艦これアーケード レベル上げ。 艦これアーケードって実際のところ面白いのかい?

【艦これアーケード】初心者提督の道標

艦これアーケード レベル上げ

艦これ第二期実装とともに多くの海域がリニューアルされ、効率よくレベリングを行える海域も変わりました。 しかし艦これが「兵站のゲーム」であるという根本は変わっていないため、相変わらずレベリングは重要項目の1つです。 新しいマップの中からレベリングに適した海域を探し出しましょう。 演習 レベリングに向く艦種:全ての艦(対戦相手による) 目安レベル:1~175 第二期になっても演習は艦娘のレベル・艦種を問わない最大のレベリング手段です。 経験値量は相手にもよりますが敗北でも500exp程度、高レベルな相手にS勝利旗艦MVPともなると2000exp以上の経験値をたったの1戦で稼ぎだすことができます。 始めたばかりの頃は負けてしまうことも少なくないでしょうが、入渠ドックの埋まり具合や修理資材を一切気にしなくてよいため、むしろ始めたばかりで練度の低い艦娘が多い提督こそ積極的に演習に臨みましょう。 1-1-1 レベリングに向く艦種:軽巡、駆逐 目安レベル:1~5 旗艦最大経験値(ボスS勝利旗艦MVP時):72exp オススメ編成: 1-1の1マス目で撤退して安全に経験値を稼ぐ手法。 経験値量はもとより多くなく第二期ではさらに減らされましたが、全体的に難易度が上がっているため以前より1海域ずつしっかり攻略していかなくては2つしかない入渠ドックはすぐに埋まってしまいます。 ここなら受ける被害はほとんどないため新たにドロップした艦娘でローテーションを回しつつ、多少でもレベルを上げて次の海域に臨みましょう。 色々な艦娘のボイスを聞いてお気に入りの艦娘を探しながら回すと気が楽です。 この海域はウィークリー任務『海上輸送路の安全確保に努めよ!』やマンスリー任務『海上護衛強化月間』の指定海域となっているため、任務消化がてらの育成には悪くないでしょう。 艦娘と所持装備によってはレベル1から先制対潜爆雷攻撃が可能な場合もあるため、場合によってはレベリングを主目的とした周回もアリかもしれません。 詳しくは下記の記事をご参照下さい。 ついでに鋼材を拾って補給艦を2隻倒すことができます。 敵に戦艦や正規空母が出現しないため空母の先制攻撃だけでも十分な打撃を与えることができ、敵制空値も低め、先制攻撃だけで敵を壊滅させられるなら赤疲労での周回も視野に入ります。 (完全無傷とはいかないためバケツは多少必要になりそうですが) 2-2でも同じようなことができますが2戦できる分レベリング効率としてはこちらが上、1戦目の平均経験値量もこちらの方が若干高くなっています。 その分こちらは重巡が出現するため敵編成は2-2よりも重めです。 詳しくは下記の記事をご参照下さい。 2-2 レベリングに向く艦種:空母系、航空戦艦、潜水艦 目安レベル: 旗艦最大経験値:720exp オススメ編成 空母系3、自由3 航戦1、自由5 潜水艦6など デイリー、ウィークリーの補給艦狩りでおなじみの2-2です。 ボスへは向かわずBマスまたはDマスへ向かいます。 レベリングを主目的とするなら2-1の方が時間効率は上ですが、こちらの方が敵が弱く、2-1よりも多彩な編成でのルート固定が可能となっています。 また、Bマスルートに固定すれば毎周貴重なボーキサイトを拾うこともできます。 こちらも先制攻撃で敵を壊滅させられるなら赤疲労での周回も視野に入ります。 詳しくは下記の記事をご参照下さい。 経験値だけでなく戦果もゴリゴリ稼げるランカー御用達のマップ。 敵はほぼ潜水艦ですが、Gマスのみ敵水上艦隊が出現するためここで事故る可能性があるものの、ボス周回がまずまず安定し、計4戦で旗艦は最大3000を超える経験値を獲得できます。 5隻または4隻編成とする必要があるため総経験値量で見ると若干差し引く必要があるものの、十分でしょう。 詳しくは下記の記事をご参照下さい。

