重工とは。 三菱重工、H

医療法人桂名会 重工記念病院

重工とは

2019. 17 2018. 05 2018. 02 弊社が開発した超高強度チタンを『タフチタンK』と命名いたしました。 2018. 16 2018. 18 2018. 01 2017. 02 2017. 14 2017. 25 2017. 12 2017. 09 2016. 01 2016. 13 2016. 01 2016. 07 2015. 01 ST研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)に参画しました。 2015. 15 2014. 23 2014. 22 2013. 10 2013. 25 2013. 25 2013. 24 2012. 18 株式会社TBSテレビ殿と撮影用ヘリコプターを共同開発開始しました。 2012. 26 2011. 28 2011. 21 ISO9001認定を取得しました。 2011. 19 2011. 31 Webサイトをリニューアルしました。 2011. 31 2011.

次の

三菱重工健康保険組合

重工とは

【関連記事】 三菱重工は2022年3月期から始まる3カ年の次期中計の公表を、予定していた21年春から20年秋へと半年前倒しすると決め策定作業に入った。 現行中計の最終年度となる21年3月期はコロナの影響に加え、「スペースジェット(旧MRJ)」の費用がかさんで最終損益はトントンの見込みで、まさに「ゼロ」からのリスタートだ。 現行中計策定時の18年5月時点で21年3月期の純利益は1700億円を見込んでいた。 この2年でもっとも環境が激変したのは航空関連だ。 「航空機の構造体やエンジンを伸長分野と位置付けたが、米ボーイングの減産の影響を受けた。 スペースジェットは初号機納入予定が20年半ばから開発の遅れで21年度以降へ延期となった」。 5月11日のオンライン決算説明会で三菱重工の泉沢清次社長は航空関連事業に吹き付けるダウンバーストの強さを説明した。 スペースジェットは米国での飛行試験が予定より遅れた。 当初の納期からすでに7年たったが7度目の延期もあり得る。 航空機需要が長期で戻らなければ、今後の開発機種を減らす可能性もある。 21年3月期もスペースジェットに関係する事業で業績が悪化する。 カナダ航空機大手ボンバルディアから買収する小型機「CRJ」事業で500億~700億円の減損が生じる。 19年6月に製造部門を除いた保守・サービス事業を5億5000万ドル(約590億円)で買収することで合意し、スペースジェットの保守拠点に活用するつもりだった。 しかしスペースジェットの事業資産の減損に伴って、CRJ事業の資産価値についても引き下げを余儀なくされた格好だ。 CRJはすでにおよそ1900機の販売実績がある一方、最初の機種販売から30年近くたつシリーズで設計が古く、新規販売は期待しにくい。 つまりCRJの代替を含めてスペースジェットが売れなければ、将来的に立派な保守拠点があっても生かしようがない。 その一方でスポットライトを浴びるのは火力発電事業の潜在能力をもう一度引き出す戦略だ。 火力発電を扱う「パワー部門」は利益の6割を生み出す屋台骨だ。 だが、これまでは迷走するスペースジェットに経営資源を注ぎ込まざるを得ず、火力事業への手当てが遅れていた感は否めない。 米ゼネラル・エレクトリック(GE)、独シーメンスとの3強争いの雌雄を決するべく、火力事業を仕切り直すには今が好機と言える。 14年2月に事業統合したものの、南アフリカでの石炭火力発電所の建設費用がかさんだ損失負担を巡り、三菱が日立の工程管理不備を訴えていた。 19年12月に両社は和解。 三菱重工によるMHPSの完全子会社化は新型コロナのため各国の独禁当局の審査が遅れているものの、今年4月には社名を「三菱パワー」に変更すると先んじて発表した。 三菱重工は火力発電事業の強化を急いでいる。 日立製作所との共同出資会社も全額出資に切り替える(写真:三菱日立パワーシステムズ提供) 燃料電池や蓄電池、洋上風車、再生可能エネルギーなどグループ内で協業し、業態をこれまでの火力発電専業から総合エネルギーカンパニーへと広げる。 これまでは三菱、日立の親会社とそれぞれ重複する事業が多く、MHPSはどちらとも連携しづらい部分があったようだ。 火力発電そのものでも「脱炭素」という商機が眠る。 気候変動を防ぐための環境規制を受けて石炭火力には逆風が吹くが、天然ガスやLNGのガス火力は石炭より二酸化炭素の排出量が少なく、ベース電源としての需要は底堅い。 このGTCCでは水素を燃料に混ぜてCO2排出量を減らすことも可能で、3月には米ユタ州で水素だきガスタービンを初受注した。 水素を使った火力発電設備は世界的にエネルギー転換の有力候補になっており、将来の収益源として期待がかかる。 