バレンタイン ジャンボ 宝くじ 2020。 東京2020協賛ジャンボ・宝くじ買うならいつ!?狙えば当たる!天赦日と一粒万倍日

当せん番号案内(ジャンボ等)

バレンタイン ジャンボ 宝くじ 2020

ジャンボ宝くじと呼ばれるものは、現在、年5回発売されています。 4月ごろにはドリームジャンボ、7月ごろにはサマージャンボ、10月ごろにはハロウィンジャンボ、11月ごろには年末ジャンボ、そして2~3月ごろに発売・抽せんが行われているのがバレンタインジャンボ宝くじです。 バレンタインジャンボミニも同時に発売されます。 それぞれ当せん金額や本数が異なるので、ジャンボ宝くじを購入する前に特徴を知っておきましょう。 ここではバレンタインジャンボとバレンタインジャンボミニについて、簡単に違いを確認します。 2019年の場合、どのくじも1月30日(水)から全国で同時に発売が始まりました。 2月22日(金)まで販売され、3月5日(火)に抽せんが行われるというスケジュールでした。 両方とも価格は1枚300円です。 2つのくじの最も違う点は賞金。 バレンタインジャンボは1等賞金が2億円、前後賞の5,000万円を合わせると3億円になります。 一方のバレンタインジャンボミニでは1等賞金が2,000万円、前後賞の500万円を合わせると3,000万円です。 ちなみに宝くじの種類は3つ。 「開封くじ」、「スクラッチ」、「数字選択式宝くじ」です。 購入した券に組と番号が印刷されているのが開封くじ。 ジャンボ宝くじもここに含まれます。 隠された数字をコインなどで削るのがスクラッチ。 そしてナンバーズやロトなど、自分で好きな数字を選べるのが数字選択式宝くじです。 1等の本数が12ユニットで12本ということは、1ユニット当たり1本。 つまり、1,000万枚に1枚が1等ということです。 宝くじの基本情報を見るときは、当せん本数が何ユニットあたりの数字なのか確認する必要があります。 なお、1等が1,000万枚に1枚ということから、当せん確率が1,000万分の1ということも分かります。 20,000円が当たるバレンタイン賞は12ユニットあたり6万本。 1ユニットでは5,000本となり、当せん確率は1,000万分の5,000つまり、2,000分の1という確率となります。 バレンタインジャンボ宝くじの当せん番号は、みずほ銀行の当せん番号案内など、インターネット上で確認できます。 1等の場合、組と番号という2つの数字が表示されています。 宝くじの右側にも、組と番号が記載されてので、一致しているか調べましょう。 各組共通とあれば、組は関係ありません。 番号が一致すれば当たりです。 バレンタイン賞やバレンタインミニ賞は、下4桁。 組に関係なく、番号の下4桁が一致していれば当たりです。 バレンタインミニ賞の当せん数字は1通りですが、バレンタイン賞は5通りあります。 当せんした場合は換金することになります。 2019年のバレンタインジャンボ宝くじの場合、支払期間は2019年3月11日~2020年3月10日の1年間でした。 バレンタインジャンボ宝くじとバレンタインジャンボミニでは、当せん金額や本数に大きな違いがありますが、2等賞金はどちらも500万円。 年率3%の複利で、毎月3万5,780円積み立てると10年で貯まる金額です。 このように当せん金額と同じ金額を貯めるにはどうすればいいのか計算してみるのも、マネー知識の勉強になります。 なら24時間いつでもくじを購入でき、さらにポイントも貯まるので大変お得です。 気になったことはぜひチェックしてみてください。

