もしも蚊がいなくなったら。 蚊が絶滅したら生態系は崩れる?存在意義や絶滅させる方法は?

もし、蚊がいなくなったら地球上から蚊が一匹もいなくなったらどうなりますか?...

もしも蚊がいなくなったら

2014年10月01日 23時04分 もしもこの世から「蚊」がいなくなったら? By ゴキブリやカメムシと並んで「なんでこの世に存在するのか意味がわからない!」と考えている人が多いかもしれないのが「 蚊」の存在。 世界でもそんな蚊がこの世から絶滅したらどんな世界になるのかが研究されているのですが、その結論はなかなか複雑なものがあるようです。 Ecology: A world without mosquitoes : Nature News 全世界では毎年5億人ともみられる人がマラリアに感染し、100万人以上が命を落としています。 マラリアの主な感染源は、病原体を媒介する「蚊」であることが知られており、さらに蚊は黄熱病やデング熱、日本脳炎、西ナイル熱といった病気をも媒介しています。 現在、地球には3500種とも言われる蚊が生息しており、その中の数百種のみが人間の体を刺して血を吸うことがわかっています。 蚊はほぼ全ての大陸に生息し、数多くの生態系の中で重要な機能を果たしてきました。 アメリカ・ウォータリード陸軍研究所のJittawadee Murphy氏は「蚊は1億年以上も地球に生息しており、非常に多くの種とともに進化を遂げてきた」と語り、生態系の一端を担う蚊が一掃されてしまうと、蚊を食糧とする生き物の生態が脅かされ、また一方では花粉を媒介してもらっていた植物が絶滅してしまうことも考え得ることといえます。 By しかし、科学者の多くはこの世から蚊がいなくなることが環境に与える影響について「一時的な影響は受けるもののすぐに他の生物によって埋め合わされ、しかもよい結果を招くことになるだろう」と考えています。 その影響については、「駆除することによる不都合点が見つからない」とするイリノイ州立大学のSteven Juliano氏や、「より安全な世界になり、人類にとって顕著なものとなるだろう」とするブラジル・サンタカタリーナ連邦大学のCarlos Brisola Marcondes氏のような意見が存在しています。 蚊が駆逐されることで生態学的な影響を強く受けるのは、ある種の蚊が生息する北極圏のツンドラ地域だと考えられています。 雪が溶ける季節になると前年に産み付けられた卵から幼虫が孵化、その後おびただしい数の成虫になった蚊が真っ黒な雲のように空を覆うほど大発生する地域では、蚊は豊富な食糧源になることもあるのです。 By ミシガン州立大学の昆虫学者であるRichard Merritt氏は「蚊は『おいしい食べ物』である上に非常に捕まえやすいエサになります」と語ります。 もし蚊の幼虫がこの世からいなくなると、数百という種類の魚が従来とは違う食べ物を探さなくてはならなくなりますが、生き物の食生活は多くの場合に遺伝子レベルで受け継がれているものなので、考えられているほど容易なものではなく、食物連鎖に影響を及ぼすことになることが考えられます。 同様に、クモやトカゲ、カエルなどの生き物も一定の影響を受けることになるといえます。 そのような蚊を駆逐せずに生かしておく必要性は、人間に対するメリットがあるか否かによって決定づけられることになります。 蚊の一種である に刺されると、皮膚が水ぶくれを起こすことがあり、さらには病原菌を媒介することもあるために、駆除の対象としてしまいたくなるものですが、一方でヌカカはカカオの花粉を運ぶ生き物でもあります。 仮にヌカカを撲滅すると、その結果、世界からはチョコレートが姿を消すことになってしまうとも考えられるのです。 By しかしこのような観点は限定的ともみられます。 アメリカ疾病予防管理センターの医療虫学者のJanet McAllister氏は「もし蚊によって人間が利益を得ているとすれば、その利益を享受するために蚊を利用する事を考えたでしょう。 しかし、これまで人間が蚊に求めてきたことといえば『あっちいけ』ということぐらいしかありません」と語り、蚊の人間に対するメリットの低さを示します。 これらの意見を総合すると、究極のところ蚊が他の生物よりも秀でている能力とは、「ある生き物を刺して血を吸い取ること、そしてさらに別の生き物を刺して、病原菌を広げるということ」に尽きるのかもしれません。 アメリカ合衆国農務省のDaniel Strickman氏は「有害な蚊を駆除することによるメリットは『人口の増加』といえます」と語ります。 マラリアなどの疫病で失われる命がなくなり、疾病対策に費やしていた予算を国家の発展のために向けることができるようになるとしています。 By しかしその一方で、蚊の駆除は「一時的な安心感を得るにとどまる」とする意見が挙がっているのも事実。 フロリダ州のスクラップ場で採取されたネッタイシマカを調査した研究チームによると、ネッタイシマカの一部の個体は別のヒトスジシマカとの混血が進んでいる上に、次第にヒトスジシマカによって駆逐されつつあるという事がわかっており、一部の種を駆除してもすぐに別の種によって置き換えられてしまうという実態を明らかにしています。 また、人々が健康に暮らせることによるメリットよりも、人口増加によるコスト増加による弊害がそれを上回るという見解が存在していることも事実です。 米国蚊防除協会のJoe Conlon氏は「仮に明日この世から蚊がいなくなったとしても、自然のエコシステムは少し『しゃっくり』をするだけで再び元通りに戻ろうとするでしょう。 その時には、前よりも良い事か悪い事のどちらかが起こることになります」と語っています。