電話会見で金花芳則社長は「22年3月期は航空分野に期待していたがどうなるか分からない。 前提が変わり、事業の構造を含めてどうするか考えている」と厳しい認識を示した。 川重はボーイング向け中型機「787」の胴体を供給している。 航空に代わり、伸びる分野はあるのか。 6月就任予定の次期社長、橋本康彦副社長がロボット、医療事業に人員をシフトする計画を練っているという。 人と人が接触しにくくなるアフターコロナ時代に合わせて、協働ロボットの需要は伸びる。 塗装や切削から段ボールの組み立て、商品の積み込みまであらゆる産業の様々な工程でロボット需要がどこにあるのか検討を重ねている。 さらに医療向けに手術支援ロボットといった分野も開拓する。 「(22年3月期までの)現中計を見直し、下期に公表する」。 19日にはIHIの井手博最高執行責任者(COO)が電話会見でこう語った。 21年3月期については「民間航空機、自動車は大きな影響があるだろう。 新規の航空エンジン関係は(需要回復に)数年かかり、収益事業へ人材リソースをシフトする」と危機感をあらわにした。 中計見直しに関して「アフターコロナのニューノーマルへ転換するIHIの新たな姿を示す」としたが、具体像は示さなかった。 重工3社は多くの事業を抱えるコングロマリット経営だけに、「非航空」のネタ探しはそこまで難しくないようだ。 だが世界経済が落ち込むなかで競争はし烈だ。 ロボット事業は世界中の製造業がこぞって強化する。 米GEは航空事業で深刻なダメージを受けるが、すでにリストラを終えた電力事業の競争力は高い。 シーメンスの電力部門は20年9月末までに分離上場し、気候変動防止に資するエネルギー企業としての独立を急ぐ。 事業の関連性の薄い事業を多く持つことは相乗効果を出しづらく、経営資源も分散する。 苦境を乗り切れるかどうかは、事業間の壁を取り払って全社で危機をバネにできるかにかかっている。 (日経ビジネス 岡田達也) [日経ビジネス電子版2020年5月22日の記事を再構成].

次の

大型機械加工の川本重工株式会社

重工とは

略称 三菱重工・三重・重工・MHI 本社所在地 〒100-8332 3-2-3 () 設立 1950年(25年)1月11日 (中日本重工業株式会社)(創立:(17年)7月7日) 、、 事業内容 、、、、防衛機器の製造・販売 代表者 (兼兼) (代表取締役兼兼) (代表取締役兼執行役員兼 ()) 資本金 2656億878万1,000円 発行済株式総数 3億3,736万4,781株 (2016年9月30日現在) 売上高 連結:4兆783億4,400万円 単独:8,864億9,800万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:1,867億2,400万円 単独:490億1,600万円 (2019年3月期) 経常利益 連結:1,826億2,400万円 単独:545億8,500万円 (2019年3月期) 純利益 連結:1,013億5,400万円 単独:960億6,100万円 (2019年3月期) 純資産 連結:2兆1,200億1,400万円 (2015年3月期) 単独:1兆1,220億5,900万円 (2012年3月期) 総資産 連結:5兆1,427億2,300万円 (2019年3月期) 単独:3兆317億7,400万円 (2019年3月期) 従業員数 連結:80,744人 単独:14,534人 (2019年3月31日現在) 決算期 3月31日 会計監査人 主要株主 (信託口) 5. )は、の三菱金曜会 及び三菱広報委員会 に属するの。 KHI とと共に三大重工業の一角を成している。 概要 [ ] 日本最大のメーカーであり 、・と並ぶ御三家の一角。 その製品数は700を超え、「機械のデパート」とも呼ばれる。 主力製品は、・関連機器・・・など。 また、(・・懸垂型・・など)の製造、さらにや事業所向け大型、産業向け、、システムの製造でも知られ、過去には「」というも製造していた。 ・と共に三大重工業を成しており事業内容、規模共に三大中の首位である。 なお、・ETCシステム・は内でとしている(単に「三菱パッケージエアコン」「三菱ルームエアコン」といった場合、通常は三菱電機の製品を指す)。 コーポレートステートメントは『「 この星に、たしかな未来を」(日本語 CI ステートメント) " Our Technologies, Your Tomorrow"(英語 CI ステートメント)』。 社名は一般的に「 三菱重工」又は「 MHI」とも表記される。 三菱重工業は伝統的に「 三菱は国家なり」という意識を持ち、お国への所期奉公を社是としている。 三菱重工業の社長、会長を歴任したは「で日本のお役に立てなければ、三菱が存在する意味はない。 もうかるからやる、もうからないからやらないではなく、もって生まれた宿命と思っています」と語っている。 