過敏 性 腸 症候群 治っ た。 5年間続く下痢 過敏性腸症候群の治療法とは:朝日新聞デジタル

過敏性腸症候群による症状の治し方【僕は6年悩みました】

過敏 性 腸 症候群 治っ た

少し前まで仕事に行くたびに腸が荒れて仕事に集中できない日々が続いていました。 それがすっかり改善され、仕事以外でも症状が悪化するような食事をしても何も起きる事がなくなったのでその方法について書いていきます。 ただし、やった事は複数あるため、何が正解だったのかわかりません。 それを知った上で試してみてください。 なお、全ての方法を試しても治らない可能性もあると思われます。 1.ビール酵母を飲む 2.ストレスを溜めないように心がける 3.寝る前に腹巻きをしてその上にカイロを張り腸を温める 4.ロイテリ菌を飲む 以上4つです。 まず1つ目について。 ビール酵母といえばエビオスが有名ですが、僕はスーパービール酵母というものを飲んでいました。 朝飯後に10錠、晩飯後に10錠という感じ。 スーパービール酵母には3つの種類がありますがどれも試してました。 ただどれも大きな変化があるように思わなかったので、基本的に自分に足りないと思う栄養素が入ったものでいいのではないでしょうか。 よくわからない人はVとZでいいと思います。 現在はスーパービール酵母を摂るのをやめて、ナウフーズのビール酵母を飲んでいます。 こちらのほうは毎食1錠で済みますし錠剤もそこまで大きくないので飲みやすいです。 ビール酵母は過敏性腸症候群に効くというレビューを読んで試してみたのがきっかけだったのですが、効果が出たなとわかるまで結構時間がかかるかと思います。 だいたい2週間ほどでしょうか。 ビール酵母を飲むのをやめると症状がまた出はじめる感覚があるため現在も手放せません。 2つ目はみんな様々な方法を試して自分に合うストレス解消法を試してみてください。 僕は運動不足も理由の1つではないかと考えたのでジョギングやウォーキングを週4程度、1回30分の頻度で行っています。 時間は特に決めてませんが昼食前や寝る数時間前 お風呂に入る前 に行う事が多いです。 基本ストレス解消のためでハードな運動ではないので時間帯はそこまでシビアに考える必要はないと思います。 3つ目はもともと胃腸の調子が悪くなったのが理由ではじめたものです。 ヘソのあたりに胃腸の調子を良くするツボがあるそうで、これをする日としない日では胃腸が改善度合いが違いました。 現在はほぼ胃腸の調子は完治といっていいですが、お腹が冷えるのは健康であっても避けたいので日々行うようにしています。 カイロはコンビニで買えるはるカイロを使っていて、12個入りで400円弱なのでそこまで高くはありません。 もしカイロがなくてもお腹を冷やさないように心がければ悪化はしないはずです。 4つ目も胃腸の調子を整える目的での摂取でした。 ロイテリ菌は様々な効果があるため各々で調べてほしいのですが、簡単に言えば非常に優秀な乳酸菌です。 これを摂取するようになってからトイレットペーパーの使用量が格段に減りましたし毎日健康に過ごせています。 ただロイテリ菌のみ摂取し続けると腸内の乳酸菌バランスが変わってしまうため、ロイテリ菌が攻撃されたときに腸内環境が悪化する恐れがあります。 なので他のプロバイオティクスも併用して摂取したり、カルピスなどの乳酸菌飲料を毎日飲むなどする必要があるかと思います。 ロイテリ菌は寝る前に飲むのがオススメですが、研究によると2日に1回の頻度でも同じ効果があったとのことです。 ロイテリ菌はサプリメントでの摂取をしてますが種類がたくさんあるので買う場合は色々と商品を見比べて正しい摂取方法を心がけてください。 以上4つについて説明しました。 基本的に上から順番に試し徐々に改善に向かっていきました。 どう改善したかについて説明すると、ビール酵母を摂取して2週間ほどで仕事中にトイレに行くことがなくなり、腸がキリキリ痛む事がなくなり、ストレスを溜めないようにしてから日々快調になり、カイロを張りロイテリ菌を摂るようになってから何を食べても腸が痛む事がなくなり健康的な腸になった実感があったという感じです。 皆さんの症状が改善されていくことを祈っています。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

