ヴァロラント キャラ。 【valorant】10人目の新キャラを含むヴァロラントエージェントの全アビリティが明らかに!?

【VALORANT】1.01アップデート後のキャラランキング【ヴァロラント】

ヴァロラント キャラ

はいどうも俺僕です!生放送でライブ配信しているゲームについて… 「VALORANT ヴァロラント 」の 2回目の記事です! 前回簡単なゲーム紹介を行ったので、 今回はもっと踏み込んだ内容の 「キャラごとの性能、解放条件とおすすめキャラ紹介」について書いていきます! ゲームの概要については前回記事を参照ください! VALORANT ヴァロラント キャラ性能紹介と解放条件 VALORANT ヴァロラント に登場するキャラクターのことを「 エージェント」と呼びますが、 エージェントには 「デュエリスト」、「センチネル」、 「イニシエイト」、「コントローラー」という 4種類の タイプがあります。 それぞれの特徴をザックリ説明すると、 ・デュエリストは、 攻めるのに特化したスキルとアビリティを持つエージェントです。 ・センチネルは、 守るのに特化したスキルとアビリティを持つエージェントです。 ・イニシエーターは、 索敵に特化したスキルとアビリティを持つエージェントです。 ・コントローラーは、 妨害に特化したスキルとアビリティを持つエージェントです。 となります。 またエージェントには個性やストーリーがあり、 4つの固有能力も持っています。 その固有能力というのは、 「アビリティ1」、「アビリティ2」、 「シグネチャー・アビリティ」、「アルティメットアビリティ」の4つです。 それぞれの特徴をザックリ説明すると、• アビリティ1: ラウンド開始時、武器やアーマーと同様に 購入できる• アビリティ2: ラウンド開始時、武器やアーマーと同様に 購入できる• シグネチャー・アビリティ: 購入対象ではなく、常時保有している 時間経過で使用可能• アルティメット・アビリティ: 購入対象ではなく、常時保有している 敵をキルをしたり、オーブを取得していくことで使用可能 というものです。 基本的に どのキャラクターも全てのアビリティを使用可能ですが、アビリティ1とアビリティ2は購入する必要があり、 つまりお金がないと買えずに使うことができません。 購入さえすればいつでもすぐに使えます。 シグネチャー・アビリティとアルティメット・アビリティは逆にお金で買うことはできず、 使用するには時間経過やキルをする等の条件があります。 因みにこのゲームは基本的にフレンドリーファイア FF はありませんが、アビリティに関しては、 敵だけでなく 味方にもダメージやデバフを受けることがあるので注意です。 キャラクターごとの個性が反映された固有能力となっているので、 基本的に 同じものは一つとしてありません。 またこれら以外にも、「 パッシブ・アビリティ」という特殊能力を持ったエージェントもいます。 なので、できることなら全てのエージェントの固有能力を把握しておく必要があります。 ということで、早速一人ずつエージェントごとの性能を紹介していきます。 可愛い 名前:ジェット 国籍:韓国 アビリティ1:クラウドバースト アビリティ2:アップドラフト シグネチャー・アビリティ:テイルウィンド アルティメット・アビリティ:ブレイドストーム タイプ:デュエリスト 「 クラウドバースト」は、視界を遮る 煙を発生させます。 「 アップドラフト」は、上方向に 大ジャンプして、通常では行けない 高所へ行くことができるようになります。 「 テイルウィンド」は、瞬間的に加速して ダッシュできます。 「 ブレイドストーム」は、 高威力のナイフを構えて射出できます。 左クリックで 一本ずつ、右クリックで 全弾射出です。 特に頭部だとダメージが高く、 キルすると弾がリチャージされます。 ジェットは 機動性に優れたエージェントです。 アピリティを上手く駆使すればトリッキーな立ち回りで敵を翻弄することができるでしょう。 パッシブアビリティとして ジャンプボタンを二回連続で押すことで滑空のようなことをすることができます。 これを使えば 高所から降りる時の落下ダメージを食らわずに済むので覚えておきましょう。 アビリティは全体的に使いこなすのが難しいので、 中級者向けエージェントだと思います。 タイミングが合えば 上に乗ることも可能です。 「 スロウオーブ」は、地面を凍らせて、その上にいるエージェントの 動きを遅くします。 「 ヒーリングオーブ」は、 回復させることができます。 これは 味方だけでなく敵も回復させてしまうので注意です。 「 レザレクション」は、キルされた味方の近くに行って、 蘇生して復活させることができます。 セージは、 回復やサポートに優れたエージェントです。 特に 味方を復活させることができるのはセージのみなので、味方にいると心強いキャラになります。 初心者向けエージェントだと思います。 またファイヤボルトを射出して敵にヒットさせると マーキングすることもできます。 ドローンを操作している間は完全に無防備になるので気を付けましょう。 「 ショックボルト」は、矢を放ち、 直撃もしくは範囲内にいる敵にダメージを与えることができます。 リーコンボルトと同じで 二回まで壁を跳ね返らせることが可能です。 「 リーコンボルト」は、矢を放ち、着弾した範囲内にいる敵を 索敵します。 敵に撃たれて破壊されると解除されます。 ショックボルト同様 二回まで壁を跳ね返られることが可能です。 「 ハンターズフューリー」は、 壁を貫通して大ダメージを与える弓を最大三発放つことができます。 