の分野では旧(現在の)への納入実績第一位の企業であり、世界では21位・日本ではトップの軍需企業とされ 、・・を含む・・・などを製造している。 事実上、日本の国防を担っている存在である。 一方度には単年のみではあるものの防衛調達額で同業他社のに初めて抜かれて二位となっており、近年は経営合理化の面から利益の少ない、若しくは赤字である防衛産業を忌避する動きも見られる (、度は再びトップ )。 沿革 [ ] 二代目のが創業する。 (明治17年)に長崎造船局の工場施設を「郵便汽船三菱会社」が借り受け、として事業継承。 (明治20年)に施設一切を買い受ける。 (大正6年)にから独立して三菱造船株式会社(初代、以下省略)となった。 後に業務多角化に伴い、三菱航空機(初代、以下省略)などを分社化するが、いずれも収支不振の連続から、経営合理化のために4代目が「」と「」の合併を決断し、(昭和9年)4月に三菱造船を 三菱重工業(初代)と改名すると、6月には三菱航空機を吸収合併した。 「」の語句は英文の「Heavy Industries」から小弥太が発案したであると語られている。 日本の軍事力強化に伴い(艦船、航空機)製造の中心として発展し、日本の建造や(ゼロ戦)を設計、製造するなどして建造トン数は10倍以上、の製造台数は200倍以上、は20倍以上に成長する。 (昭和20年)の終結後、のおよびの適用により、(昭和25年)、東日本重工業(後の 三菱日本重工業)、中日本重工業(後の 新三菱重工業)、西日本重工業(後の 三菱造船(2代目))の3社に分割される。 当初は3社が製品で棲み分けるも、線引きがになり製品群の重複が多数発生した。 にあたり、3社の再統合を計画に際し「の再来」など非難も挙がるも、他のと協力しながら(昭和39年)に3社は再統合し(法手続上の存続会社は新三菱重工業)、社名を再び 三菱重工業(2代目)にする。 三菱グループは関連企業が多く、に大きく発展する中で戦後に中核を担い、日本最大規模の重工業メーカーとして復興する。 年表 [ ] 旧三菱重工業東京本社ビル(現:丸の内二丁目ビル) (2012年10月8日) の舞台となった。 1884年(明治17年)• の創業者が長崎造船局を国から借り受け、と改称して事業に乗り出す。 1887年(明治20年)• 三菱社が借用の施設一切を買い受ける。 1917年(大正6年)• から業の一切を引き継いだ三菱造船(初代)が設立される。 1921年(大正10年)• の電機製作所がとして独立。 1923年(大正12年)• 長崎造船所の電機製作所が分離独立し、三菱電機長崎製作所となる。 1934年(昭和9年)• 4月 - 三菱造船が社名を変更し、(旧)三菱重工業となる。 6月 - 三菱重工業に(初代)が吸収合併される。 1935年(昭和10年)• を吸収合併(後の横浜造船所、現:)。 1950年(昭和25年)• 東日本重工業・西日本重工業(いずれも本社は)・中日本重工業(本社は)へ分割。 1952年(昭和27年)• 3社が、それぞれ三菱日本重工業・三菱造船(2代目)・新三菱重工業へ改称。 1964年(昭和39年)• 新三菱重工業を存続会社として3社が合併し、(現)三菱重工業株式会社(本社は東京都)が誕生。 1970年(昭和45年)• 4月22日 - 部門がとして独立。 1974年(昭和49年)• 8月30日 - が発生。 1980年(昭和55年)• 東京菱重施設株式会社・愛知菱重施設株式会社・近畿菱重施設株式会社・東中国菱重施設株式会社・広島菱重施設株式会社・西日本菱重施設株式会社を合併。 1986年(昭和61年)• 基盤技術研究所設立。 1995年(平成7年)• 三菱原子力工業株式会社を合併。 2003年(平成15年)• 1月6日 - 三菱自動車工業から分離独立によりが発足。 5月6日 - 本社を・から・に移転。 2005年(平成17年)• 三菱自動車工業をとした。 2007年(平成19年)• の打ち上げ業務、商業打ち上げ受注業務をから移管される。 と旧のをうけ、国土交通省よりに基づき45日間の業務停止命令を受ける。 2008年(平成20年)• 以来の国産となるの事業化を決定。 事業会社である(2代目)株式会社を設立する。 2009年(平成21年)• 6月19日 - との事業における協業で合意することを表明。 2010年(平成22年)• 6月22日 - との海外向けシステム事業における協業で基本合意したことを表明。 7月1日 - 印刷・紙工機械事業と、販売・アフターサービスを担当する三菱重工印刷紙工機械販売株式会社を統合して、三菱重工印刷紙工機械を設立する。 紙・印刷機械事業部は廃止し、新会社は機械・鉄構事業本部に編入する。 2011年(平成23年)• 8月4日 - 一部のメディアにより、と事業統合し、2013年春を目標に合弁会社を設立すると報じられた。 