ウイイレ アプリ 2020 フェイント。 ウイイレアプリ2020のオンチャレで勝つ方法【レート1000以下】

【徹底解説】フィネスドリブルの操作方法と4パターンの使い方!ウイイレアプリ2020の新ドリブル!

ウイイレ アプリ 2020 フェイント

おすすめの操作方法 初心者にはクラシックがおすすめ 初心者におすすめの操作方法はクラシックです。 クラシックはパス、シュート、ダッシュ、プレスなどの操作方法が 全てボタンで表示されている設定になります。 そのため、タップする場所が決まっており、ゲームコントローラーの様な感覚でプレイすることが可能です。 操作方法が画面に表示されている分、操作がわかりやすいため、新しくウイイレアプリを始めた方は クラシックがおすすめの設定になります。 慣れている方は自分の好きな操作方法を選択 慣れている方は自分の好きな操作タイプに設定するのがおすすめです。 おすすめの操作方法は「クラシック」ですが「アドバンス」から無理に変える必要はありません。 慣れている操作方法があるなら無理に変えずにそのまま続けるほうが良いでしょう。 クラシックとアドバンスの特徴 操作が分かりやすく行動ラグがないクラシック 「クラシック」は画面にパスやシュートのボタンが表示されており、操作が分かりやすく行動までのラグが無いのが特徴の操作方法です。 ボタン一つでパスやシュートを行えるので初心者にも分かりやすく、テンポが早い攻撃を行うことが出来ます。 操作方法が非常に分かりやすいので 始めたばかりの初心者には特におすすめの操作方法です。 操作方法が分かりやすく初心者におすすめ• 操作から行動までのラグがほとんど無い• ボタンがあるせいで画面が見にくい• ボタンを押せていないミスが起きる• 攻守の切り替わりでボタンが勝手に変わるので押し間違いが起きる 画面が広く状況判断がしやすいアドバンス 「アドバンス」は画面にスティックしか無いので画面が広く状況判断がしやすいのが特徴になります。 そのため、敵や味方の位置を把握しやすく、パスがを正確に回すことがです。 しかし、パスやシュートは全て画面タップとフリック操作で行うので、予期せぬ行動をする操作ミスが起きやすくなっています。 また、スルーパスは画面の長押しが、シュートにはダブルタップが必要なので瞬時に行動できずワンテンポ行動が遅れてしまいます。 パスやシュートボタンがないので画面が広く見やすい• 操作ミスは慣れで限りなく少なく出来る• スルーパスやシュートを瞬時に出しにくい• 操作に慣れるまではミスが起きやすい•

