妊娠 超 初期 お腹 痛い。 妊娠超初期についてですが、生理がそろそろ来るかな~って下...

これ大丈夫?妊娠初期にお腹痛い!下痢・便秘だけじゃない原因は?

妊娠 超 初期 お腹 痛い

もくじ• 腹痛・下腹部痛 妊娠するとhCG ヒト絨毛性ゴナドトロピン と呼ばれるホルモンが分泌されるようになり、エストロゲン・プロゲステロンという妊娠に関係する女性ホルモンのバランスも大きく変化します。 これらのホルモンには妊娠を維持する働きがあり、妊娠超初期の頃は 「血管を拡張してお腹周りに血液を集め始める」「子宮の柔軟性や伸縮性を高める」のような作用をします。 それが原因で、お腹に違和感を感じたり、腹痛を引き起こしたりするようです。 他にも、着床時の痛み 着床痛 であったり、便秘や下痢になってお腹が痛くなったりもします。 「下腹部がチクチクする」「子宮がキューっと痛む」といった表現をされる方が多いです。 腹痛・下腹部痛の体験談 子宮のあたりのチクチクした痛みと軽い張りでした。 殆ど普段どおりの生理が来る直前のようなお腹の重さがあったので、生理がすぐ来るのだろうと思っていましたが、いつまでたっても始まらなかったと言う感じです。 出典 : 下腹部にシクシクするような痛みが常にありました。 出典 : 不意に下腹部がチクチクしたり、おりものが増えたように思う。 妊娠超初期には卵巣ホルモンの一種『リラキシン』が分泌されるようになります。 このリラキシンには関節を緩める役割があるのですが、そのために腰への負担が増えてしまうために腰痛を引き起こすようです。 また、『血行不良』『子宮の収縮』によって腰痛になる場合もあります。 腰痛の体験談 腰が痛いようなだるいような何とも言えない気持ち悪さ。 出典 : 私は座った姿勢で仕事をしていたせいか腰痛に悩まされました。 横になることもできず、仕事をしているときはつらかったです。 出典 : 腰痛がひどくなる前に、骨盤ベルトのことを知っておきたかったです。 妊娠初期から使うといいことを、痛み出した中期に知りました。 妊娠すると女性ホルモンが増加し、子宮内の運動が活発になることで、おりものの分泌量が増えるのが一般的です。 ただ、人によっては量が変わらなかったり、逆に減ったりする方もいます。 また、臭いや色の違いを感じる方も多いです。 いつものおりものと変化があるのが共通する特徴のようです。 おりものの変化の体験談 おりものがいつもより茶色っぽくなっていた。 出典 : 生理前との違いといえば、おりものの臭いかな。 生理前のおりものは私的にはデンプンのような臭いで妊娠した時はあまり臭いを感じませんでした。 出典 : いつもの生理前より量が多かった。 出典 : 匂いがすくなくサラサラしているように感じた。 ・血管を拡張する働きがあり、乳房の血管も拡張されること。 ・母乳生成にむけて乳腺・乳管の発達を促進する作用があること。 こういった作用によって胸の張りがおこります。 妊娠後期になると胸が大きくなりパンパンに張ってくるので、マタニティブラを使用するママが多いです。 胸が張ったママの体験談 ブラジャーがきつくなる位胸が張って、乳首が立って敏感になりました。 出典 : いつもの生理前の胸の張りだけでなく、乳首の強烈な痛みがあり、着床したであろう日から1週間のうちに「妊娠した」と確信しました。 出典 : 胸の外側が張って、触れると少し痛みがありました。 出典 : 胸がすごく張り始めて、乳首が痛くなったのが印象に残ってます。 ブラジャーが擦れただけで痛くて、パット入りのブラジャーは使わないようにしていました。 出典 : 眠気がすごい 妊娠超初期症状の一つとして、眠気もあります。 十分な睡眠をとっていても眠かったり、立っていられないほどの眠気を感じる方もいます。 これは、女性ホルモンの1つプロゲステロン 黄体ホルモン の分泌量が増えるためとか、ホルモンの大きな変化に身体がついていけないために起こる症状と言われています。 眠気の体験談 寝ても寝ても寝たりない感じで、やる気がでませんでした。 出典 : かにいつもは昼寝なんかしないのに、休日昼間に爆睡していました。 出典 : 出血する 妊娠超初期症状として出血したという体験をした女性も多いです。 出血とはいっても生理のように血がドバっと出るわけではなく、少量の血が出たり、おりものに混じって出るケースが多いようです。 「茶色やピンク色のおりもの」というような感じです。 出血の体験談 着床出血はネットではよく見かけるのですが、わたしはなかったですし、周りでも聞いたことがありません。 