その報道に関して、三菱重工業は同日、複数回の否定するプレスリリースを発表した。 2012年(平成24年)• 11月29日 - 日立製作所と、火力発電とその関連事業を統合の上、2013年1月1日に新会社発足予定と発表された。 2013年(平成25年)• フォークリフト事業をに承継。 2014年(平成26年)• 2月1日 - 日立製作所との火力発電事業の統合会社、株式会社が発足。 4月1日 - 株式会社・株式会社・三菱重工鉄構エンジニアリング株式会社の鉄構装置事業部門が統合し新たに三菱重工メカトロシステムズが発足した。 2015年(平成27年)• 10月 - 部門が三菱重工工作機械として分社化。 代表は岩﨑啓一郎。 2016年(平成28年)• 3月 - ニチユ三菱フォークリフトの全株式を完全子会社のに譲渡。 10月31日 - 三菱自動車工業が保有する・の株式の一部を取得し、共同で経営に関わる予定であることを発表した。 2017年(平成29年)• 9月15日 - ニチユ三菱フォークリフトがユニキャリア株式会社(現:)と経営統合。 10月1日 - 三菱重工メカトロシステムズ株式会社が、株式会社を吸収合併し、三菱重工マシナリーテクノロジー株式会社のゴム・タイヤ機械事業及び三菱重工業株式会社の関連する製造・調達・品質保証機能を承継し、株式会社に社名変更。 2018年(平成30年)• 1月1日 - 船舶事業の再編を実施し、船舶・海洋事業本部を株式会社(3代目)へ分社。 2019年(平成31年)• 1月8日 - 本社を16年ぶりに()に移転。 (令和2年)6月 - から艦艇事業を譲渡受け渡しに基本合意。 歴代社長 [ ] 氏名 在任期間 1代 1964年6月 - 1965年5月 2代 1965年5月 - 1969年 月 3代 1969年5月 - 1971年2月 4代 古賀繁一 1971年12月 - 1973年5月 5代 守屋学治 1973年5月 - 1977年6月 6代 1977年6月 - 1981年6月 7代 1981年6月 - 1985年6月 8代 1985年 - 1989年 9代 相川賢太郎 1989年 - 1995年 10代 1995年 - 1999年 11代 1999年 - 2003年 12代 2003年 - 2008年 13代 2008年 - 2013年 14代 2013年 - 2019年 15代 泉澤清次 2019年 - 主な事業拠点 [ ] 三菱重工横浜ビル (2011年10月2日)• 本社(本社機能が以下に分散されている)• 3-2-3()• 東京都2-16-5()• 3-3-1()• 総合研究所• 長崎地区• 広島地区• 神戸地区• 名古屋地区• 相模原地区• 横浜地区• 事業ドメイン・セグメント• エナジードメイン(2020年4月移行)• 新エナジー事業部• プラント・インフラドメイン• 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン• セグメント• 機械システムセグメント• 防衛・宇宙セグメント• 航空機・飛昇体事業部• 宇宙事業部• 特殊車両事業部• 艦艇・特殊機械事業部• 民間機セグメント• エアロストラクチャー事業部• 民間航空機事業部• 事業所・工場 (括弧内は略称・太字は三大主力工場)• 広島製作所• 三原製作所• 高砂製作所• 岩塚工場(名古屋市中村区)(旧:名古屋機器製作所 )• 相模原製作所• 名冷地区(愛知県清須市)(旧:名古屋冷熱製作所 )• 栗東地区(旧:栗東製作所) の旧本社ビルはの仮庁舎となっていた。 2016年(平成28年)現在は、丸の内地区の再開発事業に伴うの仮移転先になっている。 主要製品 [ ] 社内には9つの事業本部、13の主な生産拠点が存在し、事業本部は受注品事業本部と中量産品事業本部に大別される。 この受注品事業本部の所管する製品の生産は各事業所に振り分けられ生産を行われる。 例えば、船舶・海洋事業本部の製品は長崎造船所、神戸造船所、下関造船所、横浜製作所などで生産しているが、長崎造船所では原動機事業本部の製品である蒸気タービンや風力タービン、ボイラなどの生産も行っている。 このように受注品事業では事業本部と事業所のマトリックス構造をなしている。 中量産品事業本部の生産はそれぞれの事業本部で生産を集約している。 船舶・海洋事業本部 [ ] 日本国内では最大規模、世界でも有数のシェアと技術レベルを誇る、同社発祥の部門。 主に長崎造船所、神戸造船所、下関造船所、横浜製作所で製作される。 2018年1月1日付で、「株式会社」(3代目)へ移管。 