アマゾン。 アマゾン、謎だらけのマーケティングイベント公式サイト開設。登壇者不明、議題も不明…参加登録はスタート

アマゾン、謎だらけのマーケティングイベント公式サイト開設。登壇者不明、議題も不明…参加登録はスタート

アマゾン

論文は、もう一つの重要な生態系であるカリブ海()のサンゴ礁に言及。 カリブ海のサンゴ礁は限界点を超えた場合、15年とかからずに死滅する可能性があるという。 国連()の気候変動に関する政府間パネル()によると、気温が産業革命前に比べて1. 5度上昇すれば、世界の浅海に生息するサンゴの9割が死滅する。 2度上昇すれば、ほぼ絶滅するという。 地球の表面温度はすでに1度超上昇している。 アマゾンの限界点はカリブ海のものほど明確ではないが、科学者らの推定によると、森林面積の35%が失われれば、最終的な消滅につながるとみられている。 1970年以降、主に材木や大豆、パーム油、バイオ燃料、牛肉を生産するため、アマゾン盆地の熱帯雨林の約20%が失われてきた。 論文によると、アマゾンの生態系は早ければ来年にも、限界点を超える可能性があるという。 先週発表された別の研究論文は、世界の熱帯林で、化石燃料の燃焼によって排出された温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収する能力が急速に失われており、アマゾンの熱帯雨林はCO2の「吸収源」から一転して「発生源」となりつつある。

次の

アソシエイト・セントラル

アマゾン

ECはもちろん、プライムビデオ、ミュージックなど世界中の人々の生活に密接したサービスを展開中で、もはやなくてはならない存在ともいわれている。 そんなアマゾンからナイキが撤退すると報道されたのは昨年のこと。 アマゾンは巨大なプラットフォームとして、利便性も高く売り上げも見込める販売チャンネルのはずだが、なぜナイキはこのような決断をしたのか。 「ブランドイメージが損なわれるという危機感が大きな要因でしょう。 ブランドメーカーは世界でも多くありますが、ナイキはその中でもトップクラス。 アマゾン内の模造品の多さなどにより、そのブランドイメージが損なわれていると感じたのでしょう」 アマゾンではかねて偽物の急増が問題視されてきた。 昨年からは偽物の排除を目的としたプログラム「Project Zero」を日本でも開始。 商品情報を継続的に自動スキャンすることで偽造品の疑いがある商品を検知するシステムや、ブランドオーナーが偽造品の疑いがある商品をサイト上から削除できる権限を持たせるなどの対策を練っている。 しかし、北村氏はこのアマゾンの対応について懐疑的だ。 「きちんと対応していると言いながら、事実上放置に近い状態ではないでしょうか。 モール側に直接の法的責任はないですから。 ご存じの通り、アマゾンはイギリスでも日本でも法人税を回避しています。

次の

ZOZOの次はアマゾン離れ?ナイキ撤退が示唆するプラットフォーマーの綻び

アマゾン

アマゾンは4月16日、「Amazon Robotics」を導入した新たな物流拠点「アマゾン川口FC(フルフィルメントセンター)」を開業し、2019年9月に本格稼働を予定していると発表した。 <アマゾン川口FC外観> 施設は4階建屋のうち2~4階を使用し、延床面積約約4万2000m2)を使用する。 「Amazon Robotics」は、商品棚の下に「Drive」と呼ばれるロボットが入り、棚を持ち上げ、FC内を移動する革新的なテクノロジー。 ロボットが商品棚を従業員の前まで運ぶことにより従業員が移動することなく業務できることで、入荷した商品の棚入れ時間と、顧客の注文商品の棚出し時間の削減につながる。 「アマゾン川口FC」には、2019年4月に本格稼働開始した「アマゾン茨木FC」と同じく、最新型の「Amazon Robotics」が導入される。 これまでの「Amazon Robotics」よりロボットが薄くなる一方で、より重量のある棚を持ち上げることができるため、さらに豊富な品揃えの確保が可能となる。 従業員は、「アマゾン川口FC」にて「Amazon Robotics」の テクノロジーを活用し、書籍、電子機器、玩具などの商品を取り出して梱包し、顧客へ出荷する。 (08月13日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月11日)• (08月07日)• (08月07日)• (08月07日)• (08月07日).

次の