愛 の 不時着 セリ。 愛の不時着 13話 別れの時迫る セリとジョンヒョク達 大物女優約束

韓国ドラマ「愛の不時着」について語る

愛 の 不時着 セリ

Netflixを通じて爆発的な人気を博している韓国ドラマ『愛の不時着』。 パラグライダー事故で北朝鮮に不時着した財閥令嬢ユン・セリと、彼女を隠して守るうちに恋に落ちる北朝鮮の軍人リ・ジョンヒョクの極秘ロマンスだ。 話題が話題を呼び、今やアジア全域を賑わせている同作だが、中でも注目を集めたのは北朝鮮の将校を演じたヒョンビンだろう。 いざ放送がスタートすると、ヒョンビンはハンサムなルックスだけでなく能力も優れているリ・ジョンヒョクの姿を見事に表現し、底知れぬ魅力を見せつけた。 北朝鮮のキャラクターは2度目だが… 実は、ヒョンビンが北朝鮮の人物を演じるのは『愛の不時着』が初めてではない。 2017年に韓国で公開された主演映画『コンフィデンシャル/共助』では、北朝鮮の刑事イム・チョルリョンを見事に演じ大きな反響を得た。 当時ヒョンビンは、役作りについてこう話している。 撮影がスタートする3カ月前からお会いして、何度も慎重に確認をしてもらいながら、完璧に感情をあらわせるように(北朝鮮のなまりを)練習しました」 『コンフィデンシャル/共助』(写真提供=CJエンターテインメント) 並みならぬ熱意と努力でイム・チョルリョンのキャラクターを自分のものにしたヒョンビンだが、北朝鮮の人物を演じるのが2度目だからといって『愛の不時着』で手を抜くことは一切なかった。 それどころか、前作以上の情熱と工夫で演技に臨み、実際に仕上がったリ・ジョンヒョクという人物は、ファンの間で「ヒョンビンだからこれほど魅力的だった」とされるほど大きな反響を得た。 実際にヒョンビンはリ・ジョンヒョクを演じるにあたって、「『コンフィデンシャル/共助』で経験があったため多少の慣れはあったが、それでも難しかった。 メインの舞台が北朝鮮だったため、現地のイントネーションを自然にこなすことがより重要だった」と語っている。 強靭な肉体を連想させるためトレーニングに励み、日焼けをしてから撮影に臨んでいた。 過去にはピアノを猛練習したエピソードが話題に こうして出来上がったリ・ジョンヒョクというキャラクターを語るうえで外せないのが、並外れたピアノの実力だろう。 エリート将校が優美で繊細なピアノのメロディーを奏でる姿は魅力的なギャップを作り出し、多くの視聴者の心を掴んで離さなかった。 さらに言えば、リ・ジョンヒョクのピアノ演奏はヒロインであるユン・セリ(ソン・イェジン)との運命を物語る重要な伏線でもある。 そのため、ピアノが絡んだシーンを『愛の不時着』の名場面に挙げるファンも少なくない。 (写真提供=tvN) 『愛の不時着』と同様にヒョンビンのピアノ演奏シーンが注目されたのが、2005年に韓国で放送されたドラマ『私の名前はキム・サムスン』だ。 