出典 : 薄い血が一度だけ着いた時がありました。 出典 : 1回だけでしたが、それなりの量の鮮血の出血がありました。 出典 : 生理予定日のちょうど1週間前に、薄い茶ピンクの出血がありました。 量は多いときのおりものくらいでした。 乳首が敏感になる原因は黄体ホルモン プロゲステロン。 妊娠初期にはたくさん分泌されるので、乳首の痛みやかゆみなどがより強く感じられるようです。 乳首が敏感になった体験談 ブラジャーがきつくなる位胸が張って、乳首が立って敏感になりました。 出典 : 乳首がかゆくて、ヒリヒリチクチク。 出典 : いつもの生理とは違う乳首の痛みだったことが記録に残っています。 下着に擦れるだけで痛いレベルでした。 出典 : 吐き気がする 妊娠超初期に吐き気を感じる女性も多くみられました。 吐き気の原因として、体内のホルモンバランスが急激に変化する事があげられます。 妊娠して胎盤が形成されるときに、hCG ヒト絨毛性ゴナドトロピン が一気に増加するのですが、そのホルモンの作用によって吐き気が起こると考えられています。 吐き気の体験談 匂いに敏感になる 匂いに敏感になることも、妊娠超初期症状の兆候の1つとして有名です。 匂いに敏感になるのは身体の防衛反応が働くためです。 生肉・アロマ・お酒など、お腹の子に良くない影響をおよぼす匂いを敏感にキャッチしているんですね。 どんな匂いに敏感になるのかは、人によって違いがあるようです。 匂いに敏感になった体験談 生理予定日の3日前くらいから、臭いに敏感になり職場の血液や薬品の臭いがツラいなと思っていました。 出典 : スーパの生肉コーナーのにおいがたまらなくいや。 出典 : 仕事中ゴミ捨て場に行ったとき、歩けなくなるくらいの気持ち悪さ&吐き気があり、その時初めて「もしかして妊娠かな?」と妊娠初期症状を毎日のように調べてました。 出典 : タバコを吸っていたのですが、生理予定日3日前位からタバコの匂いが駄目になり吸えなくなりました。 足の付け根の痛みもホルモンバランスの乱れが原因。 妊娠すると「リラキシン」というホルモンが分泌されます。 お産に向けて筋肉や靭帯を和らげる作用があるのですが、もともと骨盤が緩い女性の場合はさらに緩んでしまうために、足の付け根の痛みにつながるようです。 脚の付け根が痛くなった体験談 足のつけ根がチクチク痛みました。 出典 : 股関節と骨盤がグラグラするような感じで歩いたり姿勢を変える時緊張しました。 出典 : 感覚でいうと、わたしは思春期の成長痛のような、じんわりとした痛みを感じました。 歩いているとわかりづらいけど、寝ているときに違和感がありました。 出典 : 足の付け根が引っ張られるように、キューッとした痛みが出るようになって、辛い時にはすり足で歩いてました。 出典 : 寝汗をかく 普段そんなに汗をかかないのに、すごい寝汗をかくようになったという妊娠超初期症状も多数ありました。 妊娠するとプロゲストロンというホルモンが増加し、その影響で寝汗をかきやすくなるそうです。 ホルモンバランスが崩れて自律神経が乱れるため、とも言われています。 また、単純に高温期で体温が高い状態になるために、汗が出やすくなります。 寝汗の体験談 毎日寝汗をかいていました。 寝汗をかくことはほとんどなかったのでおかしいなぁ、と思っていたら、できました。 出典 : 朝すごい量の寝汗をかいていて驚きました。 普段そんなに汗はかかないほうですが、汗でパジャマがぐしょぐしょになるくらい濡れて、起きてしまうほどでした。 出典 : 目眩 めまい がする 妊娠超初期症状として、目眩 めまい があったという体験談もよく見かけることができました。 目眩 めまい の原因としては、妊娠すると骨盤周りに血液が集まるので、脳への血液供給が減るために酸素不足になるからだとか、ホルモンバランスの急激な変化によって自律神経が乱れるためだとか、色んな説があります。 中には「立ってられないくらい」「船に乗っているような感覚」というほどの症状の方もいました。 目眩 めまい の体験談 突然の激しい動悸と目眩が、仕事をしていると襲ってくるなんてことが度々あった。 出典 : 生理予定日の少し前、だんだん気持ち悪くなり、めまいがしました。 これまで感じたことのない感覚で、その後車に乗ったとたんに、普段まったく平気だったのですが、激しく車酔いをしました。 出典 : 頻尿、トイレが近くなる 妊娠超初期症状の1つに頻尿もありました。 