次の

【ウイイレアプリ2020】操作方法の変更点

ウイイレ アプリ 2020 フェイント

1 レベマ Lv. 17(レベマ) 総合値 97 100 オフェンスセンス 96 99 ボールコントロール 94 97 ドリブル 92 95 ボールキープ 91 94 グラウンダーパス 86 88 フライパス 83 86 決定力 94 96 ヘディング 94 96 プレースキック 85 88 カーブ 86 88 スピード 91 94 瞬発力 94 96 キック力 97 99 ジャンプ 99 99 フィジカルコンタクト 89 92 ボディコントロール 87 90 スタミナ 87 90 ディフェンスセンス 52 55 ボール奪取 58 61 アグレッシブネス 70 72 逆足頻度 4 4 逆足精度 3 3 コンディション安定度 7 7 怪我耐久 3 3 Lv. 1 レベマ Lv. 19(レベマ) 総合値 93 97 オフェンスセンス 72 75 ボールコントロール 95 98 ドリブル 89 93 ボールキープ 83 86 グラウンダーパス 94 97 フライパス 90 93 決定力 69 72 ヘディング 69 71 プレースキック 95 99 カーブ 90 92 スピード 77 80 瞬発力 78 80 キック力 83 86 ジャンプ 72 75 フィジカルコンタクト 72 75 ボディコントロール 87 91 スタミナ 85 88 ディフェンスセンス 82 85 ボール奪取 80 83 アグレッシブネス 78 81 逆足頻度 3 3 逆足精度 3 3 コンディション安定度 5 5 怪我耐久 2 2 Lv. 1 レベマ Lv. 44(レベマ) 総合値 92 100 オフェンスセンス 72 79 ボールコントロール 81 89 ドリブル 77 84 ボールキープ 79 87 グラウンダーパス 83 90 フライパス 82 90 決定力 68 75 ヘディング 91 97 プレースキック 64 71 カーブ 67 73 スピード 81 88 瞬発力 77 83 キック力 86 94 ジャンプ 93 99 フィジカルコンタクト 91 99 ボディコントロール 74 81 スタミナ 85 93 ディフェンスセンス 95 99 ボール奪取 92 99 アグレッシブネス 85 92 逆足頻度 3 3 逆足精度 3 3 コンディション安定度 6 6 怪我耐久 2 2 Lv. 1 レベマ Lv. 23(レベマ) 総合値 92 97 オフェンスセンス 88 92 ボールコントロール 92 96 ドリブル 91 95 ボールキープ 92 96 グラウンダーパス 87 91 フライパス 84 88 決定力 88 92 ヘディング 68 70 プレースキック 89 93 カーブ 94 96 スピード 83 87 瞬発力 89 91 キック力 88 92 ジャンプ 71 75 フィジカルコンタクト 69 73 ボディコントロール 94 98 スタミナ 82 86 ディフェンスセンス 52 56 ボール奪取 55 59 アグレッシブネス 65 69 逆足頻度 2 2 逆足精度 2 2 コンディション安定度 5 5 怪我耐久 2 2 Lv. 1 レベマ Lv. 21(レベマ) 総合値 91 95 オフェンスセンス 88 92 ボールコントロール 90 93 ドリブル 88 92 ボールキープ 84 87 グラウンダーパス 90 94 フライパス 87 90 決定力 83 87 ヘディング 67 69 プレースキック 72 76 カーブ 76 78 スピード 76 80 瞬発力 78 80 キック力 85 88 ジャンプ 75 79 フィジカルコンタクト 76 79 ボディコントロール 86 90 スタミナ 94 97 ディフェンスセンス 76 79 ボール奪取 79 83 アグレッシブネス 81 85 逆足頻度 2 2 逆足精度 2 2 コンディション安定度 6 6 怪我耐久 2 2 Lv. 1 レベマ Lv. 21(レベマ) 総合値 91 94 オフェンスセンス 80 84 ボールコントロール 89 92 ドリブル 90 94 ボールキープ 89 92 グラウンダーパス 82 86 フライパス 83 86 決定力 75 79 ヘディング 75 77 プレースキック 77 81 カーブ 81 83 スピード 92 96 瞬発力 92 94 キック力 99 91 ジャンプ 90 84 フィジカルコンタクト 70 73 ボディコントロール 85 89 スタミナ 85 88 ディフェンスセンス 68 71 ボール奪取 73 77 アグレッシブネス 85 89 逆足頻度 2 2 逆足精度 3 3 コンディション安定度 5 5 怪我耐久 1 1 Lv. 1 Lv. 21(レベマ) 総合値 91 94 オフェンスセンス 54 58 ボールコントロール 66 69 ドリブル 65 69 ボールキープ 58 61 グラウンダーパス 68 72 フライパス 70 73 決定力 54 58 ヘディング 74 76 プレースキック 64 68 カーブ 62 64 スピード 68 72 瞬発力 68 70 キック力 80 83 ジャンプ 85 89 フィジカルコンタクト 88 91 ボディコントロール 67 71 スタミナ 67 70 ディフェンスセンス 54 57 ボール奪取 57 61 アグレッシブネス 54 58 GKセンス 96 99 キャッチング 94 98 クリアリング 97 99 コラプシング 97 99 ディレクティング 96 99 逆足頻度 2 2 逆足精度 2 2 コンディション安定度 5 5 怪我耐久 2 2 Lv. 1 レベマ Lv. 23(レベマ) 総合値 89 94 オフェンスセンス 80 84 ボールコントロール 84 88 ドリブル 80 84 ボールキープ 81 85 グラウンダーパス 80 84 フライパス 81 85 決定力 70 74 ヘディング 75 77 プレースキック 83 87 カーブ 85 87 スピード 86 90 瞬発力 82 84 キック力 89 93 ジャンプ 79 83 フィジカルコンタクト 81 85 ボディコントロール 75 79 スタミナ 88 92 ディフェンスセンス 77 81 ボール奪取 81 85 アグレッシブネス 80 84 逆足頻度 2 2 逆足精度 3 3 コンディション安定度 5 5 怪我耐久 3 3.