「イリボー」で治らない過敏性腸症候群(IBS)が漢方薬で改善した話

過敏 性 腸 症候群 治っ た

関連記事 1.過敏性腸症候群の特徴とは? まず始めに、過敏性腸症候群の症状や特徴をご紹介しましょう。 下痢になるというイメージが強い病気ですが、下痢以外にも症状があるのです。 1-1.便秘や下痢など排せつの異常が起こる 過敏性腸症候群とは、便秘や下痢など排せつの異常が起こる病気です。 といっても、異常が起こる期間が限られているのが、この病気の特徴。 平日の午前中など「これからストレスがかかることが起きそうだ」という前に、発生することが多いです。 平日でも午後から夜間にかけてや、休日などは異常が起こりにくいと言われています。 ちなみに下痢になるのは男性が多く、便秘の症状が出るのは女性が多いそうです。 また、しばらく便秘が続いた後に下痢になる混合型に悩まされる人もいます。 さらに、腸内にガスがたまって腹部膨満感に苦しむ方も少なくありません。 1-2.検査をしても異常が出ない 便秘や下痢は、重い病気の症状である場合があります。 大腸に悪性腫瘍(あくせいしゅよう)やポリープができたりしても、ひどい便秘や下痢になることがあるでしょう。 しかし、過敏性腸症候群の場合は、検査をしても異常が発見できないことがほとんどです。 ですから、整腸剤や下剤など便秘や下痢の症状を和らげる対症療法(たいしょうりょうほう)しかできずに、長い間苦しまれる方も少なくありません。 1-3.日常生活に支障が出る方もいる 過敏性腸症候群は、電車の中などすぐにトイレへ行けない状況だと急に症状が出る場合があります。 一度でもつらい思いをしてしまうと、「またトイレにいけない状況で、同じような症状が出るのではないか」と考えてしまう方もいるでしょう。 そうなると、日常生活にも支障が出る場合も少なくありません。 また、夕方や休日は症状が出ない場合も多いので、家族などに「仮病ではないか」と疑われる人もいます。 つらい思いを周りの人に理解してもらえないことで、よけいに症状が悪化する方もいるでしょう。 関連記事 2.過敏性腸症候群の原因とは? では、過敏性腸症候群の原因とはいったい何でしょうか? この項では、原因の一例と過敏性腸症候群にかかりやすいタイプなどをご紹介します。 2-1.過敏性腸症候群の原因とは? 過敏性腸症候群の原因は、まだはっきりとはわかっていません。 しかし、ストレスが原因のひとつであることは、間違いないでしょう。 大きなストレスがかかると、脳からストレスホルモンが分泌され、腸の働きがおかしくなると言われています。 社会人になると、仕事などで大きなストレスを感じることも、珍しくありません。 ストレスホルモンの分泌と腸の異常な動きがくり返されると、やがて腸は知覚過敏になります。 知覚過敏になった腸は、わずかな刺激でも強い症状が出るようになるのです。 これが、過敏性腸症候群のメカニズムのひとつと言われています。 2-2.過敏性腸症候群になりやすいタイプとは? 現代はストレス社会、と言われています。 生きていれば大なり小なりストレスを感じることもあるでしょう。 しかし、ストレスを感じる人すべてが過敏性腸症候群を発症するわけではありません。 過敏性腸症候群を発症しやすいのは、感情表現が苦手な方が多いのです。 ストレスを感じても、それを発散する方法を知っていればためこむことはありません。 しかし、ストレスを感じてもそれをうまく発散できない人もいます。 ストレスの発散方法は感情の表し方によく似ているのです。 悲しいことやつらいことがあっても、それを表に出さずに笑顔を崩さない人ほど、ストレスもたまりやすいでしょう。 行き場を失ったストレスが、腸の異常となって現われるのです。 ですから、過敏性腸症候群とは、今まで押し殺してきたストレスが発散されている状態とも言えるでしょう。 関連記事 3.過敏性腸症候群の治し方とは? では、過敏性腸症候群はどのような治療法があるのでしょうか? この項では、過敏性腸症候群の治し方の一例をご紹介します。 3-1.整腸剤などで腸の調子を整える 過敏性腸症候群の場合は、下痢や便秘で腸が付かれていることも多いです。 ですから、整腸剤や便秘薬でまずは腸の調子を整える治療をしていくことが一般的でしょう。 また、整腸剤や便秘薬を処方されると、「これでつらい症状から解放される」とほっとする方もいると思います。 3-2.不安な気持ちを解消する薬も処方されることがある 前述したように、過敏性腸症候群は精神的なことが原因のケースが多いです。 ですから、症状だけ緩和しても、根本的な解決にはなりません。 内科と精神科が協力して不安な気持ちやストレスを和らげる薬が処方されることもあるでしょう。 また、心療内科で治療を受けるように勧められることもあります。 ストレスが少なくなって精神的にリラックスすると、症状も和らいでくることが多いです。 3-3.ストレスの原因を探る しかし、いくら薬で症状を和らげても、ストレスをためこむ習慣が変わらなければまた再発の可能性があります。 ですから、時間がかかってもストレスの原因を探したりストレスをためこまないようにする方法を考えたりしましょう。 場合によってはカウンセリングなども有効です。 3-4.食生活にも気を配る いくら異状がないとは言っても、便秘や下痢をくり返した腸は弱っています。 ですから、腸を刺激するような食べ物はさけましょう。 からいものや脂っこいもの、酸味の強いものなどはできるだけ食べない方がよいですね。 また、ストレスがたまると暴飲暴食してしまう方は、その習慣をやめてください。 さらに、夏は冷たい食べ物が冬は熱い食べ物が恋しくなる時期です。 でも、熱すぎたり冷たすぎたりする食べ物もできる限りさけましょう。 関連記事 4.おわりに いかがでしたか? 今回は。 過敏性腸症候群の原因と治し方についていろいろとご説明しました。 まとめると• 過敏性腸症候群はストレスが原因のことが多い。 ストレスをためこみやすい人や、感情表現が下手な人ほど発症しやすい。 腸の調子を整えてストレスの発散方法を見つけ出すと完治しやすい。 腸に負担のかかる食べ物は食べない。 ということです。 現在は、若い人ほど過敏性腸症候群にかかりやすいと言われています。 症状を他人に説明するのが恥ずかしいので、ひとりで悩んでいるという方もいるでしょう。 しかし、過敏性腸症候群が自然に治癒する可能性は決して高くはありません。 同じような症状で悩んでいる方は、たくさんいるのです。 また、過敏性腸症候群かと思ったら違う病気だったということもあるでしょう。 ですから、便秘や下痢が1か月以上治らないという場合はできるだけ早く病院に行ってください。

