ファイヤースターター 使い方。 焚火をおしゃれに!ファイヤースターターの使い方

ファイヤースターターの人気おすすめランキング15選【一家に一つ】

ファイヤースターター 使い方

ファイヤースターターとは、薪や紙の上に削った 金属の粉に「火打ち石」の要領で火花を散らすことで、簡単に火起こしができる便利なアイテムのこと。 使い方は、「ロッド」と呼ばれる金属棒と火打ち石役の「ストライカー」を使って火花を散らすだけに簡単なものです。 ライターやマッチを使った火起こしは、手軽なものの、湿気ているとうまく火がつかなかったり、毎回のコストがかかる点は難点。 その点ファイヤースターターは、慣れれば ライターやマッチよりはるかに簡単に火を起こすことができます。 しかも濡れていても火を起こせるので、環境も選びません。 また、 1つで数千回は火を起こせるのでコスパが良いのも嬉しいポイント。 コツさえ使えめば、これ以上ないほどに便利な火起こしアイテムとなってくれること間違いなし。 火起こしに困っているという方は、ぜひ本記事を参考にファイヤースターターの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 一発で火花を出すためにも、ストライカーは握りやすいものを選びましょう。 注目すべきポイントは、ストライカーの長さと形状の2つ。 ストライカーのグリップ感が弱いと、ロッドに擦る時に滑ったり、力がうまく入らなかったりして、火花が起きにくくなります。 携帯性を重視したコンパクトなモデルもかっこいいですが、ロッドと手が近すぎると、恐怖で火を付けにくくなるだけでなく、細かなコツが必要になります。 また、形状にも注目。 定規型からナイフ形までさまざまですが、握りやすさは人によって変わります。 初心者のうちは、 グリップがついているものを選べば安心です。 また、指でつまむタイプではなく、握るようにして持つ形状の商品を選べば、弱い力でも火花が起きやすいですよ。 ファイヤースターターのロッドは、マグネシウム製・フェロセリウム製の2種類。 マグネシウム製は、流通量・商品のバリエーションも豊富で、持ち運びに優れた商品も多いのが特徴。 ロッドをストライカーで擦り、マグネシウムの粉を落として火花を起こす仕組みで、着火しやすいのが特徴です。 ただし、 安価なものは、火花が出にくいこともあるので注意してください。 火花の起こしやすさを重視するなら、フェロセリウム製も検討してみましょう。 マグネシウム製のように粉を落とさないタイプで、燃えやすい火種は必要になりますが、1度に大量の火花が出るので、火種さえあれば着火も簡単です。 また、ストライカーを使わず、アウトドアナイフで火花を起こして点火というワイルドな使い方もできるので、よりアウトドアらしさを追求したい上級者にもぴったり。 ただし、サイズが大きめなものが多いので、携帯性は高くありません。 ブレスレットのように携帯できるファイヤースターター。 留め具部分にストライカーとロッドが内蔵されている商品です。 また、留め具のロッド側にはホイッスルとコンパスがついており、登山時にぴったり。 手首に巻くだけなので、できるだけ荷物を減らしたいときにも適しています。 カラーは全部で8色とバリエーション豊富なのもポイントです。 自然に合うカーキやグリーンカモから、明るい色合いのレインボーやレッドドットまでさまざま。 アウトドア好きの家族でおそろいにしたいとき、登山仲間と色違いで携帯したいときにいかがでしょうか。 ストライカーの長さ - ストライカーのグリップ - ロッドの長さ - ロッドの持ち手 - ロッドの素材 マグネシウム タイプ ブレスレット型 サバイバル時に使えるアイテムを製作している、SOLによるファイヤースターター。 着火しやすさを求める方に適した商品です。 ロッドのグリップは大きめに作られており、手の大きい男性でも扱いやすい点も。 ストライカーには凹みがついており、ボトルオープナーとして使うことも可能です。 また、定規がついているので地図を読み取りたいときに使えます。 ECサイトでは「使いやすくて、すぐに火をつけられた」といった口コミがあり、初挑戦してみたい方もいかがでしょうか。 ストライカーのサイズ - ストライカーのグリップ 無 ロッドの長さ -(持ち手込みで13. 5cm) ロッドの持ち手 有 ロッドの素材 マグネシウム タイプ 紐一体型 着火時にサポートしてくれる火吹き棒と、災害時や号令の合図として使えるホイッスルのついたセット商品。 手のひらにおさまるサイズなので、カバンにポンと入れておけます。 