次の

もし、蚊がいなくなったら地球上から蚊が一匹もいなくなったらどうなりますか?...

もしも蚊がいなくなったら

まずはこの記事から。 海外の記事で、世界で最も危険な生物という記事がありましたので紹介いたします! 参考URL: 参考画像: 危険な動物というと、サメやライオンのような凶暴な生き物を想像しがちですが 驚くことにそれらを抑えて蚊が第一位という結果でした。 私たちにとって身近が蚊が世界的にも危険とみなされているようです。 "なぜ蚊はこんなに危険なのか?蚊は深刻な病気を媒介するからである。 最悪なのがマラリアで、毎年200万人もの人が罹病し、うち60万人もの人が亡くなっている。 世界人口の半分を脅かし、毎年この病気のせいで何兆円という経済上の損失を生じさせている。 ほかにも、蚊は、デング熱や黄熱病、脳炎などを媒介する。 " 参考URL: 昨年騒動になったデング熱や、その他マラリアなど 私たちにとって非常に危険な病原を運んでくる蚊。 こんなにも身近な存在が人間にとって一番危険だと思うと、 前回蚊の数を減少させようとしている研究者たちの気持ちも少し理解できるような・・・。 でも、そんな蚊ですがいなくなると私たちの生活に大きな影響を及ぼすんです。 仮にヌカカを撲滅すると、その結果、世界からはチョコレートが姿を消すことになってしまうとも考えられるのです。 バクテリアも有機物を分解するのですが、排泄物で水を汚してしまいます。 さらにバクテリアが増えすぎると水中の酸素がなくなり生物が住めなくなってしまうことも。 ボウフラは、バクテリアを食べ呼吸は空気中から行うので、水を浄化しながら生物が住める環境を作っているのです。 " - 蚊がいなくなるとチョコレートも無くなってしまうなんて信じられませんね。。

次の

蚊に刺されの跡を目立たなくさせたい!跡が残らないようにする方法とは?|キレイを目指す美容ブログ

もしも蚊がいなくなったら

スポンサードリンク 蚊の影響を受ける生物 そんな人間を最も多く死に至らしめる蚊は、その一方でさまざまな生物の餌となっています。 トンボ、クモ、ヤゴやゲンゴロウなどの昆虫やカエル、フナなどの魚類、コウモリなど他にもいろんな生物が蚊を栄養源としているようですね。 こういった生物にとって の蚊の存在意義はとても大きいと思います。 蚊はあれだけ数がいるのだから、それはそれはごちそうでしょうね。 「人間と蚊」という直接的な関係では絶滅させたい種と思うかもしれませんが、結局まわりまわって被害をこうむりそうですよね。 だから蚊の存在意義は、地球上で大きな意味を持っていると思います。 蚊によってもたらせれた利益 実は、この蚊の存在が何も不利益ばかりではありません。 蚊は私たちの血を吸うために針を刺します。 そしてその針で血を吸う際に唾液を出しますが、これは、• 局所麻酔で人に血を吸っていることをきづかせない。 血が固まらないようにしている といった成分を出して吸っているようです。 スポンサードリンク あとがき 蚊が絶滅したら生態系にどんな影響があるのか。 また、蚊の存在意義や絶滅させる方法。 家の周りで蚊の根絶のためにできる事などまとめましたがいかがでしたか。 蚊の存在は嫌ですが、人間の都合だけで絶滅させるとなると結局後で痛い目を見るのではないかと個人的には思います。 とはいえ、人を刺さないで欲しいですよね。 蚊も別のタンパク源を代用してくれればいいんですけどねえ。 でも、それはそれでまた何か別の影響が出そうでもありますが…。 ただ、やっぱり蚊に刺されると嫌なので、何とかその前に蚊をやっつけておきたいところだと思います。 外で作業するときも、蚊を寄せ付けないようにする工夫にもいろいろあったりします。

次の