韓国で最終回の視聴率50%超えを記録したこのドラマで、ヒョンビンはエリートでイケメンだが性格に難ありなレストラン社長、ヒョン・ジノンを熱演。 放送時にはピアノ演奏を披露するシーンでヒョンビンが実際に弾いていることが明らかになり、話題を呼んだ。 ヒョンビンは、ヒョン・ジノン役に抜擢されてから3カ月間にわたってピアノの練習を重ねたという。 『私の名前はキム・サムスン』の制作発表会を通じて、「小さい頃にピアノを習っていましたが、大人になってやろうとしても上手くいきませんね。 家にピアノを1台購入して、必死で練習しました」と語っている。 また、「ヒロインであるサムスン役のキム・ソナさんはピアノを専攻していたので、目の前で弾くのがとても恥ずかしかったです」と微笑ましいエピソードも話した。 ヒョンビンは当時、「監督がシャワーシーンを上からのアングルを撮りたいと言って、下着がカメラに映りそうだというのでそれさえ脱いで撮影に臨みました」と語っている。 実際に行われた撮影には必要最低限の男性スタッフのみが参加したというが、ヒョンビンはその後のインタビューを通じて「あのシーンはいつ思い出しても恥ずかしい」と振り返っている。 ソン・イェジンとの初共演で実現した「ヒョンビンの新境地」 常に体当たりの演技で作品ごとに新たな魅力を届けてきたヒョンビンだが、その中で「ヒョンビンの新境地」と呼ばれるまでに反響を呼んだのが、ソン・イェジンと初共演を果たした映画『ザ・ネゴシエーション』だ。 凶悪犯と警察による画面越しの交渉を描いた心理サスペンス『ザ・ネゴシエーション』で、ヒョンビンは目的不明の凶悪犯ミン・テグ役に抜擢。 しかし、いざ映画が公開されると、ヒョンビンはミン・テグ役を通じて残忍な人質ショーを繰り広げ、交渉人に指名された警部補ハ・チェユン(ソン・イェジン)との手に汗握る心理戦で観客の心を揺さぶった。 『ザ・ネゴシエーション』より(写真提供=CJエンターテインメント) 初の悪役であるだけに、ヒョンビンの役に対する思いも格別だった。 ヒョンビンはミン・テグを演じるにあたって、「悪役を意識したというわけではなく、ミン・テグという1人のキャラクターが持つ複雑な感情を表現することに集中した」と話している。 実際に『ザ・ネゴシエーション』では、通常なら激高するようなシーンで物静かな佇まいを見せるなど、余裕の感じられる素振りで凶悪犯の不気味さを見事に描き出している。 こういった既存の演技にとらわれない表現力も、ヒョンビンならではのものに違いない。 妥協しない原則主儀の一方で、内面に純粋さや温かさを秘めたリ・ジョンヒョクの感情的な演技には、『ザ・ネゴシエーション』で培ったヒョンビンの成熟した表現力が生きている。 まさに『愛の不時着』は、俳優ヒョンビンが積み重ねてきたキャリアの集大成といえるだろう。 作品ごとに、熱心な役作りで新たな魅力を更新し続ける。 そんなヒョンビンが主演を務めたのだから、『愛の不時着』のヒットは約束されたものだったのかもしれない。