次の

艦これアーケード|セガ公式サイト|艦隊育成型カードゲーム

艦これアーケード レベル上げ

この海域について• 最初から解放されている海域。 以降、その海域のボスを倒す(正確にはボス艦隊にB勝利以上、ゲージがある海域は条件が別)ことで次の海域が解放される。 敵は駆逐と軽巡しか出現せず、最大2隻と数も少ない。 駆逐艦が数隻もあれば楽に突破できる。 相手に対し優位な戦力で当たることは重要、「戦は数」。 まずは艦隊の所属艦を多くそろえるのがよい。 ブラウザ版では単艦でのクリアは着任初期では無理だが、アーケード版では実力さえあれば単艦でもボスで完全S勝利を達成することができる。 得られる提督経験値はダントツで少ないので、ボス撃破を狙う周回なら南西諸島沖(1-2)のほうが良いかも知れない。 基礎的な駆逐艦・軽巡のドロップを期待できる。 駆逐艦を多くドロップするので、非常にコストパフォーマンスに優れた狩場となる。 ドロップで余った不要な駆逐・軽巡にもさまざまな利用方法がある。 初入手艦で良い装備を持っていれば、育成艦に譲り渡す。 不要な装備ならば母港で廃棄して家具コインを入手する。 被った場合は改装設計図にして、改カードへの布石とする。 確率は低いが重巡もドロップする。 育成すれば後半海域でも艦隊の主力となる能力を持っているため、ドロップしたらうまく活用しよう。 初心者から上級者まで、末永く利用する海域となる。 ドロップで艦や装備を集め艦隊の強化を行い、レベル上げを行うことで各個の艦を育て上げることになる。 工廠で「」や「」を回すことで装備や新たな艦娘を入手することができる。 またブラウザ版と異なり司令部レベルが低くても開発で上位装備が狙えることが確認されている。 GPが余っている際にはぜひ開発に挑戦するといいだろう。 修復材(バケツ)を2個獲得できる。 配置地点はランダムな(海域奥に配置されているパターンもある)ものの頭の片隅にいれておいて良いだろう。 改の排出確率に関係するとされている出撃回数稼ぎ いわゆる星付け に最適である。 戦艦や空母のレベリングに飽きた時や、レアではない駆逐の改などを排出させたい場合はこの海域を繰り返し出撃するのもいいかもしれない。 この海域について• 出没する敵は、駆逐艦、軽巡に加え雷巡となり、編成は最大で全5隻となる。 敵に重巡以上の艦が出ないのは鎮守府正面海域 1-1 と同じ。 編成で6隻揃え、各艦の錬度を高めていけば、突破もさほど難しくはない。 またボス戦勝利では、1-1より遥かに多い提督経験値を稼ぐことができ、早期に司令部レベルアップを狙うことができるため効率的。 提督経験値稼ぎについては、次の1-3は戦艦クラスが待ち構えており、1-4は空母編成であるため低練度のうちは勝利が難しい。 序盤は、自軍の層を厚くするためにも、ここでドロップ艦を増やしつつ、練度と司令部レベルを高めるのがベター。 ドロップは1-1と同様、基本的な駆逐・軽巡が出る。 追撃戦では、重巡が出ることもある。 この海域について• 敵の 重巡や 戦艦が初登場する海域となる。 戦艦は強固な装甲と大威力の砲撃により、駆逐艦は一方的に蹂躙されることが多い。 上記の理由から、当マップは 艦これ最初の難所とも言える。 クリアを焦るあまり、大破進軍などの操作・選択ミスをしないよう注意。 ボス旗艦の戦艦ル級を撃沈できなくとも、随伴艦を多く撃沈すれば勝利判定が取れる。 随伴艦撃破による勝利は今後も狙う事が度々出てくるので、色々な戦略を試そう。 