妊娠すると血液や体内の水分の循環がよくなるので、腎臓の機能が活発化されます。 腎臓には老廃物を排出しようとする働きがありますから、おしっこの量も妊娠前よりも増えるのです。 また、妊娠継続のために必要な女性ホルモンであるプロゲステロン 黄体ホルモン には、子宮や膀胱などの筋肉を緩める働きもあるため、それが原因で頻尿になることも考えられます。 頻尿、トイレが近くなった体験談 かなり頻尿になり1時間に1度はトイレに行っていました。 職場の人に異常だよと、心配もされ申し訳なかったです。 頻尿は妊娠初期よりも、妊娠後期の方が大変でした。 出典 : 夜中や朝方に尿意で目が覚める。 出典 : トイレに行く回数がかなり増えました。 出典 : 怠い・だるい 生理前は多くの女性が眠気やだるさを感じるようですが、妊娠するといつも以上の倦怠感を感じるようです。 ホルモンの影響であったり…、また、お腹の中の赤ちゃんを成長させるためにママが寝てくれるように、身体が眠気やだるさを感じさせる、とも言われています。 だるさを感じた体験談 だるい、重い、動きたくない感じ。 出典 : 下の子を妊娠した時は、ダルさと微熱があったのでもしかしてと思って検査薬を使ったら陽性でした。 出典 : 妙な眠気とだるさに仕事もろくに手につかず、おかしいなと感じていました。 後で、検査薬で陽性と出てはじめてこれが超妊娠初期症状と分かりました。 出典 : イライラする 普段気にならないようなことにイライラする、といった妊娠超初期症状も多かったです。 妊娠すると身体の変化だけでなく、精神状態にもさまざまな影響を及ぼすようです。 妊娠初期に急激に増加する黄体ホルモン『プロゲステロン』が最大の原因で、このホルモンは妊婦さんの身体だけではなく精神的にも不安定にさせるようです。 このイライラはつわりの一種とされています。 イライラの体験談 倦怠感はあったものの、なぜかいつもの生理前ほどイライラはしていなかったのです。 出典 : 妊娠初期からのつわりの時期はイライラすることが多かったです。 出典 : 唾液が増える 事例は少ないですが、妊娠超初期症状として唾液が増えるといった症状もありました。 自律神経の乱れが原因で、ストレスホルモンと呼ばれる副腎皮質ホルモンが刺激されて唾液が増えるそうです。 人によっては、飲み込むことはできない量の唾液が出るために、数分おきに洗面所に出しにいくなんてケースもあります。 唾液が増えた体験談 生理予定日前から突然よだれが多くなり困りました。 結局それはよだれづわりというもので、その後つわりがなくなるまでタオルが必需品でした。 出典 : 唾液多くてすぐツバがたまるので、調べたら、それも初期症状にあると書いてあり、期待していたら妊娠でした 出典 : お酒が飲めなくなる・タバコが吸えなくなる 妊娠超初期症状の1つとして、「今までお酒が好きだったけど飲めなくなった」「喫煙者だったけど吸えなくなった」というものも多くあります。 理由は「美味しく感じなくなった」「お酒やタバコの匂いがダメになった」とかいろいろとありますが、胎児に悪影響を及ぼすアルコール・ニコチンを、身体が受け付けなくなったのでしょう。 お酒が飲めなくなった・タバコが吸えなくなった体験談 毎晩晩酌してたんですが一口飲んでまずい、飲もうとするがうけつけない 出典 : 毎晩缶ビール二本ほど晩酌をしていましたが、一本も飲みきれなくなりました。 出典 : お酒大好き、飲み会大好きだった私は、いつもよく飲んで二次会、3次回までの参加は当たり前でした。 ですが、この日は一杯目のビールが全く美味しく感じずに何かがおかしいと思っていました。 出典 : 元々喫煙者だったのですが、生理がくる5日前から、受け付けなくなり、吸った時は吐き気が生じました。 吐き気によって全く煙草を吸うこと自体、体が拒否しはじめたことが一番初めに感じた変化です。 出典 : 歯が痛い・歯茎が痛くなる 虫歯ではないのに歯が痛くなる・歯茎が痛くなるといった妊娠超初期症状もあります。 これは『妊娠性歯痛』といって、ホルモンバランスが大きく変化することが原因で、神経が過敏に反応してしまうために起こる症状とされています。 歯が痛くなった体験談 歯茎の調子が悪かったり少し血が出たりしました。 出典 : 突然何をした訳でもないのに奥歯が内側から痛みだし、我慢できないほどで慌てて歯医者に駆け込みました。 出典 : ニキビができる 普段できない部分にニキビが出来たり、いつも以上にニキビの数が多かったりといった症状も、妊娠超初期症状の1つとして体験談が多かったです。 