ロッドはマグネシウムタイプで、どんな天候のときにも使用可能。 天気を気にせずアウトドアを楽しみたい方におすすめです。 付属のQRコードを読み込めば、着火方法を動画で確認できます。 購入したはいいものの使い方がイマイチわからない…といったトラブルを防止できるのもポイント。 ECサイトには「結構火花が散るので簡単に着火出来る」との声があり、手早く火をつけたい方にも適しています。 ストライカーの長さ - ストライカーのグリップ 無 ロッドの長さ 7cm ロッドの持ち手 有 ロッドの素材 マグネシウム タイプ 紐一体型 ブッシュクラフトによる日本製のブレスレット型ファイヤースターター。 ブレスレットの一部分を火口として使えるので、綿やティッシュを用意する必要がありません。 アクセサリーのように身に付けつつ、火を起こしたいときにはこれ1つで着火できるアイテムです。 カラーは12色、サイズはS・M・L・XLから選べます。 アウトドアグッズの色を統一したい方や、できるだけフィットするものを探している方にぴったり。 ECサイトでは「小さく細く短いロッドでも何度も火花を散らします」と好評です。 ブレスレット型は着火しにくいのではないかと不安な方にもおすすめ。 ストライカーの長さ - ストライカーのグリップ - ロッドの長さ - ロッドの持ち手 - ロッドの素材 - タイプ ブレスレット型 ストライカーとロッドのどちらにも持ち手がついているファイヤースターター。 むき出しのものとは異なり、握るように持てるので弱い力で火花を出せます。 また、自分の手も擦ってしまわないかという不安からうまく擦れないトラブルを避けられるのもポイントです。 ECサイトには「コツをつかめば火花もよく散るようになる」「慣れたら簡単に着火できるようになりました」との声が寄せられています。 何度か練習が必要ですが、慣れればアウトドア時の心強いアイテムに。 使い続ければ味が出る商品なので、 1つのものを愛用したい方にも向いています。 ストライカーの長さ 6. 7cm ストライカーのグリップ 有 ロッドの長さ -(持ち手込みで7. 6cm) ロッドの持ち手 有 ロッドの素材 マグネシウム合金 タイプ 紐一体型 プチプラねっと 商品名 ハンディ ファイヤー スターター ファイヤーコードブレスレット ファイヤースターター マグストライカー ファイヤースターター ブレスレット ファイヤー スターター ライブファイヤー オリジナル サバイバルキット ファイヤースターター ファイヤースターター ファイヤースターター ファイヤースターター ファイヤースターター ファイヤースターター キーリング 火打石 ファイヤースターター 特徴 ストライカーとロッドの両方に持ち手がついたスターター これ1つで着火可能。 ブレスレットの一部が火口に 着火方法を紹介した動画つきですぐに使える! 大きめグリップのロッドで手の大きい方も扱いやすい カラーは8色。 登山時向きのブレスレット型 日本のアウトドアメーカーによるファイヤースターター フタを閉じるだけで消火できる缶タイプの着火剤つき マグネシウム部分が広めのロッドで、長く使用可能 最大60cmまで伸びる火吹き棒つきで、初心者の方にも ストライカーとロッドが一体になったペン型 48cmまで伸びる火吹き棒つきで、スターターだけでは不... コルク素材で持ちやすいロッドが特徴的 キーリング型で日常的にも携帯しやすい 幅約1cmのスリムなペン型ファイヤースターター 初めての方向き。 7cm - - - - 7cm - - 7. 5cm - 7. 5cm - - - - ストライカーのグリップ 有 - 無 無 - 無 無 無 無 - 無 無 - - 無 ロッドの長さ -(持ち手込みで7. 6cm) - 7cm -(持ち手込みで13. 5cm) - -(持ち手込みで10cm) 4cm - -(持ち手込みで11cm) - 6. 5cm(持ち手込みで9. 3cm) 7cm - 約4cm 約7cm(持ち手込みで約10cm) ロッドの持ち手 有 - 有 有 - 有 有 無 有 有 有 有 - 有 有 ロッドの素材 マグネシウム合金 - マグネシウム マグネシウム マグネシウム マグネシウム合金 - マグネシウム マグネシウム マグネシウム マグネシウム - マグネシウム マグネシウム マグネシウム合金 タイプ 紐一体型 ブレスレット型 紐一体型 紐一体型 ブレスレット型 紐一体型 紐一体型 アクセサリー型 紐一体型 ペン型 紐一体型 紐一体型 キーリング型 ペン型 紐一体型 商品リンク•