当たった敵は大ダメージを受けるだけでなく、更に マーキングまでされます。 ソーヴァは、 索敵に優れたエージェントです。 弓矢を用いたアクションはソーヴァだけなので、独特なアクションができて 使って楽しいキャラでもあります。 また弓は必ずしも敵に直撃させる必要はないので使いやすいです。 初心者向けエージェントだと思います。 敵が触れるとダメージを受けて、自分が触れると回復します。 「 カーブボール」は、 視界を眩ませるボールを投げます。 この時 真っ直ぐ投げるのではなくカーブして投げるので使い勝手が難しいです。 左クリックで 左カーブ、右クリックで 右カーブになります。 「 ホットハンズ」は、炎の床を作り出します。 敵が触れるとダメージを受けて、自分が触れると回復します。 「 ランイットバック」は、その場で 分身のようなものを出現させて、分身を操作することができます。 分身は通常と同じように動き回り銃で敵をキルすることができます。 ダメージを食らうか一定時間経過で解除されて本体に戻りますが、それまでは 無敵になります。 フェニックスは、 攻撃とサポートに優れたエージェントです。 またアビリティによって 自己回復することができるので、意外と回復系エージェントでもあります。 デュエリストタイプのお手本のようなキャラクターなので、上手い人がフェニックスを使うと無双することができるでしょう。 中級者向けエージェントだと思います。 これは 敵にも効果が付与されるので注意です。 「 インセンディアリー」は、 焼夷グレネードを射出します。 着弾箇所を燃焼させて ダメージ床に変えます。 「 スカイスモーク」は、 マップ上の任意箇所を指定して、 最大三個まで遠隔で煙を発生させます。 「 オービタルストライク」は、 マップ上の任意箇所を指定して、 巨大なレーザー光線を遠隔で放ちます。 ブリムストーンは、 兵器を利用して戦略的に味方をサポートしたり敵を迎撃するのに優れたエージェントです。 マップ上の任意箇所を指定して使用するアビリティが多いので、 MAPの構造を熟知する必要があります。 仲間との連携も大事となりますが、適当な所にやって運ゲーにしても意外と当たります。 中級者向けエージェントだと思います。 学べることもあるはずだ」 — VALORANT VALORANTjp ミスタービーンかな? 名前:ヴァイパー 国籍:アメリカ合衆国 アビリティ1:スネークバイト アビリティ2:ポイズンクラウド シグネチャー・アビリティ:トキシックスクリーン アルティメット・アビリティ:ヴァイパーズピット タイプ:コントローラー 「 スネークバイト」は、毒のキャニスターを射出して、範囲内の地面を ダメージ床に変えます。 味方が踏んでもダメージが入るので注意です。 「 ポイズンクラウド」は、毒ガスのフィールドを発生させるガスグレネードを投擲します。 これは 任意でオン・オフの切り替えが可能で、持続時間はゲージで表示されます。 再利用にはリチャージが必要です。 与えるダメージは残り体力が1になるまでとなっており、このアビリティで キルすることまではできません。 「 トキシックスクリーン」は、 毒の壁を発生させます。 壁に触れると 敵味方問わずダメージを食らいます。 「 ヴァイパーズピット」は、広範囲をガスで包み込み、範囲内に入った敵は 最大ヘルスの減少と視界の悪化のデバフを受けます。 効果時間は自分が範囲内にいる限り永続である一方で、外に出ると一定時間で消滅します。 ヴァイパーは、 毒ガスによって面制圧に優れたエージェントです。 ただし効果は敵だけでなく味方、更には 自分までダメージを食らうことがあるので、使い勝手は慎重に選ぶ必要があります。 基本的にはボムの周辺で使うのが最適かと思われます。 使い勝手が非常に難しいので 上級者向けエージェントだと思います。 「 パラノイア」は、影を射出しヒットした敵の周辺を真っ暗にします。 「 ダークカバー」は、視界を遮る影の球体を任意の場所で発生させることができます。 「 フロムザシャドウ」は、戦術マップ上の任意の場所にテレポートができます。 テレポート中は影として相手のミニマップ表示され、影が破壊された場合は元の場所に戻ります。 オーメンは、 テレポートによる移動と撹乱に優れたエージェントです。 攻撃やサポートに特化したアビリティはほぼ持ち合わせていないので、 素の戦闘スキルが高くないと意味ないです。 テレポートを上手く活用すれば急襲して敵を撹乱できますが、使い勝手はかなり難しいでしょう。 上級者向けエージェントだと思います。 このワイヤーは ゆっくり移動しているときだけ敵に見えるようになります。 「 サイバーケージ」は、床に ビーコンを設置します。 起動させると 視界をさえぎる檻が生成されて、檻に入った敵は 移動速度が遅くなり、音声にも妨害効果が入るようになります。 「 スパイカム」は、任意の場所に カメラを設置、相手の動きを スパイできます。 スキャンされた敵は しばらくスポットされ、その動きを追われ続けます。 「 ニューラルセフト」は、倒した敵に自分の帽子をかぶせて、 他の敵の位置をミニマップ上に表示させます。 サイファーは、 罠を用いたデバフと索敵に優れたエージェントです。 アビリティはほとんどがデバフか索敵用なので、攻撃面は素の銃撃スキルと味方に頼るしかありません。 相手からしたら かなり嫌らしいエージェントと言えるでしょう。 中級者向けエージェントだと思います。 「 フラッシュポイント」は、壁の向こうにいる敵に、 壁越しにスタン効果を与えます。 