オンラインギターレッスン。 オンラインギターレッスン

ギターオンラインレッスン Kaz Takayama ギター教室

オンラインギターレッスン

オンラインレッスンとは 無料のビデオ通話ソフト「Skype」「ZOOM」「LINE」を利用したレッスンです。 メリット オンラインレッスンには• 自宅にいながらゆっくりとレッスンを受けられる。 移動の時間や交通費がかからない。 楽譜や音源をオンライン上でスムーズな受け渡しができる。 画面共有によるよりわかりやすいレッスン などたくさんのメリットがあります。 平日お仕事から帰ってきてから自宅でゆっくり受けることも可能です。 お忙しい方も手軽に音楽が続けられるように設定しておりますのでぜひご活用ください。 ご利用の流れ 1.お問い合わせ お電話またはメールから、ご希望の日時をお知らせください。 日程を調整し、こちらの「LINE」または「Skype」のIDをお伝えします。 2.レッスン料のお支払 ご希望コースの料金をオンライン決済サービス「PayPal」でお支払いいただきます。 上記レッスン料金欄より、ご希望コースの下にある「今すぐ購入」ボタンを選択し、必要事項をご入力ください。 3.レッスンスタート 予約時間になりましたらこちらからお電話いたしますので、ギター・ウクレレをご準備のうえお待ちください。 連絡先 現在、レッスン申し込み受付中です。 無料体験レッスンご希望の方は、お電話またはメールでご連絡いただきますようお願いします。 「オンラインレッスン希望」とお伝えください。 レッスン中で電話に出れないときは折り返しご連絡いたします TEL 080-1474-0894 MAIL info sumiguitar. com 『カフェトーク』からも受講できます オンラインレッスンの大手サイト『カフェトーク』でも、当教室のレッスンを受けることができます。 カフェトークからのお申込みは。