次の

過敏性腸症候群は治る?治らない人の原因とは

過敏 性 腸 症候群 治っ た

過敏性腸症候群は治療できる病気 仕事・生活に支障が出ることも IBSの下痢型 後述 に多く見られるのは、 通勤通勤電車の中で腹痛が起こり、駅のトイレに駆け込む、というケースです。 また、大事な会議の途中で我慢できない便意が起こって、席を外さざるをえなかったり、営業車の運転中に腹痛が起こったりというケースもあります。 こうなると、おちおち仕事をしていられなくなります。 主たる症状は下痢、便秘、ガス過多 過敏性腸症候群は、主として大腸の運動および分泌機能の障害で起きる病気で、 慢性的に腹痛や腹部不快感のほかに便秘や下痢、ガス過多などを伴う疾患です。 検査を受けても、炎症や潰瘍という器質的疾患は見当たりません。 以前は、大腸の機能異常によって引き起こされるところから、「過敏性大腸症候群」と呼ばれていましたが、最近では小腸にも関係することが明らかになったため「過敏性腸症候群 以下IBS と呼ばれるようになりました。 過敏性腸症候群 IBS の4つのタイプ IBSは、 「慢性下痢型」「不安定型」「分泌型」「ガス型」の4つに大きく分けられます。 慢性下痢型は、神経性下痢とも呼ばれます。 緊張や不安があると便意を催し、激しい下痢の症状があらわれます。 不安定型は、腹痛や腹部の不快感とともに下痢と便秘を数日毎に繰り返すタイプですが、特徴的なのは、便通異常です。 便秘で腹部が張って苦しく、排便したいにもかかわらず出ない、また出てもごく小さな便しか出ません。 分泌型は、強い腹痛が続いた後に大量の粘液が排出されます。 ガス型はおならが頻繁にしたくなります。 症状が悪化するとにおいが自然にもれてしまうこともあり、それがまたストレスとなって悪循環に陥ることがあります。 原因はストレスにある IBSの主たる原因は、「ストレス」です。 人それぞれストレスを感じる状況は違いますが、環境が変わるとあっさり治るケースもあります。 職場での人間関係のトラブルや人前で緊張を強いられる発表をしなければならないということが重なって発症するケースもあります。 朝食後、出勤の時間に追われ、ゆっくり排便する余裕がなく、便意を催しても排便や放尿ができない満員電車に乗らなければならないというのもストレスです。 下痢しやすい体質だと思い込んでいる人がいるかもしれませんが、IBSの症状は、ストレスに起因する心身症の一種です。 一方、そもそもの発症の原因はストレスにあるのですから、ストレス環境を改善することも忘れないようにしてください。 ストレスを減らす 脳が不安やプレッシャーなどのストレスを受けると、自律神経を介して腸に伝わり、運動異常を引き起こします。 脳と腸は相関関係にあるわけです。 大腸のぜん動運動が盛んになると、腸の内容物の水分が十分吸収されず、下痢状態で排泄されるようになります。 逆にぜんどう運動が不活発になると、内容物が腸内にとどまる時間が長くなり便秘となります。 IBSでは、ちょっとしたストレスにも反応します。 少しの腹痛でも脳は敏感にキャッチし、不安も症状も増幅するというストレスの悪循環を引き起こしがちです。 たとえば、電車内で発症してしまう人は、電車の中でトイレにいきたくなったらどうしようという不安にかられ、それが新たなストレスを生み、症状が増幅していきます。 ですから、IBSの治療の中に精神科の認知行動療法に代表される精神療法を取り入れているところもあるくらいです。 生活リズムをただす 生活習慣を改善し、バランスのとれた食事を規則正しくとるというのが、IBS治療の基本です。 それでも症状が続く場合は、医療機関で受診し、医師にきちんと診断してもらいましょう。 生活のリズムを正すポイントをいくつかあげておきます。 ・乳酸菌製剤:乳酸菌を増やして腸内環境を整える製剤 ・消化管運動調整役:消化管の動きを活発化させたり、逆に抑制したりする製剤です。 ・抗コリン剤:腸の異常な運動を押さえて腹痛を和らげる製剤。 