複数回、主力艦隊に到達してもクリアできないのなら、マップの難易度に対し、根本的に艦隊の実力が足りていないケースが考えられる。 その場合、一旦1-1、1-2のマップに戻り、ドロップ艦の充実 特に軽巡・重巡 やレベル上げをするとよいだろう。 一旦退いて戦力を整えた方が結果的に早期のクリアに繋がる事も多々ある。 そして、それは艦娘轟沈を防ぐための大事な選択でもある。 相手に対し優位な戦力で当たることは重要。 駆逐艦のみの艦隊ではボス戦突破は難しくなってくる。 改の艦娘がいれば話は別だが、この海域に到達した時点では、そこまで揃っていることは稀だろう。 今後も、駆逐艦のみの編成ではマップ踏破は厳しくなるので、軽巡以上の艦娘の充実を図っていくべき。 重巡や戦艦や空母を編成に含められると、同等や優位な条件で戦えることになる。 敵空母が出現しないので、こちらに空母が居れば戦闘はかなり楽になる。 まだそれらの艦を保有していないのならば、「」などで狙っていくのも良い。 ただし、戦艦や正規空母は資材消費が激しい。 資材が少ない段階での運用は、出撃回数の低下に直結するので注意。 特にこの手の海域では出撃回数が嵩みがちになるので、燃費の悪さは顕著に響いてくる。 この海域から水上機母艦・軽空母のドロップが狙える。 水上機母艦は、用途が広く多目的に使えるため、入手できると便利である。 この海域について• 艦これアーケードの海域において 第一の関門と呼ばれる海域。 初の空母系 正規空母・軽空母 の深海棲艦が出現する海域となる。 空母は今までの敵と異なり、MAP上で自艦隊を捜索するための艦載機を飛ばしてくる。 これに見つかると艦載機が敵艦隊に戻った後、 MAP上に航空攻撃サークルが出現し、攻撃を仕掛けてくる。 過半数以上の艦がサークルに入って無ければ攻撃は回避できる。 特に駆逐など脆い艦が襲われると、高い確率で中大破するため危険。 運が悪ければ、いきなり旗艦が大破して強制終了となることもある。 砲撃戦では、突然 「敵航空隊 警戒!」という赤い表示と共に敵艦が映し出された画面に遷移した後の戦闘画面に 自艦隊を中心に巨大なサークルが生じる様になっている。 気をつけたいのが敵空母が攻撃してくる可能性があるときの船速管理。 その場合、 船速を原速にしたまま航行することは 厳禁である。 自艦隊の速力によっては 攻撃を受けてしまう。 したがって、その場合は船速レバーを4速、最低でも3速にしておくことを推奨する。 そして、敵艦が映っている画面の間に船速レバーを一杯にし、舵を極力切らないことを意識すればサークルを抜けられる可能性が高くなる。 敵空母は中破以上の損傷を与えることで一切の攻撃をしなくなる。 艦娘と同様。 また、 航空攻撃サークルと砲撃サークルが同時に発生する事もある。 航空攻撃サークルに気を取られて、砲撃サークルに突っ込んでしまうミスも起こりかねないので、パニックにならないように。 敵空母への対策法として、以下の3通りが挙げられる。 1つ目は、こちらでも空母系艦娘を揃えること。 この海域に到達するまでは、ボーキサイトを大量消費する場面は皆無に近かったはずなので、貯めたボーキを使用しつつ、建造などで空母レシピを回していくと良い。 いずれにせよ、次の南西諸島海域以降、航空戦力の重要性が加速度的に増していくので、今の段階から意識的に空母系を艦隊に迎え、育成することを目指したいところ。 2つ目は、対空値の高い艦を多く編成し、対空値の低い艦には充分な対空装備を用意すること。 