タンカー [ ]• ダブルハルタンカー• 貨物船 [ ]• 高速貨物フェリー• 多目的 客船 [ ]• 「きそ」「いしかり」「きたかみ」• 「びるご」「びなす」• 「シルバークイーン」• 「さんふらわあごーるど」「さんふらわあぱーる」• 「はまなす」など• 「」「」など• 「」(洞爺丸、、)• 青函連絡船「」• 青函連絡船「」• 青函連絡船「」 専用船 [ ]• 自動車・トラック運搬船 特殊船 [ ]• 海洋地球研究船「」• 海洋研究船「」「」• ケーブル敷設船• 地球深部探査船「」• 有人潜水調査船「」「」• 深海巡航探査船「」など 艦艇 [ ]• アルミ高速船 [ ]• しんざん型• たかつき型• まつなみ型• あきづき型• しまぎり型• ひめぎく型 調査観測兼清掃船 その他 [ ]• 船舶修繕• 船用エンジン• 船用機器• 舵取装置• 甲板機器• デッキクレーン• 原動機事業本部 [ ] 主に横浜製作所、高砂製作所、長崎造船所で生産を行う。 なお火力発電事業については、2014年2月1日付けで、との合弁会社「」に移管された。 自然エネルギープラント [ ]• プラント• プラント• プラント• システム 火力発電プラント [ ]• 石炭焚プラント• 油焚プラント• ガス焚プラント• GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)プラント• IGCC(石炭ガス化コンバインドサイクル)プラント 蒸気・ガスタービン [ ] 事業用大型ガスタービン• MF-111• MFT-8• M251• MF-61 事業用蒸気タービン• GTCC発電所向け• 原子力発電所向け エンジン [ ]• 産業用ディーゼルエンジン• 舶用ディーゼルエンジン 原子力事業本部 [ ] 主に神戸造船所内と品川本社で設計開発、神戸造船所で生産、高砂製作所で生産や試験研究を行う。 設計部門の技術者は、原子力、化学、機械、電気、建築、土木などの専攻を卒業したエンジニアで構成され、燃料、系統、電気、配置、機器、配管、建物などの設計を行う。 原子力プラント [ ]• 3・4号機(米国向け最新プラントUS-APWRとして、2016年(平成28年)現在、米国の原子力審査局(NRC)に設計審査中)• Unit 3 機械・鉄構事業本部 [ ] 主に神戸造船所、横浜製作所、機械事業部(広島)、プラント交通システム事業センターで生産を行っている。 エネルギー [ ]• 火力発電装置• 水力発電装置 環境装置 [ ]• 排煙脱硫装置• 排煙脱炭装置 石油・ガス生産 [ ]• 石油精製設備 交通システム [ ]• (シンガポール・クリスタルムーバー)• (シンガポール・クリスタルムーバー)• (マカオ・クリスタルムーバー)• (シンガポール・クリスタルムーバー)• ・(韓国・クリスタルムーバー)• 鉄道システム• (初期の先頭車のみ)• (電気機関車は三菱電機と共同で製作)• (・と共同、)• 懸垂式• ・の車両• (などと共同開発)• システム(車載器も生産・販売していたが、2017年にに事業を譲渡し車載器からは撤退した)• パーキングシステム• 立体駐車場• 駐車券発行機 物流・運搬 [ ]• 搬送設備• クレーン• 穀物、搬送設備• 物流設備• 立体自動 産業機械 [ ]• プラント• 製鉄機械• ゴム製造機械• 、 試験装置 [ ]• 免振・制振設備 [ ] 紙・印刷機械 [ ] 詳しくは、へ 航空宇宙事業本部 [ ] 主に、で生産を行っている。 宇宙機器 [ ]• (JEM)• (重力発生装置搭載モジュール - CAM):計画中止• 航空機 [ ] 自衛隊機 [ ]• (共同開発)• (、分担生産)• (川崎重工業、分担生産)• (川崎重工業、分担生産)• (川崎重工業、分担生産)• (、分担生産)• (、あり)• (、DJ型はノックダウン生産のみ)• (、EJ改型は国内で改造)• (マクドネル・ダグラス、電子機器は国内開発)• (ロッキード・マーティン、ノックダウン生産のみ)• S-51(H-5)輸送ヘリコプター(、ノックダウン生産のみ)• (シコルスキー)• (シコルスキー、ノックダウン生産のみ)• (シコルスキー、ノックダウン生産のみ)• (シコルスキー)• (シコルスキー)• (シコルスキーから輸入・国内再組み立てのみ)• (シコルスキー)• (ライセンスで改造開発)• (シコルスキー、電子機器は国産)• (ライセンスで国内開発、開発名はSH-60J改)• 研究機• () 民間機 [ ]• (分担生産。 