妊娠するとホルモンバランスが大きく変化しますが、エストロゲン 卵胞ホルモン とプロゲステロン 黄体ホルモン が過剰に分泌される影響で皮脂の分泌量も増えてしまい、ニキビができやすくなってしまうようです。 ニキビができた体験談 生理前には必ずニキビができるので、いつものことだと頭を悩ませていると、妊娠が判明。 出典 : 普段はあまりできないニキビが小鼻の両サイドに1つずつ、口内炎もできて、おかしいな~と思っていた。 出典 : 普段はあまりニキビなどは出来ない体質だったのですが、妊娠初期に顎と背中に赤く大きなニキビが出来てしまいました。 出典 : 胃痛 妊娠超初期はホルモンバランスの急激な変化によって、自律神経が乱れやすくなります。 自律神経には「交感神経」「副交感神経」がありますが、交感神経が優位のときは胃液の分泌量が減って胃もたれや消化不良を起しやすくなります。 副交感神経が優位のときは胃液の分泌量が増えて胃酸過多となり、胃痛や胸やけを起しやすくなります。 胃痛の体験談 胃酸過多でゲップが出たり胃痛がしたりしました。 出典 : 妊娠の超初期に、胃痛や胸焼けのようなものを感じて、妊娠検査薬を使いました。 出典 : 吐き過ぎによる胃痛がありました。 出典 : 微熱・熱っぽい 妊娠超初期の症状として微熱であったり、熱っぽさを感じる女性も多いです。 これは妊娠するとhCG ヒト絨毛性ゴナドトロピン というホルモンが分泌され、エストロゲン・プロゲステロンというホルモンを作らせます。 この2つのホルモンの働きで体温をずっと高温に保つために、妊娠超初期・妊娠初期には微熱を感じるわけです。 微熱の体験談 ちょっと微熱もあったから風邪初期かと思っていた 出典 : 微熱気味のような熱がある時のような感覚でした。 出典 : 気分が悪くて吐き、熱っぽいなぁと思ってました。 出典 : 妊娠初期は熱っぽく風邪のような体調の悪さが続き、いつも旦那に気遣ってもらってました。 出典 : 胸が大きくなる 胸が張るのと似ていますが、妊娠超初期症状の1つに『胸が大きくなる』といったものがあります。 胸が張るだけではなく、大きさが2カップ分もUPしたという体験談もあります。 ただ、胸が張るのは生理の時もよくある症状ですので、これだけでは『妊娠』と判断するのは難しそうです。 もともとがCだったので、Eカップで足りました。 出典 : 妊娠したときはその張りが異常に痛く感じ、いつもより胸が大きくなったのを目で見て感じました。 出典 : ゲップが出る 妊娠超初期にゲップがたくさん出るという女性もいるようです。 ゲップが出るのは女性ホルモン「プロゲステロン」の影響。 妊娠中にたくさん分泌されるのですが、この「プロゲステロン」は腸の動きを弱める働きがあります。 そのため長い間食べ物が腸に留まることになり、食べ物と一緒に飲み込んだ空気や消化の際に生じたガスが逆流し、ゲップとなって出てくるそうです。 ゲップの体験談 げっぷが止まらず、食事もつらかった。 出典 : 逆流性食道炎のような感じで、げっぷや胸焼けがありました。 出典 : 鼻水が出る 妊娠するとプロゲステロンというホルモンが活発になりますが、自律神経が乱れるといった影響も及ぼします。 自律神経の乱れで鼻粘膜が過敏な状態になり、刺激に反応しやすくなって鼻水が出てしまうのだそうです。 また、妊娠すると母親の身体は通常よりも免疫機能が低下した状態になるため、鼻水が出やすくなるという理由もあります。 鼻水の体験談 鼻水が良く出るようになって鼻炎かな?と思ったのですが、その後風邪症状に。 出典 : 鼻水がひどく、花粉症のようになりました。 出典 : 風邪のひき始めのような感じで、花粉症のようでもありました。 出典 : 酸っぱい すっぱい ものが食べたくなる 妊娠するとすっぱいものが食べたくなる女性が多いようです。 理由としては「妊婦さんのつわり 吐き気 にとって、酸味がある食材が強い味方になってくれるから」「赤ちゃんの骨や身体のために身体が求めるから」「疲れの回復を早めるクエン酸が補えるから」などなど、いろいろと説があるようです。 酸っぱい すっぱい ものが食べたくなった体験談 酸っぱい物はお酢を使った料理などが好きになり、もずくやピクルス寿司酢をひたすら食べていました。 出典 : 柑橘系の物はすごく食べたくなりました。 特にはっさくやオレンジ、ちょっと口が寂しい時はフルーツ味のグミが無性に食べたかったです。 