いし が せ 小学校。 公立小学校

中野区立啓明小学校

いし が せ 小学校

概要 [ ] (8年)、文京区内では3番目の小学校として丸山中屋敷(江戸の藩邸)に設立された。 当時の学校名称は、「第一大學區第四中學區第十三番公立小學誠之學校」であった。 後に東京市立誠之小学校 これは、の書「」の「誠者天之道也、誠之者人之道也」(誠は天の道なり、これを誠にするは人の道なり)という一節から名づけられたもので、現在も「誠之人道」を校是としており、これは本校の礎とも言える福山藩校のと共通であり、またこの名前は誠之館開設者で当時の福山藩主で幕府筆頭であったと親交の深かった主の命名による。 学区のに居を構えることそのものが日本を代表する最高の「エスタブリッシュメント」であったことから、選抜試験を施さないでありながら都内有数の小学校として知られ、の子弟やの係累、の末裔まで、およそ日本の上流階級が好んで集った。 現在でも、や、やなどと共に名門公立小学校として知られ 、そのうち番町、麹町と共に「」と括られたこともある。 以前の校庭は舗装であったが、現在では人工芝になっている。 の真上に体育館があり、校舎は第一校舎から第三校舎まである。 敷地の西側には裏庭があり、植物の学習などに利用されている。 2010年12月までは、円形トラックの中に3本の木(と)がそびえていたが、過去に校庭を人工芝へ改修した際にエンジュの根を傷つけてしまい、いつ倒れるかわからない状態であったため、児童のいない冬休み中に切除した。 その後はイチョウ2本のみがそびえている。 教育 [ ] 文京区立の小学校の中では最も数が多い(2010年度現在で777人)。 域外からの者が多くいる。 現在では教育にも力を入れ、1年生から英語の授業がある。 に指定されている。 位置 [ ]• 〒113-0024 東京都文京区西片2-14-6• 最寄り駅:・ 校歌 [ ]• 作詞 中村秋香• 作曲 小出雷吉 主な出身者 [ ]• 内田忠男(ジャーナリスト)• 天文学者• (6年生時編入)• (の父)• ()卒• 関連項目 [ ]• - により、本校内に設置された。 脚注 [ ].

次の

中野区立啓明小学校

いし が せ 小学校

それに伴う臨時登校日などについて、本日おたよりを家庭数で各ご家庭に配布しました。 詳しいことはそちらをご覧ください。 ご理解とご協力をお願いします。 左記のリンクにも載せていますので、ご覧ください。 左記のリンクよりご覧ください。 なお、新入生の保護者の皆さまには、本日文書を郵送いたします。 それに伴い2点連絡いたします。 ・ 4月20日(月)から1学期が始まります。 ・ 4月9日(木)に教科書やおたよりなどを配付しますので、 7:30~18:30の間に保護者の方が来校してください。 左記のリンクから教育委員会からの文章をご覧になれます。 今後、変更がありましたら、またお知らせいたします。 左記のリンクよりご覧ください。 自分の願いを込めて作ったお面をつけて、スクリーンの前に立つと獅子やナマハゲに変身して、自分と同じように動くことを体験しました。 また、デジタルアートを作る仕組みについても学びました。 ダンスや劇、合奏など、これまで学習したことを工夫して、どの学年も上手に発表しました。 最後の全校合唱では、きれいな歌声が体育館に響きわたり、心が温かくなりました。 記録会に向けて、中間休みに全校で練習を積んできました。 当日は自己記録の更新を目指して、全員が最後まで走り切りました。 たくさんの応援をいただき、ありがとうございました。 最初にJAの職員の方から和梨のことについてお話していただいた後、一緒に給食を食べました。 給食を食べながら、質問をする子どももいました。 子どもたちは、みずみずしい梨を食べてにっこり!ごちそうさまでした。 JA庄内みどりさん、ありがとうございました。 6年生を中心に、全校児童が応援や、種目に一生懸命に取り組みました。 当日だけでなく、それまでの姿もよく、子どもたちの成長が見られた運動会となりました。 ご家族の皆様の励ましの声も、子どもたちにとっては頑張る力になったと思います。 また、当日もたくさんの方々から応援していただきありがとうございました。 現在、6年生を中心に、全校児童が応援練習や、種目練習に取り組んでいます。 応援よろしくお願いします。 なお、天候等でグラウンドで実施できない場合は、同日に体育館で行います。 バックナンバー.

次の

京都市立正親小学校

いし が せ 小学校

概要 [ ] (8年)、文京区内では3番目の小学校として丸山中屋敷(江戸の藩邸)に設立された。 当時の学校名称は、「第一大學區第四中學區第十三番公立小學誠之學校」であった。 後に東京市立誠之小学校 これは、の書「」の「誠者天之道也、誠之者人之道也」(誠は天の道なり、これを誠にするは人の道なり)という一節から名づけられたもので、現在も「誠之人道」を校是としており、これは本校の礎とも言える福山藩校のと共通であり、またこの名前は誠之館開設者で当時の福山藩主で幕府筆頭であったと親交の深かった主の命名による。 学区のに居を構えることそのものが日本を代表する最高の「エスタブリッシュメント」であったことから、選抜試験を施さないでありながら都内有数の小学校として知られ、の子弟やの係累、の末裔まで、およそ日本の上流階級が好んで集った。 現在でも、や、やなどと共に名門公立小学校として知られ 、そのうち番町、麹町と共に「」と括られたこともある。 以前の校庭は舗装であったが、現在では人工芝になっている。 の真上に体育館があり、校舎は第一校舎から第三校舎まである。 敷地の西側には裏庭があり、植物の学習などに利用されている。 2010年12月までは、円形トラックの中に3本の木(と)がそびえていたが、過去に校庭を人工芝へ改修した際にエンジュの根を傷つけてしまい、いつ倒れるかわからない状態であったため、児童のいない冬休み中に切除した。 その後はイチョウ2本のみがそびえている。 教育 [ ] 文京区立の小学校の中では最も数が多い(2010年度現在で777人)。 域外からの者が多くいる。 現在では教育にも力を入れ、1年生から英語の授業がある。 に指定されている。 位置 [ ]• 〒113-0024 東京都文京区西片2-14-6• 最寄り駅:・ 校歌 [ ]• 作詞 中村秋香• 作曲 小出雷吉 主な出身者 [ ]• 内田忠男(ジャーナリスト)• 天文学者• (6年生時編入)• (の父)• ()卒• 関連項目 [ ]• - により、本校内に設置された。 脚注 [ ].

次の