンコーティングピストン、STi専用ラジエター(冷却効率向上)&ラジエターダブルクーリングファンなど専用仕様とする。 シフトフィーリングの向上がはかられたシフトノブ奥に、シリアルナンバープレート(300台限定)を装着する。 2004年6月8日、シャシー改良、エンジン性能の強化などを行い、加速性能や旋回性能、操縦安定性や乗り心地を向上させた。 ハブベアリングサイズを拡大して、ホイールPCDを114. 3mmに変更して、ホイール取り付け部の剛性をアップ。 フロントデフにはヘリカルLSDを採用。 インタークーラータンクの形状と吸気ダクト形状を変更して、冷却効率を高めるとともに通期抵抗の低減も図った。 このモデルでも、限定車のWR-Limited、V-Limited、320psを誇るS203などが発売された。 また、spec C type RAも発売され、ベースのspec Cモデルに快適装備を装着して、専用のスポーツパーツが装着された。 2007年10月24日、モデルチェンジを受けて第3世代となるインプレッサが登場した。 このモデルからワゴンをベースとしたインプレッサとなった。 これはWRCでワゴンの方が空力的に有利という判断の下、それが市販車にも反映される結果となった。 5ドアハッチバックのボディは、ホイールベースやトレッドの拡大で操縦安定性と直進安定性をバランスさせた。 搭載エンジンは水平対抗2. 0リッターDOHCのインタークーラー付きターボ仕様で変わらないが、308ps、44kg-mの性能を誇る。 走行モードを設定できるSIドライブが採用されている。 シャシーも可変式のSIシャシーを採用。 ドライブトレーンもマルチモードDCCDやマルチモードVDCなど、さまざまな新機構、新技術が採用される。 2009年2月には水平対向2. 5リッターターボを搭載し、電子制御5速ATと組み合わせたAラインを追加した。 インプレッサ スバル の買取、査定、中古車買取、中古車査定、車を高く売りたい方はGTNET インプレッサ スバル の買取、査定に関して疑問点はございませんか?GTNETが運営する中古車の買取、中古車査定サイト「スポーツカーの中古車買取・中古車査定ならGTNET」なら、お車の買取、査定、売却、はもちろんの事、インプレッサ スバル の買取、査定などの情報が満載です。 インプレッサ スバル の買取、査定のことをもっと知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。 あなたのわがままにこたえる査定額になるようきっと方法があるはずです。 なお、掲載中のインプレッサ スバル の買取、査定などの情報は独自に調査・採取したデータを掲載しております。 詳細な情報については、お電話もしくはメールにお問い合わせください。

次の