次の

2020年(令和2年)ジャンボ宝くじの購入に縁起のいい吉日は?|大安吉日カレンダードットコム

バレンタイン ジャンボ 宝くじ 2020

抽選日は令和2年3月6日 金 2等までは、ミニとジャンボの抽選会が10時30分〜始まります。 1等抽選会は12時20分〜です。 抽選結果は以下にまとめました。 第827回 東京2020協賛ジャンボ宝くじ 当選番号 1等前後賞合わせて3億円• 1枚:300円• 支払期間:2020年3月11日~2021年3月10日 等級 当せん金 組 番号 1等 2億円 06組 142007番 1等の前後賞 5,000万円 1等の前後の番号 1等の組違い賞 10万円 1等の組違い同番号 2等 500万円 69組 127903番 2等 500万円 39組 169648番 2等 500万円 100組 149490番 2等 500万円 74組 190995番 2等 500万円 46組 168706番 3等 100万円 各組共通 136923番 4等 10万円 下4ケタ 9180番 4等 10万円 下4ケタ 0953番 4等 10万円 下4ケタ 1597番 5等 1万円 下3ケタ 281番 5等 1万円 下3ケタ 755番 6等 2,000円 下2ケタ 18番 7等 300円 下1ケタ 0番 第828回 東京2020協賛ジャンボミニ 1等前後賞合わせて3千万円• 1枚:300円• 支払期間:2020年3月11日~2021年3月10日 等級 当せん金 組 番号 1等 2,000万円 74組 102034番 1等 2,000万円 21組 148435番 1等 2,000万円 84組 171403番 1等 2,000万円 56組 131613番 1等 2,000万円 70組 189374番 1等の前後賞 500万円 1等の前後の番号 2等 100万円 組下1ケタ 1組 199317番 2等 100万円 組下1ケタ 4組 141554番 2等 100万円 組下1ケタ 4組 118476番 2等 100万円 組下1ケタ 2組 141803番 2等 100万円 組下1ケタ 2組 121692番 3等 10万円 下4ケタ 6519番 3等 10万円 下4ケタ 8352番 3等 10万円 下4ケタ 1657番 3等 10万円 下4ケタ 8784番 4等 1万円 下3ケタ 185番 4等 1万円 下3ケタ 906番 5等 3,000円 下2ケタ 52番 6等 300円 下1ケタ 7番 東京2020賞 3万円 下4ケタ 5905番 当選された方おめでとうございます🎯 東京2020大会協賛くじ 全国共通 当選番号一覧 2020年東京オリンピック大会協賛宝くじ 1枚200円で1等は前後賞合わせて1億5千万円 とてもおすすめの宝くじです。 10万円の当選数は昨年の2倍もありますよ。 第760回 東京2020大会協賛くじ 当選番号 抽せん日:2018年9月13日 支払期間:2018年9月18日から2019年9月17日まで 等級 当せん金額 組 番号 1等 1億円 43組 195529番 1等の前後賞 5000万円 1等の前後の番号 2等 1000万円 90組 178293番 2等 1000万円 88組 143656番 2等 1000万円 66組 131326番 2等 1000万円 100組 145157番 2等 1000万円 18組 110303番 3等 100万円 各組共通 135185番 4等 10万円 下4ケタ 7731番 5等 1万円 下3ケタ 382番 6等 2000円 下2ケタ 48番 7等 200円 下1ケタ 8番 はずれ券は捨てないで!