出典 : レモン系の酸っぱいものが初期の頃はすごく食べたくなりました。 出典 : 食の好みが変化する 食の好みが変化するのも妊娠超初期症状の1つとしてよくあります。 妊娠前と妊娠後で食べ物の好みが変わったという体験談はとても多いです。 原因はホルモンバランスの変化で体質が変わったから、というのが有力です。 特定のものしか食べなくなったり、嫌いだったものが好きになったり、いろんなパターンがあります。 食の好みが変化した体験談 普段まったくインスタントラーメンを食べない(半年は食べてなかった)のに、妊娠3週目に3回も食べていました。。 出典 : 前までは、甘いものとかあんまり食べなかったんですけど、よく食べたり飲んだりしてます。 出典 : 生理が始まる3日あたりから、大好きな納豆ご飯が気持ち悪くなっていました。 出典 : いつもはカツや揚げ物が大好物な私も、揚げ物を見るのも嫌でした。 ほかの人が食べている匂いも辛かったです。 出典 : 汗がすごい 妊娠超初期症状として、普段以上に汗をかいたり身体が熱くなることがあるようです。 妊娠すると母乳を作るために乳腺が発達し、乳腺の血液の循環が良くなります。 そうすると体温が下がらなくなり、胸に汗をかきやすくなるようです。 また、妊娠すると基礎体温が上昇するので、基本的に汗をかきやすくなるようです。 汗をよくかいた体験談 普段はめったに汗をかかないのに、急に汗をかくようになった。 ちょっとの気温差で暑いと感じるようになった。 出典 : 夜中に汗をかくようになった。 出典 : 妊娠が分かる前には、いつもは汗をかくってことはないのに、夜中、暑苦しくて汗をかいてました。 出典 : 喉が渇く 妊娠すると母体が栄養や脂肪を蓄えようとするため、その脂肪を燃やすために新陳代謝が活発になり汗をかきやすくなるので、自然と身体が水分を欲するようになります。 また、妊娠すると頻尿になったり、つわりで吐いたり、水分が出やすくなるために喉が乾きやすくなるようです。 そもそも、お腹の赤ちゃんの分まで水分を摂取する必要があるので、ママは基本的に喉が渇きやすくなります。 喉が渇いた体験談 口が渇くというか、のどが渇くというか…。 口の中がネバネバして気持ちが悪かったです。 出典 : やたら喉が乾いた日がありました。 もしかしたら妊娠超初期症状かもしれないと思いましたが、ずっと続いたわけではなかったので、あまり気にしていませんでした。 出典 : 便秘になる 妊娠超初期症状として、便秘になるといった体験談も多数ありました。 妊娠するとホルモンバランスの変化があったり、子宮が大きくなって腸を圧迫するので、それが原因で便秘をひき起こしやすくなります。 交互に便秘と下痢の症状になる方もいらっしゃいました。 便秘の症状に変化があった体験談 いつもは少しゆるめの快便なのですが、便秘ぎみになって辛かったです。 出典 : 便秘気味だったので飲むヨーグルトを妊娠中に良く飲みました。 出典 : 妊娠糖尿病だったので「とうもろこしのお茶」は血糖値が下がり、便秘も改善されて良かったです。 出典 : 口内炎ができる 妊娠超初期には女性ホルモンは大量に分泌されるので、体内のホルモンバランスが崩れて、口内炎が発症するようになるそうです。 ただ、逆に口内炎が出なくなるといった体験談もありました。 口内炎の症状に変化があった体験談 口内炎も口いっぱいにいくつも出来て、痛くて何も食べられなく最悪の体調でした。 出典 : 肌荒れだけでなく、口内炎や湿疹もできた。 出典 : 上の子が気付く とても不思議なことですが、妊娠超初期症状として「上の子がやたら甘えてくるようになった」「股覗きをし始める」など『上の子が気付いているのでは?』といった体験をしている方も複数いました。 大人には見えていなくても、子供には見えているか、何かを感じているのかもしれませんね。 上の子が気づいたという体験談 上の子に「ママ、赤ちゃんいるね」と急に言われて、妊娠検査薬を試したら陽性だった。 出典 : ガス・おならが出る 妊娠超初期症状の1つに、お腹にガスがたまったり、おならが出るといった症状もあります。 ホルモンバランスの急激な変化によって自立神経が乱れ、腸の動きが活発になったり鈍くなったりするためにおならが増えるそうです。 また、妊娠すると便秘にもなりやすく、それがおならにつながるようです。 おならが出るようなった体験談 ガスがたまってお腹がパンパンになりました。 出典 : おならがプープー出ていました(笑) 出典 : 生理の時のお腹の痛みとともに、おならが出るようになりました。 