次の

ファイヤースターターは極太フェロセリウムロッドが簡単!マグネシウムとの違いも比較|山行こ

ファイヤースターター 使い方

ファイヤースターターの使い方 ファイヤースターターの使い方のご紹介です。 まず、パーツの説明をします。 左側がストライカーというマグネシウム棒を削って火花を散らすパーツで、右側のパーツがマグネシウム棒のついた本体です。 ストライカーの下についているギザギザの部分でマグネシウム棒を削って粉をつくり、直線の部分をマグネシウム棒と擦り合わせて火花を散らします。 ファイヤースターターは、この二つのシンプルなパーツをつかって火花を散らし火をつけるための道具です。 ちなみに今回使っているファイヤースターターは、以前amazonで送料込みで170円くらいで購入したもので、紐だけ好きな色の紐に交換しています。 今回は、比較的着火し易いティンダー(火口)を使用しての使い方をご紹介させていただくのでこの小さいファイヤースターターでも大丈夫ですが、フェザースティックなど火花を多く散らして着火するような場合にはストロークが短いこのサイズはやりづらいのと、マグネシウムの棒が細いので頻繁にしようしているとすぐになくなったり折れたりしてしまいます。 ですので、ライターと合わせて持っていく方、着火し易いティンダー(火口)しか使わない方のご使用や、初めてファイヤースターターをお使いになられる方は値段も安いこのようなものから試してみるのもいいかと思います。 そしてファイヤースターターの使い方に慣れ、よく使うティンダー(火口)が決まってきたときに大きいものにするか、このような小さいものにするかをご自身のスタイルに合わせて選択していただけたらと思います。 それでは始めてみましょう! 写真のファイヤースターターは、何度も使用しているものなので銀色になっていますが、購入したばかりのものは黒皮がついた黒色になっています。 黒皮がついたままだと火花が散らないので使う前に黒皮をストライカーで下地の銀色が出てくるまで削ります。 それでは始めてみましょう! 麻ひもをほぐして丸めたものから火をつけてみたいと思います。 まず、マグネシウム棒をストライカーについているギザギザの部分で削って粉をつくります。 先にこの作業をしておくことで、飛ばした火の粉が引火し易くなりより火が付き易くなります。 つぎに火花の散し方です。 火花を散らすときは、ストライカーは出来るだけ同じ位置でマグネシウム棒の本体を手前に引いて火花を散らします。 ストライカーを押し出して火花を散らすと、火をつけたい対象物にストライカーが当たって飛んでいってしまったり、アルコールバーナーではアルコールバーナーに当たってアルコールが飛び散ってしまったりして大変危険なので、必ず本体を手前に引いて火花を散らすようにしてください。 それでは実際に火をつけてみます。 本体を手前に引いて〜シュバッ! 結構な量の火花が散って、ちゃんと火がつきました。 つぎは丸めたティッシュに火をつけてみます。 やり方は麻ひものときと同じで、ギザギザの部分でマグネシウム棒を削って粉をつくったら、本体を手前に引いて火花を散らします。 つぎは丸めた新聞紙に火をつけてみます。 新聞紙もやり方は同じで、ギザギザの部分でマグネシウム棒を削って粉をつくったら、本体を手前に引いて火花を散らします。 最後はアルコールバーナーに火をつけてみます。 アルコールバーナーのときは粉をつくらず直接火花を散らして火をつけます。 アルコールバーナーへの着火は特に危険なので、ストライカーの位置は極力動かさずマグネシウム棒の本体を手前に引いて火花を散らしてください。 これでファイヤースターターの使い方は終了です。 ライターを使えば簡単に火をつけることも出来ますが、こういった少し不便な道具をつかって火をつけるというのもアウトドアの気分をさらに盛り上げてくれます。 そして、ガスライターなどは気温が低くなると火のつきが悪くなったり、雨等に濡れると火がつけられなかったりすることがありますが、ファイヤースターターは気温に左右されることなく、そして濡れてしまっても軽く拭けばすぐに使えるようになるので、意外と使える場面が多かったりもするんですよね。 それではみなさんも是非チャレンジしてみてください!.