装備には、駆逐艦・軽巡系にと対空機銃、重巡系・戦艦系に、全ての艦種向けに対空電探などの「対空ボーナス値」の高い兵装が挙げられる。 ただし、開発の容易な10cm連装高角砲と対空機銃はともかくとして、三式弾は戦艦を、電探は空母を秘書艦として迎えないと開発し辛く、 また、開発確率はかなり低めな上、開発にかかる資材消費も重い 特に電探レシピ。 10cm連装高角砲と対空機銃を用意すれば、対空カットインを発動でき、被害を減らすことができる。 最低限でいえば、10cm連装高角砲とでも発動可能。 いずれ、装備に加えていきたい品々だが、今の段階では複数個入手するのはかなり手間がかかる事となる。 3つ目は、速力が高い駆逐艦、巡洋艦を中心とした艦で固めた艦隊で攻略する方法。 運によっては、空母系艦娘を南西諸島海域の攻略中でも迎えられない提督もいることだろう。 その場合は空母を入手することを諦め、攻撃をかわしながらこちらが攻撃を行うと言った戦術で勝利することも可能である。 重巡洋艦の火力は敵空母を数発以内で中大破に持っていくほどであるので、頼りになる。 装備を揃えるハードルも三式弾より比較的低めである。 充分な錬度と操作スキルがあれば、駆逐艦のみの艦隊でも敵空母艦隊の撃破及びこの海域のクリアも可能である。 この海域をクリアすると、期間限定海域 イベント への参加が可能になるので、頑張ってクリアしよう。 タイムリミット経過後、 再ログインすることで クリアマークが消滅して海域マップのゲージが復活する。 潜水艦・潜水空母は出撃不可 ゲージ破壊後の追撃戦はなし この海域について• 【Extra Operation】のため、序盤に開放できるがこの海域には戦力ゲージが適用される。 1-4をクリアすると解放される、一番最初に登場する【Extra Operation】 略してEO 海域。 ゲージを破壊しても翌月の月初にゲージが復活するが、勲章といったEOでしか入手できないアイテムがあるので、余裕があるならば毎月挑戦することを推奨する。 常設の海域としては、敵潜水艦が主力艦隊になっている初の海域となる。 潜水艦はいままでの水上艦とはさまざまな点で違うため注意が必要。 潜水艦の各種特性については、「」を参照のこと。 編成制限も 4隻以下でないと出撃すらできないというトリッキーな海域のため、この点も注意。 攻略のヒント• 対潜水艦には素のステータスよりも装備がどれだけ充実しているかの方が重要。 基本的には開発しないと手に入らない。 攻略の際は手持ちの対潜装備の確認を。 対潜水艦戦において、攻撃面では単横陣が最も有効である。 陣形選択でダメージは大きく変わってくる。 対潜水艦戦の陣形による攻撃補正は「単横陣>輪形陣>梯形陣>複縦陣>単縦陣」となる。 詳しくは「」のページに譲るが、 3隻以下の場合陣形選択が出来ず強制的に単縦陣になるため、3隻以下での出撃は非推奨。 必ず4隻編成で出撃すること。 マップ上では、潜水艦がいると思われる地点に索敵をすることは 厳禁である。 潜航から接敵までの時間が増え、いつ接敵するかわかりづらくなるためである。 索敵で発見した時点で潜航までのカウントダウンが開始されるため、索敵からの航空爆雷攻撃もできないことが多い。 夜戦においては、陣形や装備によらず対潜攻撃はいわゆるカスダメ(割合ダメージ)しか与えられない• この海域に限らず、潜水艦相手の夜戦は避けるべきである 開幕夜戦時は除く。 最新の10件を表示しています。 1-5で久しぶりに潜水艦と戦ったけど開幕一杯にしてても広範囲にばら撒かれて焦った。 挙動変わった? 