次の

格安!¥2750/1回|オンラインギターレッスン|ギター教室ギターナビ|スカイプZOOMに対応

オンラインギターレッスン

MEMO 具体例付きで解説している為、記事中の商品画像をクリックすると商品ページが開きますが、 単純に商品ページへのリンクだけで、アフィリエイト等ではないのでご安心ください。 今回は「 お勧め具体例!オンラインギターレッスンで必要な安くて良い物3選」です。 もちろん講師歴18年の経験から 「安くて良いもの」「僕自身がこれからギターを始めるなら買うもの」を選んでいます。 最初から高いものを買う必要はないと思います。 具体例付きですので これからギターを始める方やギター初心者の方、レッスン受講をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。 オンラインギターレッスンで必要なもの3つ 1.ギター エレキギターやアコースティックギターなどがあり、音色も異なりますが、お好きなものを選んでください。 特に一番最初でどれが良いかわからない場合は、比較的弾きやすい、エレキギターをオススメします。 また単純に見た目で選んだり、好きなアーティストが使っているものと、同じ形状のものを選ぶのもオススメです。 自分が納得して気に入って買ったギターであれば、モチベーションも上がる為です。 MEMO 楽器を購入する場合、1本1本音が異なるため、本来は実際に試奏する事をオススメします。 ここで紹介しているものは評価も高く信頼できる為、特に最初の1本でしたら今の時代、ネットでの購入も良いと思います。 上を見ればきりがないですが、この価格でここまで作りの良いギターは中々ありません。 ギターの色や形にもバリエーションがあって好みのギターを選べます。 最初の1本としておすすめします。 僕自身、このギターでギターを弾き始めました。 上記のPLAYTECHよりも、作りがワンランク上だという認識で大丈夫です。 コイルタップ機能も搭載されており、より幅広い音作りができます。 アコースティックギターの定番のボディ形状をしており、迫力のある音が出せます。 これだけ安く、作りも良いアコースティックギターはそうそうありません。 (カメラが内蔵されているパソコンでしたら、ウェブカメラの準備は必要ありません。 マイク内蔵で別途マイクの用意をする必要もありません。 パソコンに接続するだけで、ドライバーが自動的にインストールされる為、購入してすぐに使うことができます。 しかも30fpsなので滑らかな動きに対応しています。 これで価格は約2千円ですので大変おすすめです。 エレキギターを弾くときにアンプは必須です。 よく「初心者用ギター入門セット」などが1万円ほどで販売されていますが、そこに付いてくるギターアンプは超小型で、正直あまりおすすめはできません。 PATHFINDER10はエフェクターが無くても、GAINの量やギターのボリュームを調整すれば、クリーン~クランチ~リードの音が楽しめます。 超小型アンプよりはるかに音の幅が広いです。 安くて使える、おすすめのギターアンプです。 シールドも価格や質はピンキリですが、これは長さが3mと丁度良く、シールド自体の質も問題ありません。 価格も安くておすすめです。 形はティアドロップ型で、もっともポピュラーなピックです。 プロでも愛用者は多く、個人的に僕の大好きなギタリストであるRandy Rhoads(ランディーローズ)やZakk Wylde(ザックワイルド)も、このピックを使用していました。 初心者の方は、ピックの厚さは1.00mm(ヘビー)をお勧めします。 価格もなんと1枚20円!通常のピックが1枚100円前後であることを考えると大変お買い得です。 恐らくよく売れるので、価格もここまで下げられるのだと思います。 ピックは消耗品で安いので、自分の弾きやすいピックを色々と試してみてください。 00 ¥70 税抜 JIM DUNLOP ジムダンロップ というメーカーの、JAZZ III(ジャズスリー)というピックを使っています。 形はジャズ型といい、かなり小さめのピックです。 JAZZ IIIの中でもいくつか種類がありますが、僕はこの「TORTEX PITCH BLACK JAZZ III」の厚さ1.00mmが気に入っています。 名前にジャズとありますが、小さくて小回りも利きやすい為、ロック系ギタリストにも多く使われています。 コードストロークやカッティングプレイも、慣れれば弾きやすくなり、オールジャンルで使用できます。 これも人気のあるピックで、個人的にはジムダンロップ社のピックが一番好きです。 たまに、ギターを弾くたびにギターケースにしまう方もおられますが、ギタースタンドに立てかけて置いておくのが良いと思います。 理由はシンプルで、「ギターを弾こう!」と思ったときにすぐに手に取れるからです。 ギタースタンドは上達の近道です。 まとめ|これ全部揃えるといくら? PLAYTECHのエレキギターを選択した場合、Webカメラを含めても、税抜16,482円となります。 実際、ギター入門セットを買うよりお得で、品質も良いです。 エレキギターではなく、PLAYTECHのアコースティックギターを選んだ場合、ギターアンプは必要ありませんので更に安くなります。 すでにお持ちであるか、カメラが内蔵されているパソコンでしたら、ウェブカメラを購入する必要もありません。 僕はサウンドハウスさんの回し者ではないのでご安心ください。 しかも実はギターは奥が深い楽器でもあり、一生を通じて楽しめる存在です。 今回は触れませんでしたが、シールド、ピックの素材・厚さ、弦の種類、右手のピッキング、機材、様々な要素で自分自身のサウンドが作られ、変化します。 機材も本当に様々な種類があり、自分好みのギターサウンドを追求すると終わりがありません。 アドリブの際の音階(スケール)一つとっても、音の選択次第でオリジナリティが出ます。 ぜひ興味のある方は気軽にギターに触れてみてください。 ここまで読んで頂きありがとうございました。