次の

ウイイレアプリ2020攻略Wiki|ゲームエイト

ウイイレ アプリ 2020 フェイント

ここから記事本編です! フェイントやり方・ダブルタッチのやり方 ダブルタッチについて 「ダブルタッチ」って、ドリブルのフェイントの一種です。 ボールを奪いに飛び込んできた相手を抜き去る際に使用する技です。 実際のサッカーでの「ダブルタッチ」は、インサイドでボールを横にタッチしてスライドさせて、すぐに逆足のインサイドでボールを前に繰り出して相手を抜き去るテクニックです。 両足のインサイドを使って相手を抜くという、テクニックですが、上手に抜き去るには、体重移動や、相手との距離感など、練習が必要です。 このゲームでは、 スキルである「ダブルタッチ」を持つ選手にしか出来ないアクションです。 スキルを持たない選手では出来ないので、事前にスキルを確認しておきましょう。 操作方法 アドバンス 操作方法ですが、 操作タイプがアドバンスの場合は、右画面をタップした後にすぐに左画面をワイプすると、発動します。 素早く入力する必要があります。 クラシックタイプの操作よりも簡単に技を出す事が出来ます。 操作方法 クラシック 操作タイプがクラシックの場合は、ダッシュボタンを押した後すぐに移動カーソルをフリックすると、ダブルタッチが出来ます。 こちらも素早い入力が必要になりますが、操作自体は簡単です。 技を出すタイミング 「ダブルタッチ」は、ボールを奪いに来た相手を抜き去る技なので、相手がボールを奪おうと急接近してきたタイミングで行う事で、ボールを奪われずに、横をすり抜ける事が出来ます。 技を出すタイミングは、かなりの至近距離でないと、ボールを奪われてしまいますから、練習が必要になります。 「ダブルタッチ」はトラップをする際にも有効なテクニックです。 「パス」を「ダブルタッチ」でトラップする事で、素早くその場から移動する事が出来ます。 それと、パスの隙を狙ってボールを奪おうとする相手を躱す事も出来ますから、パスの際に意識してみましょう。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。 フェイントのやり方 フェイントは、どの選手でも出来ます。 フェイントは、特定操作の他にも、選手の持つスキルでも可能です・ 操作方法 アドバンスの場合 フェイント 躱したい方向に、左側をフリックする。 キックフェイント 右側をタップして、すぐに左側をフリックする。 操作方法 クラシックの場合 フェイント ドリブル中に、スティックを逆方向にフリック。 キックフェイント シュート後に、スティックを逆方向にフリック。 技を練習したい場合は クラブハウスを選択して、「練習」をタップします。 どちらでも良いので、一方をタップします・ 「操作チュートリアル」を選択すると、次の画面になります。 「フリー練習」を選択すると、次の画面になります。 メニューのどれでも良いから選択します。 画面の右上のアイコンをタップします。 そうすると、こんな画面になります。 ここから、「チュートリアルリスト」を選択します。 そうすると、下のリストがあらわれますので、練習したい項目をタップします。 リストをスライドすると、隠れたメニューが表示されます。 手順が複雑な気もしますが、これで様々な練習が出来ます。 グラフックスも素晴らしく、キャラアニメーションも細かいです。 視線の位置や向いている方向や、利き足なども考慮して、パスやシュートをしないと、上手くいかなかったりしてリアルな動きをします。 それだけ造作が複雑で、細かいですが、やり込み要素のあるゲームです。 操作を覚えて上手くなれば、その分充実感があるので、是非練習して上手くなってください。 操作方法のお薦めは、スマートフォンや、タブレット向けに考えられている、「アドバンス」モードをお薦めします。 「クラシック」だとプレイしにくい場面でも、「アドバンス」なら楽が出来ます。 是非試してみてください。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の