「 フォールトライン」は、広範囲に震動を発生させ、 範囲内にいる敵にスタン効果を与えます。 「 ローリングサンダー」は、広範囲に衝撃波を発生させ、 範囲内にいる敵をノックバックさせてスタン効果を与えます。 ブリーチは、 兵器を用いた攻撃とデバフに優れたエージェントです。 アビリティのほとんどは壁を貫通して壁越しに効果を与えることが可能なので、相手を慌てさせることができます。 若干 見た目含めて キャラは ブリムストーンと似ていますね。 ブリムストーンと比べると攻撃面は若干乏しいですが、スタン効果による援護や撹乱には優れています。 中級者向けエージェントだと思います。 敵に到達すると爆発してダメージを与えます。 「 ブラストパック」は、表面に付着する ブラストパックを投げて、相手に 爆発・損傷・ノックバックの効果を与えます。 「 ペイントシェル」は、 クラスター手榴弾を発射して、 範囲内の敵にダメージを与えます。 「 ショーストッパー」は、ロケットランチャーを発射して、 広範囲に大ダメージを与えます。 レイズは、 爆発系の武器 アビリティ で敵を殲滅するのに優れたエージェントです。 茶目っ気ある顔をしていますが、結構おっかない武器を持っています。 アビリティも至ってシンプルなので、 誰が使っても使いやすいエージェントと言えるでしょう。 初心者向けエージェントだと思います。 何だって出来るさ!」 — VALORANT VALORANTjp ポカホンタス 名前:レイナ 国籍:メキシコ アビリティ1:リーア アビリティ2:デバウアー シグネチャー・アビリティ:ディスミス アルティメット・アビリティ:エンプレス タイプ:デュエリスト 「 リーア」は、破壊可能な エーテルの眼を構えます。 「 発動」でこの眼を前方に向かって放ち、この眼は短距離を進んで これを見たすべての敵は視界が悪化します。 「 デバウアー」は、 レイナによって倒された敵は、 3秒間持続するソウルオーブを残します。 付近にある ソウルオーブを1つ消費することで、短時間で急速にHPを回復できます。 このスキルによって 100を超過したHPは時間経過とともに減少していきます。 「エンプレス」の発動中はこのスキルが自動的に使用され、また ソウルオーブも消費しなくなります。 「 ディスミス」は、付近に存在する ソウルオーブを1つ消費して、 短時間だけ実体を持たない存在となり 無敵になります。 「エンプレス」の発動中はさらに相手から姿も見えなくなります。 「 エンプレス」は、 狂乱状態となり、 射撃速度と構え、リロードの速度が劇的に向上します。 敵をキルすると効果時間が更に延長されます。 そして デバウアーとディスミスの効果が強化されます。 レイナは、 単騎での攻防に優れたエージェントです。 敵を倒すことで自己回復か無敵 透明 化することができて、アルティメット・アビリティでは短期的に銃撃スキルが底上げされるので、まさに バーサーカーのワンマンアーミーといった感じです。 ただ相手をキルできなければほとんど意味ないので、 着実に相手を銃撃戦でキルできる人が使わないと意味がない為寧ろ弱いです。 上級者向けエージェントだと思います。 — VALORANT VALORANTjp 以上の 11人が、現在 2020年6月時点 で使用可能なキャラクターとなります。 因みにレイナはリリースと同時に解禁された 新キャラです。 11人のうち、 ジェット、セージ、ソーヴァ、フェニックス、ブリムストーンの5人は基本キャラクターとして、 最初から使用することができます。 他の6人に関しては、 解禁条件を満たすことによって解放して使用することができるようになります。 ではその 解禁条件はというと、 最初の2人までは数試合こなすだけで解禁することができます。 キャラを解放する際は コレクション画面に飛び、使用したいエージェントを 採用することで、 試合で使用可能となります。 3人目以降は、解放したいキャラの「 契約書」を アクティブにした状態でマッチをプレイし、 経験値 XP を貯めることでティアが進行していきます。 そして ティアが5に到達することで、アクティブ選択していたキャラが解放されます。 アクティブ選択できるのは1人までなので、1人ずつ解禁していくような形となります。 課金コインを使用してティアを上げることもできるので、 すぐにキャラを使いたい方は課金すると良いでしょう。 基本的には課金する必要なく、全てのエージェントが使用可能になるはずです。 現状はエージェントは11人となっていますが、 今後も アップデートで追加されていくことは間違いないでしょう。 また新キャラが追加されたら、記事にしていきたいと思います。 因みに個人的に現時点でおすすめ エージェントはソーヴァです。 理由は接敵する前に遠距離から索敵したり、壁越しに弓矢でダメージを与えるなど、 比較的 安全な場所から優位に立ち回ることができるからです。 エイムに慣れるまでは、索敵をして味方をサポートする立ち回りをすることで、 チームの勝利に貢献することができます。 エイムに慣れてきたらデュエリスト系のエージェントを使用して、 徐々に前線に出ていくようにするとより上達しやすくなると思います。 最後に参考として、動画も貼っておきます。

次の

Valorant(ヴァロラント)のエージェント(キャラクター)について【VALORANT(ヴァロラント)】

ヴァロラント キャラ