出典 : 情緒不安定になる 妊娠すると女性の身体に大きな変化をもたらしますが、精神状態にも大きな影響を及ぼします。 プロゲステロンというホルモンが大量に分泌されることが原因で、妊娠超初期には情緒不安定になりやすいとのことです。 悲しくなったり・イライラしたり・落ち込んだりと不安定になるようです。 イライラの体験談 2回妊娠したことがありますが、どちらのときもひどく不安感が募って涙ぐむことが多かったです。 出典 : 普段はそこまで気にならない事で、やたらと落ち込む・涙もろくなるなどメンタルが不安定だったと思います。 出典 : 疲れやすくなる 妊娠超初期症状として、以前に比べて疲れやすくなったという体験談も多かったです。 妊娠すると体温は通常より高くなり、エネルギーを消費しやすくなります。 しかし逆に、妊婦の身体は出産に備えてエネルギーを蓄えようとします。 ですので、ちょっとした行動であっても、すぐに疲れを感じるようになるそうです。 疲れやすくなった体験談 生理予定日の1週間前から、急激に体力が落ちたような感覚に。 無気力になり、日中の眠気がひどかったです。 出典 : 仕事が立ち仕事だったので、お昼休憩のあとは疲れのせいで笑顔になんてなれませんでした。 出典 : 食欲が出る 妊娠すると赤ちゃんを成長させるために、普段よりも食欲が増すのは自然なことです。 また、妊娠初期には、食べていないと気持ちが悪くなるという事で、食欲が増す『食べつわり』があります。 つわりと言うと吐くイメージがありますが、食べないダメという症状もあるんですね。 食欲が増した体験談 食べても食べてもお腹がすいて、ごはんのおかわりをしていました。 他にはマックのポテトなどジャンクなものが食べたくて我慢が出来ない程でした。 出典 : 常に感じる、異常なほどの空腹感。 食べても食べて満たされませんでした。 「副乳」は脇の下にあるのですが、妊娠して女性ホルモンの分泌が活発になると乳腺が張るために、副乳が刺激されて脇の下に痛みが出る女性もいるようです。 脇の痛みの体験談 乳首が痛み始め、胸が少し張り脇にも痛みが。 脇の下 副乳? が痛くなる。 立ちくらみする 妊娠超初期の症状として、立ちくらみがするといった体験談もありました。 立ちくらみの原因は妊娠による鉄欠乏性貧血である可能性が高いようです。 妊娠すると赤ちゃんの成長の為に母親の血液量が大きく増えます。 血液は増えますが赤血球などの増加が追いつかないために貧血になりやすいのだそうです。 立ちくらみの体験談 立ちくらみは日常茶飯事なので、妊娠超初期症状とはいえませんでした。 出典 : めったにない立ちくらみがあった 出典 : 喉が痛い 妊娠超初期の症状の1つに、喉に痛みが出るというような風邪と似たような症状もあります。 喉の痛みの体験談 生理予定日数日前から、のどが痛い・鼻水が出るという風邪のような症状がありましたね。 出典 : 妊娠初期は、微熱とひどい喉の痛みが続いてた。 治ったと思ってもすぐまた痛くなってたと思う。 出典 : 喉の痛みがひどいから今回も風邪薬を飲んだんだけど…生理が来ない。 妊娠検査薬を使ったらまさかの陽性。 出典 : 妊娠初期に喉が痛かった時は、のど飴をなめるようにしてたな。 出典 : おわりに 以上、「どんな妊娠超初期症状があるのか?」全42症状を、先輩ママの体験談を含めてご紹介させていただきました。 上記42症状の中で複数の症状に心当たりがあるなら、それはもしかしたら『妊娠のサイン』かもしれません。 ただ1つ注意点があって、あくまで参考程度にして欲しいということ。 人によってそれぞれ症状は異なりますし、中には生理前や風邪の時と似てる症状もあるので『確実に妊娠している!』という判断はできません。 ですので、あくまで妊娠の可能性があるという事で、妊娠検査薬でチェックすることをオススメします。 また、妊娠が確定していた場合、とても大切なことの1つが 「葉酸サプリを飲むこと」です。 なぜなら厚生労働省が 【胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクの低減のため】に妊娠初期の葉酸サプリ摂取を勧めているからです。 赤ちゃんの為に、しっかりと葉酸サプリを飲むようにしましょう。 葉酸についての詳しい情報は次の記事に書きましたので、良かったらご参照下さい。

次の

これ大丈夫?妊娠初期にお腹痛い!下痢・便秘だけじゃない原因は?