最近注目されてきているのが、「セロトニン3受容体拮抗薬」です。 これは、腸で分泌されるセロトニンの働きを抑えるもので、腸の異常運動に悩む男性向け下痢型治療薬として用いられるようになっりました。 以上の薬剤は、直接、腸の異常を押さえたり、活性化させるものですが、IBSの引き金になったストレスが大きいケースでは、不安や焦りを和らげる坑うつ薬が処方されます。 心療内科などでは、カウンセリングなどの精神療法も取り入れられています。 市販薬の注意点 急な腹痛や下痢などの症状が軽いときに、市販薬でとりあえず症状をおさめるというのは、間違ったことではありません。 ただし、長期間の服用は体の負担になり、副作用を引き起こすこともあります。 きちんと、能書きを理解した上で使用するようにしてください。 市販薬としては、下痢止め、便秘薬、再発症状改善薬(要指導医薬品)があります。 IBSによる下痢は、腸管の過剰なぜんどう運動やゆるみなどの異常が原因となっていますから、腸の過剰な運動を抑える薬を選ぶのが効果的です。 便秘の市販薬の中には、センナ、ダイオウなど腸の運動を促進する成分を配合した刺激性下剤があります。 IBSによる痙攣性便秘に使用すると症状を悪化させるおそれがあります。 腸内に水分を留める塩類下剤を選ぶべきでしょう。 再発症状改善薬とは、薬剤師のいる店舗で購入できるIBS専用薬です。 ただし、医師の診断が必要なので、それ以外の方は服用できません。 食事療法 IBSの治療では、食生活の改善が特に重要になってきます。 栄養のバランスを考えて、規則正しく食べるのが原則ですが、是非実行してもらいたいのが、 毎朝、決まった時間に朝食をとることです。 朝食を取ることによって、 腸が活発に動き出し、排便が促されます。 下痢、便秘で悩んでいる場合も朝からしっかりと食べることを習慣づけることで改善につながります。 このほかの注意点としては、下痢型の人は、香辛料、冷たい食べ物や脂っこいものを控えるようにしましょう。 「便秘型」の人は、香辛料など刺激の強い食品は避け、水分や食物線維を多く摂るようにしましょう。 また、腸内の細菌バランスの改善のに効果があるヨーグルトや乳酸菌飲料、オリゴ糖、繊維食物もお勧めです。 治らない場合 生活習慣の改善、食事療法、薬物療法がIBSの治療の3本柱です。 しかし、これらはあらわれてきた症状に対する対症療法です。 IBSのそもそもの原因は、ストレスです。 ストレスを減らし切れなければ、治る病気もなおらないということになります。 IBSは環境を変えれば治ることもあります。 ですので、 今現在何が自分にとってストレスかを一度しっかりと考えてみましょう。 わかっていても中々環境を変えるのは難しいと思いますが、出来る範囲からでいいので環境を変えてみてください。 実は身体的、精神的疾患のケースも 慢性的な下痢が続くからといって、IBSと決めつけることはできません。 潰瘍性大腸炎の可能性も考えなければなりません。 潰瘍性大腸炎の初期症状では、下痢や便秘を繰り返します。 しかし、症状が進むと血便が出たり、下血することもあります。 このほか、うつ病の前兆としてのうつ状態や閉所恐怖症などの精神疾患を併発しているケースもあります。 消化器内科か心療内科を受診 医療機関にかかる場合は、消化器内科か心療内科になります。 下痢や便秘などの身体的症状がひどい場合は、消化器内科を選ぶのが順当なところですが、下痢止めなどの薬物療法を続けているのに、いつまでたっても症状がよくならない場合は、 一度、心療内科や精神科の診察を受けることを考えるべきでしょう。 まずは専門の医療機関へ IBSに限らず言えることですが、自分の病気を素人判断で、勝手に決めつけないことです。 そのためには、専門の医療機関で受診する際に、自分の症状を正確に正直に話すことです。 病にいたらない病気とはいえ、その疾患の中には、身体的にも精神的にも重大な病気を抱え込んでいる可能性があります。 予防線を張って、隠しごとをすると、治る病気も治らないということを肝に銘じておきましょう。

次の