次の

2020年度ジャンボ宝くじ当選番号

バレンタイン ジャンボ 宝くじ 2020

2020年はバレンタインジャンボ改め、「東京2020協賛ジャンボ宝くじ 第827回 」となり発売されることが決定しました。 オリンピックイヤーという事で東京2020の名前が入ってきましたね! そして今年は• 東京2020協賛ジャンボ宝くじ 第827回• 東京2020協賛ジャンボミニ 第828回 この2種類の発売がありますが、名前が変わって1等賞金や当選確率がどうなるのか気になりますよね。 ちなみに2019年のバレンタインジャンボは、「1等2億円、前後賞5000万円の合計3億円」という宝くじでした。 今回は東京2020協賛ジャンボ宝くじの1等や前後賞、組違い賞を始め、各賞の当選確率や賞金額、本数などを期待値、還元率と一緒に詳しくまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください。 東京2020協賛ジャンボ宝くじの1等賞金額は 1等2億円、前後賞5000万円の合計3億円 と発表されました! これは昨年のバレンタインジャンボと同じ賞金額で、2018年から同じです。 そして今年は1ユニット1000万枚で10ユニットの発売があります。 *1等前後賞とは「組が同じで、下一桁の数字がその前後の番号の宝くじ」なので、例えばこの宝くじ「76組 192977」が1等に当選しているとすると• 前賞:76組 192976• 後賞:76組 192978 この2枚になります。 もし、この3枚がすべてあなたの手の中にあれば、1等と前後賞すべて手にすることができるんです。 スポンサードリンク 東京2020協賛ジャンボとミニの当たりやすさの違い 東京2020協賛ジャンボはミニとの2種類が発売されますが、「どっちが当たりやすいか?」 1等の当たりやすさは東京2020協賛ジャンボミニの方ですが、1等賞金は2億円と2000万円の差があるので、どっちが良いかは人それぞれです。 億を狙うなら東京2020協賛ジャンボですし、2000万円でも十分ならミニがオススメです。 でも、1等以外の1万円や10万円を狙うのであれば、当たりやすさも変わってきます。 では、1等以外を比較してみるとどうなるのか、一覧表にしてまとめてみました。 東京2020協賛ジャンボとミニの当選確率と賞金額の比較 東京2020協賛ジャンボとミニを一覧表にまとめたので比較していきましょう。 実際に、日本一有名で販売数がトップの「西銀座チャンスセンター」では平成元年~平成29年まで29年連続で年末ジャンボ1等当選者が出ているんです。 ですので、1等や2等の当選確率を上げるためには、• 「高額当選がよく出ている有名な宝くじ売り場」• 「順番待ちが出るような人気の店」 こういう場所で買うことをオススメします。 (*1万円や10万円を狙うのなら別にどこでも構わないと思います。 ) そういう意味で言えば、宝くじ公式サイトのネット購入もオススメです。 スポンサードリンク 東京2020協賛ジャンボの期待値と還元率は? 東京2020協賛ジャンボの期待値と還元率を計算してみました。 まず期待値の計算は、すべての等級での賞金額と本数をかけ合わせます。 4783 つまり 還元率は約47. 8%となっています。 ですので、 期待値は143円となり少し低い値となっています。 バラと連番で当選確率が変わるの? ジャンボ宝くじを購入するとき 「バラ」と「連番」の買い方がありますが、 連番:組数が同じで番号が一続き。 バラ:組も番号もバラバラ。 この2種類の買い方の違いで、当選確率に違いがあって『バラの方が1等or前後賞に当たりやすい』と考えられています。 どういうことなのか説明すると、まず東京2020協賛ジャンボやミニには 1等と前後賞があります。 これを分けてみていくと• 後賞 というように、1等の1つ前か1つ後ろの番号が前後賞となるわけです。 高額当選金をゲットするには「1等・前賞・後賞」の3つの賞のどれかに当選する必要がありますが、バラ10枚の購入の場合、1枚の持つ可能性は「1等・前賞・後賞」の3通りありますよね。 ですので、バラバラの宝くじが10枚あるので合計30通りになります。 一方、連番の場合は続き数字であるため、当選のパターンとしては• 1人が独占するか、2セットにまたがるかのどちらかですね。 連番で1枚の持つ可能性として1等当選は10通りありますが、その中で前賞・後賞のどちらかしか獲得できないのは2通りです。 つまり連番の購入では、1等もしくは前後賞の当選は12通りあります。 5となり バラの方が2. 5倍当たりやすいと言う比較になります。 そんな面倒で時間のかかる西銀座チャンスセンターでの購入、そして買った宝くじを家まで郵送してくれる 『宝くじ購入代行サービス』 というものがあるんです。 もしあなたも「西銀座チャンスセンター」で一度は買ってみたかったけど、いろんな理由であきらめていた方は、こちらのページをぜひ一度ご覧になって下さい。 あとがき 東京2020協賛ジャンボの他にも「東京2020協賛ジャンボミニ」も同時発売が決定しています。 ミニは1等賞金2000万円ですが、 ジャンボに比べ5倍当たりやすくなっています。 どっちがオススメなのかは賞金額で決めればいいと思います。 1000万円という大台を当てたいのであればミニの方が近いですね。 今年の東京2020協賛ジャンボは昨年と比べてもあまり変化はないので、少し面白みは薄いです。 1~10万円が当たりやすくなっているので、小当たり狙いの方が良いのかもしれませんね。 結論として• 億万長者を狙うならジャンボ• 1000万円以上を狙うならミニ• 小当たり狙いならミニも視野に このように分けて考えると狙いやすいと思います。 まずは当てたい賞金額を決めて、狙う宝くじを購入しましょうね。

次の