次の

メタルマッチ|使い方とおすすめ7選|YAMA HACK

ファイヤースターター 使い方

ファイヤースターターって何? セリアの商品名は『ファイアスターター』ですが、一般的には『ファイヤースターター』の方がメジャーの様なので、ここからはファイヤースターターと表記します。 ファイヤースターターは火をつけるための器具です。 マグネシウムを削り、そこにマグネシウムと金属(または火打石)を擦り合わせて火花を飛ばし、着火します。 はじめは燃えやすいティッシュペーパーや麻ひもをほぐしたもの(火口)、などに着火させ、徐々に火を大きくしていくそうです。 実際にやってみると火打石よりは、金属の方が擦り合わせやすい感じがしました。 100円ではないけれど、1,000円切る価格でさらにカッコ良くて使いやすそうなファイヤースターターがたくさんありました。 着火前の準備 ティッシュペーパーでも良いのですが、せっかくならと麻ひもを30cm程度にカットして、ほぐしていきます。 よじれをとったと思ったらからまったりと、結構面倒なので、 30cmよりも短くした方がほぐす作業はやりやすそうです。 ふんわりした麻玉? が出来上がりました。 コレは火付きが良さそうです。 このモフモフ麻玉は暇なときにでも黙々と作っておきましょう。 ちなみに、結構カスがひろがるので、新聞紙などを敷いておくことをオススメします。 今回使用した麻紐もセリアのものです。 100円で約70mあるそうなので、1つあればたくさんのふわふわ麻玉が作れそう。 疲れそうですが・・・。 あの小さな種火からいきなり炭に火をつけるのは難しいので、薪よりもさらに小さくて燃えやすい小枝などを用意します。 徐々に火が付きにくいものへ段階を踏む感じです。 ここがつまずきポイントになりそうですね。 事前準備をしっかりしないとダメですね。 早速使ってみよう 開封時、マグネシウムの棒部分には黒いコーティングがされています。 一瞬この黒いのがマグネシウム?! と思ったら違うそうです。 この辺は既に体験された方々のブログを見て知りました。 先輩たち、ありがとうございます! ということで、ガリガリ削っちゃって大丈夫です。 黒いコーティングをきれいに剥がしちゃった方がしっかりマグネシウムを削れるので、むしろ コーティングは剥がすべし。 黒いコーティングがなくなってきたら、いよいよマグネシウムを削ってティッシュや麻のふわふわ玉に乗せます。 スポンサーリンク いよいよ火花を散らします 火花を散らす際のスクレーパーとマグネシウム芯は写真のようにVの字にして、手首のスナップを使い、スクレーパーをシュッとこすり合わせます。 先ほどのマグネシウムを削る ガリガリではなく、シュッとです。 すると火花がバチッと飛びます。 フラットな面でも角でも火花は散っていました。 何度か繰り返すと着火できました!! 思ったよりも簡単でビックリしました。 でも、私よりも夫の方があっという間(3回くらいりのシュッと)に着火できたので、上手い下手があるのかな? 力かな? 慣れなのかな? 悔しいので、私はもうちょっと修行したいと思います。 そして、問題はここから 火を大きくしていく事ですね。 そこがやっぱり 難しそう。 小枝や他にもよく燃えそうなものをたくさん仕込んでおかないと、なかなか火を大きくできないかも。 これも何回か練習が必要かもしれません。 家での実験なので、そこまで挑戦できませんでしたが、次回のキャンプでは頑張りたいと思います。 キャンプもこういうミッションがあると盛り上がりますね。 今回非常に参考になったのがいつも楽しくわかりやすい記事をアップしているです! 動画もあり、体験談のレポなのでとてもわかりやすかったです。 実は失敗のご報告という記事なんですが、これを読んだおかげて私は思ったよりも簡単に着火することができました。 のざるさんありがとうございます!!.

次の