VALORANTのキャラ キャラ エージェント 一覧 6月2日にレイナが実装 6月2日 日本で6月3日 のvalorant開始と同時に、レイナが実装されました。 レイナは無敵や自己回復の能力を持つ前線を張るキャラである可能性が高いです。 VALORANTのキャラのアビリティ紹介 フェニックス PHOENIX フェニックスは、フラッシュやモロトフを使用して、最前線で動きを取るキャラです。 攻撃側では前線で戦況を切り開くことはもちろん、守り側では、設置された後に取り返す能力に長けています。 フェニックスのアビリティ 名前 効果 ブレイズ 視界を遮り、通過する人にダメージを与える カーブボール 角を曲がるフラッシュを投げる モロトフ 火炎瓶を投げる、振れた敵にAOEダメージ ランイズバック 使用後に死んだ後、使用した後に生き返る ジェット JETT ジェットは、空中浮遊やダッシュ等を持ち、移動に特化したキャラとなっています。 相手と対面した時は、長けた移動アビリティを使って戦況を覆しましょう。 ジェットのアビリティ 名前 効果 クラウドバースト スモークグレネードを投げる アップドラフト 少しだけ高くジャンプする テイルウィンド 短い距離をダッシュで駆け抜ける ブレードストーム ナイフを投げて攻撃する 一度に1つずつor一気に投げることが可能 キルを取得するとナイフが補充される ヴァイパー Viper バイパーは、毒を操るキャラです。 毒のダメージを与えることはもちろん、毒を使用して有利な撃ち合いを作ったり、動きを封じたりすることが出来ます。 バイパーのアビリティ 名前 効果 スネークバイト 毒水を発射する 毒雲 燃料を使って視界を遮る毒雲を発生させる 毒壁 毒の壁を作る武器を発射する バイパーピット 広い範囲を覆う毒の雲を作成する 敵が赤に映るため索敵が楽になる ソーヴァ SOVA ソーヴァは、安全に索敵を行うことができるサポートキャラです。 機械や弓矢を使って、相手の位置を探り、一人ずつ丁寧に倒すことが可能なキャラとなっています。 ソーヴァのアビリティ 名前 効果 ショットボルト エネルギー弾を発射する フクロウドローン ドローンを使ってマップを索敵する 偵察ボルト 壊されるまで、近くの敵を索敵し続けるソナーを発する ハンターの怒り 大射程の弓矢を3回発射する。 命中した敵はダメージを受けて、かつ視界を取られる サイファー CYPHER サイファーは、設置物を使って相手の位置情報を手に入れることに長けたキャラです。 設置型ということもあり、防御側で使うのがおすすめのキャラとなっています。 サイファーのアビリティ 名前 効果 トラップワイヤー トラップワイヤーを設置する。 敵が素早く通った場合、動きを封じMAPに映る サイバーケージ トラップを設置する。 通過する敵を遅くする or 爆発を起こして視界を遮る事ができる スパイカメラ カメラを設置する 壊されるまでカメラ視点でいつでも敵を確認できる ニューラルチーフ 死んだ敵から情報を盗み 敵の場所を明らかにする ブリムストーン BRIMSTONE ブリムストーンは、マップ指定で煙幕やダメージを出すことができるキャラです。 敵と対面したときに出せる能力は少ないですが、安全な位置からアビリティで有利を作ることができます。 ブリムストーンのアビリティ 名前 効果 焼夷弾 炎を出す焼夷弾を投げる スティムビーコン ビーコンを設置する 近くにいるプレイヤーの動きが早くなる スカイスモーク マップをみて煙幕を指定した2箇所に煙幕を張る オービタルストライク マップをみて指定したエリアを数秒間攻撃する セージ SAGE セージは、VALORANTにおけるサポートキャラです。 味方を回復させることはもちろん、不利な撃ち合い状況の時に、大きな壁を張り戦況をリセットすることもできます。 セージのアビリティ 名前 効果 スローオーブ オーブを放ち当たった地面が氷になる 通過する人が遅くなる バリアオーブ 大きな壁を張る ヒーリングオーブ 数秒で自分か味方を回復させる リザレクション 時間をかけて味方を完全に回復させる オーメン OMEN オーメンは、テレポートを使うことができます。 相手に位置を把握された後でも、テレポートで場所を移動し相手の裏をとりましょう。 オーメンのアビリティ 名前 効果 パラノイア 黒いスモークを直線に発射する シャドウテッドステップ 短い距離をテレポート ダークカバー 視界を遮る闇のオーブを投げる フロムザシャドウ 数秒かけてマップ上の指定した位置にテレポート ブリーチ BREACH ブリーチは、壁を貫通する爆薬やフラッシュを放つことができます。 相手が待ち構えていそうな芋ポジションに撃つのが有効です。 ブリーチのアビリティ 名前 効果 アフターショック 壁を貫通する爆薬を撃つ フラッシュポイント 壁を貫通するフラッシュを撃つ フォルトライン 壁ごしに放ち、敵の照準を混乱させる ローリングサンダー 強力な地震を発生させる。 当たった敵は視界が暗くなり、ノックバックする レイズ RAZE レイズは、爆発物系を使う能力を持っています。 相手に当たれば致命的なダメージを与えることが可能なキャラなので、気になる方は使ってみましょう。 レイズのアビリティ 名前 効果 ペイントシェル グレネードを投げる ブラストパック C4を投げる。 再度押すと爆発する ブームボット 動く機械を設置。 真っすぐ進み、相手が見えたら追尾する ショーストッパー 強力なロケットランチャーを使う レイナ レイナのアビリティ 名前 効果 デバウアー オーブを取って回復する ディスミス オーブを取って無敵状態になる リーア 前方に発射し、相手の視界を曇らす エンプレス 射撃速度とリロード速度が上がる ディスミス使用時に姿が消える VALORANTのおすすめ関連記事 キャラ一覧.