次の

愛の不時着【最終回】16話あらすじとネタバレ感想!会いたいと心から願えば!|あっちこっちまるみっち

愛 の 不時着 セリ

Netflixを通じて爆発的な人気を博している韓国ドラマ『愛の不時着』。 パラグライダー事故で北朝鮮に不時着した財閥令嬢ユン・セリと、彼女を隠して守るうちに恋に落ちる北朝鮮の軍人リ・ジョンヒョクの極秘ロマンスだ。 話題が話題を呼び、今やアジア全域を賑わせている同作だが、中でも注目を集めたのは北朝鮮の将校を演じたヒョンビンだろう。 いざ放送がスタートすると、ヒョンビンはハンサムなルックスだけでなく能力も優れているリ・ジョンヒョクの姿を見事に表現し、底知れぬ魅力を見せつけた。 北朝鮮のキャラクターは2度目だが… 実は、ヒョンビンが北朝鮮の人物を演じるのは『愛の不時着』が初めてではない。 2017年に韓国で公開された主演映画『コンフィデンシャル/共助』では、北朝鮮の刑事イム・チョルリョンを見事に演じ大きな反響を得た。 当時ヒョンビンは、役作りについてこう話している。 撮影がスタートする3カ月前からお会いして、何度も慎重に確認をしてもらいながら、完璧に感情をあらわせるように(北朝鮮のなまりを)練習しました」 『コンフィデンシャル/共助』(写真提供=CJエンターテインメント) 並みならぬ熱意と努力でイム・チョルリョンのキャラクターを自分のものにしたヒョンビンだが、北朝鮮の人物を演じるのが2度目だからといって『愛の不時着』で手を抜くことは一切なかった。 それどころか、前作以上の情熱と工夫で演技に臨み、実際に仕上がったリ・ジョンヒョクという人物は、ファンの間で「ヒョンビンだからこれほど魅力的だった」とされるほど大きな反響を得た。 実際にヒョンビンはリ・ジョンヒョクを演じるにあたって、「『コンフィデンシャル/共助』で経験があったため多少の慣れはあったが、それでも難しかった。 メインの舞台が北朝鮮だったため、現地のイントネーションを自然にこなすことがより重要だった」と語っている。 強靭な肉体を連想させるためトレーニングに励み、日焼けをしてから撮影に臨んでいた。 過去にはピアノを猛練習したエピソードが話題に こうして出来上がったリ・ジョンヒョクというキャラクターを語るうえで外せないのが、並外れたピアノの実力だろう。 エリート将校が優美で繊細なピアノのメロディーを奏でる姿は魅力的なギャップを作り出し、多くの視聴者の心を掴んで離さなかった。 さらに言えば、リ・ジョンヒョクのピアノ演奏はヒロインであるユン・セリ(ソン・イェジン)との運命を物語る重要な伏線でもある。 そのため、ピアノが絡んだシーンを『愛の不時着』の名場面に挙げるファンも少なくない。 (写真提供=tvN) 『愛の不時着』と同様にヒョンビンのピアノ演奏シーンが注目されたのが、2005年に韓国で放送されたドラマ『私の名前はキム・サムスン』だ。 韓国で最終回の視聴率50%超えを記録したこのドラマで、ヒョンビンはエリートでイケメンだが性格に難ありなレストラン社長、ヒョン・ジノンを熱演。 放送時にはピアノ演奏を披露するシーンでヒョンビンが実際に弾いていることが明らかになり、話題を呼んだ。 ヒョンビンは、ヒョン・ジノン役に抜擢されてから3カ月間にわたってピアノの練習を重ねたという。 『私の名前はキム・サムスン』の制作発表会を通じて、「小さい頃にピアノを習っていましたが、大人になってやろうとしても上手くいきませんね。 家にピアノを1台購入して、必死で練習しました」と語っている。 また、「ヒロインであるサムスン役のキム・ソナさんはピアノを専攻していたので、目の前で弾くのがとても恥ずかしかったです」と微笑ましいエピソードも話した。 ヒョンビンは当時、「監督がシャワーシーンを上からのアングルを撮りたいと言って、下着がカメラに映りそうだというのでそれさえ脱いで撮影に臨みました」と語っている。 実際に行われた撮影には必要最低限の男性スタッフのみが参加したというが、ヒョンビンはその後のインタビューを通じて「あのシーンはいつ思い出しても恥ずかしい」と振り返っている。 ソン・イェジンとの初共演で実現した「ヒョンビンの新境地」 常に体当たりの演技で作品ごとに新たな魅力を届けてきたヒョンビンだが、その中で「ヒョンビンの新境地」と呼ばれるまでに反響を呼んだのが、ソン・イェジンと初共演を果たした映画『ザ・ネゴシエーション』だ。 凶悪犯と警察による画面越しの交渉を描いた心理サスペンス『ザ・ネゴシエーション』で、ヒョンビンは目的不明の凶悪犯ミン・テグ役に抜擢。 しかし、いざ映画が公開されると、ヒョンビンはミン・テグ役を通じて残忍な人質ショーを繰り広げ、交渉人に指名された警部補ハ・チェユン(ソン・イェジン)との手に汗握る心理戦で観客の心を揺さぶった。 『ザ・ネゴシエーション』より(写真提供=CJエンターテインメント) 初の悪役であるだけに、ヒョンビンの役に対する思いも格別だった。 ヒョンビンはミン・テグを演じるにあたって、「悪役を意識したというわけではなく、ミン・テグという1人のキャラクターが持つ複雑な感情を表現することに集中した」と話している。 実際に『ザ・ネゴシエーション』では、通常なら激高するようなシーンで物静かな佇まいを見せるなど、余裕の感じられる素振りで凶悪犯の不気味さを見事に描き出している。 こういった既存の演技にとらわれない表現力も、ヒョンビンならではのものに違いない。 妥協しない原則主儀の一方で、内面に純粋さや温かさを秘めたリ・ジョンヒョクの感情的な演技には、『ザ・ネゴシエーション』で培ったヒョンビンの成熟した表現力が生きている。 まさに『愛の不時着』は、俳優ヒョンビンが積み重ねてきたキャリアの集大成といえるだろう。 作品ごとに、熱心な役作りで新たな魅力を更新し続ける。 そんなヒョンビンが主演を務めたのだから、『愛の不時着』のヒットは約束されたものだったのかもしれない。