気の所為? -- 2018-12-21 金 20:49:53• 横向き・原速で会敵するとほぼこちらを狙ってくれるので、開幕一杯で回避しやすくなります。 -- E16A 2018-12-21 金 21:34:03• 1-5開始されてから変わった気がします -- 2018-12-25 火 10:18:44• 敵潜水艦の魚雷は前よりも近い位置でも魚雷放つようになってるので気を付けられたし。 ゼロ距離発射されたのもあった。 真上に居ない限りうつっぽい。 -- 2018-12-22 土 04:02:01• ゼロ距離・近距離発射は以前からあったけど、その確率が上がったってこと? -- 2018-12-22 土 10:43:01• そういえば5-4や18秋乙E-2のカ級もかなり近い距離から魚雷発射してきたね 蛇足だが、無印でも駆逐艦や巡洋艦ならたまにワンパン大破される。 1-5のソ級は更に近く、回避はほぼ無理だった。 ちなみに18秋甲E-2やこの海域のヨ級の魚雷発射距離は良心的。 -- 2018-12-24 月 20:18:32• このページではなく戦闘についての項目の根本から見直さないといけないかもしれませんね。 -- 2018-12-25 火 07:54:56• 司令部経験値、海域経験値を記載。 戦果もドロップもおいしくないようなので、月に4回出撃するだけになりそう。 -- E16A 2018-12-22 土 21:58:36• 1-5は、[瑞雲]による爆撃も有効でしょうか? -- 2018-12-24 月 01:30:48• 水上機母艦で三式爆雷と一緒に運用すれば有効ですが、瑞雲単体だと火力不足だと思います。 -- 2018-12-24 月 05:31:20• 特にこだわりが無ければ瑞雲を搭載可能艦よりも軽空母にカ号か流星(無ければ九七式艦攻)積んだ方が効果的です -- 2018-12-25 火 08:00:48• 1-5、軽空母を入れると手数が増えて安定感が増しますが、マップ空爆をしてしまうと、空爆演出直後に潜航されて挙動が掴みにくくなり、丁字有利で会敵し難くなることがありますね。 対潜得意な艦は耐久低いので先制雷撃確実に回避しようと思ったら、砲雷撃戦(爆雷戦?)まで航空攻撃は控えておくのも手かもしれません。 -- 2018-12-25 火 17:14:21• カ号観測機と三式連絡機と瑞雲合計6編成をマップ攻撃でぶちこむと、大抵はマップ攻撃で圧死できます。 -- 2018-12-25 火 21:24:11• 今更だけど1-5、5-5って周回すればするほど勲章と戦果もらえるの? -- 2019-01-05 土 19:41:44• 毎月1日にゲージが復活するから、それを割る度に勲章と戦果貰えるよ -- 2019-01-05 土 20:19:21• ゲージ割ったあとは勲章も特別戦果も貰えない。 敵艦隊と戦闘した時にもらえる司令部経験値 戦果 は貰えるけど、翌月にまたゲージが復活するから戦果稼ぐなら5-4とかじゃないかな? -- 2019-01-05 土 21:18:57• そろそろ挑戦しようかと思うのですが、こっちの勲章は何に使うんでしょうか? -- 2019-06-25 火 14:56:40• 第三開発で使います、詳しくはwiki内の開発工廠ページへどうぞ。 -- 2019-06-25 火 20:32:22• 編成外の改がドロップするようになったけど、ここで潜水艦の改は出るのだろうか? -- 2019-08-08 木 12:53:24• 提督 2019-08-26 月 15:48:34.