整備点検・修理もから継続して行っている)• (に製造権売却、ビーチジェット400)• :環境適応型高性能小型航空機(で開発中)• 製品(共同開発・分担生産)• (内側フラップなど生産)• (内側フラップなど生産)• (カーゴドア・扉口パネルの生産)• (共同開発)• (共同開発)• (共同開発、複合材製主翼)• 製品(分担生産)• (シュラウドボックス)• (シュラウドボックス)• (シュラウドボックス)• (後部カーゴドア)• (後部カーゴドア)• (前・後部カーゴドア)• 製品(共同開発)• (主翼・中胴の設計・製造、プロダクトサポート)• (後胴の設計・製造、プロダクトサポート) - Mitsubishi SpaceJet開発に伴い中止• (主翼の設計・製造、概念設計JCDPから参加)• チャレンジャー5000(主翼の設計・製造)• ヘリコプター(共同開発、胴体キャビン担当) エンジン [ ]• ロケットエンジン(搭載)• ロケットエンジン(H-IIAロケット搭載)• ターボファンエンジン(からライセンス生産、搭載用)• ロケットエンジン(共同開発…2016年現在は、に事業が移っている)• ターボシャフトエンジン(搭載)• ターボシャフトエンジン(搭載、TS1の民間型)• ターボファンエンジン(共同開発) プラット・アンド・ホイットニーと・・・共同開発(・・・・・・に搭載)• ターボファンエンジン(共同開発) 日独伊5カ国7社共同開発(・・・に搭載)• 1000ターボファンエンジン(共同開発) 英社への開発協力(に搭載) 誘導機器 [ ]• MIM-14(から)• MIM-104:PAC-2、PAC-3(からライセンス生産)• SAM-4• AAM-1(殆ど量産せず)• AAM-3• AAM-5• ASM-1• SSM-1• SSM-1B• ASM-1C• ASM-2• SSM-2 その他• ・ :ミサイル垂直発射装置(からライセンス生産)• 5:遠隔制御式機雷処分具(フランスECAからライセンス生産) 第二次世界大戦前 [ ] 旧日本陸軍 [ ]• 己式一型練習機(アンリオ HD. 14E2)• 八七式軽爆撃機• 九九式軍偵察機• 「飛龍」• キ83試作遠距離戦闘機 旧日本海軍 [ ]• 局地戦闘機「」• 十七試艦上戦闘機「」• 十九試局地戦闘機「」(陸海軍共同開発) 民間機 [ ]• ひなづる型旅客輸送機(の)• 雁型通信連絡機• 三菱式双発飛行機「」• 型旅客機 汎用機・特車事業本部 [ ] の本工場、の岩塚工場、の千歳工場で生産される。 エネルギー [ ]• (CGS)• 発電設備• 発電設備• ガソリン発電機 船舶・海洋 [ ]• 舶用エンジン(・商工船、) 物流・運搬 [ ]• 重量物運搬車• 無人搬送車(AGV)• キャリア• アーティキュレートダンパ 自動車関連 [ ]• (元々は航空機エンジン用の開発から始まったもの)• ETC車載器• パーキングシステム 産業機械 [ ]• 産業用、• 産業用2サイクルエンジン• 油圧機器 インフラ設備 [ ]• モータグレーダ• アンカードリル• 油圧機械 防衛 [ ]• 特殊車輌• 冷熱事業本部 [ ] 愛知県清須市の枇杷島本工場、三重県松阪市の松阪工場のほか、大型冷凍機部が高砂製作所内に駐在している。 家庭用ルームエアコン [ ]• 「ビーバーエアコン」のブランド名で展開 業務用エアコン [ ]• 「セゾンエアコン」のブランド名で展開• 店舗オフィス用エアコン• ビル用マルチエアコン• ガスヒートポンプエアコン(室外機はからの)• 産業用冷熱機器 車輌用エアコン [ ]• 乗用車用エアコン• バス用エアコン• 冷凍車用冷凍ユニット 冷凍機 [ ]• ターボ冷凍機 工作機械事業本部 [ ] 工作機械、、精密切削工具、自動車部品はの本工場で、トランスミッション製品は愛知県名古屋市の岩塚工場で生産される。 また、航空機主翼を始めとして社内製品そのものの工作機械も手がける。 工作機械 [ ]• 大形工作機械• マシニングセンタ• 常温ウェーハ接合装置 [ ] 精機品 [ ]• 精密切削工具• 自動車部品 [ ]• エンジンバルブ• トランスミッション部品など エレクトロニクス製品 [ ]• など 関連会社 [ ] 日本国内 [ ]• - 本社:。 ・・機器等の製造販売。 - 本社:。 ・の製造販売。 - 本社:東京都。 創業時よりと緊密な関係にあるが、一族の加賀美家がを持っている。 創業事業である空調機器販売(三菱重工一次代理店)や空調設備工事を中心に各種を手がけており、、、と並ぶ設備業界大手。 - 本社:。 2008年(平成20年)4月1日設立。 小型「」の事業主体。 - 本社:愛知県。 2014年(平成26年)10月1日設立。 民間航空機用エンジンに関する設計・製造・販売・修理を行う。 - 本社:愛知県。 1974年(昭和49年)10月1日に(現:)より分離独立。 分野や・分野の製品の設計や開発、実験計測やの開発を行う。 - 本社:。 から機械装置、各種の設計製作を支援する技術統括本部直系の会社。 - 本社:愛知県名古屋市。 1986年(昭和61年)12月1日設立。 やなど航空宇宙分野関連するシステム設計、ソフトウェア開発や、用ソフトウェアの開発を行う。 - 本社:。 炉心設計・安全解析からプラント設計までを行うの総合エンジニアリング会社。 (旧:MHIニュークリアシステムズ・ソリューションエンジニアリング株式会社)• - 本社:東京都。 加圧水型用燃料の製造・研究。 