次の

スカイプ、Zoom、Lineを使った【オンラインフラメンコギターレッスン】

オンラインギターレッスン

MEMO 具体例付きで解説している為、記事中の商品画像をクリックすると商品ページが開きますが、 単純に商品ページへのリンクだけで、アフィリエイト等ではないのでご安心ください。 今回は「 お勧め具体例!オンラインギターレッスンで必要な安くて良い物3選」です。 もちろん講師歴18年の経験から 「安くて良いもの」「僕自身がこれからギターを始めるなら買うもの」を選んでいます。 最初から高いものを買う必要はないと思います。 具体例付きですので これからギターを始める方やギター初心者の方、レッスン受講をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。 オンラインギターレッスンで必要なもの3つ 1.ギター エレキギターやアコースティックギターなどがあり、音色も異なりますが、お好きなものを選んでください。 特に一番最初でどれが良いかわからない場合は、比較的弾きやすい、エレキギターをオススメします。 また単純に見た目で選んだり、好きなアーティストが使っているものと、同じ形状のものを選ぶのもオススメです。 自分が納得して気に入って買ったギターであれば、モチベーションも上がる為です。 MEMO 楽器を購入する場合、1本1本音が異なるため、本来は実際に試奏する事をオススメします。 ここで紹介しているものは評価も高く信頼できる為、特に最初の1本でしたら今の時代、ネットでの購入も良いと思います。 上を見ればきりがないですが、この価格でここまで作りの良いギターは中々ありません。 ギターの色や形にもバリエーションがあって好みのギターを選べます。 最初の1本としておすすめします。 僕自身、このギターでギターを弾き始めました。 上記のPLAYTECHよりも、作りがワンランク上だという認識で大丈夫です。 コイルタップ機能も搭載されており、より幅広い音作りができます。 アコースティックギターの定番のボディ形状をしており、迫力のある音が出せます。 これだけ安く、作りも良いアコースティックギターはそうそうありません。 (カメラが内蔵されているパソコンでしたら、ウェブカメラの準備は必要ありません。 マイク内蔵で別途マイクの用意をする必要もありません。 パソコンに接続するだけで、ドライバーが自動的にインストールされる為、購入してすぐに使うことができます。 しかも30fpsなので滑らかな動きに対応しています。 これで価格は約2千円ですので大変おすすめです。 エレキギターを弾くときにアンプは必須です。 よく「初心者用ギター入門セット」などが1万円ほどで販売されていますが、そこに付いてくるギターアンプは超小型で、正直あまりおすすめはできません。 PATHFINDER10はエフェクターが無くても、GAINの量やギターのボリュームを調整すれば、クリーン~クランチ~リードの音が楽しめます。 超小型アンプよりはるかに音の幅が広いです。 安くて使える、おすすめのギターアンプです。 シールドも価格や質はピンキリですが、これは長さが3mと丁度良く、シールド自体の質も問題ありません。 価格も安くておすすめです。 形はティアドロップ型で、もっともポピュラーなピックです。 プロでも愛用者は多く、個人的に僕の大好きなギタリストであるRandy Rhoads(ランディーローズ)やZakk Wylde(ザックワイルド)も、このピックを使用していました。 初心者の方は、ピックの厚さは1.00mm(ヘビー)をお勧めします。 価格もなんと1枚20円!通常のピックが1枚100円前後であることを考えると大変お買い得です。 恐らくよく売れるので、価格もここまで下げられるのだと思います。 ピックは消耗品で安いので、自分の弾きやすいピックを色々と試してみてください。 00 ¥70 税抜 JIM DUNLOP ジムダンロップ というメーカーの、JAZZ III(ジャズスリー)というピックを使っています。 形はジャズ型といい、かなり小さめのピックです。 JAZZ IIIの中でもいくつか種類がありますが、僕はこの「TORTEX PITCH BLACK JAZZ III」の厚さ1.00mmが気に入っています。 名前にジャズとありますが、小さくて小回りも利きやすい為、ロック系ギタリストにも多く使われています。 コードストロークやカッティングプレイも、慣れれば弾きやすくなり、オールジャンルで使用できます。 これも人気のあるピックで、個人的にはジムダンロップ社のピックが一番好きです。 たまに、ギターを弾くたびにギターケースにしまう方もおられますが、ギタースタンドに立てかけて置いておくのが良いと思います。 理由はシンプルで、「ギターを弾こう!」と思ったときにすぐに手に取れるからです。 ギタースタンドは上達の近道です。 まとめ|これ全部揃えるといくら? PLAYTECHのエレキギターを選択した場合、Webカメラを含めても、税抜16,482円となります。 実際、ギター入門セットを買うよりお得で、品質も良いです。 エレキギターではなく、PLAYTECHのアコースティックギターを選んだ場合、ギターアンプは必要ありませんので更に安くなります。 すでにお持ちであるか、カメラが内蔵されているパソコンでしたら、ウェブカメラを購入する必要もありません。 僕はサウンドハウスさんの回し者ではないのでご安心ください。 しかも実はギターは奥が深い楽器でもあり、一生を通じて楽しめる存在です。 今回は触れませんでしたが、シールド、ピックの素材・厚さ、弦の種類、右手のピッキング、機材、様々な要素で自分自身のサウンドが作られ、変化します。 機材も本当に様々な種類があり、自分好みのギターサウンドを追求すると終わりがありません。 アドリブの際の音階(スケール)一つとっても、音の選択次第でオリジナリティが出ます。 ぜひ興味のある方は気軽にギターに触れてみてください。 ここまで読んで頂きありがとうございました。

次の