次の

艦これってレベルを上げるのは意味ないですよね?回避が上がるってのは聞いた...

艦これアーケード レベル上げ

艦これアーケードをやり始めてみたけど何をどうしたらいいかわからない、どう進めていくのが効率いいの?といった初心者提督のための道標です。 さっと読み通してもらうだけでもいざプレイを初めてあたふたすることが少なくなるはずです。 チュートリアルはしっかり読もう ブラウザ版の本家艦これは戦略部分、特に兵站に重きを置いていましたが、艦これアーケードはそれに戦術面が加わったアクションゲームとなっています。 その分チュートリアルも本家より親切になっており、基本的な操作方法は全て解説してくれます。 チュートリアル中はGP(ゲームポイント)の消費も停止しますので、焦らずしっかり読んで理解しながら進めていきましょう。 戦力の拡充 艦これアーケードでは提督自身が艦娘を操作するため、多少不利な戦闘でもプレイヤースキルで勝利に導くことは可能です。 とはいえ始めたばかりの初心者にプレイヤースキルを求めるのは現実的ではありませんし、大前提として『戦場でどう立ち回るか』という戦術面よりも『いかに有利な条件で敵に対するか』という戦略面の方が重要です。 難しく聞こえるかもしれませんが、最も単純な方法としては敵よりも多数の艦で戦闘に臨めばこちらが有利であることは明白です。 (この辺りに興味のある方は『ランチェスターの法則』などを調べてみると面白いと思います) なにはともあれ、新米提督の鎮守府には初期艦として駆逐艦が1隻存在するだけです。 これでは最初の海域である1-1ですら苦戦、下手をすれば敗北しかねないため、 着任したら最初は艦娘をもう1隻建造してから出撃しましょう。 その後も計画的に建造・開発を続けましょう。 建造、開発にはそれぞれ欲しい艦種や艦娘、装備ごとに必要とされる資源配分(レシピ)が異なるため、建造・開発を行う際はあらかじめレシピを調べておきましょう。 資源の増やし方 艦これには燃料・弾薬・鋼材・ボーキサイトの4種類の資源があり、これらは入渠・補給・建造・開発などほとんどのアクションで必要となります。 ただしアーケード版ではよほど連日にわたって何度もやり込まない限り資源が不足することは早々ありません。 が、いざ不足してしまった場合、資源を増やす方法はログインボーナスと自然回復だけですので注意しましょう。 ボーキサイトだけは知識がないままプレイしていると不足する場合があります。 この場合空母に艦載機を積んで出撃させているにもかかわらず航空状態が芳しくなく、味方の攻撃機が大量に撃ち落とされているケースが考えられます。 艦攻(艦上攻撃機)や艦爆(艦上爆撃機)ばかりでなく、艦戦(艦上戦闘機)も積んで航空状態を優勢~確保に保つのがポイントです。 轟沈の回避 艦これアーケードでは大破状態で『進撃』し、さらにダメージを受けて耐久(HP)が0になると艦娘は轟沈します。 逆にこの条件を満たさない限り、残りHP1の駆逐艦が戦艦flagshipの攻撃を受けたとしても轟沈することはありません。 ブラウザ版では轟沈するとその艦娘は完全に消滅してしまいますが、アーケード版では艦娘を『復活』あるいは『復帰』させることができます。 復活:600GPで応急修理女神を購入することで、轟沈時点のレベルを維持したまま艦娘が復活します• 復帰:司令部レベルがダウンし、艦娘レベルが1になった状態で艦娘が復帰します。 保留:復活あるいは復帰を保留します。 200円が高いか安いかは個々人の感覚によるとして、育て上げた艦娘がレベル1になるという代償はかなり大きなものです。 また、轟沈のリスクを負って進撃しても大破艦がいる分通常よりもこちらが不利な状態での戦闘となり、うまくいっても得られるものはせいぜいボス戦S勝利1回程度です。 もちろん道中で大破艦を出さないのがベストですが、大破してしまった場合は極力轟沈は避けた方が無難です。 頭に血が上って進撃して後から後悔…とならないよう注意しましょう。 いざ攻略開始 まずははじめに選んだ初期艦娘、建造した艦娘などで攻略を進めていきましょう。 艦隊は6隻まで編成することができるため、最初に目指すのは建造やドロップなどで6隻の艦娘を入手することです。 艦種は何でもいいので早めに6隻の艦娘で艦隊を編成できるようになりましょう。 毎プレイ建造とドロップによってカードを入手していけば6隻揃えるのにそれほど時間とプレイ回数はかかりません。 海域を開放していこう まずはレベル上げを…という方もいらっしゃるでしょうが、艦これアーケードでは前半海域ではドロップする艦種が少なく、後半海域に行くに連れ幅広い艦種がドロップするようになります。 空母や戦艦などがいるに越したことはありませんが、2-3くらいまでは重巡・軽巡・駆逐艦のみでもクリアはまだ現実的です。 編成を強化しよう 2-3を突破したら次は脱初心者の壁とも言われる2-4です。 この海域からは空母や戦艦がゼロでは厳しくなってくるため建造やこれまでにクリアした海域の周回、カードショップでの購入などで艦娘を揃えて艦隊を強化しましょう。 もちろん装備の開発も忘れてはいけません。 空母1隻、戦艦2隻くらいいればプレイスキルにそれほど自信のない提督でもなんとかクリアできると思います。 この海域を突破できれば初心者は卒業です。 それでは楽しい提督ライフを。

次の