妊娠 超 初期 お腹 痛い

妊娠初期に腹部がズキズキ、チクチクする原因とは? 妊娠初期には、お腹の痛みはよくあることと言います。 ですが頻繁に起こったりすれば、呑気に考えているわけにもいきません。 心配なのは「流産かもしれない」事でしょう。 今までとは身体の変化が著しいので慣れるまでは痛みに敏感になっているのです。 [ズキズキ、チクチクする原因1:]子宮が大きくなる事による痛み 妊娠初期には、チクチクした痛みを感じる人が多いのですが、時にはズキズキしたりお腹がつるような痛みが現れます。 痛みの感じかたは各々ですが、我慢できないものではありません。 通常の子宮は卵くらいの大きさですが、受精卵が成長するにつれてこれが変化します。 子宮は筋肉のかたまりですから、成長に合わせて伸びる事でチクチクしたりズキズキしたりと痛みを感じるようになります。 妊娠初期には、卵サイズがげんこつサイズにまで成長するので仕方がないのです。 [ズキズキ、チクチクする原因2:]子宮の周りが引っ張られる為に起きる 子宮が大きくなっていくと、その周辺の内臓や靭帯が同時に引っ張られていきます。 痛みがどこで発するかは、なんとなくでしか分からないのですがお腹全体が引き伸ばされるように痛んだり、生理痛みに似たズキズキ感があると言う人もいるようです。 [ズキズキ、チクチクする原因3:]便秘による痛み 女性に多い便秘は、時にチクチクやズキズキとお腹が痛みます。 子宮と腸は非常に近い位置にある為に、子宮の成長で圧迫を受けてしまいます。 加えて 黄体ホルモンが活発になれば、腸のぜん動運動を弱めてしまいます。 この事が便秘へと繋がり、子宮の痛みと相成りチクチク・ズキズキと感じるようになるのです。 [ズキズキ、チクチクする原因4:]卵巣の腫れによる痛み 特に卵巣に病気がなくても、妊娠初期には卵巣が腫れてしまう事があります。 妊婦検診で問題がなければ、そのままですが腫れが続くようなら卵巣マーカーで調べます。 卵巣が腫れると、左右がチクチクした痛みが起きるようになりますが自然に腫れが治まる人の方が多いので検診時に相談してみましょう。 妊娠初期のチクチクズキズキは着床の痛みの場合も! 生理の予定日である1週間前は着床の時期です。 に受精卵が着床すると、妊娠初期にチクチクやズキズキといった痛みを感じることがあります。 この時期は妊娠超初期にあたり、暫くはお腹が痛むようになりますが1ヶ月程度で治まるようになるので妊娠検査薬で調べてみましょう。 チクチク・ズキズキの痛みは生理痛み?妊娠初期との違いは? 妊娠初期の痛みは、生理痛とよく似ているので区別がつきにくいことがあります。 妊娠初期は、子宮が大きくなるので放射状にお腹がチクチク・ズキズキしやすくなります。 生理痛は内側に向かって痛みがあるので、自分の生理痛がいつもどうなのか?をよく思い出してみましょう。 妊娠初期のチクチク・ズキズキの対処 赤ちゃんの成長の証ですから、自然に治まる事が殆どです。 家事や仕事中に、痛みが現れたら出来るだけ安静にして痛みが治まるのを待ちましょう。 便秘がちであるなら、食物繊維が豊富な食事を食べたり水分をたっぷりと飲むようにしてください。 [妊娠初期のチクチク・ズキズキの対処法1]冷えないようにする 冷えはチクチク・ズキズキを強く感じさせる原因にもなります。 子宮回りの血行を良くしておくことで、痛みを軽くする事もできます。 入浴はゆっくりと、お腹を温めるようにする事や腹巻きで普段から冷えないようにする、足元を温めるなど心掛けましょう。 [妊娠初期のチクチク・ズキズキの対処法1]腸内環境を整える 腸が圧迫されると便秘と下痢を繰り返すようにもなります。 便秘改善だけでなく、腸内環境を整えて痛みが起きないようにする事も大切です。 オリゴ糖サプリを利用したり、食事に加えるのもおすすめです。 妊娠初期のチクチク・ズキズキが我慢できない方はこんな病気の場合も 1日中痛みが続いたり、出血があるような痛みは危険です。 軽く我慢ができるような場合は心配ないのですが、寝ていてもずっと痛いとなるとすぐに病院を受診する必要があります。 子宮外妊娠 通常の妊娠と同じように検査薬でも陽性反応がでるので、妊娠検査に出向かなくては分かりません。 妊娠6週あたりから、お腹がズキズキしたり出血が見られます。 エコー検査で、 胎嚢が確認されるまでは油断ができないので検査薬に反応があったら早めに受診しましょう。 その時に子宮内膜の血管が切れてしまい、出血と共にお腹に痛みが現れる事があります。 妊娠初期に茶色のオリモノや出血があったら要注意です。 子宮内膜症は妊娠すると、 病状は治まりますが卵巣に子宮内膜症が起きていると、チョコレート嚢胞となり卵巣が破裂する危険性があります。 この事が原因で、妊娠初期にチクチク・ズキズキした痛みが起きてしまいますので、適切な治療を受けましょう。 出血がなくても予兆があれば、暫くは安静にして痛みが無くなるかを判断しましょう。 痛みがどんどん強くなり、出血があったり基礎体温が急に低体温になっていたら病院を受診しましょう。 痛みの感じかたは人にもよりますし、実際には何ともなくても痛みを強く感じる人もいます。 チクチク・ズキズキが治まらずに出血があっても流産とは限りませんので、慌てずに落ち着いて行動することが大切です。 