自社で再転換設備を保有する唯一の企業で、燃料の一貫生産を行う。。 - 本社:神奈川県横浜市、1976年(昭和51年)2月2日設立。 2009年(平成21年)10月に菱和エンジニアリング株式会社との合併により現社名となる。 (旧:三菱重工環境エンジニアリング株式会社)。 設計・製作・・運転管理、化学設計。 - 本社:兵庫県神戸市。 料金収受機械およびシステム、ETCシステム、油圧機器、甲板機械・デッキクレーン、エアヒータ、機械装置(試験装置、文化・スポーツ施設、加速器など)、ゴム・タイヤ機械、立体駐車場、鉄構プラント、食品包装機械、印刷機械および紙工機械、その他機械設備の設計・製造・販売及びアフターサービスを行う。 - 本社:神奈川県横浜市西区。 2014年(平成26年)2月1日設立。 日立製作所との火力発電事業統合会社。 - 本社:神奈川県横浜市。 設計から建設までの総合エンジニアリング。 - 本社:神奈川県横浜市中区。 産業用ボイラ・中小型火力発電プラントなどのエンジニアリング。 - 本社:。 バッテリー式などの産業機器製造。 - 本社:。 フォークリフトなどの販売。 - 本社:神奈川県。 エンジン・エナジーおよびターボチャージャ事業。 - ・ の。 2016年(平成28年)にと共同出資により設立。 - 本社:名古屋市、2005年(平成17年)4月1日設立。 機・付属機器ならびに部品の設計・製造・販売・サービス。 2017年(平成29年)1月にとの合弁会社となる。 - 本社:、2003年(平成15年)1月にから分離・独立。 、を子会社に持つ。 2016年(平成28年)現在は傘下であるが、三菱各社との関係は維持しており、三菱重工業も出資(株式の2. - 本社:東京都、1970年(昭和45年)に分社独立。 2005年(平成17年)にとした。 - 本社:横浜市西区、2018年1月1日設立。 艤装主体船(フェリー、貨客船、RORO船、巡視船等)の建造等。 - 本社:、2018年1月1日。 大型船の建造、海洋鉄構構造物の製造および修理。 JR西日本プロパティーズ - 本社:東京都港区、2018年7月1日。 不動産事業を手掛ける旧菱重プロパティーズ(かつての菱重興産グループ)の7割をが買収(三菱重工業も残る3割を保持)。 日本国外 [ ]• 米国三菱重工業株式会社(本社:アメリカ・)• 欧州三菱重工業株式会社(本社:・)• 三菱重工業(香港)有限公司(本社:)• 泰国三菱重工業株式会社(本社:・)• 三菱重工業(上海)有限公司(本社:・)• 韓国三菱重工業株式会社(本社:・)• 三菱ニュークリアーエナジーシステムズ(本社:アメリカ・)米国向け最新型プラントUS-APWR()の事業会社 元関連会社 [ ]• - 本社:東京都、の製造販売・。 アメリカ、社との共同出資企業(初のアメリカ側一部所有権保有における合弁)。 2008年(平成20年)8月に「新キャタピラー三菱株式会社」から社名変更した。 2012年に株式をすべてキャタピラー社に譲渡し、合弁は解消。 販売協力などの協力関係は継続。 - 本社:横浜市西区。 立体駐車場全般の営業・開発・設計・製作・据付・メンテナンス・運営管理。 2014年(平成26年)4月1日に三菱重工メカトロシステムズ・の鉄構装置事業部門と合併し新たな三菱重工メカトロシステムズ(現:三菱重工機械システム)が発足した。 - 本社:神奈川県鎌倉市。 2015年(平成27年)6月にみちのりホールディングスへ株式譲渡。 - 本社:神奈川県、冷凍・空調設備機器製造販売。 2015年(平成27年)7月に三菱重工冷熱株式会社へ吸収合併。 三菱重工食品包装機械株式会社 - 本社:名古屋市、2005年(平成17年)4月1日設立。 主に用ボトリング機械や医療用包装機械の製造・販売・研究開発・サービス。 2016年(平成28年)10月に三菱重工メカトロシステムズ株式会社(現:三菱重工機械システム株式会社 へ吸収合併。 - 本社:広島県三原市、2010年(平成22年)に設立。 2017年(平成29年)10月に三菱重工メカトロシステムズ株式会社 現:三菱重工機械システム株式会社 へ吸収合併。 - 本社:東京都千代田区。 物流機器、エンジンおよびターボチャージャ事業の統括。 2020年 令和2年 4月、親会社の三菱重工業株式会社に吸収合併。 関連施設 [ ]• 三菱神戸病院()• 三菱三原病院(広島県) これらの医療機関は、企業立病院であるが、三菱重工業関係者以外も利用可能。 出身著名人 [ ]• (作家)• (プロボクシング解説者)• (競馬ジャーナリスト)• (作家)• (経営コンサルタント、元日本支社副社長)• (愛知県長) 諸問題・不祥事 [ ] この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年4月) ダイヤモンド・プリンセス火災事故 [ ]• (平成14年)10月1日、同社内にて、造船所2180番船として工事中の、大型「」が火災を起こした。 