次の

韓国ドラマ「愛の不時着」について語る

愛 の 不時着 セリ

制作発表会(2019年12月9日) ジャンル ドラマ 脚本 パク・ジウン 監督 イ・ジョンヒョ 演出 イ・ジョンヒョ 出演者 ソ・ジへ 製作 制作 tvN 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 毎週土曜日、日曜日 回数 16回 愛の不時着 各種表記 : 사랑의 불시착 読み: あいのふじちゃく 表記: Crash Landing on You 『 愛の不時着』(あいのふじちゃく、:Crash Landing on You : 사랑의 불시착)は、・で、からまで放送された。 では、でから配信された。 ある日、に乗っていた財閥令嬢が、突然竜巻に巻き込まれに不時着してしまい、助けられて恋するラブストーリー。 全16話。 最高視聴率は、最終回の21. 韓国のケーブルテレビドラマ史上、とに次いで、歴代3位に視聴率が高いドラマとなった、また史上、歴代1位の視聴率が高いドラマとなる。 あらすじ [ ] ある日、韓国の財閥で実業家でもあるユン・セリ は、パラグライダーで飛行していたが、突然の竜巻に巻き込まれてしまう。 その後、森の木に衝突したものの、辿り着いた先はだった。 そこでのリ・ジョンヒョク と出会い、ジョンヒョクはセリに寝床を与えてに脱出させる計画を企てるが、時間が経つにつれて、敵対国家の国民同士にもかかわらず、愛するようになる。 しかし、ではセリの家族がセリが失踪してしまったのではないかと思い込み、また財産が狙われしまうのではないかと戸惑っていた。 また、ジョンヒョクには、デパート社長令嬢のソ・ダン という婚約者がいた。 キャスト [ ] メイン [ ]• リ・ジョンヒョク : 32歳。 裕福な家庭に育ったの軍人。 不時着したセリを助けるが、時間と共にセリと惹かれ合う。 ユン・セリ 財閥令嬢 : 32歳。 パラグライダー中に、竜巻に巻き込まれてに不時着してしまう。 偶然出会った軍人ジョンヒョクとやがて惹かれる。 大韓民国の若き実業家。 ソ・ダン 音楽家 : () 31歳。 エリートな父とデパート社長の母の間に生まれた若き音楽家で、ジョンヒョクの婚約者。 リ・ジョンヒョクの周辺の人々 [ ] 家族 [ ]• リ・チュンリョル: () ジョンヒョクの父。 北朝鮮総政治局長。 キム・ユンヒ: () ジョンヒョクの母。 リ・ムヒョク: ジョンヒョクの兄。 父の意向に従い、軍人になった。 7年前に事故で死亡した。 第5中隊 [ ]• ピョ・チス 曹長 : ()• パク・グァンボム 軍曹 : ()• キム・ジュモク 中級兵士 : ()• クム・ウンドン 初級兵士 : () ユン・セリの周辺の人々 [ ] 家族 [ ]• ユン・ジュンピョン: () セリの父。 国内最大企業の会長。 ハン・ジョンヨン: () セリの母。 実の子ではないセリと愛憎の関係であった。 ユン・セジュン: () セリの兄。 ユン家の長男。 ド・ヘジ: セジュンの妻。 元女優。 ユン・セヒョン: () セリの兄。 ユン家の次男。 コ・サンア: () セヒョンの妻。 政治家の家の娘。 周辺人物 [ ]• ホン・チャンシク: () セリス・チョイスの広報チーム長。 セリの声を聴くと蕁麻疹が出る。 パク・スチャン: () セリが加入した生命保険の担当者。 セリが無事に生きて帰ってくることを誰よりも望んでいる。 ク・スンジュンの周辺の人々 [ ]• チョン社長: () 北朝鮮内の違法事業「キーピング事業」の実務家。 オ課長:ユン・サンフン スンジュンを北朝鮮の「キーピング事業」に結びつけるブローカー。 ソ・ダンの周辺の人々 [ ] 家族 [ ]• コ・ミョンウン: ダンの母。 平壌最大のデパート社長。 コ・ミョンソク: () ダンの叔父。 ミョンウンの弟。 所蔵階級のボウイ局試験局長。 舎宅村の人々 [ ]• ナ・ウォルスク: 少尉の妻であり人民班長。 マ・ヨンエ: 大佐の妻で、舎宅団地の実力者。 ヒョン・ミョンスン: () マンボクの妻。 ヤン・オックム: () 少佐の妻で元アナウンサー。 今は美容師をしている。 保衛部 [ ]• チョ・チョルガン: 人民武力部保衛局所属の少佐。 チョン・マンボク: () 通称「耳」と呼ばれる盗監聴室所属の軍人。 かつてムヒョクと友達だった。 キム・ヨンヘ: () 大佐。 ヨンエの夫。 軍事部長:チャン・ナムブ その他 [ ]• チョン・ウピル:オ・ハンギョル - マンボクとミョンスンの息子。 ナムシク:ク・ジュンウ - ヨンヘ 大佐 とヨンエの息子。 クムスン:イム・ソンミ - 市場で韓国製品をこっそり売る商人。 ギム・グァジャン:ユ・ジョンホ - 韓国の国家情報院課長。 ゲスト [ ]• チャ・サンウ:チョン・ギョンホ - セリの元彼。 アイドル。 1,5,7話に登場。 タクシー運転手: - ダンが社宅村まで行くのに乗ったタクシーの運転手。 4話に登場。 社宅村の奥様:• 列車販売スタッフ:ユン・ソルミ• 洋品店社長:ナ・ヨンヒ - ガレージを閉じて、こっそりウエディングドレスを売っている。 7話に登場。 ドング: - 工作員。 10話に登場。 占い師:キム・スク• チェ・ジウ: - 本人役として13話に登場。 劇中にはドラマ『天国の階段』も登場している。 スタッフ [ ]• 脚本:パク・ジウン• 演出・監督:イ・ジョンヒョ 放送日程 [ ] 放送話 韓国放送日 韓国視聴率 放送話 韓国放送日 韓国視聴率 全国 首都圏 全国 首都圏 第1話 2019年12月14日 6. 脚注 [ ] [].

次の