次の

「VALORANT(ヴァロラント)」攻略〜キャラ性能と解放、おすすめキャラ〜

ヴァロラント キャラ

【ヴァロラント】アップデート情報 パッチノート1. 0 エージェントのアップデート セージ ・ヒーリングオーブのクールダウンを35秒から45秒に延長 ・1回あたりの回復量は良いのですが、1ラウンド中に回復できる頻度が高すぎたようです。 ・バリアオーブによる壁の各ブロックの耐久値が1000から800に減少 ・バリアオーブによる壁の持続時間を40秒から30秒に短縮 ・味方のバリアオーブによる壁がミニマップに表示されるように ・以前行われた変更によって、ピストルラウンドや序盤のラウンドにおける「バリアオーブ」へのカウンタープレイの幅は広がりましたが、このアビリティーがどのラウンドでも強い影響力を持っていることに変わりはありません。 そこで、敵の進路を塞ぐ強力な手段として残しつつも、各ラウンドでの使いどころを考える必要が出るように調整しました。 レイズ ・ブラストパックの最大ダメージ半径が2メートルから1メートルに減少 ・「ブラストパック」が強力であることは周知の事実ですが、特に恐ろしいのは連続してヒットしたときです。 最大ダメージが発生する範囲を狭くすることで、このアビリティーの性能を維持しつつ平均ダメージ量を抑えられるよう調整しました。 ジェット ・クラウドバーストによる煙の持続時間を4秒から7秒に延長 ・ダメージトレードを避けることが可能という点において、ジェットは他のエージェントにはない強みを持っています。 一方、チーム全体で見た時の与ダメージへの貢献度は少し低すぎるようなので、煙を活用できる時間を少し伸ばすことにしました。 ・テイルウィンド使用時にサイファーのトラップワイヤーに引っかかった場合、短時間検知されたあと自動で装置を破壊するように ・「テイルウィンド」の強みは、どういった拘束であれ容易に突破できるという点にあります。 今回の変更によって「あえてリスクを冒すことでチームの活動範囲を広げる」という選択肢が生まれ、プレイの幅が少し広がるはずです。 フェニックス ・ブレイズによる炎の壁の持続時間を6秒から8秒に延長 ・持続時間の短さ、そして発動までの長さと射程の短さも相まって、「ブレイズ」で発生させた壁周辺での立ち回りは型にはまりがちで、相手から容易に予測されていました。 持続時間を延ばすことで、このアビリティーを活用できる時間を増やせるよう、少し強化しています。 ・ブレイズによるダメージ:0. 033秒ごとに1 ・ブレイズによる回復:0. 16秒ごとに1 ・上記は今回行っている継続ダメージアビリティーに対する仕様変更の一環です。 それとは別に、時間当たりのダメージ/回復量を「ホットハンド」の半分にしました。 これは主に「ホットハンド」と「ブレイズ」の総回復量を同等(それぞれ50 HP)にするための変更ですが、「ホットハンド」と比較して「ブレイズ」が事実上の"回復"アビリティーとならにようにするためでもあります。 ・ホットハンドによる回復:0. 08秒毎に1 ・今回の継続ダメージに対する仕様変更にあわせて、継続回復のモデルをアップデートしました。 ・カーブボールの最大発光時間を0. 8秒から1. 1秒に延長 ・考えると、このアビリティーの発光時間は短すぎました。 また、前パッチでコストを200クレジットに上げたため、単純にコストに見合った性能にもなっていませんでした。 ・ラン・イット・バックでリスポーンした際、すべての武器が自動でリロードされるように ・この変更は操作感の改善に近いかもしれません。 フェニックスがアルティメットを使用するシチュエーションでは、弾切れになっていることがよくあります。 大事な局面で使われることもあるため、フェニックス使いのプレイヤーからすれば、リスポーン完了までに数秒待って、さらにリロードに時間を費やさなくてはならないのはかなり鬱陶しい仕様でした。 リスポーンに数秒かかることを考えれば、自動リロードは妥当な変更といえるでしょう。 オーメン ・パラノイアは即発射ではなく、先に構えるように。 また、当たり判定(特に至近距離での)を改善 ・受け身な使われ方が多かった「パラノイア」ですが、発動時の仕組みを変えることで積極的な使用による恩恵を受けやすくしました。 敵は発射されたスモークの進路上にいることではなく、スモークが発射されたことを知らせる警告を受け取るようになります。 これなら以前より安定して敵に命中させられるはずです。 ・ダークカヴァー使用時、オーメンは"位相空間"に入るようになり、その間は壁を見通してスモークを設置できるように。 位相空間と通常の照準視点は「リロード」を押すことで切り替え可能に ・特に高低差が絡んでくる状況で、もっと正確にスモークを設置できるようにしたいと考えました。 以前の視点にも切り替えられるようにしているので、多くのオーメン使いのプレイヤーが極めている、至近距離での素早いスモークの設置も可能となっています。 ・シュラウドステップ使用時、テレポート先をマップ上で確認できるように変更。 また、テレポート先の視界が遮られている場合、テレポートしようとしている位置がゲーム画面内にインジケーターとして表示されるように ・特に自身が出したスモークの内側へテレポートする際に、移動先が分かりやすいようにしています。 ・フロム・ザ・シャドウズ使用時、アビリティーキーを再度押せば、「影の姿」になっていてもテレポートをキャンセルできるように。 なお、キャンセルした場合もULTポイントはすべて消費されるように変更 ・アルティメットを使用することで、敵にプレッシャーを与えられるようにするための変更です。 以前は使用中に敵に見つかるとほぼ倒されるしかなく、このアビリティーの使いどころを限定的なものとしていました。 最良のテレポート先を自分で選べるという強みはそのままに、危険であればULTポイントを犠牲にキャンセルできるようにしたことで、このアビリティーの使い勝手や有用性が広がればと思います。 効果音の可視化(音響減衰) ・ミニマップ上に白い円で表示される効果音の対象に、アビリティー、リロード、スパイク設置/解除およびその他のエージェントが出す効果音を追加 ・自分の出した音はいつ敵に聞こえるのか、またその音がどれくらいの距離まで届いているのかをわかりやすくするためのアップデートです。 マップのアップデート 新マップ:アセント ・アセントはイタリアを舞台にしたマップで、開けた中央のエリアを巡って両チームが激しくぶつかり合うようなデザインになっています。 中央エリアは様々なアビリティーを活かせる環境となっており、このエリアを抑えることができれば、アタッカーは両方のスパイク設置地点に繋がるルートを開くことができます ・新マップをプレイできる機会を増やせるよう、最初の数日間はマッチメイキングのローテーションで当たる確率を若干高めにしています スプリット ・中央のチョークポイントの再構築 ・ディフェンダーは大半のラウンドで、中央にある主要なチョークポイントを効果的に抑えることができてしまっていたようなので、レイアウトを新しくすることでこの問題を緩和したいと思います。 空間を広げたほか、アビリティーによって階段が塞がれていても、迂回できるようなルートを追加しました。 この変更に伴い、Bタワーとベントを攻め落としやすい角度も生まれているはずです。 ・駅のメンテナンスチームが、壊れたスピーカーの修理を終えたようです ・とあるカエルの頭が少し暖かくなりました ヘイヴン/バインド/スプリット/アセント ・"エクスプロイト(不正な抜け穴)"を使おうとしたプレイヤーにペナルティを与える、前回ヘイヴンに導入したシステムを他のマップにも導入しました。 これでプレイエリア外に抜け出そうとするプレイヤーを根絶できるはずです ・プレイエリアでのより滑らかな動作を実現するため、水平方向の衝突判定に関して修正を続けています ・"ドローコール"の最適化が完了しました ・カウンタープレイの妨げとなるサイファーのスパイカメラの設置場所についても、引き続き対策を行っています。 問題箇所の特定にご協力くださった皆さん、いつも本当にありがとうございます! コンペティティブモードについて ・コンペティティブモードは正式リリース時点では実装されません ・クローズドベータ期間と同じく「しっかり仕上げた状態で実装するため」というのがその理由ですが、「クローズドベータに参加できなかった新規プレイヤーに、ゲームの基礎を学ぶ時間を与える」ことにも繋がります。 クローズドベータ期間中にいただいたフィードバックを反映したうえで、正式リリースから数パッチ後に実装される予定です パフォーマンスの改善 ・戦闘時のパフォーマンス:戦闘中にフレームレートの低下を引き起こしていた多数の問題を修正。 特にハイエンドPCでプレイしている際に、戦闘中の動きがよりスムーズになるはずです ・衝突時、射撃時、移動時の各種エフェクトのプール機能を追加しました。 この対策によって、これらのエフェクトが発生した際もフレームレートの低下を抑えられるようになります。 ・薬莢を物理演算処理およびサウンド反響処理の対象外にしました。 こちらは暫定的な対応で、今後のパッチでより最適化された対策を適用する予定です。 ・ピンを鳴らした際に毎秒90回の"レイキャスト"が発生してしまう不具合を修正しました。 ・毎試合オプションメニューを開かないとフレームレートが低下してしまう不具合を修正しました。 ・標準~高スペックPC向けのフレームレート改善:試合中全般およびレンダースレッドに対するCPUの処理速度を上昇させました。 GPUは高性能なのにCPUがボトルネックになっていた場合、特に効果が実感できるはずです ・ミニマップを最適化し、エレメント表示の負荷を軽減しました。 ・ミニマップに関する計算処理が、フレームごとに二重で実行されてしまう不具合を修正しました。 ・多数のビジュアルエフェクトのバウンディングボックスを見直し、エフェクト発生時の負荷を軽減しました。 ・レンダースレッド上の変形処理にかかるコストを低減させました。 ・処理速度の遅いコンポーネント上にビルドされていたものを中心に、多数のHUDエレメントに改良を加えました。 ・低~標準スペックPC向けのフレームレート改善:マップのレンダリングを行う際の処理が軽くなるよう改良を追加しました ・全マップにおいて、"ドローコール"の発生回数を低減させました。 ・「ディテール」を「低」または「中」に設定している場合、ゲームプレイに影響を与えないマップのパーティクルが表示されなくなりました。 ・「一人称視点の陰影」の設定に関して、最終的に表示される影に影響を与えない光源については処理を省略するよう最適化を行いました。 ・ガンバディー、スコープおよびサイレンサーに、本来より大きなテクスチャが適用されてしまう不具合を修正しました。 ・キャラクターのビジュアルエフェクトを最適化しました。 ・オーメン:すべてのアビリティー ・セージ:すべてのアビリティー ・ヴァイパー:すべてのアビリティー ・Nvidia Inspectorを利用して、ヴァイパーとフェニックスが設置した壁を透視するエクスプロイトに対策を行いました ・スピーカーの設定項目を追加しました ・「この設定でなにが変わるのか」をわかりやすくするため、グラフィック品質の設定項目にツールチップを追加しました ・GPU Frame Timeの累計に待機時間を含まないよう修正しました その他のアップデート ・敵プレイヤー以外(スパイク、落下ダメージ、味方のアビリティー、自身のアビリティーなど)によってデスした場合は、ULTポイントが溜まらなくなります ・変更の背景:「ピストルラウンドの終了時」や「捨てラウンドの開始時」など、デスしてもエコノミー(クレジット量から見た優位)にあまり影響を与えないタイミングにおいて、「わざと自滅することでULTポイントを溜める」という不健全な戦略を排除するためのものです。 こちらについては今後も監視を続け、さらなる対策が必要かどうかを判断していきます。 ・新規プレイヤーに対して、「VALORANTコミュニティー行動規範」がポップアップで表示されるようになりました ・このコミュニティー行動規範に反する言動を繰り返した場合、テキストチャットおよび音声チャットに制限がかかるようになりました ・この制限は72時間継続します。 ・制限を受けると強制的にログアウトさせられます。 一度深呼吸をして気持ちを落ち着けましょう。 冷静さを取り戻してから、またVALORANTをプレイしてください : ・テキストチャット制限は「全体」および「チーム」が対象で、「パーティー」はそのまま利用可能です。 ・音声チャット制限は「チーム」が対象で、「パーティー」はそのまま利用可能です。 ・行動規範に違反する行為を報告する際のカテゴリーを細分化しました ・エージェント選択からゲーム開始までの間に、遷移画面が表示されるようになりました ・ガンスキンをアップグレードするボタンに、どのアップグレード(例:バリエーション、アニメーションなど)が適用されるかが表示されるようになりました ・「コレクション」および「契約書」画面のビジュアルアップデートを行いました ・Ping計算に調整を加え、正確性を向上させました ・HUDの設定から観戦者数のウィジェットを非表示にできるようになりました ・デスの直後に画面が見えにくくなっていた問題を解消するため、デスカメラにアップデートを加えました ・画面上にビルドのバージョンが表示されるようになりました ・観戦モードに関するアップデート ・観戦者向けに、チームごとの一人称視点フレネルエフェクトを追加しました。 ・HUD上に表示されるアタッカー/ディフェンダーのカラーリングを調整し、一貫性を持たせるようにしました。 ・サイド交代が行われても、HUD上のアタッカー/ディフェンダーの表示位置は変更されないようになりました。 ・プレイヤー切り替えのキーバインドがラウンド間で保持されるようになりました。 ・スコアボードに誤ったスコアが表示されてしまう不具合を修正しました。 ・購入フェーズ開始時にプレイヤーの再接続を待っている状態が発生すると、その間は画面がフリーズしてしまう不具合を修正しました ・ショップアイコンをアップデートしました HUDとUI ・アビリティー、キルフィード、セレモニー(ACEやCLUTCHなど)にビジュアルエフェクトを追加しました ・インベントリー内のスパイクのビジュアルをアップデートしました ・ショップ内のアーマーのアイコンをアップデートしました ・エージェントのポートレートをアップデートしました ・同じピンやボイスコマンドを連打しても1回しか送信されないよう、チャットシステムに制限を設けました 不具合修正:試合中 ・当たり判定の「巻き戻り」現象が発生する不具合を修正しました。 この不具合は、トリガーを引いた際にクライアント側とサーバー側の敵の位置情報にズレが発生してしまうというもので、すべてのプレイヤーに対して発生していましたが、低フレームレートでプレイしている場合に特に大きなズレが発生していました ・進路を左右に振って移動していると、クライアント側で弾道の同期がずれてしまう不具合を修正しました ・この不具合によって、バースト射撃を使用した際にサーバー側とクライアント側の着弾地点にズレが発生していました。 ・ヴァイパーのトキシックスクリーンを使って、超高速のアクロバット飛行が可能になっていた不具合を修正しました ・一度拾ったヴァイパーのポイズンクラウドが、空中で起動可能になっていた不具合を修正しました ・ヴァイパーのスネークバイトの説明文から、スロウ効果に関する記述を削除しました ・サイファーのスパイカメラを操作する際、視線の方向が表示されるようになりました ・前回に引き続き、サイファーのスパイカメラが意図しない場所に設置できていた不具合を修正しました ・ソーヴァの矢が予期せぬ方向へバウンドしてしまう不具合を修正しました ・ソーヴァの矢が壁を貫通して視界確保してしまう不具合を修正しました ・ジェットの骨盤の歪みを矯正し、滑空中に下半身があらぬ方向へ曲がってしまうことはなくなりました ・出血表現が意図せず非表示になる不具合を修正しました ・観戦中にどちらかのチームが全滅した際、観戦者のHUD上ではデスしたプレイヤーがフェニックスとして表示されてしまう不具合を修正しました ・観戦中、サイファーがスパイカメラへ視点を移した後、あるいは視点をサイファー自身に戻した後に、観戦カメラをサイファーへ切り替えると、サイファーの弾道が正しく表示されなくなる不具合を修正しました ・サイド交代時にチーム全員が接続を切って降参すると、敗北ではなく勝利として記録されてしまう不具合を修正しました ・「バッキー」の右クリックが地形を貫通していた不具合を修正しました ・プレイヤーの頭上に表示されるコミュニケーションホイールに関する不具合を修正し、パーティーチャットおよびチームチャットで利用可能になりました ・サイド交代時に獲得できる800クレジットが、HUD上では実際よりも遥かに多く表示されてしまう不具合を修正しました ・スコアボード上で、敵チームが上限以上のクレジットを保有しているように表示されてしまう不具合を修正しました ・蘇生またはリスポーン後に操作精度が著しく低下してしまう不具合を修正しました ・オーブやスパイクといった操作可能オブジェクトのグラフィックが干渉を起こしていた不具合を修正しました ・味方のロードアウトが、ダメージを受けていないにも関わらすダメージを受けているかのように表示されてしまう不具合を修正しました ・HUDのキーバインドに1文字以上のキーを設定していると、正常に動作しない不具合を修正しました ・購入フェーズのアナウンスにおいて、アーマリーを開くキーが別のキーに設定されていても、「Bキーでアーマリーを表示」という指示が出してしまう不具合を修正しました ・「再接続」のメッセージが毎ラウンド表示されてしまう不具合を修正しました ・観戦中、購入フェーズのアナウンスとテキストが重なって表示されてしまう不具合を修正しました ・観戦中、一部のアビリティーがミニマップに表示されない不具合を修正しました ・通知が制限されている場合でも、大マップでは通知ホイールがグレーアウトされない不具合を修正しました ・武器を購入すると、アーマリー内で武器の詳細が表示されない不具合を修正しました ・アビリティーを使用すると「最後に装備した武器を装備」のホットキーが正しく動作しなくなる不具合を修正しました ・Ping値が高いことを知らせる「不安定性インジケーター」が観戦ウィジェットと重なって表示されてしまう不具合を修正しました ・バトルレポートの表示がはみ出していたり、重なったりしてしまう不具合を修正しました ・デス時のキャラクターモデルが明滅して表示されてしまう不具合を修正しました ・観戦中にプレイヤーが「オーディン」でエイムした際に発生するアニメーションの不具合を修正しました ・特定の場所においてマウスカーソルが明滅してしまう不具合を修正しました ・契約書に関するメッセージが繰り返し表示されてしまう不具合を修正しました ・「コレクション」タブをクリックすると「アーセナル」画面の半分が暗くなってしまう不具合を修正しました ・ストアのおすすめ商品(フィーチャー)がフェードインで表示される際に点滅してしまう不具合を修正しました ・キューの途中で退出すると、多数のメニューがロビー画面と重なって表示されてしまう不具合を修正しました 不具合修正:ゲームクライアント ・設定メニューにおけるビジュアル上の不具合を修正しました ・ウィンドウモードにおいて、ウィンドウの位置が正しく記録されない不具合を修正しました 既知の不具合 ・極まれなケースではありますが、受信時のパケットロスが大量に発生している場合、実際は立っている敵プレイヤーがしゃがんでいる(またはその逆)ように表示されてしまうことがあります。 これは「このプレイヤーがしゃがみ状態を解除した」というサーバーからの情報を受け取れなかったために発生するもので、できる限り早く修正できるよう作業を進めています ・また、着弾時のビジュアルエフェクト(特に火花表現のエフェクト)についても改善を予定しています。 皆さんのプレイ動画を観ている中で、ビジュアルエフェクトが原因で肩へのヒットがヘッドショットのように見えてしまい、当たり判定がズレているように感じられるケースが多くあることに気が付いたためです。 プレイヤーの画面にエフェクトが表示されるのはその座標をサーバーから受け取った後になるため、わずかにズレて見えることがあり、例えば撃たれた方がしゃがんだり移動したりして頭部がエフェクトの描写地点と重なってしまった場合などに特に問題となります ・また、火花のエフェクトに関しては、血のエフェクトと比べて当たり判定の正確な位置を判別しにくいという問題があります• All Rights Reserved. 当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属する。

次の