妊娠初期のチクチク・ズキズキは慌てない! 赤ちゃんの成長の痛みである事が殆どですから、毎日痛みがあるからと神経質になってしまうとストレスにもなってしまいます。 気持ちを楽にして過ごすことや、自分に出来ることをしっかりとやっていれば赤ちゃんは元気に育っていきます。 妊娠初期は無理をせずに、気持ちも身体もリラックスすること。 そして摂取を忘れないように心掛けましょう。 腹部が常にチクチク・ズキズキしていると、大切な事を忘れがちです。 赤ちゃんが成長している大切な時期こそ、葉酸サプリでしっかりとサポートしましょう。 葉酸にはストレスの解消や冷えの改善など、色んな面でもママに必要な栄養です。 お腹の痛みが治まるものではありませんが、一生懸命に赤ちゃんが大きくなろうとしている時期です。 こんな時こそ、気持ちを落ち着けて赤ちゃんの為に何が出来るかを考えましょう。 リラックスした気分になれば、自然に痛みもなくなっていきます。 気持ちの持ちようで、気楽に妊娠初期を乗りきることもできるのです。 妊娠初期のチクチク・ズキズキ[まとめ] 私も流産を2回経験したので、妊娠初期のチクチク・ズキズキには少し神経質になったこともあります。 大したことがない痛みでも、不安になるなら病院で診察を受けて良いと思います。 問題がないことが分かれば、すくすく育つ赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみに生活もできるもの。 気持ちを軽くする為にも、不安は早くに取り去ってしまうのが一番の方法です。 妊活中・妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意! 赤ちゃんの先天性異常には脳の未発達によるものと脊髄の形成が不完全である障害があります。 特に脳の形成が上手くいかずに成長すると多くの赤ちゃんが死産になってしまいます。 出産しても1週間以内に死亡するケースが多いのです。 葉酸は食事でも摂取されていますが、妊娠すると通常の倍の葉酸を必要とするので半分ぐらいが不足している事になります。 脳の先天性異常は妊娠初期の14週のエコーで発見される事が多く、脊髄の奇形は妊娠中期のエコー及び血液検査で判明します。 先天性異常の原因は、遺伝や妊娠までのママの生活習慣だけでなく「葉酸不足」が考えられます。 特に葉酸を妊活中から摂取する事により、先天性異常リスクに有効であるとされています。 葉酸は赤ちゃんが受精卵から胎児へと成長する為に脳や脊髄の形成にとても大切な働きをしてくれます。 妊娠したい女性はサプリを利用して必要な葉酸量を摂取しまし、先天性異常予防をしていきましょう。

次の

【医師監修】妊娠超初期症状25のチェックリスト!兆候はいつから?(体験談あり)

妊娠 超 初期 お腹 痛い

妊娠初期の生理痛のような腹痛は、早い人だと着床してすぐに感じはじめることがあります。 一般的には1ヶ月ほどでおさまることが多いものですが、腹痛をまったく感じない人もいれば、妊娠中期に入っても腹痛が続く人もいます。 ・下腹部が張っていることによる腹痛 ・お腹から腰にかけての腹痛 ・お腹全体が引っ張られるような腹痛 ・生理痛に似た腹痛 ・きゅっとした軽い腹痛 このような一時的な腹痛は問題のないことが多いようです。 妊娠初期の腹痛は、子宮周りの筋肉の収縮によって起こることがあるため、気にし過ぎなくても問題ないでしょう。 ただし、痛みの感じ方が急に変わったり長時間腹痛が続いたりするときは、早めに受診してください。 妊娠初期に腹痛を感じると、もしかしたら流産の兆候なのではないかと不安に感じるかもしれません。 流産の場合、このような痛みを感じることが多いようです。 ・ぎゅーっと締めつけられるような強い腹痛 ・ズキズキとした下腹部痛 ・強い下腹部痛 こうした腹痛が継続している場合、流産の兆候である可能性があるので、注意が必要です。 下腹部痛がどんどん強くなっていくという場合は、異所性妊娠(子宮外妊娠)の兆候である可能性があります。 受精卵が卵管に着床した場合、放っておくと卵管が破裂し、激しい腹痛とショック症状を引き起こすことが考えられます。 子宮外妊娠は妊婦健診でわかりますが、胎嚢が子宮内に確認できるまでは気を付ける必要があります。 妊娠中は貧血になりやすく、私も検査に引っかかって鉄のサプリメントを飲んでいましたが、この商品なら葉酸に加えてたっぷりの鉄を摂取できるので一石二鳥です。 モノグルタミン酸型の葉酸を配合しているので葉酸の吸収効率も良いですよ。 また、におい軽減のために植物由来の素材でコーティングされています。 つわりで食が進まない方には嬉しいポイントですね。 女性の葉酸摂取が習慣化しているフランスやアメリカで支持を集めている、モノグルタミン酸型の葉酸です。 鉄分や美容成分など、葉酸以外にも女性にとってうれしい成分を豊富に含んでいます。 厳選した国産野菜を原料として使用している点や余分な添加物を使用していない点も特長です。 においを抑えるためにコーティングするなど、飲みやすさにもこだわっています。 1ヶ月からの定期購入も可能なので、気軽に試せる商品ですよ。

次の