施主であるに対する納入期限が2003年(平成15年)7月に迫っていたため、同時に建造していた2番船(造船所2181番船・「」)を急遽、新「ダイヤモンド・プリンセス」として改修し、2004年(平成16年) 2月に(「ダイヤモンド・プリンセス」としては)7ヶ月遅れながらも納入にこぎつけた。 なお炎上した造船所2180番船は、同造船所の香焼工場に移されて焼損部分を完全に撤去し、新「サファイア・プリンセス」として改修され、2004年(平成16年)5月にデビューを果たした [ ]。 内部告発と報復 [ ]• (平成16年)7月、同社に勤務していた54歳の男性が、同造船所の複数の社員による『』の資格者証の不正取得があったとして、社内の委員会にで通報したところ、設計補助の担当を外されて閑職に回され、さらに(平成19年)6月に関連会社へ(休職派遣)を命ぜられ、「を受けた」として、出向の取り消しと、など110万円の支払いを求めるをに起こした。 F-2支援戦闘機墜落事故 [ ] 詳細は「」を参照 偽装請負問題 [ ]• 同社高砂製作所で、約8年間に亘り請負・派遣双方で勤務してきた在住の46歳の男性が、長年に亘り状態で勤務させられたとして、(平成21年)1月13日に、同社を相手取って、支部に対し、正社員としての地位確認を求める訴訟を起こした。 情報漏洩 [ ] 2011年9月 9月19日に、が朝刊の一面で、三菱重工の社内のシステムが広範囲にわたってに感染していた事を報道し、同日16時過ぎに三菱重工はこれを認めるプレスリリースを発表した。 感染は本社、工場、研究所等の国内11拠点の45台と職員のパソコン38台で、造船、防衛、航空宇宙、発電プラント、鉄道等の情報が狙われていた。 プレスリリースの翌日の9月20日にはとも同様の被害を受けていた事を発表した。 その後の調査で、川崎重工のコンピューターは三菱重工のコンピューターと同じく、踏み台と見られる送信先(米国のウェブサイト)に情報を送信していた事、日本航空宇宙工業会(SJAC)のコンピューターを踏み台にして、SJACやその会員企業を名乗る送信者から「事前資料送付」と題された標的型攻撃メールを受信していた事が判明した [ ]。 2012年11月 11月30日に三菱重工は、同月27日に名古屋航空宇宙システム製作所の宇宙関連業務に使うコンピューター4台が新型のウイルスの感染していたことが判明した事をプレスリリースで発表した。 同30日にはもの情報が外部に漏洩した可能性があることを発表していた。 日本経済新聞 2016年3月7日. 2016年3月11日閲覧。 日経ビジネスマネジメント 2008年12月17日. 2016年3月11日閲覧。 『たそがれゆく日米同盟 ニッポンFSXを撃て』、44頁。 2016年3月11日閲覧。 現代ビジネス 2016年10月07日. 2016年10月11日閲覧。 www. mod. 2018年7月30日閲覧。 日本経済新聞. 2011年8月4日. 2015年7月27日閲覧。 三菱重工業 2011年8月4日. 2015年7月27日閲覧。 三菱重工業 2011年8月4日. 2015年7月27日閲覧。 三菱重工メカトロシステムズ株式会社. 2015年7月27日閲覧。 三菱重工メカトロシステムズ株式会社. 2015年7月27日閲覧。 三菱重工パーキング株式会社. 2015年7月27日閲覧。 プレスリリース , 三菱重工業, 2016年10月31日 , 2016年11月2日閲覧。 三菱重工業• 三菱重工業• グローバル・グループマネジメントなどを担う部門を中心とした本社機能を移転。 三菱重工業• 2020年6月13日閲覧。 朝日新聞. 2008年9月28日. の2008年9月29日時点におけるアーカイブ。 朝日新聞. 2009年1月13日. 2015年11月28日閲覧。 ITPro. 2011年9月19日. 2015年7月27日閲覧。 日本経済新聞. 2012年11月30日. 2015年7月27日閲覧。 関連項目 [ ]• (同社の主力代理店)• (名古屋発動機製作所大幸工場の跡地)• 株式会社 - 電力会社9社・メーカー3社・産業革新機構の出資により、2010年(平成22年)10月22日に設立された。 提供番組• (・系でかつて放送していた一社提供(末期は降板)番組。 同社の関連会社であるが技術協力をしていた)• (、2013年9月現在唯一の提供番組、時間は月曜日の6時30分頃)• (系、2013年10月から提供スポンサー。 ) スポーツ関連 [ ]• (の前身)• (チーム)• (旧:三菱重工業京都ラグビー部)• (旧:三菱重工横浜硬式野球部)• 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の